ジュヒョウ

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名:ジュヒョウ(Juhyo・意味、由来:樹氷…母名より連想)

美浦・小笠倫弘厩舎
1着.2着.3着.4着以下:(2.0.2.20)

2017年

5月24日撮影

5月18日に美浦TCへ帰厩。24日、小笠調教師は「本日、ポリトラックコースで併せ馬を行いました。5ハロンからの時計は69.9、終いの1ハロンが12.7秒でした。後ろから追走して併入しています。東京3〜4週目の出走に向け乗り込んでいきます」とのこと。
5/21 助手 美南坂良 2カイ 59.8-44.3-29.0-14.4 馬なり余力
5/24 助手 美南P良     69.9-54.2-40.1-12.7 馬なり余力
パラシオプリンセサ(三未勝)強目の外を0.6秒追走同入
(5月25日)


阿見TCで調整中。5月17日、小笠調教師は「当初の予定よりも遅くなりましたが、明日の検疫で入厩させます、帰厩後の具合を見て次の東京開催で出走させようと思います」とのことで、5月18日に帰厩することになった。
(5月17日)


阿見TCで調整中。5月10日、小笠調教師は「当初は新潟開催で使いたいと思っていましたが、入厩予定が遅れているため、帰厩後の状態を見て予定を立て直そうと思います。馬の状態と検疫が確保できるかによりますが、今週末か来週には入厩させたいと考えています」とのこと。
(5月10日)


阿見TCで調整中。4月26日、小笠調教師は「検疫の関係で、来週の入厩になりそうです。新潟開催での出走を検討していますが、帰厩後の状態によってはスライドする可能性もあります」とのこと。
(4月26日)


阿見TCにて調整中。19日、牧場担当者は「大分、疲れも取れて順調に調整を進められるようになりました。普通キャンター中心の調整ですが、動きもしっかりしてきています」とのこと。また小笠調教師は「来週ぐらいに帰厩させる予定です。できれば新潟の後半戦で使いたいと思っています」とのこと。
(4月19日)


阿見TCにて調整中。12日、小笠調教師は「体も戻ってきているようなので、もうそろそろ入厩させて新潟を使いたいと思います」とのこと。
(4月12日)


阿見TCで調整中。3月29日、牧場担当者は「引き続き普通キャンター中心の調整です。少しずつ体も戻ってきていますが、もう少し時間をかけた方が良さそうです」とのこと。また小笠調教師は「馬の状態次第ではありますが、新潟で使えるようならと考えています」とのこと。
(3月29日)


阿見TCで調整中。3月23日、牧場担当者は「出走と輸送で減った体がまだ戻ってきません。もうしばらくは強目は行わず体が増えてくるのを待っている状態です。気持ち的にももう少しピリッとしたところが出てきて欲しいですね」とのこと。
(3月23日)


3月7日より阿見TCで調整中。15日、牧場担当者は「小倉での出走の疲れを取りながら現在は軽めの調整です。少しずつペースを上げていきます」とのこと。また小笠調教師は「小倉で3回使って、さすがに少し疲れが見られました。体を戻しての調整となりますが、問題がなければ福島の後半で使えればと考えています」とのこと。
(3月15日)


3月4日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に出走し9着。8日、小笠調教師は「レース後、小倉競馬場から日曜日に厩舎へ戻ってきていますが、脚下は問題無く昨日阿見TCへ放牧に出しました。小倉で3回出走させましたので、しっかり馬の状態をケアして立て直してから、福島か新潟開催で出走できればと考えています」とのことで、3月7日に阿見TCへ放牧に出ている。
(3月8日)


3月4日撮影

3月4日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に丸山元気騎手で連闘。馬体重は増減無しの428キロ。メンコを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。周回を重ねていくと少しうるさいところを見せ始めるが問題なし。連闘も体に張りがあり、引き続き状態は悪くなさそう。他の馬たちに騎手が跨がってからも大きく気配が変わることはなく馬場へ向かった。芝コースへ入場すると、スムーズに駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートも無理せず控えて後方からの競馬。後方4番手で1〜2コーナーを周り向こう正面へ。上がって行く馬を先に行かせて後方2番手で3〜4コーナーを周り、直線大外に出されて追い出されると、伸びてくるものの、前も止まらず9着まで。レース後、丸山騎手は「連闘でも調子落ちは感じませんでした。外枠でしたし、掛かるような感じでもなかったので前半は無理させませんでした。直線もこの馬なりに伸びているのですが、ペースが落ち着いたため前も止まってくれませんでした」とのコメント。また小笠調教師は「具合も悪くなかっただけに残念です。外枠で乗り方が難しかった上に、ペースが落ち着いてしまいました。もう少しペースが流れてくれればよかったのですが…」とのこと。
(3月4日)


2月25日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に出走し6着。3月1日、小笠調教師は「レース後も、疲れはなく元気いっぱいです。小倉の水も合うようで引き続き状態は良さそうなので、今週連闘させたいと思います」とのことで、3月4日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に丸山元気騎手で連闘する予定。
◆出走予定:3月4日(土)小倉8R・4歳以上500万円以下(芝1800m)丸山元気騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全16頭〔未定6頭〕、本馬より優先順位の高い馬14頭〔未定5頭〕、同条件の馬1頭〔未定1頭〕)*自身、前走から1週
(3月1日)


2月25日撮影

2月25日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に丸山騎手で出走。馬体重は増減無しの428キロ。メンコ着用。フックラと見せ踏み込みも力強く具合はとても良さそう。時折軽く小脚を使い気合いは上々で、尻っぱねを見せたり元気一杯。他の馬にジョッキーが跨がると更に気合いを見せ、小脚を使いながら馬場へ。なだめつつしばらく歩かせた後、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り無理せず後方からの競馬。後方2番手で1コーナーに入り、向正面で流れが落ち着くと外目から少しポジションを上げて後方4〜5番手を追走。前の集団との差を詰めつつ3〜4コーナーを回り、手応えはありそうに見えたが最後は前と同じ脚色になり届かず6着。丸山騎手は「いい感じに脚がたまって直線入口でも良い反応がありました。少し行きたがるような感じだった前走時と比べると、今日は馬の具合が良い上に落ち着いていて、これが本来の走りのように思われます。自分の走りは出来ましたが、最後は脚色が同じになってしまって。もう少しペースが流れてくれれば良かったのですが」とのコメント。小笠調教師は「中団位でと考えていたようですが、馬が落ち着いていたため無理はしなかったようです。もう少し前に付けられれば良かったのですが、前半の入りでは流れそうな雰囲気もありましたし仕方なかったと思います。権利は取れませんでしたが、1800mや2000mは連闘で出られる可能性があるかもしれません。レース後の状態も見て検討します」とのこと。
(2月25日)


2月25日(土)小倉・4歳以上500万円以下(芝1800m)に丸山騎手で出走の予定。22日、小笠調教師は「本日、小倉ダートコースで5ハロン72.1、終いの1ハロン13.4秒のところを強目に乗っていて、引き続き順調にきています。休み明けを叩かれての変わり身も期待できそうですし、レースが楽しみです」とのこと。
◆出走予定:2月25日(土)小倉7R・4歳以上500万円以下(芝1800m)丸山元気騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全12頭、本馬より優先順位の高い馬5頭〔未定3頭〕、同条件の馬3頭〔未定1頭〕)*自身、前走から2週
2/22 助手 小倉ダ良  72.1-56.9-42.8-13.4 強目に追う
(2月23日)


2月13日(月)小倉・背振山特別(4歳以上500万円以下・混・芝1800m)に出走し8着。15日、小笠調教師は「レース後も、そのまま小倉競馬場に滞在しています。中1週で2月25日(土)芝1800mを使いたいと考えています。パドックの馬体や雰囲気は良かったですが、レース間隔も空いていたので、少し中身は物足りなかったのかもしれません。滞在で落ち着いていますし、使われたことで次はもっと動けるのではないかと思います」とのこと。
(2月15日)


2月13日撮影

2月11日(土)の小倉競馬は降雪のため開催中止となり、代替開催2月13日(月)小倉・背振山特別(4歳以上500万円以下・混・芝1800m)に丸山元気騎手で出走。馬体重は10キロ増の428キロ。メンコを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。体重は増えているものの太目感もなく、張りのある馬体。歩様に柔らか味があり、集中できている感じで状態は良さそう。パドックで騎手が跨がると気合いが乗り馬場へ向かった。気合いを面に出しつつ芝コースへ入ると、直ぐに勢い良く駆け出して行った。レースでは、揃ったスタートを切り、無理せず先行争いの集団の後ろに付けてインに入れ、8〜9番手で1コーナーへ。道中は9番手前後を進み、3〜4コーナーで徐々に前との差を詰め7〜8番手で直線へ。直線で内を突いて上がっていけるかに見えたが、追われて思ったほど伸びず8着。レース後、丸山騎手は「インで上手く脚を溜められたかと思いましたが、久々だったせいか思ったほど伸びきれませんでした。ここを使って良くなってきてくれると思います」とのコメント。また小笠調教師は「直線で外に出せていればもう少し上の着順に来られたかもしれませんが、良く頑張ってくれています。上積みも見込めると思いますので、このまま小倉に滞在させて引き続き使っていければ」とのこと。
(2月13日)


2月11日(土)の小倉競馬は降雪のため開催中止となりました。代替で開催される2月13日(月)小倉・背振山特別(4歳以上500万円以下・混・芝1800m)に丸山元気騎手で出走する。8日、小笠調教師は「本日、小倉競馬場ダートコースで追い切りました。時計は5ハロンから67.6、終いの1ハロンが12.7秒でした。終い強目に追ってもらいましたが、仕上がり具合も良さそうです」とのこと。
◆出走予定:2月11日(土)小倉12R・背振山特別(3歳以上500万円以下・混・芝1800m)丸山元気騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全18頭、本馬より優先順位の高い馬8頭、同条件の馬1頭)*自身、前走から10週
2/8 丸山 小倉ダ良    67.6-53.2-39.1-12.7 馬なり余力
(2月11日)


2月1日撮影

1月26日に美浦TCへ帰厩。2月1日、小笠調教師は「本日ウッドチップコースで追い切りました。5ハロンから71秒くらい掛かっていますが、時計の掛かる馬場だったので問題無いと思います。土曜日に小倉へ向けて出発させる予定です」とのことで、。輸送後問題がなければ、2月11日(土)小倉・背振山特別(4歳以上500万円以下・混・芝1800m)もしくは2月12日(日)小倉・4歳以上500万円以下(芝2000m)に出走の予定。
1/29 助手 美南坂良 2カイ 58.2-42.9-28.5-14.1 馬なり余力
2/ 1 助手 美南W良    71.9-56.0-42.3-13.6 一杯に追う
ビジョッテ(三未勝)強目の外を1.4秒先行同入
(2月2日)


阿見TCにて調整中。1月25日、小笠調教師は「小倉開催での出走に向けて明日帰厩させます。帰厩後の具合次第ではありますが、小倉の1週目から出走させるつもりです」とのことで、1月26日に帰厩する予定。
(1月25日)


阿見TCにて調整中。1月18日、牧場担当者は「引き続き帰厩に向けて、普通キャンター2000mで調整を行っています。順調に乗り込めていて、いつでも帰厩できる状態です」とのこと。また小笠調教師は「近々帰厩させた後、小倉に滞在させて使う予定です」とのこと。
(1月18日)


阿見TCにて調整中。1月3日、小笠調教師は「牧場でのペースも少しずつ上がってきているようです。予定としては小倉で滞在させて使おうと考えていますので、1月中には帰厩させる予定です」とのこと。
1月6日、牧場担当者は「引き続き帰厩に向けて、普通キャンターで調整しています。小倉が目標と聞いていますが、元気いっぱいで帰厩できる状態に近づいています」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

12月21日撮影

阿見TCにて調整中。12月21日、牧場担当者は「引き続き軽目のキャンターの調整ですが、来週から様子を見ながら徐々にペースを上げていきます」とのこと。
(12月21日)


阿見TCにて調整中。12月14日、牧場担当者は「こちらに来てからはウォーキングマシーン調整で少し楽をさせ、現在は軽目のキャンター調整を行なっています。小倉開催が目標と聞いていますので、様子を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います」とのこと。
(12月14日)


12月4日(日)中京・栄特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)に出走し9着。7日、小笠調教師は「レース後も特に問題はなく、脚元にも問題はありません。このあとは1度放牧に出し、年明けに美浦TCに帰厩させて小倉開催での出走予定しています」とのことで、12月9日に阿見TCに移動する予定。
(12月7日)


12月4日撮影

12月4日(日)中京・栄特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)に加藤祥太騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の418キロ。メンコを着用しパドックに登場。前走時に比べると気合い乗りが早く、やや小脚を使う機会が目立つが、大きな入れ込みはなし。馬体重が増えて以前に比べるとしっかりとした体つきになり、仕上がり状態も良好でこの馬の力は出せそう。メンコを外し、パドックで騎手は跨がらずに馬場へ。芝コースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつき、中団の位置で1コーナーへ。9〜10番手で2コーナーを通過して向こう正面に入り、中団を進む。10番手で3コーナーを通過し、10〜11番手で4コーナーを回り最後の直線へ。少しゴチャつくところはあったが最後は渋太く脚を伸ばして9着。レース後、加藤騎手は「スタートも出てくれましたし、2000mということを意識して無理をせずに馬なりで中団の位置につけました。内目に潜り込めましたし、流れには乗れていたと思うのですが、思った程ペースが上がってくれませんでした。その分、最後の直線でバラけてくれず、少し脚を余してしまいました。ジワジワと脚を伸ばすタイプなだけに、スムーズに直線に入りたかったのですが、すみませんでした。今日もしっかりと脚を使ってくれていますし、乗り味の良い馬なので、いずれチャンスは回ってくると思います。距離は1800mでも2000mでも大丈夫だと思います」とのコメント。また、小笠調教師は「輸送をしてもプラス体重で出走させることが出来ましたし、状態は良かったと思います。道中は上手く流れに乗れていたと思うのですが、最後の直線でゴチャついてしまったため、やや脚を余してしまいましたね。ただ、前走に引き続き今回も脚は使ってくれていますので、このクラスならいずれチャンスが回ってくると思います。このあとは一息入れ、この馬が得意としている小倉で出走させたいと考えています」とのことだった。
(12月5日)


