バルドウィナの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・藤岡健一厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

昨年12月の4週目にコースの改修を終えて乗り進められている。現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン20秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターの調教メニューが組まれている。牧場担当者は「発熱が治まってからは順調で、少しずつ筋力を付けてまとまりの良さに加え力強さも伴ってきています。坂路コースに入ってからは気合いが乗りすぎるくらいになってきていますが、血統的にこのくらいの気性は有っておかしくないので、あまりこちらは締め付けずにある程度は許容しながら進めて行きたいと思います」とのこと。現在の馬体重は448キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

中間に発熱の症状が出たが現在は既に回復し、様子を見ながら元のメニュー(周回コースの調教メニューを週4日と、トレッドミルでのキャンターを2日)に戻しつつ調整中だ。牧場担当者は「調教中も大人しく従順で、折り合いもスムーズについています。全体的なまとまりの良さを感じますし、突き抜けるような鋭さも加わってくるよう更なる成長を期待したいと思います」とのこと。
藤岡調教師は「体が大きくなって形も良くなってきました。乗りながら良い成長を見せてくれているようです。タイプで言うなら、ワンカラットに似たタイプのように感じますね」とのこと。12月下旬の馬体重は438キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

11月初めにトモの疲れが見られたため数日間は騎乗を控えたが、特に問題は無し。疲れが抜け次第、他馬同様のメニュー(常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m)を乗り込んでいく。馬体重は430キロ。
(12月3日)


担当者は「馴致を終え周回ウッドチップコースでの調教を始めていましたが、トモに疲労感を見せたため数日騎乗を控えました。まだ体つきも幼いですが、血統的にも緩やかに成長曲線を描くタイプなので、まずはしっかりと下地を作っていくように乗り進めます。気性は大人しく、メンタル面には問題ありません」とのこと。疲れが抜け次第、元のメニュー(常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m)に戻していく。11月8日現在の馬体重は430キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

10月4日に社台Fに移動し、初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「周回コースでの乗り馴らしなどひと通り終えて、現在はロンギ場(馴致場)でダク〜キャンターの調教を行っています。先ずは、口向きなど操縦性を高める練習をしっかり行い、来週中には周回コースへ向かいたいと思います。ひと夏を超えて背丈も伸び、成長を見せてくれています。首さしから顔にかけて姉妹良く似ており、これからさらに成長してくれる雰囲気を持っています」とのこと。馬体重は434キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:430kg、体高:159.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:19.3cm

9月中旬の馬体重:448kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)