シュテルンターラーの2015

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はグヴィアズダ(意味:星(ポーランド語)。母名より連想・Gwiazda)に決定した。

社台ファーム在厩(美浦・矢野英一厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

社台ファームで調整中。現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心のメニューで調整中。3月22日、担当者は「直線2本登坂のメニューで進めてきましたが、左前球節への負担を考え、直線1本登坂のメニューに切り替えて進めています。疲労感を残さないように、合間に周回ウッドチップコースでのキャンターやトレッドミル調整を織り交ぜるなど、緩急を付けたメニューを心がけています」とのこと。3月22日現在の馬体重は444キロ。
(3月23日)


社台ファームで調整中。左前球節の疲れは抜けて、現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース2本中心のメニューで調整中。3月2日、担当者は「直線2本の登坂をメインメニューとして、徐々に負荷を強めています。乗り込みつつ騎乗者の指示にシャープに反応出来るようになってきました。左前球節ももう心配いらなそうです」とのこと。3月2日現在の馬体重は442キロ。
(3月3日)


社台ファームで調整中。中間に左前球節に疲れが出たため少し楽をさせたが、既に走路入りしており、現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、週3回直線コース1本の調整を再開している。担当者は「走路入りした後も問題は無く、週3回程度、直線コース入りしています。まだ馬なり調整程度ですが、徐々にペースを上げていけそうです」とのこと。2月15日現在の馬体重は435キロ。
(2月17日)


1月27日撮影

社台ファームにて調整中。「大人しくてとても素直な馬です。調教も乗りやすく、お母さん似の良いスピードを持っていますね」と育成スタッフ。
(2月2日)


社台ファームで調整中。現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、週2〜3回直線コース1本(ハロン20〜18秒)中心の調整。担当者は「直線コース入りしない日は周回ウッドチップコースでのキャンターとダク調整を挟み、緩急を付けた調整を行っています。父の産駒としては手先に重さが無く、加速が軽やか。まだ少し気持ちが先走り気味の感じはあるが、スピード感ある動きができており、乗りながらもう少し体に厚みを出していきたい」とのこと。現在の馬体重は434キロ。
(1月20日)


社台ファームで調整中。年末まで常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本(週2〜3回ハロン20−18)のメニューで乗り込まれ、12月31日〜1月4日の年末年始期間はウォーキングマシンのみでリフレッシュ調整を行った。担当者は「5日から通常の調整を再開し、元のペースに戻して進めていきます。合間に周回ウッドチップコース2500mのキャンターとトレッドミル調整を挟んで緩急を付けて進めており、背腰などに疲れも見せず順調です」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。担当者は「週2回直線コース入りしており、合間に周回ウッドチップコースで乗り込んだり、トレッドミル調整を行ったりしています。体はあまり大きくありませんが、父の産駒はさほど大きくないほうが走っているイメージもあるので気にせず進めていきたいと思います」とのこと。12月12日現在の馬体重は433キロ。
(12月15日)


社台ファームで調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。週2回直線コース入りしており順調。担当者は「手先が軽く、素軽い動きを見せています。直線コースでの調整を順調に消化しており、乗りながらの体重増は好感が持てます」とのこと。11月28日現在の馬体重は431キロ
(12月2日)


9月26日より社台ファームで調整中。常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。週2回直線コース入りし、その他の日は周回コースでキャンターとトレッドミル調整を行っている。担当者は「細めの体付きなので、合間に楽をさせることで体を維持しています。前進気勢は旺盛で、父の産駒にしては軽快な脚捌き。スピード能力は高そうで、馬力面の強化に励みたい」とのこと。11月9日現在の馬体重は416キロ。
(11月14日更新)


9月26日より社台ファームで調整中。馴致を終え直線コース1本中心の調整を開始しており順調。週2回直線入りし、翌日は運動調整を行い、他の1日は周回コースでキャンターを乗られている。担当者は「もっと体を大きくして幅を出していきたいところ。まだ馬力は物足りないが動きは素軽い」とのこと。10月26日現在の馬体重は408キロ。
(10月27日更新)


10月15日撮影

9月26日に社台ファームへ移動。馴致場での駆け足訓練を行っており順調。馴致が終わり次第、馬場でのキャンターを開始する。まだ非力だが前進気勢旺盛。馬体重は403キロ、体高153.0cm、胸囲170.0cm 管囲19.8cm
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重404キロ 体高152.0cm 胸囲165.5cm 管囲19.8cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)