ルファルシオン

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

山元TC在厩(栗東・松田國英厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(4.2.2.20)

2017年

3月20日撮影

3月20日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)に出走。馬体重は2キロ増の520キロ。メンコを着用して二人曳きでパドックに登場。もう少し気合いが乗っても良さそうに見えるが、終始落ち着いた周回。トモの踏み込みが力強く、引き続き状態は良さそう。パドックで騎手が跨がると、少し気合いが乗り馬場へ向かった。落ち着いた様子でダートコースへ。他の馬たちが走り出すと少し行きたがる仕草も、我慢させてからスムーズに駆け出していった。レースでは躓き加減のスタートも先行争いに加わり3番手のインで1コーナーへ。3番手のまま2コーナーを周り向こう正面へ。3コーナーでペースが上がると少し置かれ気味となり3〜5番手の最内を通り4コーナーを周り直線へ。いったんは3番手に上がるが最後の叩きあいで遅れてしまい6着。レース後、戸崎騎手は「直線で外に出せていれば、もう少し頑張れていたと思いますが、上手く外に出せませんでした。ペースも落ち着いてしまい、この馬には厳しい流れになってしまいました」とのコメント。また調教助手は「前半はかなり遅いペースになり、後半の切れ味勝負になってしまい、この馬には厳しい展開でした。スタートで躓いた時に落鉄していたようで、その影響も少なからずあったようです」とのこと。22日、松田調教師は「スタートで右前を落鉄してしまい、その分なのか3コーナーで動けず、ヨーイドンの競馬では渋太さを活かしきれませんでした。勝負所でオーバーペース気味に馬群を引っ張っていく位の流れが合うので今回のペースは厳しかったですね。レース後、鉄が外れなかった方の左前の球節に少しムクミが出ていますが、捻挫などではなく使った後によく見られる程度のものです。右前も問題は無く、疲れが抜ければ問題ないでしょう。明日23日にグリーンウッドTへ放牧に出し、馬体チェックを行った後、今後のプランを考えたいと思います」とのことで、いったん放牧に出る。
(3月22日)

 

今週の3月20日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)に第1回の登録を行っている。14日、松田調教師から「来週のハンデ戦を考えていましたが、今週のレースにも念のため登録を行いました。蓋を開けてみると登録頭数も多くなく相手関係も悪くなさそうですので、今週使う方向で水曜追い切りを消化したいと思います」との連絡が入った。15日、松田調教師からは「坂路1本の後、CWチップコースで追い切っています。6ハロン80秒7、3ハロン37秒9、終い12秒9を計時しており、態勢は整っています。戸崎騎手が乗れるようでしたので依頼しました」との連絡が入っている。
◆出走予定:3月20日(祝・月)中山10R・韓国馬事会杯(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)戸崎圭太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全12頭)
03/12 助手 栗東坂良 2カイ  56.4-40.2-26.5-13.0 馬なり余力
ハギノタイクーン(古1600万)一杯を0.1秒追走同入
03/15 助手 栗CW良   80.8-65.3-51.2-38.1-12.9 一杯に追う
ナンヨーマーク(古1600万)一杯の内を0.6秒追走4F併アタマ遅れ
(3月16日)


この中間も順調。3月8日、松田調教師は「レース後も問題は無く、本日坂路の2本目に時計を出し、54秒7、終い12秒7を計時しました。ビッシリとやった調教ではありませんが、併せ馬でキッチリと動いて上がってきており、変わりなく順調にきていると思います。次走はハンデ戦の中京に向かいたいと思っています」とのこと。3月25日(土)中京・名古屋城ステークス(ハンデ・ダ1800m)を予定。
03/08 助手 栗東坂良 2カイ  54.7-39.2-25.3-12.7 馬なり余力
ミッキーデータ(古500万)叩一杯を0.2秒先行同入
(3月9日)


2月26日撮影

2月26日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は18キロ増の518キロ。パドックではメンコを着け、チークピーシーズを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。以前より腹回りが立派に見えるも緩い感じは無く、体全体がしっかりとして久々でも具合は良さそう。少しのんびりした雰囲気に見えたが、周回を重ねて気持ちが乗ってきた様子。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを見せつつ馬場へ。馬場入りの時も落ち着いており、ダートコースに入ってすぐ促されると反応良くスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り気合いを付けられ行きっぷり良く先団へ。4番手で1コーナーに向かうもコーナー入口で狭くなり、ポジションを下げて7〜8番手で向正面へ。道中は中団を進み、9〜10番手で3〜4コーナーを回った。直線で外目に持ち出し追われるとじわじわ伸びたが8着まで。藤岡騎手は「テンで仕掛けていくと反応良く行けたのですが、1コーナー入口で狭くなり引っ張らざるを得ずポジションが下がってしまいました。切れる脚が無いので自分から早めに動いていきたかったのですが、道中も被されて動くに動けませんでした。直線入口では反応もあり決め手がある馬なら勝ち負けだったと思います。ただ、ここしばらくの内容と比べても行きっぷりは良かったですし、以前のような緩さも無く、良くなりそうな兆しを感じました」とのコメント。松田調教師は「切れる脚が無いだけにポジションが取れなかったのは残念ですが、直線の反応も良く見所はあったと思います。放牧から戻ってビッシリ調教を積んでの馬体増でしたから心配はしていませんでしたが、次は更に良くなってくれそうです。ジョッキーの感触も良かったようですし、あまり間隔を開けずに続けて平地レースを使いたいと思います」とのこと。3月1日、松田調教師は「まだ引き運動のみですが、レース後も歩様に問題はなく続けて使っていけそうです。体が増えた上でレースではしっかり動けていましたし、使って更に良くなってくるのではと期待しています。次走についてですが、阪神、中山、中京に続けてダ1800〜2000のレースがありますので、馬の状態を見ながら決めたいと思います。斤量が重くなることも無さそうですしハンデ戦を使えるようなら面白そうです。中1週は少し負担が大きそうで、今後の馬の状態と相手関係を見て最終的に決めるつもりです」とのこと。
(3月1日)


今週2月26日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に藤岡佑介騎手で出走予定。22日、松田調教師は「本日、坂路1本の後、CWチップコースでハギノハイブリッドと併せて6ハロン82秒8、5ハロン65秒7、終い12秒7を計時しました。今回の放牧から戻ってきて、以前はすらっと見せていた腹回りにしっかりと肉が付き、以前より太く見える感じですが、今日の調教では長目からきっちりと動けましたし、体型自体がボリュームアップして変わってきたのかもしれません。障害練習とリフレッシュでパワーアップできていればと思います」とのこと。
◆出走予定:2月26日(日)阪神10R・伊丹S(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)藤岡佑介騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭)
02/18 助手 栗東坂稍 2カイ  58.6-41.9-26.9-13.0 馬なり余力
レジスタンス(三未勝)馬なりを0.6秒追走アタマ先着
02/22 助手 栗CW不   81.7-65.7-51.8-38.1-12.5 一杯に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯の外を0.4秒先行クビ遅れ
(2月23日)


2月1日に帰厩。15日、松田調教師は「この中間も順調で、本日は坂路で1本乗った後、CWチップコースで6ハロン80秒6、5ハロン65秒0、ラスト12秒5を計時しました。十分な時計で動けていますし、使える態勢は整ってきました。来週の阪神・伊丹S(ダ1800m)を考えています」とのこと。2月26日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に向かう予定だ。
02/11 助手 栗東坂重 2カイ  58.2-41.2-26.4-12.8 馬なり余力
レッドサバス(古1600万)馬なりを0.2秒追走同入
02/15 助手 栗CW良   80.9-65.8-51.7-37.8-12.4 一杯に追う
レッドサバス(古1600万)一杯の内を1.0秒追走3F併0.2秒先着
(2月16日)


2月1日に帰厩。8日、松田調教師は「帰厩後も順調にきています。本日、坂路で併せ馬の追い切りを行っており、4ハロン55秒0、2ハロン25秒1、ラスト12秒6を計時しました。最後の2ハロンをほぼ同じタイムで上がっており、余裕をもって動けているからだと思います。障害練習とその後の体造りが良い方向に出ている感じで、馬体にボリュームが増えて山元TCから良い状態で戻ってきてくれました。この動きならそろそろ目標のレースを決めていけそうです」とのことだった。
02/08 助手 栗東坂重 2カイ  55.0-39.2-25.1-12.6 一杯に追う
レッドサバス(古1600万)一杯を0.4秒先行同入
(2月9日)


山元TCにて順調に調整が進み、2月1日の検疫で栗東に入厩している。同日、牧場担当者は「週1〜2回坂路コースで15−14ペースをしっかりと乗り込むことができました。馬体もフックラして良い状態で、良い状態で送り出せたと思います。先週末の体重は525キロ」とのこと。松田調教師からは「順調に調整が進み、肉付きも良くなって、体をしっかりと収縮させて動けるようになったと報告が来ています。障害練習を挟んで立て直し、馬が変わってきているのではと期待しています。ここから強目を乗ってみて今後を検討します」との連絡が入っている。
(2月1日)


。山元TCにて調整中。1月20日、牧場担当者は「この中間も順調にきており、週1回15−14ペースで乗り込んでいます。肉付きも大分良くなり、体のハリも戻ってきました。状態は上向いていますし、当初から予定していた1月末過ぎには移動への態勢が整ってきそうです」とのこと。現在の馬体重は520キロ。
(1月20日)


。山元TCにて調整中。1月11日、松田調教師は「山元TCで帰厩に向けた調整を進めてもらっています。いったん背肉が落ちてしまったので、あと1ヶ月位かけて喰わせ込んで乗り込む必要がありそうです。1月一杯はこのまま乗り込んでもらい、状態が良くなったら帰厩させます。帰厩後も障害練習を行いながら、ひとまず平地レースを使う方向で考えています」とのこと
(1月11日)


山元TCにて調整中。1月6日、牧場担当者は「現在は周回コースと、坂路を併用しながら15−14の調整まで行っています。こちらに来た当初は背中の肉付きが寂しかったのですが、現在は肉付きも良くなり状態は上向いています。歩様に硬さも見られ、良いときに比べるとまだ物足りなさも感じますので、このまま良化を待ちつつ乗り進めていきます」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

12月15日から山元TCにて調整中。21日、牧場担当者は「こちらにきて特に問題はなさそうでしたので、すでに乗り出しており、現在は周回コースで18−17ぐらいのところを乗っています。背中の肉付きが少し寂しいので、今後の調教で良化してきてくれればと思います。昨日の計量で馬体重は523キロでした」とのこと。
(12月21日)


12月13日、松田調教師から「障害練習は順調に進められたようです。今週の便で山元TCへ移動し、レースに向けた乗り込みと体造りをしてもらいます。態勢が整ったら帰厩させて、まずは平地のレースを使ってみてどの位馬が変わってきたか見てみるつもりです」との連絡が入った。16日、場長の話では「先日の脚の痛みも良くなって、走路での飛越練習を再開し、昨日夕方の便で山元TCへ移動しました。少し練習期間が開いた分、飛越に慎重になっていましたが、特に問題は無いと思います」とのこと。
(12月16日)


引き続き北総乗馬クラブで調整中。11月24日、場長の話では「走路での飛越練習を順調に消化していたのですが、昨日の調整後に左トモに痛みが出てしまいました。恐らく挫石と思われ、獣医師の診察を受けて回復を待ちたいと思います。ここまでの調整ではキャンター3000を乗った後、走路の障害練習を右手前と左手前で1500mずつ消化させました。すでに1.2mの障害をこなし、飛越自体はなかなか上手だと思います。回復を待ち再調整します」とのこと。26日、場長は「痛みはほぼ引いたようで、歩様も良くなっています。獣医師に診てもらって許可が下りれば乗り出すつもりです」とのこと。
(11月26日)


10月28日より北総乗馬クラブで調整中。11月9日、場長の話では「到着後から障害練習を開始しており、今のところ順調にきています。横木から始めて低い竹柵障害も問題なくこなし、走路での竹柵飛越練習を開始したところです。少し怖がりなところは見られますが、飛越などに問題はありませんし、慣れてくれば大丈夫だと思います」とのこと。
(11月9日)


10月28日に北総乗馬クラブに移動している。11月2日、松田調教師は「しばらくは横木を跨がせたり、横木をクロスさせて真ん中が低くなった障害を跳ばせて、環境に慣らしつつ進めることになると思います。なかなか結果が出せず、馬も悶々としていたと思いますが、障害練習の課題を一つ一つクリアすることで達成感も得られ、気持ちのリフレッシュになってくれればと思います」とのこと。
(11月2日)


10月18日にグリーンウッドへ移動し、22日に栗東TCへ帰厩。26日、松田調教師から「先週末に帰厩させて通常の調教を再開し順調にきています。兼ねてから考えていたのですが、一度障害練習をさせてみたいと思います。現状では好条件が揃ったときに上位に食い込んでこられるものの、なかなか勝ち星には届かない状況です。障害戦を使うかどうかは別にしても、調整メニューに変化を持たせることで刺激になると思います。28日に北総乗馬クラブに移動予定です。1m20cm位の障害を跳ばせてみればある程度の適性については判断が付くと思います」との連絡があり、北総乗馬クラブで障害練習を行う予定。
(10月26日)


10月16日撮影

10月16日(日)東京・赤富士S(ハンデ戦・ダ2100m)に石橋脩騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の500キロ。チークピーシーズを着用しパドックに登場。終始落ち着いた様子でパドックを周回し、周回の途中で2人曳きになると、首を下げ気味に気配良くパドックの外目を周回。仕上がり状態も良好で、この馬の力は出せそう。ジョッキーが跨がってからも落ち着いた様子で馬場へ向かい、ダートコースに入ると宥めながら内ラチ沿いを進む。ゴール板辺りで反転して促されると、スムーズに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから促していき、先団へ。道中は4〜5番手で前を追走し、手応え良く外目3〜4番手で4コーナーを回り最後の直線に入るが、なかなか前との差が縮まらず、最後は脚が上がってしまい10着。レース後、石橋騎手は「とても乗りやすい馬ですね。道中は引っ張ってくれる馬がいましたし、近くに人気馬がいるポジションで良い位置で競馬が出来たと思います。手応え良く最後の直線に入れましたし、『これなら』と思ったのですが、残り200メートル辺りで手応えがなくなってしまいました。前を交わせないまでも、掲示板には残れそうな形だっただけに、距離が長かったのかもしれません」とのコメント。19日、松田調教師からは「レース後、脚元などに問題はありませんが、いったんリフレッシュ放牧を挟むこととし、18日にグリーンウッドへ移動させました。今回とてもスムーズな競馬が出来ていて、他の馬達であれば道中楽に行ける理想的な運びだったと思いますが、この馬の場合、最初のコーナーから行く気にさせて、道中も気を乗せて更に終いを粘り込ませるような形の方が良いのかもしれません。大きな疲れも無さそうですし、一息入れた後、良さそうな番組に合わせて帰厩させます」との連絡が入っている。19日、牧場担当者の話では「背腰には使ったなりの疲れが見られますが、大きな問題はありません。一息入れて来週からさっそく調整を進めていくつもりです」とのこと。
(10月19日)