11月30日撮影

12月4日(日)中京・栄特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)に加藤祥太騎手で出走予定。11月30日、小笠調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しており、5ハロン70.7秒、終い13.9秒の時計で、併せ馬で1馬身先着しています。1度使われて状態も上向いていると思います。輸送がありますが、フックラとした状態で出走出来ればと思っています」とのこと。
◆出走予定:12月4日(日)中京9R・栄特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)加藤祥太騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全19頭、本馬より優先順位の高い馬11頭〔未定3頭〕、同条件の馬・本馬を含め3頭〔未定1頭〕)*自身、前走から3週
11/27 助手 美南坂稍 2カイ  59.6−44.6−29.7−14.8 馬なり余力
11/30 助手 美南W良   70.7−55.2−40.7−13.9 強目に追う
ディリゲント(古500万)一杯の外0.4秒先着
(12月1日)


次走は中山か中京で出走する予定。11月23日、小笠調教師は「乗り出してからも特に問題はなく、本日ポリトラックコースにて5ハロン66.9秒、終い12.9秒の時計を出しています。馬なりで併走相手にあわせる感じの追い切りでしたが、1回使ってさらに状態が上向いている感じです。状態が良い時に使いたいと思いますので、出られれば来週の中山か中京で出走させたいと考えています」とのこと。
11/23 助手 美南P良   66.9−51.2−37.7−12.9 馬なり余力
ディアペルラン(新馬)一杯の外同入
(11月24日)


11月13日(日)福島・二本松特別(3歳以上500万円以下・混・芝1800m)に出走し6着。16日、小笠調教師は「レース後も特に問題はなく、脚元にも問題はありません。惜しくも権利は取れませんでしたが、このまま在厩のまま調整を進めていきたいと思います。明日から乗り出しますが、その具合を見て中京か中山で使えればと思います。500万条件では十分勝負になると思いますし、しっかりと態勢を整えて次走に向かいたいと思います」とのこと。
(11月16日)


11月13日撮影

11月13日(日)福島・二本松特別(3歳以上500万円以下・混・芝1800m)に加藤騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の414キロ。メンコ(パドックのみ)を着用しパドックに登場。特に入れ込むことはなく、終始落ち着いた様子でパドックを周回。仕上がり状態も悪くはなく、この馬の力は出せそう。パドックで騎手が跨っても特に様子は変わらずに馬場へ。ダートコースを横切って芝コースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートを切るも、無理せず控えて中団からの競馬。外目9〜10番手で1コーナーを通過し、10〜11番手で2コーナーを通過して向こう正面へ。中団よりやや後方で向こう正面を進み、7〜8番手で3コーナーを通過。徐々に仕掛けながら6〜8番手で4コーナーを回り最後の直線に入ると、外目からしっかりと脚を伸ばして6着。レース後、加藤騎手は「返し馬の段階で背中の感触が良かったので、ある程度は走れるのではないかと思っていました。中団で脚を溜め、終いの脚を伸ばす競馬でそれほど上位と差のない競馬が出来ましたので、このクラスでは十分チャンスがあると思います。終いは突き抜けてくれそうな感じでしたし、どこかで内に入り込めていたらもっと差のない競馬が出来ていたと思います」とのコメント。また、小笠調教師は「転厩初戦ということで、どこまで走れるか楽しみにしていましたが、マズマズの内容だったと思います。直線の入り口で弾かれてしまったのが悔やまれますが、正攻法の競馬でこれだけ走れれば、このクラスでは力は上位だと思います。レース後の状態を見て今後のことを決めたいと思います」とのことだった。
(11月14日)


11月9日撮影

11月13日(日)福島・二本松特別(3歳以上500万円以下・混・芝1800m)に加藤祥太騎手で出走予定。9日、小笠調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しており、5ハロン68.4秒、終い13.5秒の時計でした。リスペクトアースとの併せ馬で、直線では突き放されてしまいましたが、相手が動いただけでこの馬自身も良く動けていたと思います。この追い切りである程度の態勢は整ったと思いますので、今週の二本松特別(芝1800m)に出走させます。調教の様子を見ると、先行させた場合は終いが少し甘くなるような感じなので、レースでは中団ぐらいで脚を溜める競馬をさせたいと思います。転厩初戦になりますが、状態は悪くなさそうなので、是非頑張ってもらいたいですね」とのこと。
◆出走予定:11月13日(日)福島12R・二本松特別(3歳以上500万円以下・芝1800m)加藤祥太騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全27頭、本馬より優先順位の高い馬11頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から10週
11/06 助手 美南坂良 2カイ  58.0−43.4−29.1−14.5 馬なり余力
11/09 助手 美南W稍   68.4−53.5−39.6−13.5 強目に追う
リスペクトアース(古1600万)馬なりの内を0.8秒先行3F付1.0秒遅れ
(11月10日)


美浦TCにて調整中。11月2日、小笠調教師は「美浦TCに入厩後も順調にきており、日曜日に坂路で15−15の調教を行っています。しっかりと調教を積んできているようで、思っていた程の緩みはないようです。明日の追い切りの動き次第では、来週の福島で出走させることも検討したいと思います」とのこと。
11月3日、小笠調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しており、5ハロン70.5秒、終い13.8秒の時計でした。息遣いの感じも悪くありませんでしたし、この感じなら来週には態勢が整いそうですので、11月12日(土)福島・三春駒特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)と11月13日(日)福島・二本松特別(3歳以上500万円以下・混・芝1800m)に特別登録を行い、相手関係を見てどちらのレースに向かうか決めたいと思います」とのこと。
11/03 助手 美南W重   70.5−55.3−40.5−13.8 馬なり余力
メモリーリング(新馬)一杯の外を0.4秒先行同入
(11月4日)


阿見TCにて調整を進め、10月26日に美浦TCに入厩している。10月26日、小笠調教師は「本日の検疫で入厩しています。こちらで少し進めてみてから具体的な予定を決めたいと思っています」とのこと。
(10月26日)


10月19日、小笠調教師は「まだ検疫が確保出来ていない状況ですが、検疫が確保出来れば今週末に、もし確保出来なかったとしても来週中には美浦TCに入厩させたいと思います」とのこと。
(10月19日)


グリーンウッドTで調整中。同馬は今まで栗東・高野友和厩舎にて出走しておりましたが、少しでも多くの出走機会を得るために、この度、美浦・小笠倫弘厩舎へ移籍することになりました。近日中に移籍の手続きを取り、入厩への態勢が整い次第、美浦TC・小笠倫弘厩舎へ入厩する予定です。
※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内申し上げます。
10月14日、小笠調教師は「近々美浦近郊の阿見TCに移動させる予定です。移動後の状態を見て特に問題がないようなら、来週末か再来週には美浦TCに入厩させたいと思います。現級勝ちがあり、1000万条件でも入着している馬なので、良い状態で使えれば結果は出ると思っています。結果を出せるよう頑張ります」とのこと。
(10月14日)


9月8日よりグリーンウッドTで調整中。10月5日、担当者の話では「イライラしたテンションはおさまり、いつもくらいのテンションで元気な様子です。現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整で、来週辺りから15−15を乗り出せそうです」とのこと。
(10月5日)


9月8日にグリーンウッドTへ移動。担当者の話では「連闘後のためか、少しイライラしている様子でしたのでここまでウォーキングマシン調整で一息入れさせました。落ち着きが出てきたので今週から乗り出しています」とのこと。
(9月21日)


9月4日撮影

9月4日(日)小倉・若戸大橋特別(芝1800m)に大野騎手で出走。馬体重は4キロ増の414キロ。メンコ着用。連闘になるが落ち着いた様子でパドックを周回。馬体も維持しており、疲れも無さそうでいつもと変わらない雰囲気。イレ込んではいないようだが、それほど気温が高くない中、他の馬より発汗が目立つ。ジョッキーが跨がると気合いを表に出して馬場に向かい、芝コースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから中団の位置。道中は終始9〜10番手の外目を追走し、直線で追われてじわじわ伸びるも8着まで。高野調教師は「外目追走で脚を使っていた分もあると思いますが、3〜4コーナーの反応がもう一つで、その辺りは連闘の分なのかもしれません。ただ、最後までやめずにきていますし、前との差もそれ程無く、悪い内容では無かったと思います。小倉で連闘しましたので、いったん放牧を挟みたいと思います」とのこと。8日、高野調教師からは「今日まで厩舎で様子を見ましたが、レース後も脚元などに問題は見られません。予定通りいったん放牧を挟み、リフレッシュさせたいと思います」との連絡があり、8日にグリーンウッドTへ移動している。
(9月8日)


8月31日、高野調教師は「レース後も問題は無く、馬は元気にしています。連闘できる状態にあると思いますし、この後の阪神・京都・新潟の番組よりは小倉の方が得意の馬場でもあり力を出せるのではないかと思います」とのことで、今週9月4日(日)小倉・若戸大橋特別(芝1800m)に大野騎手で出走する。
◆出走予定:9月4日(日)小倉9R・若戸大橋特別(3歳以上500万円以下・芝1800m)大野拓弥騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め7頭)*自身、前走5着以内
(8月31日)


8月28日(日)小倉・鳥栖特別(芝2000m)にバルジュー騎手で出走。馬体重は4キロ増の410キロ。メンコ着用。落ち着いて集中した雰囲気でパドックを周回。いつものように力強い脚取りで歩けており、馬体も増えて具合は非常に良さそう。レースでは、揃ったスタートを切りスムーズに前へ。前2頭が飛ばしていき、先頭からは10馬身ほど離れた4番手の位置。向正面で1頭が外を捲っていき、出入りはあったが、本馬はそのまま自分のペースで4番手を進み、3〜4コーナーで前との差を詰め外から並びかけるようにして直線へ。手応えはありそうに見えたが伸び切れず4着。高野調教師は「スタートを出てから無理をさせなかったようですが、今日は馬にやる気がありスタート後も自分から進んでいく感じで、すごく良く頑張っていたと思います。先行していた1頭がタレて、捲っていった馬に並びかけていき、ここから出番かと思いましたが、先に脚が無くなってしまいました。ジョッキーも『状態は良くなっている』と言ってくれましたし、内容からも上昇が伺えますので、念のため小倉最終週の特別登録だけしておきたいと思います」とのこと。
(8月29日)


8月28日(日)小倉・鳥栖特別(芝2000m)にバルジュー騎手で出走予定。24日、高野調教師は「本日、坂路で追い切っており、単走で4ハロン54秒4、終い12秒6の時計でした。タイム的なところではありませんが、身のこなしが良くなっており、前走時より上向いてきた感じです。今週の特別戦(芝2000m)にバルジュー騎手で向かうことにします」とのこと。
◆出走予定:8月28日(日)小倉9R・鳥栖特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)D.バルジュー騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全13頭、本馬より優先順位の高い馬7頭〔未定1頭〕、同条件の馬・本馬を含め2頭〔未定1頭〕)*自身、前走から4週
08/21 助手 栗東坂良 2カイ  53.8−39.3−25.7−13.1 馬なり余力
ハギノグランコート(三未勝)末一杯を0.1秒先行同入
08/24 助手 栗東坂良 2カイ  54.4−39.2−25.4−12.6 末強目追う
(8月25日)


8月14日、高野調教師は「木曜に15−15を乗ってみて、特に問題は無く続けて使える状態にあると思います。今のところ小倉5週目の平場の芝1800mか特別戦(芝2000m)に向えればと思っています」とのこと。
08/14 助手 栗東坂良 2カイ  60.5−44.5−28.7−14.1 馬なり余力
08/18 助手 栗東坂良 2カイ  59.7−43.3−28.0−13.7 馬なり余力
(8月18日)


8月10日、高野調教師は「レース後も馬に元気はあり状態に変わりはないのですが、前走はもっと走れるはずの条件で結果を出せなかったので、どこか悪い点がないかを確認しているところです。ここまでじわじわと進めてきて大きな問題は無いと感じていますが、明日15−15程度をやってその感触を見てみるつもりです」とのこと。
08/11 助手 栗東坂良 2カイ  62.2−45.1−29.1−14.3 馬なり余力
(8月11日)


7月31日撮影

7月31日(日)小倉・芝1800mにバルジュー騎手で出走。馬体重は増減無しの414キロ。メンコを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。少し間隔は開いているが、歩様もスムーズで状態は良さそう。周回を重ねていってもうるさいところは見せず、程好い気合い乗り。パドックで騎手が跨がると、さらに気合いが乗り馬場へ向かった。入れ込むこともなく芝コースへ入ると、直ぐに抑え気味の返し馬に入った。レースでは、好スタートもそこからのダッシュが付かず中団やや後方からの競馬。11番手のインで1〜2コーナーを周り向こう正面へ。3コーナーで少しポジションを下げるが、11番手で4コーナーをまわり直線へ。直線で追い出されてからも、前を交わすような脚は見られず12着。レース後、D.バルジュー騎手は「スタートは良かったのですが、そこから進んで行ってくれませんでした。ペースも落ち着いてしまい動くに動けなくて…」とのコメント。また高野調教師は「具合も良かっただけに残念です。『直線で追い出してから、少しトモのバランスを崩した』と乗り役が言っていたので、レース後の具合をしっかりみたいと思います。できれば小倉が得意な馬なので続戦させたいと思っているのですが」とのこと。8月4日、高野調教師は「レース後も問題はありません。まだ常歩のみの調整ですが、馬も元気ですし疲れも見せていないようです。続戦の方向で考えていますが、暑い時期だけに馬の具合を見て検討します」とのこと。
(8月4日)


7月31日(日)小倉・芝1800mにバルジュー騎手で出走する。27日、高野調教師からは「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行っており、4ハロン54秒8、終い12秒8を計時しました。動きは良好で好調子のようです。相手関係を見ると水曜時点では平場の方が良さそうにも見えますが、投票ギリギリの状況を見て変更する可能性もあります」との連絡が入っている。28日、高野調教師から「ギリギリまで他馬の動向を見た上で、やはり平場に投票しました。具合は良いので、久々でも頑張って欲しいと思います」との連絡が入っている。
◆出走予定:7月31日(日)小倉9R・国東特別(3歳以上500万円以下・混・芝2000m)D.バルジュー騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全19頭、本馬より優先順位の高い馬8頭〔未定2頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から15週、未定
◆出走予定:7月31日(日)小倉12R・3歳以上500万円以下(芝1800m)D.バルジュー騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬4頭〔未定1頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から15週、未定
07/22 助手 栗東坂良 2カイ  54.7−40.0−26.0−12.8 末強目追う
ダムデミステル(三未勝)末一杯を0.3秒追走0.2秒遅れ
07/24 助手 栗東坂良 2カイ  59.4−43.4−28.5−14.3 馬なり余力
07/27 助手 栗東坂不 2カイ  54.8−40.0−26.1−12.8 一杯に追う
レイナアラ(三未勝)一杯を0.2秒先行0.3秒先着
(7月28日)


