ジュエルオブナイルの2017

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・杉山晴紀厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2019年

昨年12月の4週目にコースの改修を終えて乗り進められている。現在は週に3回坂路コース(1000m)をハロン20秒、週に2回周回コースを2000m、週に1回トレッドミルでキャンターの調教メニューが組まれている。牧場担当者は「坂路コースでの調教を開始してからも順調に進んでいますが、まだ良化がスローといった感じです。馬体重は少しずつ増えていて、血統を見ても気持ちが更に入ってくれば一気に良くなりそうな雰囲気は感じるので、成長を促しながら進めています」とのこと。現在の馬体重は432キロ。
(1月11日)

ページ上部へ

2018年

引き続き周回コースの調教メニューを週4日と、トレッドミルでのキャンターを2日行っている。牧場担当者は「もっと積極性を出せるようになるのが課題ですが、促してスピードに乗せた時の走りは、やはり良いものを持っています。坂路入りも楽しみですね」とのこと。12月下旬の馬体重は428キロ。
(12月27日)


11月下旬撮影

現在は常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m中心の調整。担当者は「週4回は周回Wチップコースでキャンター2000m、週1回はTM調整を行っており順調です。調教中もリラックスできており良い感じで進んでいます」とのこと。馬体重420キロ。
(12月3日)


現在は常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m中心の調整。担当者は「週4回ウッドチップコースでキャンター、週1回はトレッドミルでの調整を行っています。周回コースで乗り始めても思っていたほど気が入ることもなく、リラックスして調教に取り組めています。もう少し前向きさが出てきて欲しいところですが、きびきびとした動きには好感が持てます」とのこと。11月8日現在の馬体重は420キロ。
(11月10日)


10月23日撮影


(10月25日)


10月23日撮影

10月4日に社台Fに移動し、初期馴致を終えている。23日、牧場担当者は「周回コースでの乗り馴らしなどひと通り終えて、現在はロンギ場(馴致場)でダク〜キャンターの調教を行っています。先ずは、口向きなど操縦性を高める練習をしっかり行い、来週中には周回コースへ向かいたいと思います。体つきなどはすぐ上の兄というより、母の産駒らしい印象です。動きも軽く、これから進めるにつれ気持ちも入って行きそうです」とのこと。馬体重は416キロ。
(10月25日)


パンフ使用写真

8月下旬の馬体重:415kg、体高:155.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:20.0cm

9月中旬の馬体重:440kg
(9月28日)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)