バウンシーチューンの2015

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はフリージアスター(意味:本馬の誕生日の2月の誕生花(花言葉は「期待」)+星。期待の星・Freesia Star)に決定した。

社台ファーム在厩(栗東・加用正厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

社台ファームで調整中。引き続き、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター3600m(右手前と左手前でそれぞれ1800m)中心に、この中間から直線コースで乗り出している。担当者は「直線入りした後も順調にきていますが、まだ体が小さいので強目を開始するタイミングは慎重に判断したいと思っています」とのこと。馬体に合わせて乗り進めていく。5月20日現在の馬体重は416キロ。
(5月22日)


社台ファームで調整中。現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター3600mの調整。担当者は「キャンターの距離を延ばして進めており、現在は周回コースで右手前と左手前でそれぞれ1800mのキャンターを乗り込んでいます。まだまだ動き、体ともに良化の余地が大いにあり、これからですね」とのこと。5月1日現在の馬体重は415キロ。
(5月5日)


社台ファームで調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。担当者は「成長を促すためにじっくりと乗り込んでおり、引き続き周回コースで右手前と左手前でそれぞれ1200mの調整です。良いものは持っていそうですが、顔つきも体付きもまだまだ幼く、更なる成長を待ちたいところ」とのこと。4月19日現在の馬体重は417キロ。
(4月21日)


3月下旬撮影

社台ファームで調整中。引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。担当者は「周回コースで右手前と左手前でそれぞれ1200mを乗り込んでいます。体も少しずつ膨らんできた印象ですが、まだ小柄で成長途上です。じっくりと進めて更に膨らませていきたいところ」とのこと。4月2日現在の馬体重は415キロ。
(4月7日)


3月21日撮影

社台ファームで調整中。引き続き同様のメニューで乗り込んでおり、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。3月22日、担当者は「周回コースでは右手前と左手前でそれぞれ1200m乗っています。体の成長を促すことを最優先にじっくりと進めていきます」とのこと。3月22日現在の馬体重は414キロ。
(3月23日)


社台ファームで調整中。引き続き、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。3月2日、担当者は「周回コースでは右手前と左手前でそれぞれ1200m乗っています。調整自体は順調ですが、なかなか体が増えてくれず、日中に放牧を行い馬体成長を促しています」とのこと。3月2日現在の馬体重は410キロ。
(3月3日)


社台ファームで調整中。現在は、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2400mの調整。担当者は「周回コースで順調に乗り込んでおり、少しずつ距離を伸ばして調整中です。馬体細化もなく乗れていますが、寒い時期は無理せずに進めていきたいと思います。前進気勢が旺盛で、良いところは持っており、馬体成長が待たれます」とのこと。2月15日現在の馬体重は421キロ。
(2月17日)


1月27日撮影

社台ファームにて調整中。「人なつっこくて、とても可愛い馬です。気性も問題なく、乗りやすい馬です。後は体が大きくなってきて欲しいですね」と育成スタッフ。
(2月2日)


社台ファームで調整中。引き続き、常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2000mの調整。担当者は「周回コースでの乗り込みは順調ですし、走る気持ちも十分ですが、まだ小柄なためオーバーワークは避けて進めています。寒い時期でもあり無理させる必要も無いと思います。成長を促しながら乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は412キロ。
(1月20日)


社台ファームで調整中。充電期間を経て、暮れから周回コース2000mでのキャンターを開始。12月31日〜1月4日の年末年始期間はウォーキングマシンのみでリフレッシュ調整を行った。担当者は「周回コースで乗り出した後も順調ですが、まだどんどん進めるには時期尚早な気がします。馬体成長を促すことに重点を置き、焦らずに進める方向で考えています」とのこと。現在の馬体重は410キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「引き続きウォーキングマシン調整で成長を促しています。徐々に体は増えていますが、もっと増やしたいところ。しばらくはこのまま成長を促すメニューで進めます」とのこと。12月12日現在の馬体重は405キロ。
(12月15日)


社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「引き続きマシン調整で成長を促しています。小柄な体をまだまだ膨らませたい。もうしばらくこのまま調整します」とのこと。11月28日現在の馬体重は400キロ
(12月2日)


9月19日より社台ファームで調整中。引き続きウォーキングマシン2時間の調整。担当者は「直線コースでのキャンターまで進め、いったん楽をさせて充電中です。動きは悪くないが、まだ体が小さく、しばらくは膨らませることに専念します。母も小柄な体で頑張ってくれた馬ですし、母の良いところを受け継いで欲しい」とのこと。11月9日現在の馬体重は397キロ。
(11月14日)


9月19日より社台ファームで調整中。直線コースでのキャンター調整まで消化させ、ここで一息入れている。担当者は「馴致と乗り馴らしを終え、直線コース入りまで進めることが出来ました。ウォーキングマシン調整で楽をさせ、いったんリフレッシュさせています。心身共にまだ幼いですが、動きは良く走る気持ちもある馬です。腰の力を更に強化していけばもっと動けるようになってくると思います」とのこと。10月26日現在の馬体重は392キロ。
(10月27日)


10月15日撮影

9月19日に社台ファームへ移動。馴致を終えてダク1200m、キャンター1200m、直線1本の調整。心身共にまだ子供。調整をある程度進めた後、放牧を挟む予定だ。馬体重392キロ、、体高152.0cm、胸囲172.0cm、管囲19.2cm
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重390キロ 体高152.0cm 胸囲167.5cm 管囲19.2cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)