リリーブライト

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:リリーブライト【ユリ+輝かしい。母名より連想。Lily Bright】に決定しました。
    第2希望リリックヴォイス、第3希望フルールドゥリス。
  • 1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・西田雄一郎厩舎)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:中央(1.2.0.1.5.13)地方(3.0.0.0.0.1)

2024年

6月7日、牧場担当者から「この中間も順調に調教メニューをこなしています。ただ、これから暑くなってくると思いますので、体調面に気をつけながら調整を進めていきます。馬体重は490`」との連絡があった。
(6月7日)


8日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
24日、牧場担当者から「入場後はウォーキングマシンで軽い運動を行い、11日から騎乗運動を再開しています。今週から坂路コースで15−15の調整を始めています。馬体にハリもあって、体調面の心配はありません。馬体重は493`」との連絡があった。
(5月24日)


5月5日撮影

8日、西田調教師から「レースの疲労もあって、飼い葉が落ちています。休み明けから3回使ったことで、疲れも溜まってくる頃ですし、暑さも得意なタイプではないので一息入れることにしました。本日、セグチレーシングS(チバ)へ移動しています」との連絡があった。
(5月8日)


5月5日撮影

5月5日(日)東京8R・4歳以上2勝クラス(芝2000m)に▲長浜騎手で出走し8着。

西田調教師からは「出たなりで一列目の後ろに付けられればベストでしたが、スタートを出て左右から挟まれたため出して行かざるを得ませんでした。逃げたことが無いので先頭に立つと戸惑いもあったようですし、外から来られて無理をしなかったのは悪くない判断だったと思います。最後で踏ん張り切れなかったのは続けて使ってきた分と暑さのためかもしれません。先行する脚はあるので、今後はダートを試すことも考えています」との話でした。

長浜騎手からは「ゲートを出てすぐに挟まれましたが、左右からの圧に負けず前に出てくれました。先頭に立つと外から来られてしまい、更に出して行くと最後の脚が無くなりそうだったので、無理せず馬のリズム優先で進めました。最後はこの馬なりに反応もあり伸びてくれているのですが」との話がありました。
(5月5日)


5月5日(日)東京8R・4歳以上2勝クラス(芝2000m)に▲長浜騎手で出走予定。
1日、西田調教師から「今朝の坂路での走りはバランスが良く、手前の交換もスムーズでした。今回は減量騎手でレースに臨みますので、枠順やスタート次第では好位からレースを運ぶかもしれません」との連絡があった。

04/28 助手 美南坂良 1カイ 53.6-38.6-25.1-12.4 馬なり余力
05/01 助手 美南坂重 1カイ 55.8-40.4-26.3-12.9 馬なり余力
(5月2日)


24日、西田調教師から「今朝は坂路コースにて単走で追い切りました。今回はレース間隔が短く、オーバーワークにならないように馬なりで進めていますが、最後まで楽な手応えで駆け上がっています。前走の疲れもなく、好調をキープしています」との連絡があった。
5月5日(日)東京・4歳以上2勝クラス(芝2,000b)に出走予定。

04/19 助手 美南坂稍 1カイ 55.5-39.5-25.4-12.4 馬なり余力
04/24 助手 美南坂稍 1カイ 56.4-40.3-26.3-12.9 馬なり余力
(4月25日)


17日、西田調教師から「馬体の張りツヤも良く元気一杯です。今週末から時計を出し始め、来週から強めを行っていきます」との連絡があった。
(4月17日)


10日、西田調教師から「レース後の脚もとや馬体に気になる箇所はなく、続戦出来る状態です。東京3週目の芝2,000b戦を目標に、在厩のまま調整を進めていきます」との連絡があった。
(4月10日)


4月7日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に団野騎手で出走し7着。

西田調教師から「団野騎手には『ある程度前のポジションでリズム良く運んで欲しい』と伝えていました。希望通りの競馬をしてくれたのですが、ペースが緩み瞬発力勝負になったので分が悪くなりました。ただ、プレッシャーを受けた中でも渋太く粘ってくれたので、次に繋がると思います。レース後の状態次第で、東京開催での続戦も検討します」との話がありました。
(4月10日)


4月7日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に団野騎手で出走予定。
3日、西田調教師から「今朝は単走で坂路コースに入りました。最後までしっかりと走れていましたので、休み明けを叩いて状態は上向きだと思います。前回はスローペースの競馬を後方からになったので参考外だと思います。今回は中団ぐらいの位置取りで進めてもらいます」との連絡があった。

03/31 助手 美南坂良 1カイ 55.5-39.2-25.5-12.6 馬なり余力
04/03 助手 美南坂良 1カイ 53.8-39.1-25.8-12.8 馬なり余力
(4月4日)


28日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースにて単走で入りました。坂路コースでないと、脚もとがクモ擦れになりやすい馬ですが、今回はウッドコースに入ってしっかりと追い切りました。終い重点のため全体時計は速くありませんが、直線で追い出しての反応がとても良かったです。調教後の馬体確認でもクモ擦れの症状はありませんでした。来週の出走に向けて順調に調整が進んでいます」との連絡があった。
4月7日(日)中山・鹿野山特別(2勝クラス・芝2,000b)に出走予定。

03/28 助手 美南W良 69.3-53.5-38.5-24.4-11.7 馬なり余力[9]
(3月28日)


20日、西田調教師から「レース後の脚もとや馬体に気になる箇所は無く、続戦可能な状態です。このまま在厩で調整し、3回中山競馬6日目の鹿野山特別に団野騎手で向かいます」との連絡があった。
(3月20日)


3月16日(土)中山・館山特別(3勝クラス・芝2,000b)に原騎手で出走し8着。

西田調教師から「鞍上には『終いの脚を活かすため、前半は急かさずリズム重視で運んで欲しい』と伝えていました。ただ、道中のペースが思った以上に落ち着いてしまったので、後方からでは厳しい展開になってしまいました。最後は脚を使えていましたし、暖かくなるにつれて状態も上がってきたので、次走で巻き返したいです。レース後の状態次第で中2週の同条件へ向かう予定です」との話がありました。
(3月16日)


3月16日(土)中山・館山特別(3勝クラス・芝2,000b)に原騎手で出走予定。
13日、西田調教師から「今朝は坂路コースにて単走で追い切りました。レース当該週なので無理していませんが、最後の1ハロンを12.3秒と好タイムをマークしています。前走は勝負どころでプレッシャーを受けてしまったので、今回はスムーズな競馬で力を出し切ってほしいです」との連絡があった。

03/10 助手 美南坂良 1カイ 58.6-41.1-26.4-12.7 馬なり余力
03/13 助手 美南坂重 1カイ 53.5-38.4-24.9-12.3 馬なり余力
(3月14日)


6日、西田調教師から「今朝は坂路に入り単走で追い切りました。短期放牧明けの一本目なので、まだ若干の緩さも残っていますが、来週のレースに向けて出走態勢を整えていきます」との連絡があった。
3月16日(土)中山・館山特別(2勝クラス・芝2,000b)に出走予定。

03/03 助手 美南坂良 1カイ 54.0-39.0-25.1-12.3 馬なり余力
03/06 助手 美南坂重 1カイ 53.1-38.2-24.5-12.1 馬なり余力
(3月7日)


28日に美浦トレセンへ帰厩。
西田調教師から「短期放牧の期間で心身共にリフレッシュする事が出来たみたいで、馬に落ち着きが出ています。今週末から中山4週目の特別戦に向けて調整を進めていきます」との連絡があった。
(2月28日)


2月16日撮影

1月30日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
16日、牧場担当者から「入場後はウォーキングマシン運動で様子を見てから、騎乗運動を始めています。西田調教師から『1ヶ月前後の短期放牧』との話でしたので、今週から坂路コースにて15−15を開始しています。ここから帰厩に向けてしっかりと負荷を高めていきます。馬体重は498`」との連絡がった。
(2月16日)


31日、西田調教師から「レース後の馬体や歩様に問題はありませんでしたが、念のため放牧を挟むことにしました。セグチレーシングS(チバ)にて、フレッシュな精神状態にしてから次走に向かうつもりです。次走目標は3月の中山開催を考えています」との連絡があった。
(1月31日)


1月28日(日)東京・4歳以上2勝クラス(芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し10着。

西田調教師から「今回は仕上がり状態が良く期待していましたが、直線に入る時に内の馬と接触し、馬が躊躇してしまいました。レース後の馬体や歩様に異常は見られませんでしたが、厩舎に戻ってから再度確認します」との連絡があった。
(1月28日)


1月28日(日)東京・4歳以上2勝クラス(芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
24日、西田調教師から「今朝は坂路コースにて単走で追い切りました。前日からの雨で馬場コンディションが悪いなか、軽く促しただけで好タイムをマークしました。本馬は叩き良化型ですが、今回はしっかりと仕上げているので、いきなりでも走れる状態です」との連絡があった。

01/21 助手 美南坂重 1カイ 59.6-42.2-26.9-13.0 馬なり余力
01/24 助手 美南坂稍 1カイ 52.5-38.0-24.6-12.0 馬なり余力
(1月25日)


18日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースにて3頭併せで追い切りました。休み明けの競馬ですが、追い出してからの反応が良く、楽しみな仕上がり状態です」との連絡があった。 1月28日(日)東京・4歳以上2勝クラス(芝2,000b)に出走予定。

01/14 助手 美南W良     72.2-55.9-39.5-11.4 強目に追う[7]
ゲンパチリベロ(古馬1勝)馬なりの内0.4秒追走同入
01/18 助手 美南W良 82.2-66.6-51.4-37.3-12.0 強目に追う[7]
(1月18日)


11日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースにて併せ馬を行ないました。道中は先行馬を追走し、馬体を併せてからも手応え良く1馬身ほど馬なりで先着しました。これまでは周回コースだとクモ擦れしやすかったので、坂路主体で調整しましたが、馬具を使用することで改善してきました。今後は坂路とウッドチップコースを併用していくつもりです。1回東京1週目に向けて、しっかりと仕上げて臨みます」との連絡があった。
1月28日(日)東京・4歳以上2勝クラス(芝2,000b)に向け調整中。

01/07 助手 美南坂良 1カイ 55.6-39.6-25.4-12.2 馬なり余力
01/11 助手 美南W良 84.8-68.4-52.7-38.0-12.1 馬なり余力[7]
ゲンパチリベロ(古馬1勝)一杯の内0.2秒追走0.2秒先着
(1月11日)


1月3日、西田調教師から「昨年末から調整を始め、今朝は坂路に単走で入りました。休み明けの追い切りでしたが、柵の外側をしっかりと走ってくれました。ただ、まだ馬体に緩さを感じますので東京1週目に向けてじっくりと進めていきます」との連絡があった。

12/31 助手 美南坂稍 1カイ 54.7-40.1-26.2-12.9 馬なり余力
01/03 助手 美南坂良 1カイ 55.3-39.9-25.9-12.5 馬なり余力
(1月4日)

ページ上部へ

2023年

26日に美浦トレセンへ帰厩。
27日、西田調教師から「昨日の検疫でトレセンに帰厩しています。早速、今日の朝からダートコースで調整を開始しています。馬に落ち着きもあって、ゆったりと走れていました。まだ、馬に緩さもあるので、これから少しずつペースアップしていきます」との連絡があった。
(12月27日)


