シャンボールナイト

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はシャンボールナイト(意味:フランスの世界遺産シャンボール城より+騎士。ジャンボールの騎士・Chambord Knight)に決定した。
  • 同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
    アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・武井亮厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

セグチレーシングS(チバ)で調整中。7月24日、牧場担当者は「土曜日に局所チルドレンを行いました。今週より坂路で軽く乗っていますが、両前の深管が少し気になるようなので、本日オゾン筋注を行いました。坂路で軽く乗りながら様子を見て進めて行きます」とのこと。
7月26日、武井調教師は「乗り運動を開始したみたいですので、来週牧場に行って、馬の状態を確認してきます」とのこと。7月26日現在の馬体重は488キロ。
(7月26日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。7月19日、牧場担当者は「獣医師より運動開始OKの指示が出ましたので、月曜日からダクでの運動を開始しました。今週いっぱいはダクのみの調整で様子を見ます。また獣医師より『休んでいた期間が長かったので慎重に進めて行くように』との指示もありましたので、状態を見ながら慎重に進めて行きます」とのこと。
(7月19日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。7月14日、武井調教師は「本日、馬の状態を確認してきました。球節の腫れもひき、触診しても痛みはありません。明日、獣医師が再度馬の状態を確認して、OKが出れば乗り運動を開始できると思います」とのこと。
(7月14日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。7月5日、牧場担当者は「先週末に関節内注射(ステロイド系の消炎剤、ヒアルロンサン)と局所チルドレンを行いました。現在はウォーキングマシーンでの調整ですが、歩様も悪くありませんので、今週末に獣医師に診てもらい、問題がなければ乗り始める予定です。体重は494キロです」とのこと。
7月7日、牧場担当者は「本日に獣医師に状態を確認してもらったところ『触診しても、もう痛みはないので運動を開始して大丈夫です』とのことでしたので、明日から常歩での運動を開始します。常歩での運動を1週間続けてみて問題がなければ、徐々に調教を進めて行く予定ですが、この感じなら問題無く進めていけると思います」とのこと。
(7月7日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。6月26日、牧場担当者は「先週ショックウェーブを行いましたが、思ったほど痛みが取れていないようで、歩様もあまり変わらず、触診すると痛がります。トレセンでレントゲン検査を行っているみたいですが、念のため再度レントゲン検査を行い、その結果を見て獣医師と相談して今後の治療方針を決める予定です」とのこと。
6月28日、牧場担当者は「レントゲン検査を行いましたが、骨自体に異常は見つかりませんでした。原因がはっきりしませんが、ステロイド系の消炎剤と軟骨のケアのためヒアルロンサンを注射します。また骨自体を強くするチルドレンも使い様子を見ます」とのこと。
(6月28日)


6月15日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。21日、牧場担当者は「球節の痛みが余り取れていないので現在はウォーキングマシン調整で様子を見ています。痛みが取れてから乗り運動を開始する予定です。体重は492キロです」とのこと。
なお、同馬は現在美浦・二ノ宮敬宇厩舎に所属しておりますが、この度、美浦・武井亮厩舎へ移籍させて頂くこととなりました。脚元の痛みが取れ、状態が整い次第、美浦TC・武井厩舎に入厩する予定です。
※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内いたします。
(6月21日)


6月14日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「再度球節のレントゲン検査を行いましたが、骨に異常は見られません。ただ球節部に熱感が残っていることと、トモにも少し疲れもありますので、一度放牧に出そうと思います」とのことで、セグチレーシングS(チバ)へ放牧に出る予定。
6月15日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。16日、牧場担当者は「左前の球節に腫れは見られませんが、触診すると痛がりますのでショックウェーブを行いました。トモの疲れはそれほどでもないので心配要らなそうです。来週の月曜から跨がってみる予定です」とのこと。
(6月16日)