9月30日に帰厩。今週10月16日(日)東京・赤富士S(ハンデ戦・ダ2100m)に石橋脩騎手で出走予定。12日、松田調教師は「本日、坂路の後CWチップコースに入り、半マイル84秒7、5ハロン67秒6、終い12秒0の時計を計時しました。しっかりと追って良く動けていたと思います。定量の57キロよりハンデの54キロというのは魅力ですし、態勢も整っていますので、今週のレースに向かいたいと思います。前回のようにハナに行っても良さそうですし、5月の東京(ハンデ戦)では後ろから伸びる脚も見せましたし、どういう競馬をしてくれるか楽しみです」とのこと。
◆出走予定:10月16日(日)東京10R・赤富士S(3歳以上1600万円以下・混・ダ1800m・ハンデ)石橋脩騎手(ハンデ斤量54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全14頭)
10/09 助手 栗東坂不 2カイ  58.8−42.3−26.9−12.8 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯を1.0秒先行クビ先着
10/12 助手 栗CW良 84.7−67.6−52.2−38.3−12.2 一杯に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯の外を0.4秒先行0.2秒遅れ
(10月13日)


9月20日にグリーンウッドTに放牧に出て30日に帰厩している。10月5日、松田調教師は「一息入れて体調を整え、先週帰厩させました。2日(日)には坂路で4ハロン59秒8を計時し、15−15で終いを伸ばす調整を行いました。本日はCWチップコースで半マイル84秒2、5ハロン67秒0、終い13秒1といったところを乗っています。今週日曜か月曜にも速いところを乗り、その反応を見て使うレースを検討してみたいと思っています」とのこと。
10/02 助手 栗東坂重 2カイ  59.8−42.4−27.8−13.9 馬なり余力
ダイワプロパー(古500万)馬なりを0.6秒追走0.2秒遅れ
10/05 助手 栗CW稍 84.0−66.7−51.6−38.6−13.3 稍一杯追う
ハギノハイブリッド(古オープン)直強目の外を0.4秒先行0.4秒遅れ
(10月6日)


9月17日、阪神・オークランドレーシングトロフィー(ダ1800m)に出走し6着。松田調教師は「レース直後には脚をゴトゴトさせていましたが、競馬場の厩舎地区に戻った時にはおさまりましたし一過性のものだったようです。当初の予定通り放牧に出しています」とのことで、20日にグリーンウッドTへ放牧に出ている。23日、担当者の話では「大きな問題は見られませんが、多少の疲れがあるのか少し硬さが出ていますので、ウォーキングマシン調整で一息入れさせています。リフレッシュさせて再調整します」とのこと。
(9月23日)


9月17日撮影

9月17日(土)阪神・オークランドレーシングトロフィー(ダ1800m)に藤岡康太騎手で出走。馬体重は4キロ減の502キロ。チークピーシーズを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。首を下げ気味にし、集中した雰囲気でパドックのやや外目を気分良さそうに周回。体も程良く締まって具合は良さそう。ジョッキーが跨がってからも落ち着いた様子で馬場へ。ダートコースに入るとごく軽く小脚を使い、誘導馬の後ろをしばらく歩かせた後、促されると軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから気合いをつけていき、先団へ。ハナを主張して先頭で1コーナーに入ると、コーナーワークで1馬身程のリードを取り、単騎先頭の形に。1馬身程度のリードを保ちながら先頭を進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入っても渋太く脚を伸ばすが、最後は後続馬達に捕まってしまい6着。藤岡康太騎手は「以前に乗せてもらった時に、手応えほど伸びられずワンペースで走るタイプと感じましたので、今日は内枠を引きましたし先手を取るつもりで行きました。プレッシャーのかかる流れの中、最後まで渋太く良く頑張ってくれました。テンがそれほど早いわけでは無いので、1番枠を引いたのも良かったと思いますが、これが良いキッカケになってくれればと思います」とのコメント。松田調教師は「夏場は除外やアクシデントで思うように出られませんでしたが、調教本数を重ねて今日は良い状態で使えたと思います。ジョッキーも積極的に行って馬を良く動かし、渋太さを活かしてくれました。まだ暑さの残る時の競馬ですし、元々放牧を挟むつもりでしたが、今日はレース後に脚がゴトゴトするくらいに目一杯に走ってきたようなので、予定通り放牧に出し、少し楽をさせてから再調整してもらいます」とのことだった。いったんグリーンウッドTへ放牧に出る予定。
(9月17日)


9月17日(土)阪神・オークランドレーシングトロフィー(ダ1800m)に藤岡康太騎手で出走を予定。14日、松田調教師は「本日、坂路1本を乗った後、CWチップコースで併せ馬の追い切りを行いました。手元の時計では半マイル81秒0、5ハロン65秒7、4ハロン50秒4、3ハロン38秒4、終い13秒5を計時しました。4ハロンから3ハロンの間を12秒で行った分、併せた相手が遅れてしまい、終い13秒台となりましたが、ビッシリ追えば12秒台で上がってこられそうな脚色はあったと思います。重く時計のかかる馬場でしたが、最後まで渋太く動いていましたし、前回除外となって延びた分、追い切り本数も重ねて良い状態で臨めそうです」とのこと。
◆出走予定:9月17日(土)阪神11R・オークランドレーシングトロフィー(3歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)藤岡康太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全14頭、権利持ち1個・同馬を含め2頭)
09/11 助手 栗東坂良 2カイ  56.3−41.0−25.4−12.4 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)馬なりを0.7秒追走0.2秒遅れ
09/14 助手 栗CW良 81.2−65.7−51.4−38.4−13.1 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)一杯の内を0.7秒追走0.1秒先着
(9月15日)


この中間も順調。次走は9月17日(土)阪神・オークランドレーシングトロフィー(ダ1800m)を予定。7日、松田調教師からは「本日、坂路で時計を出しており、2本目に4ハロン52秒8、終い12秒7を計時して上々の動きを見せてくれました。ひとつ除外されていて権利もあり確実に出られますので、キッチリ仕上げて良い状態でレースに臨めそうです」との連絡が入っている。
09/03 助手 栗東坂良 2カイ  57.8−40.7−26.5−12.6 馬なり余力
レッドサパス(古1000万)馬なりを0.3秒追走0.1秒遅れ
09/07 助手 栗東坂稍 2カイ  52.8−38.6−25.4−12.7 一杯に追う
レッドサパス(古1000万)叩一杯を0.3秒追走0.6秒先着
(9月8日)


この中間も順調。松田調教師からは「小倉のレースは残念ながら除外となってしまいました。次の阪神に組まれているダ1800mを目標に進めます」との連絡が入っており、9月17日(土)阪神・オークランドレーシングトロフィー(ダ1800m)目標に調整する。
08/28 助手 栗東坂良 2カイ  57.4−41.0−26.2−12.9 馬なり余力
レッドサパス(古1000万)馬なりを0.2秒追走0.2秒先着
08/31 助手 栗CW稍 82.6−68.1−54.0−39.8−12.5 一杯に追う
マラムデール(古1600万)一杯の内を0.9秒追走4F併0.1秒先着
(9月1日)


今週8月27日(土)小倉・釜山ステークス(ハンデ・ダ1700m)に和田騎手で出走を予定していたが、誠に残念ながら抽選の結果、除外となってしまった。24日、松田調教師は「今週もCWチップコースで追い切っており、手元の時計では6ハロン85秒0、5ハロン68秒2、終い13秒1をマークし、至って順調です。乗り込んできて良い状態をキープ出来ていますし、予定通り今週の小倉に向かいたいと思います。数頭除外の可能性がありますが、何とか抽選を突破して欲しいところ」とのことだったが、除外のため、来週以降のレースで検討する。
◆出走予定:8月27日(土)小倉11R・釜山ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)和田竜二騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全19頭、権利持ち3頭)*自身、権利無し
08/21 助手 栗東坂良 2カイ  58.1−40.8−25.6−12.7 馬なり余力
08/24 助手 栗CW良 85.0−68.2−53.1−39.0−13.1 強目に追う
レッドサパス(古1000万)強目の外アタマ遅れ
(8月25日)


この中間も変わりなく順調。次走は8月27日(土)小倉・釜山ステークス(ハンデ・ダ1700m)を予定。17日、松田調教師は「本日、CWチップコースで追い切りました。6ハロン83秒9、5ハロン67秒9、終い12秒5をマークし、暑い中でも体調面に変わりはなく、レースに向けて順調に乗り込むことができています。番組数が限られているので、出走希望頭数が多くなる可能性もありそうですが、出られるようなら使うつもりです」とのこと。
08/14 助手 栗東坂良 2カイ  56.1−39.2−24.8−12.5 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)強目を0.1秒追走同入
08/17 助手 栗CW良 84.0−68.3−53.4−38.7−12.7 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)稍一杯の外を0.3秒追走3F併0.2秒先着
(8月18日)


この中間も順調。8月27日(土)小倉・釜山ステークス(ハンデ・ダ1700m)を目標に調整中。10日、松田調教師は「今週は明日木曜に強目を乗る予定です」とのこと。11日、松田調教師は「本日、CWチップコースで追い切りました。6ハロン81秒5、5ハロン66秒7、終い12秒8をマークし良い動きでした。まだ乗り役などは決まっていませんが予定のレースに向かえると思います」とのこと。
08/09 助手 栗東坂良 2カイ  70.0−49.9−31.7−14.4 馬なり余力
08/11 助手 栗CW良 82.0−66.9−52.1−38.0−12.8 一杯に追う
ナンヨーマーク(古1600万)強目の外0.2秒先着
(8月11日)


7月27日に外傷を負うも順調に回復。8月4日、松田調教師は「傷は1〜2日ですぐに良くなり、先週の土曜には坂路2本を乗り56秒台の時計を出しています。1600万下条件は番組数が少なく、8月27日(土)小倉・釜山ステークス(ハンデ・ダ1700m)目標でと考えていますが、暑い時期だけに馬の状態次第で決めたいと思います」とのこと。
07/30 助手 栗東坂良 2カイ  56.6−40.3−25.3−12.3 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)馬なりを0.1秒追走同入
08/04 助手 栗CW良 85.6−69.5−54.4−39.7−12.2 直強目余力
ハギノタイクーン(古1600万)一杯の外を0.7秒追走3F併0.2秒先着
(8月4日)


今週の7月30日(土)小倉・KBC杯(ダ1700m)に出走を予定していたが、27日の調教前に馬房で右前繋ぎに外傷を負ってしまい、出走は見送ることになった。松田調教師からは「恐らく前かきをして自分でぶつけたのだと思いますが、右前繋ぎの外側に外傷を負い出血がありました。骨やスジに影響はなく、縫うような傷ではありませんでしたが、獣医師に診てもらい圧迫止血と治療をしてもらいました。大したことは無さそうで、週末には騎乗を再開できそうですが、本日は運動を控えますので、今週の出走は見送ることになります。一叩きして具合は良くなっていただけに残念です。次走についてはこの後の状態を見ながら考えます」とのこと。
(7月27日)


7月17日撮影

7月16日(土)福島・安達太良S(ダ1700m)に丸田騎手で出走。馬体重は10キロ増の506キロ。メンコを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。少し余裕のある体つきも、太過ぎる感じはなく問題はなさそう。歩様はスムーズで力強く、体調も良さそう。終始落ち着いた様子で、他の馬たちに騎手が跨がると、気合いが少し乗った感じになり馬場へ向かった。落ち着いた様子のままダートコースへ入ると、ゆっくりと抑え気味の返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートも行くことができず9番手からの競馬。10番手で1〜2コーナーを周り向こう正面へ入るが、ポジションを少し下げてしまい12番手で3コーナーへ。インの10〜11番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、内をしっかりと伸びてくるが8着まで。レース後、丸田騎手は「『できれば前で競馬をして欲しい』との指示でしたが、他の馬たちのダッシュも速く中団からの競馬になってしまいました。向こう正面では、寄られたりしたせいで少し後退してしまい、スムーズさを欠いてしまいました。最後はしっかりと伸びてくれているのですが、ポジションが後ろになった分、8着に上がるのがやっとでした。スムーズな競馬ができていれば、もっと上位に来られていたと思います」とのコメント。20日、松田調教師は「前目に行って欲しいという指示を出していましたが、太かった分なのか、1コーナーの入りでスッと行けず後方からの競馬となってしまいました。最後はよく追い上げましたが、先行して渋太さを発揮するタイプだけに後ろからでは厳しかったですね。レースを使った後、やたらと元気が出てきた感じですので、使ったことで内面も含めた重さが抜けてきたかもしれません。このまま続戦を考えています」とのこと。
(7月20日)


今週の7月16日(土)福島・安達太良S(ダ1700m)に丸田騎手で出走予定。13日、松田調教師は「本日も坂路1本の後にCWチップコースで併せ馬の調教を行いました。相手の馬を追いかける形で、ラストは1馬身半ほど先着しており、先週より勢いも増して良く動けていたと思います。先週は動きの割に『まだ重い感触』と言う話が出たので、もしかしたら夏負けの兆候かと心配したのですが、飼い葉もしっかり食べていますし、そういったことは無さそうです。どちらにしても1本多く追い切れたのは、この馬にとってプラスですし、予定通り福島のレースに向かいたいと思います。ただ、出走希望頭数が多い点だけが心配です」とのこと。
◆出走予定:7月16日(土)福島11R・安達太良ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1700m)丸田恭介騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全25頭〔未定1頭〕、権利持ち7頭)*自身、権利無し
07/10 助手 栗東坂稍 2カイ  58.0−42.1−26.7−12.7 強目に追う
スマートラファエル(古1000万)馬なりを0.2秒追走同入
07/13 助手 栗CW稍 85.7−67.9−52.4−38.6−12.6 馬なり余力
スマートラファエル(古1000万)一杯の外を0.2秒追走3F併0.4秒先着
(7月14日)


今週の7月9日・白川郷S(ハンデ戦・ダ1800m)に特別登録を行っていたが、出走は見送りに。6日、松田調教師は「日曜日にも坂路2本を乗っており、本日は福永騎手を背にCWチップコースで時計を出しました。日曜もまずまず動いていましたし、今日も併せ馬で先着する動きを見せてくれましたが、跨がった福永騎手から『まだ動きが重い感じ』という話がありましたので、今週は見送ることにしました。調教過程はいつも通り至って順調ですし、タイムだけをみれば悪くない状態だと思いますが、来週も調整を行い福島に向かいます」とのこと。16日(土)福島・安達太良S(ダ1700m)に向かう予定。
07/03 助手 栗東坂良 2カイ  54.6−38.4−24.5−12.2 馬なり余力
ダノンロンシャン(古500万)馬なりを0.1秒先行同入
07/06 助手 栗CW稍 82.9−67.0−53.0−39.4−12.5 直一杯追う
スマートラファエル(古1000万)一杯の外を1.1秒追走3F併0.2秒先着
(7月7日)


6月23日に帰厩。29日、松田調教師は「本日、CWチップコースで併せ馬の追い切りを行いました。相手は準オープンのマラムデールにルメール騎手が跨がってびっしり追っていましたが、ルファルシオンは馬なりで余裕のある動きを見せていました。今回は放牧から帰ってきて、少しおっとりした雰囲気でまだ気持ちが乗ってきていないようにも見えていたのですが、調教では良く動けていましたし、これなら使える状態だと思います。直前の雰囲気も見ながらになりますが、来週の中京のレースに向かいたいと思っています」とのこと。7月9日(土)白川郷S(ハンデ戦・ダ1800m)に向かう予定。
06/26 助手 栗東坂重 2カイ  57.2−41.0−26.3−13.1 馬なり余力
06/29 助手 栗CW重 81.5−66.2−52.0−38.5−12.1 馬なり余力
マラムデール(古1600万)一杯の外を0.5秒先行4F付アタマ遅れ
(6月30日)


6月23日、松田調教師から「本日の検疫で帰厩させています。ここから出走に向けた調整を開始します」との連絡が入った。まずは中京開催を目指して調整を進める予定。
(6月23日)