12月下旬撮影

22日、牧場担当者から「現在は週2本の坂路強めを行いながら、帰厩に向けて調整を進めています。馬の毛艶も良く、フレッシュな状態ですので、先生からの指示待ちです。馬体重は498`」との連絡があった。
西田調教師からは「年末年始の検疫が混みあっていますが、年明けには帰厩させるつもりです。1回東京1週目の芝2,000bを目標にしています」との連絡が入っている。
(12月22日)


12月8日、牧場担当者から「現況は、周回コースで2,400bをキャンターと坂路での調整を行っています。今週から坂路入りの回数を増やし、徐々に負荷を強めていきます。厩舎内では落ち着いていますが、馬場に入ると活気もあってメリハリがついています。馬体重は496`」との連絡があった。
(12月8日)


11月9日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
24日、牧場担当者から「入場後はウォーキングマシンの軽い運動を中心で馬体の回復を優先しました。現在は坂路コースで15−15の調整を開始しています。西田調教師と馬の状態を確認しながら、調整メニューを決めていきます。現在の馬体重は496`」との連絡があった。
(11月25日)


11月4日撮影

8日、西田調教師から「中距離から長距離戦を3戦続けて使った疲れもあり、飼い葉の量がやや落ちています。前走で優先出走権を取得しましたが、連戦の疲労も考慮して一息入れることにしたいと思います。来年の番組表が発表され次第、次走目標を決めたいと思います」との連絡があった。
(11月8日)


11月4日撮影



11月4日撮影



11月4日撮影

11月4日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し5着。

西田調教師から「今日のレースがスローで直線勝負になったので、分が悪かったです。ただ、春当時と比べると、最後の脚がもうワンパンチ足りないような気がします。この後については、レース後の状態を見て検討します」との話がありました。
内田博幸騎手からは「スタートは上手に切れたのですが、前の馬が抑えたことで、ポジションを下げざるを得ませんでした。道中は折り合いを重視し、捲る事はしませんでした。直線でジワジワと脚を伸ばしてくれたのですが、差し切るまでは厳しかったです」との話でした。
(11月4日)


11月4日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
1日、西田調教師から「今朝の最終追い切りは、坂路コースにて単走馬なりで行ないました。最後まで手応え充分で、馬体のハリ艶を見ると状態は上がっているように感じます。道中は流れに乗って、3〜4コーナーから先行集団に押し上げられたらと期待しています」との連絡があった。

10/28 助手 美南坂良 1カイ 53.8-38.6-25.2-12.3 強めに追う
11/01 助手 美南坂良 1カイ 53.7-39.4-26.3-13.3 馬なり余力
(11月2日)


25日、西田調教師から「前走の疲労も抜けて馬体も回復してきました。また、歩様の硬さも見られません。今週末から強めの調整を再開し、来週の東京・芝2,000b戦に向けて出走態勢を整えていきます」との連絡があった。
11月4日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,000b)に出走予定。
(10月25日)


18日、西田調教師から「レース後の歩様に若干の硬さが見られましたが、馬体に気になる箇所もなく続戦可能な状態です。5回東京開催に向けて引き続き調整を進めていきます」との連絡があった。
(10月18日)


10月14日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,500b)に内田博幸騎手で出走し5着。

西田調教師から「3〜4コーナーでハミを取り、スムーズに上がって行くところまでは良かったでのすが、直線の入り口で早々と一杯になってしまいました。距離が多少長いのかもしれませんが、まだ本調子になってないのかもしれません」との連絡があった。
(10月14日)


10月14日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,500b)に内田博幸騎手で出走予定。
11日、西田調教師から「今週は火曜日がトレセン全休日のため、9日(月)に追い切りました。単走で坂路の大外を廻り、先週よりも楽な手応えで駆け抜けていました。ここで勝ち負け出来るようなら、今後の選択肢も広がるので頑張ってもらいたいです」との連絡があった。

10/09 助手 美南坂重 1カイ 55.4-39.6-25.6-12.5 馬なり余力
10/12 助手 美南坂良 1カイ 65.9-48.0-30.7-14.8 馬なり余力
(10月12日)


10月5日、西田調教師から「今朝は坂路コースにて単走で追い切りました。馬場の荒れた内側を通らず、大外を廻ったことで程良い負荷を掛けられました。また、最後まで手応えに余裕もあって、休み明けを叩いた上積みも感じます。この距離は未知数ですが、良い競馬が出来るのではないかと思っています」との連絡があった。
10月14日(土)東京・3歳以上2勝クラス(芝2,500b)に出走予定。

10/01 助手 美南坂良 1カイ 54.1-39.1-25.4-12.6 末強め追う
10/05 助手 美南坂稍 1カイ 54.7-39.9-26.1-13.0 強めに追う
(10月5日)


27日、西田調教師から「レース後の疲労も回復してきましたので、このまま続戦で調整を進める事にします。今週末から追い切りを開始し、東京2週目の芝2,500b戦へ向かいます」との連絡があった。
10月14日(土)東京・2勝クラス(芝2,500b)に向け調整を進める。
(9月27日)


9月18日撮影

20日、西田調教師から「レース後の歩様確認で、トモに疲れが見られました。その為、中1週の中山競馬の出走は見合わせることにします。週末までの状態次第で、続戦か放牧かを判断したいと思います」との連絡があった。
(9月20日)


9月18日撮影



9月18日撮影



9月18日撮影

9月18日(祝・月)中山・シンボリクリスエスカップ(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し10着。

西田調教師から「レースは道中控えたものの、脚が溜まりませんでした。今日はパドックで落ち着き過ぎていたのも、結果的に暑さが応えていたんだと思います。リリーブライト号は叩いて良くなるタイプなので、気温が和らいでくれさえすれば状態も上向きになると思います」との連絡があった。
(9月18日)


9月18日(祝・月)中山・シンボリクリスエスカップ(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
14日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースにて、5ハロンから単走で追い切りました。レース当該週なので息を整える程度でしたが、最後まで余力のある走りが出来ていました。まだ暑さが残っていますので、レース当日までしっかりとケアして臨みたいと思います」との連絡があった。

09/14 助手 美南W良 68.4-52.4-37.9-12.1 馬なり余力
(9月14日)


9月6日、西田調教師から「今朝の追い切りは、スピード調教をテーマにポリトラックで行ないました。先週ウッドコースでしっかり負荷を掛けられたことで、仕掛けた時の反応やスピードの乗りも上々でした。今週に入ってから気温も落ち着いてきましたので、息も整いやすくなってきました。来週のレースに向けて出走態勢が整いつつあります」との連絡があった。
9月18日(祝・月)中山・シンボリクリスエスカップ(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に出走予定。

09/03 助手 美南W良     57.6-40.6-12.9 馬なり余力
09/06 助手 美南P良 66.6-51.1-37.5-11.1 強めに追う
(9月7日)


30日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースに単走で入りました。まだ、馬体に緩さがある中でしたが、半マイル51.8秒を馬なりで楽に出せていました。暫くは猛暑が続きそうなので、体調面に注意しながら調整を進めていきます」との連絡があった。

08/30 助手 美南W良 82.3-66.2-51.8-38.3-12.4 馬なり余力
(8月31日)


25日に美浦トレセンへ帰厩。
西田調教師から「夏負けもせず良い状態で帰厩しています。中山2週目の芝2,000b特別を目標に、来週から本格的に調整を進めていきます」との連絡があった。
(8月25日)


18日、牧場担当者から「現況は猛暑を考慮しながら、坂路強めを週1本行っています。西田調教師から『来週帰厩予定』との連絡を受けましたので、入厩前にもう1本強めを行なって、態勢を整えたいと思います。馬体重は490`」との連絡があった。
(8月18日)


8月4日、牧場担当者から「この酷暑に負けることなく、元気に登坂しています。当面は15ー15の強めは週1本に留め、体調に注意しながら調整を進めていきます。馬体重は489`」との連絡があった。
西田調教師からは「4回中山2週目に芝2,000bが組まれました。9月中旬のレースから逆算して帰厩させる予定ですので、牧場で入厩に向けて態勢を整えてもらいます」との連絡が入っている。
(8月4日)


21日、牧場担当者から「坂路調整を15〜16秒ペースで行っています。秋競馬まで時間があるので、無理に攻めすぎず緩めない程度に調整を続けています。馬体重は490`」との連絡があった。
(7月21日)


6月下旬撮影

7月7日、牧場担当者から「周回コース2,400bの普通キャンターを中心に、先週から坂路で週2日、ハロン17〜19秒ペースの調整を始めました。西田調教師から『秋競馬目標』と聞いていますので、暫くはこのペースを継続していきます。馬体重489`」との連絡があった。
(7月7日)


6日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
23日、牧場担当者から「入場後は大きな疲れもなく、数日間のウォーキングマシン調整で乗り出しています。現況は周回コースと坂路での普通キャンターを始めています。馬は、馬っ気もあり元気一杯ですので、月末から徐々にペースアップする予定です。馬体重は488`」との連絡があった。
(6月23日)


6月4日撮影

7日、西田調教師から「レース後の筋肉に硬さは見られますが、心配するほどではありませんでした。先ずは馬体のオーバーホールと精神面のリフレッシュを優先してもらいます。次走については、秋番組が出てから検討していきます。昨日、瀬口トレセンの大東に移動しています」との連絡があった。
(6月7日)


6月4日撮影



6月4日撮影

6月4日(日)東京・ホンコンジョッキークラブT(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し4着。

西田調教師から「スローペースになったことで、位置取りと瞬発力の差が出てしまいました。このような展開の中でも、後続には交わされませんでしたし、自身も最後まで脚を伸ばしてくれました。今日は前との差がありましたが、展開次第で着順も変わってくると思います。ここまで良く頑張ってくれましたので、夏場は休養に充てて、また秋競馬から頑張ってもらいます」との連絡があった。
(6月4日)


6月4日(日)東京・ホンコンジョッキークラブT(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
31日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースで単走の追い切りを行ないました。内目を通ったので速い時計は出やすいですが、それにしても5ハロン66.4秒、ラストも11.6秒を楽にマークしています。今回は好調子を持続出来ているので、内田騎手の手腕でチャンスを活かしたいと思います」との連絡があった。

05/28 助手 美南坂良 1カイ 60.4-43.9-28.9-14.5 馬なり余力
05/31 助手 美南W稍     66.4-50.9-36.6-11.6 馬なり余力
(6月1日)


24日、西田調教師から「今朝の調教は坂路で行いました。前日の雨で馬場状態が悪化したことを考えると、時計や動きは次第点だったと思います。レース間隔が短い中でもしっかり走れていますので、来週も前走ぐらいの状態をキープして臨めると思います」との連絡があった。
6月4日(日)東京・ホンコンジョッキークラブT(2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。

05/21 助手 美南坂稍 1カイ 55.9-40.6-26.7-13.3 馬なり余力
05/24 助手 美南坂重 1カイ 53.5-39.3-26.2-13.3 強めに追う
(5月25日)


17日、西田調教師から「今朝は軽めに18〜16秒ペースで坂路を登坂させています。動きに硬さも見られず、レースの疲れも徐々に取れてきた様子です。3回東京のレースに向けて、来週から時計を出していく予定です」との連絡があった。
6月4日(日)東京・ホンコンジョッキークラブT(2勝クラス・芝2,000b)に向け調整中。
(5月17日)


