オルトリンデの2015

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はリンデンブリューテ(意味:菩提樹の花(独)。母名より連想・Lindenblute)に決定した。

社台ファーム在厩(栗東・小崎憲厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

社台ファームにて調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本の調整。担当者は「直線コースでハロン17秒ペース中心のメニューを消化し、周回コースでもじっくり乗り込んでいます。直線コースではまだ集中しきれず、しきりに物見をしています。まだこれからの馬ですし、集中させながらしっかり乗り込んでいきます」とのこと。5月20日現在の馬体重は468キロ。
(5月22日)


社台ファームにて調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース馬なりで1本の調整。5月10日、担当者から「本日は直線コースで2ハロン34秒2、ラスト17秒0を消化しており順調です。ここからペースを上げていきたいと思っています」とのこと。5月1日現在の馬体重は460キロ。
(5月11日)


社台ファームにて調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース馬なりで1本の調整。担当者は「直線コースではダートとウッドチップを併用しキャンターを乗り込んでいます。まだ馬なりのペースですが、以前ほどハミの操作に問題を見せることもなく、馬はとても大人しくしています。このまま馬に合わせて進めていきます」とのこと。5月1日現在の馬体重は460キロ。
(5月5日)


社台ファームにて調整中。この中間から直線コース入りを開始しており、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース馬なりで1本の調整。担当者は「馬なりで直線コース1本のメニューを消化しており順調です。開始したばかりなので、少し力が入っている感じはありますが、ハミの操作面などに問題は無く、上手く立ち上げていけそうです。背中の伸縮も上手くできているので、これからもっと動けるようになってきそう」とのこと。4月19日現在の馬体重は455キロ。
(4月21日)


3月下旬撮影

社台ファームで調整中。現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター3200mの調整。3月22日、担当者は「引き続き周回コースで乗り込んでおり、右手前、左手前をそれぞれ1600mの調整です。ここに来て急成長を見せており、動きと馬体ともに良くなってきました。ハミに対する反抗的な面も解消しつつあり、どんどん進めていきたいと思います」とのこと。4月2日現在の馬体重は458キロ。
(4月7日)


3月21日撮影

社台ファームで調整中。左飛端部の外傷は完治しており、現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。3月22日、担当者は「周回コースで右手前、左手前をそれぞれ1200mキャンターで乗り込んでおり、問題無さそうなのでここから距離を1800mずつに延ばしていく予定です。少しハミへの反発がありましたが、最近は折り合いがスムーズに付くようになってきました」とのこと。3月22日現在の馬体重は445キロ。
(3月23日)


社台ファームで調整中。3月2日、担当者は「2月下旬に左飛端部に外傷を負い、少し休ませました。順調に回復しており、既に乗り運動を再開しており、元のメニュー(常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400m)に戻して調整中です。騎乗再開後も特に問題は見られません」とのこと。3月2日現在の馬体重は447キロ。
(3月3日)


社台ファームで調整中。現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。担当者は「周回コースで順調に乗り込んでいます。まだまだ余裕があって集中力を欠く感じですが、気持ちと体が噛み合ったときにはなかなか良い動きをします。母同様に、ハミの指示に敏感な面があるので、この時期にしっかり覚え込ませたいところです」とのこと。2月15日現在の馬体重は446キロ。
(2月17日)


1月27日撮影

社台ファームにて調整中。「ハミ受けに気になる点はありますが、特に問題点はありません。このまま順調に調教を進めて行けそうです」と育成スタッフ。
(2月2日)


社台ファームで調整中。引き続き、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2000mの調整。担当者は「周回コースでの乗り込みは順調です。現在もハミ受けに敏感な面があるので、操作性を磨きながらの調整です。乗りながらもうひと回り体格が良くなるよう工夫していきます。馬格の割に力はあるほうですが、まだまだここから更なるパワーアップをはかりたいところ」とのこと。現在の馬体重は444キロ。
(1月20日)


社台ファームで調整中。充電期間を経て、暮れから周回コース2000mでのキャンターを開始。12月31日〜1月4日の年末年始期間はウォーキングマシンのみでリフレッシュ調整を行った。担当者は「周回コースで乗り出した後も順調に進めることができました。年末年始に一息入れてここから元のペースに戻していきます。口向きに敏感なところがあり、ひとつひとつ納得させながら進めています。動き自体は軽快で脚捌きもシャープです。操作性を磨いて高めたいところ」とのこと。現在の馬体重は440キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「引き続きウォーキングマシン調整で充電中です。徐々に増えてきてはいますが、もう少しボリュームが欲しいところ。馬に落ち着きはあるので、食べた分を身に付けてきて欲しいところ」とのこと。12月12日現在の馬体重は431キロ。
(12月15日)


社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「引き続きマシン調整で充電中です。まだ体は少し細いですが喰いは良好で、すぐに体は増えてくると思います。このまま成長を促しつつ調整します」とのこと。11月28日現在の馬体重は428キロ。
(12月2日)


9月19日より社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「直線コースでのキャンターまで進め、いったん楽をさせて充電中です。首差しは母に似ており、肩周りの発達は父が出ている印象です。カン性が良く敏感なタイプですが、普段は落ち着いています」とのこと。11月9日現在の馬体重は420キロ。
(11月14日)


9月19日より社台ファームで調整中。直線コースでのキャンター調整まで消化させ、ここで一息入れている。担当者は「馴致と乗り馴らしを終え、直線コース入りまで進めることが出来ました。ウォーキングマシン調整で楽をさせ、いったんリフレッシュさせています。カン性の乗りが良くてスピードタイプ。少し口向きに危ういところを見せていましたが、母にも見られた特徴です」とのこと。10月26日現在の馬体重は425キロ。
(10月27日)


10月15日撮影

9月19日に社台ファームへ移動。直線入りを開始。ダク1200m、キャンター1200m、直線1本の調整。気温が下がり冬毛が出てきたが、外で体を動かすことが大好き。馬体重420キロ、体高155.0cm、胸囲172.0cm、管囲20.5cm
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重405キロ 体高155.0cm 胸囲170.0cm 管囲19.6cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)