アースコネクター

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・和田正道厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(3.5.4.13)

2017年

4月18日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。26日、牧場担当者は「左首肩、右腰、殿部に筋肉痛があったので、ショックウェーブ治療を行いました」とのこと。また和田調教師は「夏の小倉開催に向けて、リフレッシュさせてからじっくり調整してもらいます。小倉で逃げる競馬ができればチャンスはあると思っています」とのこと。
(4月26日)


4月15日(土)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に出走し6着。19日、和田調教師は「レース後も脚下に問題はありませんが、夏の小倉で出走させたいと思いますので、昨日放牧に出しています」とのことで、4月18日に、セグチレーシングS(チバ)へ放牧に出ている。
(4月19日)


4月15日撮影

4月15日(土)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に江田照男騎手で出走。馬体重は2キロ減の522キロ。ブリンカーを着用して落ち着いた様子でパドックに登場も、周回を重ねていくに連れうるさいところを見せ始め、途中から二人曳きに。まだ余裕のある体つきも、元気一杯で状態は良さそう。騎手は敢えてパドックでは跨がらずに、他の馬たちに騎手が跨がると、さらに気合いが乗り隊列の最後に周り馬場へ向かった。一番最後にうるさいところを見せながら、後ろ向きでダートコースへ入ると、直ぐに反転させてから4コーナーに向かって駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから行き脚を付けて先頭に。1〜2コーナーをマイペースで周り向こう正面に入ると、徐々にペースを上げていき後続を引き離しにかかり、後続を5馬身以上離して3コーナーへ。大きなリードを保ったまま4コーナーを周るが、後続が徐々に接近してきて4馬身のリードを保ち直線へ。残り1ハロン過ぎまでは先頭で頑張り、残り50mで4番手に。さらにゴール寸前で2頭に交わされてしまい6着。レース後、江田騎手は「指示通り向こう正面からペースを上げて後続に脚を使わせる競馬をしました。直線での凌ぎ合いに持ち込み掲示板はあるかと思いましたが後すこしで、一杯になってしまいました。前走に比べ素軽さも感じられましたし、こういう競馬を続けていければ、相手と展開ひとつでチャンスもきそうです」とのコメント。また和田調教師は「着順は6着でしたが、自分の競馬ができて内容は良かったと思います。2回使えましたし、この後は小倉開催での出走を考えていますので、一度放牧に出したいと思います」とのこと。
(4月15日)


4月12日撮影

4月15日(土)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に江田照男騎手で出走の予定。12日、和田調教師は「本日、坂路で54.6秒、終い12.9秒のところを追い切りました。今回は少し攻めてみました。まずまずの動きでしたので、自分の競馬ができればと思います」とのこと。
◆出走予定:4月15日(土)中山10R・下総ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ダ1800m)江田照男騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭、本馬より優先順位の高い馬1頭、同条件の馬15頭)*自身権利なし
4/09 助手 美南坂重 1カイ 56.9-42.5-27.9-13.6 馬なり余力
4/12 助手 美南坂重 1カイ 54.6-40.7-26.7-12.9 馬なり余力
(4月13日)


4月15日(日)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に向けて調整中。5日、和田調教師は「本日、坂路で追い切りました。半マイルからの時計は52.7、終いの1ハロンが12.3秒でした。強目に乗っていますが、来週のレースに向けて順調に来ています」とのこと。
4/2 助手 美南坂稍 2カイ 57.5-42.1-27.2-13.0 馬なり余力
4/5 助手 美南坂良 1カイ 52.7-38.2-24.8-12.3 馬なり余力
(4月6日)


3月29日撮影

4月15日(日)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に向けて調整中。3月29日、調教助手は「本日、坂路で併せ馬を行いました。半マイルからの時計は54.7、終いの1ハロンが12.3秒でした。終始馬なりで1馬身程先行させて、1馬身先着しています。まだ少し余裕はありますが、まだレースまで時間もありますのでしっかりと仕上げていきたいと思います」とのこと。
3/26 助手 美南坂良 1カイ 58.4-42.2-27.3-13.1 馬なり余力
3/29 助手 美南坂良 1カイ 54.7-39.5-25.1-12.3 馬なり余力
トライアゲイン(障オープン)一杯を0.3秒先行0.2秒先着
(3月30日)


4月15日(土)中山・下総ステークス(1600万円以下・混・ダ1800m)に向けて調整中。3月22日、和田調教師は「変則開催だったため、明日強目の調整を行います」とのこと。
3月23日、和田調教師は「本日、坂路コースで追い切りました。半マイルの時計は58.3、終いの1ハロンは13.4秒でした。今日は馬なりで走らせていますので、時計自体は気にすることはないと思います。下総ステークスに向けて仕上げていきます」とのこと。
3/23 助手 美南坂良 1カイ 58.3-42.9-27.9-13.4 馬なり余力
(3月23日)


3月15日撮影

4月15日(土)中山・下総ステークス(1600万円以下・混・ダ1800m)に向けて調整中。3月15日、和田調教師は「前走後も特に状態は変わりません。中山・下総ステークスに向けて調整していきます」とのこと。
美プール 3月 07日 09日
(3月16日)


3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)に出走し12着。8日、和田調教師は「レース後も脚下は問題ありません。引き続き厩舎で調整をして、4月15日(土)中山・下総ステークス(混・ダ1800m)に向かう予定です」とのこと。
(3月8日)


3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)に江田(照)騎手で出走。馬体重は4キロ増の524キロ。ブリンカー着用。レースでは、マズマズのスタートから行き脚を付けて先頭に。後ろを引き付けるように、いつもに比べると遅いペースで終始逃げる展開。4コーナーから後続が接近してきて先頭で直線へ向かうが、早めに交わされると粘ることができず12着。レース後、和田調教師は「具合が良かっただけに残念です。いつもに比べてペースが遅かった分、直線での切れ味勝負になってしまった分、この馬の良さが出せなかったようです。理想は、ある程度速い流れに持ち込み、後ろの馬たちに脚を使わせつつ、粘り込む形が良いのですが、今日はペースが遅い上に、全体時計も遅すぎました。できれば1分52秒台の決着に持ち込みたかったですね」とのこと。
(3月6日)


3月1日撮影

3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)に江田(照)騎手で出走の予定中。3月1日、調教助手は「本日、坂路で追い切りました。時計は半マイルから52.2、終いの1ハロンが12.3秒でした。前走よりも絞れていて、具合も良さそうです。予定通り今週出走させます」とのこと。
◆出走予定:3月5日(日)中山10R・上総ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)江田照男騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭、本馬より優先順位の高い馬4頭、同条件の馬11頭)*自身権利なし、ハンデ優先なし
2/26 助手 美南坂良 1カイ 59.0-42.9-27.5-13.2 馬なり余力
3/01 助手 美南坂良 2カイ 52.2-37.9-24.7-12.3 馬なり余力
(3月2日)


3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)を目標に調整中。2月22日、和田調教師は「本日、坂路コースで調整を行いました。時計は半マイルから52.5、終いの1ハロンが12.4秒でした。馬なりの調整ですが、順調にきています、予定通り来週の中山に江田(照)騎手で出走させる予定です」とのこと。
2/19 助手 美南坂稍 2カイ 56.4-40.7-25.4-12.1 馬なり余力
2/22 助手 美南坂良 2カイ 52.5-38.4-25.0-12.4 馬なり余力
(2月23日)


2月15日撮影

3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)に出走の予定。2月15日、和田調教師は「本日ウッドで未勝利馬に胸を貸す形で外に併せました。まだ馬体に少し余裕はありますが、まずまずの動きでした。いつもと変わらない状態で体調も良好ですし、予定通り中山・上総ステークスに江田(照)騎手で出走させる予定です」とのこと。
2/12 助手 美南坂良 1カイ 61.3-44.4-28.6-14.2 馬なり余力
2/15 助手 美南W良       54.9-39.4-13.3 馬なり余力
トミケンフリンク(三未勝)馬なりの外を0.4秒追走同入
(2月16日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。2月8日、和田調教師は「疲れも取れたようですので、今週末に帰厩させて中山のハンデ戦への出走を目指そうと思います」とのことで、2月11日に帰厩後、3月5日(日)中山・上総ステークス(混・ハンデ・ダ1800m)を目標にする予定。
(2月8日)


1月26日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。2月1日、牧場担当者は「右腰と殿部に筋肉痛がありましたので、1月27日にショックウェーヴ治療を行いました。現在は筋肉痛も取れて、周回コースで軽くハッキングキャンター1600mの調整を行っていますです。体重は536キロです」とのこと。
(2月1日)


1月22日(日)中山・アレキサンドライトステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に出走し11着。25日、和田調教師は「レース後も脚下に問題はありません。小倉1週目のハンデ戦も検討しましたが、小回りコースへ無理に遠征しなくても、次の中山開催は2開催連続でありますので、短期放牧を挟み3月の中山で使えればと思っています」とのことで、1月26日にセグチレーシングS(チバ)に放牧に出る予定。
(1月25日)


1月22日撮影

1月22日(日)中山・アレキサンドライトステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に丸山騎手で出走。馬体重は12キロ増の520キロ。メンコを着用して二人曳きでパドックを周回。大幅な馬体重増も、見た目には太過ぎる感じではなく、フックラした体つき。気合い乗りが早く、少しうるさいのは気になるが、元気いっぱい。他の馬たちに騎手が跨がってからも、大きく気配が変わることはなく、うるさいところを見せながら馬場へ向かった。一番最後に走りながらダートコースへ入ると、その勢いのまま返し馬に入った。レースでは、好スタートから先手を主張し先頭で1コーナーに。ペースを落とし過ぎることなく、2馬身以上離して終始マイペースで逃げる展開に持ち込み、先頭で4コーナーを周り2馬身リードのまま直線へ向かうが、残り100mで力尽き11着。レース後、丸山騎手は「良い感じで逃げれたのですが、最後は踏ん張り切れませんでした。久々の分だと思いますので、ここを使って変わってきてくれると思います」とのコメント。また和田調教師は「12キロ増も問題ないかと思っていましたが、乗り役の話しを聞くと、久々で少し重かったようです。ここを使って良くなってくれると思いますので、レース後の具合を見て次走を考えたいと思います」とのこと。
(1月23日)


1月18日撮影

1月22日(日)中山・アレキサンドライトステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に丸山騎手で出走の予定。1月18日、和田調教師は「阿見で治療をして状態も良くなっています。本日、坂路で半マイルから54.8、終いの1ハロンが12.7秒のところを強目に乗っていますが、動きも良かったと思います。予定通り今週出走させたいと思います」とのこと。
◆出走予定:1月22日(日)中山10R・アレキサンドライトステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)丸山元気騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全20頭、本馬より優先順位の高い馬3頭、同条件の馬16頭)*自身権利なし、ハンデ優先なし
1/15 助手 美南坂良 1カイ 61.9-45.5-29.7-13.8 馬なり余力
1/18 助手 美南坂良 1カイ 54.8-39.5-25.5-12.7 強目に追う
(1月18日)


1月22日(日)中山・アレキサンドライトステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)への出走に向け1月7日に美浦TCへ帰厩。1月11日、調教助手は「日曜日に坂路で終いだけ強目を乗り、本日、坂路で54秒くらいのところをやっています。問題なさそうですのでこのままアレキサンドライトステークスに向けて調整していきます」とのこと。
1/08 助手 美南坂良 1カイ 60.3-43.9-29.0-14.5 馬なり余力
1/11 助手 美南坂良 1カイ 53.9-38.4-24.6-12.1 強目に追う
(1月12日)


阿見TCにて調整中。1月3日、和田調教師は「思っていたよりも回復が早そうなので、近々帰厩をさせて中山最終週のハンデ戦に向かおうと思います」とのことで、1月22日(日)中山・アレキサンドライトステークス(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)への出走に向け近々帰厩する予定。
1月4日、和田調教師より「検疫が取れましたので、土曜日に入厩させます」とのことで、1月7日(土)に入厩することになった。
1月6日、牧場担当者は「普通キャンターで調整してきましたが、馬の状態も上向いてきて明日入厩することになりました。気が良いタイプで、仕上がりも早そうです」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

12月21日撮影

阿見TCにて調整中。12月14日、牧場担当者は「引き続き軽目のキャンター調整ですが、徐々に距離を伸ばしていっている段階です。ここまでは順調に調整が進んでおり、このまま獣医の指示を仰ぎつつ、馬の様子を見ながら調整を進めていきたいと思います。ペースを上げていくのは、年が開けてからになると思います」とのこと。
(12月21日)