5月6日撮影

10日、西田調教師から「レース後の馬体に気になる箇所はありません。ただ、今回も最後まで頑張ってくれたので、走ったなりの疲れは感じます。今週末から跨がった具合にもよりますが、3回東京開催1週目のホンコンジョッキークラブT(芝2,000b)を考えています」との連絡があった。
(5月10日)


5月6日撮影



5月6日撮影

5月6日(土)東京・秩父特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し半馬身差の2着。

西田調教師から「今日のパドックは落ち着き過ぎかなと思いましたが、良い結果に繋がりました。軽い馬場でもしっかりとした脚が使えましたし、今まで見たことのないフォームで走ってくれましたので、馬も力を付けてくれています。
内田騎手からは『少頭数でペースは落ち着きましたが、上手く折り合いを付けることが出来ました。追い出しを待って外から脚を伸ばしてくれましたが、先行馬が楽をしていた分、最後まで粘られてしまいました』との話でした。レース後の状態次第で同条件へ向かいたいと思います」との連絡があった。
(5月6日)


5月6日(土)東京・秩父特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
3日、西田調教師から「今朝は坂路で単走の追い切りを行ない、キビキビとした動きで好調をキープしています。舞台は東京コースに変わりますが、状態も良いので掲示板を期待しています」との連絡があった。

04/30 助手 美南坂稍 1カイ 54.1-38.7-24.8-12.4 馬なり余力
05/03 助手 美南坂良 1カイ 53.6-39.1-25.7-12.9 馬なり余力
(5月4日)


26日、西田調教師から「今朝は坂路にて単走で追い切りました。馬場状態が重い中でも、最後までバランスの良い走りが出来ていました。来週の競馬に向けて順調に態勢が整いました。鞍上は引き続き内田騎手に依頼しています」との連絡があった。
5月6日(土)東京・秩父特別(2勝クラス・芝2,000b)に出走予定。

04/23 助手 美南坂良 1カイ 56.3-41.2-26.9-13.7 馬なり余力
04/26 助手 美南坂重 1カイ 54.6-39.8-25.8-12.6 馬なり余力
(4月27日)


19日、西田調教師から「今朝は坂路コースで17〜16秒ペースの調整を行っています。目標レースまで時間的な余裕があるので、今週末から強めを始める予定です」との連絡があった。
5月6日(土)東京・秩父特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に向け調整中。
(4月19日)


4月9日撮影

12日、西田調教師から「レース後の脚もとや馬体に気になる箇所はありませんでした。昨年はここで短期放牧を挟んで夏競馬に向かいましたが、あまり暑さに強くないみたいなので、今回は中3週で東京・芝2,000bに向かうつもりです」との連絡があった。
(4月12日)


4月9日撮影



4月9日撮影

4月9日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し2着。

西田調教師から「今回は馬自身のデキが本当に良かったので掲示板以上の走りを期待してレースに臨みました。道中でしっかりと脚を溜める事が出来て、最後は良い脚を使ってくれました。
内田博幸騎手からは『先行勢がレースを引っ張ってくれたので、折り合いもスムーズでした。直線も手応え通りの未脚を繰り出してくれました』との話がありました。
転入初戦で勝った後はもどかしい競馬が続いていましたが、鞍上がリリーブライトの良さを引き出してくれました。レース後の状態次第で続戦も考えています」との連絡があった。
(4月9日)


4月9日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
5日、西田調教師から「今朝は坂路コースで単走の追い切りを行いました。前走時よりも調教の動きに力強さがあり、レースでの上積みが見込めそうです。今回も得意の中山・芝2,000b戦ですので、掲示板以上の走りを期待しています。週末の天気予報は晴れの見込ですが、時計もそこまで速くならないとみているので、リリーブライト向きの馬場になると思います」との連絡があった。

03/31 助手 美南坂良 1カイ 53.0-38.5-25.7-13.0 馬なり余力
04/05 助手 美南坂良 1カイ 54.8-39.5-26.1-13.1 馬なり余力
(4月6日)


29日、西田調教師から「左前管に小さな骨瘤を発見しましたが、触診痛や歩様の乱れもありません。現況、騎乗運動も継続出来ていますので、来週の中山・鹿野山特別へ向けて調整を進めていきます」との連絡があった。
4月9日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。

03/29 助手 美南坂良 1カイ −−−− 馬なり余力
(3月30日)


3月18日撮影

22日、西田調教師から「レース後の歩様等に問題はありませんでしたが、若干トモに疲れが見られます。一過性だと思いますので、今週末から軽めの運動を再開予定です。次走は3回中山3週目の鹿野山特別(芝2,000b)を検討しています」との連絡があった。
(3月22日)


3月18日撮影



3月18日撮影

3月18日(土)中山・館山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し5着。

西田調教師から「今日は極度の不良馬場でしたので、馬場の良い所を選んで走ってもらいました。3〜4コーナーで大外を廻ったことで距離はロスしましたが、直線でしっかりと脚を伸ばしてくれました。前半リズム良く運べたことが、最後の脚に繋がったと思います。中山の芝2,000bという条件も合っていますので、引き続き同条件に向かいます」との連絡があった。
(3月18日)


3月18日(土)中山・館山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
15日、西田調教師から「先週末にウッドコースで6ハロンからしっかり時計を出しましたので、今朝は息を整える程度の調整にしています。暖かくなるにつれて状態も上向きなので、一勝クラスを快勝した時のような競馬を期待しています。鞍上は内田博幸騎手を予定しています」との連絡があった。

03/12 助手 美南W良 82.3-66.7-52.1-37.8-24.4-11.8 馬なり余力
ダノンジェネラル(古馬1勝)末強めの内0.3秒追走同入
03/15 水沼 美南W良 86.6-70.2-54.3-39.6-25.9-13.1 馬なり余力
(3月16日)


8日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースで併せ馬を行いました。先行馬がややモタついたので全体時計が遅くなりましたが、楽に追走出来ていて勝った時の状態に近づいています。今週末もしっかりと負荷をかけて、来週の中山(芝)2,000bで良い結果を出したいです」との連絡があった。
3月18日(土)中山・館山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に出走予定。

03/05 助手 美南W良 67.9-52.7-38.4-12.0 馬なり余力
03/08 助手 美南W良 70.3-54.2-38.9-12.1 馬なり余力
ネバレチュゴー(三歳1勝)強めの内0.4秒追走0.1秒先着
(3月9日)


3月1日、西田調教師から「帰厩後も順調に調整が進んでいます。レース一週間前に強めの追い切りを行う予定ですので、今週は終い重視で行いました。単走での調整でしたが、前方に走っている馬を見つけると、闘争心をむきだしにして追っかけようとしていました。馬に落ち着きもあり、活気も出てきましたので、ここ数戦の中で一番良い雰囲気を感じています」との連絡があった。
3月18日(土)中山・館山特別(4歳以上2勝クラス・芝2,000b)に向け調整中。

02/26 助手 美南坂良 1カイ 58.3-41.6-27.2-13.3 馬なり余力
03/01 助手 美南W良 84.2-67.2-53.0-38.9-11.8 馬なり余力
(3月2日)


23日に美浦トレセンへ帰厩。
西田調教師から「放牧を挟み、心身共にリフレッシュされて戻って来ました。今週末から調整を開始し、中山4週目の特別戦に向けて出走態勢を整えていきます」との連絡があった。
3月18日(土)中山・館山特別(2勝クラス・芝2,000b)に向け調整を進める。
(2月23日)


17日、牧場担当者から「先週から坂路で15−15の強めを開始しています。冬場でも毛艶が冴えて筋肉のメリハリもあり、体調が良い時に見せる仕草も出てくるようになりました。現在の馬体重は495`」との連絡があった。
西田調教師からは「2回中山に向けて順調に調整が進んでいます。帰厩に向けての態勢を整えてもらいます」との連絡が入っている。
(2月17日)


1月17日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
2月3日、牧場担当者から「入場後は疲労回復を優先し、ウォーキングマシン調整から始めました。現在は周回コース1,800〜2,400bと、坂路コースでの普通キャンターを行っています。馬体や脚もとの不安がありませんので、今週末から坂路でハロン17秒台へとペースアップする予定です。現在の馬体重は491`」との連絡があった。
(2月3日)


1月21日撮影

18日、西田調教師から「厩舎で馬体確認をした際に、トモの疲れが見られましたので、一息入れることにしました。17日にセグチレーシングS(チバ)へ移動しています。馬の状態次第で2回中山後半か3回中山での復帰を検討します」との連絡があった。
(1月18日)


1月14日(土)中山・4歳以上2勝クラス(芝2,200b)に内田博幸騎手で出走し8着。

西田調教師から「今日の渋った馬場も味方して、ここ数戦で一番の内容だったと思います。内田博幸騎手からも『今回は作戦通り道中で脚を溜める競馬をしましたが、今日みたいな競馬が良さそうです。4コーナーの手前ぐらいで馬場に脚を取られましたが、直線で再度盛り返してくれました』との話がありました。
レース後の歩様に疲れが見られましたので、ここで一息入れるかもしれません」との電話があった。
(1月14日)


11日、西田調教師から「先週末にウッドチップコースで追い切り、本日は坂路を単走で登坂しています。8日にしっかりと負荷を掛けましたので、今朝は気合いをつける程度です。前走の疲れもなく、順調にきています。今週の中山の芝2,200b或いは中京の渥美特別(芝2,000b)を考えています。想定表を確認しながらレース検討します」との連絡があった。
投票の結果、1月14日(土)中山・4歳以上2勝クラス(芝2,200b)に内田博幸騎手で出走が確定している。

01/08 助手 美南W良     68.4-52.7-37.7-12.0 馬なり余力
01/11 助手 美南坂良 1カイ 56.3-41.6-27.6-13.7 馬なり余力
(1月12日)


1月4日、西田調教師から「馬場運動再開後も元気一杯です。今週末からピッチを上げ、中山3週目の芝2,200b目標で進めていきます」との連絡があった。
1月14日(土)中山・4歳以上2勝クラス(芝2,200b)に出走予定。
(1月4日)

ページ上部へ

2022年

12月25日撮影

28日、西田調教師から「厩舎で馬体確認をしましたが、右トモに多少の疲れはあるものの直ぐに回復できる範囲です。在厩のまま調整を進め、1回中山3週目・芝2,200bか、4週目・東雲賞(芝1,800b・ハンデ)のどちらかで検討します」との連絡があった。
(12月28日)


12月25日撮影

12月25日(日)グッドラックハンデキャップ(2勝クラス・芝2,500b)に内田博幸騎手で出走し15着。

西田調教師から「今回は積極的な競馬をしましたが、後続の仕掛けが早く、息を入れる事が出来ませんでした。距離も気持ち長かったかもしれません。内田騎手からは『今まで騎乗した中で、状態面では一番良かったと思います。前半でポジションを取りに行った分、終いの脚が使えませんでした』との話でした。
レース後の状態次第で、正月開催に続戦するつもりです」との連絡があった。
(12月25日)