6月7日撮影

6月7日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「引き続きゲート練習中心に調整してきましたが、本日馬房で脚をぶつけたのか捻ったのか、左前球節を少し気にしていたため念のためレントゲン検査を行いました。異常無しとの診断でしたが、念のため3〜4日後にもう一度検査を受けさせます」とのこと。
6月9日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「歩様も良くなり再度検査もしましたが問題ありませんでした。本日から消炎剤を抜いて調整していますが、歩様も問題無く痛みもないようです。骨は異常ないと思いますが、左前の球節部に少しだけ腫れが残っていますので、念のため来週もう一度球節部のレントゲンを撮ります」とのこと。
6/4 助手 美南坂良 1カイ 61.9-42.2-27.4-13.1 馬なり余力
クエントアスール(新馬)馬なりを0.6秒先行同入
(6月9日)


5月26日に美浦TCへ入厩。31日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「検疫が取れましたので先週入厩させました。入厩後も順調で、現在はゲート練習中心に調整しています。まだまわりを少し気にするところがあるのですが、明日練習がてらゲート試験を受けさせてみる予定です」とのこと。
6月1日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「本日ゲート試験を受けさせましたが、1回目のスタートが悪かったため、2回目は行いませんでした。もう少しスタートの練習をして、来週再度試験を受けさせたいと思います」とのこと。
(6月1日)


5月20日に大瀧ステーブルへ移動。24日、二ノ宮厩舎スタッフの話しでは「大瀧ステーブル移動後の状態に問題がなければ、来週か再来週に入厩の可能性があります。先ずはゲートを練習しつつ、そのままデビューできるのかどうか進めて行こうと思います」とのことで、近々入厩する予定。
(5月24日)


5月8日撮影

ファンタストC木村牧場で調整中。5月19日出発の便で美浦近郊の大瀧ステーブルに移動することになった。18日、牧場担当者の話では「現在坂路では馬なりで半マイル55秒、ラスト13秒前後といったメニューを消化しており、移動の態勢はほぼ整いました。暑くなる前に美浦近郊へ移ることになり、明日の便で出発予定です。ゲート練習も入りと駐立は問題なくこなしており順調です」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。最新動画(4月末撮影)
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(5月18日)


4月中旬撮影

ファンタストC木村牧場で調整中。屋外坂路コースで週1回15〜16秒ペースを消化。4月中旬から15秒を切るペースでも乗り出しており順調だ。担当者は「屋外ウッドチップコースが開場してから順調に調教ピッチを上げてきています。今のところ与える課題を問題なくこなしてきてくれていますし、疲れも見せず良い状態をキープ出来ているので、今後さらに負荷をかけてピッチを上げていく予定です」とのこと。4月初旬の馬体重は474キロ。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(5月5日)


4月15日撮影

木村牧場ホームページでもアップ頂いている最新画像です
(4月17日)


3月下旬撮影

ファンタストC木村牧場で調整中。4月14日、担当者の話では「4月に入って屋外コースが開場し、さっそく広い馬場を使った調整を開始しています。現在は周回コースでキャンター3000mを中心に、坂路では週1回15〜16秒ペースを乗り出しています。まだ物見をしたりして、自分からハミを取っていくほどではないものの、進んでいる組のメニューを他の馬達と一緒に問題なくこなしており、ペースが上がって体型も良化してきました。跳びも柔らかく、一追い毎に良くなっている印象ですし、トモに力が付くのが楽しみですね。ここから更に時計を詰め、距離を伸ばして負荷をかけていきます」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(4月14日)


ファンタストC木村牧場で調整中。3月29日、担当者の話では「引き続き屋内のダートコース3000mと、週1回坂路で乗り込んでいます。来週の屋外コース開場を控えて、今週坂路では15〜16秒ペースを消化させました。この調子なら屋外コースに入って程なく15−15を開始できる見込みで、至って順調にきています」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(3月29日)


ファンタストC木村牧場で調整中。3月17日、担当者の話では「屋内のダートコースでキャンター3000m中心に、週1回坂路で17−17ペースを消化しています。屋外コース開場後のペースアップに向けて順調にきています」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(3月17日)