7月20日に帰厩し、31日(日)小倉・国東特別(芝2000m)か同日・小倉・芝1800mに向かう予定。20日、高野調教師からは「本日、帰厩しており、いつものように元気一杯に戻ってきてくれました。帰厩後10日での競馬となりますが、牧場にもそれを前提にしっかりと乗り込んでもらっており、態勢は整っています。予定通り来週のレースに向かいます」との連絡が入っている。22日、高野調教師からは「本日、坂路で併せ馬の調教を行っており、4ハロン54秒7、終い12秒8を計時しました。目一杯にはやっていませんが良く動けており、上々の内容だと思います。予定通り来週のレースに向かいます」との連絡が入っている。
(7月22日)


グリーンウッドTで調整中。7月14日、高野調教師から「牧場で順調に乗り込んでいます。小倉開催に向けて20日に帰厩予定です。1週目の特別戦(芝2000m)か芝1800mのいずれかに向かいたいと思っています」との連絡が入り、7月31日(日)小倉・国東特別(芝2000m)か同日・小倉・芝1800mに向かう予定。
(7月14日)


グリーンウッドTで調整中。7月8日、担当者は「馬場コース3000mと坂路1本(17−17)中心に乗り進めてきて、小倉開催も近づいてきましたので、この中間から週2回12〜13秒ペースを開始しています。動きも良く、相変わらず元気一杯の様子で、このまま帰厩に向けて調整を進めます」とのこと。
(7月8日)


グリーンウッドTで調整中。6月23日、担当者は「引き続き馬場コース3000mと坂路1本(17−17)中心に、週2回15−15の調整です。同様のメニューを乗り込んでいますが、状態は安定しており、良い感じで進んでいます。小倉開催に向けてこのままじっくり乗り込みます」とのこと。
(6月23日)


グリーンウッドTで調整中。6月16日、担当者は「この中間も順調にきています。現在は馬場コース3000mと坂路1本(17−17)中心に、週2回15−15を消化しています。小倉開催を目標にこのままじっくり乗り込みます。体が大きくなった感じは無いのですが、馬体重は430キロまで増え、フックラしてとても調子が良さそうです」とのこと。
(6月16日)


グリーンウッドTで調整中。6月1日、担当者は「引き続き順調です。現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17のメニューでじっくりと乗り込んでいます。具合は良いですし、少しでも馬体が増えるよう進めたいと思っています」とのこと。
(6月1日)


4月21日よりグリーンウッドTで調整中。5月18日、担当者は「この中間より坂路調整を再開し、坂路1本17−17を乗り出しました。現在の馬体重は427キロで、あまり大幅な変化はありませんが、調子自体が良さそうなのでこのままじっくり乗り進めていきます」とのこと。
(5月18日)


4月21日よりグリーンウッドTで調整中。5月6日、担当者は「特に悪いところは見られませんが、小倉開催を目指して調整する予定なので2〜3週間楽をさせました。今週から馬場コース2000m(20秒程度)を乗り出しており、夏に向けてこのまま乗り込む予定です。現在の馬体重は422キロあり、この期間に少しでも馬体が増えてくれればと思っています」とのこと。
(5月6日)


4月16日・阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に出走し18着。21日にグリーンウッドTへ移動している。27日、高野調教師は「脚元に問題は無く、特に悪いところはありませんが、移動後はウォーキングマシン調整で一息入れてもらっています。少しゆっくりさせてリフレッシュさせ、夏の小倉を目標に仕上げていこうと思います」とのこと。
(4月27日)


4月16日撮影

4月16日(土)阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に池添騎手で出走。馬体重は6キロ増の414キロ。メンコ着用。時折物見をしつつ落ち着いた様子でパドックを周回。体のハリが大変良く、パドックの外目を小気味よい脚運びで歩けており具合は非常に良さそう。ジョッキーが跨ってもイレ込むことはなく、気合いを見せつつ馬場へ。芝コースに入るとすぐスムーズなキャンターで駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから押して行くも、行けず後方4番手からの競馬。後方4番手となる15番手で3〜4コーナーを周り直線へ向かうと、馬場の外目で追い出されるが、伸びることができず18着。レース後、池添騎手は「今日は内枠でしたしある程度の位置に付けようと思い促して行ったのですが、スタートは出てくれたものの二の脚が付かず後ろからの競馬になってしまいました。行き脚が無い割には後ろから来られるとムキになってかかるところもあり、道中も尻尾を振ったりして、気難しい面を見せていました。刺激を与える意味で距離短縮等を試してみるのも良いかもしれません」とのコメント。20日、高野調教師は「レース後、左後肢球節の外側に若干の腫れが出ていましたが、骨などに異常はなく、歩様の乱れや痛み熱感などは出ておらず、ケアですぐ落ち着くと思いますし、引き運動も継続できる程度のものです。今回のレースで終いにあれだけ失速したのは、前半にポジションを取りに行こうとした分だと思いますが、1000万のメンバーや流れの中では、ためて脚を伸ばすだけでは余程展開に恵まれないと厳しいですし、こういう競馬にも対応できないと上位に食い込むのは難しいですからね。状態が非常に良かっただけに残念ではありますが、夏のクラス編成で降級もありますし、得意の小倉なら存分に力を出してくれると思います。いったん放牧に出し、夏の小倉で使うことにします」とのこと。
(4月20日)


4月16日(土)阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に池添騎手で出走予定。13日、高野調教師は「今週も坂路で併せ馬の調教を行っており、4ハロンが55秒1、終い13秒5を計時しました。馬場が荒れてきてかなり時計がかかる時間帯に入っていたので、もっと動けずに上がってくることも想定していたのですが、しっかり時計も出ていますし思っていた以上に動いてくれました。この中間も普段の普通キャンターの動きが大変良く、その点からも調子の良さを感じています。どういう競馬ができるか楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:4月16日(土)阪神10R・蓬莱峡特別(4歳以上1000万円以下・混・芝1800m)池添騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全20頭、本馬より優先順位の高い馬8頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から6週
04/10 助手 栗東坂稍 2カイ  57.5−41.5−26.8−13.1 一杯に追う
サンテルモ(三未勝)馬なりに0.1秒遅れ
04/13 助手 栗東坂良 2カイ  55.1−40.4−26.7−13.5 一杯に追う
サンテルモ(三未勝)叩一杯に0.1秒先着
(4月14日)


4月16日(土)阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に向かう予定。6日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の調教を行っています。4ハロンが55秒0、終い12秒9を計時しています。追って目立つ動きをする馬ではありませんが、中間の調整などで普通キャンターを乗ったときに、背中をしっかり使い、フォーム良く弾むような動きを見せ、体調面は間違いなく良いと思います。ここまで大変順調にきており、来週は軽目でやってレースに臨むつもりです」とのこと。
04/03 助手 栗東坂良 2カイ  56.4−40.0−25.3−12.5 強目に追う
サンテルモ(三未勝)馬なりを0.1秒追走同入
04/06 助手 栗東坂良 2カイ  55.0−39.3−25.4−12.9 叩き一杯
ダノンジェット(三未勝)一杯を0.2秒追走0.4秒遅れ
(4月7日)


3月24日に帰厩。30日、高野調教師からは「帰厩後も順調で、本日は坂路で2週前追い切りを消化しています。併せ馬で予定より少し速い時計になりましたが、4ハロン53秒5、終い12秒6を計時し、動きは良く、予定のレースで十分に動ける状態に持っていけると思います。状態は安定しており、このまま進めていきます」との連絡が入っている。4月16日(土)阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に向かう予定。
03/27 助手 栗東坂良 2カイ  58.4−41.6−27.2−13.5 馬なり余力
03/30 川須 栗東坂良 2カイ  53.5−39.2−25.5−12.6 一杯に追う
サンテルモ(三未勝)一杯を0.1秒追走0.2秒先着
(3月31日)


3月10日にグリーンウッドTへ放牧に出て、24日に帰厩している。24日、高野調教師からは「馬は元気一杯で順調に乗り込んでもらいました。本日、帰厩させて、予定通り阪神最終週に向かいたいと思います。少し日程に余裕はありますが、問題なく進められると思います」との連絡が入っている。4月16日(土)阪神・蓬莱峡特別(芝1800m)に向かう予定。
(3月24日)


3月6日撮影

3月6日(日)小倉・太宰府特別(芝1800m)にバルジュー騎手で出走。馬体重は前走より8キロ減の408キロ。メンコを着用しパドックに登場。パドックの外目をリズム良く、落ち着いた様子でパドックを周回。馬体重は減っているが細くは見えず、具合は良さそう。パドックで騎手は跨らずに馬場へ。芝コースに入るとすぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから無理せず中団よりやや後方からの競馬。11番手で1コーナーを通過し、9〜11番手で2コーナーを通過して向こう正面へ。手応え良く道中は進み、ジワーッと上がっていって7〜9番手で3コーナーを通過し、6〜7番手で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ると、馬場の外目からジワジワと脚を伸ばして8着。レース後、バルジュー騎手は「去年乗った時に比べると、良い意味で前向きになっていました。ただ、このクラスで走るには、もう少しリラックスして走れた方が終いの伸びにつながると思います。少し馬場も気にしていましたので、良馬場ならもう少し差を詰められたかもしれません」とのコメント。また、高野調教師は「馬体重は減っていましたが、シルエットは悪くありませんでしたし、力を発揮出来る状態だったと思います。スムーズな競馬が出来ましたし、ジョッキーも上手く乗ってくれて、見せ場はつくれたと思います。着順は8着でしたが、勝ち馬とはそれほど離されていませんでしたし、ここ最近のレース内容を考えると良く頑張ってくれたと思います。距離はこれぐらいが良さそうですね。今後のことについては、レース後の具合を見て決めたいと思います」とのことだった。10日、高野調教師は「レース後も脚元などに問題はありません。来週の阪神に芝1800mの番組はありますが、中1週は少しかわいそうな気がするので、次の阪神最終週の芝1800mまで間隔を取って使うことにしました。本日、グリーンウッドTへ放牧に出し、レースに合わせて帰厩させます」とのこと。
(3月10日)


3月6日(日)小倉・太宰府特別(芝1800m)にバルジュー騎手で出走予定。2日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行い、4ハロン53秒3、終い12秒6を計時しています。併せた相手は新馬で、先着を想定した追い切りではありましたが、格上らしくしっかり先着し、走りも良く質の良い調教ができましたし、存分に力を出せる状態です。あとは相性の良い小倉の馬場とジョッキーに期待したいと思います」とのこと。
◆出走予定:3月6日(日)小倉11R・太宰府特別(4歳以上1000万円以下・混・芝1800m)D.バルジュー騎手(57キロ)
フルゲート16頭(出走予定全18頭、本馬より優先順位の高い馬6頭〔未定1頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から10週
02/28 助 手 栗東坂良 2カイ  59.5−43.0−27.4−13.3 馬なり余力
ダノンジェット(三未勝)馬なりを0.3秒追走同入
03/02 バルジ 栗東坂重 2カイ  53.3−38.7−25.3−12.6 一杯に追う
ダムデミステル(新馬)一杯を0.4秒追走0.3秒先着
(3月3日)


2月23日に帰厩。25日、高野調教師は「本日、坂路で調教を行っており、4ハロン56秒0、終い12秒6を計時しています。併せ馬で前半はためにため、終い伸ばす追い切りで、速い時計ではないものの終いはしっかり伸びてくれました。ラストは併せた馬に2〜3馬身遅れを取りましたが、相手はかなり動く馬なので仕方のないところだと思います。この馬なりに順調で具合も良いので、得意の小倉で頑張ってくれればと思います。なお、念のために同じ週の阪神・千里山特別(芝2000m)にも特別登録は行っておきます」とのこと。3月6日(日)小倉・太宰府特別(芝1800m)にバルジュー騎手で出走予定。
02/25    栗東坂良 2カイ  56.0−41.0−26.3−12.6 脚色分からず
(2月25日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、2月23日に帰厩している。高野調教師からは「小倉のレースに向けて、23日の検疫で帰厩させました。予定通りバルジュー騎手で小倉最終週に向かいます」との連絡が入っており、3月6日(日)小倉・太宰府特別(芝1800m)にバルジュー騎手で出走予定。
(2月24日)


グリーンウッドTで調整中。1月26日から15−15を乗り出し、帰厩に向けてペースアップ中。高野調教師からは「小倉で使うつもりで進めてもらっています。このクラスに上がってややワンパンチが足りない競馬が続いており、得意な小倉では何とか良い競馬をして欲しいと思っています。結果を出してくれたバルジュー騎手にぜひ依頼したいと思い打診したところ、4週目なら乗れるということでした。そのレースに照準を定めて調整します」とのこと。3月6日(日)小倉・太宰府特別(芝1800m)に出走予定。
(2月3日)


1月5日よりグリーンウッドTで調整中。27日、担当者の話では「引き続き馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、26日から15−15を開始しています。帰厩に向けてどんどん進めていきます」とのこと。
(1月27日)


1月5日よりグリーンウッドTで調整中。20日、担当者の話では「こちらに来てからも元気一杯で、馬場コース3000mと坂路1本17−17中心でしっかり乗り込んでいます。高野調教師からも『小倉目標』と聞いていますので、今週末か来週から強目を乗り出し移動に備える予定です」とのこと。
(1月20日)


1月3日、高野調教師は「レース後、脚元などに問題はありません。相変わらず毛艶は良く食欲もあって、体調面は変わりない感じですが、キャンターで跨がってみると使ったなりの疲れが出始めている気もします。もう少し様子を見て今後を検討します」とのこと。4日、高野調教師より再度連絡があり「騎乗を継続していますが、良いときのような全身を使った動きが出来ていない様子なので、やはりいったん放牧に出すことにしました。疲れを抜いてリフレッシュさせてから使いたいと思います」とのことで、5日にグリーンウッドTへ移動予定。
(1月4日)