12月22日撮影

12月25日(日)グッドラックハンデキャップ(2勝クラス・芝2,500b)に内田博幸騎手で出走予定。
21日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースにて単走で追い切りました。先週までにしっかりと負荷を掛けていますので、今日は息を整える程度でしたが、内を通って時計以上に楽な手応えでゴール出来ています。仕上がりは良いので、結果の出ている中山コースと、距離延長での変わり身に期待したいと思います」との連絡があった。

12/21 助手 美南W良 83.5-67.2-52.6-38.4-12.1 馬なり余力
(12月22日)


8日に美浦トレセンへ帰厩。
14日、西田調教師から「先週末にウッドチップコースでしっかりと負荷を掛け、今朝も1勝クラス馬とウッドチップコースで併せ馬を行いました。最後は遅れたもののタイム自体は良く、動きも前回より良化を感じます。鞍上は内田博幸騎手に依頼しています」との連絡があった。
12月25日(日)中山・グッドラックハンデキャップ(2勝クラス・芝2,500b)に向け調整中。

12/11 助手 美南W良     68.9-53.4-38.4-11.5 馬なり余力
12/14 助手 美南W稍 83.1-66.2-52.2-38.2-12.3 一杯に追う
オルテール(古馬1勝)馬なり内0.4秒追走0.4秒遅れ
(12月15日)


西田調教師から「明日、8日(木)の検疫が確保出来ましたので、中山4週目の特別戦(芝2,500b)を目標に調整を進めていきます」との連絡があった。
(12月7日)


25日、牧場担当者から「現況は、週2日坂路で強めの調教を行っています。筋肉にメリハリも出てきて、馬も元気一杯で毛艶も冴えています。先生からも、師走競馬と聞いていますので、帰厩に向けて態勢を整えていきます。馬体重は496`」との連絡があった。
西田調教師からは「5回中山4週目(芝2,500bハンデ戦)目標で、12月上旬の帰厩を予定しています」との連絡があった。
(11月25日)


10月27日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。
11月11日、牧場担当者から「『厩舎から飼い喰いが細い』との話がありましたが、ストレスオフの環境で食欲も良くなってきています。馬体重は495`まで回復しています。西田調教師から『師走の中山競馬目標』との話を聞いていますので、馬体を緩めず調整メニューを進めていきます」との連絡があった。
(11月11日)


10月22日撮影

26日、西田調教師から「レース後の歩様等に気になる箇所はありませんが、食欲が落ちています。この2戦とも状態は良かったのですが、直線の切れ味勝負では分が悪かったです。じわじわと加速しながらトップスピードを持続するタイプの本馬にとっては、直線の長いコースや広いコースよりも、小回りが向いていると感じました。次走は中山を目標に、短期放牧を挟んで再調整します」との連絡があった。
27日に、セグチレーシングS(チバ)へ移動。
(10月26日)


10月22日撮影



10月22日撮影

10月22日(土)阪神・兵庫特別(3歳以上2勝クラス・芝2,400b)に江田照男騎手で出走し11着。

西田調教師から「切れ味勝負だと厳しいので、積極的な競馬をしましたが完敗でした。今日の敗因を精査し、次走に繋げたいと思います。
江田照男騎手からは『4コーナーまでは良い雰囲気で進められましたが、勝負所でギアチェンジが出来ませんでした』との話でした。
この後については、美浦トレセンに戻ってからの馬体確認後に判断したいと思います」との連絡があった。
(10月22日)


19日、西田調教師から「今朝は坂路コース単走で追い切りました。前走から中1週でもあり、軽めの内容ですが、一度使ったことで動きは良くなっていると感じました。今週の阪神・兵庫特別に登録をしていますが、想定も見つつ来週の東京・本栖湖特別と照らし合わせて検討します」との連絡があった。
10月22日(土)阪神・兵庫特別(3歳以上2勝クラス・芝2,400b)に投票予定。

10/19 助手 美南坂稍 1カイ 56.3-41.1-27.1-13.6 馬なり余力
(10月20日)


10月8日撮影

12日、西田調教師から「レース後の馬体確認で外傷を負っていましたが大事に至らず、今朝から騎乗運動を再開しています。今回のレースで自身は上がり3ハロン33.9秒の脚は使えていましたが、上位馬はそれ以上に速く、厳しい展開でした。これまでは中団で構えていましたが、2勝クラスで勝ち負けするには、もう一列前が必要なのかもしれません。次走は距離を延長して、中1週の阪神・兵庫特別(芝2,400b・ハンデ)か中2週の東京・本栖湖特別(芝2,400b)に向かいます」との連絡があった。
(10月12日)


10月8日撮影



10月8日撮影

10月8日(土)東京・tvk賞(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し11着。

西田調教師から「今回は仕上がりも良く期待していたのですが、瞬発力勝負の競馬になり展開が向きませんでした。ただ、着順程上位の馬と差はないので、それほど悲観する内容ではないと思います。
内田騎手からは『返し馬から状態の良さを感じていました。ただ、スローペースだったので、もう少し積極的な競馬をしても良かったかもしれませんが、この先かかり癖がついてしまうことも考えて、今回は自重しました』との話でした。
ここを叩いて状態は更に良くなると思いますので、レース後の体調次第で続戦も考えています」との連絡があった。
(10月8日)


10月8日(土)東京・tvk賞(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
5日、西田調教師から「先週末はウッドチップコースで長めから追い切り、併せ馬でしっかりと負荷を掛けることが出来ました。今朝は坂路単走で追い切り、予定より時計はやや速くなったものの、終い軽く促すと余裕を持って登坂していました。東京競馬場でどのような走りをしてくれるかを楽しみにしています」との連絡があった。

10/02 助手 美南W良 82.6-65.6-50.6-36.8-11.7 強めに追う
マイネルジャッカル(古馬1勝)馬なりの内0.8秒追走同入
10/05 助手 美南坂良 1カイ 52.8-38.6-25.7-13.1 馬なり余力
(10月6日)


28日、西田調教師から「今朝は坂路コースで追い切りました。馬場の重い時間帯だったのと、併せた相手がややモタついたので、直線で軽く仕掛けるぐらいになりました。今週末にしっかりと負荷を掛けるつもりです。来週の競馬は内田博幸騎手に依頼しています」との連絡あった。

09/25 助手 美南坂稍 1カイ 56.3-41.2-26.9-13.2 馬なり余力
09/28 助手 美南坂良 1カイ 55.2-40.3-26.1-13.0 一杯に追う
マイネルジャッカル(古馬1勝)馬なりを1.3秒追走同入
(9月29日)


22日、西田調教師から「今朝はウッドチップコースで同格馬と追いきりました。こちらが先行し、直線で馬体を併せて併入しています。馬場状態が重い中でも、最後1ハロンは11秒台としっかりと動けていました。東京開催に向けて状態も徐々に上向いていますので、レースでパフォーマンスを発揮出来るように仕上げていきたいと思います」との連絡があった。
10月8日(土)東京・tvk賞(芝2,000b)に向け調整中。

09/19 助手 美南W重 69.6-53.9-38.8-12.3 馬なり余力
09/22 助手 美南W稍 68.8-54.0-39.0-11.9 馬なり余力
ショウナンアストラ(古馬2勝)末強めの外0.3秒先行同入
(9月22日)


14日、西田調教師から「暑さも和らいだ事で、馬の調整状態も上向きです。東京開催1週目のtvk賞(芝2,000b)に向けて、本日の検疫で帰厩させています。今週末から徐々にペースアップしていきます」との連絡があった。
(9月14日)


9月2日、牧場担当者から「暑さが残る中でも馬は元気一杯で、毛艶も冴えています。調教メニューも周回コースと週2日の坂路強めを行い、東京開催での復帰に向けて態勢を整えていきます。現在の馬体重は494`」との連絡があった。
(9月2日)


8月19日撮影

19日、牧場担当者から「今週から坂路コースで15−15の強めを開始しました。1本目から活気ある走りが出来ていて、前回と比べて馬の雰囲気もとても良いです。馬体重は491`」との連絡があった。
西田調教師からは「この馬らしさが戻ってきたのは良い傾向です。もう少し涼しくなるのを待ってから帰厩させ、東京開催での復帰を考えています」との連絡があった。
(8月19日)


8月5日、牧場担当者から「最近の猛暑を考慮して、ウォーキングマシンの運動時間を短縮して夏バテ予防に努めています。現況は周回コースで1,800〜2,400bの軽めキャンターを中心に、今週から坂路での調整を開始しました。今回は馬っ気が強く、この馬らしさが戻ってきています。秋競馬にフレッシュな状態で帰厩出来るように、西田調教師と相談しながら進めていきます。馬体重は484`」との連絡があった。
(8月5日)


14日にセグチレーシングS(チバ)へ移動し調整中。
22日、牧場担当者から「レースの疲れも徐々に回復し、入場の翌週から騎乗運動を始めています。現在は周回コースで800bのダクと、1,600〜1,800bのハッキング調整を行なっています。西田調教師からは『暑さに強いタイプではないので、秋競馬目標で調整してもらいたい』との連絡がありましたので、指示通り進めていきます。馬体重は485`」との連絡があった。
(7月22日)


7月9日撮影

13日、西田調教師から「今回のレースで、前走までの走りや馬の覇気が全く見られませんでした。レース後の脚もとや馬体に気になる箇所はありませんが、目の周りが黒く夏バテの兆候が出ています。ここで放牧に出して、秋競馬へ備えることにします」との連絡があった。
(7月13日)


7月9日撮影



7月9日撮影

7月9日(土)福島・猪苗代特別(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し12着。

西田調教師から「レースのパトロールビデオを見直すと、中山の走りと比べてフォームが小さくなっているように感じました。それと、入厩後の動きは良かったのですが、春競馬の時と比較すると妙に大人しくなっていたので、猛暑が影響していたのかもしれません。
内田博幸騎手からは『道中で脚を取られるような走りで、最後まで流れに乗り切れませんでした。今日は参考外です』との話でした。
今日の走りを見る限り、夏競馬はスキップして秋競馬に備えるつもりです」とのこと。
(7月9日)


今週の、7月9日(土)福島・猪苗代特別(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
6日、西田調教師は「今朝はウッドチップコースにて単走で追い切りました。先週、先々週としっかり時計を出していますので、今週は本番前に疲れを残さないよう馬なりで調整しています。今回は馬が落ち着き過ぎているのがどう出るかですが、出走態勢は整っています。内田さんも2回目になりますので、更なる前進を期待しています」とのこと。

07/03 助手 美南W良         計測不能 馬なり余力
07/06 助手 美南W良 72.1-56.2-40.5-12.3 馬なり余力
(7月7日)


29日、西田調教師は「今朝は内田博幸騎手を背に、ウッドチップコースで併せ馬を行ないました。ゴーサインを出してからの反応が多少もたつきましたが、全体的に良く動けていてタイムも優秀でした。猛暑が続いていますので、体調面に気を付けながら来週の競馬までしっかり調整していきます」とのこと。
7月9日(土)福島・猪苗代特別(3歳以上2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸で出走予定。

06/26 助 手 美南W良     58.7-42.6-13.1 馬なり余力
06/29 内田博 美南W良 64.8-50.6-36.6-11.5 馬なり余力
マルターズデイ(三未勝)一杯の内0.6秒追走0.2秒先着
(6月30日)


