アースゼウス

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

美浦・和田正道厩舎
1着.2着.3着.4着以下:(4.4.3.17)

2017年

8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)に出走し13着。9日、和田調教師は「レース後、歩様に硬さが見られますので、週末まで様子を見たいと思います」とのこと。
8月10日、和田調教師より「引き続き8月26日の稲妻ステークス(直線芝1000m)への出走も検討していましたが、歩様の硬さが取れないので念のためレントゲン検査を行いました。その結果軽度ではありますが右前の膝に骨片が飛んでいることがわかり、『全治3ヶ月』の診断です」との話しがあり今後について協議することになった。
8月11日に和田調教師より「レース後の検査で右前の膝に剥離骨折(全治3ヶ月)が判明し、立て直しに少し時間がかかる見込みです。年齢的なことを考えここで引退させることにしたいと思います」との話しがあり同馬を引退させることになった。同馬は8月11日に中央競馬の馬名登録を抹消しています。
※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内申し上げます。なお同馬は8月17日(木)にインターネット上で開催される『サラブレッドオークション』にて売却する予定です。
(8月14日)


8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)に西田騎手で出走。馬体重は増減無しの518キロ。耳を出したメンコとブリンカー着用。落ち着いた様子でパドックを周回。首をリズム良く動かし、暑い中でも具合は変わりない様子。暑くなってきて体の締まりは良くなった印象。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、ゆったりとした歩様で馬場に向かった。ダートコースに入ってジョッキーにビシッと促されると勢い良く駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから気合いを付けてハナへ。1〜2馬身のリードを取り、先頭のまま4コーナーを回り粘り込みをはかるが、残り200m地点で後続に飲み込まれてしまい13着。レース後、西田騎手は「スピードがありハナには立てましたが、最後まで踏ん張れませんでした。具合も悪くなかっただけに・・・」とのコメント。また和田調教師は「得意な条件だっただけに、もう少し頑張れると思っていただけに残念です。年齢的なものもあるのかもしれません」とのこと。
(8月5日)


8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)に西田騎手で出走の予定。2日、和田調教師は「本日、坂路コースで追い切りました。半マイルからの時計は、55.1、終いの1ハロンが12.9秒でした。まだ少し余裕がある馬体ではありますが、動きも良く順調に来ています。もっと暑くなってくれるとさらに状態も上がってきてくれると思います」とのこと。
◆出走予定:8月5日(土)新潟11R・越後S(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)西田雄一郎騎手(54キロ)
フルゲート15頭(出走予定全23頭、権利1回3頭、ハンデ優先3頭)*自身権利なし、ハンデ優先無し
8/2 助手 美南坂稍 1カイ 55.1-39.8-25.7-12.9 強目に追う
(8月3日)


7月26日撮影

8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。7月26日、和田調教師は「本日、坂路コースで追い切りました。半マイルから53.2、終いの1ハロンが14.0秒でした。状態は変わりなく順調です。越後ステークスを予定していますが、昨年も使いたかったレースですし、なんと言っても左回りのダート1200mは適条件ですので結果を出して欲しいと思います」とのこと。
7/26 助手 美南坂重 1カイ 53.2-40.4-27.7-14.7 一杯に追う
(7月27日)


8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)への出走に向けて7月15日に美浦TCへ帰厩。19日、和田調教師は「本日、坂路で終いだけ流しています。体は少し立派ですが、再来週の出走に向けてこのまま乗り込んで行きます」とのこと。
(7月19日)


8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)への出走に向けてセグチレーシングS(チバ)で調整中。7月12日、和田調教師は「順調にきているようなので、今週末か来週の検疫で入厩させたいと思います」とのことで、近々帰厩する予定。
(7月12日)


8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)への出走に向けてセグチレーシングS(チバ)で調整中。7月5日、牧場担当者は「股関節の疲れも取れて、現在は坂路で15−15の調整も開始しました。15−15を始めた後も順調なので、このまま入厩に向け乗り込んで行きます。体重は543キロです」とのこと。まだ和田調教師は「汗をかくようになり体調も上向いてきているようです。このまま乗り込んでいってもらい、7月中に帰厩させる予定です」とのこと。
(7月5日)


6月12日、牧場担当者は「月曜日に獣医に診てもらいましたが、疲れの出ていた右の股関節は大分良化をしています。現在は坂路で18−18の調整ですが、来週から15−15を開始できそうです。現在は馬体重は545キロです」とのこと。
(6月21日)


6月12日、牧場担当者は「右股関節あたりに少し疲れが見られるので、本日ショックウェーヴを行いました。具合を見ながら進めていきます」とのこと。
(6月12日)


6月4日撮影

5月23日よりセグチレーシングS(チバ)で調整中。次走は8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)を予定。
6月7日、牧場担当者は「大きな疲れもなく、現在は周回コースでハッキングキャンターの調整です。具合を見ながら進めていきます。体重は528キロです」とのこと。また、和田調教師は「目標は8月5日(土)新潟・越後ステークスを予定していますので、7月中旬には入厩させようと思います」とのこと。
(6月7日)


5月24日撮影

5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(4歳以上1600万円以下・混合・ダ1200m)に出走し16着。24日、和田調教師は「レース後も脚下に問題はありません。これから暑くなってくるとさらに体調も良くなってくると思いますので、この後は新潟開催での出走を考えていますので、昨日放牧に出しました」とのことで、5月23日にセグチレーシングS(チバ)へ放牧に出ている。次走は8月5日(土)新潟・越後ステークス(1600万円以下・混合・ハンデ・ダ1200m)が予定されている。
(5月24日)


5月20日撮影

5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(4歳以上1600万円以下・混合・ダ1200m)に黛騎手で出走。馬体重は4キロ増の518キロ。少し深めのブリンカー着用。落ち着いた様子でパドックに登場。前走に比べるとパドック入場時からまずまずピリッとした雰囲気があり、気温が上がって体調が上向いてきたのか、毛艶がグンと良くなり体も締まった印象。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、程良い気合いを見せつつ馬場へ向かった。馬場に入って数回促されると軽いキャンターで駆け出していった。レースでは、スタートでごく僅かに立ち遅れるも、行き脚を付けてダッシュ良くハナへ。軽快に飛ばして先頭のまま3〜4コーナーを回ったが、直線入口で脚が上がってしまい16着。黛騎手は「今日はためずに行くだけ行く競馬をという指示もあり、気分良く行かせましたが最後は苦しくなってしまいました。良いスピードがありますし、得意の新潟や、或いは1000m戦などでスピードを生かせれば」とのコメント。和田調教師は「今日は少し立ち遅れて前半に脚を使ったこともあり最後は止まってしまいました。今日のような暑い日が続いてくると、代謝が上がって上向く馬ですし、ここから夏に向けて良くなると思います。夏の新潟に向けて調整します」とのことだった。
(5月20日)


5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(4歳以上1600万円以下・混合・ダ1200m)に黛騎手で出走の予定。17日、和田調教師は「本日、坂路で馬なりから終い重点の調整を行いました。時計は半マイルから70.1、終いの1ハロンが12.1秒でした。引き続き変わりなくきているので、溜めずに思い切って逃げてもらおうと思っています」とのこと。
◆出走予定:5月20日(土)京都10R・シドニートロフィー(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)黛弘人騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全18頭、権利持ち1個1頭)*自身権利なし
5/14 助手 美南坂重 1カイ 53.6-39.2-25.3-12.7 馬なり余力
5/17 助手 美南坂稍 1カイ 70.1-43.9-24.6-12.1 馬なり余力
(5月18日)


5月10日撮影

5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(混・ダ1200m)を目標に調整中。10日、和田調教師は「今日も坂路で乗りましたが、状態は全く変わりありません。良い意味で平行線と言えるでしょう。予定通り、5月20日の京都・特別戦に向かう予定です」とのこと。
5/07 助手 美南坂良 1カイ 57.0-40.5-25.5-12.5 馬なり余力
5/10 助手 美南坂重 1カイ 69.9-42.0-25.1-12.4 馬なり余力
(5月11日)


5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(混・ダ1200m)を目標に調整中。5月3日、和田調教師は「本日、坂路で追い切りました。半マイルからの時計は57.8、終いの1ハロンが13.1秒でした。引き続き具合も悪くありませんので、予定している京都のレースに向けて調整していきます」とのこと。
美プール 4月 21日
5/03 助手 美南坂良 1カイ 57.8-40.2-26.2-13.1 馬なり余力
(5月4日)


4月26日撮影

5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(混・ダ1200m)を目標に調整中。4月26日、和田調教師は「前走後も大きな疲れは見られません。強い調教は来週からと思っていますが、京都のレースに向けて調整していきます」とのこと。
美プール 4月 19日
(4月27日)


4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)に出走し16着。19日、和田調教師は「レース後も脚下に問題はありません。引き続き京都のダート1200mに向かおうと思います」とのことで、次走は5月20日(土)京都・オーストラリアターフクラブ賞シドニートロフィー(混・ダ1200m)を目標に調整を進めて行くことになった。
(4月19日)


4月16日撮影

4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ダ1200m)に荻野琢真騎手で出走。馬体重は8キロ減の514キロ。大変落ち着いた様子でパドックに登場し、終始リラックスした雰囲気で周回。おっとりと歩いている感じだが久々でも馬体の締まりは良く具合は良さそう。ジョッキーが跨がると多少気合いを見せつつ馬場へ向かったが、馬場入口で立ち止まり、ダートコースに入ると後ずさりしてしばらくゴネた後、ようやく駆け出すと首を上げてうるさい素振りで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り、ダッシュ良くハナへ。行きっぷり良く先頭のまま3〜4コーナーを通過し粘り込みをはかるが、直線に入ると後続に交わされ、坂に差し掛かると脚が上がってしまい16着。荻野騎手は「すごく良いスピードがありますが、馬の気持ちと行き脚が10かゼロしか無い感じで、ポンと出た後にためるような脚が使えませんでした。タメがきけばもっと頑張れたと思うのですが。また、坂も合わないみたいで坂で厳しくなってしまいました」とのコメント。和田調教師は「久々の分もあると思いますし、阪神の坂も合わなかった感じです。暑い時期に良くなるタイプだけに、使いながら気温が上がってくれば良くなると思います。夏の新潟に良い状態で向かいたいですね」とのことだった。
(4月17日)


4月12日撮影

4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ダ1200m)に荻野琢真騎手で出走の予定。12日、和田調教師は「本日、坂路で56.7秒、終い強めに12.8秒のところを単走で追い切りました。まずまずの動きでした。頭数が多いので出走できるか心配ですが、走れる態勢にあります」とのこと。
◆出走予定:4月16日(日)阪神10R・陽春ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)荻野琢磨騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全23頭、本馬より優先順位の高い馬4頭、同条件の馬19頭)*自身権利なし、ハンデ優先なし
4/12 助手 美南坂重 1カイ 56.7-39.9-25.5-12.8 強目に追う
(4月13日)


4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ダ1200m)を目標に調整中。5日、和田調教師は「本日、坂路で追い切りました。半マイルからの時計は55.9、終いの1ハロンが12.2秒でした。終いを強目に乗っていますが、来週のレースに向けて順調に来ています」とのこと。
4/5 助手 美南坂良 1カイ 55.9-39.4-24.9-12.2 馬なり余力
(4月6日)


3月29日撮影

4月16日(日)阪神・の陽春ステークス(混・ダ1200m)を目標に3月19日に入厩。29日、調教助手は「本日、坂路で追い切りました。半マイルからの時計は55.0、終いの1ハロンが12.6秒でした。まだ余裕のある体つきですが、レースに向けてしっかり乗り込みます」とのこと。
3/29 助手 美南坂良 1カイ 55.0-39.5-25.6-12.6 一杯に追う
(3月30日)


