ラクリモーサの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・畠山吉宏厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

いったん直線コースで15秒ペースまで進めた後、12月の半ば過ぎから年末までは少しペースを落とし馬なりでの調整。31日から1月4日まで軽い運動のみで、5日からキャンターでの調整を再開。担当者は「いくらでも動くタイプなので、こちらでセーブしながらの調整です。ハミをグッとくわえ込んでいくので、行きすぎないのと筋肉疲労へのケアをしっかりと行いながら調整しています。スピード能力は高いです」とのこと。1月5日現在の馬体重は442キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2017年

11月中旬撮影

引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本(18−16)中心の調整。担当者は「直線コースで15秒台も乗り出していますが、飼い葉食いは安定しており、体調面は至って良好です。夏デビューも視野に入れて進めていきたい」とのこと。12月15日現在の馬体重は436キロ。
(12月20日)


11月22日撮影

現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。担当者は「週2回、直線コースでのキャンターをメインに、周回コースとトレッドミル調整を取り入れて調整中です。コンスタントに17秒ペースを消化しており順調です。短距離が得意そうな雰囲気を持っており、どんどん乗り込んで仕上げていきたいと思います」とのこと。12月1日現在の馬体重434キロ。
(12月7日)


11月9日撮影


(11月30日)


11月22日撮影

11月に入り直線ウッドでハロン20秒を開始。4日には40.5ー18.9秒の時計を出し順調に乗り込まれている。小柄も前向きな気性でこれからの成長が期待できる。馬体重は445キロ。
(11月29日)


9月中旬に社台ファームに移動。9月中旬に右飛節に外傷を負うも順調に回復。馴致を終え、周回コースでのキャンターを開始。近々直線入りする予定だ。馬体は小柄だがやる気は十分。現在の馬体重430キロ。
(10月28日)


9月23日撮影

9月中旬の測尺:447kg、体高:155.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:19.7cm
9月中旬に社台ファームへ移動
(10月11日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:438kg、体高:155.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:19.6cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)