22日、西田調教師は「今朝は坂路コースで3歳未勝利馬と併せて、最後は余力を残したまま先着しています。道中の動きや息遣いも良く、レースに向けて順調に態勢を整えつつあります。来週はウッドチップコースでレース一週前追い切りを行い、福島2週目の競馬に向けて負荷を強めていきます」とのこと。
7月9日(土)福島・猪苗代特別(2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸で出走予定。

06/19 助手 美南坂稍 1カイ 54.1-39.9-25.8-12.6 キリ不明
マルターズデイ(三未勝)不明を1.7秒追走同入
06/22 助手 美南W稍     69.2-52.6-37.7-11.5 一杯に追う
マルターズデイ(三未勝)強めを0.7秒追走同入
(6月23日)


11日から、美浦トレセンで調整中。
15日、西田調教師は「今朝は坂路コースに入り、14−14ペースで最後まで余力を残して登坂しています。左膝の腫れは若干残っていますが、歩様には見せず、休ませたことで身体の使い方が柔らかくなってきました。今週末からピッチを上げ、福島2週目を目標に進めて行きます」とのこと。

06/15 助手 美南坂稍 1カイ 58.1-43.0-28.5-14.2 馬なり余力
(6月16日)


10日、牧場担当者は「先週末に左前膝に軽い外傷を負いましたが、今週も休むことなく坂路調教を行っています。現在の馬体重は490`」とのこと。
西田調教師は「外傷は軽度でしたので、心配するほどではありません。今週土曜(11日)に入厩させて、福島開催目標で調整を進めます」とのこと。
(6月10日)


6月1日、西田調教師は「先週はウォーキングマシンでの軽い運動で様子を見ましたが、症状も落ち着き、今週から騎乗調教を再開しています。中山競馬の走りを見ると、福島の小廻りも脚質的に合うと思いますので、近々に帰厩させて福島競馬に向かうつもりです」とのこと。
(6月1日)


27日、牧場担当者は「今週月曜日の調教後に右トモに腫れが見られたので、獣医の診察を受けました。獣医から『フレグモーネの疑い』との話で体温も平熱より若干高めでした。早期発見で治療薬も効き、症状は安定してきました。昨日からウォーキングマシンも始めましたので、腫れも徐々に引いてくると思われます。現在の馬体重は491`」とのこと。
(5月27日)


13日、牧場担当者は「周回コース1,800〜2,400bのキャンターを中心に、週2日は坂路で15〜16秒ペースの強めを行なっています。今回は、前回の入厩時と比べると大人しすぎるぐらい落ち着きが出ましたが、馬場ではしっかりと動けています。先日、西田調教師が馬体確認に来場し、『このままじっくりと牧場で乗り込んでもらいたい』との話がありました。現在の馬体重は489`」とのこと。
西田調教師から「今週頭に馬体確認で訪問してきました。馬が精神的に成長し、調整中に落ち着きが出てきました。昇級戦でも僅差の競馬が出来ていましたので、この先の競馬が楽しみです。ローカル開催に向けて復帰を考えていますので、休養期間でしっかりと馬体を増やしてもらいたいと思います」とのこと。
(5月13日)


5月4日撮影

14日から、セグチレーシングS(チバ)で調整中。
28日、牧場担当者から「入場後の翌週から周回コースで1,800〜2,400bの普通キャンターを行っています。今週から坂路で強めも1本消化し、調整は順調に進んでいます。今回の再入厩では馬っ気も見せず、気性面も大人になりつつあるのかもしれません。現在の馬体重は485`」とのこと。
(4月28日)


13日、西田調教師は「レース後の歩様に気になる箇所はありませんでしたが、獣医診察では、『レース前と比べ心拍数や鼓動に多少の疲れ』が見られました。地方から中央移籍後も休まず走ってきましたので、ここで一息入れる事にしました。まだ馬体に緩さが残る中で、このパフォーマンスを見せてくれていますので、この先力を付けてくれば、もっと上のクラスで勝負できる馬だと思います」とのこと。
14日に、セグチレーシングS(チバ)へ移動する。
(4月13日)


4月10日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・混・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走し5着。

西田調教師は「3〜4コーナーで少し窮屈になりましたが、掲示板まで頑張ってくれました。今日のレース内容なら、この2勝クラスでも十分目処は立てられたと思います。
内田博幸騎手からは『良馬場でもスピード負けする事なく、しっかり走れていました。道中も折り合いが付き、操縦性が高いので、距離延長にも対応出来そうです。ただ、ポジションを取りに行くと終いの脚は鈍ると思うので、今日のような末脚を活かす競馬が良さそうです』との話がありました。
レース後の状態をしっかり見極めてから、続戦するかリフレッシュ放牧を挟むかを判断したいと思います」との連絡があった。
(4月10日)


今週の、4月10日(日)中山・鹿野山特別(4歳以上2勝クラス・混・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
6日、西田調教師は「今朝は坂路で追い切りましたが、ハロー前で馬場が重く、時計が出ませんでした。前走の優勝時と同じパターンで調整を進めてきましたので、馬の雰囲気も良く順調です。また、馬体重が477`と攻めつつ増加しているのも良い傾向ですし、上積みも見込めそうです。馬っ気の強さは変わりませんので、テンション面に注意してレース当日に臨みます。今回は内田騎手に乗り替わりますが、手は合うと思いますので、昇級戦ですが期待しています」とのこと。

04/03 助手 美南坂良 1カイ 55.2-39.8-26.0-13.2 末強目追う
04/06 助手 美南坂稍 1カイ 54.3-39.7-26.5-13.8 強目に追う
(4月7日)


30日、西田調教師は「馬の性格を把握しながら、レースに向けて調整を進めています。今週は軽めの騎乗運動に止め、週末と来週の追い切りで競馬に向かう予定です。戸崎騎手は桜花賞に騎乗予定があり、今回は内田博幸騎手に依頼しています」とのこと。
4月10日(日)中山・鹿野山特別(2勝クラス・芝2,000b)に内田博幸騎手で出走予定。
(3月30日)


3月21日撮影

23日、西田調教師から「レース後の脚もとや馬体に気になる箇所もなく、このまま続戦出来そうです。中2週で、同条件の特別戦が組まれていますので、出走に向けて調整していきます。まだ馬に緩さもある中で、内容の濃いレースをしてくれましたので、今後のパフォーマンスを期待しています」とのこと。
4月10日(日)中山・鹿野山特別(芝2,000b)に出走予定。
(3月23日)


3月21日撮影


(3月21日)


3月21日撮影

3月21日(祝・月)中山・4歳以上1勝クラス(混・芝2,000b)に戸崎騎手で出走し優勝。園田競馬から4連勝を飾った。勝ちタイムは2分1秒5。

西田調教師は「厩舎開業後の初勝利を挙げることが出来ました。本当に有り難うございました。園田競馬でのレースビデオを何度も見て、素軽いフットワークをしていたので、JRA復帰戦を芝レースに選んで正解でした。また、心配していた馬っ気もパドックからレースまで見せずに、落ち着いて競馬に臨めたのが良かったです。
戸崎騎手からは『レースセンスがあり、好発からすっと良いポジションに付けられました。直線の瞬発力でも、他馬に負けずにゴールまでしっかり脚を伸ばしてくれましたし、今日の湿った馬場状態も味方してくれたと思います』との話でした。
先ずは、レース後の状態次第で今後の予定を決めたいと思います。今日のレース内容が良かったので、2勝クラスでも良い競馬をしてくれると思います」とのこと。
(3月21日)


今週の、3月21日(祝・月)中山・4歳以上1勝クラス(混・芝2,000b)に戸崎騎手で出走の予定。
17日、西田調教師は「今週の復帰戦に向けて、16日にゲート試験を合格しています。ゲート入りから駐立まで問題なく、また発馬の反応も良く、とても優等生でした。今朝は坂路コースに大江原騎手を背に入り、単走で追い切りました。最後まで余裕のある走りで、息も出来ていますので、出走態勢も整ったと思います。芝のスピード競馬に、どれくらい対応出来るかを見てみたいと思います」とのこと。

03/13 調教師 美南坂良 1カイ 56.2-40.7-26.8-13.3 馬なり余力
03/16 大江原 美北C良          12.4-13.8 ゲート強目
03/17 大江原 美南坂良 1カイ 53.9-39.0-25.6-12.7 馬なり余力
(3月17日)


9日、西田調教師は「入厩後の翌日から乗り出していますが、こちらでも馬っ気がかなり強く、他の馬が少ない時間帯に調整を行っています。今朝は自ら騎乗し、坂路で感触を確かめました。道中の息遣いはやや重く感じたものの、最後まで自分のリズムで楽に登坂していましたので、仕上がりは早そうです。繋の柔軟性や軽いフットワークからも、芝にも対応出来そうな感じがします。今週末の追い切りでもう一段階状態が上がってくるようなら、来週の競馬も考えます」とのこと。

03/06 助 手 美南坂良 1カイ 60.3-45.0-29.9-14.8 馬なり余力
03/09 調教師 美南坂良 1カイ 54.9-40.8-26.7-13.3 馬なり余力
(3月10日)


3月4日の検疫で美浦トレセンに入厩。
西田調教師から「園田競馬場からの移動後も順調に調整が進んでいましたので、予定通り本日入厩させていただきました。地方競馬でレースを重ねる毎に、フットワークに力強さが出てきましたので復帰戦が楽しみです。先ずは、芝コースでの走りを見てみたいと思っています。入厩後の動きを確認してから、具体的なレース選択をしていきたいと思います」とのこと。
牧場担当者は「園田からの移動後も、元気いっぱいでした。厩舎周りでは、馬っ気も強かったですが、調教中はしっかりと集中して走れていました。周回ダートコース2,400b前後のキャンターを中心に、坂路で15−15も消化して送り出すことが出来ました。移動前の馬体重は479`」とのこと。
(3月4日)


移動が16日に変更となり、無事にセグチレーシングS(チバ)へ到着している。
18日、牧場担当者は「輸送の疲れもなく、元気いっぱいな様子です。西田調教師から『3月1週目に入厩させたい』と聞いていますので、今日から跨がり始めて移動に備えていきます。馬体重は469`」とのこと。
(2月18日)


9日、田中範雄調教師は「レース後の歩様等に問題はありません。昨日は昇級戦でしたが、力強い脚で抜け出してくれました。今後の活躍に期待しています」との連絡があった。
JRA再登録に備え、14日にセグチレーシングステーブル(チバ)へ移動し、本年3月開業予定の美浦・西田雄一郎厩舎への入厩を予定している。
同調教師からは「入厩態勢が整えば、開業後の検疫で入厩させる予定です」との話があり、入厩に向けて調整を進めていく。
(2月9日)


2月8日撮影

2月8日(火)姫路・C1(ダ1,800b)に田野騎手で出走し1着。
見事3連勝し、中央競馬再登録の復帰条件を満たした。

田中範雄調教師は「今回は急遽乗り替わりましたが、発馬から道中リズム良くレースを運んでの完勝でした。競馬を重ねる毎に腰まわりもしっかりとし、ここにきて父ハーツクライの成長力が出て来ているようです。これでJRAに復帰すると思いますが、今後の活躍を楽しみにしています」とのこと。
(2月8日)