ページ上部へ

2015年

12月27日撮影

12月27日(日)阪神・サンクフルハンデキャップ(芝1600m)に川須騎手で出走。馬体重は4キロ減の416キロ。メンコ着用。舌を縛る。落ち着いた様子でパドックに登場。体のハリ・艶は良く状態は変わりなく良さそう。終始首を下げ気味にして集中した雰囲気で周回。ジョッキーが跨ってもイレ込むことはなく、気合いを見せつつ馬場へ。芝コースに入ると行きたがる馬をなだめ、絞った手綱から徐々にスピードに乗せてスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、まずまずのスタートから無理せず馬群の中に入れ中団で脚をためる形。8〜9番手を進み、直線で伸びているものの抜け出すまでの勢いはなく10着。川須騎手は「前走はスムーズに運べたもののスイッチが入らずに終わってしまいましたので、今日は前回より少しためる感じで、馬群の中に入れて闘争心を出させるよう進めました。スタートから楽に進めて、思っていたような競馬も出来たのですが・・・。平坦向きな馬としては、この馬場で良く頑張っていると思います」とのコメント。高野調教師は「前走より少しためて行き、スキがあれば内を突く形でと指示を出し、良い競馬は出来ていましたが、もうワンパンチが足りませんでした。小倉で3着の実績もあるだけに、もう少し力を付けてこのクラスでも通用する走りをさせたいところ。馬の具合自体は良いので、今後については栗東に戻ってからの馬の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。
(12月28日)


今週12月27日(日)阪神・サンクフルハンデキャップ(芝1600m)に川須騎手で出走する。23日、高野調教師は「本日川須騎手を背に坂路で併せ馬の調教を行い、4ハロン54秒1、終い12秒7を計時しています。川須騎手も手の内に入れてくれており、良い感触の追い切りが消化できています。具合自体はよいので頑張ってほしいところです」とのこと。
◆出走予定:12月27日(日)阪神10R・サンクフルハンデキャップ(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・芝1600m)川須栄彦騎手(53キロ)
フルゲート18頭(出走予定全15頭〔未定2頭〕、本馬より優先順位の高い馬10頭〔未定2頭〕、同条件の馬0頭)*自身、前走から4週
12/20 助手 栗東坂稍 2カイ  56.7−41.6−26.8−13.1 馬なり余力
12/23 川須 栗東坂重 2カイ  54.1−39.0−25.3−12.7 末強目追う
ナムラシングン(二500万)末強目に0.4秒遅れ
(12月24日)


12月9日に帰厩。27日(日)阪神・サンクフルハンデキャップ(芝1600m)に川須騎手で出走予定だ。16日、高野調教師から「本日、坂路で単走の追い切りを行っています。4ハロン52秒6、終い12秒8を計時しました。厩舎のスタッフが跨がってのものですが、今日の悪い馬場を考慮すると上々の時計で、3ハロン目に12秒9が出ているのを見ても、タメが効いた走りだったことが分かります。体調は良好で、タイムも上々ですが、少し課題をあげるとすれば常歩時等のハミの取り方に気になるところが見られます。具合は良さそうなので、その辺りを修正しつつ予定のレースに向けて調整します」との連絡が入っている。
12/13 助手 栗東坂稍 2カイ  59.7−42.4−26.9−13.2 馬なり余力
12/16 助手 栗東坂稍 2カイ  52.6−38.8−25.7−12.8 一杯に追う
(12月17日)


11月28日・京都・芝1600mに出走し12着。12月1日にグリーンウッドTに放牧へ。8日、高野調教師から「予定している阪神最終週に向けて9日の検疫で帰厩させます」との連絡があり、9日に帰厩している。12月27日(日)阪神・サンクフルハンデキャップ(芝1600m)に川須騎手で出走予定だ。
(12月9日)


11月28日撮影

11月28日(土)京都・芝1600mに川須騎手で出走。馬体重は18キロ増の420キロ。メンコ着用。舌を縛る。落ち着いた様子でパドックに登場。終始首を下げ気味にして集中した雰囲気で、気合い乗り良く上々の気配。パドックの外目をしっかりとした脚取で周回。他の馬にジョッキーが跨ってもイレ込むことはなく、気合いを見せつつ馬場へ。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつき先団へ。5番手で3コーナーを通過し、4〜5番手で4コーナーを回り最後の直線に入るが、伸びきれず12着。川須騎手は「テンに急がせると良くないタイプですが、スタートも良く楽な感じで先行することが出来、京都の下り坂もスムーズに進んでくれました。京都のマイルはスタートがゆったり流れるので上手く流れに乗れましたし、この流れならマイルも問題ありませんでした。良い感じでしたが、最後は一杯になってしまって…。好発を決められたように、トモをはじめ馬の具合はすごく良かったと思います」とのコメント。また、高野調教師は「前半はスムーズにレースを運べていましたが、逆にスムーズにいきすぎてしまったのか脚が溜まらず、終いは伸びきれませんでした。今は状態が良いので様子を見ながら引き続き使っていければと思いますが、小回りコースが向いていそうな感じなので、小倉や福島に良い状態で出走出来るよう整えていきたいと思います。今日のレース振りからマイル戦も悪くはありませんが、ここまで勝った距離も考慮して2000mぐらいまでの距離で使っていければと思います」とのことだった。12月2日、高野調教師は「レース後も問題はありません。昨日1日にグリーンウッドTへ放牧に出しており、短期で戻して阪神最終週のハンデ戦を使えればと考えています。鞍上は引き続き川須騎手に依頼予定です」とのことで、12月27日(日)阪神・サンクフルハンデキャップ(芝1600m)を目標に調整する。
(12月2日)


11月28日(土)京都・芝1600mに川須騎手で出走する。25日、高野調教師は「全休明けになりますが、土曜競馬ということもあり本日追い切りを行っています。坂路で併せて、4ハロン55秒0、終い12秒7を計時し、キッチリと併せて上がってきており、ラップも指示通りで、動きも大変良かったと思います。体調も良いのか元気一杯で、この馬はうるさいくらいの時の方が結果が出せていますし、良い雰囲気でレースに臨めそうです。今週予定通り京都のマイル戦に向かいます」とのこと。
◆出走予定:11月28日(土)京都12R・3歳以上1000万円以下(混・芝1600m)川須栄彦騎手(56キロ)
フルゲート18頭(出走予定全14頭、本馬より優先順位の高い馬6頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から4週
11/22 助手 栗東坂良 2カイ  58.1−41.6−27.0−13.6 馬なり余力
ハギノグランコート(二未勝)馬なりに0.1秒先行0.2秒先着
11/25 川須 栗東坂良 2カイ  55.0−40.0−26.0−12.7 強目に追う
ハギノグランコート(二未勝)叩一杯に0.1秒先着
(11月26日)


11月13日に帰厩。18日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行っており、4ハロン55秒0、終い12秒7を計時しており、良く動けていますし馬体の肉付きも良く、悪くない感触だと思います。ここ数戦の内容が振るわないこともあり、この辺りでスピード競馬を使って刺激を与えるのも良いかと思い、京都の1600mを使ってみることにしました」とのことで、11月28日(土)京都・芝1600mに向かう予定だ。
11/15 助手 栗東坂不 2カイ  58.4−42.4−27.4−13.6 末強目追う
11/18 川須 栗東坂重 2カイ  55.0−39.8−25.2−12.7 一杯に追う
(11月19日)


11月5日よりグリーンウッドTで調整中。11日、担当者の話では「テンション面も落ち着きつつあり、移動後も問題はありません。大きな疲れもなく、いつ移動の声がかかっても問題ないよう進めていきます」とのこと。高野調教師も「特に悪いところはなく馬も元気な様子です。小回りが合うタイプで、この時期は暮れの中京も含めてあまり合う番組が無さそうですが、馬の状態と番組条件を見つつ、使えるところがあれば使ってみたいと思っています」とのこと。12日、高野調教師より「明日の検疫で帰厩させることにしました。強目を1本乗ってみて使うレースを検討します」との連絡が入った。
(11月12日)


11月1日・東京・精進湖特別(ハンデ戦・芝2000m)に出走し16着。一息入れることになり、11月5日にグリーンウッドTへ移動している。6日、担当者の話では「競馬に行って馬体が減っていましたが、現在は414キロまで戻っています。脚元や背腰に目立つ疲れはありませんが、レース後かなりテンションが上がっていますので、少し息抜きをさせてから乗り出す予定です」とのこと。
(11月6日)


11月1日撮影

11月1日(日)東京・精進湖特別(ハンデ戦・芝2000m)に池添謙一騎手で出走。馬体重は12キロ減の402キロ。メンコを着用し舌を縛って、少し緊張気味にパドックへ登場もすぐに落ち着いてくる。大幅な馬体減も、細い感じはなく、馬体に張りもあり、歩様に力強さもあって状態は良さそう。騎手が跨がってからも入れ込むことはなく、程よい気合い乗りで馬場へ向かった。芝コースへ入ると、すぐに勢い良く駆け出して行く。レースでは揃ったスタートも無理せず後方からの競馬。後方5番手のインを通り向こう正面を通過。後方5〜6番手で3〜4コーナーを周り最後の直線へ。馬場の外目に出されて追い出されると、ジワジワと伸びるが坂上で脚色が鈍り16着。レース後、池添騎手は「前半は少しハミを咬むようなところがありましたが、すぐに折り合いもつき問題ありませんでした。ただ流れが向かず、前3頭が飛ばしていた割にはペースが上がらず、後方の馬たちには厳しい展開になってしまいました。坂上で少し苦しがっていましたので距離も1ハロン長かったのかもしれません」とのコメント。また高野調教師は「体が減っていたのは問題なかったと思いますが、今日は展開が向きませんでした。ペース的にも後ろから行く馬には厳しい展開でした。現状では、展開の助けが欲しいところです。ただ今日の結果を見ると、東京は脚の使いどころが難しい感じです」とのこと。4日、高野調教師は「レース後も問題はありません。小回りの1800m位が良さそうですが、そうすると番組が全然見当たりません。少し間隔を取って使うことにしたいと思いますので、いったん放牧を挟みます」とのこと。今週、グリーンウッドTへ移動予定。
(11月4日)


11月1日(日)東京・精進湖特別(ハンデ戦・芝2000m)に出走する。10月29日、高野調教師は「昨日、坂路で併せ馬の追い切りを行っています。新馬相手だけに楽に先着する形で、良い動きが出来ていたと思います。予定通り今週の東京のレースに向かいます。具合は良さそうですし、力は出せるじょうたいにあります」とのこと。
◆出走予定:11月1日(日)東京9R・精進湖特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・芝2000m)池添謙一騎手(53キロ)
フルゲート18頭(出走予定全19頭、本馬より優先順位の高い馬7頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から8週
10/25 助手 栗東坂良 2カイ  57.1−40.6−26.0−12.7 馬なり余力
10/28 助手 栗東坂良 2カイ  55.2−40.3−26.4−13.3 末強目追う
セルデューク(新馬)一杯に0.2秒先行0.6秒先着
(10月29日)


10月15日に帰厩。11月1日(日)東京・精進湖特別(ハンデ戦・芝2000m)に向かう予定だ。10月21日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行い、4ハロン56秒7、終い13秒0をマークしました。併せた相手は良く動く馬で、最後は置いていかれてしまいましたが、この馬の追い切りとしてはいつもの動きでしたし、上がりに重点を置き、予定していた通りの調整が行えています。来週の出走に向けて進めています」とのこと。
10/18 助手 栗東坂良 2カイ  59.3−42.1−26.7−13.4 一杯に追う
ソングライティング(新馬)馬なりと同入
10/21 助手 栗東坂良 2カイ  56.7−41.5−26.8−13.0 一杯に追う
ソングライティング(新馬)一杯に0.2秒先行0.8秒遅れ
(10月22日)


10月14日、高野調教師より「グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、具合も良いので明日の検疫で帰厩させることにしました。東京4週目に芝2000mのハンデ戦が組まれており、軽ハンデを見込んでそのレースに向かいたいと思っています」との連絡が入った。15日に帰厩し、11月1日(日)東京・精進湖特別(ハンデ戦・芝2000m)を目標に調整する。
(10月14日)


引き続き順調。10月9日、担当者の話では「変わりなく順調です。馬場コース3000m、坂路1本中心に週2回15−15を乗り込んできており、来週あたりから12〜13秒ペースを開始予定です。高野調教師からもそう遠くなく帰厩させたい旨の話がきています」とのこと。
(10月9日)


9月9日よりグリーンウッドTで調整中。25日、牧場担当者は「この中間も問題は無く、現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17中心の調整です。使ってきている馬ですし、移動の話が出た段階でサッと強目を乗れば態勢を整えられると思います。リフレッシュさせつつ乗り込んでいきます」とのこと。高野調教師は「少し間隔を取り、京都か東京あたりの1800m戦を目標に」とのこと。
(9月25日)


9月5日・小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に出走し12着。9日にグリーンウッドTへ放牧に出ている。10日、牧場担当者は「レース後も問題は無さそうです。脚元や背腰の疲れも見られず、うるさいくらいに元気一杯です。問題は無いのでリフレッシュさせつつ乗り込んでいきます」とのこと。高野調教師からは「馬に問題はありませんが、スムーズに走れなかった前走の内容を一度リセットできればと放牧を挟みました。少し間隔を取り、京都か東京あたりの1800m戦を目標にしたいと思っています」との連絡が入っている。
(9月11日)


9月5日撮影

9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に浜中騎手で出走。馬体重は4キロ増の414キロ。メンコ着用。落ち着いた様子でパドックに登場。小柄な馬体だが体は引き締まって上々の仕上がり。小気味良い歩様と集中した雰囲気が好印象。他の馬にジョッキーが跨ってもイレ込むことはなく、気合いを見せつつ馬場へ。馬場入りの際にはチャカチャカしていたが、芝コースに入ってすぐ促されるとごく軽いキャンターで駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートを切り、無理せず後方からの競馬。最後方で1〜2コーナーを通過し、向正面の半ば過ぎから徐々に外目を上がっていく。5〜6番手で3コーナーを通過するが、徐々に後退し始めてしまう。8〜9番手で4コーナーを回り最後の直線に入るが、伸びきれず12着。浜中騎手は「スタートはいつものようにゆっくりと出て、無理せずに後方から。ペースが遅かったのでポジションを上げて行こうとしたのですが、道中は苦しがるところがあり終始外にモタれ、コーナーでも外に逃げるような格好で、スムーズに上がっていけませんでした。距離云々ではないと思うのですが」とのコメント。高野調教師は「道中で外にモタれてどこかリズム良く走れていない感じでした。乗り難しいところがあり、早めに動いても一息なところはある馬ですが、今日は終始苦しがっていて自分の形にも持っていけなかった感じです。具合自体は良かったと思うのですが・・・。今後については栗東に戻ってからの馬の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。7日、高野調教師は「レース内容から、状態に問題があるようなら長い休養が必要かもと思っていましたが、栗東に戻った後の具合を見ても特に問題は見られません。前半のポジションと道中で動いたことで、苦手な流れになり苦しくなったのだと思います。いったん放牧に出し、その後の様子を見て良さそうな番組を使いたいと思います。基本的には短期で戻せるのではないかと考えています」とのことで、9日にグリーンウッドTへ放牧に出る。
(9月7日)