阿見TCにて調整中。12月14日、牧場担当者は「騎乗の許可が出ましたので、先週から軽く乗り出しました。先週一杯は乗り運動だけに留め、今週から馬場でダクと軽いハッキング調整を行なっています。乗った感じでは疲れが取れている感じです。獣医の指示を仰ぎつつ、馬の様子を見ながら調整を進めていきたいと思います」とのこと。
(12月14日)


11月17日から阿見TCにて調整中。30日、和田調教師は「先週の土曜日に腰からトモにかけての関節に効く注射をしました。明日獣医師に見てもらって問題がなければ、調教を進めていってもらいます」とのこと。
12月1日、和田調教師は「本日獣医さんに診てもらったところ、右トモと後膝に痛みがあるということでしたので、効果のある注射を打ちながら良化を促していきたいと思います。軽く乗りながら経過観察をしていきます」とのこと。
(12月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、11月10日に美浦TCに帰厩。16日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.4秒、終い12.6秒の時計でした。時計はマズマズですが、トモがあまり良くなく腰が入ってこない動きでした。育成場で問題はなかったとしても、トレセンではこの状態で進めていくのは少し難しい状況です。このまま進めていっても良い結果を臨むことは厳しいですし、故障の原因にも繋がります。中山・北総ステークスに向けて帰厩させましたが、ここは無理をせずにしっかりと治療したいので、明日放牧に出したいと思います」とのことで、11月17日に阿見TCに移動する予定。
11/13 助手 美南坂重 1カイ  68.3−48.0−29.5−13.7 キリ不明
11/16 助手 美南坂稍 1カイ  55.4−39.6−25.9−12.6 馬なり余力
(11月17日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、11月10日に美浦TCに帰厩する予定。6日、和田調教師は「12月3日(日)中山・北総ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)への出走を目標に、10日の検疫で美浦TCに帰厩させる予定です」とのこと。
11月9日、牧場担当者は「昨日坂路で16−15を乗りましたが、悪くない動きでした。一昨日獣医に診てもらっていますが特に気になるところはなく、馬体も良く見せるようになってきました。明日美浦TCに入厩する予定で、現在の馬体重は525キロです」とのこと。
(11月9日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。10月26日、牧場担当者は「乗り出してからも順調にきており、昨日坂路を1本18−17ペースで乗っています。今のところ順調に調整が進んでおり、24日に獣医に診てもらっていますが、特に気になるところはありませんでしたので、様子を見ながらペースを上げていきたいと思います。昨日の計量で馬体重は522キロと、乗り出してから少し減りましたが、小さく見えていた馬体は逆に見栄えが良くなってきました。ただ、少しテンションが高めなので、注意していきたいと思います」とのこと。また、和田調教師は「まだ強いところは乗っていないようですが、12月3日(日)中山・北総ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に出走させたいと考えていますので、牧場で調教ペースを上げていってもらいます」とのこと。
(10月26日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。10月13日、牧場担当者は「先週の水曜日にこちらへ到着しており、10日に獣医に診てもらったところ、右半身に筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行っています。入場後は今日までウォーキングマシーン調整で楽をさせており、明日から乗り出して行く予定です。昨日の計量で馬体重は527キロありましたが、連戦の疲れからなのか馬体が少し小さく見えます。この休養でしっかりと立て直して厩舎に送り出せればと思います」とのこと。
(10月13日)


10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に出走し7着。4日、和田調教師は「レース後も大きな問題はありません。夏場からここまで在厩で進めてきましたので、ここで放牧に出したいと思います。しっかりとリフレッシュしてもらい、冬の中山開催で復帰出来ればと考えています」とのことで、10月5日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
(10月5日)


松戸特別優勝賞品

会報誌10月号でご案内しております優勝賞品です。
ご入札締め切りは平成28年10月14日(金)午後6時弊社必着
お申し込み方法は会報誌をご覧下さい
(10月3日)


10月2日撮影

10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に丸山騎手で出走。馬体重は2キロ増の508キロ。メンコを着用して、二人曳きで少しうるさいところを見せながらパドックに登場するが、すぐに落ち着く。馬体に張りがあり、引き続き状態は良さそう。周回を重ねていくと、再度うるさいところを見せ始めるが、入れ込みまではいかず問題なさそう。他の馬たちに騎手が跨がるとさらに気合いが乗り馬場へ向かった。うるさいところを見せながらダートコースへ入ると直ぐに返し馬へ入った。レースでは、揃ったスタートからダッシュを利かせてハナに立ち1コーナーへ。引き離し気味にマイペースに持ち込み2コーナーを周り後続を3馬身以上離して向こう正面へ。マイペースのまま3〜4コーナーを周り、後続を3馬身程度離して直線へ向かい粘り込みをはかるが、残り100mまで先頭で頑張るも、最後は脚が上がってしまい7着。レース後、丸山騎手は「自分の競馬はできたと思いますし、昇級初戦で良く頑張っていると思います。自分の競馬ができれば、流れや相手関係ひとつで、上の着順に来られると思います」とのコメント。また和田調教師は「自分の競馬をして、この馬自身は前走と同じくらいの時計で走れていますが、やはり相手も強くなっていた分最後は交わされてしまいましたが、十分見せ場はつくってくれたと思います。レース後の状態を確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」とのこと。
(10月3日)


9月28日撮影

10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に丸山騎手で出走予定。9月28日、和田調教師は「本日、坂路で追い切りました。時計は半マイル53.1秒、終いの1ハロンが12.4秒でした。引き続き状態は良さそうです。展開ひとつだと思いますが、ハンデ戦でもありますので、どんな競馬をしてくれるのか楽しみです」とのこと。
09/25 助手 美南坂稍 1カイ  61.2−44.9−28.7−12.9 馬なり余力
09/28 助手 美南坂良 1カイ  53.1−38.2−24.9−12.4 馬なり余力
(9月29日)


10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)を目標に調整中。9月21日、和田調教師は「この中間も変わりなくきており、今日は坂路で調教を行っています。週末から時計になるところを乗っていき、予定のレースに向けてペースを上げていきます。来週のレースの乗り役は、前走に引き続き丸山騎手を予定しています」とのこと。
◆出走予定:10月2日(日)中山12R・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)丸山元気騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全20頭)
(9月28日)


10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)を目標に調整中。9月21日、和田調教師は「この中間も変わりなくきており、今日は坂路で調教を行っています。週末から時計になるところを乗っていき、予定のレースに向けてペースを上げていきます。来週のレースの乗り役は、前走に引き続き丸山騎手を予定しています」とのこと。
(9月21日)


9月14日撮影

9月10日(土)中山・松戸特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に出走し1着。14日、和田調教師は「レース後も特に問題はありません。今週末から乗り出す予定ですが、特に問題がないようなら、次走は10月2日(日)中山・内房ステークス(3歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に向かいたいと思います」とのこと。
(9月14日)


9月10日撮影

9月10日(土)中山・松戸特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に丸山騎手で出走。馬体重は前走より増減無しの506キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用し、2人曳きでパドックに登場。周回の前半は比較的大人しく周回していたが、周回を重ねていくと若干小うるさいところが出てくる。気温が高いせいで発汗が目立つが、フックラとした体つきで状態は悪くなさそう。止まれの合図の後、騎手は跨らずに馬場へ。ダートコースに入ると、すぐに駆け出して行った。レースでは、好スタートから好ダッシュで楽にハナへ。縦長の展開の中、単騎先頭で後続に2馬身程度のリードを保ちながら道中は進み、そのままリードを保ちながら最後の直線へ。直線に入っても脚色は衰えず、そのまま後続を振り切って2馬身差の快勝。レース後、丸山騎手は「返し馬の段階でうるさいところがあったので、これなら無理をして抑えるよりは、前に行ってしまった方が良いなと思いました。初めて乗りましたので、この気性が良いかどうかは分かりませんが、今日は良い方に出たと思います。道中も他に行きたい馬がいなかったこともあり、絡まれることもなく楽にレースを進めることが出来ましたし、追って味があるタイプではないと思っていましたので、3コーナー過ぎから自分でジワーッとペースを上げていきました。セーフティーリードを取って直線に入れましたし、馬自身最後まで良く頑張ってくれました。ありがとうございました」とのコメント。また、和田調教師は「上手く展開が嵌ってくれたと思いますが、それでもこの馬の先行力があってこそのものですし、乗り役もこの馬の特徴を掴んで上手く乗ってくれました。今後のことについては、レース後の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。
(9月10日)


9月10日(土)中山・松戸特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に丸山騎手で出走予定。7日、和田調教師は「4日(日)に無事に美浦TCに戻ってきています。輸送の疲れもあまり感じさせなかったので、本日坂路で時計を出してみました。4ハロン54.5秒、終い12.2秒の時計で、動きは良かったと思います。もう少し状況を見極めてからになりますが、今週の中山・松戸特別(ダ1800m)に出走させる方向で考えています」とのこと。
◆出走予定:9月10日(土)中山10R・松戸特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)丸山元気騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全20頭、本馬より優先順位の高い馬13頭、同条件の馬・本馬を含め4頭〔未定1頭〕)*自身、前走から4週
09/07 助手 美南坂良 1カイ  54.5−39.0−25.0−12.2 馬なり余力
(9月8日)


8月28日に札幌競馬場に到着。9月4日(日)札幌・釧路湿原特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1700m)に出走を予定していたが除外。8月28日、和田調教師は「昨日美浦TCを出発し、本日無事に札幌競馬場に到着しています。予定しているレースの特別登録を見ると、出走は難しい状況にあります。少し様子を見ます」とのこと。
8月31日、和田調教師は「札幌競馬場へ移動後も大きな問題はなさそうです。ただ想定を見る限り、出走は厳しそうな状況です。もし出られない場合は1度美浦TCに戻すことになると思います」とのこと。
9月1日、和田調教師は「本日札幌競馬場のダートコースで時計を出しており、3ハロン42.0秒、終い12.0秒の時計でした。想定の段階で出走が厳しい状況でしたので、終い重点の内容でした。動きに問題はありませんでしたが、出馬投票の結果、やはり除外になってしまいました。このあとは1度美浦TCに戻し、到着後の具合を見て今後の予定を決めたいと思います。3日(土)に札幌競馬場から美浦TCへ向けて出発する予定です」とのこと。
◆出走予定:9月4日(日)新潟9R・釧路湿原特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1700m)騎手未定(57キロ)
フルゲート13頭(出走予定全23頭、本馬より優先順位の高い馬20頭〔未定2頭〕、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から3週
09/01 助手 札幌ダ稍             42.0−12.0 馬なり余力
(9月1日)


美浦TCにて調整中。8月24日、和田調教師は「前走後も変わりなくきており、本日坂路で4ハロン56.8秒、終い13.0秒の時計を出しています。流動的ではありますが、9月4日(日)札幌・釧路湿原特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1700m)への出走を検討しています」とのこと。
08/24 助手 美南坂重 1カイ  56.8−40.7−26.3−13.0 馬なり余力
ピンクドルフィン(二未勝)一杯を0.6秒先行0.4秒先着
(8月25日)


8月17日撮影

8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に出走し7着。17日、和田調教師は「レース後も大きな問題はなく、引き続き使っていけそうです。権利が無い状態なので、状況次第では札幌で使うことも検討しています」とのこと。
(8月17日)


8月14日撮影

8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に大野騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の506キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用しパドックに登場。すぐに2人曳きとなり、時折小脚を使ってはいるが、いくらか抑えが効いた様子でパドックを周回。気温が高いせいで少し発汗が目立つが、フックラとした体つきで状態は悪くなさそう。止まれの合図の後は、少しうるさい素振りを見せながら馬場へ向かった。ダートコースに入ると、少し躊躇するところがあったが、駆け出してからはスムーズに返し馬を行った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつきハナへ。単騎先頭で道中は進むが、向こう正面で他馬に競り掛けられるような形に。同馬も譲らずに再びリードを取り、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ入ると、直線の半ばまでは先頭をキープするが、徐々に遅れてしまい7着。レース後、大野騎手は「前半から楽に先手を取れ、良い形でレースを進められましたが、向正面の半ば辺りで他馬に競り掛けられてしまいました。あそこで譲るわけにもいきませんし、ペースが上がってしまったのが誤算でした。その割には最後もバタッと止まっていませんし、スピードがある馬なので、マイペースでレースを運べれば十分チャンスはありそうです」とのコメント。また、和田調教師は「良い感じで行けていたのですが、途中で他の馬に絡まれる形になってしまい、逃げ馬にとっては1番キツい展開になってしまいました。レース後の具合を見て今後のことを検討したいと思います」とのことだった。
(8月15日)


