サウンドトラック

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望: サウンドトラック【映画音楽用語。母名より連想。Sound Track】に決定しました。
    第2希望アースパッション。
  • 馬名のご応募は12月末で締め切らせて頂きました。1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・尾関知人厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

牧場担当者は「台風の影響で、先週は電気が通らず通常の調教が行えませんでしたが、軽目の運動は継続し体調管理に努めました。今週は坂路での強め(16-15)を行えています。まだ右前に疲れが出やすく若い馬ですので、状態に合わせながら引き続き脚もとに注意して行きます」とのこと。現在の馬体重は530`。
 尾関調教師は「8月にゲートを合格し、順調なら秋頃の東京開催も考えていましたが、夏場にペースアップした際の疲れが若干尾を引き、まだ状態が上がってきていないようです。大型馬で脚もとにも負担が掛かりやすいですし、高い素質は感じますので、ここで無理をせず良い状態になってから入厩させたいと思います」とのこと。
(9月20日)


5日、牧場担当者は「ここまでは、ハッキングキャンター中心の調整をしてきましたが、坂路調教を開始しています。今週からは坂路で16-15の強目の調教も開始しました。調教の動きに鋭さがあり、良いものを持っていそうです。脚もとに注意しながら乗り込んでいきます。馬体重は514`」とのこと。
(9月5日)


8月10日より、セグチレーシングS(チバ)で調整中。21日、牧場担当者は「入場後は状態を見ながら進め、現在はハッキング調整を行っています。こちらに来てから夏バテの様子はなく、飼い葉もしっかりと食べて馬体の張りもあります。暑さもあって脚もとに疲れが溜まりやすい時期ですので、しっかりとケアを行いながら進めて行きます。父の産駒にしてはやんちゃ過ぎる面もなく、扱いやすいタイプですね」とのこと。現在の馬体重は516`。
(8月21日)


8日、尾関調教師は「ゲート試験合格後も引き続き調整を続けてきて、今朝は坂路コースで2本目に16秒ペースの調教を行いました。本来は14秒台まで行いたかったのですが、連日の暑さやゲート調教などで疲れも溜まってきていたため、無理には行かせませんでした。走り出せば良い動きを見せますし強めをこなせる状態にはありますが、疲れが表に出てくる前に放牧で一息入れさせたいと思います」とのことで、10日(土)にセグチレーシングS(チバ)へ移動する。
(8月8日)


7月31日撮影

8月1日、尾関調教師は「先週のゲート練習で徐々に慣れて、入りや駐立もスムーズに行えるようになったので、昨日北馬場で確認し今日試験を受けてみました。結果は2回目の入りが悪く、不合格となってしまいました。先週の雰囲気が良かったので大丈夫かなと思ったのですが、連日の暑さで苦しくなっていたのかもしれません。一度リセットさせて、再調整してまた試験に臨みたいと思います」とのこと。
翌日、尾関調教師から「今日の馬の雰囲気が良かったので、再度試験を受けさせたところ、見事に合格してくれました。もう少し様子を見て、調整を続けるか決めていきます」との連絡が入っている。
(8月5日)


24日、尾関調教師は「入厩後も環境の変化に落ち着いて対応が出来ています。また、飼い喰いも良好です。現在は、手開けでスタート練習をしています。まだ、ゲートからのダッシュに時間がかかっていますが慌てずに教えていきます。慣れてきたら、機械開けでの練習も行います」とのこと。
(7月24日)


尾関調教師より「急遽、検疫が取れましたので入厩させました」との連絡が入っている。
(7月19日)


10日、牧場担当者は「現在は周回コースで1,800〜2,400b(23-20)と、週に1本坂路で強め(火曜日に15-15)を消化させており、今週で強めを3本消化しています。厩舎で落ち着きも出て、飼い葉も良く食べています。引き続き入厩に向けて乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は526`。
(7月10日)


26日、牧場担当者は「長距離輸送の疲れも抜け、馬体重も527sまで増えています。現在は馬場で、ハロン20秒前後のキャンターで調整を行っています。馬場での動き、体調も安定しているので、来週から坂路で強めを開始します。バネの効いた走りをしますね」とのこと。
尾関調教師は「だいぶ環境にも慣れ、調教も負荷を掛ける話をきいています。ここから1ヶ月調整した動きや、体調を確認して今後のスケジュールを決めていきます」とのこと。
(6月26日)


