クローズホールドの2015

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はシップフォクイーン(意味:女王への船、女王行きの船。父名、母名より連想・Ship for Queen)に決定した。

吉澤ステーブル在厩(栗東・牧浦充徳厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

3月下旬撮影

吉澤ステーブルで調整中。担当者は「屋外コースが開場し力のいるダートコース主体の調整を開始しています。引き続き15−15中心に乗り込んでおり、15秒で入って14秒を切る位まで伸ばすメニューも取り入れています。体力がしっかりしていて馬体の反動は見られず、ダートコースに切り替わっても十分対応出来ているようです。強い調教の後に少し飼い葉を残すことはあっても、基本的にしっかりと食べてくれる方なのでその辺りも心強いですね」とのこと。
(4月14日)


吉澤ステーブルで調整中。担当者は「馬の状態に合わせて15秒ペースを取り入れ、馬体と体力強化を促してきました。速いペースにも徐々に対応し、走りの力強さも出てきました。ここから更にパワーアップし、坂路をラストまで余力充分に駆け上がるパワーを備えさせたいところ。気性面も良い意味で気の強さが出てきて、競争意欲に繋がっている印象です。ペースが上がり、飼い葉が少し残っていたりするので、飼料管理に注意しながら乗り込んでいきます」とのこと。
(3月29日)


吉澤ステーブルで調整中。3月17日、担当者は「強目を乗り出した後も問題は無く、15秒ペースを継続しており順調です。体がしっかりとしていて押っつけることなく自然と15秒台まで動けており、無理なく強目を消化できています。強目を乗り出した段階でも、スピードを感じさせる良い動きを見せています。強目を乗り出して体が絞れてきました。」とのこと。3月上旬の馬体重は476キロ。
(3月17日)


吉澤ステーブルで調整中。強目を乗り出した後も順調だ。3月3日、担当者は「2月初めに15秒ペースを乗った後も問題は無く、まだ週1本までは到達していませんが、10日ほど間隔を開けて15秒ペースを乗っているところです。強目を乗り出すと飼喰いが落ちる牝馬は多いのですが、ここまで2〜3本を消化しても飼い葉を残さずに食べており、内面的にもしっかりしている印象です。今後も強目を織り交ぜながら進めていけそうです」とのこと。
(3月3日)


吉澤ステーブルで調整中。2月に入って強目を乗り出し順調に調整中。2月17日、担当者は「強弱を付けつつ1月下旬から17〜18秒ペースも織り交ぜて乗り進めていたのですが、負荷をかけ始めると思った以上に馬がしっかりしてきて、2月初めには15秒ペースまですんなりと伸ばしてこられました。ここにきて喰いも安定してきましたので、坂路では3ハロン15秒のメニューも乗り出しています。緩く見えがちだった体も引き締まってきて、馬が良くなってきました」とのこと。2月初旬の馬体重は483キロ。
(2月17日)


吉澤ステーブルで調整中。引き続き屋内直線コースや屋内坂路で20〜19秒ペース中心の調整。担当者は「強弱を付けた調整で体質面の強化と体力アップをはかっています。動きは軽快になり力強さも出てきた印象ですが、立派な体付きの割に喰いの細い面があったりしますので、引き続き成長に合わせた調整を進めます。馬体ももう少し引き締めていきたいところ」とのこと。
(2月3日)


吉澤ステーブルで調整中。1月19日、担当者の話では「引き続き屋内直線コースや屋内坂路で20秒ペース中心に乗り込んでおり、時折19秒台まで伸ばすこともありますが、まだ無理をせず緩急を付けた調整です。背の高さもあり立派な体付きをしていますが、疲れがたまると飼い葉を残したり、この時期の牝馬らしい面も見せていますので、リフレッシュを挟みつつ中身が伴うまで無理せず進めたいと思っています。馬格もあり実が入ってくれば変わってくると思います」とのこと。1月14日現在の馬体重は485キロ。
(1月20日)


吉澤ステーブルで調整中。1月6日、担当者の話では「年末年始期間は少し抑えたメニューですが騎乗を継続し順調に乗り込むことが出来ています。20秒ペース中心で進めてきて、暮れには無理なく19秒を切る時計が出るまで力が付いてきました。太目に見えやすい体型の馬ですが、ここにきて体が引き締まり競走馬らしい体付きになってきましたし、動きにも余裕が出てきたので、そろそろ18秒ペースへの移行も考えています」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

吉澤ステーブルで調整中。BTCにも通い順調。担当者の話では「馴致を終えて通常の乗り運動を開始しており、現在はウッドチップの直線コースや坂路を使用しハロン20秒ペース中心の調整を行っています。環境に慣れるまでやや落ち着かない様子でしたが、慣れてからは落ち着きが出て集団調教でも問題はなく良い感じで進んでいます。馴致を終えてから休まずに来ていますので、少しリフレッシュ調整を挟むかもしれません」とのこと。
(12月15日)


11月下旬撮影

11月7日より吉澤ステーブルで調整中。初期馴致を終え、11月中旬より騎乗馴致を開始。担当者の話では「環境に慣れるまでは気持ちが高揚する面を見せていましたが、すぐに環境にも慣れスムーズに馴致を進めることが出来ました。現在はロンギ場内での騎乗運動を行っていますが、まだ少し物見が目立ちますので、気性面の安定を図り集団調教へ移行する予定です」とのこと。11月下旬時点の馬体重は479キロ、体高156cm、胸囲180cm、管囲19.0cm。
(12月2日)


挫石も良くなり、11月7日に吉澤ステーブルに移動。9日、担当者の話では「移動後も問題は無く、初期馴致を始めたところです。体がとてもしっかりしていて、牝馬に見えないくらいの体付きです。まだ体のバランスなどは幼さを残していますが、良くなってきそうな雰囲気です。ルーラーシップ産駒らしい、スピードがありそうなタイプですね」とのこと。
(11月9日)


10月27日に吉澤ステーブルに移動予定だったが、直前に挫石を起こししばらく延期に。良くなり次第、移動予定。食欲旺盛で馬体に幅も出てきた様子。体調良好で元気一杯。育成場に移動後、初期馴致を開始する。
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重未計測 体高154.0cm 胸囲180.0cm 管囲19.0cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)