8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に大野騎手で出走予定。10日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.6秒、終い12.2秒の時計でした。しっかりと動けていましたし、休み明けとしては悪くはない状態にあると思います。今回は結構相手がそろっているようですが、道中のペースと展開次第だと思っていますので、頑張って欲しいですね」とのこと。
◆出走予定:8月14日(日)新潟9R・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)大野拓弥騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全24頭、本馬より優先順位の高い馬10頭〔未定1頭〕、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から11週
08/07 助手 美南坂良 1カイ  56.1−40.4−25.4−12.4 馬なり余力
08/10 助手 美南坂良 1カイ  53.6−39.0−25.1−12.2 馬なり余力
(8月11日)


8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整中。3日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.5秒、終い12.6秒の時計でした。動きは悪くありませんでしたし、来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます。このまま問題がなく調整が進めば、予定している来週の新潟・麒麟山特別に出走させることが出来そうです」とのこと。
07/31 助手 美南坂良 1カイ  67.0−48.2−29.6−13.8 馬なり余力
08/03 助手 美南坂良 1カイ  56.5−41.6−27.0−12.6 馬なり余力
(8月4日)


7月27日撮影

7月21日に美浦TCに帰厩している。27日、和田調教師は「日曜日に坂路で56秒ぐらいのところをやっています。本日も坂路にて単走で追い切りました。時計は半マイルから55.6、終いの1ハロンが13.0秒でした。馬なりの調整でしたが、反応や動きはとても良かったと思います。まだ少し重めですが馬体を絞りながら8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整していきます」とのこと。
07/24 助手 美南坂良 1カイ  56.2−40.6−26.0−12.3 馬なり余力
07/27 助手 美南坂稍 1カイ  55.6−40.4−26.2−13.0 馬なり余力
(7月28日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、7月21日に美浦TCに帰厩予定。17日、和田調教師は「順調に調整が進んでいるようですので、21日(木)の検疫で美浦TCに帰厩させたいと思います。順調に調整が進めば、8月14日(日)新潟・麒麟山特別(3歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)が復帰戦になると思います」とのこと。
(7月17日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。7月13日、牧場担当者は「この中間も特に問題はなく、週1回坂路で15−15をコンスタントに消化しており、順調に調整が進んでいます。特に気になるところはありませんし、テンション面も落ち着いていますので、この感じなら帰厩までそれほど時間は掛からないと思います。現在の馬体重は526キロです」とのこと。
(7月13日)


6月27日撮影

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月27日、牧場担当者は「ここまでフラットワーク中心の調整を続けてきましたが、先週の火曜日に坂路で1本目の強目を乗っています。ペースはハロン16秒くらいですが、このままペースを上げていって問題なさそうです。体重は517キロです」とのこと。
(6月27日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月15日、牧場担当者は「先週から乗り出しており、現在はフラットワーク中心の調整です。まだ軽めですが、ハッキングで1800〜2000mぐらいを乗っています。今のところ特に問題はありませんので、様子を見ながら乗り進めていきます。今日の計量で馬体重は515キロでした」とのこと。
(6月15日)


5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に出走し15着。6月1日、和田調教師は「レース後も馬体面に大きな問題はありません。精神面のリフレッシュの為、予定通り本日放牧に出します。放牧先での様子を見て帰厩時期を検討したいと思います」とのことで、6月1日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
6月2日、牧場担当者は「昨日無事に到着しており、本日獣医に診てもらったところ、両背腰に筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行っています。馬の様子を見ながら調整を進めていきたいと思います」とのこと。
(6月2日)


5月29日撮影

5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に幸騎手で出走。馬体重は前走より増減無しの502キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用しパドックに登場。周回の前半は小うるさい素振りを見せていたが、周回を重ねていくと徐々に落ち着いてくる。適度に気合も入っており、メリハリのある馬体で状態は良さそう。止まれの合図の後は2人曳きになり、ジョッキーは跨らずに馬場へ。ダートコースに入る前に勢い余って芝コースに入ってしまい、ここで他馬がダートコースに入るのを宥めながら待機。全ての馬がダートコースに入った後、宥めながらダートコースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつきハナへ。単騎先頭で道中は進むが、3コーナー過ぎから手が動く厳しい展開に。4コーナーの手前で外から交わされてしまい、2〜4番手で最後の直線に入るが、余力が残っておらず徐々に後退してしまい15着。レース後、幸騎手は「今日は跨ってからのテンションがおかしく、ずっとテンションが高いままでした。馬場入場時もそうですが、待機所やゲート裏でもテンションが高いままでした。小倉や新潟で乗せてもらった時はそうでもなかったのですが、今日のテンションで力を発揮するのは難しいかもしれません。レースでは出脚良く前に行けましたが、終始外から被される展開で引くに引けず、ペースを落として息を入れさせることが出来ませんでした。敗因はハッキリしていますし、今日の結果がこの馬の実力ではありません」とのコメント。また、和田調教師は「パドックではいつも通りでしたが、ジョッキーを乗せてからはテンションが急におかしくなってしまいました。何が原因でスイッチが入ってしまったのは分かりませんが、スタート前までずっとテンションが高く、この状態では力を発揮することは出来ません。レースでも外から来た馬に突っつかれる展開になってしまい、道中のペースが速くなってしまいました。京都の馬場は差しも決まることが多いので、こういう展開になってしまうのも覚悟はしていたのですが…。今日は全てにおいて悪い方に出てしまって結果を出すことが出来ませんでしたが、しっかりと立て直して巻き返したいと思います。今後のことについては、今日は変なテンションで競馬をする形になってしまいましたので、1度放牧に出して気分転換をさせたいと思います」とのことだった。
(5月30日)


5月25日撮影

5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に幸騎手で出走予定。25日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.4秒、終い12.2秒の時計でした。強目に追いましたが、引き続き良い状態をキープ出来ています。この中間も特に精神面でイライラするところがありませんし、順調に調整が進んでいますので、今週のレースが楽しみです」とのこと。
◆出走予定:5月29日(日)京都12R・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)幸英明騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全28頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め5頭〔未定1頭〕)*自身、前走3着以内
05/22 助手 美南坂良 1カイ  57.8−42.2−27.4−13.4 馬なり余力
サウンドジャンゴ(古500万)馬なりを0.4秒追走同入
05/25 助手 美南坂良 1カイ  53.4−38.5−24.8−12.2 強目に追う
(5月26日)


5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整中。18日、和田調教師は「この中間も変わりはなく順調に調整が進んでいます。週末と来週の追い切りで予定しているレースに向かいたいと思います」とのこと。
美プール 05月 10日
(5月19日)


5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に出走し2着。11日、和田調教師は「レース後も特に問題はありません。同馬はクラス再編成で降級はありませんが、今はクラス編成前でそれほど強い馬はいないと思いますので、このあとも特に問題がないようなら、5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)への出走を検討したいと思います」とのこと。
(5月11日)


5月8日撮影

5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に幸騎手で出走。馬体重は2キロ増の502キロ。ごく薄めのブリンカーを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。馬体の張り毛艶も良く、状態は引き続き良さそう。周回を重ねていくと少しずつ気合いが乗り、うるさいところを見せ始める。他の馬たちに騎手が跨がるとさらにテンションが上がった様子で馬場へ向かった。うるさいところを見せながら勢い良くダートコースへ入ると、直ぐに返し馬へ入った。レースでは、揃ったスタートから先手を主張し、先頭で1コーナーへ。先頭のまま2コーナーを周り2番手の馬を2馬身以上離して向こう正面へ。徐々に後続の馬が差を詰めてきて、1馬身程度のリードで3コーナーへ入り、先頭を譲らず4コーナーを周り直線へ入ると、3頭の競り合いになりそのまま押し切れそうに見えたが、ゴール寸前で交わされてしまい2着。レース後、幸騎手は「良い感じで行けたのですが、3コーナーから立ち代わりプレッシャーをかけられる厳しい展開でした。そんな中よく凌いでくれていましたが、最後は一気に伸びてきた馬に交わされてしまいました。前走に比べても具合は良かったと思いますし、このクラスでも十分やれますね」とのコメント。また和田調教師は「次から次へと来られて厳しい展開の中、よく頑張ってくれたと思います。このクラスで通用するのも分かりましたし、レース後の状態を見て、次走を考えたいと思います」とのこと。
(5月9日)


5月4日撮影

5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に幸騎手で出走予定。4日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.2秒、終い13.7秒の時計でした。古馬1000万条件との併せ馬で、最後は3馬身ぐらい先着しています。途中のラップで12秒台を挟んでいるため、終いは少し掛かりましたが、今日の重い馬場の中では優秀な全体時計だったと思います。力を出せる状態に仕上がりましたし、昇級戦になりますがこのクラスで3着になったこともありますので、どういうレースをしてくれるか楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:5月8日(日)新潟12R・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)幸英明騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全19頭、本馬より優先順位の高い馬4頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から10週
05/01 助手 美南坂良 1カイ  59.0−42.9−28.0−13.6 馬なり余力
05/04 助手 美南坂重 1カイ  53.2−38.9−26.2−13.7 一杯に追う
オリジナルスマイル(古1000万)一杯を0.2秒先行1.0秒先着
(5月5日)


4月27日撮影

5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整中。4月27日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.4秒、終い14.2秒の時計でした。この中間も変わりなくきており、来週のレースに向けて順調です」とのこと。
04/24 助手 美南坂不 1カイ  62.8−43.1−27.9−13.8 馬なり余力
04/27 助手 美南坂稍 1カイ  57.4−41.2−27.2−14.2 一杯に追う
(4月28日)


5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整中。20日、調教助手は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.8秒、終い13.4秒の時計でした。帰厩後も変わりはなく順調に調整が進んでおり、馬自身元気一杯です」とのこと。
04/17 助手 美南坂良 1カイ  64.4−45.6−27.7−13.4 馬なり余力
04/20 助手 美南坂稍 1カイ  57.8−42.3−27.3−13.4 末強目追う
(4月21日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、4月16日に美浦TCに帰厩予定。13日、和田調教師は「16日(土)に美浦TCに帰厩させ、5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整を進めていきたいと思います」とのこと。
(4月13日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩する予定。4月6日、和田調教師は「5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)への出走を目標に、遅くとも来週末までには美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。また、牧場担当者は「先週から坂路で16−15を開始しており、昨日も坂路で16−15を行っています。動きは良かったですし、馬体にも特に痛いところもなく、順調に調整が進んでいると思います。本日の計量で馬体重は523キロでした」とのこと。
(4月6日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月30日、調教助手は「5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に出走の予定と聞いていますので、近々帰厩することになると思います」とのこと。
(3月30日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月23日、牧場担当者は「特に馬体面に問題はありませんが、月曜日にオゾン筋注を予防のため行っています。現在は1日おきに周回コースでキャンター2000mか、坂路を1本20−20のメニューを交互で行っています。様子を見て問題がなさそうなら、来週か再来週から強目を開始したいと思います。今日の計量で馬体重は512キロで、今の感じなら予定のレースに向けて良い状態で送り出せそうです」とのこと。
(3月23日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。3月16日、和田調教師は「この中間も特に問題はなく、現在は周回コースでダク800m、ハッキング1600mの調整です。月曜日に獣医に診てもらっていますが、特に問題はありませんでしたので、ここから徐々にペースを上げていきたいと思います。本日の計量で馬体重は508キロでした」とのこと。
(3月16日)


2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に出走し1着。3月2日、調教助手は「本日小倉競馬場から美浦TCに戻ってきていますが、特に馬体面に問題はなさそうです。今後のことについては、もう少し様子を見てから判断することになると思いますが、次走は恐らく福島開催での出走になると思います」とのこと。
3月3日、和田調教師は「小倉に遠征した疲れもあるようですし、しっかりと勝ち上がってくれましたので、ここで1度放牧に出して休ませてあげたいと思います。福島開催での出走を考えていましたが、このレースを目標となると休ませる時間が少し足りないので、次走は5月8日(日)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)への出走を考えています」とのことで、3月3日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
(3月3日)