5月17日よりグリーンウッドTで調整中。6月16日、牧場担当者は「現在は馬場コース2000mと坂路1本(17−17)中心に週2回15−15の調整です。来週あたりから12〜13秒ペースを乗り出せそうですし、このまま乗り込み移動への態勢を整えていきます」とのこと。
(6月16日)


5月17日よりグリーンウッドTで調整中。6月1日、牧場担当者は「リフレッシュのため一息入れてから乗り出しており、現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17の調整です。特に問題は見られませんので、どんどん進めていきたいと思っています」とのこと。
(6月1日)


5月15日撮影

5月15日(日)東京・BSイレブン賞(ハンデ戦・ダ1600m)に福永騎手で出走。馬体重は14キロ減の496キロ。チークピーシーズを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。14キロ減っても細い感じはなく、リラックスした様子でパドックを周回。のんびりして見えるが、時折軽く鼻を鳴らし集中した良い雰囲気。地下馬道でジョッキーが跨がってからも落ち着いた様子で馬場へ。ダートコースに入るとごく軽く小脚を使い、誘導馬の後ろをしばらく歩かせた後、促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、スタートと行き脚が一息だったが、向正面で中団まで押し上げ8〜9番手の位置。インの位置で折り合い7〜8番手で4コーナーを回った。直線に向き外に持ち出した時には手応え十分に見えたが、追われて切れる脚が使えず4着まで。福永騎手は「直線で外に出した時の手応えからは、これならと思いましたが、追い出してからもワンペースな脚しか使えず、伸び切れませんでした。前半も気合いを付けてようやくあの位置ですし、もう少し距離があった方が良さそうです。中山の1800mみたいな馬場は合いますし、小回りや洋芝のように切れ味を必要としないコースも良いかもしれません。ワンペースな脚ながら今日は一生懸命頑張っていたと思います」とのコメント。調教助手は「切れないだけに前半にポジションが取れる流れが良いのかもしれませんが、今日は良く頑張ってくれました。輸送で体が減りましたがイレ込んだりした訳ではなく、輸送で減る分も含めて体がスッキリとし良く動けていたと思います。この後のことはレース後の具合を見て検討することになると思います」とのこと。18日、松田調教師は「無理なく番手に行って渋太さを活かす形がベストかもしれませんが、絞れて具合も良かったようで、こういう流れでもよく頑張ってくれました。脚元などに問題はありませんが、疲れがたまらないうちにリフレッシュさせるため、昨日(17日)グリーンウッドTへ放牧に出しています。今後については、馬の状態を見て検討します」とのこと。牧場担当者は「背腰に使ったなりの疲れは見られますが、大きな問題は無さそうです。今週一杯はウォーキングマシン調整で楽をさせ、来週から具合を見て乗り出す予定です」とのこと。
(5月18日)


5月15日(日)東京・BSイレブン賞(ハンデ戦・ダ1600m)に福永騎手で出走予定。11日、松田調教師は「今週は坂路1本の後、CWチップコースに入っており、前に2頭を置いて追いかける形の追い切りを行いました。思いのほか前の馬達が速く、それを追いかけて半マイルから3ハロンを12秒台を刻み、最後は一杯になってラストは13秒9の時計になりましたが、しっかりと追えましたので運動負荷は十分だと思います。先行して渋太さを見せるのがこの馬の持ち味で、前半の位置取りが重要となるため、スタートからすっと動いていけるようなイメージの調教を行いました。芝スタートもこの馬にとって悪くない条件だと思います」とのこと。
◆出走予定:5月15日(日)東京12R・BSイレブン賞(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1600m)福永祐一騎手(ハンデ斤量54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全23頭、ハンデ斤量により3頭が優先、権利持ち1個・4頭)*自身、権利無し
05/08 助手 栗東坂良 2カイ  59.5−43.5−28.3−13.6 馬なり余力
05/11 助手 栗CW不 78.2−63.5−50.4−38.3−13.9 一杯追バテ
ダノンロンシャン(古500万)バテるの外を0.9秒追走0.2秒遅れ
(5月12日)


今週の京都・上賀茂S(ダ1800m)に特別登録を行っているが見送りに。5月4日、松田調教師は「この中間も変わりなくきています。来週の東京にハンデ戦が組まれており、軽ハンデになれば前進もあるのではと考えています。追い切りは明日木曜に行います」とのこと。5月15日(日)東京・BSイレブン賞(ハンデ戦・ダ1600m)を予定。
5月5日、松田調教師は「本日、予定通り坂路で時計を出しており、2本目に53秒8、終い13秒0の時計をマークしました。今週は目一杯まではやっていないのですが、当該週にもしっかりとやった方が良いタイプなので、今週末にも終いをビシッとやり、来週も輸送を考慮しつつやれるギリギリまで攻めてレースに臨むつもりです」とのこと。
05/05    栗東坂良 2カイ  53.8−39.3−25.6−13.0 脚色分からず
(5月5日)


4月24日撮影

4月24日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に和田騎手で出走。馬体重は増減無しの510キロ。チークピーシーズ着用。途中から二人引きで終始落ち着いた様子。体をスッキリと見せ、伸びやかな歩様で力むこと無くパドックの外目を周回し、具合はとても良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、ダートコースに入ると軽く小脚を使い、厩務員が引き手を外すとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、各馬が揃ったスタートを切り、1番人気の馬が外目から行き脚良くハナを奪う展開。逃げた馬が後続を大きく引き離していき、本馬は無理せず5〜6番手前後を追走。4コーナーで逃げ馬の脚色が鈍り、後続グループが一斉に動いていったが、追われても伸びることが出来ず9着。和田騎手は「時計が速かったですね。付いていこうとはしたものの、自身の脚を使ってしまっては厳しくなると思い無理は出来ませんでした。最後まで脚が無くなってはいませんし、乗りやすく良い馬だと思います。1600万クラスなら、時計のかかる中山のような馬場の方が競馬がしやすいかもしれません」とのコメント。松田調教師は「時計も速く、1コーナーに入るまでの流れもキツくなってしまいました。道中もなすすべが無かった感じで、このような流れは厳しかったかもしれません。レース後も脚元などに問題は無く、今後については少し様子を見て考えます」とのこと。27日、松田調教師は「脚元に問題は無く、このまま厩舎で調整するつもりです。馬の状態を見ながら次走を検討します」とのことだった。
(4月27日)


4月24日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に和田騎手で出走予定。20日、松田調教師は「本日は坂路1本の後にCWチップコースで時計を出しており、手元の時計で6ハロン80秒0、終い12秒6を計時しています。今日は単走でしたが、乱れの無いバランスの良いフォームでしっかりと動けており、引き続き良い状態にあると思います。レースは日曜ですので、金曜と土曜にも緩ませないように調整します」とのこと。
◆出走予定:4月24日(日)京都10R・桃山ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1900m)和田竜二騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全11頭、権利持ち1個・3頭)*自身、権利無し
04/17 助手 栗東坂重 2カイ  58.6−42.8−27.4−13.4 馬なり余力
ダイワデッセー(障オープン)馬なりを0.4秒先行0.2秒先着
04/20 助手 栗CW良 79.6−64.7−50.1−37.2−12.6 一杯に追う
(4月21日)


4月5日に帰厩。今週の中山・下総ステークスに特別登録を行っていたが出走は見送りに。13日、松田調教師は「本日、坂路1本の後、CWチップコースで追い切っています。手元の時計で6ハロン79秒3、終い12秒7を計時し、動きは上々で時計的にも良く動いていますし、併せた馬を4馬身離して入線してきました。調教後も苦しそうな感じは無く体調面は整っており、今週の中山・下総S(ダ1800m)へも十分間に合う状態です。来週の京都・桃山S(ダ1900m)と両睨みで、明日の投票時間まで検討します」とのこと。14日、松田調教師からは「今週の投票は見送りました。来週の京都に向かいます」との連絡が入っており、24日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に向かう予定。
◆出走予定:4月16日(土)中山10R・下総S(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)騎手未定(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全18頭〔未定2頭〕、権利持ち5頭)*自身、権利無し
04/10 助手 栗東坂稍 2カイ  57.4−41.7−26.6−12.8 馬なり余力
プロクリス(古1600万)馬なりを0.2秒先行0.1秒遅れ
04/13 助手 栗CW良 79.4−64.0−50.6−38.0−12.9 叩き一杯
プロクリス(古1600万)一杯の内0.4秒先着
(4月14日)


グリーンウッドTでの短期放牧を挟み、4月5日に帰厩している。6日、担当者の話では「ごく短期の放牧でしたので、一息入れた後に15秒程度を消化させ、厩舎に戻っていきました。良いリフレッシュになったと思います」とのこと。同日、松田調教師からは「昨日帰厩し、本日、坂路1本の調整を行っています。明日と週末に併せ馬で15−15を乗り、来週の追い切りを消化した辺りで次走のメドを立てられるのではないかと思っています」との連絡が入っている。
04/07    栗東坂不 2カイ  56.8−41.1−26.5−13.2 脚色分からず
(4月7日)


3月25日よりグリーンウッドTで調整中。30日、松田調教師は「放牧を挟むことで常にフレッシュな状態で使えています。馬に元気があって調教でも動けたときは実戦で好結果が出せていますので、一息入れるのは良い方向に繋がると思います。具合を見て近々帰厩させるつもりです」とのこと。
(3月30日)


3月21日撮影

3月21日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)に福永騎手で出走。馬体重は8キロ減の510キロ。チークピーシーズ着用。落ち着いた様子でパドックに登場し、首を下げ気味に集中した雰囲気。パドックの外目を気分良さそうに歩けており具合は良さそう。馬体にメリハリもあり馬体減も好材料な印象。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、程良い気合いを見せつつ馬場へ。ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、まずまずのスタートから行き脚良く6番手で1〜2コーナーを通過。向正面で外を上がっていく馬がいたため中団8番手前後の位置となるも、ペースが上がると自身もスッと動いて加速し5番手で直線へ。直線で追われるとしっかりとした脚取りで伸び4着。福永騎手は「砂を被って嫌がるところはありましたが、道中はスムーズに進めました。4コーナーで手応えもあり、これならと思って追い出しましたが、ワンペースなタイプで決め手を欠きましたね。ただ、差の無い競馬でしたし、外目を上手く立ち回れたのも良かったようです」とのコメント。松田調教師は「ジョッキーも上手く乗ってくれて良い競馬が出来ていました。この後のことはレース後の具合を見て検討します」とのこと。23日、松田調教師は「レース後も脚元や馬体に問題はなく、気持ちの面でも良い雰囲気を維持しています。リフレッシュが必要なら短期放牧を挟む可能性もありますが、この後も活気を維持できるようなら続けて使った方が良さそうです。ダートの番組はいくつか組まれていますし、今後の状態を見て検討します」とのこと。24日、松田調教師から「大きな疲れも無さそうですが、やはり短期の放牧を挟むことにしたいと思います。放牧から戻る度、見るからに元気になっている感じがしますし、良い雰囲気を維持できると思います」との連絡があり、25日にグリーンウッドTへ放牧に出る。
(3月24日)


3月21日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)に福永騎手で出走予定。16日、松田調教師は「本日、坂路で併せ馬の調教を行い、4ハロン52秒1、終い12秒3を計時しました。今日は併せてびっしりと追っており、馬もそれに応えてしっかりと動いてくれました。調教で動けているときは実戦にも繋がってくる馬ですし、二枚腰を使うような渋太い脚を見せてくれればと思います」とのこと。
◆出走予定:3月21日(祝・月)中山10R・韓国馬事会杯(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)福永祐一騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭〔未定2頭〕)
03/13 助手 栗東坂良 2カイ  57.5−41.9−26.8−12.7 馬なり余力
03/16 助手 栗東坂稍 2カイ  52.1−37.9−24.7−12.3 一杯に追う
ダイワプロパー(古500万)一杯を0.9秒追走0.1秒先着
(3月17日)


2月28日・阪神・伊丹S(ダ1800m)に出走し9着。3月10日、松田調教師は「この中間も変わりなくきており、本日、坂路の2本目で時計を出しており、4ハロン55秒2、終い12秒4を計時しました。コトコトすることもある馬なのですが、スクミも見られず順調に調教を消化できており、今日も良く動けていました。3月21日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)、26日(土)阪神・甲南S(ハンデ・ダ2000m)のどちらに向かうかは、来週以降の様子を見て考えます」とのこと。
03/10    栗東坂不 2カイ  55.2−39.5−25.2−12.4 脚色分からず
(3月10日)


2月28日撮影

2月28日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に岩田騎手で出走。馬体重は2キロ増の518キロ。チークピーシーズを着用し、パドックでは上からメンコを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場し、力強い歩様でリラックス出来ており具合は良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、程良い気合いを見せつつ馬場へ。ダートコースに入って一息付かせた後、促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り無理せず5番手の外の位置。道中は6番手前後で折り合い、3〜4コーナーで外の3番手まで上がっていったが、直線で追われても思うように伸びられず9着。岩田騎手は「具合は悪くなかったと思いますが、体が少し立派な感じで、直線半ばで一杯になってしまいました」とのコメント。松田調教師は「外枠で外々を回る形となり、道中で息を入れられない流れになってしまった感じです。もう少し前の位置か、どこかで内に潜り込めればもう少し楽だったかもしれません。調教でも動いていますし、痛いところも無いと思います。この後のことはレース後の具合を見て検討します」とのこと。3月2日、松田調教師からは「レース後も使ったなりの疲れはありましたが、特に異常は見られません。このまま厩舎で調整し、中2週くらいは間隔を取って続戦をと考えています」とのこと。
(3月2日)


今週2月28日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に岩田騎手で出走予定。24日、松田調教師は「本日、坂路で時計を出しています。ハギノハイブリッドと併せて4ハロン55秒6、終い12秒2を計時しています。しっかりと動いていますし、馬体も良くなっており、この馬の良い時の状態をキープ出来ている感じです。力を出せる状態ですし、レースを楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:2月28日(日)阪神10R・伊丹ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)岩田康誠騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全12頭)
02/21 助手 栗東坂不 2カイ  58.8−42.0−26.7−12.6 馬なり余力
ブロードソード(古1000万)馬なりを0.4秒先行同入
02/24 助手 栗東坂良 2カイ  55.6−39.5−25.2−12.2 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)末強目を0.5秒先行0.2秒先着
(2月25日)


帰厩後も順調。17日、松田調教師は「本日、坂路2本の追い切りを行い、2本目に時計を出しました。併せ馬で4ハロン51秒5、終い12秒6を計時し、良い状態になってきていると思います。阪神1週目の伊丹ステークスに向かうつもりです」とのこと。2月28日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に向かう予定だ。
02/14 助手 栗東坂不 2カイ  61.2−43.8−28.1−13.7 馬なり余力
02/16 助手 栗東坂重 2カイ  70.5−48.8−30.9−14.3 馬なり余力
02/17 助手 栗東坂重 2カイ  51.5−38.1−25.2−12.6 一杯に追う
ブロードソード(古1000万)一杯を0.2秒先行同入
(2月18日)