2月3日、田中範雄調教師から「来週の姫路開催に向けて、今朝追い切りを行ないました。半マイルから53.4−39.5−26.0秒の時計を馬なりでマークし、前走の良い状態をキープしています。レースは2月8日のダ1,800b戦を予定しており、あと一つ勝てるように本番までしっかりと調整します」との連絡が入っている。
2月8日(火)姫路・C1(ダ1,800b)に田野騎手で出走が確定している。
(2月6日)


26日、田中範雄調教師は「レース後の脚もとや馬体に疲れはなく、調整を再開しています。入厩当初に比べトモがしっかりしてきたことも、この2戦の好走に繋がっていると感じています。C1クラスに昇級しますが馬も競馬を覚えてきていますので、次走もしっかり勝てるよう態勢を整えていきます。2月8日からの姫路競馬・ダ1,800bに出走予定です」とのこと。
(1月26日)


1月19日(水)姫路・C2(ダ1,800b)に杉浦騎手で出走し1着。

田中範雄調教師は「今日は馬体減でパドックに登場しましたが、落ち着いて周回していましたし、馬体が絞れてのものだったので心配はしていませんでした。転厩初戦のレース内容から今後どうなるかと心配をしましたが、距離を延長したことで追走も楽になり、自分のペースで走る事が出来るようになりました。今回は道中で抑えるほどの手応えで完勝でした。馬もレースを重ねながら徐々に力も付けていますので、次走以降のパフォーマンスも楽しみです」とのこと。

01/14 園田良 56.3-42.0-28.4 馬なり余力
(1月19日)


1月7日、田中範雄調教師から「レース後の状態は問題なく、次走に向けて調整を再開しています。前走が同着だったこともあり、C2クラスで再度出走出来ることになりました。また、1月中旬の姫路開催にダ1,800bが組まれましたので、そこを目標に態勢を整えていきます」とのこと。
1月19日(水)姫路・C2(ダ1,800b)に杉浦騎手で出走する。
(1月7日)

ページ上部へ

2021年

12月29日(水)園田・C2(ダ1,870b)に杉浦騎手で出走し1着同着。

田中範雄調教師は「同着でしたが、先ずは1勝出来てホットしました。この距離に適正もあり、直線で良い脚を繰り出してくれました。杉浦騎手からは『前走の1,400bだと追走に手一杯で、脚が全く溜まりませんでした。今日は道中で息も入り、終始自分のリズムで走れていました』とのことでした。次走以降も長距離の番組を選択していきます」とのこと。
(12月29日)


12月29日(水)園田・C2(ダ1,870b)に出走の予定。
20日、田中範雄調教師は「前走での疲労も抜けて歩様も改善しています。29日の出走に向けて、今週末に追い切ってレースに臨みます。今回の1,870bの方が競馬はしやすいと思いますので、結果を出せるよう調整していきます」とのこと。
(12月20日)


11日、田中範雄調教師は「レース後の馬体や脚もとに問題はありません。週末から軽い運動を再開しています。ポケットからの1,400b戦でスピード負けしていましたので、次走は距離を延ばしてみます」とのこと。
12月29日(水)園田・C2(ダ1,870b)を予定している。
(12月11日)


12月9日(木)園田・C2一(ダ1,400b)に杉浦騎手で出走し6着。

田中範雄調教師は「今回は出たなりのポジションから、勝負どころから脚を伸ばす予定だったのですが、追走しただけで終わってしまいました。次走は、ゆったりとしたフットワークで走れる距離を選択します」とのこと。
(12月9日)


12月3日、田中範雄調教師は「この中間も膝の状態は落ち着いています。今朝の追い切りでの動きや息もまずまず出来てきましたので、来週からの開催での出走を考えています」とのこと。
12月9日(木)園田・C2(ダ1,400b)に杉浦健太騎手で出走の予定

12/03 園田稍 54.3-39.0 馬なり余力
(12月3日)


22日、田中範雄調教師から「騎乗運動再開後も膝の状態は問題無く、本日ゲート試験(ダ1,400b)を受けました。雨の影響で不良馬場になりましたので、軽く流して1分40秒7の時計でした。ここからレースに向けて追い切りを重ねていきます」とのこと。
(11月22日)


16日、田中範雄調教師は「15日の再検査後に獣医から『レントゲンを再確認しましたが心配なさそうですし、歩様の乱れもありません』との診断で、馬場入りの許可が下りました。明日から本馬場での騎乗運動を再開し、22日のゲート試験に向けて調整を進めます」との連絡が入っている。
(11月16日)


11日、田中範雄調教師は「今朝の馬体検査時に、右前膝に軽い熱感があったため、レントゲン検査を行ないました。獣医から『膝に骨膜が見られるので、念のため再検査します』との話がありました。検査結果次第で、今後のスケジュールを決めます」とのこと。
(11月11日)


田中範雄調教師から「入厩後の環境にも直ぐ対応してくれ、馬場での調整を開始しています。前走から3ヶ月以上経過しているので、今月下旬のゲート試験(ダ1,400b)を目標に進めています。まだ馬が緩いので、しっかりと乗り込んでいきます」との連絡が入っている。
(11月6日)


28日、田中範雄調教師から「牧場での仕上がり状態を確認したところ『移動態勢が整いました』との報告を受けましたので、本日入厩させています。ここからの状態を確認して、園田のデビュー戦を決めようと思います」との連絡が入っている。
(10月28日)


グリーンウッドTで調整中。10月21日、担当者の話では「乗り出した後は順調に進んでおり、今週から12〜13秒ペースを再開しています。硬さがほぐれて、やわらかみも出てきており、状態は大分良くなってきています。このままどんどん進めて行けそうですし、移動の態勢は整ってきています。現在の馬体重は494キロです」とのこと。地方への移籍に向けてこのまま乗り込み態勢を整える。
(10月21日)


グリーンウッドTで調整中。10月6日、担当者の話では「じんましんが治まり、この中間から様子を見ながら乗り運動を再開しています。現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整を行っており、今のところ問題なく順調です。運動は継続していたので、緩んではいないものの、1番良いときの歩様にはまだ戻っていない感じなので、しばらく普通キャンターで乗り込んで良化を促し徐々にペースアップしたいと思います。馬体重は483キロです」とのこと。
(10月6日)


グリーンウッドTで調整中。9月22日、担当者の話では「膝下の傷と打撲は回復し、軽く乗り出していたのですが、先週じんましんが出てしまったためウォーキングマシン調整で様子を見ました。症状は回復しましたので、今週からトレッドミル調整(軽めのキャンター)を再開しており、様子を見て乗り出したいと思っています。馬体重は494キロです」とのこと。
(9月22日)


グリーンウッドTで調整中。9月9日、担当者の話では「眼はすっかり回復し、徐々に調整を進めていたのですが、今週月曜6日に馬房内で寝違えたのか、膝下を擦りむいてしまいました。大きな怪我では無いものの傷腫れを起こしているので、腫れが落ち着くまでウォーキングマシン調整で様子を見たいと思います。馬体重は482キロです」とのこと。
(9月9日)


8月20日よりグリーンウッドTで調整中。26日、担当者の話では「右眼の外傷は大分治まってきており、トレッドミルでの軽めの調整を開始しています。眼はもう問題無さそうですので、ここから徐々にペースを上げていきます。現在の馬体重は482キロです」とのこと。
(8月26日)


右眼に外傷を負い、厩舎にて経過観察中。8月17日、小崎調教師から「眼の外傷は落ち着いてますので、今日の午前で一旦治療は終了です。数日様子を見て問題なければ、退厩可能とのことです」との連絡が入った。経過に問題が無ければ20日にグリーンウッドTへ移動予定。
(8月18日)


右眼に外傷を負い、舎飼いにて治療と経過観察を行っている。8月13日、小崎調教師から「外傷が広範囲に及んでいたため、回復に時間を要しております。運動を1週間以上休むことになってしまいましたので、ここから再調整しても最後の未勝利戦に万全の態勢で出走させることは難しいと思われます」との話があり、師と協議を行った結果、いったん地方に転出させて中央再登録を目指すことになった。近日中にグリーンウッドTへ移動し、移籍に向けて調整する。
※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内申し上げます。
(8月13日)


8月11日、小崎調教師は「引き続き朝昼晩と右眼の治療を行い、舎飼いで経過を見ています。今回の傷は範囲が広かったようで、回復に少し時間がかかっている様子です。まだ傷が残っているので眼の開きが良くなく、完治するまで治療を継続します」とのこと。
(8月11日)


グリーンウッドTで17−17のメニューをじっくり乗り込まれており順調。8月4日、小崎調教師から「休まず乗り込まれ状態も変わりなくきています。今週金曜6日の検疫で帰厩させ、小倉開催に向けて調整します」との連絡が入った。
6日、小崎調教師から「本日、栗東TCに移動しています。検疫に入りましたが、右眼の開きが悪く涙が出ている状況で、恐らく輸送中か検疫の馬房内で眼をぶつけてしまったようです。今のところ体温は平熱ですし大丈夫そうですが、眼の症状が落ち着くまで舎飼いで治療を行うことになると思います」との連絡が入った。
(8月6日)


グリーンウッドTで調整中。7月30日、担当者の話では「この中間も順調にきており、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整です。小崎調教師から『後半の小倉に向けてそろそろ帰厩させたい』という話がありましたので、このまま帰厩に向けて進めていき、移動前に強目を1本乗って送り出したいと思っています。現在の馬体重は484キロです」とのこと。
(7月30日)


7月9日よりグリーンウッドTで調整中。21日、担当者の話では「脚元や体調面に問題は無く、すぐに乗り運動を再開しています。現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17中心に乗り込んでおり、帰厩に向けてこのまま調整します。現在の馬体重は480キロです」とのこと。
(7月21日)


7月7日小崎調教師撮影

7月6日・川崎・ルビーフラワー賞(中央未勝利・ダ1,400m)に出走し5着。
7日、小崎調教師は「レース後も脚元などに問題はありませんが、間隔を空けないと出走できない見通しですので放牧を挟みたいと思います。金曜日にグリーンウッドTへ移動予定です」とのこと。
(7月7日)


7月6日撮影


(7月6日)


7月6日撮影

7月6日(火)川崎・ルビーフラワー賞(中央未勝利・ダ1,400m)に張田昂騎手で出走し5着。

小崎調教師は「脚抜きが良く前が有利な馬場だけに、一完歩の遅れが痛かったですね。最後は良く差を詰めているのですが・・・。この距離も続けて使えるなら対応できそうですが、久々の競馬で少し忙しかったかもしれません。交流戦は優先権はありませんので、次走までの間隔を空けないと出られません。この後ニ場開催になることもあり、暫く出走のメドが立ちませんので短期放牧を挟みます」とのこと。

張田騎手は「スタートは出たものの、休み明けのせいか進んでいけませんでした。それでも、最後の直線は良く盛り返してくれたと思います。一つ使って次は行きっぷりが変わる可能性もありそうですし、少し距離を伸ばしても良いのかもしれません」とのコメント。
(7月6日)