9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に浜中騎手で出走する。2日、高野調教師は「本日、坂路で単走の追い切りを行っており、4ハロン56秒6、終い12秒8の時計で、良い感じに仕上がっていますし、これで充分だと思います。息遣い、筋肉のハリともに良好で、良い状態でレースに臨めそうです。斤量も前回同様の52キロですし、ぜひ頑張って欲しいと思います」とのこと。
◆出走予定:9月5日(土)小倉10R・玄海特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・芝2000m)浜中俊騎手(52キロ)
フルゲート18頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬6頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から5週
08/30 助手 栗東坂不 2カイ  58.6−42.4−26.8−13.0 馬なり余力
09/02 助手 栗東坂重 2カイ  56.6−40.8−26.2−12.8 一杯に追う
(9月3日)


9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に向けて、8月20日に帰厩している。26日、高野調教師から「レースに向けた1週前追い切りを行っています。放牧を挟んでいますが、体は良い仕上がりですので坂路で単走の調教です。4ハロン55秒6、2ハロン26秒0、終い13秒0を計時しています。時計はそれほどでもありませんが、終いは13−13でまとめていますし、質の良いフットワークでしっかりと駆け上がっており、状態は非常に良いと思います。また、馬体の張り・毛艶もとても良く、レース本番でも良いパフォーマンスが期待できそうです」とのこと。
08/23 調教師 栗東坂良 2カイ  56.5−39.8−25.6−12.7 一杯に追う
トレジャーステイト(三未勝)馬なりに0.1秒遅れ
08/26 助 手 栗東坂稍 2カイ  55.6−40.3−26.0−13.0 一杯に追う
(8月27日)


8月19日、高野調教師から「グリーンウッドTで順調に乗り込むことができました。明日20日の検疫で帰厩させて、予定通り小倉最終週に向かいます」との連絡が入った。次走9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に向けて20日に帰厩する。
(8月19日)


8月1日・小倉・不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)に出走し3着。8月7日にグリーンウッドTへ移動しており、次走は9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)を予定。8月13日、牧場担当者は「移動後も特に問題は見られず、既に馬場コース2000mを軽目で乗っています。明日から坂路調整を再開し、17−17程度で進めていく予定です」とのこと。
(8月13日)


8月1日撮影

8月1日(土)小倉・不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)に浜中騎手で出走。馬体重は4キロ増の410キロ。メンコ着用。落ち着いた様子でパドックに登場。小柄な馬体は相変わらずも、馬体の張り艶は上々で休み明けでも好仕上がり。気負いも無くのびのびと歩けており、具合いはとても良さそう。他の馬にジョッキーが跨ると気合いを表に出し、時折軽く小脚を使って馬場へ。芝コースに入って促されるとすぐスムーズに駆け出して行った。レースでは、まずまずのスタートを切り、無理せず後方4番手で1コーナーへ。前が飛ばして縦長の隊列となり、道中はそのまま馬群の後方を進む。3〜4コーナーで後方集団が動き始めると、本馬も気合いを付けつつ外目を上がっていき9〜10番手で直線に向かった。直線で追われると良い脚色で伸びて3着。浜中騎手は「軽い芝が合っているみたいで良い走りをしてくれました。ポジション的にも、前が流れていたのでドンピシャだと思ったのですが」とのコメント。高野調教師は「前も流れていたしハマったかと思ったのですが。勝負所を馬なりで上がっていく反応があれば差し切れたかもしれませんが、休み明けの分なのか反応がまだ一息な感じでした。1800の距離も良さそうですし、このクラスにメドの立つ走りをしてくれました。次走は8月23日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)か、9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)のいずれかで、馬の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。5日、高野調教師からは「レース後も大きな問題は無さそうです。次走は9月5日(土)小倉・玄海特別(ハンデ戦・芝2000m)に向かうつもりです。1800mの距離も良さそうですが、ハンデ戦ということを考え、玄海特別に向かうことにしました。少し間隔が開きますのでグリーンウッドTでの短期放牧を挟みます」との連絡が入っている。8月7日にグリーンウッドTへ移動している。
(8月7日)


今週8月1日(土)小倉・不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)に浜中騎手で出走予定。7月29日、高野調教師は「本日、川須騎手を背に坂路で追い切りを行っています。全体が56秒4、終い12秒6の時計で、暑さの厳しい時期でもあり、とにかく前半は無理をさせず最後の1ハロンをビシッと追うように指示を出しました。道中は楽をさせる形ですが、終いは十分に動けており良い状態で向かえそうです。馬体重に関しては以前の数字から殆ど変わりがなく、小柄な印象のままですが、毛艶や筋肉の張りはすごく良いので、1000万クラスに入ってどういう競馬をしてくれるのか楽しみにしています」とのこと。
◆出走予定:8月1日(土)小倉10R・不知火特別(3歳以上1000万円以下・混・ハンデ・芝1800m)浜中俊騎手(52キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬7頭、同条件の馬・本馬を含め2頭)*自身、前走から12週
07/26 助手 栗東坂良 2カイ  57.2−40.9−26.9−13.0 馬なり余力
07/29 川須 栗東坂良 2カイ  56.4−40.3−25.9−12.6 一杯に追う
ディグニファイド(古500万)叩一杯に首先着
(7月30日)


7月15日に帰厩。22日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の調教を行っており、4ハロン55秒1、終い12秒9の時計でした。助手が乗ってのもので、時計、動きともに悪くない内容だったと思います。至って順調にきており、これなら来週のレースに良い状態で臨めそうです」とのこと。8月1日(土)小倉・不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)に向かう予定だ。
07/17 助手 栗東坂重 2カイ  68.9−48.8−30.6−14.1 馬なり余力
07/19 助手 栗東坂重 2カイ  56.4−39.8−25.4−12.6 馬なり余力
ディグニファイド(古500万)一杯に0.2秒先行同入
07/22 助手 栗東坂良 2カイ  55.1−40.3−25.7−12.9 叩き一杯
ディグニファイド(古500万)一杯を0.4秒追走0.2秒遅れ
(7月23日)


7月15日の検疫で帰厩している。15日、高野調教師は「予定通り水曜の検疫で帰厩しました。ここから小倉開催に向けて調整を進めます」とのことで、8月1日(土)小倉・不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)を目標に調整する。もし間に合わなかった場合は翌週の8日(土)小倉・九州スポーツ杯(芝2000m)に向かう。
(7月16日)


グリーンウッドTで調整中。7月12日、高野調教師は「順調に乗り込まれており、小倉に向けて15日(水)の検疫で帰厩させることにしました。順調に進めば小倉1週目8月1日(土)不知火特別(ハンデ戦・芝1800m)に向かいたいと思います。十分使えると思いますが、もし間に合わなければ翌週に芝2000mもありますので」とのこと。
(7月13日)


グリーンウッドTで調整中。7月1日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、今週火曜(30日)から12〜13秒ペースを乗り出しています。小倉を目標に7月からペースアップするつもりで進めてきましたので、予定通りのメニューを消化できています。帰厩に向けて強目を乗り込んでいきます」とのこと。
(7月1日)


グリーンウッドTで調整中。6月18日、担当者の話では「現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週末から15−15を開始しました。調子落ちもなく、良い感じでリフレッシュできていますので、このまま15−15を継続して帰厩に備えます」とのこと。
(6月18日)


グリーンウッドTで調整中。6月4日、担当者の話では「乗り出した後も問題は無く、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整です。小倉開催を目指すと聞いていますので、当面は普通キャンターでリフレッシュに専念させ、目標レースが近づいてきたら日にちを逆算して強目を開始したいと思っています。馬は元気一杯で大変順調です」とのこと。
(6月4日)


5月13日よりグリーンウッドTで調整中。20日、担当者の話では「大きな疲れも見られず今週から馬場コースで2000mの乗り運動を開始しています。調子は良さそうなので、状態を維持しながらリフレッシュさせたいと思います。馬体重も405キロで変わりはなく、小柄なこの馬なりに良い体型を維持しています」とのこと。
(5月20日)


5月9日・東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に出走し10着。13日、高野調教師は「レース後も脚元に問題は無く、特に問題は見られませんが、いったんここで放牧を挟むことにしました。本日、グリーンウッドTへ移動しています。一息入れて得意の小倉開催で1000万条件を使いたいと思っています」とのこと。13日にグリーンウッドTへ移動している。
(5月13日)


5月9日撮影

5月9日(土)東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に田辺騎手で出走。馬体重は2キロ減の406キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。小柄な馬体ながら体の張り毛艶も良く、歩様も軽やかでキッチリ仕上がった感じで、状態はとても良さそう。パドックで騎手が跨ると気合いが乗り馬場へ向かった。小脚を使いながらダートコースを横切り芝コースへ入ると、しばらく歩かせた後、力強いキャンターで返し馬に入った。レースではマズマズのスタートから控えて後方からの競馬。内目で脚を溜めるような形で道中は進み、15〜16番手で3コーナーを通過し、14〜16番手で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ると、馬場簿外目からジワジワと脚を伸ばして10着。レース後、田辺騎手は「あまり早く仕掛けると思ったほど脚が使えないと聞いていましたので、道中はじっくり構えました。直線はこの馬なりに良く伸びていますが、展開と馬場が向きませんでした。今日は下が緩く、パンパンの良馬場ならもっと良い脚が使えていたと思います」とのコメント。高野調教師は「乗り役の話では、この馬にとっては馬場が緩く大分ノメっていたようです。そんな中でも最後までしっかりとしたアクションを見せて頑張っていました。現状としては精一杯の競馬だったと思います。この後については、厩舎に戻ってからの状態を見て考えたいと思います」とのこと。
(5月11日)


5月9日(土)東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に田辺騎手で出走予定。6日、高野調教師は「本日坂路で併せ馬の追い切りを行いました。川須騎手騎乗で54秒1、終い13秒3を計時しました。併せた相手は未勝利ですが調教で動く馬で、ジュヒョウ号は内からしっかり追う形で同入し上々な良い動きでした。悔いの残らない状態でレースに臨めると思います」とのこと。
◆出走予定:5月9日(土)東京11R・プリンシパルステークス(3歳OP・混・ダービートライアル・芝2000m)田辺裕信騎手(56キロ)
フルゲート18頭(出走予定全25頭〔未定1頭〕、収得賞金900万円以上・本馬を含め13頭)*自身、出走可能
05/03 助手 栗東坂良 2カイ  57.4−40.8−26.2−13.0 馬なり余力
05/06 川須 栗東坂良 2カイ  54.1−39.1−25.8−13.3 一杯に追う
マイティーフライ(三未勝)馬なりを0.4秒追走0.3秒遅れ
(5月7日)


5月9日(土)東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に向かう予定。4月29日、高野調教師からは「この中間も変わりはなく、本日坂路で川須騎手を背に単走の追い切りを行いました。2本目の時計が55秒6、終い13秒1で、今週チップの入れ替えがあったため、上滑りして時計がかかる傾向にあり、数字はあまり参考にならないかもしれませんが、動きや状態は今までの中で一番良かったように思います。川須騎手も『具合がすごく良い』と感じたようですし、私自身も坂路1本目に乗ってみて状態の良さを実感しました。これなら来週は整える程度の調整で本番に向かえると思います」とのこと。
04/24 川須 栗東坂良 2カイ  68.8−49.9−31.5−14.5 馬なり余力
04/26 助手 栗東坂良 2カイ  58.8−42.7−27.5−13.4 末強目追う
04/29 川須 栗東坂良 2カイ  55.6−40.5−26.2−13.1 一杯に追う
(4月30日)


5月9日(土)東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に向かう予定。4月22日、高野調教師からは「この中間も変わりはなく、本日坂路で併せ馬の調整を行っています。4ハロン56秒1、終い12秒9の時計で、体調は良好で身のこなしも良く、この馬なりに大変順調にきています。在厩のまま調整を進めてきて、馬体は十分に良い状態を維持していますし、来週から本格的な追い切りをこなしレース本番に向かいたいと思っています」とのこと。
04/17 助手 栗東坂重 2カイ  72.8−51.9−31.8−14.0 馬なり余力
04/19 助手 栗東坂良 2カイ  60.0−43.5−28.0−13.4 馬なり余力
04/22 川須 栗東坂稍 2カイ  56.1−40.5−26.3−12.9 一杯に追う
サンタフェチーフ(三未勝)一杯に0.1秒遅れ
(4月23日)


変わりなく順調。4月15日、高野調教師からは「この中間も順調です。本日、坂路で単走軽めの調整を行っており、4ハロン57秒3、終い13秒4といった時計です。状態としては大変良好で、何の問題もなく進んでいます。トライアルに向かう各馬の動向を見ますと、どちらかというとプリンシパルステークスが競馬をしやすいような気がしますので、このレースを目標に調整したいと思います」との連絡が入り、今後の状況次第で変わる可能性もあるが、5月9日(土)東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)目標で調整する。
04/12 助手 栗東坂重 2カイ  61.0−43.1−27.5−13.6 馬なり余力
04/15 助手 栗東坂不 2カイ  57.3−41.2−26.5−13.4 馬なり余力
(4月16日)


この中間も順調。4月7日、高野調教師からは「この中間も変わりなくきています。次走は京都新聞杯かトライアルのいずれかにと考えていますが、やはりこのクラスになると強いメンバーが揃いますので、直線勝負に賭けるような競馬をさせてみたいと思います。距離が伸びても問題無さそうなので、青葉賞も含めて検討します」との連絡が入り、5月2日(土)東京・青葉賞(GU・ダービートライアル・芝2400m)か、9日(土)京都・京都新聞杯(GU・芝2200m)、同日、東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に向かう予定。
04/05 助手 栗東坂重 2カイ  68.5−49.3−31.1−14.4 馬なり余力
04/08 助手 栗東坂不 2カイ  61.6−44.8−28.5−13.5 馬なり余力
(4月9日)


