ファビュラスセンスの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・武英智厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

コンスタントに直線コースで15秒ペースを消化し、12月の半ば過ぎから年末までは馬なり調整を行った。31日から1月4日まで軽い運動のみで、5日からキャンターでの調整を再開。担当者は「15秒ペースをコンスタントに消化させましたので、暮れに馬なり調整を挟んで心身ともに余裕を持たせました。年明けからまた少しずつペースを上げていくつもりです。父の産駒らしく一生懸命すぎるところがあるので、多少はセーブしながら進めていきたいと思います。気合い乗りが良すぎるくらい良好です」とのこと。1月5日現在の馬体重は465キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2017年

11月中旬撮影

引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本(18−16)中心の調整。担当者は「気が入り過ぎる面があるため、合間に2週間ほど楽をさせましたが、現在は直線入りを再開しており、元のメニューで乗り出した後15秒台も消化させています。真面目過ぎるところがあるので、気性面を考慮しながら進めます」とのこと。12月15日現在の馬体重は458キロ。
(12月20日)


11月22日撮影

現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター1200m、直線コース1本中心の調整。担当者は「週2回、直線コースでのキャンターをメインに、周回コースとトレッドミル調整を取り入れて調整中です。コンスタントに17秒ペースを消化しており順調です。好調で直線コースでは良い動きを見せています。少し真面目すぎる感じで熱くなりやすい面があり、そこは長所でもあり短所でもある。力はある馬なので良い方に伸ばしていきたい」とのこと。12月1日現在の馬体重460キロ。
(12月7日)


11月9日撮影


(11月30日)


11月22日撮影

11月に入り直線ウッドでハロン20秒のキャンターを開始。少し気が入りやすく熱くなりやすいタイプなので、合間にトレッドミルで疲労を残さないように調整中。馬体重は465キロ。
(11月29日)


9月中旬に社台ファームに移動。馴致を終えて周回コースでのキャンター調整を開始している。父の産駒らしい気の入りやすさがあり、もう少しリラックスして指示を受けて欲しいところだが、この真面目さは本馬の長所。まだ緩さはあるがこれから乗り込んで良くなってきそうだ。馬体重459キロ。
(10月28日)


9月23日撮影

9月中旬の測尺:470kg、体高:161.0cm、胸囲:175.0cm、管囲:19.8cm
9月中旬に社台ファームへ移動
(10月11日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:453kg、体高:160.0cm、胸囲:174.0cm、管囲:19.7cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)