2月27日撮影

2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に幸騎手で出走。馬体重は前走より6キロ減の500キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用し、2人曳きでパドックに登場。時折小脚を使っているが特に入れ込んでいる様子はなく、気合いの乗った様子でパドックを周回。仕上がり状態も良好で、この馬の力は出せそう。パドックでジョッキーは跨らずに馬場へ。ダートコースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、好スタートから行き脚もつきハナへ。半馬身程度のリードを保ちながら道中は進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。追い出されると後続をスッと突き放し、そのまま危なげなく押し切って快勝。レース後、幸騎手は「前走の内容から、力がある馬だと思っていましたので、結果を出せて良かったです。スタートを出ると隣の枠から馬が来ましたが、こちらの方が出脚が速かったので、上手く1コーナーに入れました。道中は結構ガチガチやり合っていましたので、普通なら直線で止まってしまってもおかしくはないのですが、最後まで脚が衰えることはありませんでした。今日は力が違っていたと思います」とのコメント。また、調教助手は「惜しい競馬が続いていましたが、ようやく結果を出すことが出来て良かったです」とのことだった。
(2月27日)


2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に幸騎手で出走予定。24日、和田調教師は「小倉へ移動後も問題ありません。本日、小倉競馬場のダートコースで時計を出しており、5ハロン71.4秒、終い11.9秒の時計でした。終い強めの調整でしたが、引続き具合は良さそうです。あとはレースの展開だけだと思いますので、そろそろ決めて欲しいところです」とのこと。
◆出走予定:2月27日(土)小倉9R・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)幸英明騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全23頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め7頭)*自身、前走5着以内
02/24 助手 小倉ダ良   71.4−55.3−40.0−11.9 強目に追う
(2月25日)


2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を目標に調整中。17日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54.1秒、終い13.7秒の時計でした。週末に小倉競馬場に輸送し、来週の小倉・ダ1700m戦に向かう予定です」とのこと。
02/14 助手 美南坂重 1カイ  56.6−41.4−27.2−13.3 馬なり余力
02/17 助手 美南坂稍 1カイ  54.1−39.7−26.7−13.7 強目に追う
(2月18日)


次走は2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を本戦に、出走する頭数次第では他場に向かう可能性もある。10日、和田調教師は「基本的には小倉での出走を考えていますが、他場で出走することになってもしっかりと対応出来るよう調整していきたいと思います」とのこと。
美プール 02月 02日 03日
(2月11日)


1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に出走し2着。2月3日、和田調教師は「レース後も大きな問題はありません。このまま在厩のまま調整を進め、次走については2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を1つの目標にと考えていますが、出走する頭数次第では他場での出走も検討します」とのこと。
(2月3日)


1月30日撮影

1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走。馬体重は4キロ増の506キロ。二人曳きで薄めのブリンカーを着用して、気合いを面に出しながらパドックに登場。気合い乗りも早く、馬体をフックラと見せ、体に張りもあり状態は良さそう。他の馬たちに騎手が跨がると、さらに気合いが乗り馬場へ向かった。うるさいところを見せながらダートコースへ入ると、しばらく立ち止まった後、スムーズに返し馬に入る。レースでは揃ったスタートから気合いを付けてハナへ。終始逃げる展開に持ち込み1〜2コーナーを周り向こう正面から3コーナーへ。徐々に後続が差を詰めてくるが先頭で直線へ。いったんは後続を引き離しにかかるが、ジワジワと差を詰められ、残り1ハロンで並ばれかけるともう一伸びするが、最後は力尽きてクビ差交わされてしまい2着。レース後、中谷騎手は「交わされてしまいましたが、今日のようにスピードを生かす競馬がこの馬にはあっていそうです。逃げるとマークされてしまう分、展開的には厳しくなるかもしれませんが、こういう競馬を続けていけば相手関係ひとつでチャンスもくると思います」とのコメント。また、和田調教師は「もう少し楽にハナに立てれば良かったのですが、先頭に立つまでに少し脚を使ったようです。その分もあるかもしれませんが、マークされた分最後は交わされてしまいました。権利は取れましたので、レース後の具合をみて次走を検討したいと思います」とのことだった。
(1月30日)


1月27日撮影

1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走予定。27日、和田調教師は「本日坂路で追い切りを行っており、4ハロン55.3秒、終い12.4秒でした。終い強めの調整でしたが、引き続き状態は良さそうです。流れに乗れれば十分勝ち負け出来る力を持っているだけに何とかしたいですね」とのこと。
◆出走予定:1月30日(土)中京8R・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)中谷雄太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全19頭、本馬より優先順位の高い馬8頭〔未定3頭〕、同条件の馬・本馬を含め2頭)*自身、前走から7週
01/24 助手 美南坂稍 1カイ  58.6−42.1−27.1−12.8 馬なり余力
01/27 助手 美南坂良 1カイ  55.3−39.8−25.2−12.4 馬なり余力
(1月28日)


1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に調整中。20日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン58.3秒、終い13.3秒の時計でした。動きの感じは悪くなく、息遣いも問題はありません。来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
01/20 助手 美南坂良 1カイ  58.3−42.3−27.1−13.3 馬なり余力
マイネルアウトラン(三未勝)馬なりを0.7秒追走同入
(1月21日)


1月13日撮影

1月10日に美浦TCに帰厩し、1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に調整中。13日、調教助手は「11日に坂路で4ハロン70.2秒、終い12.1秒の時計を出しています。帰厩後も順調に調整が進んでおり、明日追い切りを行う予定です」とのこと。
1月14日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54.4秒、終い12.4秒の時計でした。単走で追い切りましたが、感じは悪くありませんでした。目標のレースに向けて順調です」とのこと。
01/11 助手 美南坂良 1カイ  70.2−50.1−30.0−12.1 馬なり余力
01/14    美南坂良 1カイ  54.4−40.1−25.8−12.4 脚色分からず
(1月14日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、1月10日に美浦TCに帰厩予定。1月3日、和田調教師は「1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に、3日間開催明けの検疫で帰厩させたいと考えています」とのこと。
1月6日、牧場担当者は「この中間も順調に調整が進んでいます。先週から坂路で16−15を開始し、昨日も坂路で16−15の調教を行っています。先日獣医に馬体をチェックしてもらいましたが特に痛いところはありませんでしたし、いつも通りのコネクターの雰囲気で調整が進んでいます。今日の計測で馬体重は532キロでした」とのこと。
1月9日、和田調教師は「予定している中京のレースに向け、明日の検疫で美浦TCに帰厩させます」とのこと。
(1月9日)

ページ上部へ

2015年

セグチレーシングS(チバ)で調整中。12月28日、牧場担当者は「まだ周回コースでダク800m、キャンター2000mの調整ですが、年末に坂路で17−16のところをやる予定です。いつもだとどこかしら痛いところがある同馬でしたが、今回の放牧では特に不安なところはありません。このまま様子を見ながら調整を進めていきます。現在の馬体重は518キロです」とのこと。
(12月28日)


12月15日からセグチレーシングS(チバ)で調整中。23日、和田調教師は「年明けの中京で出走させたいと考えています。使い詰めできていましたので、少し間隔を取り、中京3週目のダート1800m戦を目標に考えています」とのことで、1月30日(土)中京・4歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に向けて、年が明けてから帰厩する予定。
(12月23日)


12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に出走し2着。15日、和田調教師は「使ったなりの疲れがある程度で、レース後も大きな問題はありません。予定通りここで一息入れ、年明けの中京開催を目標にしたいと思います」とのことで、12月15日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
12月16日、牧場担当者は「昨日こちらに無事到着しています。こちらでも獣医に診てもらい、治療の必要があれば治療してもらいます。到着時の馬体重は510キロでした」とのこと。
(12月16日)


12月12日撮影

12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の502キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用し2人曳きでパドックを周回。いつもと同様少しチャカついてはいるが、馬体の張りも良く、この馬の力は出せそう。パドックでジョッキーが跨ると、気合も乗って馬場へ向かった。ダートコースに入ると、スムーズな返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り、他の馬の出方を見つつ3番手の位置。1〜2コーナー中間で行きたがって口を割り、落ち着かせて向正面は4番手を進む。前との差を詰めつつ3〜4コーナーを回り、直線半ばでいったん先頭に立ち、そのまま押し切れるかに見えたが、ゴール目前で後方から伸びた馬に差され2着。レース後、中谷騎手は「これまで何回か乗せてもらい、その内容から積極的な競馬をした方が良いと思っていました。思っていた通りの競馬は出来たのですが、今回は直後を走っていた馬にゴール前で交わされてしまいました。前を競り落としたところで勝ったと思ったのですが…。1〜2コーナーで引っ掛かってしまい、前回出していきましたのである程度は行きたがると思っていましたが、前に行った2頭がペースを落としたところで余計行きたがってしまいました。向こう正面では落ち着いてくれましたが、あれがなければ結果は違ったかもしれません。何とか結果を出したかったのですが、すみませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「今日は勝ったと思ったのですが、ゴール前で交わされてしまいました。1〜2コーナーで引っ掛かってしまったということも影響してしまったかもしれません。この後のことについては、厩舎に戻って来てからの状態を確認してからにはなりますが、今のところはここで一息入れる予定です。権利は取れていますが、適当な番組がありませんし、夏に復帰してからコンスタントに競馬を使いましたので。復帰は年明けの中京のレースを考えています」とのことだった。
(12月12日)


12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走予定。9日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.2秒、終い13.8秒の時計でした。終い重点の内容でしたが、反応は良かったですし、手応えに余裕がありました。引き続き良い状態でレースに向かえそうです。夏に復帰してから惜しい競馬が続いていますが、このクラスでは力は上位だと思いますので、そろそろ何とかしたいところです」とのこと。
◆出走予定:12月12日(土)中京9R・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)中谷雄太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全18頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬3頭)*自身、前走5着以内
12/06 助手 美南坂良 1カイ  61.8−44.5−28.7−13.9 馬なり余力
12/09 助手 美南坂良 1カイ  57.2−41.8−27.7−13.8 馬なり余力
(12月10日)


12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に向けて調整中。2日、和田調教師は「今日は坂路で15−15程度のところを乗っており、4ハロン60.2秒、終い14.0秒の時計でした。順調に調整が進んでおり、今後は週末と来週時計を出して予定のレースに向かいたいと考えています。これまでのレース振りからもこのクラスでは力が上位だと思いますので、今回こそは何とかしたいですね」とのこと。
11/27 助手 美南坂重 1カイ  69.3−48.9−30.9−14.8 馬なり余力
11/29 助手 美南坂良 1カイ  68.1−48.9−30.3−13.6 馬なり余力
12/02 助手 美南坂良 1カイ  60.2−42.9−27.9−14.0 末強目追う
(12月3日)


11月25日撮影

12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に向けて調整中。11月25日、和田調教師は「今週は時計になるところは乗らずに、来週から時計を出し始める予定です。次こそ得意の左回りで何とかしたいですね」とのこと。
美プール 11月 18日 19日
(11月26日)


11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に出走し3着。18日、和田調教師は「まだ乗り出していませんが、脚元には問題はなさそうなので、このあとも特に問題がなければ引き続き使っていけそうです。次走は12月12日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に向かいたいと考えています」とのこと。
(11月18日)


11月15日撮影

11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に中谷騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の500キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用しパドックに登場。気合い乗りも良く、元気にパドックを周回。気合い乗りが良すぎて小うるさいところ見せ始めたため、周回の途中から2人曳きに。仕上がり状態も良好で、この馬の力は出せそう。パドックでは騎手は跨らずに馬場へ向かった。ダートコースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートを切り、行き脚もスムーズで先団へ。2番手で1〜2コーナーを通過して向こう正面に入り、道中は2番手のまま前を追走。3コーナー辺りから前に並び掛けていき、先頭で4コーナーを回って粘り込みを図るが、ゴール前で脚が止まってしまい3着。レース後、中谷騎手は「今日はゲートも出てくれましたし、思い描いていたレースは出来たと思います。1コーナーで接触がありましたが、ポジションを取るために主張したもので特に影響はありませんでした。道中はスムーズでしたし、力のある馬なので押し切ってくれると思いましたが、最後は少し脚が上がってしまいました。もう少し仕掛けを遅らせたかったのですが、早目に外からきていましたので、こちらもあそこで動かざるをえませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「具合が良かったので何とか結果を出したかったのですが…。出来ればもう少し仕掛けを遅らせたかったのですが、早目に外からこられてしまいましたので、仕方がありません。レース後の具合を見て今後のことを決めたいと思います」とのことだった。
(11月16日)