2月3日に帰厩。10日、松田調教師は「6日に坂路2本15−15の調整を行っており、本日はゲートへの枠入りや駐立の練習を行いました。明日ある程度強目のところを乗ってみて出走レースを検討していきたいと思っています。ここからの動き次第ですが、番組表を見ると阪神1週目にダ1800mが組まれていますので、順調ならそのレースに向けて進めていくことになると思います」とのこと。11日、松田調教師からは「本日、坂路2本を乗り、時計を出しました。併せ馬で4ハロン55秒9、終い12秒4を計時し、良い動きを見せてくれました。これなら阪神1週目に十分間に合いそうですし、その翌週には中山にハンデ戦もありますのでいずれかのレースに向かうことにします」との連絡が入っている。
栗プール 02月 04日 05日
02/06 助手 栗東坂良 2カイ  59.6−43.6−27.9−13.2 馬なり余力
02/09 助手 栗東坂良 2カイ  69.8−50.5−31.3−13.9 馬なり余力
02/11    栗東坂良 2カイ  55.9−39.4−25.3−12.4 脚色分からず
(2月12日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、2月3日に帰厩している。松田調教師は「リフレッシュ調整を挟んで良い状態で戻ってきてくれました。使うレースなどは、週末と来週の追い切りの動きを見て考えたいと思っています」とのこと。
(2月3日)


1月7日よりグリーンウッドTで調整中。27日、担当者の話では「現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、この中間から15−15を乗り出しました。調子も変わらず良さそうですし、このまま強目を乗り込んで帰厩の態勢を整えていきます」とのこと。
(1月28日)


1月5日・初夢ステークス(ダ1900m)に出走し7着。7日にグリーンウッドTへ移動しており、その後も順調。20日、担当者の話では「現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整です。状態も変わりなくきており、いつ帰厩の声がかかっても良いように進めていきます」とのこと。
(1月20日)


1月5日撮影

1月5日(火)初夢ステークス(ダ1900m)に藤岡康太騎手で出走。馬体重は24キロ増の520キロ。チークピーシーズ着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。馬体が増えているが動きに重苦しい感じはなく、力強い歩様で周回。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、軽く気合いを表に出しつつ馬場へ。小脚を使ってダートコースに入り、全馬が馬場入りした後に促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。1頭が競走除外となり10頭立て。レースでは、揃ったスタートも無理せず控えて前3頭を見る形の4〜5番手のインで1コーナーヘ。5番手で2コーナーを周り向こう正面へ入ると、徐々にペースが上がるが5番手の位置のまま3コーナーヘ。内から1頭が上がってきて5〜6番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、一瞬伸びかけたものの脚色が鈍ってしまい7着。レース後、藤岡康太騎手は「スタートは出たものの、スッと脚を使えずあの位置に。ワンペースで走る馬なので2番手くらいが欲しかったですが、外からピッタリと付けられ動けませんでした。スローな流れからペースが上がったところで少し置かれたものの、4コーナーの狭いところも、最後の直線も渋太い走りを見せてくれました。走り自体は良かったですしワンペースなタイプだけにダートは良さそうです」とのコメント。また松田調教師は「調教でも動いていたしこの馬体増は想定していませんでしたが、見た目に太くはなかったですし、ダート戦だけにこのくらいの造りで悪くなかったと思います。4コーナーに入る時にスピードに乗り切って抜け出していれば違ったと思うのですが、ここ数戦のようにそのまま後退せず渋太さを見せたのは良かったと思います。前とも差のない競馬でしたし、このクラスで通用する内容でした。レース後の具合を見て今後を検討します」とのこと。6日、松田調教師からは「今回のレースをパトロールビデオで振り返ってみましたが、進路が開ききらないところでの追い出しとなり、狭いところで厳しい状況でした。接触もなく無事で良かったと思います。レース後も脚元等に問題はありませんが、グリーンウッドTでの調整放牧で調子を取り戻してくれましたので、今回もいったん放牧に出してリフレッシュを挟みたいと思います。前回ほど時間をかけずに戻せると思います」との連絡が入っており、7日にグリーンウッドTへ移動予定。
(1月6日)


1月5日(火)初夢ステークス(ダ1900m)に藤岡康太騎手で出走予定。3日、松田調教師は「年末年始期間も順調に過ごしています。追い切りでも動きは良かったですし、調教後の運動でも脚運びが軽く、苦しがるところが全くなくて気持ちの面でも充実している様子です。ダートは混み合うかと思っていましたが、蓋を開けてみれば登録頭数も落ち着き、予定通り出走させることが出来そうです。ワンペースで走るタイプですが、他の馬がバテる頃に踏ん張ってもう一伸びする、本来の走りを見せてくれるのではと思っています」とのこと。
◆出走予定:1月5日(火)京都9R・初夢ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1900m)藤岡康太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全11頭)
12/27 助手 栗東坂稍 2カイ  59.8−42.7−27.5−12.9 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1000万)馬なりを0.2秒追走同入
12/30 助手 栗東坂良 2カイ  54.2−38.7−24.8−12.3 末一杯追う
ナンヨーマーク(古1000万)叩き一杯を0.7秒追走0.2秒先着
01/02    栗東坂良 1カイ  57.3−41.3−26.4−12.4 脚色分からず
(1月3日)

ページ上部へ

2015年

12月23日、松田調教師は「この中間も順調で、本日坂路1本の後、CWチップコースで時計を出しています。活気のある動きで良くなってきており、年明けのレースに向かえると思いますので、1月5日(火)京都・初夢S(ダ1900m)に登録します。ダートのレースは混み合うことも予想され、その場合は翌週の芝2000mへと考えています」とのこと。
12/20 助手 栗東坂稍 2カイ  56.1−39.3−25.3−12.7 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1000万)馬なりを0.1秒追走同入
12/23 助手 栗CW不 87.6−70.7−55.2−40.2−12.6 馬なり余力
ハギノタイクーン(古1600万)一杯の外0.2秒追走3F併同入
(12月24日)


12月17日撮影

12月9日に帰厩。16日、松田調教師は「本日、坂路1本の後CWチップコースに入り、併せ馬で良い動きを見せてくれました。この動きでしたら、年明けのレースから使っていけそうです」とのことで、1月5日(火)京都・初夢S(ダ1900m)、9日(土)京都・寿S(芝2000m)、16日(土)京都・雅S(ハンデ戦・ダ1800m)辺りを目標に調整する。
12/13 助手 栗東坂稍 2カイ  56.5−41.2−26.7−12.8 馬なり余力
レッドサバス(古500万)馬なりに0.2秒先行同入
12/16 助手 栗CW稍 82.9−67.7−52.9−39.4−12.3 末一杯追う
レッドサバス(古500万)一杯の外1.0秒追走同入
(12月17日)


12月9日、牧場担当者は「強目を乗り込み帰厩の態勢が整いました。厩舎から9日の検疫が確保できた旨の連絡がありましたので、本日、栗東TCへ送り出しています」とのこと。11日、松田調教師から「帰厩後も順調で、昨日今日は坂路1本の調整を行っており、週末に15−15程度を乗り出す予定です。放牧に出る前、悪いところがあるわけではないものの、どこか元気がない様子でしたが、帰厩後は大分調子が戻っている様子です。週末と来週強目を乗って、どのあたりで使えるかを検討します」との連絡が入っている。
(12月11日)


11月26日、牧場担当者は「馬場コース3000mと坂路1本中心に、先週から12〜13秒ペースを乗り出しました。今週の火曜にも強目を乗り、本数を重ねる毎に良くなっている感触が出てきました。調子が上向いてきましたので、このまま強目を乗り込み帰厩への態勢を整えます」とのこと。
(11月26日)


10月14日よりグリーンウッドTで調整中。11月6日、牧場担当者は「現在は馬場コース3000mと坂路1本中心に、3日から15−15を開始したところです。ここまで乗り進めてきて背肉の盛りや馬体の張りが良くなってきました。こう見ますと、どこが悪いというわけでは無かったのですが、全体的な疲れや少し調子落ちなところはあったのかもしれません。復調の方向にあると思いますので、このまま乗り込んで良化を促していきます」とのこと。11月初旬の馬体重は520キロ。
(11月11日)


10月14日よりグリーンウッドTで調整中。28日、松田調教師は「昨日、馬の様子を見てきました。特に悪いところはありませんが、リフレッシュのため少しゆったりしたメニューで進めているところでした。ここからペースを上げて強目を乗り込んでもらい、帰厩後2本ほどの追い切りで使える感じで戻せればと思っています。体調面は良さそうですし、このままどんどん進めてもらいます」とのこと。
(10月28日)


10月12日・京都・オルフェーヴルメモリアル(芝2000m)で9着。脚元などに問題は無いが、リフレッシュのため14日にグリーンウッドTへ放牧に出ている。21日、担当者は「背腰に使ったなりの疲れは見られましたので、ショックウェーブとレーザー治療を施しました。大分解消してきており、今週から馬場コース2000mで乗り出しています。問題は無さそうですし、ここからペースを上げていきたいと思います」とのこと。22日、松田調教師は「放牧に出た後も特に問題は無く、徐々に調整を進めてもらっています。強目を再開できる時期になったら帰厩を検討します。芝で結果が出ていませんが、この結果がこの馬の力ではないと思います。ダートを使うことも考えつつ、中距離の芝レースは手薄になることも多いので、良さそうな番組を検討していきます」とのこと。
(10月22日)


10月12日撮影

10月12日(祝・月)京都・オルフェーヴルメモリアル(芝2000m)に岩田騎手で出走。馬体重は12キロ減の496キロ。メンコ、チークピーシーズを着用し、2人曳きでパドックに登場。終始落ち着いた様子でパドックを周回し、周回の途中でメンコを外す。大幅な馬体重減も、前走から馬体が絞れたもので気にする必要はなさそう。周回の雰囲気も良く、この馬の力は出せそう。パドックで騎手は跨らず、特に様子は変わらずに馬場へ向かった。芝コースに入ると、外ラチ沿いをゆっくりめのキャンターで駆けていった。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつき、徐々に前へ。3頭が横並びで1コーナーを通過すると、そのまま上っていきハナへ。道中は半馬身程度のリードを保ちながら進み、先頭のまま直線に入るが、直線の半ばで力尽き9着。レース後、岩田騎手は「当初は2番手からの競馬でも良いかなと思っていましたが、1コーナーで競られる形になり、そこで馬が行く気になってしまいましたので、逃げる形になりました。向こう正面で息を入れることは出来ましたが、ずっとマークされるキツイ展開になってしまいました。最初のコーナーの入りがもう少し上手くいっていれば、また違った結果だったと思います」とのコメント。また、松田調教師は「1コーナーの入りがスムーズにいかず、そこからずっとプレッシャーが掛かる流れになってしまいました。調教でもよく動いていましたが、馬体が大きく減ってしまい、その影響もあったかもしれません。この後はいったんグリーンウッドTへ放牧に出し立て直したいと思います」とのことだった。14日、松田調教師からは「レース後も特に問題はなく、ゴトゴトする面も見られません。レース前にビッシリ追って良く動いていましたし、きっちり仕上がったと思いましたが、思っていた以上に馬体が減り、レース当日も落ち着きすぎていて少し覇気を欠いていたような気がします。調子の波がレース当日にマッチせず、本来の走りが出来なかったかもしれません。いったん放牧に出してリフレッシュさせます」との連絡が入っている。
(10月14日)


今週10月12日(祝・月)京都・オルフェーヴルメモリアル(芝2000m)に岩田騎手で出走予定。10月6日、松田調教師は「どのレースを使うか検討したところ、月曜の芝2000mのレースは頭数も落ち着きそうですし、相手関係もまずまずな感じですので、このレースに向かうことにしました。月曜のレースなので木曜に岩田騎手に乗ってもらって追い切ります」とのこと。8日、松田調教師からは「予定通り本日追い切りを消化しており、坂路で54秒0、終い12秒4を計時し、併せた1000万条件の馬に2〜3馬身差を付けて上がってきました。良く動いていましたし、良い状態でレースに臨めそうです」との連絡が入っている。
◆出走予定:10月12日(祝・月)京都10R・オルフェーヴルメモリアル(3歳以上1600万円以下・混・芝2000m)岩田康誠騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全9頭〔未定1頭〕)*自身、権利あり
10/04 助手 栗東坂良 2カイ  59.6−43.3−27.0−12.7 馬なり余力
ダイワデッセー(障未勝)馬なりに0.3秒先行同入
10/08    栗東坂良 2カイ  54.0−39.2−25.1−12.4 脚色分からず
(10月8日)


10月4日・中山・内房ステークス(ハンデ戦・ダ1800m)に投票するも残念ながら除外。9月30日、松田調教師は「今週も坂路2本の調整を行っており、2本目はハギノハイブリッドと併せて56秒9、終い11秒9を計時しています。前半は慎重に行ったのか、テンの時計はかかっていますが、終いは12秒台を切ってしっかり動けていました。調教でこれだけ動けていれば、本番でも十分に発揮できると思います」とのこと。10月1日、松田調教師から「残念ながら除外となってしまいました。今後については状態などを見て考えたいと思います」との連絡が入っている。
◆出走予定:10月4日(日)中山12R・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)武豊騎手(55キロ)
フルゲート16頭(出走予定全19頭、権利持ち1個・1頭)*自身、権利無し
09/27 助手 栗東坂稍 2カイ  58.0−41.3−26.2−12.5 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)馬なりに0.6秒先行同入
09/30 助手 栗東坂良 2カイ  56.9−40.4−25.2−11.9 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯に0.5秒先行首先着
(10月1日)


9月24日、松田調教師は「本日、坂路2本の調整を行っており、1本目は72秒で乗り、2本目はハギノハイブリッドと併せて55秒2、終い12秒3を計時しています。時計のかかる時間帯でしたので、終いの12秒台というのは良い数字だと思いますし、レースに向けて態勢が整ってきました。予定通り中山最終週に向かいます」とのことで、10月4日(日)中山・内房ステークス(ハンデ戦・ダ1800m)に向かう予定。
09/21 助手 栗東坂良 2カイ  59.3−42.8−27.8−13.5 馬なり余力
09/24    栗東坂良 2カイ  72.0−50.4−31.2−14.2 脚色分からず
09/24    栗東坂良      55.2−39.4−25.1−12.3 脚色分からず
(9月24日)


9月16日撮影

9月16日、松田調教師は「この中間も順調で、強目は明日乗る予定です。歩様がコトコトしやすいところがある馬なのですが、この中間はそういった面も見られず、馬の状態自体が良いように感じています。上のステージで走るためには今まで以上にしっかりと負荷をかけていく必要がありますので、順調に攻めていけるのは心強いですね。このまま順調なら10月4日(日)中山・内房ステークス(ハンデ戦・ダ1800m)に向かいたいと思っています」とのこと。
09/13 助手 栗東坂良 2カイ  58.0−42.0−26.4−12.9 馬なり余力
スマートラファエル(古1000万)一杯に0.2秒先行0.2秒先着
09/17    栗東坂良 2カイ  54.0−39.5−25.6−12.8 脚色分からず
(9月17日)


9月10日、松田調教師は「本日、坂路で15−15程度のところを乗っており、4ハロン60秒8、終い13秒6を計時しています。強目を乗った後の状態を確認した上で、週末に15−15を乗り、来週は更に時計を詰めていくつもりです。まだ具体的には決めていませんが、使う方向で進めていきたいと思います」とのこと。 09/10 助手 栗東坂重 1カイ  60.8−43.3−27.9−13.6 末強目に追う
(9月10日)


8月29日・札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に出走し10着。9月4日、松田調教師から「火曜(1日)に札幌を出発し、翌日栗東に無事到着しています。木曜は1日馬房で休ませ、本日から運動を再開しています。やはり競馬を使った分の疲れが見られますので、このまま使うか放牧に出すかどうかは少し跨がってみた様子を見て決めたいと思います」とのこと。
(9月4日)