4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)への出走に向けて、3月19日に美浦TCへ入厩している。22日、和田調教師は「出走に向けて明日強目の調整を行う予定です」とのこと。
3月23日、和田調教師は「本日坂路で追い切りました。時計は半マイルから55.2、終いの1ハロンが13.6秒です。単走で追い切りましたがマズマズの動きだったと思います。まだ時間はあるのでしっかり乗り込みます」とのこと。
3/23 助手 美南坂良 1カイ 55.2-40.4-26.6-13.6 馬なり余力
(3月23日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月15日、牧場担当者は「昨日を含め16−15で順調に乗り込んでいます。声が掛かればいつでも入厩できる状態です」とのこと。また和田調教師は「4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)に合わせて、そろそろ入厩させたいと思います」とのこと。
(3月15日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月8日、和田調教師は「徐々にペースも上がってきているようです。準オープンの短距離ダート戦はあまり組まれていませんが、4月16日(日)阪神・陽春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)に合わせて帰厩させるつもりです」とのこと。
(3月8日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月2日、牧場担当者は「引き続き坂路で16−15の調整を行っています。順調にきていますし、このまま入厩に向けて進めて行きます。体重は549キロです」とのこと。
(3月2日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月15日、牧場担当者は「コンスタントに坂路で16−15の調整を行っています。ここにきて徐々に息遣いも良くなってきました。動きも問題無いのでこのまま進めて行きます。体重は545キロです」とのこと。
(2月15日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月1日、牧場担当者は「現在は坂路コースでの調整も開始して15−15の調整を2本行いました。動きはマズマズですが息遣いがまだまだ物足りません。様子を見ながら乗り込んで行きます。体重は548キロです」とのこと。
(2月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月18日、牧場担当者は「現在は周回コースでダク800m、普通キャンター2000mまで調教も進んでいます。ペース的には速いときでハロン20秒くらいです。来週から坂路に入れて、さらにペースを上げていきます。体重は545キロです」とのこと。
(1月18日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月3日、和田調教師は「焦らずに馬の状態が良くなるのを待っている状態です。スピードは準オープンでも十分通用するはずです。春先から夏頃には出走体勢を整えたいと考えています」とのこと。
1月6日、牧場担当者は「年明けから乗り運動を再開しています。現在はウォーキングマシーン1時間の後、ハッキングから軽めキャンターの調整です。乗り運動の後30分ウォーキングマシーンに入れています。体重は545キロです」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。12月21日、牧場担当者は「現在はウォーキングマシーンで午前と午後に1時間ずつの調整を行っています。運動量を増やしていますが、少しずつ体重が増えており、現在の馬体重は545キロです。年内はウォーキングマシーン調整だけに留め、年明けから跨っていく予定です」とのこと。
(12月21日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。12月7日、牧場担当者は「現在はウォーキングマシーンで1時間の調整で楽をさせています。月曜日に獣医に診てもらっていますが、特に痛いところはなく、馬自身元気にしています。本日の計量で馬体重は540キロあり、楽をさせている分少し立派になってきています。これ以上は増えて欲しくはないので、午前と午後の1日2回のウォーキングマシーン調整に移行したいと思います」とのこと。
(12月7日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。11月30日、和田調教師は「完全にオーバーホールさせています。具体的なことについては、調教が進んだ段階で予定を考えたいと思います」とのこと。
(11月30日)


11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に出走し16着。23日、和田調教師は「レース後も特に問題はありませんが、ここでしっかりと立て直したいと思いますので、昨日放牧に出しました。具体的な目標は決めずに、馬の状態を優先して調整を進めてもらいます」とのことで、11月22日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
11月24日、牧場担当者は「火曜日に無事こちらへ到着しています。『完全に休ませます』ということなので、最低でも1ヶ月程度はウォーキングマシーン調整で楽をさせたいと思っています。現在の馬体重は526キロです」とのこと。
(11月24日)


11月20日撮影

11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に大野騎手で出走。馬体重は前走より6キロ増の522キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。馬体重増で少し余裕のある体つきだが、太過ぎることはない。馬自身に元気はあり、歩様にも硬さがなく、この馬の力は出せそう。パドックでジョッキーは跨らず、特に様子は変わらないまま馬場へ。芝コースを横切ってダートコースに入ると、しばらく厩務員が付きながら外目を歩いていくが、止まってしまう。その後なんとか促して返し馬を行った。レースでは、マズマズのスタートから軽く促していくと、行き脚がついてハナへ。単騎先頭で3コーナーを回るが、4コーナーの手前で外から併されると手応えがあやしくなり始め、直線に入って徐々に後退してしまい16着。レース後、大野騎手は「スタートはそれほど速くはありませんでしたが、それでも軽く促した程度で前にいくことが出来ました。単騎でいけましたし、ペースも極端に速かったわけではありませんでしたが、4コーナーで外から併されると、早々に手応えがあやしくなってしまいました。以前なら直線の半ば過ぎぐらいまでは踏ん張ってくれていましたが、今日の感じでは競馬に飽きがきてしまっている感じです」とのコメント。また、和田調教師は「外枠からのレースで内目の枠にも何頭か速いのがいましたので、あまり速くなるようなら控えてもいいかなと思っていましたが、上手く先手を取ることが出来ました。オーバーペースにならずに自分の競馬が出来ましたが、直線の入り口で早々に手応えがなくなってしまいました。この秋の2戦の内容が同じ内容で、このまま使っていったとしても結果は変わらないと思います。寒くなってくると硬さが出てくるので、暖かい時期の方がいいタイプの馬です。このクラスでも前にいけるスピードがありますし、これで終わる馬ではないと思いますので、ここは復帰戦を決めずに1度完全にオーバーホールをし、しっかりと立て直させて下さい」とのことだった。
(11月21日)


11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に大野騎手で出走予定。16日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.4秒、終い12.5秒の時計でした。終い重点の内容で、マズマズ動けていたと思います。真夏の方が良いタイプだと思いますが、良い状態をキープしていますので、今週のレースでは頑張ってもらいたいですね」とのこと。
◆出走予定:11月20日(日)京都12R・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)大野拓弥騎手(55キロ)
フルゲート16頭(出走予定全17頭)
美プール 11月 06日 08日
11/16 助手 美南坂稍 1カイ  56.4−39.7−25.4−12.5 強目に追う
(11月17日)


11月9日撮影

11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。9日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54.3秒、終い12.5秒の時計でした。今日の追い切りでもマズマズ動けていましたし、来週のレースに向けて順調にきていると思います。しっかりと態勢を整えて来週のレースに臨みたいと思います」とのこと。
美プール 10月 28日 30日 11月 01日 03日
11/09 助手 美南坂稍 1カイ  54.3−39.7−25.6−12.5 馬なり余力
(11月10日)


11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。2日、和田調教師は「この中間も特に問題はなく、今日は普通のところを乗っています。このあとの状態を見てからになりますが、来週末ぐらいから時計を出していく予定です」とのこと。
美プール 10月 25日 26日
(11月4日)


10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走し11着。26日、和田調教師は「レース後も、脚元に問題はなく、飼い葉も良く食べていて馬は元気一杯です。状態に問題がなければ、11月20日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)への出走を検討したいと思います」とのこと。
(10月26日)


10月24日撮影

10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に吉田隼人騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の516キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。メリハリの効いた好馬体をしており、歩様もスムーズで状態は良さそう。パドックでジョッキーが跨ってもテンションは大きく変わらずに馬場へ。ダートコースに入ると、1度立ち止まってしまうが、動き出してからはスピード感のあるキャンターで駈けていった。レースでは、マズマズのスタートからダッシュ良く前へ。しかし、内の馬もなかなか譲らずに併せ馬のような形で道中は進み、2頭で後続を引き離して最後の直線に入るが、直線の半ばで脚色が一杯になってしまい11着。レース後、吉田騎手は「内の馬を見ながらジワーッとハナに立ち、1度は態勢が決まったのですが、そこから内の馬がなかなか譲らず、お互いオーバーペース気味にレースを進める形になってしまいました。単騎でいければ3〜4コーナーで息が入り、終いのもうひと伸びに繋がったと思うのですが…。今日は展開が合いませんでした」とのコメント。
(10月24日)


10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に吉田隼人騎手で出走予定。10月19日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.1秒、終い13.4秒の時計でした。しっかりと動けていましたし、息遣いも良くなっています。良い頃の状態に近い状態に仕上がったと思いますし、得意の条件になりますので、是非頑張ってもらいたいですね」とのこと。
◆出走予定:10月23日(日)新潟11R・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)吉田隼人騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全14頭)
美プール 10月 07日 09日 12日
10/19 助手 美南坂良 1カイ  53.1−39.1−26.0−13.4 一杯に追う
(10月19日)


10月12日撮影

10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向けて調整中。10月12日、調教助手は「この中間も変わらずにきており、徐々に馬体も絞れてきました。今週の追い切りは明日行う予定です」とのこと。
10月13日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54.7秒、終い12.3秒の時計でした。良い感じで走れており、来週の追い切りで良い状態に仕上がってきそうです。来週のレースの鞍上は、吉田隼人騎手を予定しています」とのこと。
美プール 10月 01日 06日
10/13    美南坂良 1カイ  54.7−39.5−25.1−12.3 脚色分からず
(10月13日)


10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向けて調整中。10月5日、和田調教師は「この中間も変わらずにきており、今週の追い切りは明日行う予定です」とのこと。
10月6日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.8秒、終い13.4秒の時計でした。マズマズ動けていましたし、レースまであと2週間あるので、このまま順調に調整が進めば、良い状態で出走させることが出来そうです」とのこと。
美プール 9月 27日 29日
10/06    美南坂良 1カイ  56.8−40.6−26.1−13.4 脚色分からず
(10月6日)


9月28日撮影

10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向けて調整中。9月28日、和田調教師は「本日、坂路で追い切りました。時計は半マイル56.5秒、終いの1ハロンが12.4秒でした。少し動きに重さは感じられますが、まだレースには時間があるので、じっくりと絞っていきたいと思います」とのこと。
09/25 助手 美南坂稍 1カイ  59.4−43.1−27.6−13.8 馬なり余力
09/28 助手 美南坂良 1カイ  56.5−40.7−26.0−12.4 強目に追う
(9月29日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、9月23日に帰厩している。9月21日、和田調教師は「まだ検疫が確定していないのですが、検疫が確保出来れば今週末にでも美浦TCに帰厩させたいと考えています。10月23日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)への出走を考えています」とのこと。
9月23日、和田調教師は「急遽検疫が確保出来ましたので、本日美浦TCに帰厩させました。しっかりとリフレッシュした様子で馬自身に元気があり、良い体付きをしています。新潟の北陸ステークスに向けて調整を進めていきます」とのこと。
(9月23日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月14日、牧場担当者は「コンスタントに週1回坂路で16−15を消化しており、順調に調整が進んでいます。態勢も整いつつあり、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます。先日の計量で馬体重は528キロでした」とのこと。
(9月14日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。8月31日、牧場担当者は「先々週から週1回坂路で16−15を開始していますが、特に問題はなく調整が進んでいます。毛ヅヤや馬体の張りも良好で、調子は良さそうです。強目を乗り出して馬体が絞れてきており、昨日の計量で馬体重は520キロでしたが、少し馬体重が安定しないところがありますので、注意していきたいと思います」とのこと。また、和田調教師は「徐々にペースが上がってきているようです。右回りに比べて左回りの方がスムーズに競馬が出来ていますので、出来れば秋の新潟で出走させたいと考えています」とのこと。
(8月31日)


8月16日撮影

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。8月17日、牧場担当者は「ここまで坂路を1本20−20ペースを基本のメニューとして進めてきましたが、先週末から坂路を登る前に周回コースで少し乗ってから坂路に入っています。昨日から坂路で16−15ペースを開始していますが、今のところ特に問題はありませんので、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます。昨日の計量で馬体重は533キロでした」とのこと。
(8月17日)


8月16日撮影

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。8月10日、牧場担当者は「ここまで坂路を1本20−20ペースを基本のメニューとして進めてきましたが、昨日坂路で17−16ペースを1本乗りました。調教の上がりも問題はありませんでしたし、様子を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います。乗り出しを再開してからは、特に問題はなく調整が進んでおり、本日の計量で馬体重は517キロでした」とのこと。
(8月10日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。7月27日、牧場担当者は「乗り運動を開始したあとも特に違和感がありませんでしたので、先週の月曜日からダク調整を開始しました。3日間ほどダク調整で様子を見ていましたが、特に問題はありませんでしたので、先週末から坂路を1本20−20程度のキャンター調整を開始しました。しっかりと休ませたのが良い方向に出ており、キャンター調整を開始しても特に問題はありません。このまま様子を見ながら少しずつペースを上げていきたいと思います。現在の馬体重は522キロです」とのこと。
7月29日、和田調教師は「本日状態を確認してきました。少し回復に時間を要したようですが、今はキャンター調整を開始しているようですので、このまま順調に調整が進んでくれればと思います」とのこと。
(7月29日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。7月13日、牧場担当者は「大分疲れが抜けてきたようですので、今週からウォーキングマシーンで1時間の調整のあと、乗り運動を開始しました。このあとも特に問題がないようなら、少しずつペースを上げていきたいと思います。現在の馬体重は522キロです」とのこと。
(7月13日)