3月28日・阪神・毎日杯(GV・芝1800m)に出走し11着。4月2日、高野調教師は「レース後、飼喰いも良く元気もあり、在厩のまま様子を見ています。既に乗り出して坂路1本75秒位で上がらせていますが、特に問題は無さそうです。次走は京都新聞杯かプリンシパルステークスに向かうつもりでおり、中間にごく短期の放牧を挟むかもしれません」とのことだった。5月9日(土)京都・京都新聞杯(GU・芝2200m)か、同日、東京・プリンシパルS(ダービートライアル・芝2000m)に向かう予定。
(4月2日)


3月28日撮影

3月28日(土)阪神・毎日杯(GV・芝1800m)にバルジュー騎手で出走。馬体重は4キロ減の408キロ。メンコ着用。イレ込みも無く落ち着いた様子でパドックを周回。毛艶も大変良く、力強い歩様で元気に歩いており具合いはとても良さそう。ジョッキーが跨ると気合いを表に出し、ごく軽く小脚を使って馬場へ。芝コースに入って促されるとすぐスムーズに駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートを切るも、控えて後方からの競馬。外目11〜12番手で3コーナーを通過すると、徐々に外目を上がっていき、7〜9番手で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入るとジワジワと脚を伸ばしてくるが直線の半ばで脚色が鈍ってしまい11着。バルジュー騎手は「前半は力ませずリラックスして乗るよう指示があり、スムーズに運べたと思います。3〜4コーナーでの手応えも抜群で、追い出してから反応もあり、これならと思ったのですが、やはり相手も強くて力及ばず伸び切れませんでした。良く頑張っているのですが」とのコメント。高野調教師は「4コーナーの手応えも抜群で、乗り役も勝ちに行く競馬をしてくれました。馬の状態も良く、力を出し切る内容でしたが、今日のところはメンバー的に分が悪かった感じです。ただ、使いつつ力を付けてきていますし、まだ先がある馬なのでもう少し先を見てあげたいですね。この時期はトライアルしか使うところが無いので、一息入れたあと京都新聞杯に向かうかもしれません」とのことだった。
(3月28日)


3月28日(土)阪神・毎日杯(GV・芝1800m)にバルジュー騎手で出走予定。25日、高野調教師は「本日坂路で単走の追い切りを行い、4ハロン53秒8、ラスト12秒6の時計でした。中間の飼喰いも良く、直前の追い切りも加減せずにやれており、終い伸ばす指示でその通りの良い内容でした。フォームもしっかりしていて良い動きだったと思います。具合は良いのでぜひ頑張って欲しいと思います」とのこと。
◆出走予定:3月28日(土)阪神11R・毎日杯(3歳GV・国際・芝1800m)D.バルジュー騎手(56キロ)
フルゲート18頭(出走予定全17頭〔未定1頭〕、権利持ち0頭)*自身、権利無し
03/22 助手 栗東坂良 2カイ  58.4−41.6−26.6−12.8 馬なり余力
03/25 川須 栗東坂良 2カイ  53.8−38.8−25.1−12.6 叩き一杯
(3月26日)


3月28日(土)阪神・毎日杯(GV・芝1800m)に出走予定。18日、高野調教師は「レースに向けて、本日坂路で追い切りを行いました。単走で4ハロン55秒4、3ハロン40秒2、2ハロン26秒7、終い13秒9の時計でした。時計がかかってしまっているのは、最後の1ハロンのところで前後の脚を引っかけたのか、バランスを崩してしまい、終いは無理せず追わずに上がってきたためです。左前の落鉄もありましたが幸い馬に異常はなく、前半は手応え良く上がってきていたので、トレーニングの負荷も充分かけられていると思います。来週、予定通り毎日杯に向かいます」とのこと。
03/15 助手 栗東坂良 2カイ  60.1−42.9−27.1−12.8 末強目追う
03/18 助手 栗東坂良 2カイ  55.4−40.2−26.7−13.9 一杯に追う
(3月19日)


3月28日(土)阪神・毎日杯(GV・芝1800m)に向け、12日の検疫で帰厩している。12日、高野調教師は「順調に乗り込まれてきており、レースに向けて本日の検疫で帰厩させました。現在の馬体重は410キロで、放牧に出ても増えないタイプですが、厩舎で攻めても減らない馬なので心配はしていません。予定のレースに向けて進めていきます」とのこと。
(3月12日)


2月17日よりグリーンウッドTで調整中。次走は3月28日(土)阪神・毎日杯(GV・芝1800m)に向かう予定。6日、担当者は「乗り出した後も順調で、現在は周回コース3000mと坂路で17−17の調整です。来週火曜日から15−15を乗り出す予定です。馬体は増えていませんが、乗りながら維持できていますし、安定した状態で進めることが出来ています。目標のレースに向けてこのまま進めていきます」とのこと。3月5日現在の馬体重は409キロ。
(3月6日)


2月14日・小倉・あすなろ賞(芝2000m)に出走し見事優勝。高野調教師からは「レース後も問題はありません。次走は毎日杯(3月28日・土・GV・芝1800m)を目標にしたいと思います。17日にいったんグリーンウッドTへ放牧に出し、そのまま調教を積んでもらい、レースに合わせて帰厩させます」との連絡が入っている。20日、担当者は「輸送後が堪えた感じもなく、脚元にも問題はありません。週末までケアをして、来週から様子を見つつ乗り出し、目標のレースに向けて進めていきます」とのこと。20日現在の馬体重は409キロ。
(2月20日)


2月14日撮影

2月14日(土)小倉・あすなろ賞にバルジュー騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の412キロ。メンコ着用。イレ込んでいる感じは無く落ち着いた様子でパドックを周回。小振りでも体付きはしっかりしており、更に体が少しでも増えたのは好材料。パドックの外目をキビキビとした歩様で歩いており具合いはとても良さそう。他の馬にジョッキーが跨ると気合いを表に出し、小脚を使って馬場へ。芝コースに入って促されると外ラチ沿いを軽いキャンターでスムーズに駆け出して行った。レースでは、揃ったスタートから控えて7番手の位置。折り合って流れに乗り、3コーナーの手前から外目をじわじわと上がっていき、4〜5番手で直線へ。直線では馬場の外目を力強く伸びて見事優勝。勝ち時計は2分00秒4。上がりの3ハロンは35秒4。レース後、バルジュー騎手は「反応がとても良く、スピードも持っています。才能のある馬だと思います。良い時に乗せてもらい、良いレースが出来ました」とのコメント。また、高野調教師は「素晴らしい内容でした。スタートを出ていましたが、乗り役も上手く控えて思っていた通りの競馬をしてくれました。やはりこういう競馬が良さそうですね。2着馬も力のある馬ですし、この馬の走りを評価したいと思います。この後のことについてですが、馬の具合を見てトライアルか毎日杯あたりのレースを検討するつもりです」とのことだった。16日、高野調教師より「明日、いったん短期放牧に出します。牧場でも調整を積み、出走レースに合わせて帰厩させます」との連絡があり、グリーンウッドTへ放牧に出る。
(2月16日)


今週2月14日(土)小倉・あすなろ賞にバルジュー騎手で出走する。11日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行い、全体が54秒1、終い14秒1の時計でした。準オープン馬との併せ馬で前半のラップが速くなった分、最後は脚が上がりましたが、ここまでの調教課程で動けていましたし十分だと思います。放牧により馬体はフレッシュですし、力を出せる状態にあります。今週予定通り小倉のレースに向かいます。ここまでのレース内容から、前半はソフトに折り合いを付け、末脚を伸ばす競馬ができればと思っています」とのこと。
◆出走予定:2月14日(土)小倉10R・あすなろ賞(3歳500万下・混・芝2000m)D.バルジュー騎手(56キロ)
フルゲート18頭(出走予定全9頭)
02/06 助手 栗東坂重 2カイ  70.7−50.4−30.9−13.9 馬なり余力
02/08 助手 栗東坂重 2カイ  60.1−43.7−27.8−13.7 馬なり余力
02/11 助手 栗東坂良 2カイ  54.1−39.9−26.8−14.1 一杯に追う
スピナッチ(古1600万)一杯に0.2秒先行0.6秒遅れ
(2月12日)


1月28日に帰厩。次走は2月14日(土)小倉・あすなろ賞(芝2000m)に出走予定。4日、高野調教師は「本日、坂路で単走の追い切りを行っており、一杯に追って全体が55秒6、終い13秒3の時計でしたが、時計のかかる時間帯だっただけにまずまずの数字だと思います。口向きも良く全身を使って走れており、動きに不満のない内容でした。これなら来週のレースに十分な態勢で臨めると思います」とのこと。
02/01 助手 栗東坂不 2カイ  57.6−41.3−26.5−12.9 馬なり余力
02/04 助手 栗東坂重 2カイ  55.6−40.3−26.1−13.3 一杯に追う
(2月5日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、2月14日(土)小倉・あすなろ賞(芝2000m)に向けて帰厩する。1月28日、高野調教師からは「本日の検疫で栗東入りし、夕方厩舎に移動してきました。移動後も特に問題はありません。放牧中でもあまり馬体重は増えてきませんでしたが、到着後の馬体を見てもガレているようなことはありませんし、この馬なりの状態を維持しています。小倉のレースに向けて調整を進めます」との連絡が入っている。
(1月28日)


グリーンウッドTで調整中。現在は周回コース3000m、坂路1本17−17を中心に、週2回15〜13秒ペースを乗り出しており順調。1月21日、担当者は「週2回の強目を乗り出し、順調に乗り込んでいます。馬体をもう少し増やしたいところなのですが、体型的なものなのか、飼い葉を食べている割には増えてきてくれません。動きは良くなってきていますし、小倉出走に向けて帰厩の態勢を整えてきます」とのこと。1月21日現在の馬体重は407キロ。
(1月21日)


グリーンウッドTで調整中。現在は周回コース3000m、坂路1本17−17を中心に、週1回強目の調整を開始しており順調。1月9日、担当者は「順調にきており、7日(水)から15−15を乗り出しました。小倉出走を目標にピッチを上げています。もう少し馬体を膨らませながら進めたいところ」とのこと。1月8日現在の馬体重は406キロ。
(1月9日)

ページ上部へ

2014年

12月10日よりグリーンウッドTで調整中。24日、担当者の話では「特に問題はなく、到着後からすぐ乗り出すことが出来ており、現在は馬場コース2000mを20−20程度の調整です。疲れも無さそうですし、このまま進めて行けそうです。次走は、小倉のあすなろ賞を目指す予定です」とのこと。2月14日(土)小倉・あすなろ賞(芝2000m)に向けて調整を進める。
(12月24日)


12月6日・中山・葉牡丹賞(芝2000m)に出走し9着。9日、高野調教師から「レース後も問題はなく、厩舎周りの運動でも元気一杯の様子でした。今回のレースを振り返ると、外目をスムーズに進んでいましたが、結果的にはよどみのない流れとなり、小柄で少し非力な面がある分キツくなってしまった感じでした。馬に元気はありますが、いったん放牧を挟んでリフレッシュと充電にあてたいと思います」との連絡が入り、10日にグリーンウッドTへ放牧に出ている。
(12月10日)


12月6日撮影

12月6日(土)中山・葉牡丹賞(芝2000m)に柴田善臣騎手で出走。馬体重は2キロ減の408キロ。メンコ着用。入場直後は小脚を使いチャカチャカしていたが、イレ込んでいる感じは無く、すぐに落ち着いて集中した雰囲気で周回。馬体も引き締まっていて具合はとても良さそう。ジョッキーが跨がってもイレ込むことはなく、軽く小脚を使い気合いを見せつつ馬場へ。気合い十分に芝コースへ入ると、他の馬と一緒に行進した後、スムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつき先団へ。外目3〜5番手で1〜2コーナーを通過し向こう正面を進む。4〜5番手で3コーナーを通過すると、徐々に外目を上がっていき、ムチを入れながら3番手で4コーナーを回り直線に入るが、早々に手応えが怪しくなってしまい9着。レース後、柴田騎手は「スムーズに行ったと思ったのですが、4コーナーで脚色が一杯になってしまいました」とのコメント。また、高野調教師は「スムーズに来ていましたが伸びられませんでしたね。前に行くとあまり良くないのかもしれません。勝った時や3着に来たときも、道中はじっとしている形でしたからね。この後のことは厩舎に戻ってからの具合を見て考えたいと思います」とのことだった。
(12月6日)


12月6日(土)中山・葉牡丹賞(芝2000m)に柴田善臣騎手で出走予定。12月3日、高野調教師は「今週の出走に向けて、本日、川須騎手を背に坂路で単走の調教を行いました。4ハロンが54秒3、終い13秒1を計時し、時計のかかる時間帯だけにそれほど速いタイムではありませんが、動きは良かったですし、1週毎に良くなっている感触があります。今週予定通り中山に向かいます。小倉への輸送時の状態を見ても、輸送は苦にしないタイプのようなので心配は要らないと思います」とのこと。
◆出走予定:12月6日(土)中山9R・葉牡丹賞(2歳以上500万下・混・芝2000m)柴田善臣騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全11頭)
11/30 助手 栗東坂重 2カイ  60.1−43.7−28.1−13.6 末強目追う
セブンフォース(古1000万)馬なりを1.1秒追走0.4秒遅れ
12/03 川須 栗東坂良 2カイ  54.3−39.9−26.1−13.1 一杯に追う
(12月4日)


次走は12月6日(土)中山・葉牡丹賞(芝2000m)に向かう予定。11月27日、高野調教師は「この中間も順調です。本日、坂路で川須騎手が乗り併せ馬の調教を行いました。今週の雨で馬場がかなり重かったため、4ハロンが57秒2、終い13秒7と時計はかかっていますが、良く動けていた方ですし終いまで動きはしっかりしていて悪くない調教だったと思います。跨がった川須騎手も『しっかりと動けていたし、着実に良くなっている』と話してくれました。予定通り来週の中山に向かいたいと思います」とのこと。
11/24 助手 栗東坂良 2カイ  66.7−47.0−29.3−13.7 馬なり余力
11/27    栗東坂不 2カイ  57.2−42.0−27.3−13.7 脚色分からず
(11月27日)


11月16日・京都・黄菊賞(芝2000m)に出走し3着。19日、高野調教師は「レース後も脚元に問題はありません。まだ騎乗運動は開始していませんが、引き運動でも引き手をぐいぐい引っ張り元気一杯です。これなら続戦できそうですし、中2週で中山・葉牡丹賞(芝2000m)をと考えています。小倉出走時も輸送をこなしてくれましたし、輸送については問題ないと思います」とのこと。
(11月19日)


