ガヴィオラの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:エレガンテレイナ【気高く気品のある女王(西)。Elegante Reina】に決定しました。
    第2希望ガヴォット、第3希望ミーンガール。
  • 馬名のご応募は12月末で締め切らせて頂きました。1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(美浦・高柳瑞樹厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

現在は週2回坂路2本中心の調整。5月8日、牧場担当者の話では「坂路の2本目は14−15で乗っており、順調にペースアップできています。馬体も維持できており良い感じで進んでいます。来月の移動を視野にこのまま乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は437キロ。
高柳瑞樹調教師は「入厩に向けて強めの調教を続けながら、飼い葉も残さず食べられています。このまま順調に乗り込んでいければ、あと1ヶ月程度で入厩できそうです」とのこと。
(5月8日)


4月1日撮影

現在は週3回坂路2本中心の調整。4月17日、牧場担当者の話では「坂路1本目は16−17、2本目は15秒ペースで乗っており、コンスタントに15−15を消化できるようになってきました。ここにきての馬体増も心強く、このまま順調なら6月頃の入厩を目指せるのでは。早期移動を目標に進めていきます」とのこと。高柳調教師は「飼い葉を良く食べており、順調に馬体が増えています。1年前に見たイメージからの変わり身が大きく、馬が格段に良くなっています。順調に強目を乗り込んでおり、このまま進むようなら6月頃に入厩させたいですね」とのこと。現在の馬体重は436キロ。
(4月17日)


3月下旬撮影

3月半ばに右前に軽い捻挫が見られたため、1週間のリフレッシュ調整を挟んで徐々にペースアップ中。牧場担当者の話では「軽い症状でしたので、リフレッシュ後はもう問題なく、既に週2回坂路2本15−15の調整で乗り進めています。強目を乗ると少し馬体が減りやすい傾向にはありますが、このまま馬体を減らさず進められれば早期移動を視野にペースを上げていくことになると思います。暖かくなると喰いも良くなるはずですし、成長を促しながら乗り込んでいきたいですね」とのこと。現在の馬体重は429キロ。
(4月1日)


牧場担当者の話では「週2回坂路2本16−16を乗り込んできましたが、中間に右前球節に軽い捻挫を起こしたため、いったんリフレッシュ調整を挟みました。既に乗り出して軽目の調整で様子を見ているところです。このまま問題がなければ、徐々にペースを上げて元のメニューに戻していきます」とのこと。ここから元のペースに戻していき、仕上がりが早そうなら早期移動を視野に入れて調整する。高柳瑞樹調教師は「18日(月)に馬を見てきました。飼い葉はモリモリ食べているようですが、その割に細く映りますのでもう少しこのまま乗り込んでもらうつもりです。来月に再度状態を見に行き、馬体と仕上がり具合を見て移動時期を検討したいと思います」とのこと。現在の馬体重は435キロ。
(3月20日)


27日、高柳調瑞樹教師は「小柄な馬体なので成長を待ってのデビューを考えていましたが、強目の調教が開始されても順調にペースも上がっています。体幹もしっかりしているので、夏競馬デビューも考えるかもしれません」とのこと。
牧場担当者の話では「引き続き、週2回坂路2本16−16中心の調整です。馬体を維持しながらペースアップし、16秒ペース中心のメニューに到達できました。この状況なら夏を意識した調整へと移行し、今後の進み具合によっては早期移動を目指すことになるかもしれません」とのこと。現在の馬体重は423キロ。
(3月1日)


坂路中心で順調に乗り込んでおり、現在は週2回坂路2本16秒ペースを乗り出している。担当者は「リフレッシュ調整を挟みながら、坂路調整を継続しこの中間は16秒ペースを消化させています。調教負荷をかけながら、リフレッシュで馬体成長を促し、今後も馬の状態に合わせたメニューで進めていきます」とのこと。現在の馬体重は422キロ。
(2月8日)


年末年始期間にリフレッシュを挟み、元のペースに戻して調整中。現在は週2〜3回坂路でハロン17秒ペース中心の調整。担当者は「体調面に問題は無く乗りながら馬体はキープ出来ていますが、もう少し馬体が増えて欲しいところ。馬体を出来るだけ膨らませながら進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は410キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

週3回坂路2本(17−18)を順調に消化し、11月末にウォーキングマシンのみでリフレッシュ調整を挟んだ。更に体を膨らませるため、しばらく周回コースで軽目の調整を行い、12月中旬から坂路入りを再開している。担当者の話では「現在は週2〜3回坂路でハロン17秒ペースの調整です。坂路入りした後も馬体はキープ出来ており、良い感じで進んでいます。小柄な牝馬ということもあり、今後も3〜4週乗った後はリフレッシュ調整を挟み、成長を促しながら進めることになると思います」とのこと。現在の馬体重415キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

11月より坂路入りし、現在は週3回坂路2本(17−18)の調整。「運動量を増やした後も馬体は安定しています。まだ体付きが幼く馬に合わせて進めます」と担当者。馬体重は410キロ。
(12月3日)


初期馴致を終えてリフレッシュ調整を挟んだ後、坂路調整を開始しており順調。牧場担当者は「坂路で乗り出した後も順調で、現在は週3回坂路2本(18−18)の調整を開始しています。登坂本数を1本から2本に増やし18−18ペースに到達したところで、この後いったんリフレッシュ調整を挟む予定です。運動量を増やした後も馬体は安定しており、遅生まれですが順調な組のメニューを消化することが出来ています。ここからも成長に合わせて進めていきます」とのこと。現在の馬体重は403キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

10月3日にノーザンF空港牧場へ移動し、ウォーキングマシンとロンギ場での初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「現在は馴致をひと通り終え、一息入れてリフレッシュさせています。父の産駒らしく気が強い面もありますが、この気性をうまく走る方向へ持っていければと思います。まだ成長段階ですが、体重以上のしっかりとした体つきです。疲れを取った後は、坂路コースでの調教を開始していく予定です」とのこと。馬体重は403キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:394kg、体高:150.0cm、胸囲:167.0cm、管囲:18.5cm

9月中旬の馬体重:410kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)