シネマソングス

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はシネマソングス(意味:映画音楽・Cinema Songs)に決定した。

ノーザンファーム天栄在厩(美浦・小笠倫弘厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

ノーザンF天栄で調整中。9月20日、小笠調教師は「9月中に入厩できる体勢が整いそうと牧場から聞いていますので、9月下旬から10月初めの入厩を検討しています」とのこと。
(9月20日)


ノーザンF天栄で調整中。9月13日、牧場担当者は「少し細身の馬体ですが、大分良くなってきています。現在は順調にハロン14秒のところを乗り込んでいます。今月中に入厩できるように調整しています」とのこと。小笠調教師は「順調と聞いていますので、牧場と状態の確認を取って、入厩の段取りをします」とのこと。
(9月13日)


ノーザンファーム天栄で調整中。8月30日、牧場担当者は「坂路で15−15を開始した後も順調です。現在は3ハロン42秒を切るペースで調整を行っています。このまま入厩の声が掛かるまで乗り込みます」とのこと。また小笠調教師は「9月中に具合を見て帰厩させたいと思っています。予定では中旬頃を考えています」とのこと。
(8月30日)


8月16日、小笠調教師は「8月12日にノーザンF天栄に放牧に出しました。ゲート試験は受かりましたが、まだ華奢で頼りないところがありますので、この放牧でもう一回り幅が出てくれればと思います」とのこと。
8月18日、牧場担当者は「大きな疲れや傷みもなく、本日より坂路コースでの調教を開始しました。まだハロン15秒での調整ですが、ここからはデビューに向けて進めて行きます」とのこと。
(8月18日)


8月9日、小笠調教師は「本日、2回目のゲート試験で合格してくれました。出はマズマズ上達しましたが、すごく速いわけではありません。ここまでのゲート練習で精神的な疲れも見られますし、まだピリッとしたところが見られませんので、週末まで様子を見て一度放牧に出すかもしれません」とのこと。
(8月9日)


8月2日、小笠調教師は「ゲート練習中心の調整ですが、ゲートが開く音に驚いて頭を上げ気味になってしまいますので、もう少し練習が必要そうです。このまま練習を続けて、金曜日から試験を受けさせようと思っています」とのこと。4日、小笠調教師から「本日、ゲート試験を受けたところ、出が一息で不合格でした。練習して再挑戦します」との連絡が入った。
(8月4日)


7月26日撮影

7月22日に美浦TCへ入厩。26日、小笠調教師は「少しテンションは高めですが、入厩後も順調です。昨日からゲートの練習を開始しました。先ずはゲート試験合格を目指し進めて行きます。馬体はまだ、少し華奢な印象はありますが、バランスの良い馬で楽しみです」とのこと。
(7月26日)


7月17日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。7月19日、小笠調教師は「土曜日の検疫が取れましたので、木曜日に北海道を出発し天栄でワンクッション入れて土曜日に入厩させます」とのことで、7月22日(土)に入厩する予定。
(7月19日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。7月12日、小笠調教師は「順調にきているようなので、来週の検疫で入厩させる予定です」とのこと。
<お申し込み締切>
同馬は近日中に入厩のため、7月12日(水)午後3時でお申し込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
(7月12日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。7月5日、小笠調教師は「月曜日に馬の状態を確認してきました。順調にきているようですが、厩舎長と話しをしたところ『あと、2本強目を乗ってからの方がより良い状態で送り出せそうです』との話しでしたので、再来週あたりでの入厩を考えたいと思います」とのこと。同日、牧場担当者は「引き続き坂路で強目を乗り込んでおり、今週は16−15のメニューを消化しています。先週、先々週は14秒台を計時しており、移動の態勢は整ってきました。このまま移動に向けて進めます」とのこと。
<近々入厩の可能性あり>
同馬は入厩時期がずれたため、キャンセル待ちのお申し込みは7月12日(水)午後3時で締め切らせていただきます。
(7月5日)


6月22日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。6月28日、小笠調教師は「来週の月曜日に馬を見に行き、入厩時期を検討します。そのため早くても入厩は来週末になります」とのこと。
(6月28日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。6月22日、担当者の話では「引き続き同様のメニューを順調に消化しています。移動に向けた調整を進めており、あと何本か強目を乗れば態勢は整う見込みです。ハミをしっかりと取って動けていますし、良い動きを見せています。このまま状態をキープして送り出したいと思います」とのこと。6月下旬から7月前半の検疫で入厩予定。現在の馬体重は453キロ。
(6月22日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。6月14日、小笠調教師は「牧場で状態を確認してきましたが、体も450キロまで増えて、6月下旬から7月前半にかけて入厩態勢も整いそうです。早ければ再来週に入厩させたいと思います」とのことで、近日入厩する予定。
(6月14日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。6月5日、牧場担当者は「週2〜3回坂路入りし、週末に1本14秒ペースを消化しており順調です。中間にリフレッシュ調整を挟み、その効果も見られて馬体に余裕も出来て良い状態です。馬体成長を促しながら徐々にペースアップも出来ており、この調子なら暑くなる前に送り出せるかもしれません。移動に向けた調整メニューで進めていきます」とのこと。現在の馬体重は445キロ。
6月7日、小笠調教師は「週1回ハロン14秒の調整も始めたようです。夏過ぎの入厩でもと考えていましたが、順調に進むようなら天栄に移動させて入厩に備えるかもしれません」とのこと。
(6月7日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。5月24日、小笠調教師は「調教は順調なようですが、欲をいえばもうひとまわり大きくなって欲しいところです。体の成長を待ちながら夏過ぎ頃の入厩を考えています」とのこと。
(5月24日)