11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に中谷騎手で出走予定。11日、和田調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しています。単走で行い、4ハロン53.1秒、終い12.9秒の時計でした。時計、動きともにマズマズでしたし、力は出せる状態に仕上がっていると思います。このクラスでは力は上位だと思いますので、今回こそは結果を出したいところです」とのこと。
◆出走予定:11月15日(日)福島6R・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)中谷雄太騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全31頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬8頭[未定1頭])*自身、前走5着以内
11/08 助手 美南W良        59.1−42.4−13.1 G前仕掛け
11/11 助手 美南W重        53.1−38.5−12.9 馬なり余力
(11月11日)


11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を目標に調整中。4日、調教助手は「本日ウッドチップコースで時計を出しています。単走で行い、4ハロン56.8秒、終い12.9秒の時計でした。馬なりでしたが特に問題はなく、股関節の方も問題はなさそうです。体調も良さそうですし、このまま順調に調整が進めば、予定通り来週のレースに向かえると思います」とのこと。
11/01 助手 美南坂良 1カイ  73.3−51.8−30.9−12.4 馬なり余力
11/04 助手 美南W稍        56.8−41.1−12.9 強目に追う
(11月5日)


10月28日撮影

11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を目標に調整中。10月28日、和田調教師は「前走はスタートでトモを落としてしまいました。股関節を触ると少し嫌がりますので、もしかしたらそのあたりも影響したのかもしれません。治療を続けていますが、レースに使っていく分には問題なさそうです。今週は時計になるところは乗らない予定ですが、目標の福島3週目に向けて調整していきます」とのこと。
美プール 10月 20日 21日 22日
(10月29日)


10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に出走し3着。21日、和田調教師は「レース後も特に問題はありません。次走については、中1週での出走になってしまう福島1週目は避け、福島3週目の11月15日(日)福島・3歳以上500万円以下(混・ダ1700m)を目標にしたいと考えています」とのこと。
(10月21日)


10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走。馬体重は前走より増減なしの502キロ。メンコ(レースでは外す)、浅いブリンカーを着用し、2人曳きでパドックを周回。少しチャカついてはいるが、馬体の張りは良好。レースでは、スタートでトモを落としてしまい、後方からの競馬。徐々に押し上げ、外目7〜8番手で1〜2コーナーを通過し向こう正面へ。スムーズに外目を追走し、5〜7番手で3コーナーを通過すると、徐々に外目を上がっていき、先行馬に並び掛けるような形で4コーナーを回り最後の直線へ。その勢いのまま直線に入っても脚を伸ばすが、直線の半ばで外から脚を伸ばしてきた馬に交わされてしまい、逃げていた馬も捕まえきれず3着。レース後、和田調教師は「スタートでトモを落としてしまいましたね。前回は躓いてしまいましたし、ゲート内でうるさいわけではなくてタイミングの問題なので仕方が無い部分ではありますが、運がなかったですね。道中はスムーズに走れていましたが、結果的には少し仕掛けが早かったかもしれません。レース後の具合を見てからになりますが、次走は福島開催での出走を予定しています」とのことだった。
(10月17日)


10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に中谷騎手で出走予定。14日、和田調教師は「競馬は土曜日ですが、今日は全休日明けになりますので、追い切りは明日行う予定です。追い切ってから中1日での出走になりますので、軽くサッとやる予定です」とのこと。
10月15日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.4秒、終い13.3秒の時計で、良い動きだったと思います。この馬の能力からも、このクラスでモタモタしている馬ではありませんし、今週の競馬では良い結果を期待しています」とのこと。
◆出走予定:10月17日(土)新潟9R・3歳以上500万円以下(混・ダ18000m)中谷雄太騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全16頭、本馬より優先順位の高い馬6頭(うち未定馬2頭)、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から6週
10/12 助手 美南坂稍 1カイ  58.9−43.3−28.6−14.4 馬なり余力
10/15    美南坂良 1カイ  55.4−40.6−26.9−13.3 脚色分からず
(10月15日)


10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に調整中。7日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.5秒、終い13.0秒の時計でした。マズマズ動けていましたし、来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます。週末と来週の追い切りでレースに臨みたいと思います。これまでの実績からも500万条件なら能力は上だと思いますので、何とか結果を出したいところです」とのこと。
10/04 助手 美南坂良 1カイ  62.3−44.7−28.0−13.3 馬なり余力
10/07 助手 美南坂良 1カイ  57.5−42.6−27.6−13.0 末強目追う
(10月8日)


9月30日撮影

10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)への出走に向け、9月26日に美浦TCへ帰厩している。30日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン57.3秒、終い14.3秒の時計でした。まだ幾分重め残りですが、週末にも少し乗り、来週と再来週の追い切りで良い状態にもっていければと思います。500万条件では能力は上位だと思いますので、次こそはと思います」とのこと。
09/30 助手 美南坂良 1カイ  57.3−42.3−27.8−14.3 馬なり余力
(10月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。9月23日、牧場担当者は「こちらに来てからも特に緩めることもなく乗り込んでおり、昨日坂路で16−15のところを乗っています。動きの面については前回ここで調整してきた状態と変わりはありませんし、体調面も特に問題はありません。このまま帰厩に向けて調整を進めていきたいと思います」とのこと。
9月24日、和田調教師は「まだ検疫が確保出来ていないのですが、検疫が取れ次第美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
9月25日、和田調教師より「明日(26日)の検疫が取れましたので、明日美浦TCに帰厩させたいと思います」との連絡が入った。
(9月25日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。9月16日、和田調教師は「10月17日(土)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)への出走を目標に、来週末か再来週に美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
(9月16日)


9月6日(日)新潟・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)に出走し5着。8日、和田調教師は「レース後も脚元に問題はありませんが、今回は中1週で競馬を使いましたので、この後は少し間隔を開けたいと思います。明日放牧に出し、次走は秋の新潟に向かいたいと考えています」とのことで、9月9日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
9月10日、牧場担当者は「昨日無事に到着しており、到着時の馬体重は528キロでした。見た感じでは馬体面に特に問題はなさそうですが、週末に獣医に診てもらい、痛いところがあれば治療してもらいます。今週は楽をさせて来週から乗り出していく予定です」とのこと。
(9月10日)


9月6日撮影

9月6日(日)新潟・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)に戸崎騎手で出走。馬体重は2キロ増の502キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場も、周回を重ねていくにつれ気合いが乗ってうるさい面を見せ始める。馬体の張りも良く引き続き状態は良さそう。止まれの合図の後、隊列のいちばん後ろへまわり馬場へ向かった。いちばん最後に馬場へ姿を見せたが、少し馬場入りを嫌がる仕草を見せたがダートコースへ入ると同時に勢い良く駆け出していった。レースでは、大きく躓くスタートとなるが、行き脚が付くと掛かり気味に上がって行き中団外目で1〜2コーナーへ。かなり外を周り5〜6番手で向こう正面へ入り5番手で3コーナーへ。徐々に上がって行き先頭に並ぶような形で4コーナーを周り直線へ向かうが、直線中程で手応えが怪しくなってしまい5着。レース後、戸崎騎手は「今日はスタートがすべてでした。大きく躓いた後にペースが遅くなってしまい、掛かったまま大きく外を回る形になってしまいました。力は上だと思うので、スムーズな競馬ができず残念です」とのコメント。また和田調教師は「肘が着きそうなスタートとなり落馬寸前でしたが、よくもちこたえてくれました。今日はスタートがすべてだと思いますが、掛かって大外を大きくまわったのに掲示板に載れたのはこの馬の能力の高さだと思います。放牧を挟むかもしれませんが、レース後の具合を見て判断したいと思います」とのこと。
(9月7日)


9月2日撮影

9月6日(日)新潟・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)に戸崎騎手で出走予定。2日、和田調教師は「本日坂路で追い切りました。時計は4ハロン57.5秒、終い13.6秒でした。中1週になりますので、馬なりで終いに気合いを付ける程度でした。休み明けを一度使われて具合は良さそうです」とのこと。
◆出走予定:9月6日(日)新潟9R・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)戸崎圭太騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全10頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走5着以内
美プール 08月 26日 27日
09/02 助手 美南坂重 1カイ  57.5−42.2−27.3−13.6 末強目追う
(9月3日)


8月23日撮影

8月23日(日)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に内田騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の502キロ。メンコ(レース前に外す)、ブリンカーを着用し、2人曳きでパドックに登場。終始小脚を使いながらの周回で、やや入れ込み気味。休み明けにはなるが、馬体の張り、ツヤは良好で、仕上がり状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。ダートコースに入ると、すぐに駆け出していった。レースではマズマズのスタートを切り、徐々に前へ。外目7番手で1コーナーを通過し、やや掛かり気味に上がっていき、5〜6番手で2コーナーを通過して向こう正面へ。行きたがる馬を抑えながら向こう正面を進み、5〜6番手で3コーナーを通過。徐々に前との差を詰めつつ、外目5〜6番手で最後の直線に入ると、大外からジワジワと脚を伸ばして5着。レース後、内田騎手は「返し馬もそうでしたが、とにかく元気が良かったです。途中で手綱が滑ってしまい、1〜2コーナーで抑えが効かなくなってしまいました。あれがなければもっと上手く抑えられたと思うのですが…。控えての競馬でマズマスの走りをしてくれましたし、収穫のあるレースだったと思います。久々を使って上手くガスが抜けてくれればと思います」とのコメント。
8月24日、和田調教師は「今のところ、レース後も特に問題はないようです。この後も特に問題がないようなら、中1週での競馬にはなりますが、9月6日(日)新潟・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)への出走を考えたいと思います」とのこと。
(8月24日)


8月23日(日)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に内田騎手で出走予定。19日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン55.6秒、終い13.4秒の時計でした。先週しっかりやっていますので、今日は馬なりでの調教です。休養明けにはなりますが、具合は良いと思いますので、初戦から良い結果が期待出来そうです。降級馬ですし、重賞で2着の実績からも、今週のレースでは頑張って欲しいですね」とのこと。
◆出走予定:8月23日(日)新潟7R・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)内田博幸騎手(57キロ)
フルゲート15頭(出走予定全13頭、本馬より優先順位の高い馬3頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から22週
08/16 助手 美南坂良 1カイ  65.6−47.3−29.7−13.8 馬なり余力
08/19 助手 美南坂稍 1カイ  55.6−40.5−26.8−13.4 強目に追う
(8月20日)