ファンタストC木村牧場で調整中。3月2日、担当者の話では「現在は屋内のダートコースでキャンター3000m中心に、週1回坂路で17−18ペースを消化しています。徐々にピッチを上げてきており、乗り込むにつれて体の成長が見られます。背丈も伸び、どうも伸びてきて体付きが良くなってきました。3月終わり頃から屋外ウッドチップの坂路コースが使えるようになりますので、その開場に合わせて4月から15−15を乗り出せるよう、逆算して進めていく予定です。ペースアップ後も馬体が増えており、このまま進めていけそうです」とのこと。9日、担当者より「2月の調教動画をアップしました。徐々にペースを上げ、現在坂路では17秒ペース中心に消化しており、動画撮影時も同様の内容です」との連絡が入った。3月初旬の馬体重は472キロ。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(3月9日)


ファンタストC木村牧場で調整中。2月17日、担当者の話では「引き続き屋内のダートコースでキャンター2500〜3000m中心に、週1回坂路で19秒前後を消化し、同様のメニューで順調に乗り込んでいます。感触としてはもう少し速いところも乗れそうですが、敢えて我慢させて乗り込み体力強化に励んでいるところで、ここからは徐々に時計を詰めつつ進めていけそうです。1月のリフレッシュ分と馬体成長分とで体は増えてフックラしています」とのこと。2月9日現在の馬体重は466キロ。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(2月17日)


ファンタストC木村牧場で調整中。2月3日、担当者の話では「現在は屋内のダートコースでキャンター2500〜3000m(ハッキングで1800m、20〜25秒ペースで1200m)中心に乗り込んでいます。1月下旬から降雪の状況を見つつ週1回程度坂路入りしており、坂路では18秒程度の調整です。坂路で乗り出した後も問題は無く、馬に合わせて乗り込んでいきます」とのこと。
(2月3日)


ファンタストC木村牧場で調整中。1月19日、担当者の話では「年末年始期間にリフレッシュし、現在は屋内のダートコースでハッキングキャンター2000mを中心としたインターバル調整を行っています。いつでも坂路入りを再開できる状態なのですが、吹雪や強風の日が続いており、こういう時に無理はしたくないのでダートコース中心で乗り込んでいるところです。天候が良くなるのを見計らい、今週末以降、坂路での調整も行っていきたいと思っています。まだこの時期ですので無理せず進めます」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(1月20日)


ファンタストC木村牧場で調整中。同様のメニューで乗り込まれ、年末年始期間の12月30日〜1月5日までウォーキングマシン調整でリフレッシュを挟んだ。1月6日、担当者の話では「この期間に一息入れさせ、本日から騎乗を再開していますが、特に問題はありません。徐々にペースを戻していき、来週末くらいから坂路入りを再開したいと思っています」とのこと。 (1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

ファンタストC木村牧場で調整中。初期馴致とドライビングを終え、屋内馬場でハロン25秒位のキャンター2000〜2500mと週1回屋内坂路で20〜25秒ペースの調整。担当者の話では「気性は大変素直で、前向きな気持ちも持っており至って順調に乗り込むことが出来ています。集団調教では先頭に立っても後ろに付けさせても、乗り手の指示にしっかり従い、とても良い感じで進んでいます。ここから徐々にペースを上げていきます」とのこと。
同馬の近況画像を、木村牧場ホームページにアップしていただいております。
アドレスはhttp://kimurabokujo.com/です
(12月15日)


10月26日よりファンタストC木村牧場で調整中。移動後5日間は環境に慣らしつつウォーキングマシン調整を行い、初期馴致とドライビングを開始した。特に問題は無く、11月9日からは常歩での乗り運動を開始しており順調。担当者は「こちらにきてからも飼喰いは良好ですし、大人しくて順調に馴致を進めることが出来ました。ここから1〜2週間は乗り馴らしを行い、徐々に進めていく予定です」とのこと。11月2日現在の馬体重は452キロ。
(11月14日)


10月26日にファンタストC木村牧場に移動。移動に向けて体調を整えつつ放牧とロンギ場で初期馴致を行っている。馬の中では親分肌だが、人には従順。マイペースな性格だ。9月中旬の測尺は体重444キロ 体高155.0cm 胸囲178.0cm 管囲21.0cm。
(10月上旬)


パンフ使用写真

体重438キロ 体高155.0cm 胸囲176.0cm 管囲21.0cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)