6月27日撮影

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月27日、牧場担当者は「現在はウォーキングマシーン1時間の調整で疲れが抜けてくるのを待っています。少しずつ疲れも抜けてきた感じはしますが、もうしばらくはウォーキングマシーンでの調整を続けます。体重は513キロです」とのこと。
(6月27日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月15日、牧場担当者は「ここまでオゾン筋注やショックウェーブ治療を行ってきましたが、前回の競馬で芝を使ったせいなのか、なかなか歩様が改善せずに疲れが抜けてこない状況です。1度ウォーキングマシーン調整にペースを落とし、疲れが抜けてくるのを待ちたいと思います。今日の計量で馬体重は514キロでした」とのこと。
(6月15日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。5月30日、牧場担当者は「治療後は軽めの調整で様子を見ていましたが、あまり改善してきていません。今日獣医に触診をしてもらったところ、元々あった骨瘤を気にしているようでした。歩様もあまり良いとは言えない状態なので、本日ショックウェーブ治療を行いました。まずはしっかりと治してから先に進めていきたいと思います」とのこと。
6月1日、牧場担当者は「月曜日に治療をしたばかりなので、劇的に良くなっているわけではありませんが、治療の効果が少しずつ出てきているように感じます。元々痛がりのところもある馬なので、獣医に診てもらいながら進めていきたいと思います。現在はまだ軽めの調整で、周回コースでダクのみの運動です。本日の計量で馬体重は513キロでした」とのこと。
(6月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。5月25日、和田調教師は「少し疲れも見られるようですので、無理せずにじっくりと立て直してもらい、夏の新潟を目標にしたいと思います」とのこと。
(5月25日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。5月18日、牧場担当者は「こちらに来て獣医に診てもらったところ、右側の肩と首、左側の背腰に筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行っています。本日もう1度獣医に診てもらっていますが、痛みは取れていましたので、ここから徐々に乗り進めていきたいと思います。昨日から乗り運動を開始しており、今日は周回コースでダク調整を行いました。今週一杯はダク調整だけにして、来週からキャンター調整を開始していきたいと思います。体調面に問題はなく、現在の馬体重は523キロです」とのこと。
(5月18日)


5月7日(土)新潟・駿風ステークス(4歳以上1600万円以下・混・芝直1000m)に出走し8着。11日、和田調教師は「久し振りに芝を使ったせいだと思うのですが、歩様にいつも以上の硬さが見られます。少しずつ良くはなってきていますが、全身に筋肉痛がある状態です。レース直後は中1週で新潟の韋駄天ステークスへの出走を考えていましたが、OPレースで相手は強化されますし、万全ではない状態での出走は故障の原因になりますので、このレースへの出走は見合わせることにしました。ここで1度放牧に出してリフレッシュさせ、夏の新潟で出走させたいと思います」とのことで、5月10日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
(5月11日)


5月7日撮影

5月7日(土)駿風ステークス(4歳以上1600万円以下・混・芝直1000m)に丸田騎手で出走。馬体重は4キロ減の512キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。馬体も絞れて状態は良さそう。ただこの馬にしては、大人し過ぎる感じで、もう少し気合いが乗っても良さそうな気配。他の馬たちに騎手が跨がってからも大きく気配が変わることはなく、馬場へ向かい、芝コースに入ると直ぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートからダッシュを効かせて先行集団に。いったんは5番手まで上がるが、そこからジワジワとしか伸びることができず8着。レース後、丸田騎手は「最初は戸惑っていましたが、1000mの直線競馬はあっていそうです。外枠ならもっと頑張れていたと思いますし、次は慣れも見込めて上積みも期待できそうです」とのコメント。また和田調教師は「今日は緩めの馬場でしたが、パンパンの良馬場ならもっとやれていたと思います。直線競馬にも適性はありそうですので、レース後問題なければ、中1週の競馬も考えたいと思います」とのこと。
(5月7日)


5月7日(土)駿風ステークス(4歳以上1600万円以下・混・芝直1000m)に丸田騎手で出走予定。4日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.0秒、終い15.2秒の時計でした。ハロー掛け前の時計が掛かる時間帯での追い切りで時計は掛かっていますが、終いは無理をさせていませんので特に気にする必要はないと思います。良い状態で出走出来ると思いますし、以前からこの条件を試してみたいと考えていました。テンのスピードがありますので、適性があれば好勝負が出来るのではないかと思っています」とのこと。
◆出走予定:5月7日(土)新潟11R・駿風ステークス(4歳以上1600万円以下・混・芝直1000m)丸田恭介騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭、権利持ち1個・1頭)*自身、権利無し
美プール 4月 26日 28日
05/01 助手 美南坂良 1カイ  55.4−42.2−29.3−15.5 一杯に追う
05/04 助手 美南坂重 1カイ  56.0−42.2−28.8−15.2 一杯に追う
(5月5日)


4月27日撮影

美浦TCにて調整中。4月27日、和田調教師は「スピードのある馬なので以前から1000mの直線競馬を使ってみたいと思っていました。丁度来週の新潟準オープンの芝直1000m戦がありますので、次走は5月7日(土)駿風ステークス(4歳以上1600万円以下・混・芝直1000m)に向かいたいと思います。週末と来週の追い切りでレースに臨みたいと思います」とのこと。
美プール 4月 21日
(4月28日)


4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走し10着。20日、調教助手は「レース中に右トモの蹄鉄を落鉄していたことが判明し、もしかしたら最後のもうひと踏ん張りに影響してしまったのかもしれません。右トモの爪に問題はなさそうですので、もう少し馬の様子を見てから乗り出していくことになりそうです」とのこと。
(4月20日)


4月17日撮影

4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に吉井騎手で出走。馬体重は20キロ減の516キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。大幅に絞れて体をスッキリと見せ、動きにも活気があって状態は良さそう。時折厩務員に甘えつつパドックの外目を気分良さそうに周回。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、気合い乗り良く馬場へ。ダートコースに入るとしばらく立ち止まってしまい、厩務員に引っ張られてようやく駆け出すが、少し反抗して気難しいところを見せつつ待機所へ。レースでは、好スタートを決めてダッシュ良くハナに立ち、そのままマイペースの逃げ。先頭で直線に入り、直線入口で外から並びかけられてからも渋太く粘っていたが、坂を登りきった辺りで脚が上がり、後続に飲み込まれてしまい10着。吉井騎手は「『前に行って欲しい』という指示があり、スタートも出てくれましたのでハナに行きました。たまにフワッとしたスタートになると聞き注意していましたが、今日は五分に出られましたし、スタートさえ決まれば出脚は速い馬ですし、スムーズに行けたと思います。4コーナーの手応えからはもっと踏みとどまれそうな感触がありましたし、並ばれてからも頑張っていましたが、坂を登りきった辺りで一杯になってしまいました。直線が平坦なコースの方が良いかもしれません」とのコメント。
(4月18日)


4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に吉井騎手で出走予定。13日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.4秒、終い13.8秒の時計でした。テンからある程度スピードに乗っていきましたが、終いの粘りは前回より良くなっています。馬体も少しずつ絞れてきており、リフレッシュを挟んで状態は良さそうです。前回よりもマイナス体重で出走出来る見込みです」とのこと。
◆出走予定:4月17日(日)阪神10R・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)吉井友彦騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全22頭〔未定1頭〕、権利持ち1個・1頭)*自身、権利無し
美プール 4月 01日 03日 05日 07日
04/13 助手 美南坂良 1カイ  53.4−39.9−26.9−13.8 一杯に追う
(4月14日)


4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)を目標に調整中。6日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.9秒、終い15.2秒の時計でした。テンからある程度のスピードでいきましたので、終いの1ハロンは時計が掛かっていますが、最後まで馬なりのままで無理はさせていません。しっかりと追っていたら時計はもっと詰められていたと思います。現在はプールを併用しながら調整を行っていますが、まだ少し馬体に余裕がある状態で、ここからの調整でもう少し絞れてくればと思います」とのこと。
美プール 3月 29日
04/03 助手 美南坂稍 1カイ  73.2−48.7−26.0−12.4 末強目追う
04/06 助手 美南坂良 1カイ  53.9−41.3−28.6−15.2 一杯に追う
(4月7日)


3月30日撮影

4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)を目標に、美浦TCで調整中。3月30日、調教助手は「本日、坂路で最後の1ハロンだけ追い切りました。ゆっくりと入って、時計は最後の1ハロン12.2秒でした。終い重点の調教でしたが、まだまだ重そうです。プールも併用して、体を絞りながら調整していきます」とのこと。
美プール 3月 19日 23日
03/27 助手 美南坂良 1カイ  61.5−38.5−25.4−13.1 馬なり余力
03/30 助手 美南坂良 1カイ  計測不能−67.9−37.5−12.2 馬なり余力
(3月31日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、3月19日に美浦TCに帰厩。24日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン63.9秒、終い12.5秒の時計でした。前半はゆっくり入って終いを伸ばしましたが、動きは悪くなかったと思います。馬体に少し余裕がありますので、馬体を絞りつつ予定のレースに向けて調整を進めていきたいと思います」とのこと。
03/24    美南坂良 1カイ  63.9−42.6−24.9−12.5 脚色分からず
(3月24日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、3月19日に美浦TCに帰厩する予定。3月16日、牧場担当者は「この中間も特に問題はなく、引き続き坂路で週1回15−15を消化しています。調教自体は順調にこなしていますが、本日の計量で馬体重が548キロありました。少し余裕がある状態ですので、少し絞っていきたいと思います。馬体に少し余裕はありますが、しっかりと強目の調教をこなしており、徐々に態勢は整ってきたと思います」とのこと。
3月17日、和田調教師は「調教ペースが上がってきているようですので、19日(土)に美浦TCに帰厩させたいと思います。順調に調整が進めば、4月17日(日)阪神・陽春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)で復帰させることになると思います」とのこと。
(3月17日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月2日、牧場担当者は「引き続きコンスタントに坂路で強目を消化しており、現在は週1回のペースで15−15を消化しています。強目を開始して徐々に馬体が引き締まってきており、本日の計量で馬体重は540キロでした。まだ良化途上なので、このまま乗り込んで上向いてきてくれればと思います」とのこと。
(3月2日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月17日、牧場担当者は「先週から坂路で週1本強目の調教を開始しており、先週は17−16、今週は16−15を消化しています。少し楽をさせた分、緩んでいるところはありますが、特に問題はなく順調に調整が進んでいます。本日の計量で馬体重は544キロあり、乗りながら引き締めていきたいと思います」とのこと。
(2月17日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月3日、牧場担当者は「現在は毎日坂路を1本20−20ペースで乗っていますが、今のところ気になるところはありません。このあとも特に問題がなければ、来週からペースを上げていく予定です。脚元も特に問題はありませんし、このまま様子を見ながら乗り込んでいきます。現在の馬体重は538キロです」とのこと。
(2月3日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月27日、和田調教師は「復帰時期についてはまだ決めていませんが、ペースが上がってきたところで具体的な予定を考えたいと思います」とのこと。
(1月27日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月20日、牧場担当者は「現在は坂路で毎日1本20−20程度のところを乗っています。9日に両背腰にショックウェーブ治療を行っていますが、18日に獣医に診てもらった時にはまだ右トモに少し疲れが残っていましたので、しっかりとケアをしていきたいと思います。馬自身が分かっているのかここでは特にピリピリしたところもありませんし、様子を見ながらペースを上げていきたいと思います」とのこと。
(1月20日)


次走は1月16日(土)中山・初春ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を予定していたが、1月4日にセグチレーシングS(チバ)へ移動することになった。3日、和田調教師は「初春ステークスを目標に調整を進めてきましたが、調教で少し苦しがるところが出てきました。脚元には問題はないのですが、今まではこういう素振りを見せたこともなく、在厩のままレースを使ってきてストレスが溜まってきているのかもしれません。ここで1度放牧に出し、リフレッシュさせたいと思います」とのこと。
1月4日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。6日、牧場担当者は「月曜日に無事に到着しており、現在はウォーキングマシーンのみの調整です。週末に獣医に診てもらい、必要があれば治療してもらいます。しっかりとリフレッシュさせたいと思います」とのこと。
美プール 12月 22日 23日 24日
(1月6日)

ページ上部へ

2015年

1月16日(土)中山・初春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。12月28日、和田調教師は「この中間も特に問題はありません。少しトモに疲れが出ましたが、ケアをして今はもう大丈夫です。中山の初春ステークスを目標に進めていきたいと思います」とのこと。
(12月28日)


12月23日撮影

12月19日(土)中山・仲冬ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走し11着。23日、和田調教師は「レース後も脚元に問題はありません。次走は年明け中山3週目のハンデ戦を検討しています。今回は馬体が太かっただけに、体をしっかり絞ってレースに臨めるように調整を行っていきたいと思います」とのことで、次走は1月16日(土)中山・初春ステークス(混・ハンデ・ダ1200m)が予定されている。
(12月23日)


12月19日撮影

12月19日(土)中山・仲冬ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に大野騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の536キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。前走に引き続きプラス体重での出走で、馬体に少し余裕のある体つき。活気のある歩様で元気はあり、馬体の張りは良好で体調は良さそう。パドックでジョッキーが跨っても大きく様子は変わらずに馬場へ向かった。ダートコースに入ると内ラチ沿いを進み、反転し促されると馬が躊躇してなかなか返し馬のスタートが切れないが、何とかスタートを切ると頭を上げてやや掛かり気味に駆けていった。レースでは揃ったスタートからダッシュ良くハナへ。2番手に1馬身程の差を付けて馬群を引っ張り、先頭のまま直線へ。粘り込みをはかるも、直線半ばで脚色が一杯となり11着。レース後、大野騎手は「二の脚も速く、楽に先頭に立つことが出来ました。手応え良く直線に入ることが出来ましたし、追い出すと反応してくれましたが、最後は脚が上がってしまいました。バタッと止まらず良く頑張ってくれていると思うのですが」とのコメント。
(12月19日)