8月23日(日)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に調整中。12日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン53.0秒、終い14.0秒の時計でした。ここ最近の坂路は馬場が少し軽い状態で時計は出やすくなっており、その分いつもより速い時計が出ています。動き的にも特に問題はありませんし、息遣いも悪くありません。来週のレースに向けて順調に調整が進んでおり、あと1週間で良い状態に仕上がりそうです」とのこと。
08/09 助手 美南坂良 1カイ  59.4−42.1−27.1−12.8 馬なり余力
08/12 助手 美南坂良 1カイ  53.0−39.6−26.8−14.0 一杯に追う
シンクヴェトリル(古1000万)一杯を0.1秒追走0.2秒遅れ
(8月13日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、7月30日に美浦TCに帰厩。8月5日、和田調教師は「帰厩後も特に問題は無く調整は進んでおり、本日坂路で時計を出しています。4ハロン57.9秒、終い14.0秒の時計で、マズマズの動きだったと思います。このまま順調に調整が進めば、8月23日(日)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)に向かう予定です」とのこと。
08/02 助手 美南坂良 1カイ  63.9−46.0−30.3−14.7 馬なり余力
08/05 助手 美南坂良 1カイ  57.9−42.2−27.6−14.0 馬なり余力
(8月6日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、7月30日に美浦TCに帰厩予定。7月27日、和田調教師は「8月1日(土)の検疫で美浦TCに帰厩させる予定です」とのこと。
7月28日、和田調教師は「土曜日の検疫で美浦TCに帰厩する予定でしたが、木曜日の検疫が取れましたので、30日(木)に帰厩させたいと思います。帰厩後は、8月23日(日)新潟・3歳以上500万円以下(混・ダ1800m)を目標に調整を進めていきたいと思います」とのこと。
7月29日、牧場担当者は「昨日も坂路で15−15を行っており、この中間も順調に調整が進んでいます。暑くなっても特に体調に変化はありません。明日美浦TCに帰厩する予定ですが、厩舎でも順調に調整が進んでくれればと思います。本日の計量で馬体重は534キロでした」とのこと。
(7月29日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。7月15日、牧場担当者は「コンスタントに坂路で15−15を消化しており、順調に調整が進んでいます。動きの面や馬体面でも特に問題はなく、帰厩の声が掛かるまでは今のメニューを継続していきたいと思います。馬体重は本日の計量で530キロでした」とのこと。
(7月15日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。7月7日、和田調教師は「順調に調整が進んでいるようですので、早ければ来週中の検疫で美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
(7月7日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。7月1日、牧場担当者は「この中間も順調に調整が進んでおり、コンスタントに坂路で15−15を消化しています。体にボリュームが出てきましたし、大分態勢は整ってきたと思います。本日の計量で馬体重は527キロでした」とのこと。
(7月1日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月17日、牧場担当者は「この中間も順調に調整が進んでおり、今週から坂路で15−15を開始しました。動きの面や脚元に問題はありませんし、このまま順調に調整が進めば、そう遠くないうちに態勢が整ってきそうです。本日の計量で馬体重は526キロでした」とのこと。また、和田調教師は「目標は定めずに、牧場での調整ペースが上がった段階で、具体的な帰厩時期と出走予定を決めたいと思います」とのこと。
(6月17日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。6月3日、牧場担当者は「順調にペースアップしており、今週から坂路入りを開始しています。まだ17−16程度のペースですが、様子を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います。特に痛いところもなく、歩様にも問題はありません。現在の馬体重は521キロです」とのこと。
(6月3日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。5月20日、牧場担当者は「前回の治療で痛いところは無くなり、軽いところを乗り出しています。現在はダクと、ハッキングで1800〜2000mの調整を行っており、このまま問題がなければ来週からキャンター調整を開始したいと思います。毛ヅヤも悪くありませんし、体調は良さそうです。馬体重は本日の計量で509キロでした」とのこと。
(5月20日)


5月1日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。6日、牧場担当者は「こちらに来て獣医に診てもらったっところ、左の背腰と臀部に筋肉痛がありましたので、ショックウェーブ治療を行っています。右前の腫れ自体は特に問題は無く、痛みも無いようですが、念のためオゾン筋注を打っています。現在はウォーキングマシーン調整で様子を見ていますが、今のところ特に問題はありませんので週末から跨がっていく予定です。馬体重は本日の計量で512キロでした」とのこと。
(5月6日)


5月9日(土)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)を目標に調整中。4月29日、和田調教師は「右前にバイ菌が入ってしまい、傷腫れを発症してしまいました。今日は曳き運動のみで、抗生物質を与え、脚元を冷やして患部にレーザー治療を行っています。軽度の症状なので、明日から乗り出せれば週末に少し時計を出す予定です」とのこと。
4月30日、和田調教師は「腫れ自体は引いてくれましたが、獣医師からは『無理をしない方が良い』とのことでした。クラス再編成前に使いたいところではありますが、能力がある馬なので無理はさせたくはありません。1度放牧に出してしっかりと立て直したいと思います」とのことで、5月1日にセグチレーシングS(チバ)に移動予定。
(4月30日)


4月22日撮影

4月25日(土)福島・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)に出走を予定していたが除外に。22日、和田調教師は「除外になる可能性も高そうなので、本日は坂路で終い重点の調教で、4ハロン63.9秒、終い13.3秒の時計でした。このあとの状況を見て、もし出られそうなら、明日少しやるかもしれません。今週出られない場合には、5月9日(土)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)にスライドさせたいと思います」とのこと。
4月23日、和田調教師は「やはり今週の米沢特別は除外になってしまいました。新潟2週目の中ノ岳特別に目標を切り替えて調整を進めていきたいと思います」とのこと。
◆出走予定:4月25日(土)福島12R・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)中谷雄太騎手(54キロ)
フルゲート15頭(出走予定全33頭、本馬より優先順位の高い馬22頭〔未定2頭〕、同条件の馬・本馬を含め3頭〔未定2頭〕)*自身、前走から5週
04/19 助手 美南坂良 1カイ  61.7−45.6−29.6−14.6 馬なり余力
04/22 助手 美南坂稍 1カイ  63.9−46.2−29.1−13.3 馬なり余力
(4月23日)


4月25日(土)福島・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)を目標に調整中。15日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン62.6秒、終い15.9秒の時計でした。昨日の雨で大分時計は掛かっていますが、他の厩舎の時計を見ても60秒を切っている馬が何頭もいませんでしたので、時計自体は気にする必要は無いと思います。この馬自身マズマズの動きでしたし、来週のレースに向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
04/12 助手 美南坂重 1カイ  66.7−48.2−30.3−14.7 馬なり余力
04/15 助手 美南坂不 1カイ  62.6−46.4−30.9−15.9 一杯に追う
(4月16日)


4月25日(土)福島・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)を目標に調整中。8日、和田調教師は「この中間も特に変わりはありません。今週は馬場が悪く、レースまで時間がありますので、週中の追い切りはせずにまた週末から時計を出していきたいと思います。先週時計を出していますので、この調整で特に問題はないと思います」とのこと。
美プール 04月 02日
(4月9日)


4月25日(土)福島・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)を目標に調整中。1日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.0秒、終い13.0秒の時計でした。時計的にもマズマズで、余裕のある動きを見せてくれました。競馬を使ったあとも特に問題は無く、この中間も順調に調整が進んでいます」とのこと。
美プール 03月 25日
04/01 助手 美南坂良 1カイ  56.0−40.7−26.6−13.0 馬なり余力
(4月2日)


3月25日撮影

3月21日(祝・土)中京・伊勢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1900m)に出走し3着。25日、和田調教師は「レース後も使った疲れがある程度で、脚元に問題はありません。次走については、権利を放棄する形になりますが、4月25日(土)福島・米沢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)に向かいたいと思います。もし米沢特別に出られなければ、5月9日(土)新潟・中ノ岳特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)にスライドさせたいと思います。在厩のまま次走に向けて調整を進めていきます」とのこと。
(3月25日)


3月21日撮影

3月21日(祝・土)中京・伊勢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1900m)に中谷騎手で出走。馬体重は前走より14キロ増の502キロ。ブリンカーを着用し、2人曳きでパドックに登場。終始小脚を使いながらの周回で、やや入れ込み気味。馬体重増も太過ぎることはなく、馬体の張り、ツヤは良好で、状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーが跨がると、小うるさい様子のまま馬場へ向かった。ダートコースに入ると、すぐに駆け出していった。レースではマズマズのスタートから内に進路を取りながら先団へ。2番手で1コーナーを過ぎると掛かり気味になるが、向こう正面に入ると落ち着きを取り戻す。そのまま2番手のまま3〜4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ると先頭に立って粘り込みを図るが、最後は後続に捕まってしまい3着。レース後、中谷騎手は「1コーナー過ぎで少し掛かりましたが、向こう正面では落ち着いてくれました。少し先頭に立つのが早いとは思いましたが、あれ以上待ってもと思い、馬のリズムに任せてそのまま行かせました。バタバタになってもおかしくない中、最後まで良く頑張ってくれました」とのコメント。また、和田調教師は「ブリンカー効果もあり、行きっぷりが良かったですね。意識的に体を増やし、パワーアップしてレースに臨みましたが、良く頑張ってくれました。距離はやはりこれぐらいが良さそうですね。レース後の具合を見て、今後のことを考えます」とのコメント。
(3月21日)


3月21日(祝・土)中京・伊勢特別(4歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1900m)を目標に調整中。11日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しています。アースライジングを追いかけていき、4ハロン57.7秒、終い13.8秒の時計でした。時計が掛かる馬場状態なので全体時計は掛かっていますが、動きも良く順調にきていると思います。態勢も整ってきましたので、来週の中京・伊勢特別に向かいたいと思います」とのこと。
03/08 助手 美南坂重 1カイ  56.7−41.2−26.6−13.3 馬なり余力
アースライジング(新馬)馬なりを0.4秒追走同入
03/11 助手 美南坂稍 1カイ  57.7−42.4−27.7−13.8 強目に追う
アースライジング(新馬)馬なりを0.6秒追走同入
(3月12日)


中京開催での出走を目標に調整中。3月4日、調教助手は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン58.7秒、終い13.3秒の時計でした。馬場が重かったので全体時計は掛かっていますが、この馬なりには動けていたと思います。動きの面で特に気になるところもありませんでしたし、出走に向けて順調に調整が進んでいます」とのこと。
03/01 助手 美南坂良 1カイ  59.4−43.2−27.3−13.4 馬なり余力
03/04 助手 美南坂不 1カイ  58.7−41.8−27.0−13.3 馬なり余力
(3月5日)


2月25日撮影

中京開催での出走を目標に調整中。2月25日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、アースライジングと併せました。4ハロン57.8秒、終い13.4秒の時計で先着しています。先週の段階では息遣いが今ひとつでしたが、今日は大分良くなっていました。この感じなら中京開催で出走出来るかもしれません」とのこと。
02/22 助手 美南坂良 1カイ  58.4−43.5−28.3−13.9 馬なり余力
アースライジング(新馬)馬なりを0.2秒追走同入
02/25 助手 美南坂良 1カイ  57.8−41.8−27.1−13.4 馬なり余力
アースライジング(新馬)強目を0.2秒追走同入
(2月26日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、2月17日に美浦TCに帰厩している。18日、和田調教師は「昨日(17日)の検疫で美浦TCに帰厩させました。1ヶ月後ぐらいの出走を目処に調整を進めていきます」とのこと。
02/18 助手 美南坂重 1カイ  60.2−44.5−28.7−13.8 馬なり余力
(2月19日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。2月4日、牧場担当者は「コンスタントに坂路で強目の調教を消化しており、ここまで16−15のところを3本乗っています。強目を開始しても脚元に問題は無く、順調に調整が進んでいます。まだ少しカリカリしているようなところはありますが、許容の範囲内ですので特に気にしなくても良いかなと思います。本日の計量で馬体重は525キロと、強目を消化しながらも増えているのは良い傾向だと思います」とのこと。
(2月4日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月21日、牧場担当者は「今週から坂路で強目の調教を開始しており、昨日16−16のところを1本乗っています。状態的には先週からでも良かったのですが、もう少し体をフックラさせたかったので今週からにしました。いつもに比べて少しカリカリしているようなところはありますが、許容の範囲内です。脚元の方も問題はありませんので、このまま乗り進めていきたいと思います。本日の計量で馬体重は520キロでした」とのこと。
(1月21日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。1月7日、牧場担当者は「順調に調整が進んでおり、現在は周回コースにて2000mぐらいの距離を、20秒〜23秒ペースのキャンターで乗っています。5日に獣医に診てもらいましたが、特に不安なところはありませんでしたので、少しペースを上げていきたいと思います。本日の計量で馬体重は515キロでした」とのこと。
(1月7日)

ページ上部へ

2014年

12月17日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。26日、牧場担当者は「22日にオゾン治療を行っていますが、まだ背腰に疲れがありましたので、本日ショックウェーブ治療を行っています。現在はハッキング程度の軽目の調整で、このまま乗りながら良化を促していきたいと思います。現在の馬体重は506キロです」とのこと。
(12月26日)


12月13日(土)中京・浜松特別(ハンデ・ダ1800m)に出走し12着。16日、和田調教師は「こちらではある程度エサを食べていたのですが、マイナス体重での出走になってしまい、レース後もまた少し体を減らしてしまいました。脚元に問題はありませんが、ここで1度放牧に出して立て直したいと思います」とのことで、17日にセグチレーシングS(チバ)に移動している。
12月17日、牧場担当者は「本日こちらに到着しています。到着時の馬体重は492キロでレース体重よりは増えていますが、体が少し小さく見えます。ただ、それ以外は特に問題はありませんので、体さえ戻れば特に問題はなさそうです。週明けに獣医が来ますので、獣医に診てもらって適切な治療を行い、馬の状態を見て調整メニューを考えたいと思います」とのこと。
(12月17日)


