スペラーレ

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:スペラーレ【希望(伊)。両親の特長を受け継いで活躍するように。Sperare】に決定しました。
    第2希望アイスベルグ、第3希望:コモドール。
  • 馬名のご応募は12月末で締め切らせて頂きました。1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

栗東・吉村圭司厩舎
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

7月19日、吉村調教師から「大変遅くなりましたが、ようやく検疫が確保できましたので明日入厩させます。移動後も問題がなければ、ゲート練習中心の調整を開始したいと思います」との連絡があり、20日に入厩する。
(7月19日)


10日、牧場担当者は「引き続き順調に乗り込んでいて、15-15の強めもコンスタントに行えています。まだ緩さや動きに重さを感じるなど成長の余地は残っていますが、移動に向けて態勢も整って来ています」とのこと。現在の馬体重は507`。
吉村調教師は「検疫が回ってくれば入れるつもりなのですが、まだ確保できていません。取れ次第移動の手配をするつもりです」とのこと。
(7月10日)


山元TCへ到着後も順調。吉村調教師からは「山元TCで順調に進めてもらっており、移動の態勢は整ってきているのですが、検疫が混み合っていて、先週分は確保できませんでした。今週末か遅くとも来週には入れられると思います」との連絡が入っており、検疫が取れ次第、移動予定だ。
(7月3日)


6月22日に山元TCへ到着。26日、牧場担当者は「輸送熱などもなく無事に到着しており、さっそく坂路で17秒程度を乗っています。まだ緩いところはありますが、跨がった感触は良く、動いてくれそうな雰囲気です。移動に備えて体調を整えていきます」とのこと。吉村調教師からは「検疫が混み合っていて、来週以降の検疫次第で移動日を決めたいと思います。山元TCまで無事に到着し調整を開始していると言うことですので、緩まないよう調整し検疫に合わせて送り出してもらいます」との連絡が入っている。
(6月26日)


社台ファームで強目をコンスタントに消化しており順調。6月20日、牧場担当者は「8日には坂路で14.4−13.6−13.5を消化し、その後も15日と18日に14〜15秒ペースのところを乗っており至って順調です。15秒を切るペースでもしっかり動けており、移動の態勢も整ってきました。21日出発の便で山元TCへ移動させます」とのこと。山元TCでワンクッションを置き、移動後も問題がなければ検疫が取れ次第、直接栗東へ入厩予定。
<近々入厩予定>
6月中に入厩予定です。お申し込みは6月21日(金)午後3時で締め切らせて頂きました。たくさんのお申し込みありがとうございます。
(6月20日)


社台ファームで15−14ペースをコンスタントに消化しており順調。6月12日、吉村調教師は「先週見てきました。強目を乗り込まれて入厩の態勢が整ってきており、そろそろ移動させたいと思います。牧場とも相談し、近々北海道を出発してワンクッションを置き、問題がなければ直接栗東へ入厩させましょう」とのこと。移動後も問題がなければ6月中に入厩する予定だ。
(6月12日)


引き続き坂路中心の調整で、5月25日に15.7−14.8−14.4秒、5月28日は2ハロンを15.3−14.9秒、6月4日には14.4−14.1−14.7秒(どれも坂路)と順調に強目を消化している。牧場担当者は「コンスタントにラップを詰めながら乗り込んでいます。まだ体を持て余しているのかテンの入りはモタつきますが、時計的には充分な負荷を掛けられています。この調子で引き続き乗り込みながら、素軽さを求めていきます」とのこと。現在の馬体重は516キロ。
(6月6日)


引き続き坂路中心の調整。23日、牧場担当者は「14日に坂路で15.7−14.7−15.0秒。21日には15.0−15.1−15.1秒のメニューを消化しました。調整は順調に進んでいますが、促しつつの登坂です。速目調教の本数をこなしながら、積極性を身につけさせていきます」とのこと。現在の馬体重は518キロ。
(5月23日)


引き続き坂路中心の調整。牧場担当者は「加速出来るまで動きが緩慢に映るので、どんどん時計になるところを乗っています。先々週は坂路で2ハロン15.7−15.3秒、先週末には坂路で3ハロン15.6−14.6−15.5秒、今週も坂路で15秒台の時計を出しています。引き続き前進気勢を促していきます」とのこと。現在の馬体重は514キロ。
(5月8日)