12月19日(土)中山・仲冬ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に大野騎手で出走予定。16日、和田調教師は「本日坂路を1本乗ったあと、ウッドチップコースで時計を出しており、5ハロン69.5秒、終い12.8秒の時計でした。マズマズの動きで、引き続き状態はキープしていると思います。中山競馬場になりますので、どこかで上手く溜めが効くと良いのですが」とのこと。
◆出走予定:12月19日(土)中山10R・仲冬ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)大野拓弥騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭、権利持ち1個・2頭)*自身、権利無し
美プール 12月 04日 09日
12/13 助手 美南坂稍 1カイ  64.5−46.6−29.7−14.4 馬なり余力
12/16 助手 美南W良  69.5−54.2−40.3−12.8 一杯に追う
(12月17日)


美浦TCにて調整中。12月9日、和田調教師は「乗り出してからも特に問題はなく、これなら引き続きレースに使えそうですので、12月19日(土)中山・仲冬ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向かうことにしました。前回の京都でもレース内容は悪くなかったと思いますが、やはり少し重かったと思います。今日はウッドチップコースにて普通キャンターで乗っており、並行してプール調教も行っています。中山である程度走れれば、レースの選択に幅が出ますので、頑張って欲しいですね」とのこと。
美プール 12月 02日 03日
(12月10日)


11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走し8着。12月2日、和田調教師は「レース後も特に問題はなさそうです。まだ跨がってはいませんが、見た感じでは歩様にも問題はありません。このあとの状態次第では、年内にもう1走させることを検討するかもしれません」とのこと。
(12月2日)


11月28日撮影(馬場入場)

11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に戸崎騎手で出走。馬体重は14キロ増の532キロ。耳覆いがないメンコを着用し、落ち着いた様子でパドックに登場。馬体重が大幅に増えて余裕のある体つき。馬は元気一杯で体調自体はとても良さそう。他の馬たちに騎手が跨がると、気合いが乗り馬場へ向かった。ダートコースへ入るとすぐに、スムーズに駆け出していった。レースではマズマズのスタートから、他馬の出方を見つつハナへ。1〜2馬身程度のリードを保ったまま単騎で逃げ、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線に入るが、直線の半ばで脚が上がってしまい8着。戸崎騎手は「最後は止まってしまいましたが、やはり良いスピードを持っていますね。今日は大きく体も増えていましたし、絞れればもっと粘れるのでは」とのコメント。和田調教師は「外枠からでしたので前半のペースが速くなってしまい、最後はさすがに止まってしまいました。間違いなくスピードはありますし、得意の新潟や脚抜きの良い馬場ならまた良い競馬が出来ると思います。この後については厩舎に戻ってからの状態次第になりますが、中山は合わないイメージですし、阪神にも良い番組が無く、ここで一息入れるほうが良いかもしれません」とのことだった。
(11月28日)


11月25日撮影

11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に戸崎騎手で出走予定。25日、和田調教師は「月曜日に坂路で軽く乗っています。明日も坂路で調整程度に乗り、レースに向かう予定です。使いつつ順調にきています」とのこと。
11月26日、和田調教師は「本日坂路でサッとやっており、15−15程度の時計で、4ハロン64.2秒、終い14.0秒の時計でした。追い切りから中1日での競馬になりますので、これぐらいで十分だと思います。京都のこの距離はハイペースになりやすい傾向があるのですが、状態は悪くありませんので頑張って欲しいですね」とのこと。
◆出走予定:11月28日(日)京都10R・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)戸崎圭太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全22頭、権利持ち1個・同馬を含め5頭)
11/23 助手 美南坂良 1カイ  64.3−45.9−28.7−14.0 馬なり余力
11/26    美南坂不 1カイ  64.2−46.2−29.1−14.0 脚色分からず
(11月26日)


11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)を目標に調整中。18日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン63.3秒、終い13.8秒の時計でした。今日は終いだけサラッと脚を伸ばしていますが、変わらず順調にきています。馬自身とても元気で、早く競馬で走りたいというような雰囲気です」とのこと。
11/18 助手 美南坂重 1カイ  63.3−44.6−28.1−13.8 馬なり余力
(11月19日)


11月15日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に出走を予定していたが除外。11日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン56.8秒、終い13.6秒の時計でした。マズマズの動きでしたし、引き続き良い状態をキープしていると思います。前回はスタートが今ひとつでしたので、今回はスタートを決めて自分の競馬に持ち込みたいところです。もし今週のレースが除外になった場合には、11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向かいたいと思います」とのこと。
11月12日、和田調教師は「残念ながら今週のレースは除外になってしまいました。11月28日(土)京都・貴船ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に目標を切り替えます」とのこと。
◆出走予定:11月15日(日)京都12R・西陣ステークス(3歳以上1600万下・混・ダ1200m)戸崎圭太騎手(56キロ)
フルゲート16頭(出走予定全27頭、権利持ち8頭、ハンデ優先馬3頭(うち確定1頭、抽選で4頭中2頭が出走可能)*自身権利なし(ハンデ優先2/4)
11/08 助手 美南坂良 1カイ  58.9−41.8−26.4−13.0 馬なり余力
11/11 助手 美南坂重 1カイ  56.8−41.0−27.3−13.6 一杯に追う
(11月12日)


11月15日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。4日、調教助手は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン65.3秒、終い13.7秒の時計でした。今日は終い重点でしたので全体時計は速くありませんが、動きの方は特に問題はありません。追い切りは坂路で行っていますが、普段はウッドチップコースに入れて調教を行っています。前走ではほとんど走っていないということもあり、馬自身はとても元気にしています。来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
美プール 10月 23日 24日 25日 27日 28日
11/04 助手 美南坂稍 1カイ  65.3−46.1−28.8−13.7 馬なり余力
(11月5日)


10月28日撮影

11月15日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。10月28日、和田調教師は「本日は角馬場で調整を行ったあと、プール調教も行いました。京都2週目の西陣ステークスを予定していますが、除外になるようなら京都4週目の貴船ステークスに向かいたいと思います」とのこと。
美プール 10月 21日 22日
(10月29日)


10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走し15着。21日、和田調教師は「レース後も特に問題はありません。次走については、11月15日(日)京都・西陣ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に向かいたいと考えています」とのこと。
(10月21日)


10月19日撮影

10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走。馬体重は4キロ減の518キロ。耳覆いなしのメンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。4キロ体は減ったものの、まだ少し余裕のある体つき。周回を重ねていくうちに、徐々に気合いも乗ってきて、馬の気分も乗り気持ちよさそうにパドックを周回。他の馬たちに騎手が跨がってからも気配が変わることはなく良い雰囲気のまま先入れで馬場へ向かった。レースでは立ち遅れ気味のスタートとなるが、行き脚がつき一気にハナへ。そのまま先頭で3〜4コーナーを周り直線へ向かうが、早めに交わされると、伸び脚が鈍り最後はバテてしまい15着。レース後、デムーロ騎手は「スタートで遅れましたが、内枠でしたので包まれるよりはと思い出していきました。スピードがあるので、そのまま先頭に立つことはでき、ペース自体は問題無かったように思うのですが、最後は踏ん張りが利かず止まってしまいました」とのこと。また和田調教師は「出遅れから脚を使い、さらにハイペースになってしまいました。今日は展開が向きませんでした。具合がよかっただけに残念です」とのこと。
(10月19日)


10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走予定。14日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.2秒、終い13.7秒の時計でした。まずまずの動きを見せてくれましたし、力を発揮出来る状態には仕上がっていると思います。あとは出られるかどうかの問題になりますが、特別登録の段階では除外の可能性が低くはありません。除外の場合には、除外の権利を持って来週の新潟・北陸ステークス(ダ1200m)に向かいたいと思います」とのこと。
◆出走予定:10月18日(日)京都12R・藤森ステークス(3歳以上1600万下・混・ダ1200m)M.デムーロ騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全33頭、本馬より優先順位の高い馬6頭、同条件の馬・本馬を含め27頭)*自身権利なし
美プール 10月 04日 06日
10/11 助手 美南坂稍 1カイ  58.3−42.0−26.7−12.9 馬なり余力
10/14 助手 美南坂良 1カイ  56.2−41.0−26.9−13.7 末強目追う
(10月15日)


10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)を目標に調整中。7日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54.6秒、終い13.9秒の時計で、マズマズ動けていたと思います。今日の坂路は少し軽い馬場状態でしたが、これぐらい動けていれば大丈夫だと思います。週末と来週の追い切りでレースに臨みたいと思います」とのこと。
10/04 助手 美南坂良 1カイ  64.4−46.8−29.6−14.2 馬なり余力
10/07 助手 美南坂良 1カイ  54.6−40.6−27.4−13.9 一杯に追う
(10月8日)


9月30日撮影

10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)への出走に向け、9月29日に美浦TCへ帰厩している。30日、和田調教師は「昨日美浦TCに帰厩しており、本日は坂路で終いだけ強めの調教を行いました。4ハロン57.3秒、終い13.7秒の時計でした。京都の藤森ステークスへの出走を予定していますが、除外の場合には、翌週の10月25日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に出走させたいと思います」とのこと。
09/30 助手 美南坂良 1カイ  63.8−45.7−28.5−13.7 馬なり余力
(10月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。9月23日、牧場担当者は「順調にペースアップしており、昨日坂路で16−15のところを乗っていますが、軽快に駆け上がっていました。特に痛いところはありませんが、予防の意味も込めて以前骨折した右前の膝に今日ショックウェーブ治療を行っています。馬体重は本日の計量で532キロでした」とのこと。
9月24日、和田調教師は「まだ検疫が確保出来ていないのですが、検疫が取れ次第美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
(9月24日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。9月16日、和田調教師は「10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)、10月25日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)への出走を目標に、来週末か再来週に美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
(9月16日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月10日、牧場担当者は「現在は坂路中心のメニューで乗り込んでおり、毎日坂路を1本20−20ペースで駆け上がっています。馬体や体調面に問題はなく、このまま乗り進めていきたいと思います。馬の様子を見て来週か再来週から強目を開始していきたいと思います。昨日の計量で馬体重は529キロでした」とのこと。
(9月10日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月2日、和田調教師は「順調に調整が進めば、9月の後半に帰厩させて、10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向かう予定です。除外の場合には、翌週の10月25日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に除外の権利を持って向かいたいと思います」とのこと。
(9月2日)


8月23日(日)新潟・NST賞(3歳以上OP・国際・ハンデ・ダ1200m)に出走し5着。8月26日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。26日、牧場担当者は「本日こちらに到着しています。見た感じでは特に問題はなさそうですが、週末に1度獣医に診てもらい、治療が必要であれば治療してもらいます」とのこと。
(8月26日)


8月23日撮影

8月23日(日)新潟・NST賞(3歳以上OP・国際・ハンデ・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走。馬体重は4キロ減の522キロ。耳覆いなしのメンコを着用しパドックに登場。終始リラックスした雰囲気で、リズム良くパドックを周回。馬体の張り、ツヤも良好で引き続き状態は良さそう。ジョッキーは跨がらずに馬場へ。ダートコースに入ると勢い良く駆け出し、掛かり気味に駆けていった。レースでは、あおり気味のスタートも、行き脚がついてハナへ。道中は1馬身程度のリードを保ちつつハナを進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線の半ばで直後を走っていた馬に交わされるも、ここから差し返すところを見せたが、最後は脚が止まってしまい、さらに後続から脚を伸ばして来た馬達に交わされてしまい5着。レース後、デムーロ騎手は「ゲート内で少しうるさいところがありました。理由は分からないのですが、前回と同様にゲートを出る時に少し頭を上げる感じのスタートで、ゲートを出たあとはスムーズに前に行くことが出来ました。ピッタリとマークされる形にはなりましたが、特に問題はなかったと思います。ただ、前回の方が行きっ振りが良かったので、もしかしたら少し疲れがあったのかもしれません。最後の直線でも、交わされてからまた盛り返してくれましたが、最後は脚が止まってしまいました。とてもスピードのある馬なので、もっと脚抜きの良い馬場の方が良いと思います」とのコメント。
8月24日、和田調教師は「今のところ、レース後も特に問題はないようです。次走については、10月18日(日)京都・藤森ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)か、10月25日(日)新潟・北陸ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1200m)に向かいたいと思います。少し間隔が空きますので、3週間程度の短期放牧に出したいと思います」とのことで、8月26日にセグチレーシングS(チバ)に移動予定。
(8月24日)


8月23日(日)新潟・NST賞(3歳以上OP・国際・ハンデ・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走予定。19日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン78.7秒、終い12.0秒の時計でした。最初の2ハロンを普通キャンターで入り、終い重点の追い切りでしたが、良い動きだったと思います。昨日も終いの1ハロン14.2秒の時計を出しており、中1週の競馬になりますのでこれぐらいで十分だと思います。息遣いも良いですし、使った上積みはありそうです。乗り役も引き続き乗ってもらうのは良いことだと思います。準オープンの身ながら他のオープン馬と大してハンデが変わらないのは少し納得がいきませんが、今週のレースでは頑張って欲しいですね」とのこと。
◆出走予定:8月23日(日)新潟11R・NST賞(3歳OP・国際・ハンデ・ダ1200m)M.デムーロ騎手(ハンデ斤量53キロ)
フルゲート15頭(出走予定全13頭)*自身、ハンデ上位3番目1/4で出走可能
08/18 助手 美南坂重 1カイ       73.5−45.0−14.2 馬なり余力
08/19 助手 美南坂稍 1カイ  78.7−51.2−26.1−12.0 馬なり余力
(8月20日)