12月13日撮影

12月13日(土)中京・浜松特別(ハンデ・ダ1800m)に松田騎手で出走。馬体重は4キロ減の488キロ。メンコを着用し少し緊張気味にパドックへ登場。スタンド側を通る時は顔を背けるように内側を向きながらの周回。体に張りはあるものの、もう少しフックラしても良い体つき。少しうるさいくらい元気はあり、状態自体は悪くなさそう。騎手が跨ってからも、大きく気配が変わることはなく、少し気合いが乗り馬場へ向かった。小脚を使いながらダートコースへ入ると、直ぐに抑え気味の返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートを切り、外の馬を行かせて3〜4番手で1コーナーへ。道中は3番手で折り合いスムーズに追走も、4コーナーあたりでムチが入り、直線半ばで脚色が一杯となってしまい12着。レース後、松田騎手は「良い感じで行けていたと思いますが、久々のせいか直線で一杯になってしまい伸びられませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「久々の分粘れませんでしたが、ここを使って変わってきてくれると思います。レース後の具合を見て今後の予定を検討したいと思います」とのこと。
(12月13日)


12月13日(土)中京・浜松特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)に松田騎手で出走予定。10日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.6秒、終い13.9秒の時計でした。先々週や先週の馬場状態に比べると大分馬場状態が回復してきており、今日の時計や動きはマズマズだったと思います。状態は悪くないと思いますので、休み明けですが頑張って欲しいですね」とのこと。
◆出走予定:12月13日(土)中京11R・浜松特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)松田大作騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全25頭、本馬より優先順位の高い馬6頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から20週
12/07 助手 美南坂良 1カイ  56.6−42.1−28.5−14.9 馬なり余力
ユキノマルガリータ(古500万)末強目を0.2秒追走0.8秒先着
12/10 助手 美南坂良 1カイ  56.6−41.2−26.8−13.9 馬なり余力
(12月11日)


12月3日撮影

12月13日(土)中京・浜松特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・ダ1800m)を目標に調整中。3日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン61.2秒、終い17.0秒の時計でした。マズマズの動きだったと思いますが、騎乗者の話だと『良い時に比べると、息遣いや動きはまだ本調子では無い』とのことでした。週末と来週の追い切りで何とか態勢を整えられればと思います。来週のレースには松田騎手を予定しています」とのこと。
11/27 助手 美南坂不 1カイ  67.1−51.5−36.3−20.1 一杯に追う
11/30 助手 美南坂重 1カイ  62.5−44.8−29.7−15.5 馬なり余力
キョウワメロディー(古500万)馬なりに0.8秒先行同入
12/03 助手 美南坂良 1カイ  61.2−45.4−31.3−17.0 馬なり余力
(12月4日)


11月22日に美浦TCに帰厩。27日、和田調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロンで67秒ぐらいの時計でした。時計は大分掛かっていますが、美浦に坂路が出来てから1番悪い馬場状態で、1番時計でも61〜2秒ぐらい掛かる馬場状態でした。動き自体はマズマズでしたし、体調面も特に問題はありません。このまま順調に調整が進めば、12月13日(土)中京・浜松特別(ハンデ・ダ1800m)への出走を考えています」とのこと。
11/24 助手 美南坂良 1カイ  59.5−43.3−27.8−13.7 馬なり余力
(11月27日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、11月22日に美浦TCに帰厩。19日、和田調教師は「23日に帰厩を予定していましたが、22日に変更になりました」とのこと。また、牧場担当者は「コンスタントに坂路で15−15の調整を行っており、ここまで順調に調整が進めることが出来ました。22日に美浦TCに帰厩を予定していますが、脚元に問題は無く、良い状態で送り出せそうです。本日の計量で馬体重は516キロでした」とのこと。
11月22日、担当者は「予定通り本日美浦TCに帰厩しました」とのこと。
(11月22日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整を進め、近々美浦TCに帰厩予定。11月12日、和田調教師は「順調に調整が進んでいる様子ですので、来週の検疫で美浦TCに帰厩させたいと思います」とのこと。
11月13日、和田調教師は「現時点では、11月23日(日)の検疫で美浦TCに帰厩させる予定です」とのこと。
(11月13日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。11月5日、担当者は「先週から坂路で15−15の調整を開始しましたが、ここまで特に問題はなく順調に調整が進んでいます。このまま順調に調整が進めば、あと2〜3週間ぐらいで態勢が整いそうです。馬体も良い感じで引き締まってきており、本日の計量で馬体重は515キロでした」とのこと。
(11月5日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。10月22日、担当者は「引き続き坂路で週1回17−16の調整を行っていますが、ここまで特に痛みは出ていません。このまま順調に調整が進めば、年内には美浦に帰厩出来そうです。様子を見てそろそろ15−15までペースを上げる予定です。本日の計量で馬体重は520キロでした」とのこと。
10月23日、和田調教師は「本日状態を確認してきましたが、順調に調整が進んでいるようです。もう1ヶ月ぐらい乗り込んでもらい、その状態を見て帰厩時期を検討したいと思います」とのこと。
(10月23日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。10月10日、担当者は「坂路での調整を開始してからも順調に調整が進んでおり、今週で17−16は3本目になりますが、特に問題はありません。獣医に診てもらっても痛みはないとのことでしたので、このまま進めていきたいと思います。8日の計量で馬体重は515キロでした」とのこと。
(10月10日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月25日、担当者は「先週末に獣医に診てもらったところ、深管の痛みは取れており、今回の休養で初めて痛い箇所がなくなりました。23日に坂路を1本17−17ペースで走らせてみましたが、今日の段階でも問題はなさそうです。このあとも特に痛みが出なければ、このまま進めていきたいと思います。昨日の計量で馬体重は517キロありました。少し余裕のある体つきですが、このまま進めていけば引き締まってくると思います」とのこと。
(9月25日)


9月10日撮影

セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月10日、担当者は「右前の深管はこちらに来た時に比べると良化していますが、先週と大きく変わりはない状態でしたので、7日(月)に2回目のオゾン治療を行いました。左前の深管は落ち着いていますが、念のため左前も合わせてオゾン治療を行なっています。来週もう1度獣医に診てもらい、症状が良化していればペースを少し上げていく予定です。現在は引き続き周回コースで1600m〜1800mをハッキングのメニューです。馬体重は本日の計量で505キロでした」とのこと。
(9月10日)


セグチレーシングS(チバ)にて調整中。9月3日、担当者は「治療の効果もあり、馬体全体にあった筋肉痛は治まっています。こちらに来た時にあった皮膚病も徐々に治まりつつあります。ただ、1日(月)に獣医さんに触診してもらったところ、右前の深管にまだ痛みが残っていますので、痛みが消えるまでは軽めの調整で様子を見たいと思います。現在は周回コースで1600m〜1800mをハッキングで乗っています。馬体重は本日の計量で504キロでした」とのこと。
(9月3日)


8月16日からセグチレーシングS(チバ)にて調整中。20日、担当者は「深管を庇っていたせいか筋肉痛がありましたので、18日にオゾン治療を行っています。週末にもう1度獣医さんに診てもらい、場合によってはショックウェーブ治療を行うかもしれません。19日の計量で馬体重は498キロでした」とのこと。
(8月20日)


8月15日、和田調教師は「ここまで深管の回復具合を見ながら調整を進めてきましたが、右前の深管の回復が思っていた以上に遅いので、獣医とも相談をして1度放牧に出すことにしました。特に時期は決めず、馬の状態優先で帰厩時期を検討したいと思います」とのことで、16日にセグチレーシングS(チバ)に移動予定。
(8月15日)


8月13日、和田調教師は「左前の深管は大分良くなってきましたが、右前の深管がまだ少しチクチクしていますので、引き続き角馬場でのキャンター調整までに留めています。あともう少しのところまできていると思います。時計を出すのは完全に良くなってからと考えています」とのこと。
美プール 8月 1日
(8月14日)


8月6日撮影

8月6日、和田調教師は「両前の深管は先週に比べて良化してきていますが、まだ少しチクチクしていますので、現在は角馬場でのキャンター調整までに留めています。焦って進めても仕方がありませんので、坂路に入れてのペースアップは完全に良くなってからにしたいと思います」とのこと。
美プール 7月 30日、31日
(8月7日)


7月30日、和田調教師は「レース後、両前の深管が少しチクチクしていますので、患部にレーザー治療を行いつつ様子を見たいと思います。回復具合を見て今後のことを決めたいと思います」とのことだった。
(7月30日)


7月27日(日)福島・横手特別(ダ1700m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は増減無しの492キロ。メンコを着用し二人曳きで小脚を使い、少しうるさいところを見せながらパドックに登場。少し余裕のある体付きも、体に張りがあり元気いっぱいで状態は良さそう。止まれの合図のあと、1頭先に馬場へ。ダートコースへ入ると直ぐに返し馬に入り、スムーズに駈けだして行った。レースではマズマズのスタートから行き脚を付けるが、無理には行かず3番手からの競馬。3番手のインを通り1〜2コーナーを周り向こう正面へ。外から数頭に交わされて5〜6番手で3コーナーへ入り、6〜7番手のインで4コーナーを周り直線へ向かうが、伸びることができず12着。レース後、横山騎手は「スンナリ3番手から競馬はできましたが、外から次々と絡まれて自分のペースで競馬ができず、この馬の力を発揮できませんでした」とのコメント。また和田調教師は「小回りで出入りが激しい展開になり、リズムに乗れなかったようです。こんな着順に終わる馬ではありませんので、レース後の具合を見て、立て直そうと思います」とのこと。
(7月28日)


7月23日撮影

7月27日(日)福島・横手特別(ダ1700m)に横山典弘騎手で出走予定。23日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン55.4秒、終い13.3秒の時計でした。終いは脚を取られそうな馬場状態の中、最後まで頑張って走っており、終い13秒台の時計なら悪くないと思います。条件はこの馬に向くと思いますし、良い状態だと思いますので、あとは結果に結びついてくれればと思っています」とのこと。
◆出走予定:7月27日(日)福島10R・横手特別(3歳以上1000万下・ダ1700m)横山典弘騎手(54キロ)
フルゲート15頭(出走予定全20頭、本馬より優先順位の高い馬12頭〔未定1頭〕、同条件の馬1頭)*自身、前走から5週
07/20 助手 美南坂重 2カイ  57.6−42.5−27.7−14.1 馬なり余力
07/23 助手 美南坂良 1カイ  55.4−40.0−26.3−13.3 強目に追う
(7月24日)


7月27日(日)福島・横手特別(ダ1700m)を目標に調整中。16日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン55.2秒、終い13.3秒の時計でした。変わらず順調に調整が進んでおり、今日の調教の動きも悪くなかったと思います。予定通り来週の福島・横手特別(ダ1700m)に向かいたいと思います。乗り役は横山典弘騎手を予定しています」とのこと。
美プール 7月 10日
07/13 助手 美南坂良 1カイ  66.3−47.6−29.8−13.8 馬なり余力
07/16 助手 美南坂良 1カイ  55.2−40.8−26.7−13.3 馬なり余力
(7月16日)


6月22日(日)函館・津軽海峡特別(ダ1700m)に丸田騎手で出走。馬体重は前走より8キロ増の492キロ。メンコを着用し2人曳きでパドックに登場。首を下げ気味に、スタッフを軽く引っ張る感じの周回。馬体重増も太目感はなく、適度に気合いも乗っていて雰囲気は良さそう。止まれの合図のあと、先入れで馬場へ。メンコを外してダートコースに入ると、直ぐに駆け出していった。レースではまずまずのスタートから押して先団へ。外目2番手で1〜2コーナーを通過し向こう正面へ。逃げ馬を見る形でレースを進め、3コーナー過ぎから徐々に仕掛けていくが、なかなか差は詰まらず、3番手で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ってもジワジワとしか伸びず4着。レース後、丸田騎手は「今日はスムーズに前に行くことが出来ましたし、道中も折り合いがつき過ぎるぐらいでした。3〜4コーナーで少しフワッとしてしまいましたが、後ろから馬が来るとそこからまた反応してくれました。乗り味の良い馬です」とのコメント。また、和田調教師は「今日は外枠だった分の差ですね。今日はメンコを外してみましたが、行きっぷりも良かったですし、ある程度メンバーが揃っていた中でのこの内容ですから、このクラスでも十分やっていけると思います。距離もこれぐらいが良さそうですね。レース後の具合を見てから今後のことを考えたいと思います」とのことだった。
(6月23日)