帰厩後も順調。6月27日、小崎調教師からは「7月6日の川崎の交流戦(ダ1400m)に投票したところ、抽選を突破し出られることになりました。距離短縮も考えていましたので、1400の距離で試してみようと思います。出走に向けて調整していきます」との連絡が入っている。
30日に再度連絡があり「レースは火曜ですので、最終追い切りは金曜日に予定しています」とのこと。
7月2日、小崎調教師から「本日、CWチップコースで小崎騎手を背に単走の追い切りを行いました。手元の時計では84.0−68.2−53.3−39.0−12.3を計時しました。降り続く雨で馬場は悪く、先週までにしっかりと乗れていますので、単走で無理の無い内容です。小崎騎手によると『馬場の悪い中でしたが、終い2ハロンの反応が良かった』と悪くない感触だったようです。今は気性に大分前向きさが出てきた感じなので、距離短縮が良い方に向いてくれればと思っています。鞍上は張田騎手に依頼しています」とのこと。

◆出走予定:7月6日(火)川崎・ルビーフラワー賞(中央未勝利・ダ1400m)張田(昂)騎手(56キロ)
フルゲート12頭(中央枠6頭)

06/27 助手 栗東坂良 1カイ 53.5-39.2-25.5-12.8 叩き一杯
(7月2日)


6月17日に帰厩。23日、小崎調教師は「帰厩後も順調です。本日、坂路で併せ馬の調教を行っており、4ハロン55秒4、ラスト12秒9を計時しました。帰厩後1本目ですので、それほど追っていませんが、併せてしっかりと動かしています。ここからレースに向けてどんどん進めていきます」とのこと。

06/20 助手 栗東坂稍 1カイ 54.9-40.7-26.9-13.6 馬なり余力
06/23 助手 栗東坂良 1カイ 55.4-40.0-25.6-12.9 馬なり余力
ゴッドレイジング(新馬)一杯に0.3秒先行0.2秒先着
(6月24日)


グリーンウッドTで調整中。
6月16日、小崎調教師は「明日の検疫で帰厩させます。順調に乗り込むことが出来ていますし、帰厩後は出走に向けてどんどん進めていきます」とのこと。
(6月16日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「コンスタントに12〜13秒ペースを消化しており、この中間も順調にきています。左トモの歩様はもう問題ありませんし、強目を乗りながら動きが良くなり調子も上がっている様子です。小崎調教師から、近々帰厩させたい旨の連絡も入っており、このまま強目を乗り込み移動の態勢を整えていきます。現在の馬体重は483キロです」とのこと。
小崎調教師からは「来週か再来週の検疫で帰厩させます」との連絡が入っている。
(6月9日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「先々週から12〜13秒ペースを乗り出し、コンスタントに強目を消化させています。左トモの歩様も気にならなくなりましたし、強目を乗りつつ動きが良くなってきています。そろそろ帰厩に向けて態勢を整えていきたいと思っています。現在の馬体重は480キロです」とのこと。
(5月27日)


グリーンウッドTで調整中。
小崎調教師からは「牧場で速めを乗り出してもらっており、12〜13秒ペースを乗り出した後も左トモの歩様に問題は無く順調に来ているようです。もう少し乗り込む必要がありそうですが、良い感じできていますので、態勢が整い次第、帰厩の日程を検討するつもりです」との連絡が入っている。現在の馬体重は479キロ。
(5月20日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「15−15を乗り出した後も問題は無く、左トモの歩様も気にならなくなってきました。今週から12〜13秒ペースを乗り出しており、帰厩に向けて進めて行きたいと思っています。強目を乗り込んで、動きも良くなってきています。現在の馬体重は479キロです」とのこと。
(5月14日)


グリーンウッドTで調整中。
4月28日、担当者の話では「左トモの歩様は大分改善してきており、ダク調整時に多少気になる点は残るものの、常歩やキャンター調整では違和感なく動けていますので、この中間から坂路調整を再開して徐々に進めているところです。現在、馬場コース3000mと坂路1本17−17中心のメニューまで進めてきても特に問題は無く、そろそろ15−15を乗り出してみるつもりです。ダクの歩様も以前より良くなっていますので、乗りながら良化を待ちます。現在の馬体重は475キロです」とのこと。
(4月28日)


グリーンウッドTで調整中。
4月14日、担当者の話では「乗り出した段階ではそれほど気にならず、現在も常歩では問題無いのですが、ダクやキャンターに入ると左トモの歩様があまり良くなく、坂路調整は控えて馬場コース2000mを20秒程度のキャンター調整で様子を見ています。どこか痛いところがあるわけでは無いので、このまま乗り運動を継続して、馬に合わせて進めて行くつもりです。現在の馬体重は474キロです」とのこと。
(4月14日)


グリーンウッドTで調整中。
4月1日、担当者の話では「ウォーキングマシン調整で一息入れた後、トレッドミル調整を経て、馬場コースで軽めキャンター1000mの調整を開始したところです。用心のため左トモの歩様を確認しながらゆっくりと立ち上げてきていますが、騎乗後も違和感など無くこのまま徐々に進めていけそうです。少し楽をさせたことで体も大きく増えており、ここからしっかり乗り込んでパワーアップ出来ればと思っています」とのこと。
(4月1日)


3月13日よりグリーンウッドTで調整中。
17日、担当者の話では「こちらに移動する前に、左トモの歩様に気になる点があると報告を受けていたのですが、到着時のチェックでも歩様に問題は無く、触って気にする素振りもありませんので、ウォーキングマシン調整を行い、疲労回復も兼ねて様子を見ているところです。成長を促すためにもじっくりと立ち上げ再調整します。到着時の馬体重は456キロです」とのこと。
(3月18日)


3月7日撮影

3月7日・小倉・3歳未勝利・ダ1,700mに出走し14着。
10日、小崎調教師から「レース後も脚元などに問題は見られませんが、予定通りいったん放牧を挟みたいと思います。13日にグリーンウッドTへ移動予定です」との連絡が入っている。
(3月10日)


3月7日撮影

3月7日(日)小倉・3歳未勝利・ダ1,700mに吉田隼人騎手で出走し14着。

小崎調教師は「ジョッキーの話では『砂を被って嫌がる訳でも無かったが、道中進んで行けなかった』という話で、向正面で後続が動いてきた時に反応出来ず、勝負所で下がってしまいました。調教の動きからはもう少し動けると思っていたのですが、レースを経験しても体付きなどは新馬の頃からまだ大きな変化が見られず、このまま使っていくよりは、成長を促す意味で一息入れた方が良いかもしれません。気持ちの面での変化も必要だと思われますので、今後ブリンカー等も試してみるつもりです」とのこと。
(3月7日)


3月7日(日)小倉・3歳未勝利・ダ1,700mに吉田隼人騎手で出走する。3月4日、小崎調教師は「本日、坂路単走で時計を出しました。しっかり動けていましたし良い状態でレースに向かえそうです。小倉開催の最終週ということで、権利持ち(前走5着以内)馬が多く、少し骨っぽいメンバーのようですが、今週の動きも良かったですし、積極的な競馬が出来ればと思っています」とのこと。

02/28 助手 栗東坂良 1カイ 55.5-40.8-27.2-13.1 馬なり余力
03/04 助手 栗東坂稍 1カイ 53.9-39.6-25.7-12.7 一杯に追う
(3月4日)


2月18日に帰厩。3月7日(日)小倉・3歳未勝利・ダ1,700mに向けて調整中。25日、小崎調教師は「本日、CWチップコースで三頭併せの追い切りを行い、手元の時計では6ハロン83秒5、ラスト12秒9を計時しました。3頭の最内を通った分もあったかもしれませんが、最後までしっかりと動いて0.2秒ほど先着しました。時計はまずまずといったところで、道中も促しながらの追走でしたからもう少し自分からガツンと行く感触が出て欲しいですが、帰厩して1本目の長目調整としては悪く無い内容だと思います。少しずつ良くなってきていますし、今週と来週の追い切りで態勢は整えられそうです。予定通り小倉最終週に向かいます」とのこと。

02/21 助手 栗東坂良 1カイ 56.7-42.0-28.2-14.3 馬なり余力
リボンナイト(障オープン)馬なりと同入
02/25 助手 栗CW良   83.2-67.6-53.2-39.5-12.8 一杯に追う
スマートディアナ(三未勝)一杯の内2.2秒追走0.2秒先着
(2月25日)


2月4日よりグリーンウッドTで調整中。17日、小崎調教師から「一息入れてリフレッシュ出来ているようです。明日18日の検疫で帰厩させ、小倉最終週のダ1,700mを視野に進めたいと思います」との連絡が入った。
牧場担当者の話では「現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17を消化し順調にきています。疲れも抜けて良い状態で送り出せそうです。現在の馬体重は478キロです」とのこと。
(2月17日)


2月2日撮影

1月31日・中京・ダ1,900mに池添騎手で出走し8着。

小崎調教師からは「レース後も脚元や馬体などに問題はありませんが、頑張って走って少しお疲れのようです。予定通りいったんリフレッシュ放牧を挟んで次走に向かいたいと思います」との連絡が入り、4日にグリーンウッドTへ移動予定。
(2月3日)


1月31日(日)中京・ダ1,900mに池添騎手で出走し8着。

小崎調教師は「新馬戦からの変わり身もあり、競馬に参加できていましたし、ダートということで行き脚も付き、2番手からの積極的な競馬が出来ました。最後は息切れしましたが、道中で外からプレッシャーのかかるポジションで、終始息の入らない展開の中、この馬なりによく頑張っていたと思います。
池添騎手も『前回より大分しっかり走れていました。ダートの走りは良かったです』というコメントでした。
前走の行きっぷりから長目の距離を使ったのですが、次走は少し距離を詰めてみます。短期放牧を挟み、2回小倉のダ1,700m目標で再調整します」とのこと。
(1月31日)


この中間も変わりなく、今週の1月31日(日)中京・ダ1,900mに池添騎手で出走する。
1月27日、小崎調教師は「今週の出走を想定し、本日坂路で併せ馬の追い切りを消化しています。実戦へ行っての気持ちの面だけだと思いますので、気持ちが出てくるよう、本馬を先行させて後ろの馬に斜め後ろから突っついてもらう形で登坂させました。中1週なので馬なりで無理はさせていませんが、終いだけ気合いを付け、キッチリ併せて上がらせています。今回はダートを試してみるつもりですが、悪天候で馬場が悪くなり過ぎた場合に嫌気をさして走りに集中出来なくなることも心配なので、週末の天気予報によっては見送ることも考えています」とのこと。
28日、小崎調教師から「日曜のダ1900m戦に池添騎手で向かうことにしました。以前の調教で良い時の感触も掴んでくれていますし、変わり身を期待しています」との連絡が入っている。

01/27 助手 栗東坂重 1カイ 54.2-39.5-25.9-12.9 馬なり余力
ハクサンクラーケン(三未勝)馬なりに0.2秒先行同入
(1月28日)


1月16日・中京・芝2,000mに池添騎手でデビューし16着。
小崎調教師からは「レース後も脚元などに問題はありません。大きな疲れも無さそうですが、今週一杯は様子を見て、問題が無ければ在厩のまま続戦させたいと思います」との連絡が入っている。次走は芝ダート含めて検討する予定。
(1月20日)