8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に出走し2着。12日、和田調教師は「レース後も特に問題はありません。レース直後は一息入れさせる予定でしたが、来週のNST賞に登録したいと思います。準オープンの身なので出られるかどうか分かりませんが、出られるのであれば出走させたいと思います」とのことで、次走は8月23日(日)新潟・NST賞(3歳以上OP・国際・ハンデ・ダ1200m)を予定。
(8月12日)


8月8日撮影

8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走。馬体重は6キロ増の526キロ。終始リラックスした雰囲気で、首をリズム良く振り、とても気分良さそうにパドックを周回。馬体の張り艶も上々で具合は大変良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなかったが、前のレースの実況に反応したのか、最後にうるさいところを見せてパドックを後にした。一番最後に馬場入りし、ダートコースに入ると勢いよく駆け出そうとしたが、ジョッキーに手綱を引かれ首を上げたまま駆け出して行った。レースでは、スタートで若干あおり気味も、ダッシュ良く飛び出し2馬身程リードしてハナへ。そのままマイペースで逃げ、直線に入ってスッと後続を突き放し、セーフティーリードを取ったかに見えたが、ゴール目前で脚色が鈍り大外を伸びた後続にクビ差交わされて惜しい2着。デムーロ騎手は「すごく良いスピードがあり上手く運べたのですが、最後で止まってしまいました」とのコメント。和田調教師は「惜しかったですね。ステッキに応えて伸びるタイプではなく、ステッキが入ったあたりで止まってしまいました。僅差だけに本当に残念です。この後には合う番組が無いので、一息入れたいと思います」とのことだった。
(8月8日)


8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走予定。8月5日、和田調教師は「本日は坂路で時計を出しており、4ハロン57.4秒、終い13.0秒の時計でした。ここまで順調に調整が進んでおり、良い状態だと思います。登録の段階だと、ハンデ順でも抽選ですし、そのあとでも抽選になってしまいます。出走出来れば十分チャンスがある状態なだけに、何とか抽選を突破出来ればと思います」とのこと。
◆出走予定:8月8日(土)新潟11R・越後ステークス(3歳以上1600万下・混・ハンデ・ダ1200m)M.デムーロ騎手(56キロ)
フルゲート15頭(出走予定全21頭)*自身、ハンデ上位3番目1/4で出走可能
08/02 助手 美南坂良 1カイ  56.0−41.6−27.5−13.6 馬なり余力
08/05 助手 美南坂良 1カイ  57.4−40.1−25.8−13.0 一杯に追う
(8月6日)


7月29日撮影

8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。7月29日、和田調教師は「本日は坂路で終い15くらいの調整を行っています。明日はポリトラックコースで終い重点の調教を行う予定です」とのこと。
7月30日、和田調教師は「今日はポリトラックコースで時計を出す予定でしたが、暑さを考慮して坂路での調教に切り替えました。普通キャンターより少し強目程度のものでサラッとやっています。週末、来週と時計を出してレースに向かいたいと思います」とのこと。
07/26 助手 美南坂良 1カイ  57.9−42.5−26.6−12.9 馬なり余力
(7月30日)


8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。7月22日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン60.4秒、終い13.0秒の時計でした。今日は3ハロンからのイメージで、全体時計はそれほど速くありませんが、マズマズの動きだったと思います。このまま順調に調整が進めば、良い状態でレースに向かえそうです」とのこと。
07/19 助手 美南坂良 1カイ  63.8−45.8−28.5−13.4 馬なり余力
07/22 助手 美南坂良 1カイ  60.4−41.0−25.8−13.0 強目に追う
(7月23日)


8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に、7月11日に美浦TCに帰厩している。7月15日、和田調教師は「予定通り先週末に帰厩しています。今日は坂路で終いだけ脚を伸ばしており、最後の1ハロンは13.3秒の時計で、動きは悪くなかったと思います。前回の休み明けよりは良いものの、まだ息遣いにもうひとつというところがあります。まだ時間はありますし、ここから良くなってきてくれればと思います」とのこと。
07/15 助手 美南坂良 1カイ  97.2−72.0−40.5−13.3 馬なり余力
(7月16日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進めており、8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に7月11日に帰厩予定。7月7日、和田調教師は「新潟2週目の越後ステークスを目標に、11日(土)の検疫で美浦TCに帰厩させる予定です」とのこと。
(7月7日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進めており、8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に近々美浦TCに帰厩予定。7月1日、牧場担当者は「引き続き順調に調整が進んでおり、コンスタントに坂路で15−15を消化しています。見た目は特に問題はないのですが、本日の計量で馬体重は535キロでしたので、これ以上は増えないように注意したいと思います。態勢は整っており、いつ帰厩の声が掛かっても大丈夫な状態です」とのこと。
(7月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月17日、牧場担当者は「この中間も順調に調整が進んでおり、今週から坂路で15−15を開始しました。馬体の張りや毛ヅヤも良いですし、馬自身リラックスしていて良い感じで調整が進んでいます。このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます。本日の計量で馬体重は528キロでした」とのこと。また、和田調教師は「順調に調整が進めば、7月に帰厩させて、新潟2週目の越後ステークスに向かう予定です」とのこと。
(6月17日)


5月20日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月3日、牧場担当者は「乗り出しを開始しており、現在は坂路中心のメニューで毎日20−20ペースで1本駆け上がっています。特に痛いところもなく、歩様にも問題はありません。このまま様子を見ながらペースを上げていきます。現在の馬体重は520キロです」とのこと。
(6月3日)


5月20日撮影

5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に出走し1着。17日、和田調教師は「レース後も特に大きな問題は無さそうです。次走については、8月8日(土)新潟・越後ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に向かいたいと思います。レースまで間隔が少し開きますので、1度放牧に出したいと思います」とのことで、5月20日にセグチレーシングS(チバ)に移動。
5月20日、牧場担当者は「本日無事にこちらに到着しています。見た目は特に問題はありませんし、膝にも熱感はありません。どこかのタイミングで1度獣医に診てもらい、必要があれば適切な治療を行いたいと思います。到着時の馬体重は520キロでした」とのこと。
5月22日、牧場担当者は「本日獣医に診てもらいました。到着時は特に問題は無さそうでしたが、触診してもらうと筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行っています。経過を見て特に問題がなければ、騎乗を開始したいと思います」とのこと。
(5月22日)


5月16日撮影

5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に吉田隼人騎手で出走。馬体重は前走より4キロ減の520キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。まだ絞れそうな体つきも、馬体の張りツヤは良く、体調は良さそう。止まれの合図のあと、ジョッキーが跨がっても同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。ダートコースに入る間際で少し馬場入りをごねるとこるを見せたが、コースに入るとすぐに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから出していき先頭へ。単騎先頭のまま4コーナーを回り最後の直線に入ると、最後までしっかりと脚を伸ばし、後続に3馬身の差をつけて快勝。レース後、吉田騎手は「スタートも出てくれて、ハナを奪えたのが良かったですね。競りかけられてペースが上がってしまうのは嫌だったので。4コーナーでも待たずに後続を突き放していき、終いまでしっかりと脚を伸ばしてくれて、本当に強い内容だったと思います」とのコメント。また、和田調教師は「今日は文句なしの内容でしたね。いつもは終いで甘くなってしまうのですが、今日は最後までしっかりと走れていました。今後のことについては、レース後の具合を見て考えたいと思います」とのことだった。
(5月16日)


5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)に吉田隼人騎手で出走予定。13日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.9秒、終い13.4秒の時計でした。台風の影響で馬場が悪くなることを想定していましたが、思っていた以上に雨は降りませんでしたので、理想的な追い切りが出来ました。休み明けですが調子は良さそうですし、流れ次第では十分チャンスがあると思っています」とのこと。
◆出走予定:5月16日(土)新潟11R・八海山特別(4歳以上1000万下・混・ハンデ・ダ1200m)吉田隼人騎手(56キロ)
フルゲート15頭(出走予定全39頭、本馬より優先順位の高い馬9頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から26週、ハンデ上位1番目3/4で出走可能
05/13 助手 美南坂重 1カイ  55.9−39.4−26.5−13.4 強目に追う
(5月14日)


5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。6日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.3秒、終い13.5秒の時計でした。ほぼ馬なりという内容でしたが、動きの面でも時計の面でも十分なものだったと思います。馬体も引き締まってきており、息遣いも良化しています。この中間はスクミも出ていませんし、来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
05/06 助手 美南坂良 1カイ  55.3−40.8−26.8−13.5 馬なり余力
(5月7日)


5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。4月29日、和田調教師は「昨日の調教後に軽いスクミの症状が出てしまいましたので、今日は曳き運動のみの調整です。今日の時点でケロッとしてますので、明日から乗り出し、特に問題がなければ週末に時計を出す予定です」とのこと。
4月30日、和田調教師は「今日から乗り出しています。このあとも特に問題がなければ、週末に時計を出したいと思います」とのこと。
04/26 助手 美南坂良 1カイ  65.0−44.5−26.8−13.0 馬なり余力
(4月30日)


4月22日撮影

5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。4月22日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン60.3秒、終い15.1秒の時計でした。まだ少し余裕のある体つきですが、予定のレースまでにはまだ時間があるので、しっかりと仕上げていきたいと思います」とのこと。
美プール 04月 14日 16日
04/19 助手 美南坂良 1カイ  60.0−43.7−28.8−15.0 馬なり余力
04/22 助手 美南坂稍 1カイ  60.3−44.3−29.5−15.1 馬なり余力
(4月23日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、4月14日に美浦TCに帰厩。4月12日、和田調教師は「14日(火)の検疫で美浦TCに帰厩させたいと思います。新潟3週目の八海山特別に向けて調整を進めていきます」とのこと。
4月15日、和田調教師は「昨日(14日)の検疫で美浦TCに帰厩しています。5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)への出走を目標に調整を進めていきたいと思います」とのこと。
04/15 助手 美南坂不 1カイ  69.4−49.9−32.3−15.4 馬なり余力
(4月16日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。4月8日、和田調教師は「放牧先にて順調に乗り込めているようですので、来週あたりにでも美浦TCに帰厩させたいと思います。1つの目標として、5月16日(土)新潟・八海山特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1200m)を考えています」とのこと。また、牧場担当者は「引き続き坂路中心の調整で、20−20ペースを基本に週1回坂路で15−15を乗っています。コンスタントに強目を消化しており順調です。今日の計量で馬体重は539キロでした」とのこと。
(4月8日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月25日、牧場担当者は「引き続き坂路中心の調整で、20−20ペースを基本に週1回坂路で15−15を乗っています。息づかいも徐々に良化してきており、徐々にですが態勢は整ってきました。現在の馬体重は540キロです」とのこと。
(3月25日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月18日、牧場担当者は「引き続き坂路中心の調整で、20−20ペースを基本に週1回坂路で15−15を乗っています。コンスタントに強目を消化しており、順調に調整が進んでいますが、息づかいが良い時に比べるとまだもうひとつというところがありますので、このまま乗り込んで良くなってきてくれたらと思います。毛ヅヤや体調面も良好で、現在の馬体重は542キロです」とのこと。
(3月18日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月5日、牧場担当者は「引き続き坂路中心の調整で、20−20ペースを基本に週1回坂路で15−15を乗っています。コンスタントに強目を消化しており、順調に調整が進んでいます。毛ヅヤも良好で状態は良さそうです。態勢は整いつつあります。昨日の計量で馬体重は542キロでしたので、これ以上は増えないように注意したいと思います」とのこと。
(3月5日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月18日、牧場担当者は「先週から坂路で17−16ペースを開始しており、今週で2本目になりますが、特に大きな問題はありません。来週から15−15を開始し、帰厩に向けてペースを上げていきます。この時期にしては毛ヅヤが良好で、状態は悪く無さそうです。本日の計量で馬体重は538キロでした」とのこと。
(2月18日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月4日、牧場担当者は「ここまで順調に調整が進んでおり、現在は毎日坂路で20−20ペースで1本駆け上がっています。まだ日によっては膝に熱感がある時がありますが、1度骨折をしている馬なので上手く付き合っていければと思います。歩様に関しては特に問題はありませんので、このまま様子を見ながら進めていきたいと思います。本日の計量で馬体重は544キロでした」とのこと。
(2月4日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月21日、牧場担当者は「現在は坂路中心の調整を行っており、坂路を1本23秒ぐらいのペースで乗っています。厩舎で歩様が乱れたと聞いていますので、慎重に調整を進めています。歩様には出ていませんが、まだ日によっては膝に熱感がある時がありますので、様子を見ながら調整を進めていきます。本日の計量で馬体重は539キロでした」とのこと。
(1月21日)


