アースリヴィングの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

チェスナットファーム在厩(美浦・小笠倫弘厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

年末年始期間を挟み、現在はBTCでキャンター3000m(25秒からラスト20秒)中心の調整だ。1月11日、場長は「トレッドミル併用でしっかりと負荷をかけ、年明けからはキャンター3000m中心の調整を再開しており、昨日初めて終い2ハロンを15秒まで伸ばして乗ってみました。しっかりと動けていましたし、1本目としては良い感じの調整が行えたと思います。少し気が入りやすいタイプのため、当面は25〜20秒ペース中心にじっくり乗り込み、馬体成長を促しながら体力強化に励みます」とのこと。1月11日の馬体重は456キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

12月21日撮影

ここまで周回コースでキャンター3000m(25〜20秒)中心にじっくり乗り込み、現在はトレッドミル中心の調整。場長は「馬格もあって体力的にはどんどん進めていけそうな雰囲気ですが、まだフワフワした走りで幼さが残るため周回コースでじっくり乗り込みました。トレッドミルを使用して脚元に負担をかけずに高負荷を課し、走りがしっかりしてきたら坂路や直線コースで乗り込んでいく予定」とのこと。12月下旬の馬体重456キロ。
(12月27日)


12月21日撮影


(12月22日)


11月下旬撮影

初期馴致と乗り馴らしを終え、周回コースで軽目キャンター3000mを乗り出しており順調。「ボリュームのある好馬体で、落ち着きがあり理解力の高い馬」と場長。馬体重445キロ。
(12月3日)


初期馴致を終え、角馬場でのフラットワーク中心の調整。場長は「現在は口向きをしっかり教え込むため、フラットワーク中心の調整を行っています。乗り馴らしも最終段階に入っており、11月12日の週から周回コースで乗り出していけそうです。しばらくはダク調整を行い、キャンター調整へと移行予定。今のところ至って順調です」とのこと。
(11月10日)


10月24日撮影


(10月25日)


10月24日撮影

10月8日にチェスナットファームへ移動。初期馴致を終え、落ち着きもあり順調に進めている。24日、場長は「現在は、牧場内のトラックコースをハッキングまで進めています。全兄より全体的にボリュームがあり、落ち着いていて理解力の高い馬です。環境の変化や馴致などで少し馬体重は減りましたが、飼い喰いが良く直ぐに増えてくると思います」とのこと。馬体重は430キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:426kg、体高:156.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:20.5cm

9月中旬の馬体重:443kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)