14日よりセグチレーシングS(チバ)で調整されている。19日、尾関調教師は「移動直後は微熱が出たようですが、直ぐに処置をして平熱に戻っています。先ずは新しい環境に慣れてもらい、調整具合が上がったタイミングを見てスケジュールを考えていきます」とのこと。
(6月19日)


12日、尾関調教師より「北海道での調整が順調に進みましたので、本州が暑くなる前に美浦近郊へ移動させます。新しい環境に対応出来次第、入厩に向けて負荷をかけていきます」とのことで、近々セグチレーシングS(チバ)へ移動することになった。

<早期入厩の可能性あり>
近々入厩のため、急遽締切となることもございますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(6月12日)


BTC屋外馬場も併用し、この中間は週2回坂路で16〜14秒ペースを消化しており順調。場長は「至って順調にきておりコンスタントに強目を乗り込んでいます。メニューに大きな変化はありませんが、強目を継続してきて疲れや痛み等を見せませんし、息遣いにも問題は無く、この時期の2歳としてはすごく丈夫でしっかりしており頼もしい限りです。このまま進めていきます」とのこと。
(6月6日)


5月22日撮影


(5月24日)


5月22日撮影


(5月24日)


BTC屋外馬場も併用し、週2回坂路で15〜13秒ペースを消化しており順調。場長は「至って順調に乗り込んでおり、15秒のペースでは窮屈に感じるくらいの動きを見せ、ラストは13秒ペースに伸ばして登坂しています。体力が付いて動きがしっかりしてきましたし、このペースでも余裕を感じさせる走りです。この調子で乗り進めたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は517キロ。
(5月23日)


BTC屋外馬場も併用し、周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2回坂路で15〜14秒ペースを消化しており順調。場長は「週2回坂路入りしコンスタントに強目を消化しています。15秒ペースは余裕十分に動けており、ラストは14秒を切るタイムで楽に上がってきています。馬体の逞しさが増し、以前より全身を使った伸びのあるキャンターを繰り出せるようになってきました。良い成長過程を踏むことが出来ていますので、この調子で乗り進めていきたいと思います」とのこと。
(5月8日)


4月6日撮影

BTC屋外馬場も併用し、現在は坂路1本を乗った後、1600m周回コースで20秒ペース中心の調整。場長は「馬場に慣らす意味もあり、1600m1周を20秒程度でじっくり乗り込んでおり、ここから距離を延ばして負荷をかけていきます。速めを乗るときは引き続き坂路を使用し、今後もコンスタントに強目を消化していく予定です。4月6日の映像撮影時は、併せ馬を行ったためいつもの15−15より速い時計となり、ラストは14秒を切るタイムで動いています。それでも映像の通り、まだまだ動きに余裕はあり楽に上がってきています。化骨の完了とペースアップが待ち遠しいですね」とのこと。4月中旬の馬体重は534キロ。
(4月17日)


3月下旬撮影

現在はダートコースで2400mと、週半ばはフラットコースで17秒ペース、週末は坂路で16−15秒ペースを消化しており順調。場長は「坂路でコンスタントに時計を出しており、現在15秒ペースまで進めてきました。跳びの大きなフットワークで、速めを乗っているように見えないくらい余裕たっぷりの動きを見せています。化骨が完了する夏頃までは、この位のペースでじっくり乗り込むつもりです」とのこと。なお、BTC屋外馬場も開場しているが、ここしばらくの天候不順で馬場があまり良くないため、馬場と天候の回復を待って馬場入りする予定だ。
(4月3日)