8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に出走。馬体重は16キロ増の508キロ。チークピーシーズ着用。二人引きで落ち着いた様子で周回。体も増えて少しおっとりして見えたが、周回を重ねジョッキーが跨がるとピリッとしたところを見せ始め、気合いを見せつつ馬場に向かった。レースでは、揃ったスタートを切り、気合いを付けられ出ムチも入ったが行ききれず中団の位置で1コーナーへ。密集した馬群の7番手を進み、手応えは充分あるように見えたが、直線に向いて追われてもあまり伸びることが出来ず10着。松田調教師は「今回は馬体が太かったと思います。柴山騎手も前日から跨がって感触を掴んでくれて、前に行くつもりだったようですが行ききれず、前にいた馬達がペースダウンして壁となり、思うような位置に行けませんでした。脚は充分にたまっていて手応えもあったようですが、一瞬の切れ味勝負では分が悪かったと思います。追い切りでも併せ馬を行い、気を抜かせずやってきましたが、更に攻めても良いぐらいだったかもしれません。この後は数日様子を見て、火曜日に栗東に向けて積みたいと思っています」とのこと。
(8月29日)


8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に出走する。25日、松田調教師からは「予定のレースに選出され、26日(水)に札幌へ移動しますので、今週は火曜に追い切りを行っています。函館のウッドチップコースで5ハロン67秒3、終い13秒1を計時し、当該週としてはとても良い追い切りが行えたと思います。木曜の輸送を挟み、金曜日にジョッキーの都合が付けば軽く跨がってもらい、土曜のレースに臨みます」との連絡が入っている。28日、松田調教師は「本日、装鞍所からジョッキーが跨がってくれて、角馬場、ダートコースで調教を行い、感触を確かめてもらいました。柴山騎手は『乗りやすい馬で状態もとても良さそう』と感想を話してくれました。洋芝も合うと思いますし、楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:8月29日(土)札幌11R・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(3歳以上1600万円以下・混・芝2000m)柴山雄一騎手(58キロ)
フルゲート14頭(出走予定全14頭)
08/23 助手 函館W稍   69.6−53.6−40.0−13.1 馬なり余力
モンテエクリプス(古500万)一杯の内1秒追走3F併0.1秒先着
08/25 助手 函館W稍   67.5−52.9−39.7−13.7 一杯に追う
モンテエクリプス(古500万)一杯の外1.6秒追走0.8秒遅れ
(8月28日)


函館競馬場に滞在し、8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に向かう予定。19日、松田調教師は「来週は輸送もありますので、今週の追い切りで仕上げる形で乗っています。今週もハギノハイブリッドと併せ馬で乗り、5ハロン69秒5、終い12秒7を計時し、大変良い動きを見せてくれました。この馬は調教で積み上げた動きを発揮するタイプだと思っていますが、今の状態と動きなら、ダートから芝に替わることや準オープンのクラスにも十分対応してくれると思います。洋芝も合うと思いますし楽しみにしています。今週しっかりと追い切れましたし、来週は輸送も踏まえた調整を行いレースに向かいます」とのこと。
08/16 助手 函館W稍        60.8−44.4−13.4 馬なり余力
08/19 助手 函館W重   69.5−54.1−38.9−12.7 強目に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)末強目の外0.3秒先行4F付首遅れ
(8月20日)


函館競馬場に滞在中。8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に向かう予定。13日、松田調教師は「本日、ハギノハイブリッドと併せ馬の調教を行い、時計は半マイルからでしたが、5ハロンから行って大変良い動きを見せてくれました。今回の放牧から戻ってすごく馬が良くなっており、脚捌きが大きくなって、調教時のパフォーマンスもグンと上向いた感じです。今までは悪いところがなくてもどこかコトコトするところがあったりしたのですが、そのあたりが全て解消しており、牧場でしっかり手をかけてもらった感触があります。強目を3本乗って本番に臨めますし、本当に楽しみです」とのこと。
08/13 助手 函館W良        54.6−39.0−12.7 一杯に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯の外0.9秒先行3F付0.1秒遅れ
(8月13日)


7月24日より社台ファームで調整中。8月6日、松田調教師から「レースに向けて、明日、札幌競馬場に入厩させます。週末まで札幌に置いておき、その後、函館に移動予定です。予定通り、8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に向かいたいと思っています」との連絡が入っている。
(8月6日)



7月19日・函館・渡島特別(ダ1700m)に優勝し、24日に社台ファームへ放牧に出ている。次走は8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に向かう予定。牧場担当者の話では「右の背中、左のトモ、首や上腕の付け根辺りの筋肉に疲れが見られ、ショックウェーブとレーザー治療を行っています。27日より馬場入りし、通常のメニューで進めていく予定です。前走時に馬体が減って体が淋しく見えるのと、少し元気が乏しい感じもしますので、疲労回復させてリフレッシュに専念します」とのこと。7月25日現在の馬体重は494キロ。
(7月27日)


7月19日・函館・渡島特別(ダ1700m)に出走し見事優勝。22日、松田調教師は「レース後も問題はありません。中1週で札幌1週目を使うことも想定して、21日(火)に札幌入りさせました。ただ、やはり札幌後半に組まれている2000mのレースの方が良いかもしれません。中1週ならそれほどビッシリやる必要はありませんが、札幌後半に使う場合はウッドのある函館で調整したいので、再度函館に戻すことも考えています」とのこと。23日、松田調教師からは「次走についてですが、2000mのレースに向かうことにしました。ダートなら詰めて使っても構わないと思いますが芝の番組しか無いですし、夏にもう一つ使って秋に向かうような使い方の方が、今後のために良いと思います。札幌競馬場から社台ファームへ放牧に出し、8月前半に函館入りするプランを考えています」との連絡が入り、7月24日に社台ファームへ移動し、8月29日(土)札幌・2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(芝2000m)に向かう予定。
(7月23日)


7月19日撮影

7月19日(日)函館・渡島特別(ダ1700m)にデムーロ騎手で出走。馬体重は12キロ減の492キロ。二人引き。12キロ減も細い感じはなく馬体が締まって具合はとても良さそう。ややのんびりした雰囲気で、着けていたメンコを周回途中で外し、そこからしばらくすると多少気合いが乗ってきた様子。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、軽く気合いを表に出しつつ馬場へ。ダートコースに入るとチャカチャカと行きたがる素振りを見せ、促されるとスムーズなキャンターで駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートも他馬の行き脚が良く、中団の位置から促して6番手で1コーナーへ。道中は6番手で流れに乗り、3〜4コーナーで徐々に上がっていき、前の集団に並びかけるようにして直線へ。直線で追われると力強い脚色で伸び、前をとらえてあっさり突き放し2馬身差を付けて見事優勝。勝ち時計は1分44秒0。上がりの3ハロンは37秒0。デムーロ騎手は「乗りやすくて良い馬でした。手応えも余裕があったし強い競馬でした」とのコメント。松田調教師は「栗東在厩時から坂路での動きに素軽さが出ていたし、函館に入ってからも本当に良く動いていました。滞在のため体が増えすぎないように進めてきた分、今回思ったより馬体重が減っていましたが、細くは無かったし、長めを乗ることで心身ともに仕上がっていたと思います。小回りコースだけに1コーナーまでのポジション争いが厳しく、行き切れない感じでしたが、道中は内過ぎず外過ぎず、ジョッキーが上手く運んでくれて実にスムーズでした。この後、準オープンにはダートが組まれていませんが、芝も走れない馬ではないので札幌の芝を使う方向で考えています。洋芝ですからダートもこなす馬には合うと思います」とのこと。
(7月19日)


函館到着後も問題は無く、7月19日(日)函館・渡島特別(ダ1700m)にデムーロ騎手で出走予定。15日、松田調教師は「レースが日曜ですし、輸送も無く古馬は状態も安定していることから、調教は明日木曜に行う予定です。到着後は長目をしっかりと乗り込んでおり、状態に変わりはなく順調です」とのこと。
◆出走予定:7月19日(日)函館10R・渡島特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1700m)M.デムーロ騎手(57キロ)
フルゲート13頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬7頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から7週
07/16 助手 函館W良        56.8−41.0−12.7 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)馬なりの外同入
(7月16日)


函館での出走に向けて7月8日出発の便で出発。移動後も問題なく順調。
07/05 助手 栗東坂不 2カイ  57.4−41.4−26.0−12.6 強目に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
(7月9日)


7月8日出発の便で函館に移動し、19日(日)函館・渡島特別(ダ1700m)を目標に調整する予定。1日、松田調教師は「本日は馬場が悪く坂路1本のみで時計を出しており、併せ馬で53秒9、終い12秒2を計時しました。重い馬場の中、良い時計が出ていますし、併せた馬や前後を走っていた馬達との手応えを比べても、とても良く動けていたと思います。なお、左回りの大きな馬場は合うと思いましたので、今週の中京の濃尾特別にも特別登録を行ったのですが、思った以上に相手が揃いましたので、当初の予定通り函館に積み、問題がなければ渡島特別に向かいます」とのこと。
06/28 助手 栗東坂重 2カイ  57.5−41.2−26.5−12.8 馬なり余力
ハギノタイクーン(古1600万)馬なりに0.1秒遅れ
07/01 助手 栗東坂不 1カイ  53.9−39.1−24.9−12.2 馬なり余力
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯を0.1秒追走0.2秒先着
(7月2日)


7月8日出発の便で函館に移動予定。輸送後の状態次第で、7月19日(日)函館・渡島特別(ダ1700m)か、25日(土)函館・駒場特別(ダ1700m)に向かう予定だ。6月24日、松田調教師は「本日、2本目の坂路で時計を出しており、併せ馬で54秒2、終い12秒9でした。併せた相手より終いの脚色も良く、良い状態をキープ出来ています。来週も通常の追い切りを行い、輸送に備えて少し楽をさせて積み込む予定です」とのこと。
06/21 助手 栗東坂不 2カイ  55.1−40.3−26.4−12.8 一杯に追う
06/24 助手 栗東坂稍 2カイ  54.2−39.2−25.2−12.9 馬なり余力
ハギノタイクーン(古1600万)一杯を0.5秒追走0.4秒先着
(6月25日)


6月17日、松田調教師は「函館後半での出走を考えており、函館への輸送とレースに合わせた調整を進めています。本日は坂路2本目の時計が54秒7、終い12秒8で、至って順調にきています。このまま負荷をかけていき、7月8日出発の便で函館に移動させる予定です。輸送の負担も考慮する必要はありますが、やはり栗東の坂路で仕上げてレースに使いたいので、ぎりぎりまで乗り込んで態勢を整えます」とのこと。輸送後の状態次第だが、7月19日(日)函館・渡島特別(ダ1700m)か、25日(土)函館・駒場特別(ダ1700m)を目標に調整する。
06/14 助手 栗東坂良 2カイ  56.2−40.3−25.7−12.8 馬なり余力
ブレヴァン(古500万)馬なりを0.4秒追走同入
06/16 助手 栗東坂良 2カイ  72.2−51.9−32.6−14.7 馬なり余力
06/17 助手 栗東坂良 2カイ  54.7−39.5−25.5−12.8 一杯に追う
ブロードソード(古1000万)一杯を0.2秒追走0.5秒遅れ
(6月18日)


6月10日撮影

6月10日、松田調教師は「右前の傷も順調に回復しており、本日も坂路で時計を出しました。終い13−13の指示を出し、ほぼ予定通りの調教が行えました。レースはまだ未定ですが、栗東の坂路でしっかりと調教を積んだ上で函館に運ぶことを考えています」とのこと。
06/10 助手 栗東坂重 2カイ  56.2−40.8−26.1−12.7 馬なり余力
(6月11日)


5月31日・京都・東大路S(ダ1800m)に出走し9着。6月3日、松田調教師は「レース中に自分の後肢を引っかけたのか、右前の蹄球に外傷がありました。傷口は修復してきており、ここまで引き運動のみでしたが、明日から常歩騎乗を再開予定です。外傷が完治し次第、通常の調整に戻し、緩めず乗り込みつつ夏の予定を検討したいと思っています」とのこと。
(6月3日)


5月31日撮影

5月31日(日)京都・東大路S(ダ1800m)に松山騎手で出走。馬体重は増減無しの504キロ。二人引き。チークピーシーズを着用。落ち着きがあり終始リラックスした雰囲気で周回。リズム良く気分良さそうに歩けており、具合はとても良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、気合いを見せつつ馬場へ。小脚を使って芝コースを横切り、しばらく歩かせた後スムーズなキャンターで返し馬をおこなった。レースでは、少し躓き気味のスタートもすぐに立て直して促しつつ7〜8番手で1コーナーへ。外目に付ける形となり1〜2コーナーから向正面入口にかけて徐々に後退してしまい後方4〜5番手で3〜4コーナーへ。直線で前が開くと良く伸びていたが9着まで。松山騎手は「逃げる馬の隣の枠でしたので、その馬の後ろに入りたいと思っていたのですが、1コーナーで思った位置に付けられませんでした。外を回らないようにと進路を探している内に位置取りが悪くなってしまって・・・。最後は伸びているだけに本当にもったいない競馬でした。1コーナーの位置取りが悔やまれます。申し訳ありません」とのコメント。松田調教師は「1コーナーのポジション取りが全てでしたね。道中で下げてしまってはこの馬の持ち味が生かせませんし、4コーナーでも外に持ち出す馬達の追い出しを待って動く形になり脚を余してしまいました。チグハグな競馬となってしまい残念です。大したことはなさそうですが、自分でぶつけたのか右前に外傷がありました。今後については厩舎に戻ってからの状態を見て検討します」とのこと。
(6月1日)


今週5月31日(日)京都・東大路S(ダ1800m)に松山騎手で出走予定。27日、松田調教師は「先週までの動きが一息で、出走までにはもう少し本数が必要かと思っていたのですが、今週の追い切りで動きが一変し、併せ馬で大変良い動きを見せてくれました。これなら良い状態で臨めそうですし、今週のレースに投票することにしました」とのこと。
◆出走予定:5月31日(日)京都9R・東大路ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)松山弘平騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全19頭、権利持ち0頭)*自身、権利無し、未定
05/24 助手 栗東坂良 2カイ  54.9−39.8−25.9−13.0 馬なり余力
ウォンテッド(障オープン)強目を0.7秒追走0.1秒先着
05/26 助手 栗東坂良 2カイ  69.2−50.0−31.6−14.7 馬なり余力
05/27 助手 栗CW良 83.8−68.3−53.3−38.4−12.1 一杯に追う
ロングロウ(古オープン)馬なりの内0.8秒追走頭先着
(5月28日)


5月20日、松田調教師は「この中間も変わりなくきています。クラス編成が目前に迫っていますし、具合が良ければ引き続き北海道での続戦も良いかもしれません。この馬は調教の動きがレースに繋がるタイプなので、間隔を開けてしっかり追って使った方が良いと思います。5月31日(日)京都・東大路S(ダ1800m)は中2週になりますし、クラス編成前ということもあり、使うかどうかを再検討しています」とのこと。
05/17 助手 栗東坂重 1カイ  69.1−48.2−30.9−14.4 馬なり余力
05/19 助手 栗東坂稍 2カイ  71.9−51.5−32.2−14.9 馬なり余力
05/20 助手 栗CW重 85.8−69.8−54.4−39.8−11.6 強目追伸びる
ロングロウ(古オープン)強目の内0.4秒追走0.1秒遅れ
(5月21日)


5月13日撮影

5月10日・京都・桃山S(ダ1900m)に出走し5着。13日、松田調教師は「使った後、獣医師にも診てもらっていますが、痛んでいるところはなく、ショックウェーブ治療等も必要無しということでした。ハリや硬いところも出ていませんし、このまま使っていけそうです。この後の様子を見ながらですが、早ければ中2週で5月31日(日)京都・東大路S(ダ1800m)に向かうかもしれません」とのこと。
(5月13日)