12月26日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月7日、牧場担当者は「現在はウォーキングマシーンだけの調整です。右前の膝の熱感も取れ、歩様も改善してきました。今週一杯はこのままウォーキングマシーン調整だけにして、来週から跨がってみたいと思います。本日の計量で馬体重は550キロでした」とのこと。
(1月7日)

ページ上部へ

2014年

12月26日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。12月23日、和田調教師は「21日(日)に坂路で15−15を行いましたが、調教後に少し歩様が乱れてしまい、右前の膝にも腫れが出ていました。すぐにレントゲン検査を行いましたが、骨には異常はありませんでした。しかしながら、今朝になっても腫れは引いておらず、以前に骨折をした箇所でもありますので、ここで無理をせずに休ませたいと思います。もう1〜2日厩舎で様子を見て放牧に出したいと思います」とのこと。
12月25日、和田調教師は「本日念のためもう1度レントゲン検査を行いましたが、やはり骨には異常はありませんでした。まだ歩様も完全に良くなっているわけではありませんので、明日放牧に出して回復を待ちたいと思います」とのこと。
12月26日、牧場担当者は「本日こちらに到着しています。右前の膝にはまだ少し熱感と腫れがありますので、本日ショックウェーブ治療を行いました。年内は少し楽をさせますので、順調に回復すれば年明けから跨がってみる予定です。到着時の馬体重は540キロでした」とのこと。
美プール 12月 18日
12/21 助手 美南坂重 1カイ  60.8−45.8−30.9−16.2 馬なり余力
(12月26日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、12月17日に美浦TCに帰厩。12月16日、和田調教師は「明日の検疫で美浦TCに帰厩させたいと思います。年明けの京都での出走を目標に調整を進めていきたいと思います」とのこと。
12月17日、牧場担当者は「本日美浦TCに帰厩しました」とのこと。
(12月17日)


11月19日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。12月3日、担当者は「12月1日から乗り運動を開始し、昨日今日と坂路で20〜23秒ペースで1本駆け上がっています。乗った後も特に問題はなさそうなので、このまま様子を見ながら進めていきますが、1度膝を骨折した馬なので坂路主体のメニューで調整していきます。本日の計量で馬体重が542キロありましたが、今後の調教で引き締まってくればと思います」とのこと。
(12月3日)


11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)に出走し7着。18日、和田調教師は「レース後も馬体面に問題はありませんが、少しトモに疲れがあります。次走は年明けの京都を予定していますので、ここで一息入れさせたいと思います。もうそろそろ次の番組も発表されると思いますので、番組が決まり次第どのレースを目標にするか決めて帰厩時期を検討したいと思います」とのことで、19日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
11月22日、牧場担当者は「19日にこちらに到着しています。本日獣医に診てもらったところ、両背腰と両臀部に筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行いました。様子を見ながら馬に合わせて調整を進めていきたいと思います」とのこと。
(11月22日)


11月16日撮影

11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)にC.ルメール騎手で出走。馬体重は10キロ増の524キロ。始めのうち少し気合い不足に見えるも、周回を重ねると歩様に勢いも出てきて悪くない気配。馬体増も体に程良い締まりもあり問題なさそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込むこと無く馬場へ。ダートコースに入るとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り、外の馬も行く気を見せたがダッシュを効かせてハナへ。2番手の馬が外から接近するも、コーナーを利して先頭のまま3〜4コーナーを通過。リードを保ったまま直線にむかったが、直線半ばで後続に交わされてしまい7着。ルメール騎手は「スタート後のスピードがあり、楽にハナに立てました。ただ、4コーナーでリラックスした走りが出来ずリズムが崩れてしまい、最後で甘くなってしまいました」とのコメント。和田調教師は「スピードの違いでスッとハナに立てましたが、すぐに後続に来られて息の入れづらい流れとなり、最後は一杯になってしまいましたね。このクラスに戻っても通用するスピードを見せてくれましたし、使っているうちにチャンスは来るでしょう。続けて使って来たのでここで一息入れ、年明けの京都に向かいたいと思います」とのこと。
(11月17日)


11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)にC.ルメール騎手で出走予定。12日、和田調教師は「レースが日曜日なので、追い切りは明日行う予定です」とのこと。
11月13日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.8秒、終い13.8秒の時計でした。しっかりと動けており、前走よりも状態は良さそうです。昇級初戦とはいえ1000万条件で勝ち負けしている馬なので、良い競馬が出来ると思います。あとは内目の良い枠が引ければと思っています」とのこと。
◆出走予定:11月16日(日)京都12R・ドンカスターカップ(3歳以上1000万下・混・ハンデ・ダ1200m)C.ルメール騎手(56キロ)
フルゲート16頭(出走予定全25頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め7頭)*自身、3着以内
美プール 11月 06日
11/09 助手 美南坂良 1カイ  55.8−41.8−28.4−15.0 馬なり余力
11/13    美南坂重 1カイ  55.8−40.2−26.6−13.8 脚色分からず
(11月13日)


11月5日撮影

11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。5日、調教助手は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.0秒、終い15.5秒の時計でした。終いは少し時計が掛かっていますが、今日は馬場が重く、これぐらい走れていれば大丈夫だと思います。来週のレースに向けて順調に調整が進んでおり、明日はプール調教を行う予定です。来週のレースにはルメール騎手で向かう予定です」とのこと。
11/02 助手 美南P良        58.8−42.9−12.8 馬なり余力
11/05 助手 美南坂良 1カイ  56.0−41.9−29.0−15.5 強目に追う
(11月6日)


11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)を目標に調整中。10月29日、和田調教師は「この中間も特に変わりはありません。予定のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
(10月29日)


10月18日(土)京都・ダ1200mに出走し1着。22日、和田調教師は「レース後も問題なさそうです。このまま問題がなければ、次走は11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)に向かいたいと思います」とのこと。
(10月22日)


10月18日撮影

10月18日(土)京都・ダ1200mに岩田騎手で出走。馬体重は2キロ増の514キロ。首を下げ気味にして落ち着いた様子でパドックに登場。始めのうち少し気合い不足に見えるも、周回の中盤あたりから徐々に気持ちが乗ってきた様子。体の肉付きも目立っており状態は良さそう。他の馬にジョッキーが跨がると、少しピリッとした雰囲気を出しイレ込み無く馬場へ。ダートコースに入るとすぐ勢いよく駆け出し、かかり気味にスタート地点へ駆け出していった。レースでは、揃ったスタートからダッシュ良くハナへ。後続に1〜2馬身差を付け、軽快にマイペースの逃げ。4コーナーで差を詰めてきた後続を引きつけつつ直線へ。直線で追い出されるとしっかりした脚取りで伸び2着馬を2分の1馬身抑えて見事優勝。岩田騎手は「500万条件ではスピードの違いで楽にハナに立てました。上のクラスでもスピードは通用しますね」とのコメント。和田調教師は「スピードを活かした良い競馬をしてくれました。次走についてですが11月16日(日)京都・ドンカスターC(ハンデ・ダ1200m)に向かいたいと思っています」とのこと。
(10月18日)


10月18日(土)京都・ダ1200mに岩田騎手で出走予定。15日、和田調教師は「13日にポリトラックコースで半マイル54秒ぐらいの時計を出しており、出走に向けて順調に調整が進んでいます。時計は明日出す予定です。想定を見ると、京都で出走出来そうです」とのこと。
10月16日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.5秒、終い15.8秒の時計でした。時計が掛かる馬場状態で、さらに1番馬場が荒れている時間帯だったことを考えると、良く動けていると思います。京都で出走出来ることになりましたので、あとは良い結果が出ることを期待しています」とのこと。
◆出走予定:10月18日(土)京都8R・3歳以上500万下(混・ダ1200m)岩田康誠騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全8頭、本馬より優先順位の高い馬7頭〔未定1頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から5週
10/13 助手 美南P良        54.3−39.8−13.3 馬なり余力
10/16    美南坂重 1カイ  56.5−43.3−29.7−15.8 脚色分からず
(10月16日)


10月18日(土)京都・ダ1200mを目標に調整中。8日、調教助手は「引き続き順調に調整が進んでおり、時計は明日出す予定です」とのこと。
10月9日、和田調教師は「ある程度体が出来ており、今週は変則日程でしたので無理して速い時計は出していません。来週の京都・ダ1200mに向かう予定です」とのこと。
10/03 助手 美南坂良 1カイ  80.3−53.6−32.3−14.4 馬なり余力
10/06 助手 美南坂不 1カイ  98.6−63.7−34.1−15.2 馬なり余力
10/09    美南坂稍 4カイ  計測不能−計測不能−計測不能−12.8 脚色分からず
(10月9日)


10月18日(土)京都・ダ1200mを目標に調整中。1日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.7秒、終い13.2秒の時計でした。疲れも取れて順調に調整が進んでいます。出られれば京都のダ1200mに向かう予定です」とのこと。
09/28 助手 美南坂良 1カイ  68.6−48.1−29.3−12.2 馬なり余力
09/30 助手 美南坂良 1カイ  68.4−48.8−30.7−15.1 馬なり余力
10/01 助手 美南坂良 1カイ  55.7−40.1−26.5−13.2 馬なり余力
(10月2日)


9月24日撮影

美浦TCにて調整中。9月24日、和田調教師は「前走のあとはさすがに少し疲れが出ましたが、今週に入って疲れは抜けており、今日は角馬場で乗っています。今週は時計を出さず、来週ぐらいから時計を出していきたいと思います。次走については、自ブロック優先なので出られるかどうか分かりませんが、相性の良い京都で走らせたいと思いますので、10月18日(土)京都・ダ1200mに向かいたいと考えています」とのこと。
美プール 09月 18日
(9月25日)


9月13日(土)新潟・ダ1200mに出走し2着。17日、和田調教師は「レース後に落鉄していることが判明し、左トモの蹄鉄が完全に外れており、右トモの蹄鉄も外れかかっていました。すぐに打ち直してもらい、今のところは爪に問題はなさそうです。ただ、レースでの疲労で少し筋肉痛がありますので、しっかりとケアしていきたいと思います。次走については混合のダ1200mは来週しかありませんが、今の状態を考えると無理をさせたくはありませんので、見送る可能性が高いと思います」とのこと。
(9月17日)


9月13日撮影(パドック)

9月13日(土)新潟・ダ1200mに石橋脩騎手で出走。馬体重は4キロ増の512キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。馬体増も前走に比べ体が引き締まった感じ。前肢の出に少し硬さが感じられるが、周回を重ねていくと徐々にほぐれてくる。馬体の張り毛艶は良く体調は良さそう。程良い気合い乗りで止まれの合図がかかると、騎手が跨るが大きく気配が変わることなく馬場へ向かった。ダートコースの入り口まで来ると、馬場入りを嫌がり後退してしまい、再度促されるも、再度馬場入りを躊躇してしまう。他の馬の後ろを付いてダートコースへ入るとすぐに勢い良く駆け出して行った。レースではマズマズのスタートから馬なりで先頭へ。単騎で楽な感じで逃げ、先頭のまま2馬身程度のリードを保って最後の直線へ。直線に入ってそのまま粘り込みを図るが、ゴール前で惜しくも交わされてしまい、アタマ差の2着。レース後、石橋騎手は「1度使われて馬の状態は確実に良くなっていました。前回はスタートから少し出していきましたが、今回は無理せず逃げることが出来ました。最後まで押し切れると思ったのですが、軽量の馬にきっちりとマークされてしまい、ゴール前で交わされてしまいました。状態が良かっただけに残念です」とのコメント。また、和田調教師は「良い感じでレースが出来ていたのですが、あと1歩でした。状態は前回よりも良くなっていたのですが…。次走については具合を見て判断したいと思います」とのことだった。
(9月13日)


9月13日(土)新潟・ダ1200mに石橋脩騎手で出走予定。10日、調教助手は「本日坂路で時計を出しており、単走で4ハロン56.4秒、終い12.4秒の時計でした。中1週なので全体時計はこれぐらいで十分だと思います。終いは12秒台の時計でしっかりと動けていますし、引き続き良い状態でレースに向かえそうです。休み明けを1回使って粘りは増すと思いますし、このクラスでは力は上位なので、良い結果を期待しています」とのこと。
◆出走予定:9月13日(土)新潟12R・3歳以上500万下(混・ダ1200m)石橋脩騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全13頭〔未定1頭〕、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬本馬を含め3頭)*自身、前走5着以内
美プール 09月 03日
09/10 助手 美南坂良 1カイ  56.4−41.4−25.8−12.4 末強目追う
(9月11日)


8月31日(日)新潟・ダ1200mに出走し3着。3日、和田調教師は「レース後も脚元に問題はありません。乗り出してみての具合を見て問題が無ければ、9月13日(土)新潟・ダ1200mに向かいたいと思います」とのこと。
(9月3日)