5月撮影

5月18日(日)東京・青竜ステークス(OP・ダ1600m)に蛯名騎手で出走。馬体重は4キロ減の484キロ。メンコを着用しパドックに登場。時折うるさいところを見せるが周回を重ねていくと落ち着いてくる。少し出走間隔が開いての馬体減も、細い感じはなく、状態は悪くなさそう。止まれの合図の後、ジョッキーは跨らずに先入れで馬場へ向かった。ダートコース入場時も入れ込んだ感じはなく、直ぐに馬場の外目をスムーズに駆け出して行った。レースでは、揃ったスタートも、芝とダートの切れ目でジャンプしてしまい、先頭集団を見る形の7番手で3コーナーへ。徐々に馬を外目に持ち出し6番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、一度は三番手まで上がったものの、最後は脚色が鈍ってしまい7着。レース後、蛯名騎手は「芝とダートの切れ目でジャンプすると聞いていました。前に馬がいたので跳ばないかと思いましたが、やはりジャンプしてしまいました。そこで少しスピードが落ちたこともありますが、思っていた以上に行きっ振りがよくありませんでした。前に馬を置いての競馬になりましたが、道中はスムーズに流れに乗れていたと思います。前半無理をさせなかったので、最後は弾けるかと思いましたが、思ったほど弾けてくれず最後は脚色が一緒になってしまいました。ただ控える競馬ができるのであれば、それを教えていった方が、この馬のためになるかもしれません」とのコメント。また和田調教師は「前走は流れに乗れず競馬になりませんでしたが、今日は前で競馬ができなかった割に流れに乗れていました。レース後の具合を見て、今後の予定を考えたいと思います」とのこと。
(5月19日)


3月撮影

3月16日(日)中京・昇竜S(OP・ダ1400m)に丸田騎手で出走。馬体重は8キロ減の488キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。周回を重ねていくと徐々に気合いが乗ってくる。馬体の張りも良く、入れ込み気味だった前走に比べ精神的にもリラックスできている様子で、明らかに前走以上の気配。他の馬たちにジョッキーが跨るタイミングで1頭先に馬場へ。先入れで勢いよくダートコースへ入ると、その勢いのまま返し馬に。レースでは、揃ったスタートも外2頭の行き脚が速く3番手の位置も、芝とダートの切れめでジャンプしてしまい、さらに外から交わされて中団インからの競馬。向こう正面では、顔を上げる仕草も見られ、7番手のインを通り3〜4コーナーを周り直線へ向かうが、伸び脚は見られず11着。レース後、丸田騎手は「イメージではもっとダッシュが速いイメージでいたのですが、今日はゲートを出た後は、押してあの位置からの競馬になってしまいました。3番手で外にいる馬たちの様子を見ていた時に、芝とダートの切れ目でジャンプしてしまい、その隙にさらに前へ入られてしまいました。馬群で揉まれてペースも落ち着いてしまったことで、この馬の良さを引き出せませんでした」とのコメント。また和田調教師は「逃げられなくても3番手くらいの位置では競馬をして欲しかったのですが、あの位置からではこの馬のスピードを生かすことができなかったようです。具合も悪くなかっただけに残念です」とのこと。
(3月17日)


2月撮影

2月22日(土)東京・ヒヤシンスS(OP・ダ1600m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は6キロ増の496キロ。メンコを着用しパドックに登場。馬体増も見た目に太目感はないものの、寒さの中発汗しているのは不安材料。終始首を上下させ、うるさいところを見せながら厩務員のいる内側に顔を向けながらの周回。馬体に張りはあり調子自体は悪くなさそう。ジョッキーが跨るとさらにうるさくなり、最後の半周は2人曳きになり馬場へ向かった。ダートコースへ入ると馬を落ち着かせつつ1コーナーに向かって歩かせた後、進行方向と逆を向かせてから、さらに反転させてから1コーナーへ向け外ラチ沿いを勢いよく駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから6番手くらいの位置取りも、徐々にスピードに乗り3番手で3コーナーへ。3〜4番手で4コーナーを周り直線へ向かい前を追いかけるが、前2頭からは徐々に離されてしまい、粘り込みをはかるが5着。レース後、横山騎手は「テンションが高く、レース前に余分な力を使い過ぎてしまっている感じです。この寒い中1頭だけ汗をかいていましたからね。返し馬に入る時もうるさく、次回からは先に馬場へ入れた方が良さそうです。力はある馬なので、ここを使って落ち着いてくるとよいのですが」とのコメント。また和田調教師は「久々のせいか、装鞍後から一気にテンションが上がってしまいました。結果論になってしまうかもしれませんが、3〜4番手に控える競馬よりもスピードを生かす競馬をさせた方が良かったかもしれません。レース後の具合を見て、今後の予定を考えたいと思います」とのこと。
(2月22日)

ページ上部へ

2013年

12月撮影

11月7日(木)門別・北海道2歳優駿(JpnV・ダ1800m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は前走より増減無しの490キロ。メンコを着用し、多少緊張気味にパドックに登場。初めてのナイター、初めての競馬場のためか物見が目立っていたが、周回を重ねると集中してきた感じ。徐々に気合いも乗り始め状態は良さそう。ジョッキーが跨がっても特に様子は変わらず馬場へ向かった。馬場入場時も落ち着いていたが、走り出した時に少し頭を上げて折り合い面が心配されたが、スムーズに駆け出していった。レースでは好スタートを切るも躓いてしまう。すぐに立て直して馬なりで先頭に立ち逃げる形に。終始内ラチ沿いを半馬身程度のリードを保ちつつ逃げ、3コーナーに入ると後続馬も徐々に追い上げを開始し、4頭横一線で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ると内目を1馬身程度抜け出すも、外から上がってきた馬に交わされてしまう。ここからズルズル下がらず食い下がるも、残り200m過ぎから徐々に差が開いてしまい、最後は2馬身差の2着。レース後、横山騎手は「競馬自体はマイペースでいけましたし、少しワンペースなところはありますが、抜け出す感じは良かったと思います。抜け出して勝ち馬に交わされてからは少しフワッとするところもありましたが、内容は悪く無かったと思います。パドックでは落ち着いていましたが、馬場へでるとうるさいところを見せていて、もう少しガス抜きが出来ていればもっと良さそうです。結果は2着でしたが、今日のレースで距離が持つことが分かりましたし、ただの短距離馬ではないということが分かりました。まだこれからの馬だと思います」とのコメント。
(11月7日)


10月撮影

10月12日(土)東京・プラタナス賞(ダ1600m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の490キロ。メンコを着用し小脚を使いながらパドックに登場。小脚を使いやや入れ込み気味の周回も、周回を重ねていくうちに落ち着きを取り戻し、歩いて周回出来るようになってくる。やや前捌きが硬めの歩様も馬体の張り艶は良く、力は出せそうな仕上がり。止まれの合図の後ジョッキーが跨がると、再び小脚を使い小うるさいところを見せながら馬場へ向かった。馬場に入ると外ラチ沿いに進路を取り、すぐにスムーズな返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートから好ダッシュで先団へ。芝とダートの境目も無難にクリアし、行く気を見せた外の馬を行かせて無理せず3番手の位置。、3番手のインで脚をため、直線入口で逃げ馬を交わして先頭に立ち粘り込みをはかるも、後方待機で勢いよく伸びた馬に差されてしまい3着。レース後、横山騎手は「内容は良かったと思いますが、少し入れ込みがキツかったですね。返し馬やゲート裏でもあやしい素振りを見せていましたし、よくゲートや道中を我慢してくれたと思います。今日は距離というよりは、東京コースのあやで負けてしまった感じです。このレースは短距離で勝ち上がった馬と、中距離で勝ち上がった馬がぶつかるので、道中は2つのペースになりやすいので。芝の走りも悪くありませんし、芝のレースでも面白いかもしれません。今日も芝とダートの切れ目でジャンプしていましたが、初戦に比べればマシでした。前に行ける馬でレースも組み立てやすく、競馬も覚えてきている段階でよく頑張っていると思います。現状は1400mぐらいの距離のレースが良さそうです」とのコメント。また、和田調教師は「中1週のせいか少し入れ込みがキツかったですね。道中は折り合いもつき、上手に走っていましたが、もう少し追い出しを我慢していればもっと際どい勝負が出来たと思います。今日は残念ながら勝ち上がれませんでしたが、スピードならこの馬に付いて来られる馬はいないと思います。少しテンションが上がってきていますので、少し間隔を開けたいと思います。このまま厩舎で様子を見て問題がなければ、中3週で東京・ダ1400mに向かうことも検討します」とのことだった。
(10月12日)


9月28日(土)阪神・ヤマボウシ賞(ダ1400m)に福永騎手で出走。馬体重は4キロ増の492キロ。まずまず落ち着いた様子でパドックに登場。多少辺りを気にする感じで時折軽く小脚を使っていたが、集中は途切らさず周回を重ね、徐々に気合いが乗り好気配。馬体増も太い感じはなく馬っぷり良く見せ状態は良さそう。ジョッキーが跨がると小脚を使って首を軽く上下し、更に気合いを表に出して馬場へ向かった。ダートコースに入ると行きたがってうるさいところを見せ、周りに馬がいなくなるのを待ち、落ち着かせてから返し馬へ。少しムキになる馬を抑えつつスムーズに駆け出して行った。芝とダートの境目をかなり時間をかけて馬場見せした後、待機所へ向かう。レースでは、好スタートを決めて先行争いを無理せず制して先頭に。芝とダートの変わり目でジャンプしてしまうが、スピードが落ちることはなく先頭のまま3コーナーへ。4コーナーで外側から並びかけられるシーンも、コーナーワークを利用して1馬身抜けだし先頭で直線に向かうと、終始並びかけてきた馬には抜かせなかったものの、ゴール寸前3番手から伸びてきた馬に交わされてしまい2着。レース後、福永騎手は「2〜3番手でもと思っていましたが、スタートも早くスピードもあり楽にハナに立つ形になりました。道中は楽に逃げられましたし、直線も良く頑張ってくれたのですが、最後で交されてしまいました。直線で若干内にモタれた分かもしれません。最後も止まってはいませんから距離は問題ないと思います。大きなロスではなかったものの、ダートの入口を時間をかけて見せたにも関わらず、やっぱり少しジャンプしてしまいました。ここを勝ってと思っていただけに残念です」とのコメント。また和田調教師は「4コーナーでもう少し突き放す形になっていれば違っていたかもしれません。今回もダートの入口でジャンプしましたが、前回ほどではなく、大分競馬に慣れてきたようです。次走は11月3日の京都・ダ1200mを目標にと考えています。1200mなら力で押し切ってくれるのでは」とのことだった。
(9月28日)


8月25日(日)新潟・ダ1200mに横山典弘騎手で出走。初出走の馬体重は488キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。初めての競馬ということもあり、多少ソワソワしているようなところはあるが、大きな入れ込みはない。まだもう一絞り出来そうな体つきも、見栄えのする馬体で状態は良さそう。止まれの合図の後ジョッキーが跨がってからも同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。馬場に入ると内ラチ沿いをダクで進んだ後、促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは好スタートから前目のポジションを取りに行くも芝とダートの切れ目でジャンプしてしまい、態勢を崩してスピードが鈍ってしまう。ここから立て直して再びスピードに乗り、逃げ馬の直後の2番手でレースを進め3コーナーに入る。そのまま手応え良く4コーナーを回り最後の直線に向かうと、楽な感じで先頭に立ち、後続馬が来てから追い出されるとスッと反応して後続を突き放し、最後は抑える余裕を見せて完勝。レース後、横山騎手は「返し馬の段階で1回見せておけば大丈夫だと思いましたが、あそこまでジャンプするとは思いませんでした。念のため用心しておいたので上手く対処出来ましたが。普通はあそこでリズムを崩してしまうとそのまま流れに乗れずに競馬が終わってしまうのですが、あそこから立ち直って勝ちきってしまうのですから今日は力が違ったということでしょう。レース振りも今日は文句のつけようがありませんでした。芝の走りも悪い感じではありませんでしたし、距離ももう少し融通がききそうな感じがします。今日は芝とダートの切れ目でジャンプしてしまいましたが慣れてくれば問題ないと思いますし、このまま上手く成長していって欲しいですね」とのコメント。また、和田調教師は「調教も動いていましたし、まずは勝ててホッとしています。今後はレース後の様子を見てからになりますが、阪神のヤマボウシ賞(ダ1400m)への出走を考えたいと思います」とのことだった。
(8月26日)


パンフ使用写真