4月2日撮影

引き続き坂路中心の調整。牧場担当者は「緩さを解消すべくどんどん乗り込んでおり、4月に入って強目の調整も開始しています。4月10日には坂路で15.5−14.0を計時し調整自体は至って順調です。加速するまでがまだモタモタしていますが、加速してしまえばラストは余力充分に動けています。このまましっかり負荷をかけて乗り込んでいきたいと思います」とのこと。4月18日現在の馬体重は505キロ。
(4月19日)


3月下旬撮影

引き続き週に3回坂路入りし、その内1回は2本登坂しており順調。牧場担当者は「順調にペースアップしていますが、まだ背腰に緩さがある感じです。走る気持ちはそれなりにありますので、ここから乗り込んでの変わり身に期待しています。馬体のハリ艶は良好で、しっかり負荷をかけて乗り込んでいきたいと思います」とのこと。3月30日現在の馬体重は494キロ。
(4月1日)


引き続き週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒(その内1回は2本登坂)、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニュー。牧場担当者は「背腰に緩さがあるので、時計になるところはまだ乗っていませんが、運動量を確保ししっかりと負荷をかけて体力強化に取り組んでいます。調教に比例して気合い乗りは良化傾向にあり、真面目なタイプの馬ですし、芯が入ってくればこれからどんどん変わってくると思います」とのこと。現在の馬体重は506キロ。
(3月20日)


現在も週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒(その内1回は2本登坂)、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニュー。牧場担当者は「体の緩さはありますが、坂路を2本上がれているように体力は付いてきています。もっと全体を使って走れるように、ハミ受けを教えつつしっかりと訓練していきます」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(3月1日)


現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン17秒(その内1回は2本登坂)、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターのメニューまで進めている。牧場担当者は「引き続き積極性を促しながら、順調に調教をこなしています。背腰の緩さはあるので、心身共に更なる成長を期待しています。厳冬期はボディコンディションを維持する事を主眼に置いて調教を行っています。坂路コースを改装したことで昨年よりも負荷が掛かっているため、オーバーワークにならないように気を付けながら取り組んでいきます」とのこと。現在の馬体重は491キロ。
(2月8日)


昨年12月の4週目にコースの改修を終えて乗り進められている。現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン20秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターの調教メニューが組まれている。牧場担当者は「積極性を身につけるため、調教中に前を追い掛けたり先頭に立たせたりといろいろ試したところ、先頭で走っている時が最も前進気勢が強く、集中力も途切れずに走れていました。大型馬で緩さはありますが、脚もとは問題なく特性も掴めたので、筋力増強に励みつつこれ以上は増えないようにどんどん鍛えていくつもりです」とのこと。現在の馬体重は490キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

現在は常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m中心の調整に移行しており順調に育成が進んでいる。牧場担当者は「まだまだ成長の余地は残していますが、少しずつ前進気勢を出すようになってきています。更に積極性が出てきたら尚良いですが、着実に変わり身は見せてくれていますよ」とのこと。12月下旬の馬体重は478キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

角馬場と馴致場での騎乗馴致中。「初めてのことにも動じないどっしりとした性格。筋力アップを目標に進めます」と担当者。そろそろ周回コース入りする予定。馬体重は468キロ。
(12月3日)


現在は常歩3000m、ダク1200m中心の調整。担当者は「角馬場と馴致場での騎乗馴致を行っています。周回コースでもまもなく乗り出す予定です。横木を跨ぐ練習をさせるなどいろいろな経験をさせていますが、初めてのことにも動じないどっしりとした性格です。まだ緩さがありますので、筋力アップを目標に進めていきます」とのこと。11月8日現在の馬体重は468キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

9月14日に社台Fに移動し、初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「周回コースでの乗り馴らしなどひと通り終えて、現在はロンギ場(馴致場)でダク〜キャンターの調教を行っています。先ずは、口向きなど操縦性を高める練習をしっかり行い、来週中には周回コースへ向かいたいと思います。おっとりとした性格で大人しい子です。体の成長具合からパワー型に変わっていきそうです」とのこと。馬体重は465キロ。
(10月25日)


9月14日(金)社台ブルーグラスファームから、千歳社台ファームへ移動している。

9月中旬の馬体重:468kg
(9月28日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:459kg、体高:155.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:20.1cm
(募集時)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)