サクセスマリの2016

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

愛知ステーブル在厩(水沢・板垣吉則厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2018年

1月16日撮影

愛知ステーブルで調整中。1月17日、牧場担当者は「ここまでウォーキングマシーンのみの調整を続けてきましたが、今週から乗り運動を再開しました。現在はウッドの直線コース1000mでハッキングキャンター中心に3000〜4000mの調整です。楽をさせた分まだ動きは重いですが、先ずは元のペースまでじっくりと戻していこうと思います。体重は437キロです」とのこと。
(1月17日)


愛知ステーブルで調整中。1月5日、牧場担当者は「成長を促す意味も含め、現在はウォーキングマシーン1時間の調整です。来週まではウォーキングマシーンの調整を続け、充電して乗り運動を再開する予定です」とのこと。
(1月5日)

ページ上部へ

2017年

愛知ステーブルで調整中。12月27日、牧場担当者は「引き続きウッドチップの直線コース2本の調整です。ペースはハロン24〜22秒くらいです。パニックになりやすい気性ですので、あまり急かさず調整しています。ここからは成長を促す意味も含め、今日の乗り運動を最後に2週間程度楽をさせます」とのこと。
(12月27日)


11月22日撮影

愛知ステーブルで調整中。12月14日、牧場担当者は「現在はウッドチップの直線コース2本の調整です。ペースはハロン24〜22秒くらいです。まだ非力な感じはありますが、調教が進むにつれ解消してくると思います。少し気性がきつめですので、落ち着かせながら調整を進めています。体重は433キロです」とのこと。
(12月14日)


11月22日撮影

馴致も無事終了。「BTCの直線ウッド1000m2本を軽めキャンターで調整。馬の状態に合わせて強弱を付けながら進めます」と担当者。11月15日現在の馬体重は440キロ。
(11月29日)


11月中旬撮影

馴致も終了しBTCでの調教も行われている。「BTCの直線ウッド1000mを軽めキャンター2本で乗ってきましたが、体が減ったため、現在は少し楽をさせ、体を戻しながら強弱を付けて調整しています」と担当者。11月15日現在の馬体重は440キロ。
(11月16日)


パンフ使用写真

8月23日、セリ時の測尺:体高:151.0cm、胸囲:167.0cm、管囲:19.5cm
10月20日現在の馬体重は423キロ。
(10月30日)


8月23日撮影(セリ後前後)

セリの後、撮影した映像になります。
(セリ当日)


8月23日撮影(セリ後左右)

セリの後、撮影した映像になります。
(セリ当日)