11月16日撮影

11月16日(日)京都・黄菊賞(芝2000m)にルメール騎手で出走。馬体重は6キロ増の410キロ。メンコ着用。少し子供っぽい素振りを見せ、2周したところで二人引きに。時折小脚を使い気合いを見せつつ元気に周回。馬体増で小柄でも体をしっかりと見せ、引き締まっていて具合はとても良さそう。他の馬にジョッキーが跨がると小脚を使い気合いを見せつつ馬場へ。芝コースに入り促されると軽快なフットワークで駆け出していき、200m地点で物見をするも特に問題なく待機所へ向かった。レースでは、まずまずのスタートを切り、無理はせず抑えて7頭立ての4番手で1コーナーへ。4番手をスムーズに追走も、3コーナー手前で後続が外を一気に捲って行き、流れが変わったところでスポットにはまって動けず後方2番手の位置に。直線で外に持ち出し追われると良く伸びたが3着まで。直線で他馬の進路が狭くなる事象あり。ルメール騎手は「追い出してからの反応が良く、加速の感触も良かったのですが(他馬の進路に影響を与える結果となってしまって)・・・。最後までしっかりと良い脚を使ってくれました」とのコメント。高野調教師は「後ろから捲って来られたときに動くに動けない位置でしたからね。あの位置から良く頑張っているのですが。この後のことは具合を見ながら使うところを考えたいと思います」とのことだった。
(11月17日)


今週の11月16日(日)京都・黄菊賞(芝2000m)にルメール騎手で出走する。12日、高野調教師から「相手関係を踏まえて検討した結果、500万条件の黄菊賞に向かうことにしました。小牧騎手が乗れなくなってしまったのでルメール騎手に依頼しています。本日、坂路で併せ馬の追い切りを行っており、全体が53秒4、終い12秒7の時計で、坂路での時計もまとめられるようになってきましたし、力を付けてきていると思います。体がしっかりしてきたので、当該週もビシッと追うことが出来ました。良い状態でレースに臨めそうです」との連絡が入っている。
◆出走予定:11月16日(日)京都9R・黄菊賞(2歳500万下・混・芝2000m)C.ルメール騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全8頭〔未定1頭〕)
11/07 助手 栗東坂良 2カイ  69.6−50.4−31.7−14.5 馬なり余力
11/09 助手 栗東坂良 2カイ  56.9−41.6−27.5−13.1 馬なり余力
マイネルカペラ(新馬)一杯を0.3秒追走同入
11/12 川須 栗東坂良 2カイ  53.4−38.8−25.5−12.7 一杯に追う
マサノアウトバーン(二未勝)一杯に0.6秒先着
(11月13日)


次走は、11月16日(日)京都・黄菊賞(芝2000m)か15日(土)デイリー杯2歳S(GU・芝1600m)目標に調整中。5日、高野調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行っています。中3週間隔の1週前追い切りということで、しっかりと負荷をかけられるタイミングですから併せ馬でビシッとやっています。全体が52秒6、終い13秒4の時計で、今日の重い馬場の中、テンはこの馬にとって少しきつめのラップで入ったにもかかわらず、終いまでよくこらえて上がってきました。レースに向けてとても良い調教を消化できたと思います。来週のレースは相手関係などを見て決めたいと思います」とのこと。
10/31 助手 栗東坂良 2カイ  68.4−51.1−32.8−14.4 馬なり余力
11/02 助手 栗東坂良 2カイ  60.2−43.6−28.4−13.7 馬なり余力
11/05 助手 栗東坂良 2カイ  52.6−39.4−26.3−13.4 叩き一杯
マイネルカペラ(新馬)バテるに3.6秒先着
(11月6日)


次走は、中3週の間隔を取り、11月16日(日)京都・黄菊賞(芝2000m)か15日(土)デイリー杯2歳S(GU・芝1600m)目標に調整中。10月29日、高野調教師は「この中間も変わりなくきており、本日は坂路を単走で軽く15−15程度のところを乗っています。順調に来ていますので、来週からはレースに向けてビシッとやるつもり」とのこと。
10/29 助手 栗東坂良 2カイ  60.4−43.9−28.3−13.8 馬なり余力
(10月30日)


10月18日・京都・紫菊賞(芝2000m)に出走し4着。22日、高野調教師は「レース後も元気一杯で、脚元も問題はありません。痛んでいる感じもありませんので続戦できそうです。現時点では中3週の間隔を取り、次の京都2週目の11月16日(日)黄菊賞(芝2000m)か15日(土)デイリー杯2歳S(GU・芝1600m)目標でと考えています。前回、超スローペースだったこともありますが、ハミを取って行ってきましたし、1600mも対応できそうだと思っています。もちろん2000mもこなせる馬ですし、直前の状態と相手関係などを見て検討したいと思います」とのことだった。
(10月22日)


10月18日撮影

10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)に小牧騎手で出走。馬体重は増減無しの404キロ。メンコ着用。気合いを見せつつも落ち着いた様子でパドックを周回。小柄だが馬体のバランス、張り・艶は良く具合は非常に良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みは無く気合いを表に出して馬場へ向かう。ゴール板過ぎまで歩かせていき、他の馬が駆け出すのに合わせて、スムーズに返し馬をおこなった。レースでは、まずまずのスタートを切り、7頭立ての5〜6番手インで1コーナーへ。コーナーワークでインを上がっていき向正面は3番手インで脚をためる。前との差を徐々に詰めつつ直線に向かい、追われると内目から脚を伸ばすも、1,2着馬の強烈な差し脚に及ばず4着まで。小牧騎手は「道中はゆったり流れて前残りの展開かと思ったのですが、この流れの中で後方から差した1,2着馬は力が違いましたね。この馬も思った以上に頑張ってくれましたし、以前に乗った時より大分パワーを付けている感じです。ソツのない競馬で流れにもスムーズに乗れました」とのコメント。高野調教師は「今までのように前半は追走に苦労するのかと思っていたのですが、2〜3完歩目から行き脚が付き、自分でポジションを取りにいけていました。上位2頭の強さは目立ちましたが、この馬もこのクラスで通用する力を見せてくれたと思います。具合を見ながら使うところを考えたいと思います」とのことだった。
(10月18日)


10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)に小牧騎手で出走する。15日、高野調教師は「今週も坂路で追い切りを行っています。喰いも良く変わりなくきていますので、しっかり追ってレースへと思い、併せ馬で川須騎手を乗せての調教です。テンから飛ばす形となり全体が52秒8、終いはさすがに時計がかかって13秒5でした。併せた相手は調教でも動く馬なので、騎手を乗せても同入という訳にいきませんでしたが、坂路ではあまり動けなかった馬がこの時計でビッシリと追えたので悪くない内容だと思います。体は増えていませんが、ここまでビッシリ乗ってきてもガレたりすることはなく、こういう体格のようですしこの馬なりに良い状態です」とのことだった。
◆出走予定:10月18日(土)京都9R・紫菊賞(2歳以上500万下・混・芝2000m)小牧太騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全8頭〔未定1頭〕)
10/12 助手 栗東坂良 2カイ  58.1−41.6−27.5−13.6 馬なり余力
10/15 川須 栗東坂稍 2カイ  52.8−38.8−26.0−13.5 叩き一杯
ミリオンヴォルツ(古500万)叩一杯を0.1秒追走1秒遅れ
(10月16日)


10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)に小牧騎手で向かう予定。10月9日、高野調教師は「レースに向けて、本日坂路で時計を出しました。3歳500万クラスの馬と併せて、全体が54秒2、終い13秒2の時計でした。先週はジョッキーが跨がった分もあり速めの時計が出ていますが、助手が跨がった今週もまずまず動けていますし、大分力を付けてきた印象です。コースで追えば時計は出せる馬ですが、現時点ではトレーニングの意味を含めて坂路追いメインでやっています。思惑通り背腰もしっかりして坂路で動けるようになってきましたし、良い感じで進んでいます。予定通り来週のレースに小牧騎手で向かいます」とのことだった。
10/05 助手 栗東坂良 2カイ  57.2−41.3−26.6−12.8 馬なり余力
10/09    栗東坂良 2カイ  54.2−39.5−25.9−13.2 脚色分からず
(10月9日)


10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)に小牧騎手で向かう予定だ。10月3日、高野調教師は「昨日、坂路で時計を出しています。川須騎手に跨がってもらい、全体が53秒3、終い12秒6の時計が出ており、以前の動きとはずいぶん変わってすごく良くなっていました。川須騎手も『素軽い動きでキレもあり、感触は良かった』と話していました。今回の放牧で馬体が大きくなってくれればと思っていましたが、数字的には大きく変わっていませんでした。でも、大分しっかりしてきたみたいですし、小柄なりに喰いが良いので、問題ないと思います」とのことだった。
(10月3日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ9月30日の検疫で帰厩している。10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)に小牧騎手で向かう予定だ。10月1日、高野調教師は「検疫馬房も取れましたので、昨日帰厩させています。具合も良いのでさっそく明日からある程度強目を乗り出すつもりです。レースの乗り役は、ここまで乗ってもらっている小牧騎手に声をかけてあります」とのこと。
10/01 助手 栗東坂良 2カイ  63.2−45.8−29.8−14.1 馬なり余力
10/02     栗東坂良 2カイ  53.3−39.3−25.8−12.6 脚色分からず
(10月2日)


グリーンウッドTで順調に調整中。10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)出走に合わせて帰厩予定。9月26日、担当者は「帰厩に向けてペースを上げており、週2回12〜13秒ペースで乗り込んでいます。いつ移動の声がかかっても良いように乗り込んでいます」とのこと。
(9月26日)


グリーンウッドTで順調に調整中。10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)出走に合わせて帰厩予定。9月17日、担当者は「引き続き、馬場コース3000m、坂路1本中心に週2回強目を消化させています。帰厩に向けて12〜13秒ペースを乗り込み、仕上げていきます」とのこと。
(9月17日)


引き続き順調。9月10日、高野調教師は「牧場で順調に乗られているようです。今のところ10月18日(土)京都・紫菊賞(芝2000m)を予定しており、すぐに仕上がる馬なのでレース直前の帰厩を考えています」とのこと。担当者は「馬場コース3000m、坂路1本中心に週2回15−15を消化しており、来週あたりから12〜13秒ペースを乗り出す予定です。次の京都3週目が目標と聞いていますので、レースに向けて態勢を整えていきます」とのこと。
(9月10日)


8月13日よりグリーンウッドTで調整中。28日、牧場担当者の話では「乗り出した後も順調で、現在は馬場コース3000mと坂路1本を17−17ペース中心の調整です。来週から15−15を乗り出す予定。高野調教師からは『京都2週目・紫菊賞(芝2000m)を目標に』という話がありましたので、レースに向けて徐々に進めていきます」とのこと。
(8月28日)


8月25日撮影

8月13日よりグリーンウッドTで調整中。20日、牧場担当者の話では「脚元の問題や大きな疲れも見られませんので、今週から乗り出しています。現在は馬場コース2000mを20−20程度の調整で、ここから徐々に進めていきます。調教師からは『京都の芝1800mや2000mを目標に』という話がありましたので、秋の開催に向けてしっかり乗り込んでいきます」とのこと。
(8月20日)


8月9日・小倉・芝1800mに出走し見事優勝。12日、高野調教師からは「レース後も脚元などに問題はなく、栗東へ無事に戻ってきました。大きなダメージはなさそうですが、いったん放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。今後については牧場での馬の状態次第で考えたいと思います」との連絡が入り、13日にグリーンウッドTへ移動している。
(8月13日)


8月9日撮影

8月9日(土)小倉・芝1800mに小牧騎手で出走。馬体重は増減無しの404キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。馬体減りも無く、小柄なりに体付きはしっかりしていて状態は変わりなくきている様子。ジョッキーが跨がると小脚を使い小うるさいところを見せつつ馬場へ向かう。レースでは、まずまずのスタートを切り、内の激しい先行争いを見つつ無理せず後方2番手の位置。向正面で気合を付け前の馬群の外に取り付き、3〜4コーナーでは外を捲ってきた馬を上手くやり過ごし手応えを残して直線へ。直線で追い出されるとしっかりとした脚取りで伸び、先に抜け出していた馬を2分の1馬身交わして見事優勝。勝ち時計は1分48秒9、上がり3ハロンは36秒7。小牧騎手は「2戦目で馬の体に力が感じられましたし、気持ちの面でも大分違ってきていました。前半の行きっぷりや終いの伸び脚を見ると距離はこの位が良さそうですね。極力ロスを控えて良い競馬が出来たと思います」とのコメント。高野調教師は「まだ調教でも無理をしていない段階でこういった競馬をしてくれて、これからが楽しみですね。ジョッキーも道中はロス無く乗り、最後の追い出しのタイミングを待って、上手く脚を使わせてくれました。ベテランらしい上手い騎乗だったと思います。今後については栗東に戻ってからの具合を見て決めるつもりですが、一つ勝ってくれましたので放牧を挟む方向で考えています」とのこと。
(8月9日)


今週8月9日(土)小倉・芝1800mに小牧騎手で出走予定。8月6日、高野調教師は「本日、坂路で軽めの時計を出しており、併せ馬で全体が56秒2、終い13秒2を計時しています。今日も余裕の手応えの時計という訳ではなかったのですが、坂路で時計が出るタイプではないですし、小柄な馬なりにまずまず動けていて順調だと思います。一つ使って体が増えたということもないのですが、減ってもおらず馬は元気一杯です。前走の競馬を見ても、テンに行くタイプではなさそうなので1800mを使ってみます。競馬慣れも必要ですし、中1週で今週のレースに投票します」とのこと。
◆出走予定:8月9日(土)小倉2R・2歳未勝利(混・芝1800m)小牧太騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全15頭、本馬より優先順位の高い馬7頭〔未定1頭〕、同条件の馬・本馬を含め7頭)*自身、前走から3週
08/03 助手 栗東坂良 2カイ  57.6−41.9−26.8−12.9 馬なり余力
ディグニファイド(新馬)馬なりを0.2秒追走0.1秒遅れ
08/05 助手 栗東坂良 2カイ  70.5−52.3−33.5−14.9 馬なり余力
08/06 助手 栗東坂良 2カイ  56.2−40.8−26.6−13.2 強目に追う
タイセイメテオ(二未勝)馬なりに0.2秒先行同入
(8月7日)