3月14日撮影

引き続きダートコースで2400mと、週半ばはフラットコースで17秒ペース、週末は坂路で18−16秒ペースを消化しており順調。場長は「コンスタントに16秒ペースで調整しています。体力もありペースアップ出来そうですが、化骨検査でグレード3(お盆頃に化骨完了見込み)という診断でしたので、当面は同様のペースでしっかり跨がっていきます。馬自身は走る気満々でとても活気があり、強目を乗るとフットワークの大きな良い走りを見せています。ペースアップが楽しみな1頭です」とのこと。尾関調教師は「かなり良い感じで進んでいるようですが、早稲のタイプでなく、まだまだ成長も見込めそうな馬です。入厩時期についてはここからの調教進度に合わせて検討しますが、早めに美浦近郊まで移動させて環境変化等を経験させた方が良いかもしれません」とのこと。現在の馬体重は528キロ。
(3月20日)


3月14日撮影


(3月15日)


同様のメニューで順調に調整中。強目を乗る日はダートコースで2400mを乗ってほぐした後、週半ばはフラットコースで17秒ペース、週末は坂路で18−16秒ペースを消化。場長は「まだトモには甘さを感じさせるものの、背中に柔らかみがあり悪くない感触を得ています。手足が長く、大柄ですが重さを感じさせない軽い動きが出来ており、弾むようなフットワークを見せています。乗り込むにつれて上向いてきており、今後もじっくり乗り込み更なる良化を促したいと思います」とのこと。
(3月1日)


徐々にペースアップ中。強目を乗る日はダートコースで2400mを乗ってほぐした後、週半ばはフラットコースで17秒ペース、週末は坂路で18−16秒ペースを消化。場長は「先月強目を1本消化し、その後は週2回ペースで18〜16秒ペースを乗り込んでいます。以前より前進気勢も出てきて、この位のペースは楽々とこなせており、どんどん進めていけそうな感触ですが、冬場は体力強化に重点を置きじっくり乗り込むつもりです」とのこと。2月中旬の馬体重は528キロ。
(2月8日)


年末年始期間を挟み、元のメニューに戻して調整中。現在はBTCでキャンター3000m(25秒からラスト20秒)中心の調整だ。1月11日、場長は「昨日初めて終い2ハロンを15秒まで伸ばして乗ってみたところ、持ったまま余裕のある手応えでしっかりと走れていました。跳びが大きい馬なので、ゆったりとしたペースではまだモサモサした感じでしたが、この位のスピードに乗せた時の方がしっかり走れている印象で、動かして良さの出るタイプのようです。今後のペースアップが楽しみですが、当面は25〜20秒ペース中心にじっくり乗り込み、体力強化に励みたいと思います」とのこと。1月11日の馬体重は502キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

12月21日撮影

現在はトレッドミルとBTCの屋内直線コースでラスト1ハロン20秒ペース中心の調整。場長は「坂路も使用して徐々にペースを上げ、大柄な馬体に力が付いて動きがしっかりしてきました。現在のメニューは余力充分にこなせており、飼い葉も残さず食べることが出来ています。まだ前に頼って走っている感じなので、トモを使う調教で強化していきます。重苦しさも無く良く動けており好感触です」とのこと。12月下旬の馬体重は490キロ。
(12月27日)


12月21日撮影


(12月22日)


11月下旬撮影

BTCでキャンター3000mと週2回坂路1〜2本25秒ペース中心の調整。「まだ心身共に幼く今後の成長が楽しみ。バランスの良い走りを見せています」と場長。馬体重は479キロ。
(12月3日)


現在はBTCの馬場でキャンター2400m(25〜26秒)と坂路1〜2本(26秒程度)中心の調整。場長は「この中間から坂路調整を開始しており、今週2本のメニューを乗ってみたところです。2本乗った後も大きな疲れを見せていませんし、ここからは馬の体力に合わせて登坂本数を増減しながら進めていきます」とのこと。
(11月10日)


10月24日撮影


(10月25日)


10月24日撮影

9月初旬にチェスナットファームへ移動。ブレーキングとロンギ場での乗り馴らしを終え、9月末より騎乗を開始。24日、場長は「現在はBTCの調教コースにてハッキング〜キャンター3000mの調整を行なっている。環境にもすんなりと慣れてくれました。まだ心身共に幼く、これから徐々に成長していくとタイプだと思います。背の高い馬ですが、バランスの良い歩きや走りを見せています」とのこと。馬体重は464キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

9月中旬の馬体重:450kg、8月下旬の体高:162.0cm、胸囲:180.0cm、管囲:20.8cm
(9月中旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)