8月31日撮影

8月31日(日)新潟・ダ1200mに出走。内田騎手で出走を予定していたが、落馬負傷のため石橋脩騎手に乗り替わっている。馬体重は前走より4キロ増の508キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。時折周囲を気にしてはいるが、終始落ち着いた様子でパドックを周回。もう一絞り出来そうな体つきも、馬体の張りツヤは良好で状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。馬場入りを少し躊躇するところがあったが、ダートコースに入るとすぐに駆け出していった。レースでは好スタートを切り、馬なりで先頭に。先頭のまま3〜4コーナーを回り最後の直線へ。そのまま粘り込みを図るも、直線半ばで捕まってしまい3着。レース後、石橋騎手は「好スタートを切れて楽にポジションが取れました。あとはこの馬のペースでレースを進め、手応え良く直線に入れたので『どれぐらい離すのだろう』と思いましたが、追い出すともう一伸びがなく、息切れしてしまった感じです。乗っていて『物が違う』と感じましたし、今日は休み明けの分だと思います。手前も替えてくれましたし、1回使われて次はもっと良くなってくると思います。今日はせっかくチャンスをもらったのにすみませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「好スタートを切れてこの馬の競馬は出来ましたが、勝ち馬にマークされる展開で、大分厳しい競馬になりました。それに加えて外枠から出していきましたし、休み明けの分もあってか最後まで粘りきれませんでした。レース後の具合を見てからになりますが、問題がなければ中1週で新潟・ダ1200mに向かいたいと考えています」とのことだった。
(9月1日)


8月27日撮影

8月31日(日)新潟・ダ1200mに内田騎手で出走予定。27日、調教助手は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.0秒、終い12.9秒の時計でした。終い重点の追い切りでしたが、動きは良かったと思いますし、今日の馬場状態での終い12秒台は良い時計だと思います。長期の休養明けというのが心配の1つではありますが、1000万条件で良い勝負をしていた馬ですし、状態も良さそうなので、今週のレースでは良い結果を期待しています」とのこと。
◆出走予定:8月30日(日)新潟12R・3歳以上500万下(混・ダ1200m)内田博幸騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全25頭、本馬より優先順位の高い馬4頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から30週
08/24 助手 美南坂良 1カイ  59.7−43.1−27.6−13.0 馬なり余力
08/27 助手 美南坂重 1カイ  57.0−41.4−26.9−12.9 強目に追う
(8月28日)


8月31日(日)新潟・ダ1200mを目標に調整中。20日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.0秒、終い12.8秒の時計でした。時計も悪くありませんし、動きも良かったと思います。来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
08/17 助手 美南坂重 1カイ  56.7−40.8−26.7−13.5 馬なり余力
08/20 助手 美南坂良 1カイ  55.0−39.5−25.8−12.8 強目に追う
(8月21日)


8月13日、和田調教師は「左前肢の挫石はもう問題はなさそうでしたので、先週末に坂路で15−15を行いました。その後も問題はありませんので、本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.3秒、終い13.8秒の時計でした。このまま調整を進めていき、態勢が整えば8月31日(日)新潟・ダ1200mに出走させたいと思います」とのこと。
08/10 助手 美南坂不 1カイ  60.9−45.2−30.5−15.8 馬なり余力
08/13 助手 美南坂稍 1カイ  57.3−41.8−27.3−13.8 強目に追う
(8月14日)


8月6日撮影

8月6日、和田調教師は「左前肢の爪は大分回復してきましたので、日曜日から乗り運動を開始しました。一昨日の全休日を挟んで昨日から再び跨がり始め、今日は軽いキャンターまで行なっています。このあと特に問題がなければ坂路入りを開始し、出走に向けて調教ペースを上げていく予定です」とのこと。
(8月6日)


7月30日、和田調教師は「今日、獣医さんに診てもらい、膿は完全に抜けきったようですが、まだ中の炎症が取り切れていないので、レーザー治療を行いつつ、回復を待ちたいと思います。乗り出せるまであともう少しだと思います」とのこと。
(7月30日)


7月28日、和田調教師は「左前の挫石の状態ですが、今日ぐらいから膿が抜け始めましたので、もう2〜3日ぐらいで乗り出しが再開出来る見込みです」とのこと。
(7月28日)


7月25日、和田調教師は「水曜日はダクだけにして歩様に問題はなかったのですが、昨日また少し歩様が乱れました。その後の検査の結果『挫石』が判明しました。膿が出てしまえば問題ないと思いますので、少し楽をさせて膿が出るのを待ちます。早く抜けてくれれば」とのこと。
(7月25日)


7月23日、和田調教師は「日曜日の調教中に自分でぶつけてしまったのか、月曜日に歩様が若干気になりました。左前の蹄底に少し熱を持っていましたので、装蹄師とも相談をして鉄橋を履かせました。少し楽をさせましたが今日からまた乗り出しており、このあと特に問題がなければ新潟での出走を目標に調整を進めていきたいと思います」とのこと。
(7月23日)


7月19日に美浦TCに帰厩。19日、牧場担当者は「本日、美浦TCに移動しました。トレセンでも頑張って欲しいですね」とのこと。
(7月19日)


2月14日からセグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、7月19日に美浦TCに帰厩予定。7月10日、担当者は「強い調教(16−16程度)を開始してから一昨日で3本目になりますが、本数を重ねる毎に良くなってきています。息づかいの面ではまだもう少しというところはあるのですが、乗り込んできて歩様もしっかりしてきましたし、馬体も引き締まってきました」とのこと。13日、和田調教師は「19日(土)の検疫で美浦TCに帰厩させる予定です」とのこと。7月9日現在の馬体重は529キロ。
(7月14日)


7月上旬撮影



4月下旬撮影



2月1日(土)京都・ダ1200mにC.デムーロ騎手で出走。馬体重は4キロ減の504キロ。落ち着いた様子で、隊列の一番最後でパドックへ登場。大幅に体は減っているものの、体が絞れてむしろ好材料。歩様は問題なく毛艶も良好で状態は良さそう。ジョッキーは跨らずに、落ち着いた様子のまま馬場へ向かった。ダートコースへ入ると少し躊躇するような仕草も見られたが、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから行き脚を付け先頭に立つも、外から競りかけられるが譲らずハナへ。前2頭で後続を離し、2番手の馬に1馬身の差を付けて4コーナーを周り先頭で直線へ向い粘り込みをはかるが、ゴール寸前クビ交わされてしまい惜しい2着。レース後、C.デムーロ騎手は「良い感じで進めていたと思いますが、ずっと同じ手前のまま走っていて、ゴール直前でその影響が出てしまい踏ん張りきれませんでした。何度か手前を替えさせようとチャレンジしたのですが、替えてくれませんでした。手前が変わっていればもう一踏ん張りできたんだと思います。今日は勝てませんでしたが、スピードがあり能力の高い馬だと思います」とのコメント。また和田調教師は「前半つかず離れず来られてしまい、ペースが速くなり息の入らない展開になってしまいました。前走に比べ状態も上向いていただけに、勝てなかったのは残念です。レース後の具合を見て、次走を考えたいと思います」とのこと。
(2月1日)


1月6日(月)京都・ダ1200mに浜中騎手で出走。馬体重は前走より12キロ増の518キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。大幅な馬体重増で少し余裕のある仕上がり。周回を重ねても大きな入れ込みもなくマイペースでパドックを周回しており、歩様もスムーズ。止まれの合図のあとジョッキーが跨がると、首を下げ気味に気合いも乗り馬場へ向かった。芝コースに入るとごねてあとずさりしてしまうも、厩務員に曳かれてダートコースへ。ここでも少しごねてしまうも、馬が行く気になったタイミングで促して返し馬に入った。マズマズのスタートから無理せず先行争いに加わり、スピードの違いで先頭に。後続を3馬身程度引き離して3〜4コーナーを周り直線へ向かうと、セイフティリードに思われたが、残り100メートルで交わされてしまうと、一気に脚色が鈍ってしまい8着。レース後、浜中騎手は「調教師から『最近は力んで走っているので、気分良く走らせて欲しい』とのことでしたので、スタートしてから押しもせず、引きもせずという感じで乗り、スピードがあるので楽に先手を取れました。しかし、どうも脚が溜まらない感じで最後まで一息で走っており、直線でも手前を変えずに同じ手前のまま走っていました」とのコメント。8日、和田調教師は「競馬を使ったあと輸送して厩舎に戻ってきましたので、少し疲れているかなという感じですが、脚元に問題はありません。次走については2月1日(土)京都・ダ1200mを本線にと考えていますが、1月26日(日)伊良湖特別(ダ1200m)にも特別登録し、出られるようならこちらに向かうことも検討したいと思います」とのこと。
(1月8日)

ページ上部へ

2013年

12月中旬撮影



12月初旬撮影

11月16日(土)京都・ダ1200mにM.デムーロ騎手で出走。馬体重は前走より6キロ増の506キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。フックラした仕上がりで馬体の張り艶も良く、状態は良さそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。芝コースを横切りダートコースに入ると、時折見せる気難しいところもなくスムーズに返し馬に入った。レースでは、スタートでタイミングが合わずやや後方からの競馬も、すぐに行き脚を付けて内ラチ沿いを上がっていき3コーナー手前で先頭に。先頭のまま後続に2馬身の差を付けつつ4コーナーを周り直線へ向かい粘り込みをはかるが、ゴール手前で脚色が鈍り踏ん張ることができず4着。レース後、デムーロ騎手は「『ハナへ』という指示でしたので、ハナを主張していきました。スタートがあまり速くなくて先頭に立つまでに少し時間が掛かってしまいましたが、先頭に立ってからはスムーズな競馬が出来ました。あともう少しだったのですが、すみませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「スタートが今一つでしたね。そこから出していってハナを取りにいったのですが、相手もなかなか譲ってくれずペースが速くなってしまい 、最後まで粘りきることが出来ませんでした。次走については1度短期放牧を挟み、年明けの京都開催を目標にしたいと思います」とのことで、週明けに放牧へ出る予定。
(11月16日)


10月撮影

10月26日(土)京都・ダ1200mに浜中騎手で出走。馬体重は前走より6キロ減の500キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。時折物見をしていたが、集中は出来ている様子で、首を下げ気味にしてゆったりした歩様でパドックを周回。馬体は肉付き良く締まりもあって具合いは良さそう。馬場の入口でジョッキーが跨ると気合いを表に出し小脚を使いながら馬場へ。ダートコースに入ると後ろに後退したり少しむずかるところを見せたが、促されると一歩目から勢いのあるキャンターで駆け出し、スムーズに返し馬を行った。レースではまずまずのスタートで促されて前へ。好発を決めた内の馬の直後2番手で折り合い、3〜4コーナーで徐々に前の馬との差を詰めるように上がっていく。直線入口で先頭に立ちかけるも、逃げ馬にもう一伸びされ、ゴール目前で後続にも差されてしまい3着。浜中騎手は「ポンと出られれば良かったのですが、ゲートでじっとしていたものの若干反応が遅れ、行ききることが出来ませんでした。道中でムキになるようなところもなく、2番手でリラックスして走れていたので、リズム良く走らせるよう競馬を進めました。手前もスムーズに替えていて最後もよく頑張っていますが、やはり本来なら単騎で行ける競馬が良いのかも」とのコメント。また、和田調教師は「今日はゲートの出が良くなくて、いつものロケットスタートが決まりませんでした。スタートが決まっていれば今日の内容なら結果は違っていたと思います。番手の競馬が出来たのは良かったと思いますし、スピードが活かせる京都コースは合っていますね。権利も取れましたし、次走は中2週で11月16日(土)京都・ダ1200mに向かいたいと思います」とのことだった。
(10月26日)


9月29日・中山・江戸川特別(ダ1200m)に松岡騎手で出走。馬体重は前走より4キロ減の506キロ。メンコを着用し(レース前に外す)パドックに登場。1度使われて馬体が絞れたのは好材料。前走時と比べて前脚の出が硬いが、周回を重ねていくと幾らかほぐれてくる。落ち着いた様子で周回しており、馬体の張り艶は良く、体調は良さそう。止まれの合図の後ジョッキーが跨がると、二人引きになり、一番最後に馬場へ向かった。一番最後に馬場に入ると、一瞬走り出すのを躊躇しかけるも上手く我慢させてスッと返し馬に入った。レースでは好スタートからスッと先団へ。内から来た馬と併せ馬のような形で1〜2番手を進み、3〜4コーナーの中間過ぎから単独先頭に立つ。1馬身程度のリードを保って4コーナーを回り最後の直線に入ると、粘り込みを図るが残り1ハロン過ぎで後続馬に捕まってしまい、結果は7着。レース後、松岡騎手は「『2〜3番手からの競馬を』という指示でしたので、フワッと出しましたが、内から馬体を併せられると行きたがってしまい、終始引っ掛かり通しでした。結果的には行かせてしまった方が息も入ったと思いますし、直線でもう少し粘れたと思うのですが。右回りや坂も大丈夫でしたし、能力を感じさせる馬です。このクラスでも十分やれると思います」とのコメント。また、和田調教師は「中山コースはスピードで押し切るのが難しいですし、後ろから来た馬が勝っただけに上手くコントロール出来ていたらと思います。現時点では出られるかどうか分かりませんが、4週目の京都・ダ1200mに向かいたいと考えています」とのことだった。
(9月30日)


