ナショナルホリデーの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・矢野英一厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

昨年12月の4週目にコースの改修を終えて乗り進められている。現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン20秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターの調教メニューが組まれている。牧場担当者は「昨年末の発熱中に飼い葉喰いが落ちたため少し体を減らしましたが、坂路入りまでは順調に進められています。今は落ちてしまった体重と体力強化に重点を置き、全体的にコンディションの底上げをしていきたいです」とのこと。現在の馬体重は436キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

中間に発熱の症状が出たが現在は既に回復し、21日から調教を再開。元のメニュー(周回コースの調教メニューを週4日と、トレッドミルでのキャンターを2日)に戻しつつ調整中だ。牧場担当者は「喰いも良くなり、乗りながらも体重が増加しており良い傾向です。まだ腰回りの筋肉に成長の余地があり、加速力はこれからといった感じなので、今後の成長に期待しつつ進めて行きます」とのこと。12月下旬の馬体重は440キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

現在は常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m中心の調整。担当者は「週4回は周回Wチップコースでキャンター2000m、週1回はTM調整を行っており順調です。大人しく従順で物覚えが良い馬です」とのこと。馬体重424キロ。
(12月3日)


現在は常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m中心の調整。担当者は「週4回ウッドチップコースでキャンター、週1回はトレッドミルでの調整を行っています。従順で物覚えがよく、人の指示に対してしっかり反応をしてくれます。走りはじめは力みがちなところもありますが、キャンターをしていくうちに解れてくるので問題ないでしょう」とのこと。11月8日現在の馬体重は424キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

9月13日に社台Fに移動し、初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「周回コースでの乗り馴らしなどひと通り終えて、現在はロンギ場(馴致場)でダク〜キャンターの調教を行っています。先ずは口向きやハミのかかりなど、操縦性を高める練習をしっかり行い、来週中には周回コースへ向かいたいと思います。気性は大人しく、何の問題もなく順調に進めています」とのこと。馬体重は443キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:432kg、体高:153.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:19.0cm

9月中旬の馬体重:439kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)