5月10日撮影

5月10日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は8キロ減の504キロ。パドックではチークピーシーズの上から面子を着用。馬体にメリハリもあって具合はとても良さそう。時折物見をしつつも、終始落ち着いた様子でパドックの外目を気分良さそうに周回。特にうるさい面は見られないが途中から二人引きに。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、気合いを見せつつ馬場へ。ダートコースに入ってすぐ促されるとごく軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り促されるとスッと行き脚が付き4番手インの位置。道中は先団インで流れに乗り、3〜4コーナーで徐々に前との差を詰め、逃げ馬のインを狙う形で直線に向かった。直線で追われると内ラチ沿いを伸びるかに見えたがやや伸びを欠いてしまい5着。藤岡佑介騎手は「オンとオフがハッキリしたタイプで、ゲート裏ではのんびりしていても、ゲートを出て刺激を与えると終始集中して走れていました。4コーナーで内が開いていたので、外を回してもと思い内を突いたのですが、気持ちの面なのか開いたところに入り切れない感じでした。ただ、ダートの走りは良かったですし、メドが立つ走りだったと思います。砂を被っても気にしないところも良いですね」とのコメント。調教助手は「やはりダートの走りが良いようです。このクラスでメドの立つ走りでした。今後については厩舎に戻ってからの状態を見て検討することになると思います」とのこと。
(5月11日)


5月10日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に藤岡佑介騎手で出走予定。6日、松田調教師は「今週の京都のレースに藤岡佑介騎手で向かいたいと思います。本日、坂路1本の後、CWチップコースに入り、併せ馬で6ハロン88秒4、終い11秒9のところを乗りました。先週82秒台も乗っていますし、今日も坂路から長めで乗る調教だけに終い2ハロンでしっかり時計を出す指示を出しています。良い内容の追い切りでしたし、仕上がりは順調です」とのこと。
◆出走予定:5月10日(日)京都10R・桃山ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1900m)藤岡佑介騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全11頭、権利持ち1個・1頭)*自身、権利無し
05/02 助手 栗CW良 88.0−71.1−54.5−39.4−12.2 強目に追う
ハギノハイブリッド(古オープン)強目の内0.5秒追走首遅れ
05/06 助手 栗東坂良 1カイ  72.7−51.6−32.1−14.9 馬なり余力
05/06 助手 栗CW良 88.9−71.1−54.9−40.0−11.9 馬なり伸びる
ハギノハイブリッド(古オープン)一杯の外0.7秒先行同入
(5月7日)


この中間も順調。4月29日、松田調教師からは「本日、坂路1本の後、CWチップコースで6ハロン82秒6、終い12秒5のところを乗っています。来週の京都・桃山ステークスを目標に調整中です」との連絡が入っており、来週5月10日(日)京都・桃山S(ダ1900m)に向かう予定だ。
04/29 助手 栗CW良 83.5−68.4−53.5−39.4−12.7 馬なり余力
スマートラファエル(古1000万)一杯の外首先着
(4月30日)


4月18日・中山・下総S(ダ1800m)に出走し6着。22日、松田調教師は「レース後も問題は無く、昨日からCWチップコースでハッキング調整を再開しています。背腰に硬さが出やすい面があるので、背腰の筋肉にショックウェーブ治療等のケアをしっかり行っていますが、使った後も悪いところは出ておらず引き続き出走できそうです。今回の内容が悪くなかったので、次走もダートへと考えています。レース後すぐに息が入ったように、この馬の心肺機能の高さを再確認できましたし、一つ使っての上昇もありそうです。良い状態で使えるよう態勢を整えたいと思います」とのことだった。
(4月22日)


4月18日撮影

4月18日(土)中山・下総S(ダ1800m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は増減無しの512キロ。メンコにチークピーシーズを付け落ち着いた様子でパドックを周回。馬体をフックラと見せ、歩様もスムーズで力強さがあり状態は良さそう。ダートコースに入ると、宥めながら進み、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから先団を見る形で6番手からの競馬。そのまま6番手のインを通り1〜2コーナーを周り向こう正面へ。向こう正面過ぎから徐々にインを上がっていき3〜4番手で3〜4コーナーを周り直線ヘ。直線伸びそうに見えたが、追い出されてからもジワジワとしか伸びることができず、後方から伸びてきた馬に交わされてしまい6着。レース後、横山騎手は「初めてのダートでしたし、休み明けということを考えれば、上々の内容だったと思います。結構キツいペースでしたが流れにも乗れましたし、砂をかぶるのを嫌がったりしていましたが、そこは強気にいき、先々に繋がる内容だったと思います。少し不器用なところがありますが、相手が揃っている中での結果ですから、このクラスでもやれると思います。芝とダートで両方乗りましたが、どちらかと言えばダートの方が向いていると思います」とのコメント。また、松田調教師は「初ダートということを考えれば、内容は悪くなかったと思いますし、今日の内容ならこのクラスでも大丈夫だと思います。レース後の具合を見てやれることはやっていき、しっかりとこのクラスで戦えるよう調教していきたいと思います」とのことだった。
(4月18日)


今週の4月18日(土)中山・下総S(ダ1800m)に出走の可能性あり。15日、松田調教師は「今週も坂路2本の調教を行っており、2本目のタイムが4ハロン55秒2、終い12秒6の時計でした。同じ1600万クラスの馬と併せて、互角以上の脚取りで上がってきましたし、馬場状態を考慮すると時計もなかなかのものでした。先週の段階では、大人しい雰囲気のまま調教の時だけ動いてくれた感じでしたが、今日は馬房を出るときから前向きさも出てきて、大分気持ちが入ってきた印象です。使える状態にありますし、以前に中山で乗ってもらった横山騎手で出馬投票します。ダートでどんな走りをしてくれるのか楽しみです」とのこと。
◆出走予定:4月18日(土)中山10R・下総ステークス(4歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)横山典弘騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭〔未定2頭〕、権利持ち1個・4頭)*自身、権利無し
04/12 助手 栗東坂重 2カイ  56.1−41.1−26.5−12.8 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)馬なりを0.2秒追走首先着
04/15 助手 栗東坂不 2カイ  55.2−40.0−25.4−12.6 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1600万)叩一杯を0.3秒追走同入
(4月16日)


3月31日に帰厩し、その後も順調。4月8日、松田調教師は「本日、坂路2本の調教を行っており、2本目に時計を出しています。4ハロン55秒0、終い12秒6の時計で、今日は馬場がかなり悪く、他の馬と比較すると速い方の時計だと思います。普段からすごく大人しいタイプなのですが、調教に行けばスッとこのくらい動いてくれますので、やはり力のある馬だと思います。この状態なら来週以降のレースに出走態勢を整えることができそうです。追い切り後の状態や適鞍、鞍上都合などを踏まえて検討します」とのこと。
04/05 助手 栗東坂重 2カイ  60.4−42.5−26.7−12.9 馬なり余力
ソンブレロ(障オープン)馬なりと同入
04/08 助手 栗東坂不 2カイ  55.0−39.5−25.1−12.6 一杯に追う
(4月9日)


山元TCで順調に調整を積み、3月31日に帰厩している。4月1日、松田調教師は「牧場でリフレッシュし、良い状態で戻ってきてくれました。本日はハッキングで調整し、明日追い切る予定です。まずは慎重に立ち上げて、出走態勢を整えていきます」とのこと。
04/02    栗東坂良 1カイ  58.1−42.9−28.2−13.2 脚色分からず
(4月2日)


山元TCにて調整中。3月25日、牧場担当者は「現在は週2回のペースで強目を消化しており、火曜日は坂路、週末は周回コースで15−15の調教を行っています。今のところ特に問題は無く、このままペースも上げていけそうです。現在の馬体重は525キロです」とのこと。
(3月25日)


2月28日から山元TCにて調整中。3月11日、牧場担当者は「『左肩に疲れがある』と聞いていましたが、それほどひどい状態ではありませんのですでに乗り出してします。現在は周回コースで17−17ペースを2周しています。少し右トモに疲れがあるような感じですが、ショックウェーブ治療を行うほどの使れではなく、マッサージ等で十分なレベルのものです。この先進めていく段階で今よりひどい状態になるようでしたら、ショックウェーブ治療を行いたいと思います。馬体の張り、ツヤは良好で、現在の馬体重は528キロです」とのこと。
(3月11日)


2月27日、松田調教師から「左前と右トモの歩様に気になるところがあり、本日まで経過を見てきました。昨日から消炎剤の処方も止め、今日は薬が効いていない状況下ですが、歩様も気にならないくらいに落ち着いていました。明日の便で山元TCへ移動させ、慎重に立ち上げてもらうことにしました。ここから暖かくなりますし、良い形で進められればと思います」との連絡が入った。28日に山元TCへ移動予定。
(2月27日)


2月14日に帰厩。25日、松田調教師から「先週から左前の捌きに硬さが出ていたので注意して見てきましたが、あまり改善が見られないため、獣医師の診察を受けています。獣医師は『場所は限定できないものの左前の肩を気にしており、右腰と背中も硬さがある。膝から下の部分に問題は無い』という診断でした。骨や筋に問題はありませんが、無理はしない方が良さそうなので、週末まで厩舎で様子を見ていったん山元TCへ放牧に出したいと思います」との連絡が入った。
02/22 助手 栗東坂良 2カイ  55.4−39.2−25.3−12.4 馬なり余力
ケルンウィナー(古500万)馬なりに0.1秒先行同入
02/24 助手 栗東坂良 1カイ  71.0−50.4−31.2−14.4 馬なり余力
(2月26日)


2月14日の検疫で帰厩している。19日、松田調教師は「状態が良くなってきましたので、先週帰厩させました。火曜と水曜に坂路1本の後、CWチップコースで軽く乗っており、本日、馬なりで併せ馬の追い切りを行いました。手元の時計で6ハロン86秒9、ラスト13秒0の時計で、帰厩1本目としては問題ない動きを見せてくれました。午後になって馬房から出したときに、出がけの前捌きが少し硬い感じがあり、すぐにほぐれたので問題なさそうですが、冬場の立ち上げだけに慎重に進めたいと思います。このまま問題がなければ日曜に15−15を乗り、来週の追い切りに向かいたいと思っています」とのこと。
02/17 助手 栗東坂良 1カイ  68.2−48.2−30.8−14.5 馬なり余力
02/19 助手 栗CW重 86.2−68.3−52.6−37.9−12.3 馬なり余力
ケルンウィナー(古500万)直強目の外1.2秒先行5F付頭遅れ
(2月19日)


吉澤ステーブルWESTで調整中。松田調教師は「脚のムクミもすっきりし、ボサボサと出ていた冬毛も消えてきて、体調面が良くなってきたようです。順調に乗り込んでもらっていますので、具合を見て帰厩させたいと思っています。レースなどは決めていませんが、次の中京開催が始まる頃をメドにと考えています」とのこと。
(2月13日)


吉澤ステーブルWESTで調整中。1月22日、松田調教師は「20日(火)に馬の様子を見に行ってきました。四肢のムクミは取れており、騎乗にも差し支えないことから普通キャンター中心に調整を進めていますが、冬毛が目立つことから前走の疲れが尾を引いているのかもしれません。喰いが悪いとか痛いところがあるわけではないので、しっかり食べさせつつ乗り込んでいけば良くなってくると思います」とのこと。
(1月22日)


吉澤ステーブルWESTで調整中。1月7日、松田調教師は「脚元や体調面に問題はなく、牧場で順調に調整を行っています。近々様子を見に行き、帰厩時期などを検討したいと思っています。次走はダートを試してみましょう」とのこと。
1月10日、松田調教師は「昨日馬の様子を見てきました。四肢の球節がムクミっぽくなっており、これは脚元の不安ということではなく、内蔵面の疲れからきているものです。前走の失速は内面が伴っていなかった分かもしれませんし、この疲れが取れればグッと良くなると思います。疲れが抜けるまで焦らず進めてもらいます」とのこと。
(1月10日)

ページ上部へ

2014年

12月27日撮影

12月27日(土)中山・グレイトフルS(芝2200m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は8キロ増の512キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。パドックではチークピーシーズの上から面子を着用。特にうるさい面は見られないが、途中から二人引きとなり、パドックの外目を気分良さそうに周回。馬体増も太くは見せず、全体的にしっかりして迫力が増した印象。ジョッキーが跨がってからも入れ込みはなく、気合いを見せつつ馬場へ。小脚を使って馬場に入り、行きたがる馬をなだめてゴール板まで歩かせ、促されると小気味よいフットワークで駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから無理せず先行争いに加わり4番手のインで1コーナーへ入ると、コーナーワークで3番手へ上がり2コーナーを周り向こう正面へ。ペースが上がり4〜5番手のインで3〜4コーナーを周り直線へ向かうが、ジワジワとしか伸びることができず後続に交わされてしまい9着。レース後、横山騎手は「先行力もあり、道中もスムーズで手応え十分に直線に向かいましたが、切れる脚がなく伸びることが出来ませんでした。現状ではこのクラスの芝レースでは、スピードと決め手の点で物足りない感じでした。特にこういう硬くて速い馬場では厳しいですね。上がダートで成績を残していますし、目先を変えてみるのも良いかもしれません」とのコメント。また松田調教師は「絶好の手応えで4コーナーを回ってきましたが、直線で伸びられませんでした。今回の競馬を見ると現状でこのクラスを使うなら条件を変えてみた方が良いかもしれません。ダートのレースも検討してみます。栗東に戻ってきたらいったん放牧に出し具合いを見て今後を考えます」とのことで、吉澤ステーブルWESTに移動予定。
(12月27日)


12月27日(土)中山・グレイトフルS(芝2200m)に横山典弘騎手で出走する。24日、松田調教師からは「本日、坂路で併せ馬の調教を行っており、全体が55秒5、終い13秒0の時計でした。時間帯によってはかなり時計のかかる馬場でしたので、終い13秒位で動いていれば十分だと思います。予定通り今週の中山に向かいます」との連絡が入っている。
◆出走予定:12月27日(土)中山10R・グレイトフルステークス(3歳以上1600万円以下・混・芝2200m)横山典弘騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全12頭〔未定1頭〕、権利持ち0頭)*自身、権利無し
12/21 助手 栗東坂重 2カイ  57.9−41.0−26.2−13.5 馬なり余力
ダノンハラショー(古1600万)一杯を0.2秒追走同入
12/23 助手 栗東坂良 2カイ  71.8−50.3−31.9−14.5 馬なり余力
12/24 助手 栗東坂良 2カイ  55.5−40.4−26.2−13.0 末強目追う
ヴィジャイ(古500万)一杯に0.7秒先行0.2秒先着
(12月25日)


12月11日に帰厩しその後も順調。17日、松田調教師からは「本日、坂路1本乗った後、CWチップコースで併せ馬の調教を行いました。牧場でかなりしっかり乗り込まれてきたようで、ノメるような悪い馬場でしたが、ブレの無い脚取りでしっかりと動いていました。これなら年内の出走も可能だと思います。12月27日(土)中山・グレイトフルS(芝2200m)を目標に進めてきます」との連絡が入っている。
12/14 助手 栗CW良   74.3−58.3−42.1−12.7 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1000万)馬なりの外同入
12/16 助手 栗東坂稍 1カイ  70.0−49.6−31.3−14.6 馬なり余力
12/17 助手 栗CW稍 83.7−67.9−52.8−38.8−12.6 追って一杯
ナンヨーマーク(古1000万)一杯の外0.6秒追走3F併0.2秒先着
(12月18日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、12月11日に帰厩している。12日、松田調教師からは「グリーンウッドTで15−15まで進めてきており、このまま進めて間に合えば年内出走もと考えています。今週末に長目から15−15を乗り、終いの反応を見て来週の調教メニューを組み立てます。この馬は調教の動きが実戦に繋がるタイプだけに、調教での反応が一息であれば無理に使わない方が良いでしょう。使う場合は12月27日(土)中山・グレイトフルS(芝2200m)を考えています」との連絡が入っている。
(12月12日)