5月8日撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。5月19日、担当者の話では「引き続き、週2回坂路2本16秒前後のキャンター中心に、今週は15秒を切るメニューも消化しており順調です。ペースが上がっても馬体減りは見られませんし、このまま乗り込んでいきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は435キロ。
(5月19日)


4月14日撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。5月1日、担当者の話では「変わりなく順調にきています。現在は週2回坂路2本16秒前後のキャンターで乗り込んでいます。馬体も維持できており、夏かお盆明けの移動を目標に、このまま馬体成長を促しながら進めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は430キロ。
(5月1日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。4月14日、担当者の話では「リフレッシュ調整を挟んで一息入れさせた後、現在は週3回坂路入りして17−17の調整を行っています。悪いところはありませんが、もう少し馬体成長が欲しいところですので、成長を促しながら馬に合わせた調整で進めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は430キロ。
(4月14日)


3月下旬撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。3月31日、担当者の話では「16秒ペースで乗り込んできましたので、今週はウォーキングマシンの調整でリフレッシュを挟んでいます。先週測った馬体重は428キロで、ペースを上げながら馬体を減らさずに進めてきており、リフレッシュを挟むことで更に成長を促せればと考えています。馬の状態を見て、再度元のペースに戻していきます」とのこと。
(3月31日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。3月17日、担当者の話では「現在は週2〜3回坂路入りし、週2回は16−16をコンスタントに消化しており順調です。馬体が絞れてきてスッキリ見せていますが、減りすぎないよう様子を見ながら進めていきます」とのこと。3月17日現在の馬体重は427キロ。
(3月17日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。3月2日、担当者の話では「現在は週2〜3回坂路1本ハロン16−16ペース中心の調整です。徐々にペースを上げてきても馬体は維持できており、至って順調です」とのこと。3月2日現在の馬体重は429キロ。
(3月3日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。担当者の話では「現在は週3回坂路1本のメニューです。3ハロン50秒程度も乗り出しており、17−16中心に乗り進めていけそうです。乗りながら馬体が増えており、良い感じで進んでいます」とのこと。2月24日現在の馬体重は430キロ。
(2月24日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。担当者の話では「先週、ウォーキングマシンのみのリフレッシュ調整を挟み、今週からまた元のメニューを再開しています。週2〜3回坂路1本17−17のメニューを問題なく消化しており順調です。リフレッシュ調整の効果もあり、体もフックラして良い状態です。馬体成長を促しながら乗り込んでいきます」とのこと。2月15日現在の馬体重は427キロ。
(2月17日)


1月26日撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。「少しビビリな面はありますが、走りに対してとても前向きです。良いフットワークを見せています」と育成スタッフ。
(2月2日)


1月26日撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。牧場担当者は「年末年始期間のリフレッシュ調整を挟み、元のペース(週3回坂路1本17−18)に戻して順調に乗り込んでいます。休むことなく調整できていますし、乗りながら馬体重も少しずつ増えており良い傾向だと思います。このまま馬に合わせて進めていきます」とのこと。現在の馬体重は418キロ。
(1月20日)


ノーザンファーム空港牧場にて調整中。牧場担当者は「年末まで週3回17−18ペースをみっちりと乗り込むことが出来ました。年末年始の間はウォーキングマシン調整のみのリフレッシュ期間に充て、本日から通常のメニューを再開しています。特に問題は見られませんので、ここから元のペースに戻し、馬に合わせて進めていきます」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。牧場担当者は「11月下旬から12月初めまでしばらくリフレッシュ調整を挟み、先日より坂路調整を再開しました。現在は週3回坂路で17−18の調整を行っており、徐々にペースを上げてきていますが問題なく順調です。リフレッシュ調整の効果も見られ、馬体がフックラして良い状態で進めることが出来ています」とのこと。現在の馬体重は414キロ。
(12月15日)


11月22日撮影

ノーザンファーム空港牧場にて調整中。11月22日、牧場担当者は「現在は週3回のペースで坂路にて18秒ペースのところを乗っており、坂路に入らない日は周回コースでキャンター調整を行っています。少し非力な印象でしたが、いざ調教を開始してみるとバランスの取れた良いキャンターをしてくれています。まだ緩さはありますが、良いものを持っていると思います。気性面にも特に問題はなく、従順にこちらの指示に応えてくれています。現在の馬体重は406キロです」とのこと。
(11月24日)


10月5日よりノーザンファーム空港牧場で調整中。乗り馴らしを終え、10月22日より坂路入りを開始。現在は週3回坂路2本(18−18)中心の調整だ。担当者は「順調に進んでいます。坂路入りしても馬体減りは見られず、このまま進めていけそうです」とのこと。現在の馬体重は410キロ。
(11月14日)


10月15日撮影

10月5日にノーザンファーム空港牧場へ移動。環境に慣らしつつ、ロンギ場で跨がっての乗り馴らしを行っている。10月中旬より周回コース入りしており順調。現在の馬体重は414キロ。10月8日現在の馬体重は414キロ、体高152.0cm、胸囲178.0cm、管囲19.5cm
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重417キロ 体高152.0cm 胸囲179.0cm 管囲20.0cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)