オンシジュームの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 第1希望:エピデンドラム【中南米に生育するラン科の一種。父名、母名より連想。Epidendrum】に決定しました。
    第2希望ファイウス。
  • 馬名のご応募は12月末で締め切らせて頂きました。1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

社台ファーム在厩(栗東・高橋康之厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

中間に3ハロン15.4−14.2−15.0秒ペースの時計を出した後、左前にソエの症状が出ている。牧場担当者は「背腰の筋肉にも硬さがあったので少しペースを落としてケアをしています。完全に休ませてはいませんが、症状が落ち着くまではしばらく馬なりキャンターで調整します」とのこと。5月8日現在の馬体重は476キロ。
(5月8日)


4月2日撮影

少し疲労感を見せることもあり、リフレッシュ調整を挟みながらの調整。牧場担当者は「無理せず進めてきて、4月に入って再度時計を出し始めました。4月11日に坂路で15.4−14.2−15.0を計時し、良く動けていたのですが、その後左前にソエの症状が見られ、楽をさせてケアを行っています。前向きさもありスピードセンスも見せていますので、無理せず馬に合わせて調教を強化していきたいと思っています」とのこと。4月18日現在の馬体重は477キロ。
(4月19日)


3月下旬撮影

現在は週3回坂路(1000m)でキャンター主体の調整。牧場担当者は「コンスタントに乗り込んできて、少し疲れが見られましたので、この中間は坂路でも周回コースでも馬なりキャンター主体に緩めない程度の調整にセーブしました。3月末には1ハロンだけ動かして14秒9を計時しており、当面は馬に合わせて強弱を付けたメニューで進めます」とのこと。3月30日現在の馬体重は476キロ。
(4月1日)


引き続き週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニュー。牧場担当者は「15秒台ラップの調教も開始しペースアップ中です。3月中旬に入って2ハロン31秒0、15秒4の時計を計時しました。スピードセンスは上々も少し気が入りやすいところがあるので注意して進めています。もう少しスピードに緩急を付けられるようになれば更に楽に動けるようになってくるはずです」とのこと。高橋調教師は「3月11日に馬を見てきました。新設されたチップコースでしっかりと首を使った良い走りができていました。時計も出し始めており、移動の態勢が早く整うようなら早期始動を前向きに考えたいと思います」とのこと。現在の馬体重は476キロ。
(3月20日)


現在も週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニュー。牧場担当者は「体をしっかりと使えるようになってきました。全体的な硬さはまだありますが、力みは抜けて余計な発汗もなくなってきています。この時期にしっかりと体力の底上げをしていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は460キロ。
(3月1日)


現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニューまで進めている。牧場担当者は「調教中は力みがちで硬いところが有りますが、坂路コースを使い出してからは終わり掛けで力を抜けるようになってきています。抜きすぎないように注意は必要です。体調が良く、体重が増えてきているのは良い傾向ですね。厳冬期はボディコンディションを維持する事を主眼に置いて調教を行っています。坂路コースを改装したことで昨年よりも負荷が掛かっているため、オーバーワークにならないように気を付けながら取り組んでいきます」とのこと。現在の馬体重は460キロ。
(2月8日)


昨年12月の4週目にコースの改修を終えて乗り進められている。現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン20秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターの調教メニューが組まれている。牧場担当者は「坂路コースで調教を開始してからは、気合いを前面に出すようになりました。以前は乗り手からのアクションで前進気勢を働かせていましたが、ここにきてテンから自分で動けるようになり順調に成長してくれています。エピファネイア産駒らしいカン性の良さも出てきています」とのこと。現在の馬体重は446キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

引き続き周回コースの調教メニューを週4日と、トレッドミルでのキャンターを2日行っている。牧場担当者は「体力は少しずつ強化できており順調です。エピファネイアの産駒は調教中に行きたがる面がありますが、本馬はコントロールの効くタイプです。欲を言えば、もう少し前進気勢が出せるようになれば」とのこと。高橋康之調教師は「腹帯部分が荒れて少し休ませましたが、既に乗り出せるまで回復しています。見た目は胴が伸び、前と後ろのバランスが取れてきました。まだまだ成長する余地が伺えますね」とのこと。12月下旬の馬体重は450キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

11月初めに帯道が荒れてしまったため数日間は騎乗を控えたが、特に問題は無し。症状が治まり次第、他馬同様のメニュー(常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m)で乗り込んでいく。馬体重は432キロ。
(12月3日)


担当者は「週4回ウッドチップコースでキャンター、週1回はトレッドミルでの調整を行っていましたが、中間帯道が荒れたため乗り運動を控えました。本格的な調教がスタートしても変わらず大人しく、操作性の高さを感じます。まだ体形も子どもっぽさがあり、乗り込みながら体作りをしていくことになりそうです」とのこと。症状が落ち着き次第、元のメニュー(常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m)に戻していく。11月8日現在の馬体重は432キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

10月4日に社台Fに移動し、初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「周回コースでの乗り馴らしなどひと通り終えて、現在はロンギ場(馴致場)でダク〜キャンターの調教を行っています。先ずは、口向きなど操縦性を高める練習をしっかり行い、来週中には周回コースへ向かいたいと思います。こちらの環境にも直ぐに慣れてくれました。物怖じしない、のんびりとした性格は姉とよく似ており、幅のある馬体は父の産駒の特徴がよく出ています」とのこと。馬体重は450キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:432kg、体高:155.0cm、胸囲:175.0cm、管囲:19.0cm

9月中旬の馬体重:451kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)