7月30日撮影

レース後も問題はなく、8月9日(土)小倉・芝1800mに小牧騎手で出走予定。7月30日、高野調教師は「この中間も変わりなくきていますので、中1週で来週の小倉に向かうことにしました。本日、坂路で全体が59秒1、終い13秒4程度のところを乗っています。小柄な馬ですし、暑い時期だけにこの位の調整でいいと思います。輸送もありますし来週もサッと乗る程度で小倉に向かいます。飼喰いも落ちていませんし、小柄なりに体がしっかりしていて良い雰囲気をキープしています。一つ使って良くなっていると思います」とのこと。
07/29 助手 栗東坂良 1カイ  67.4−48.1−30.8−14.6 馬なり余力
07/30 助手 栗東坂良 1カイ  59.1−43.4−28.0−13.4 末強目追う
(7月31日)


7月20日・中京・芝1400mに小牧騎手でデビューし8着。高野調教師からは「レース後も脚元に問題はなく、まだ厩舎回りでの運動のみで見ているところですが、大きな疲れも無さそうです。跨がってからの状態次第ではありますが、このまま続戦し、小倉の芝1800mに向かいたいと思います」とのこと。
(7月23日)


2014年

7月20日(日)中京・芝1400mに小牧騎手でデビュー。初出走の馬体重は404キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。時折小脚を使ったり物見をするも、気難しい面はなく、パドックの外目を元気に周回。小柄なりに体に張りと締まりはあり具合は良さそう。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく気合いを見せつつ馬場へ。芝コースに入ると行きたがる素振りを見せたが、なだめつつしばらく行進し、促されると他の馬達と一緒にスムーズなキャンターで駆け出して行った。レースでは、まずまずのスタートを切るも行き脚は一息で中団やや後方を追走。そのままの位置取りで3〜4コーナーを回り、直線で外目を追い出されるとジワジワと伸びて8着。小牧騎手は「まだ競馬が分かっていない感じで、エンジンのかかりも遅く、脚を使えたのは最後の100mくらいでした。もう少し距離を延ばした方が良さそうですね。小柄で馬っ気もキツかったですが、跨がった感触はとても良かった。走ってきそう」とのコメント。高野調教師は「直前の動きは目立たなかったものの、最後はジワジワ伸びていたし、次に繋がる競馬が出来ていたと思います 。まだ競馬が分かっておらず、遊び遊び走っていましたし、レースから戻ってきてもケロッとしていました。この後ですが喰いは良い馬ですし、疲れが無いようなら続戦出来そうです。もう少し距離があったほうが良さそうなので、小倉の1800に向かいたいと思います」とのこと。
(7月20日)


当初の予定を1週前倒しとし、今週7月20日(日)中京・芝1400mに小牧騎手でデビュー予定。16日、高野調教師から「本日も坂路で併せ馬の調教を行いました。全体が54秒2、終い13秒3の時計で、先週の動きとほぼ同じような感じでした。ただ、先週日曜にCWチップコースで時計を出したところ、併せた馬にも手応えは優勢で非常にのびのびとした走りが出来ていました。小柄な分、栗東の坂路はまだキツイようなのですが、コースではしっかりと動けていますし、調教本数も十分こなしているので、今週のレースに向かいたいと思います」との連絡が入っている。
07/13 助手 栗CW良                42.2−13.1 馬なり余力
07/15 助手 栗東坂良 2カイ  69.0−49.9−32.0−14.8 馬なり余力
07/16 助手 栗東坂良 2カイ  54.2−39.8−25.9−13.3 叩き一杯
ローレルベルカント(新馬)一杯に0.5秒遅れ
(7月16日)


6月25日にゲート試験合格。7月9日、高野調教師は「本日、坂路で同じ2歳の新馬と併せ馬で時計を出しました。全体が54秒6、終い13秒1の時計で、ラストは脚色一杯でちょっとヨレ気味でした。日々のキャンター調整での乗り味は良くなっており、ハミの取り具合もぐんぐん良化しているので、坂路で最後まできっちり動けるようなら今週のデビューもと考えていましたが、今週は見送りたいと思います。ある程度の距離があった方が良さそうなので、中京最終週の芝1600mをひとつの目標に進めます」とのこと。馬の状態次第で前後する可能性はあるが、7月26日(土)中京・芝1600mでのデビューを目指す。
07/06 助手 栗東坂良 2カイ  57.2−41.6−26.7−13.1 一杯に追う
ローレルベルカント(新馬)馬なりと同入
07/08 助手 栗東坂重 2カイ  68.1−51.4−33.7−14.9 馬なり余力
07/09 助手 栗東坂良 2カイ  54.6−39.6−25.9−13.1 叩き一杯
ローレルベルカント(新馬)一杯に0.2秒先行同入
(7月9日)


7月2日、高野調教師は「ゲートもクリアできましたので、今週から坂路で速めのところを乗り出しています。全体が54秒6、終い13秒2の時計で、今日は馬場も良い中で終いは脚が一杯となった感じではありましたが、1本目の調教としてはまあ上々と言って良いでしょう。競馬を使うにはもう少し乗り込む必要がありますが、今回強目を乗った後の疲れがないかを見た上で判断していきます。体は小さいですが飼喰いも良くて、思ったほどの疲れはなく、テンション面も今のところ問題はありません」とのこと。
06/20 助手 栗東E良                     14.5 ゲートなり
06/22 助手 栗東坂重 2カイ  56.0−40.9−26.7−13.6 叩き一杯
ウォルフラム(三未勝)馬なりと同入
06/24 助手 栗東坂良 2カイ  71.7−51.3−32.0−14.5 馬なり余力
06/27 助手 栗東坂良 2カイ  68.6−48.1−30.6−14.5 馬なり余力
06/29 助手 栗東坂重 2カイ  60.0−43.3−27.1−13.1 一杯に追う
ウォルフラム(三未勝)馬なりと同入
07/02 助手 栗東坂良 2カイ  54.6−39.4−25.7−13.2 叩き一杯
(7月2日)


6月25日、高野調教師は「本日、ゲート試験を受け、1回目で無事に合格してくれました。先週の段階では出がよく分かっていない感じだったのですが、とても真面目なタイプで学習能力が高く、人の指示にも素直に従い、すぐに出ることを理解したみたいです。入りも出も駐立も全く問題なく、すごく出が速かったわけではないのですが、馬が学習してくれたことと終始冷静に試験に臨めたのは良い傾向ですね。ゲートまで詰めて進めてきたため、疲れが出る可能性もありますが、問題がなければデビューまで進めていきたいと思います。この後の状態を見て放牧に出すかどうか判断します」とのこと。
(6月25日)


6月14日に入厩。18日、高野調教師は「入厩後も順調です。現在はゲート中心の調整を行っており、扉を閉めての駐立まで問題なくクリアし、音の出る扉を開け出る練習を始めました。まだ発進が分かっておらず常歩でゆっくり出る感じなので、しばらく発進に重点を置いて練習を進めます。この段階で苦しくなってくることも多いですが、何とか乗り越えて欲しいですね。血統面からは気性のきつそうなイメージはありますが、今のところ悪さもせず素直に調教に取り組んでくれています。跨がった感触では、小柄な馬ながら大きく歩いて、動かしてみると体の小ささを感じさせません。なかなか面白そうな馬です」とのこと。
(6月18日)


6月13日、高野調教師より「順調に進んでおり、明日の検疫が取れましたので入厩させます」との連絡が入り、14日に入給する。牧場担当者は「到着後の体調面も問題はなく、現在、馬場コース2000mと坂路1本17−17ペースで乗っており、入厩に向けて今週末から15−15も乗り出す予定です。小柄ですが動きの良さは目立っています」とのこと。
(6月13日)


5月27日にグリーンウッドTへ移動。6月4日、高野調教師は「昨日、馬を見てきました。小柄ですが体のバランスが良く、動き、乗り味の良い馬で、飼喰いも旺盛なタイプで体調面は心配なさそうです。仕上がりも早そうですし、まずはゲートクリアを目指して近々入厩させたいと思います。日程はまだ決まっていないのですが、検疫馬房にキャンセルがあった場合等、そのタイミングで入れることも考えています」とのこと。同日、牧場担当者は「到着後の体調面も問題はなく、現在、馬場コース2000mと坂路1本17−17ペースで乗っており、入厩に向けて今週末から15−15も乗り出す予定です。小柄ですが動きの良さは目立っています」とのこと。グリーンウッドT到着時の馬体重は413キロ。
<栗東近郊へ移動しました>
同馬は近日中に入厩することになりました。お申し込みは6月6日(金)午後3時で締め切らせて頂きます。ご検討中の方はお早めにお申し込み下さい。
(6月4日)


強目も順調に消化し、入厩に備えて栗東近郊へ移動することになった。5月24日の便で社台ファームを出発し、セグチレーシングステーブルを経由し、27日にグリーンウッドTへ到着している。牧場担当者は「輸送熱などもなく無事に到着し、既に乗り運動を開始しました。現在、馬場コース2000mを20秒程度で乗っています。輸送で馬体を減らすこともありませんでしたし、移動の声がかかれば態勢は整えられると思います」とのこと。高野調教師から「移動後の状態次第ではありますが、問題が無いようであれば、それほど時間を置かずに入厩させて、ゲートだけでもクリアさせられればと考えています」との連絡が入っている。5月14日現在の馬体重は412キロ。
(5月30日)


週2回、強目も消化し、入厩に備えてグリーンウッドTへ移動することになった。5月23日、担当者から「24日の便で出発し、セグチレーシングステーブルを経由し、来週、グリーンウッドTへ移動する予定です」との連絡が入った。同日、高野調教師から「予定通り、栗東近郊に向けて北海道を出発することになりました。移動後の状態次第ではありますが、問題が無いようであれば、それほど時間を置かずに入厩させて、ゲートだけでもクリアさせられればと考えています」との連絡が入っている。5月14日現在の馬体重は412キロ
(5月23日)


5月21日、高野調教師から「順調にきており、来週の便でグリーンウッドTへ移動させて、近場で状態を見ながら調整を進めることにしました。具体的な入厩時期はまだ決めていませんが、移動後の馬の状態を見ながら6月あたりに入厩させたいと考えています。小柄ですが調整自体は大変順調に進んでいますし、ゲート試験を受けたりトレセンでの通常メニューは十分こなせそうです。まずはゲートだけでもクリアできれば」との連絡が入っている。5月14日現在の馬体重は412キロ。
(5月21日)


高野調教師は「具体的な入厩時期を決めたわけではないのですが、トレセン近郊で調教を進めることにしたいと思います。移動後の状態によって入厩時期を検討するつもり」とのこと。
(5月19日)


引き続き直線ダートコース1本17−16を中心に、週2回外回りコースから3ハロン44〜43秒程度のところを消化しており順調。担当者の話では「強目を継続して細化もなく順調です。12日に来場した高野調教師が状態を確認し、近々栗東近郊へ移動させて入厩に備えることになりました。このまま乗り込み移動への態勢を整えます」とのこと。5月14日現在の馬体重は412キロ。
(5月16日)


現在は直線ダートコース1本17−16を中心に、週2回外回りコースから3ハロン44〜43秒程度のところを消化しており順調。担当者の話では「まだ幼い印象は残るものの動きはまずまず。運動量を増やしてきても細化が無い点は評価したいですね。成長を促しながら進めています」とのこと。4月30日現在の馬体重は412キロ。
(5月1日)


4月撮影

直線ダートコース1本17−16を中心に、週2回2本の登坂を開始しており順調。担当者の話では「馬体は少しずつ増えており、筋力も付けてきて動きに粘りが出てきました。気持ちにも前向きさがあり良い動きをしていますが、まだ線の細さがありますので成長を促しながら進めています」とのこと。4月8日現在の馬体重は415キロ。
(4月10日)


引き続き常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、常時直線ダートコース1本17−16を消化しており順調。担当者の話では「同様のメニューになりますが、小柄でまだ成長途上にあるため、緩急を付けた調整を心がけています。精神面の若さも残っていますが、ステイゴールド産駒らしい悍性の強さがあり、これは良いことだと思います。前進気勢も目立っており動きは良好です」とのこと。3月16日現在の馬体重は414キロ。
(3月24日)


馬名は、ジュヒョウに決定した。(Juhyo・意味、由来:樹氷…母名より連想)引き続き常歩3000m、ダク1200m、常時直線ダートコース1本17−16の調整。担当者の話では「精神面の若さも変わりない感じではありますが、動きは良好で引き続き順調です。前進気勢も十分ですし、ステイゴールド産駒らしい俊敏さも見せています」とのこと。2月22日の馬体重は410キロ。
(3月1日)


現在は常歩3000m、ダク1200m、常時直線ダートコース1本17−16の調整。担当者の話では「引き続き順調でとても良い動きをしています。まだ気性面に幼さがあって落ち着きがなく、思うように馬体が増えてこないのはそれが原因かもしれません。気性面を馬体の成長を促していきます」とのこと。2月5日の馬体重は409キロ。
(2月12日)


現在は常歩3000m、ダク1000m、常時直線ダートコース1本17−16の調整。担当者の話では「順調に乗り込んでいます。馬体重は少しずつですが増えており、乗り込みを緩めずの体重増加に好感が持てます。ステイゴールド産駒らしい気性面の激しさも見せているが、動きは敏捷性充分だ。スピード能力ありそう。体重のことを考慮し、まだ思い切って攻められませんが、能力の高さは感じています」とのこと。1月中旬の馬体重は411キロ。
(1月30日)


現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線ダートコース1本17−16の調整。担当者の話では「順調に乗り込んでおり、乗りながらの体重増に好感が持てます。ステイゴールド産駒らしい気性面の激しさも見せているが、動きは敏捷性充分だ。スピード能力ありそう」とのこと。1月6日現在の馬体重は411キロ。
(1月8日)

ページ上部へ

2013年

直線ダートコース1本17−16を乗り込まれており順調。やや気性面で幼さがあり、心身ともにまだ子供な印象。スピード能力は感じさせ、乗りながら成長を促したい。馬体重は398キロ。
(12月27日)


11月撮影

乗り馴らしを終え、11月上旬より直線入りを開始。直線ダ1本17−16のメニュー。小柄だが、動きが軽くスピード能力は確か。馬体減りに注意して進める。馬体重410キロ。
(11月下旬)


放牧は継続しながら日中に乗り馴らしの訓練中。馴致場で右手前・左手前のキャンターを消化。前向きで利発な気性。負けん気は強いが人には従順。馬体重420キロ。
(10月下旬)


ブルーグラスFで初期馴致を行い、9月19日に社台Fへ移動。馴致場で右回り・左回りのキャンター調整。まだ非力な印象。成長を促しつつ進めたい。馬体重410キロ。
(9月下旬)


パンフ使用写真

体重404キロ 体高147cm 胸囲167cm 管囲19.5cm
(8月中旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)