11月19日よりグリーンウッドTで調整中。12月5日、担当者は「飛節の外傷も回復し、既に馬場コース3000mと坂路1本17−17中心のメニューで乗り込んでいます。来週から15−15を開始し、年明けの出走に向けてピッチを上げていくつもりです」とのこと。
(12月5日)


12月1日撮影

11月19日よりグリーンウッドTで調整中。担当者は「右の飛節に小さな外傷がありましたが特に問題はなく、レースの疲れを取ることに専念しています。今週一杯はウォーキングマシンで楽をさせ、来週から軽く跨がってみる予定です」とのこと。
(11月22日)


11月16日・東京・tvk賞(芝2000m)に出走し見事優勝。19日、松田調教師は「使った後も脚元などに問題はありません。本日、グリーンウッドTへ短期放牧に出し、馬体のチェックを行いつつ一息つかせようと思っています。問題がなければ短期で帰厩させ、年内1走させられればと考えています」とのことだった。
(11月19日)


11月17日撮影

11月16日(日)東京・tvk賞(芝2000m)にムーア騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の504キロ。メンコ(レース前に外す)、チークピーシーズを着用しパドックに登場。特にうるさいところは見せず、終始落ち着いた様子でパドックを周回。歩様もスムーズで馬体の張りツヤも良く、この馬の力は出せそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。芝コースに入ると宥めながら内ラチ沿いを進み、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは好スタートを切って先頭に立つも、無理せず控えて内目3〜4番手で向こう正面を進む。3番手に上がって3コーナーを通過し、徐々に前との差を詰めながら4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入るとジワジワと脚を伸ばし、残り1ハロン過ぎで抜け出すと、最後は後続に半馬身の差をつけて優勝。レース後、ムーア騎手は「良い馬で道中は乗りやすく、最後の直線で追い付かれてからももう1度伸びてくれたように、渋太く脚を伸ばしてくれました。マイルを使っていたようですが、キレるタイプではないので、距離が伸びたことは良かったと思いますし、もっとあっても良さそうです」とのコメント。また、松田調教師は「しっかりと調教をして、良い状態で出走させることが出来たと思います。芝のマイル戦も選択肢の1つとして考えてはいたのですが、あまりキレるタイプではないので、今回は芝2000mを選択しました。ジョッキーも上手く乗ってくれたと思いますし、勝てて良かったです」とのことだった。
(11月17日)


11月16日(日)東京・tvk賞(芝2000m)にムーア騎手で出走予定。12日、松田調教師は「本日CWチップコースで併せ馬の調教を行っており、手元の時計で6ハロン81秒1、5ハロン66秒0、終い11秒8の時計でした。好タイムでよく動けており、併せ馬でしっかりとした調教が行えました。調教の動きがレースに繋がるタイプの馬だけに楽しみです」とのこと。
◆出走予定:11月16日(日)東京9R・tvk賞(3歳以上1000万下・混・芝2000m)R.ムーア騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全13頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め2頭)*自身、前走3着以内
11/09 助手 栗東坂良 1カイ  56.7−41.5−27.6−13.2 馬なり余力
ブルーフラッシュ(古500万)馬なりに0.3秒先行同入
11/11 助手 栗東坂良 1カイ  69.2−49.4−31.7−14.8 馬なり余力
11/12 助手 栗CW良 82.7−67.7−53.5−39.1−12.7 追って一杯
ナンヨーユナ(古500万)馬なりの外頭遅れ
(11月13日)


10月28日に帰厩。11月5日、松田調教師は「帰厩後も順調で、本日、坂路1本の後、CWチップコースに入り、併せ馬で追い切りを行いました。手元の時計で6ハロン80秒7、5ハロン65秒8、終い13秒0の時計でした。全体の時計も速くこれでも十分な数字ですが、ハローがけ前の馬場でしたから、馬場の良い時間帯なら終いのタイムをもっと詰められたかもしれません。数字的なことは抜きにしても、しっかりと負荷をかけた良い調教だったと思います。この動きでしたら来週使えると思いますので、11月16日(日)東京・tvk賞(芝2000m)に向かうつもりです」とのこと。
10/31 助手 栗東坂良 1カイ  72.4−50.5−31.2−14.3 馬なり余力
11/02 助手 栗東坂良 1カイ  57.1−41.9−27.2−13.0 馬なり余力
ナンヨーユナ(古500万)馬なりに0.1秒先行同入
11/05 助手 栗CW良 80.7−65.9−51.6−38.4−13.1 G前仕掛け
ナンヨーユナ(古500万)一杯の外頭先着
(11月6日)


10月21日に吉澤ステーブルWESTへ放牧に出て、28日に帰厩している。29日、松田調教師は「ごく短期の放牧を挟み、昨日帰厩させました。本日、坂路で58秒のところを乗っており、状態に変わりはなく順調に来ています」とのこと。
10/29 助手 栗東坂良 1カイ  58.0−42.1−27.6−13.3 馬なり余力
(10月30日)


10月19日撮影

10月19日(日)京都・芝1600mに岩田騎手で出走。馬体重は2キロ増の502キロ。二人引きで落ち着いた様子でパドックに登場。パドックではチークピーシーズの上から面子を着用。歩様も軟らかく、リラックスして気分良さそうに周回。他の馬にジョッキーが跨がってからも同じ雰囲気のまま馬場へ。芝コースに入るとすぐ軽いキャンターで返し馬を行い、かかることもなくスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから促されて3〜4番手のインの位置。4コーナーを4番手で回り、直線では内目を良く伸びたが他の馬と同じ脚色となってしまい3着まで。岩田騎手は「理想的な位置で競馬はできましたが、最後は同じ脚色になってしまいました。速いタイムの競馬でこの馬も良く頑張っているのですが。落ち着きもあって最後までバテませんし距離が伸びても良さそう」とのコメント。松田調教師は「4コーナーでもう少し前に出ていられれば違ったかもしれませんが、時計も速かったですしこの馬なりに良く頑張ってくれました。こういう競馬にも対応できたのは収穫だったと思います。次は距離を伸ばしてみたいと思います。いったん短期放牧を挟んで一息入れますが、問題が無ければそれほど間隔を開けずに使いたいと思っています」とのこと。21日に吉澤ステーブルWESTへ放牧に出る予定。
(10月20日)


10月19日(日)京都・芝1600mに岩田騎手で出走予定。16日、松田調教師は「本日、坂路1本の後、CWチップコースで追い切りを行いました。終いまで良く動いて併せた馬に2馬身先着し、とても良い動きを見せてくれました。距離を延ばす方向で考えていたのですが、京都のマイル戦のメンバーと岩田騎手が乗れるということを考え合わせて、7Rの1600m戦に向かうことにしました。前回も2着に来ていますし、続けて乗ってもらい感触を掴んでくれていると思いますので」とのこと。
10/12 助手 栗東坂良 1カイ  55.4−39.9−26.4−13.3 馬なり余力
マコトサダイジン(古500万)馬なりに0.1秒先行同入
10/16 助手 栗CW稍 84.7−70.0−54.3−38.9−12.1 強目に追う
モンテエクリプス(古500万)強目の内1.6秒追走0.5秒先着
(10月16日)


今週の10月19日(日)京都・芝1600mか、同日の鳴滝特別(芝2200m)のいずれかに出走予定。15日、松田調教師は「先週が変則開催で、出走は日曜のレースを予定しているため、追い切りは明日木曜に行う予定です。どちらのレースに向かうかは明日の追い切りの具合と相手関係、乗り役の状況を見て検討します」とのこと。
◆出走予定:10月19日(日)京都7R・3歳以上1000万下(混・芝1600m)岩田康誠騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全9頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め2頭)*自身、前走3着以内、未定
◆出走予定:10月19日(日)京都10R・鳴滝特別(3歳以上1000万下・混・芝2200m)騎手未定(54キロ)
フルゲート18頭(出走予定全12頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め3頭)*自身、前走3着以内、未定
(10月15日)


この中間も順調。10月9日、松田調教師は「本日は坂路1本を乗った後、CWチップコースで併せ馬の調教を行っています。好調を維持しており、何の不安点もなく今日の追い切りを消化できました。今のところ10月19日(日)京都・芝1600mと同日の鳴滝特別(芝2200m)を両睨みで考えており、乗り役や相手関係を見て決めるつもりです」とのこと。
10/09 助手 栗CW良 85.9−69.1−53.8−39.7−12.9 強目に追う
ザサンデーフサイチ(古1600万)一杯の外頭先着
(10月9日)


9月28日・阪神・甲東特別(ハンデ・芝1600m)に出走し2着。10月1日、松田調教師は「レース後も脚元に問題はなく、本日から乗り運動を開始し、明日からキャンター調整も行えそうです。この馬はバテないタイプだと思いますし、距離を延ばしていっても良い競馬をしてくれそうです。この後の具合を見て次走のレースを検討します」とのこと。
(10月1日)


9月28日撮影

9月28日(日)阪神・甲東特別(ハンデ・芝1600m)に岩田騎手で出走。馬体重は8キロ減の500キロ。二人引きで落ち着いた様子でパドックに登場。パドックではチークピーシーズの上からメンコを着用。首を下げ気味にして集中し、四肢の運びも力強く状態はすごく良さそう。周回を重ねて気合いが乗ってきたのか小うるささを出し始めるも、元気があって良い雰囲気に見える。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを表に出しつつ馬場へ。チャカチャカしながら入場するも、芝コースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから行きたい馬を行かせつつ無理なく6番手へ。そのままの位置取りで3〜4コーナーを回り、直線入口での反応が一息で少しもたつくも、追われてじわじわと伸び、坂を登り切るともう一伸びして2着争いに加わり、アタマ差交わしての2着。岩田騎手は「じわじわとしか脚を使えませんが、最後まで止まらずしっかりと伸びてくれました。こういう脚質なので京都の下り坂でスピードに乗せ早めから動いていく競馬が良さそうです。京都の外回りは合いそうですね。落ち着きがあって乗りやすく、跨がった感触は良いですね」とのコメント。松田調教師は「装鞍所やパドックでは落ち着いていましたが、今日の朝、だいぶテンションが上がっていて心配しました。この後についてはテンションや脚元の具合を見て検討します。最低でも中2週位は開けて使うことにしたいと思います」とのこと。
(9月29日)


9月12日に帰厩し、今週28日(日)阪神・甲東特別(ハンデ・芝1600m)に岩田騎手で出走予定。24日、松田調教師は「本日、CWチップコースで併せ馬の追い切りを行いました。6ハロン81秒8、終い13秒7を計時しており、併せた馬達を見ながら一緒に上がってきたため少し時計がかかっていますが、そうでなければ終い13秒位に詰められそうな走りでした。動きも良かったですし、岩田騎手も乗れるようなので、今週の阪神に向かうことにしました。昇級初戦の小倉で好勝負をしてくれましたし、直線の長い外回りコースに変わってどういう競馬ができるか楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:9月28日(日)阪神9R・甲東特別(3歳以上1000万下・混・ハンデ・芝1800m)岩田康誠騎手(ハンデ斤量54キロ)
フルゲート18頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬6頭〔未定1頭〕、同条件の馬・本馬を含め2頭)*自身、前走から5週
09/21 助手 栗CW良 88.5−73.2−57.3−40.9−13.0 強目に追う
ダノンハラショー(古1600万)馬なりの外0.2秒遅れ
09/23 助手 栗東坂良 1カイ  70.7−49.6−31.0−14.4 馬なり余力
09/24 助手 栗CW良 82.1−67.0−52.3−39.3−13.9 追って一杯
ダノンハラショー(古1600万)バテるの外0.3秒先着
(9月25日)


吉澤ステーブル・WESTで調整し9月12日に帰厩している。17日、松田調教師より「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。全体が54秒3、終い13秒0のタイムで併せた馬と同じタイムで上がってきています。日曜にもCWチップコースで74秒位のところを乗っており、順調な仕上がりです。牧場でも緩めず乗ってもらっており、これなら来週以降のレースで態勢が整えられそうです。阪神・新潟の番組で、乗り役を探しつつ良さそうなレースに向かうつもり」との連絡が入っている。来週以降のレースに出走する予定。
09/17 助手 栗東坂良 1カイ  54.3−38.8−25.6−13.0 稍一杯追う
ナンヨーユナ(古500万)一杯に0.2秒先行同入
(9月18日)


8月29日より吉澤ステーブル・WESTで調整中。9月11日、松田調教師より「明日の検疫馬房が確保できましたので帰厩させることにしました。まだ目標レースは決めずに、乗ってみた具合を見て検討します」との連絡が入り、12日に帰厩する。
(9月11日)


8月29日より吉澤ステーブル・WESTで調整中。9月10日、松田調教師は「昨日、馬の様子を見てきました。今回は脚元の不安点も見られず、移動後すぐに乗り出しており、既に時計を出して乗り込んでもらっています。もうしばらく乗り込んで帰厩時期を検討します」とのこと。
(9月10日)


レース後、脚元などに問題はなく順調。松田調教師から「暑い時期の輸送競馬でしたから、次走はしっかり間隔を取って使いたいと思っています。次開催に向けていったん短期放牧を挟むことにしました」との連絡があり、8月29日に吉澤ステーブル・WESTに移動している。
(8月30日)


8月24日・小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)に出走し3着。27日、松田調教師は「積極的な競馬で、勝ち馬にプレッシャーを与えつつ追走し、最後もずるずる下がることなく頑張っていた点を評価したいと思います。今回は使った後も脚元に疲れは出ていない様子です。このまま様子を見て、次の開催での出走を検討したいと思っています」とのこと。
(8月27日)


8月24日撮影

8月24日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は前走より12キロ増の508キロ。メンコ、チークピーシーズを着用しパドックに登場。終始落ち着いた様子でパドックを周回。周回を重ねていくと、少し発汗が目立ってくるが、入れ込んでいるわけではないので、特に問題はなさそう。馬体重増も太過ぎることはなく、馬体の張りツヤも良好で状態は悪くなさそう。止まれの合図のあとメンコを外し、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。芝コースに入ると、すぐに駆け出していった。レースでは、好スタートからスッと2番手へ。終始逃げ馬をマークする形の2番手でレースを進め、逃げ馬に並び掛けるような形で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入っても逃げ馬に食らい付いていくが、徐々に離されてしまい、ゴール前で後方から脚を伸ばしてきた馬に差されて結果は3着。レース後、藤岡騎手は「今日はバッドボーイが相手と決めてレースを進めていきましたが、先にこちらの手応えが悪くなってしまいました。それでいて手応えのわりには、直線でバテてはいませんでしたし、良く踏ん張っていたと思います。昇級初戦ということを考えれば、良く頑張ってくれました。阪神で乗った時に比べると今日は大分大人しかったので『どうなのかな?』と思っていましたが、ちゃんと走れていましたので、これはこれで良かったのかもしれません。大型馬の割には出脚がスムーズですし、レースがしやすい馬です」とのコメント。また、松田調教師は「2着はあるかなと思いましたが、今日は勝ち馬を負かしにいった分ですね。直線でもバテてはいませんでしたし、昇級初戦ということを考えれば良く頑張ってくれました。今日はパドックで少し大人し過ぎたので、早めにメンコを取りました。オンとオフがしっかりしている馬で、馬場にはいる頃には気合いも乗っていました。シルエット的には悪くありませんでしたが、馬体重の数字を見ると、この中間はもう少し攻めても良かったかもしれません。今後のことについては、レース後の具合を見てから判断したいと思います」とのことだった。
(8月25日)