9月8日(日)阪神・夙川特別(ダ1200m)に出走。馬体重は前走より増減無しの510キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。入れ込みもなくゆったりした歩様でパドックを周回。状態は悪くなさそうだが、もう少し気が乗っていても良さそうな感じ。止まれの合図の後ジョッキーが跨がると、気配が変わって小うるさいところを見せながら馬場へ向かった。ダートコースに入ると少し躊躇するところがあったが、馬の出るタイミングに合わせて促すとそこからはスムーズに返し馬に入った。レースでは五分のスタートから押して行き脚も付き、外目2〜3番手の位置で向こう正面を進む。そのままスピードが落ちず3コーナーで単独先頭に立ち、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ってそのまま粘り込むも、残り1ハロン辺りで後続馬に捕まってしまい5着。レース後、岩田騎手は「2〜3番手でも競馬ができる馬だと思いますが、3コーナーで馬が行く気になっていましたので、無理して抑えずそのまま行かせました。手前の替え方もスムーズでしたし、道中の流れ次第ではこのクラスでも良い競馬をしてくれると思います」とのコメント。また、和田調教師は「輸送も考慮しての追い切りだったので競馬にいってどうかなと思いましたが、パドックでジョッキーが乗ってからが少し気合いが入り過ぎていたように感じましたので、結果的には抑え気味にしておいて良かったと思います。福島のレースでは出遅れて競馬になりませんでしたが、スタートさえまともならある程度の競馬が出来ると思っていました。今日はレコード決着でしたし、坂も少し応えたかもしれません。悪くない内容でしたが、2〜3番手からの競馬だったらと思います。今後については厩舎に戻ってきた様子を見てから判断したいと思います」とのことだった。
(9月9日)


7月14日(日)福島・鶴ヶ城特別(ダ1150m)に内田騎手で出走。馬体重は4キロ増の510キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。多少緩さは感じるものの馬体をフックラと見せ状態はとても良さそう。周回途中から大粒の雨が降り出し、周回を重ねると徐々に気合いも乗ってくる。他の馬たちにジョッキーが跨ると、さらに気合いも乗って馬場へ。ダートコースへ入ると後ずさりをしたり、向きを変えなかったりと気の悪いところを見せたが、しばらくすると勢い良く駆け出していく。レースでは、やや立ち遅れ気味のスタートも、気合いを付けて先行争いに加わるが、外から内に切れ込んできた馬がいて、手綱を引っ張る不利があり4番手インのポジションで3コーナーへ。下がり気味の馬を交わして3番手のインを通り4コーナーを周り直線へ向かうと、一瞬伸びかけるも最後は脚色が鈍り11着。レース後、内田騎手は「顔を横に向けている時にスタートが切られてしまい、その分タイミングが合いませんでした。ただすぐに行き脚も付いたので、逃げさせてもいいつもりで上がっていったのですが、外から切れ込んできた馬がいてブレーキをかける形になってしまい、そこでリズムを崩してしまいました。逃げて自分のリズムで走れていれば、まったく違っていたと思います」とのコメント。また和田正道調教師は「今日は寄られて引っ張る不利が2度程あり、それがすべてだったと思います。具合はとても良かっただけに残念です」とのこと。
(7月14日)


5月12日(日)京都・葵S(芝1200m)に北村友一騎手で出走。休み明けの馬体重は3キロ減の506キロ。メンコを着用(レースでは外す)し落ち着いた様子でパドックに登場。周回当初は多少緊張気味も、徐々にリラックスしてくる。休み明けで馬体重が減っているが、細い感じはなく状態は良さそう。ジョッキーが跨ると程よい気合い乗りを見せ、馬場へ向かった。芝コースへ入ると直ぐに、素軽いキャンターで駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートも行き脚付かず後方からの競馬。徐々に行き脚も付き中団まで上がって行き、8番手で3〜4コーナーを周るも、バランスを崩すシーンも見られ、直線も伸びを欠いて16着。レース後、北村友一騎手は「ゲートは出てくれたのですが、上手くタイミングが合わず行き脚がつきませんでした。出来れば前々の競馬をと言われていましたし、行きっ振りも良かったのでポジションを押し上げて行きましたが、下が緩く脚を取られるところがあり、それを馬が気にしている感じでした。馬場が合わなかったこともあり、今日の一戦で芝が駄目かどうかは分かりませんが、スピード自体はこのクラスの芝レースでも十分通用するものは持っています」とのコメント。また和田調教師は「ダートで勝っているので、少し下が緩いくらいの方が良いのかと思っていましたが、逆に気になってしまったようです。結果論になってしまいますが、スタートで行き脚が付かなかった時点で脚を貯めて末脚にかける競馬に切り替えた方が良かったのかもしれません。芝適性に関しては今日のレースでは判断つきませんので、レース後の具合と番組を見て今後の予定を検討したいと思います」とのこと。
(5月13日)

ページ上部へ

2012年

11月29日(木)公営園田・兵庫ジュニアグランプリ(JpnU・2歳・ダ1400m)にM・デムーロ騎手で出走。馬体重は前走より7キロ増の509キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。いつもに比べ物見ははげしいものの、問題はなさそう。気合い乗りもマズマズで、馬体をフックラ見せ、状態は悪くなさそう。騎手が跨がってからも入れ込むことはなく馬場へ。馬場に入ると立ち止まってから方向を変え、スムーズに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから2番手で1コーナーへ。同位置のまま2コーナーを過ぎて向こう正面に入ると、外から捲ってきた馬が先頭に立ち、逃げていた馬を交わしてこの馬を追いかけていくが、少しずつ離されてしまい、2〜3馬身程度離されたまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ってもなかなか前との差は詰まらず、直線半ばで1頭に交わされてしまい、ゴール前でもう1頭に交わされてしまい4着。レース後、デムーロ騎手は「今日はゲートの中から馬がソワソワしていて落ち着きがありませんでした。スタートは普通に出てくれたのですが、いつもリズム良く走る馬が、レース中に何度も手前を替えて、バランスの悪い走りになってしまいました。先手を取れなかったこともあるのかもしれませんが、勝ち馬に一気に交わされた時も、馬が驚いていました。自分的には一気に交わされたところで一息入れさせ、最後の直線に賭けたかったのですが、逆に驚いたことで息が入らず、直線ではもう余力がありませんでした。距離かどうかは分かりませんが、今日のような競馬になると短い方が良いのかもしれません。まだ馬が若く、今日の結果がこの馬の力とは思っていません」とのコメント。また、和田調教師は「普通に走ってくれば勝てると思っていたのですが、この馬自身の若さが出てしまい残念な結果になってしまいました。厩舎に戻して様子を見てから今後のことを判断したいと思います」とのこと。
(11月29日)


11月4日(日)京都・ダ1200mにM・デムーロ騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の502キロ。終始落ち着いた様子で悠々とパドックを周回。迫力ある馬体も相変わらずで、もっさりした感じはなく程良くリラックス出来ており好気配。他の馬にジョッキーが跨ると軽く気合いを見せ、キビキビした歩様で馬場に向かい、馬場入口で騎手を乗せた途端、ガラッと雰囲気が変わってうるさい素振りを見せながら芝コースを横切り、ダートコースに入るとすぐ返し馬に入った。レースでは揃ったスタートからダッシュ良くハナへ。3頭が直後にピタリと付け楽な逃げでは無かったが、終始1馬身程のリードを保って馬群を引っ張った。持ったままで4コーナーを回って直線でいったん後続を突き放し、ゴール前で詰め寄られるもクビ差しのいで見事優勝。勝ち時計は1分11秒8、上がりの3ハロンは36秒9。デムーロ騎手は「今まで芝スタートの経験しか無かったようなので、初めてのダートスタートでどうかと注意していましたが、全く問題ありませんでした。道中もまだ幼さを見せたものの、馬の頭は冷静で賢い馬だと感じました。コーナーから最後の直線に入っても手前を替えずに走っていて、替えさせようかとも思ったのですが、馬がリラックスして走っていたので今日は敢えて替えさせませんでした。レースで手前を替えることを覚えてくれれば更に良くなります。楽しみな馬ですね」とコメント。和田調教師は「好位の競馬をしたいと考えていたのですが、目標になりそうな馬が出遅れたため、ハナに立つ形になりましたね。事前のイメージとは異なりますが力で押し切る内容の良い勝ち方でした。最後は詰め寄られましたが、手前を替えられるようになればもう一段階脚を使えるようになると思います。次走は今月末の兵庫ジュニアグランプリを目標にしたいと思います」とのこと。
(11月5日)


9月29日(土)阪神・ヤマボウシ賞(ダ1400m)に浜中騎手で出走。馬体重は2キロ減の504キロ。少しうるさいところを見せながらパドックに登場。他の馬につられて暴れたりしていたが、2周ほど周回をしたところで列の最後尾にまわってからは落ち着いた様子。まだ余裕のある体つきも、終始力強い歩様でドッシリと構え、状態は良さそう。他の馬たちにジョッキーが跨ってからも入れ込むことはなく馬場へ向かった。落ち着いた様子で馬場へ入り、促されるとスムーズに駆け出して行った。レースでは、好スタートを決めるも控えて4番手からの競馬。前2頭をマークする3番手で3〜4コーナーを周り直線へ向かうと、早めに先頭に立ちそのまま押し切るかにも思われたが、ゴール手前で脚色が鈍ってしまい3着。レース後、浜中騎手は「行く馬を2頭見ながらマークする形で思っていたような競馬ができたのですが、勝ちに行った分少し仕掛けが早くなってしまいました。距離自体は問題なさそうですが、初めての右回りでコーナーでもフワッとしていたし、トモの力もまだ付ききっていない感じです。ただスピードがあるのでこれだけ走れていますし、トモがパンとしてくればもっとやれそうです。この馬の秘めている能力は相当なものだと思います」とのコメント。また和田調教師は「期待していただけに残念ですが、今日はワンテンポ仕掛けが早くなってしまった分だけだと思います。手応え的に、あそこで後続が来るのを待つのも難しかったかもしれませんが。レース後の具合にもよりますが、次走は京都の1200mに向かおうと思います」とのことで、11月4日(日)京都・ダ1200m(混)に向かう可能性があり、レース後も問題なく10月1日にはセグチレーシングS(チバ)へ短期放牧に出ている。
(10月1日)


9月2日(日)新潟・ダ1200mに内田騎手で出走。馬体重は6キロ増の506キロ。メンコを付け落ち着いた様子でパドックに登場。見た目にまだ少し余裕のある感じも、馬体の張りや歩様はスムーズで状態は良さそう。やや気合不足にも見えたが、ジョッキーが跨ると少し気合いも乗ってくる。馬場へ入ると走りたがる素振りを見せるが、我慢させてからゆっくりとハッキングキャンターで返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートからすんなり先頭に立ち逃げる展開。1馬身抜けた形で3コーナーへ入るが、4コーナーで後続が差を詰めてきて最後の直線へ。直線では徐々に後続との差を付け始め、楽な感じのまま5馬身の差を付けて見事優勝。レース後、内田騎手は「まだ余裕のある体やレース振りでこの内容なら今後が楽しみですね。他に行く馬がいたら2番手でもと思っていましたが、スピードの違いで先頭に立っていました。距離的には短い方が良さそうですが1400は問題なさそうです。まだトモに緩さがあってレース中も何度かトモを落としていました。芝がこなせない訳ではなさそうですが、トモがしっかりするまでは、ダートを使っていった方が良さそうです」とのコメント。また和田調教師は「音に敏感なところがあり、パドックではメンコを着用しました。一度使ったことで変わり身を見せてくれると思い期待していましたが、期待に応えてくれて良かったです。ダート戦は番組が限られてきますので、レース後の具合を確認して次走を決めたいと思います」とのこと。
(9月3日)


8月18日(土)新潟・ダ1200mに内田騎手でデビュー。初出走の馬体重は500キロ。厩務員に甘え促されながらの周回。やや余裕のある体つきも好馬体。騎手は跨がらず同じ様子のまま馬場へ。馬場に入ると少し躊躇する面が見られるも、促されると力強いキャンターで駆けていった。レースでは、好スタートを切り先頭を伺う勢いも、内から来る馬に行かせて、外目3〜4番手からの競馬。3〜4コーナー過ぎから馬なりで徐々に上がっていき3番手で最後の直線へ。直線半ばで馬なりのまま先頭に立つも、ゴール前で差されてしまい2着。レース後、内田騎手は「ゲートも出てくれましたし、道中も手応え良く進めました。最後の直線も押しきれると思ったのですが…。これからもっと良くなってくる馬だと思います」とコメント。また和田調教師は「スタートも決め、道中も手応え良く進み、最後は押しきれると思ったのですが…。まだ稽古で一杯には攻めてはいませんし、次は変わってくると思います。レース後問題が無ければ、中1週でダ1200mに向かいたいと思います」とのこと。
(8月18日)


パンフ使用写真