ツルマルオトメの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

島上牧場在厩(栗東・松田國英厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

12月20日にチェスナットファームを出発。ワンクッションを挟んで22日に島上牧場に到着。熱発なども見られず、翌23日にチャンピオンズファーム淡路へ移動している。1月4日、松田調教師からは「長い輸送が重なり馬体重473キロで到着したそうですが、現在は482キロまで回復し、輸送後も問題は無くすでに調整を進めてもらっています。現在は1100mの坂路を18秒程度で登坂し、1歳時の外傷箇所も違和感なく乗れています。北海道でしっかり乗り込まれ良い状態で送り出してもらえたようで、移動後もスムーズに進んでいるのはありがたいですね。歩様の柔らかさも目に付き、乗り手からは『とても乗りやすく、跨がった感触が良い。動きそうです』という報告も入っています。まだ軽目調整の段階ですが、今後のペースアップが楽しみになってきました」との連絡が入っている。
(1月4日)

ページ上部へ

2017年

11月22日撮影

距離を延ばしキャンター3000m(22〜25秒)中心の調整。場長は「体力に合わせて徐々に運動量を増やしています。以前より松田調教師から『年明けから淡路で調整を進めたい』という話がきていましたので、環境の変化に対応出来るよう意識した調整を進めてきました。気の強いところはありますが、騎乗者の指示には従順に動けていますし、送り出す態勢は整いました」とのこと。12月20日に出発し、ワンクッションを挟んでいったん栗東近郊へ移り、その後、淡路・チャンピオンFへ移動する予定。12月16日の馬体重498キロ。
(12月20日)


11月中旬撮影


(12月20日)


11月22日撮影

ダートコースでキャンター2000m(25〜27秒)中心の調整。「中間に脚の打撲や、風邪による熱発はありましたがすぐに回復し、元のメニューで調整中です」と場長。馬体重は498キロ。
(11月29日)


9月下旬にチェスナットFへ移動。1歳春時に胸前に外傷を負っているが、騎乗後も影響は無く順調。現在はダートコースでキャンター2000m(27秒)。数字上は大柄だが、スッキリしてキリッとした馬体。スピードありそう。馬体重495キロ。
(10月28日)


10月中旬撮影

9月中旬の測尺:501kg、体高:158.0cm、胸囲:188.0cm、管囲:21.0cm
9月下旬にチェスナットファームへ移動
(10月11日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:479kg、体高:156.0cm、胸囲:185.0cm、管囲:21.0cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)