8月24日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)に藤岡佑介騎手で出走する。20日、松田調教師は「本日、坂路で併せ馬の調教を行いました。良く動いており、最後の1ハロンでぐいっと伸びとても良い動きを見せてくれました。間隔をしっかり開けての出走で、良い状態で臨めそうです」とのこと。
◆出走予定:8月24日(日)小倉10R・西部スポニチ賞(3歳以上1000万下・混・芝1800m)藤岡佑介騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全10頭、本馬より優先順位の高い馬3頭〔未定1頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から9週
08/17 助手 栗東坂不 1カイ  56.6−41.9−27.0−13.3 馬なり余力
08/20 助手 栗東坂良 1カイ  53.0−38.5−25.3−12.4 一杯に追う
タガノグーフォ(古オープン)一杯を0.1秒追走0.9秒先着
(8月21日)


今週の新潟・弥彦特別は見送りとし、来週の24日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)に藤岡佑介騎手で向かう予定。13日、松田調教師は「本日、坂路で時計を出しており、全体が54秒5、終い12秒9を計時し、きれいなラップを刻んでいます。今週でも良い状態で使えそうですが、間隔が開いていても動けるタイプですし、追い切りを重ねる毎に良くなる馬なので、来週に延ばしたとしても問題は全く無さそうです。来週の小倉は前回跨がってくれた藤岡佑介騎手が乗れると言ってくれていますし、状態面も考え合わせ小倉に向かうことにしました」とのこと。
08/13 助手 栗東坂稍 1カイ  54.5−39.5−26.2−12.9 一杯に追う
(8月14日)


8月6日、松田調教師は「本日、坂路で乗った後、CWチップコースで併せ馬の調教を行いました。6ハロン84秒3、ラスト17秒7の時計を計時しており、4ハロンから併せて同入する形でしっかり動けていたと思います。順調にきており、来週には態勢が整えられそうです。8月16日(土)新潟・弥彦特別(芝1800m)、或いは24日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)あたりを考えています」とのこと。
08/03 助手 栗CW良 89.7−71.0−56.1−41.0−12.5 馬なり余力
レッドロザリー(三未勝)馬なりの外0.7秒先行5F付同入
08/06 助手 栗CW良 84.3−68.6−53.7−39.7−12.9 馬なり余力
ナンヨーマーク(古1000万)叩一杯の外0.4秒追走4F併首先着
(8月7日)


7月30日撮影

7月30日、松田調教師は「今週はCWチップコースで3頭併せの調教を行っています。6ハロン86秒2、ラスト13秒5の時計を計時しており、日曜には併せ馬でラスト13秒〜12秒台後半位の時計を出す予定です。順調に調整を進めてきており、あと3週くらいで態勢が整う見込みです」とのこと。
07/29 助手 栗東坂良 1カイ  70.4−49.2−31.4−14.6 馬なり余力
07/30 助手 栗CW良 86.4−70.7−55.8−41.4−13.6 馬なり余力
レッドロザリー(三未勝)馬なりの外0.3秒先行5F付同入
(7月31日)


7月24日、松田調教師は「今週は坂路で最後の1ハロンを15秒程度で乗っており、今週末は2〜3ハロンを15秒、来週は全体を15−15というように、徐々に調教を強めていく予定です。大事を取ったことで脚元の疲れも問題無さそうですし、このまま出走に向けてピッチを上げていきます。北海道に積むことも考えたのですが、小倉でも良い競馬をしていますので、このまま栗東に滞在したいと思います」とのこと。
(7月24日)


7月16日、松田調教師は「本日、再度獣医師の診察を受けさせています。『両前とも腫れは無く、ダメージは見られない。調教を進めても問題無し』という診断でした。ここまで軽めの調整を行ってきましたが、ここから調教ペースを上げて乗り込み、ペースが上がった段階で出走について検討したいと思います。状況によっては北海道に積む可能性も。今後の状態を見て判断します」とのこと。
(7月16日)


6月上旬撮影

6月22日(日)阪神・芝2000mに藤岡祐介騎手で出走。馬体重は8キロ減の496キロ。チークピーシーズと、パドックのみメンコ着用。落ち着いた様子でパドックに登場。久々だが体にメリハリがあって具合は良さそう。時折厩務員に甘える素振りも、落ち着きがあってとても良い雰囲気。パドックのやや外目をしっかりした脚取りで周回。周回を重ねて気持ちが乗ってきた感じで、止まれの合図の後、ごく軽く小脚を使い気合いを表に出しつつ馬場へ。芝コースに入りいったんなだめてから促されると軽快なキャンターで駆け出していった。レースでは、スタートで少し外によれるもスッと行き脚が付き、内の馬を見ながらハナに立って1コーナーへ。うまくスローに落としつつ後続に1〜2馬身差を付けてマイペースの逃げ。3〜4コーナーから並びかけてきた後続馬を直線半ばで振り切り、ゴール前で一気に伸びた1番人気馬を半馬身差で凌いで見事優勝。藤岡騎手は「間隔を開けてもらったことで馬がとてもフレッシュな状態で気持ちの入った良い走りをしてくれました。走りのオンとオフも上手で、ペースを落としたい場面でスッとハミが抜け、4コーナーでしっかり反応してくれました。休み明けのところスローペースで楽をさせてもらいましたが、次はもっと動けそうですし良くなりそうです」とのコメント。松田調教師は「調教での動きがレースに直結するタイプですし、しっかり仕上げてレースに臨みました。ジョッキーもこの馬の良さを活かす競馬をしてくれました。長く休んだためヒバラの肉が少し落ちている感じですが、落ちた分の筋肉はここを使って戻ってくると思います。この後のことは厩舎に戻ってからの具合を見てから検討します」とのこと。
(6月23日)

ページ上部へ

2013年

12月22日(日)中山・ホープフルS(OP・芝2000m)に出走。馬体重は2キロ減の504キロ。メンコにパシュファイヤー着用しパドックに登場。落ち着いた様子で、リズム良く首を上下させ気持ち良さそうに元気良くパドックを周回し状態はとてめ良さそう。他の馬立ちにジョッキーが跨ると気合いも乗り馬場へ向かった。ダートコースを横切り芝コースへ入ると、誘導馬のあとをゆっくりと歩かせてからスムーズに返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートから先行争いに加わり3番手のインを通り1コーナーへ。終始3番手の内目を通り4コーナーを周り直線へ向かうと、ジワジワと伸びるが4着まで。レース後、蛯名騎手は「良い感じで競馬もできましたが、最後は切れのある馬たちに交わされてしまいました。切れる感じではないので早め早めの競馬を心がけましたがあと少しでしたね。今日の感じからはダートも悪くなさそうですが」とのコメント。また松田調教師は「ベテラン騎手らしい上手いレース運びで持ち味を生かしてくれましたし、馬もとても上手に競馬できていました。こういう経験を重ねることでもっと良くなってきてくれそうです。この後のことは厩舎に戻ってからの様子を見て決めたいと思っています。上がりは問題ないという報告を受けています」とのこと。
(12月22日)


11月17日(日)京都・芝1600mに福永騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の506キロ。メンコ、パシュファイヤー(レース前に外す)を着用し、2人引きでパドックに登場。やや頭の低い位置でリズム良く、ノビノビとした歩様でパドックを周回。適度に気持ちも入っている感じで、雰囲気は良さそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに、同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。馬場に入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、ポンと好スタートを切り、無理せず馬なりで先頭へ。折り合い良く半馬身から1馬身程度リードを保ちつつ先頭を進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入っても脚色が鈍ることもなく、後続の追撃を首差凌いで見事初勝利。レース後、福永騎手は「ハミを噛むところがあるので、チークを外したのが良い方向に出たと思います。ゲートもポンと出てスタートも決まり、自分のペースでリラックスして競馬を進めることが出来ましたし、直線に入っても凌ぎきれると思っていました。距離的にはもっとあっても走れるスタミナは持っていると思いますが、現状はハミを噛むところがあるので、マイル前後の距離が良さそうです」とのコメント。松田調教師は「調教での動きが良化し、その動きを実戦でも発揮してくれました。レースの後の息の入りも良く、けろっとしていましたから、まだ余裕があったように感じます。ジョッキーの進言もありチークを外しましたが、前向きさを見せつつスムーズなレース運びが出来ていましたし、経験を積んで良くなってきました。芝で見限るのはまだ早いと思っていましたし、結果を出せて良かったです。今後については馬の状態を見て検討したいと思います」とのこと。18日、松田調教師からは「レース後、脚元などに問題はなく、大きな疲れも見られません。ただ、ここまで続けて使ってきているので、いったんリフレッシュ放牧を挟みたいと思います。放牧先では馬体のケアを行いつつ軽目の調整で一息入れ、状態次第ではごく短期で戻すかもしれません」との連絡が入っており、19日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出る。
(11月18日)


10月20日(日)京都・芝1600mに福永騎手で出走。馬体重は2キロ増の504キロ。二人引き。チークピーシーズを着け、その上からゲート裏までメンコを着用。落ち着いた様子でパドックに登場。気負い過ぎるところもなく、終始首を下げ気味にしてパドックのやや外目をリラックスした雰囲気で周回。歩様に力もあり状態は変わりない印象。他の馬にジョッキーが跨がるて気合いを表に出し、軽く小脚を使って馬場へ。芝コースに入るとすぐに返し馬に入り止め際までスムーズ。レースでは、揃ったスタートを切り、内の馬を見ながら積極的に前へ。逃げ馬にほとんど並びかける位置の2番手を行きっぷり良く進み、そのままの態勢で4コーナーを回ったが、追い出されてから案外な伸び脚で、バテてはいないものの伸びず6着。福永騎手は「チークが効いているのか、前半でグッと行く気になってしまい、いざ追い出してから脚を使えなかった感じです。返し馬でもかなり行く気になっていましたし、競馬を覚えてきたようなので、そろそろチークを卒業してもいいかもしれません。前半はフワッと楽に行って、追い出してから渋太く脚を使えるようになればと思います。スタートが良く先行力があるので、早くひとつ勝たせるならダ1800mを使ってみるのも手だと思います」とのコメント。松田調教師は「4コーナーの感じからは伸びてくれるかと思ったのですが、前半から行く気になって脚がたまらずダラダラと脚を使う形になったようです。力はある馬ですし、あとはレース運び次第だと思います。ジョッキーが言うようにチークをはずしたりダートを使うことも考えてみます。ダ1800mなら最初のコーナーで息を入れられますし、先行力のあるこの馬には流れが向きそうです。今後についてはレース後の具合いを見て検討します」とのことだった。
(10月21日)


9月28日(土)阪神・芝1800mに出走。馬体重は4キロ増の502キロ。二人引き。チークピーシーズを着け、その上からゲート裏までメンコを着用。落ち着いた様子でパドックに登場。ここ2戦よりキリッとした雰囲気で、落ち着きつつも程良く気合いを見せパドックの外目を気分良さそうに周回。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、ごく軽く小脚を使って馬場へ。芝コースに入ると行きたがる素振りを見せる馬をなだめて他馬と一緒に100m地点まで行進し、促されるとかかり気味に駆け出す馬を抑えつつスムーズに返し馬を行った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚も付き好位4〜5番手からの競馬。4番手のインを通り3〜4コーナーを周り直線へ向かうと、いったんは3番手に上がったもののジワジワとしか伸びることができず7着。レース後、柴田善臣騎手は「渋太く脚を使う馬で、早めに動かしていかないといけないタイプですが、内枠で終始包まれる形になってしまいました。4コーナーで一瞬スペースが開いたのですが、すぐに動ける脚が使えず、そこでは動けませんでした。競馬自体はスムーズでしたし、もう少し自在に脚を使える力が付けば良くなってきそうですね」とのコメント。また松田調教師は「道中はずっと包まれ、直線も外から塞がれてしまい、ほとんど追えませんでした。伸びていましたし割って入ることさえ出来ていれば違っていたと思いますが、こちらも脚色があるだけに楽な進路は取らせてもらえませんね。返し馬でかかっていましたので前半は用心して行ったのだと思いますが、小倉での2戦に比べてかなり前向きさが出て馬は良くなっていたように感じます。今後についてはレース後の具合いを見て検討します」とのことだった。
(9月28日)


8月31日(土)小倉・芝1800mに松山騎手で出走。馬体重は12キロ減の498キロ。二人引き。チークピーシーズを着け、その上からゲート裏までメンコを着用。落ち着いた様子でパドックに登場し、途中で激しい雷雨となっても動じることなく、ゆったりとした歩様で周回。他の馬にジョッキーが跨がっても落ち着いた様子のまま馬場へ。芝コースに入るとすぐに軽いキャンターで駆け出し、そのままスムーズに返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートから先行争いに加わるも控えて3番手で1コーナーへ。内の馬にコーナーワークで交わされて4番手で2コーナーを周り向こう正面へ。内から上がってきた馬に交わされて5番手で3コーナーへ入ると、手が激しく動き始めて6番手の大外で4コーナーを周り直線へ向かうが、ジワジワとしか伸びることができず4着。レース後、松山騎手は「スタートも良くスムーズに流れに乗れて、馬場の良いところを通ることが出来ました。馬も前走より良くなっていたと思います。不良の馬場を気にするところはありませんでしたが、向正面あたりで行きっぷりが怪しくなってしまいました」とのコメント。また調教助手の話しでは「装鞍所では立ち上がるくらい元気一杯でしたし、パドックでは集中を切らさずしっかり歩けていて、具合自体は良かったと思います。悪天候と重い馬場の中、この馬なりに頑張っていましたが、さすがにデビュー戦ほど楽な流れにはなりませんでしたね。今後についてはレース後の具合いを見て検討することになると思います」とのことだった。
(8月31日)


8月18日(日)小倉・芝1800mに松山騎手でデビュー。初出走の馬体重は510キロ。二人引き。チークピーシーズを着用。まだ少し余裕を残した体付きも、動きに重苦しさはなく、やわらかい歩様でゆったりと歩けており良い雰囲気。馬に落ち着きがあり、前の馬が立ち上がって暴れたり、いななく馬がいても動じることなく終始リラックスした様子で周回。ジョッキーが跨がっても大きな変化はなく、落ち着いた様子のまま馬場へ。芝コースに入ると他馬と一緒に行進し、促されると軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り、行き脚良くスッと3番手に付け、道中は2番手の人気馬を見ながら進む。3コーナーで逃げ馬が後退し、2番手に上がる形。3〜4コーナーで前の馬に外から並びかけていき、捕まえて交せるかに見えたが、直線に入ると突き放されてしまい2着。松山騎手は「スタートも良くスッと前々の位置で競馬が出来ました。人気馬を見る位置に付けられスムーズな競馬が出来ましたが、道中ずっと外に逃げる感じがあり、勝負所でモタモタしてしまいました。早めに交すことが出来ていたらもう少し頑張れたかもしれません。馬がまだ若い分だと思いますので、これから良くなってくれるはずです」とのコメント。調教助手は「調教ではそういう面を見せませんが、やはり実戦は厳しい分、多少苦しがって外へ逃げるところがあったようです。4コーナーでもその分モタモタしてしまいました。若さもあると思いますが、ハミを変えることも検討したいと思います。勝った相手も強かったですし、初戦としては良く走っており、力とセンスを感じさせる内容でした。今後については馬の状態を見て検討することになると思います」とのことだった。
(8月19日)

ページ上部へ

2012年

12月上旬撮影



パンフ使用写真