クィーンスプマンテの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・田中博康厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

昨年末に坂路を1F15秒台のラップで週3回と、合間にキャンターでコースを周回、トレッドミルを入れての調整。昨年最後の日に、2Fを33.2−15.9秒で消化。31日から1月4日まで軽い運動のみで、5日からキャンターでの調整を再開。担当者は「気持ちがだいぶ前向きになってきました。まだ体が気持ちについて行けていない面はあるものの、気がある馬はいずれきっちりと変わってきます。体が追いついてくれるようしっかり乗り込んでいきます」とのこと。1月5日現在の馬体重は426キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2017年

11月下旬撮影

引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本(16−18)中心の調整。週に3回直線コース入りし、そのうち1回は1ハロン15秒台のラップを入れながらのメニュー。ヤンチャなところは見られるも、少しずつ改善傾向にはあり順調に進んでいる。12月15日現在の馬体重は420キロ。
(12月20日)


11月22日撮影日撮影

現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。担当者は「週3回、直線コースでのキャンターを主体に調整中です。まだ力みがある現状ですが、全体的に筋力増強できれば変わってきそう」とのこと。12月1日現在の馬体重は417キロ。
(12月7日)


11月9日撮影


(11月30日)


11月22日撮影

11月に入り週3回程度直線1000mをキャンターと合間にトレッドミルを挟んでの調教。やや臆病な面があり、回りを気にするところも。走り出せば集中している。馬体重は425キロ。
(11月29日)


9月中旬に社台ファームへ移動。乗り馴らしを終え、9月末より直線入りしている。馴致場での駆け足と週1回直線入りしており順調。小柄だがカン性はまずまず。少し感度が高く音にも敏感だが、今のところは特に違和感なく調教できている。馬体重410キロ。
(10月28日)


9月23日撮影

9月中旬の測尺:体重404kg、体高:152.5cm、胸囲:169.0cm、管囲:19.0cm
9月中旬に社台ファームへ移動
(10月11日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:385kg、体高:152.0cm、胸囲:168.0cm、管囲:19.0cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)