デフィニットの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は、ライクトゥシャイン(意味:輝くように。兄ボールライトニングより連想)に決定した第2希望はゴールドアックスでした。
  • 馬名のご応募は12月末で締め切らせて頂きました。1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(栗東・宮本博厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

右トモの具合を見ながら調整中。5月10日より騎乗調整を再開。担当者は「ここまで周回コースで乗り進めてきて、先週末から坂路調整を再開しました。現在、坂路1本18秒ペースの調整と、周回コースでキャンター1600mの調整を1日おきに行っています。今のところ問題は無く、このまま様子を見ながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は464キロ。
(5月24日)


5月9日撮影

右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「引き続きトレッドミルでダクとキャンター調整を1日おきに行っており、徐々にキャンターのペースを上げているところです。この中間から時速28kmのキャンターを3分のメニューを消化させており、明日から更にペースを上げて時速32kmを3分のメニューを開始予定です。状態に合わせて進めます」とのこと。5月9日、宮本調教師より「本日、馬の状態を見てきました。トモの状態も落ち着いている様子で、明日から騎乗を再開し様子を見ながら進めていくということです。馬に合わせて進めるよう担当者と話をしてきました」との連絡が入った。担当者の話では「跨がってみて状態を確認し、慎重に進めていくつもりです。当面はトレッドミルも併用でトモの状態を確認しながらの調整です」とのこと。現在の馬体重は466キロ。
(5月9日)


右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「トモの状態に大きな変化は無く、引き続きトレッドミル調整を行っています。現在は時速24kmのキャンターを5分のメニューとダク5分のメニューを1日おきに行っています。今後も馬に合わせて進めます」とのこと。現在の馬体重は463キロ。
(4月20日)


3月下旬撮影

右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「3月中旬からトレッドミル調整を再開し、ダク中心で進めてきました。この中間からトレッドミルでのキャンター調整を開始しておりトモの状態を確認しながら調整しています。今後も馬に合わせて少しずつ進めていきます」とのこと。現在の馬体重は461キロ。
(4月5日)


右トモの具合を見ながら調整中。3月28日、宮本調教師は「本日馬を見てきましたが、まだ右トモの歩様が気になるようです。焦らず進めてもらいます」とのこと。
(3月28日)


右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「引き続きウォーキングマシンのみの調整で歩様を見ながら進めています。まだ大きな変化が見られませんので、もうしばらくこのまま様子を見たいと思います」とのこと。現在の馬体重は457キロ。
(3月16日)


右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「周回コースでキャンターを乗り込み、大分歩様が改善してきたので2月後半に坂路調整を再開したところ、再度歩様を気にするところがありウォーキングマシン調整で様子を見ています。歩様が落ち着くのを待ち再調整します」とのこと。現在の馬体重は448キロ。
(3月2日)


右トモの具合を見ながら調整中。担当者は「ここまでトレッドミル調整で様子を見て、歩様も大分落ち着いてきましたので2月5日から周回コースで1200〜1600mのキャンター調整を開始しました。週1回は常歩のみの日も挟み、歩様の状態を見ながら進めています。引き続き2週に1回獣医師の診察を受け、良くなり次第ペースを上げられればと考えています」とのこと。現在の馬体重は444キロ。
(2月14日)


右トモの具合を見ながら調整中。1月19日、担当者は「年明けからトレッドミル調整を開始し、1日おきにダクとキャンター調整を行い様子を見ているところです。このメニューで2週間ほど経過を見たところ、歩様に問題は無いようなので、そろそろ騎乗を再開できるかもしれません。具合を確認しながら進めていきます」とのこと。1月19日現在の馬体重は442キロ。
(1月19日)


暮れに右トモの歩様を気にしたため、トレッドミルで調整中。担当者は「年末年始期間はウォーキングマシン調整を行い、5日からトレッドミルでダク5分の調整を再開しました。現在の調整を行う分には歩様に問題は無く、今後具合を確認しながら進めていきたいと思います」とのこと。12月25日現在の馬体重は440キロ。
(1月6日)


ページ上部へ

2017年

12月23日撮影

右トモの歩様を気にしたため、しばらくウォーキングマシン調整で様子を見ていたが、歩様は回復しトレッドミル調整を再開している。12月27日、担当者は「トレッドミルでダク5分の調整を行っています。騎乗再開時期については今後の状態を見て検討します」とのこと。
(12月27日)


11月中旬撮影


(12月27日)


11月21日撮影

11月末から坂路入りしていたのだが、12月中旬に馬房内で寝違えて右トモの歩様を気にしてしまいウォーキングマシン調整で様子を見ている。歩様が良くなり次第、乗り出す予定。12月15日現在の馬体重は452キロ。
(12月20日)


11月16日撮影


(11月30日)


11月21日撮影

10月26日にノーザンF空港牧場へ移動。ロンギ場での乗り馴らしを終え、周回コースで本格的な乗り運動を開始したところ。状態を見て坂路入りする予定だ。現在の馬体重423キロ。
(11月29日)


チェスナットFにて初期馴致・ブレーキングを行った。ロンギ場での乗り運動まで進め、10月26日にノーザンF空港牧場へ移動している。30日、宮本調教師からは「本日、馬の状態を見てきました。ゴールドアリュール産駒ということで、兄姉と比べてもダートが合いそうな体付きをしていました。移動後それほど日にちは経っていませんが馬に落ち着きもあり問題なく進めていけそうです」とのこと。移動後の馬体重428キロ。
(10月30日)


9月中旬の測尺:432kg、体高:152.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:20.5cm
近々育成牧場へ移動予定
(10月11日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:417kg、体高:152.0cm、胸囲:170.0cm、管囲:20.0cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)