1月16日撮影

1月16日(土)中京・芝2,000mに池添騎手でデビューし16着。

小崎調教師は「パドックでは馬っ気を出し、煩いところを見せましたが、馬場に入ってからは落ち着きも出て、集中力を欠いていたわけでは無いようです。ただ、道中全くハミを取らず、池添騎手によると『ステッキを入れてもどれだけ押しても進んでいきませんでした。まだ走る気持ちが出ていない感じ』という話でした。調教本数を重ねて体は仕上がり、追い切りの時は前向きさを見せしっかり動けていたので、今回は思いもよらない結果になりました。レース経験を積むことで変わってくれると思いますので、レース後の状態次第で続戦も考えています。池添騎手から『ダートも良いのでは』と話もあり、芝ダート含めて検討したいと思います。普段は馬っ気の強い方では無いですし、輸送も落ち着いていたので、次走は落ち着いて競馬に臨んでくれるはず」とのこと。
(1月16日)


今週1月16日(土)中京・芝2,000mに池添騎手でデビューする。
13日、小崎調教師は「本日、池添騎手に跨がってもらい坂路で時計を出しています。先週までの追い切りで仕上がっている状態ですので、ラスト2ハロンだけ気合いを付ける内容で、4ハロン56秒2、ラスト12秒4を計時しました。池添騎手から『乗りやすく、感触は良いですね』というコメントがあり、良い雰囲気でレースに臨めそうです」とのこと。

01/13 池添 栗東坂良 1カイ 56.2-40.2-25.1-12.4 末強目追う
(1月14日)


1月4日撮影

1月9日・中京・芝1,600mに池添騎手でデビューを予定していたが、残念ながら除外。
6日、小崎調教師は「年末31日の坂路では、ジョッキー騎乗のタイムとはいえ降雨後の重い馬場で4ハロン52秒5、ラスト12秒6と、なかなかのタイムを計時し良く動けていました。騎乗したジョッキーも『体の使い方が良くなってきている』と話してくれています。今週は5日(火)に追い切りを行いました。年末にしっかりやっていますので、終い重点の内容としましたがデビューに向けて良い感じに仕上がったと思います。明日、軽くゲート練習を行い、予定通り今週のレースに投票します。まだまだ良化の余地も残しており、初戦でどういう競馬をしてくれるのか楽しみです」とのこと。
今週のレースは残念ながら除外となってしまい、小崎調教師からは「今週の芝1600mは出走希望頭数が大変多く、残念ながら除外となってしまいました。今週は中山の芝1600mでも多数の除外馬が出ているので、除外1回の優先権で確実に出られるかわかりませんが、来週の芝2000mに向かうことにしたいと思います。元々、初日の2000mへの出走も考えていましたし、従順でコントロールの効くタイプですから距離については問題無いと思っています」との連絡が入っている。1月16日(土)中京・芝2,000mに池添騎手で投票予定。

12/27 助手 栗東坂良 1カイ 59.1-43.6-28.6-14.1 馬なり余力
12/31 藤懸 栗東坂不 1カイ 52.5-38.6-25.4-12.6 一杯に追う
シグネチャーセル(三未勝)一杯を0.6秒追走同入
01/05 藤懸 栗東坂良 1カイ 55.0-39.6-25.5-12.6 馬なり余力
シグネチャーセル(三未勝)一杯を0.2秒追走アタマ遅れ
(1月7日)

ページ上部へ

2020年

12月24日撮影

この中間も順調。12月24日、小崎調教師は「今週もCWチップコースで併せ馬の追い切りを行っています。徐々に良くなっていて大分動けるようになってきました。年明けの開催に向かうつもりですが、2週目なら1本多く追えますし、9日(土)中京・芝1,600mでのデビューを考えています」とのこと。

12/20 助手 栗東坂良 1カイ 55.1-40.9-27.6-14.2 馬なり余力
ソルティエラ(二未勝)馬なりを1.3秒追走同入
12/24 助手 栗CW良      69.6-53.8-39.6-12.6 一杯に追う
シグネチャーセル(二未勝)直強目の外0.2秒先行同入
(12月24日)


12月17日撮影

帰厩後も順調。17日、小崎調教師は「本日はCWチップコースで併せ馬の追い切りを行いました。既走馬が相手でしたので、ゴール前はさすがに2馬身ほど遅れましたが、コース追いの1本目としてはよく頑張っていたと思います。このまま年明けの開催に向けて調整を進めていきます。レースについては、中京初日の芝2000mか、2週目の芝1600mを考えています」とのこと。1月5日(火)中京・芝2,000mか、9日(土)中京・芝1,600mに向けて調整する。

12/13 助手 栗東坂良 1カイ 54.7-40.1-26.3-12.9 一杯に追う
イバル(古馬1勝)馬なりに0.4秒先行0.2秒遅れ
12/17 助手 栗CW良   85.7-69.2-54.1-39.3-12.9 稍一杯追う
ラキ(古馬2勝)強目の内2.0秒先行0.5秒遅れ
(12月18日)


12月3日に帰厩。10日、小崎調教師は「予定より放牧期間が長くなってしまいましたが、その間に体も少し大きくなった感じで良い休養になったと思います。本日は坂路を単走で気分良く上がらせており、4ハロン56秒4、ラスト13秒5を計時しました。週末は古馬と併せて追い切る予定です。ここから仕上げていくとさすがに年内の出走は日程的に厳しいですし、コースで長目の追い切りもこなした上でデビューさせたいので、年明けの開催を目標に調整したいと思っています」とのこと。

12/06 助手 栗東坂良 1カイ 56.5-41.0-27.4-13.8 馬なり余力
12/10 助手 栗東坂良 1カイ 56.4-41.6-27.4-13.5 馬なり余力
(12月10日)


グリーンウッドTで調整中。12月2日、小崎調教師から「3日の検疫で帰厩予定です」との連絡が入った。同日、牧場担当者の話では「12〜13秒ペースをコンスタントに消化し順調にきています。動きも悪くなく、良い状態で送り出せそうです。現在の馬体重は478キロです」とのこと。
(12月2日)


グリーンウッドTで調整中。11月18日、小崎調教師からは「強目を乗り出し順調にきているようです。このまま乗り込んでもらい、12月初旬に入厩させたいと考えています」との連絡が入っている。牧場担当者は「強目を乗り出した後も順調で、帰厩に向けて今週から12〜13秒ペースを乗り出しています。体調も良くこのまま移動の態勢を整えていきます」とのこと。現在の馬体重は479キロ。
(11月20日)


グリーンウッドTで調整中。11月11日、牧場担当者は「疝痛がおさまった後、特に問題無く調整が行えています。馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に乗り込んでおり、昨日から15−15を乗り出しました。このまま帰厩に向けてどんどん進めます」とのこと。
(11月11日)


グリーンウッドTで調整中。11月4日、牧場担当者は「疝痛は回復し、既に乗り出して馬場コース3000mと坂路1本17−17の調整を開始しています。疝痛後に馬体が470キロ台を割り込んでしまいましたが、現在は472キロに戻っており、順調に乗り込むことが出来ています。今週末か来週あたりから15−15を再開し帰厩に向けて進めていくつもりです」とのこと。
(11月4日)


グリーンウッドTで調整中。10月29日、小崎調教師からは「疝痛の症状は回復し徐々に調整を進めてもらっていますが、飼い葉を控えて休ませていた分、馬体が少し減ってしまいましたので、あと半月ほど馬体回復に時間をかけて乗り込みたいと思います」との連絡が入っており、馬体を膨らませつつ調整する。
(10月29日)


グリーンウッドTで調整中。21日、担当者の話では「19日(月)に便秘からの疝痛が見られ、治療を行い経過を見ています。治療が効いて本日はボロ(馬糞)も出ており、このまま回復してくれるようなら、すぐに元気を取り戻し普段の調教を再開出来ると思います。先週測った馬体重は478キロです」とのこと。
小崎調教師からは「今週の帰厩も考えていたのですが、疝痛があったということで見送ることにしました。本日確認したところ回復傾向にあるということですので、態勢が整い次第、帰厩させたいと思います」との連絡が入っている。
(10月21日)


10月1日よりグリーンウッドTで調整中。7日、担当者の話では「こちらにきてからも問題は無く、すぐに乗り出すことが出来ており、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整です。そう遠くなく帰厩の話が出ると思いますので、この間にしっかりリフレッシュさせて送り出したいと思っています。現在の馬体重は464キロです」とのこと。
(10月7日)


この中間も変わりなく順調。9月30日、小崎調教師からは「明日いったんグリーンウッドTへ放牧に出すことにしました。3週間ほど気分転換してもらい12月上旬の新馬戦に向かいたいと考えています。週末と今朝、坂路で15−14くらいの併せ馬を行っていますので、放牧に出た後もペースを上げやすいかと思います」との連絡が入っており、10月1日にグリーンウッドTへ移動する。

09/30 助手 栗東坂良 1カイ 57.5-42.9-28.6-14.2 馬なり余力
モズマンジロウ(新馬)馬なりに0.1秒先行クビ遅れ
(10月1日)


9月18日撮影

ゲート試験合格後も順調。小崎調教師からは「この中間も変わりなくきています。今週は軽目の調整を行い、ここからレースに向けて徐々に進めていきたいと思っています」とのこと。なお、小崎調教師より動画が届き「奥の4番ゲートの馬がリリーブライトで、手前は同じ2歳でも1週間早く入厩した馬です。ゲートを出てからしっかり走れていますし、練習3日での合格は優秀だと思います」とのコメント。

09/18 助手 栗東E良     13.8 ゲートなり
(9月24日)


入厩後も順調。9月16日、小崎調教師は「本日から本格的なゲート練習を開始しました。素直なのでそれほど時間はかからないように思われます。火曜日に計測した馬体重は456キロです」とのこと。
18日に小崎調教師から「今朝ゲート試験に合格しました。発進は少し遅かったものの、スピードに乗ってからはしっかり走れていて、枠入、駐立は問題ありませんでした。本格的な練習を始めて3日目での合格は優秀だと思います。ゲート試験後に疲れが出ないか注意して見ていきます」との連絡が入っている。
(9月18日)


9月11日撮影

山元TCでのワンクッションを挟み、栗東TCへ入厩している。9月11日、小崎調教師からは「本日の検疫で無事に到着しています。まずはゲート練習中心で進めていきます」との連絡が入っている。
(9月11日)


8月25日=坂路12.8−12.8−12.2秒、9月2日=坂路@14.5−14.3−14.0秒、A11.4−12.1−13.4秒

「遮二無二走ってしまうような面はまだあるものの、2日の追い切りはテンからスピードに乗り、最後の3Fも良く踏ん張れていました。3F36.9秒はとても優秀で、ここまで順調に調教を重ねることが出来ています。小崎調教師も来週のトレセン入厩を考えているようで、今週末に山元TCへ向けて出発しワンクッションを挟んで入厩する予定です。現在の馬体重は478キロです」と牧場担当者。
(9月3日)


現在は週に2回坂路で強目の調教を行っている。牧場担当者は「8月7日に3ハロン13.0−12.2−13.4秒の強目を行い、時計は出ているのですが、スピードを上げていった際にギアの上げ方がまだちゃんと分かっていない感じでした。ただ、時計的には充分な負荷をかけられましたし、このあとの変わり身に期待して強目を乗り込んでいきました。19日の追い切りでは1本目に3ハロン15−14−14を行い、2本目に13.3−12.7−12.1秒をマークし、終い重点で動かして良い反応を見せてくれました。やはり7日の追い切りが効いているようで、大分良い方向に変わって来てくれていますね。現在の馬体重は477キロです」とのこと。
(8月20日)


坂路中心のメニューで順調に調整中。牧場担当者は「この中間には3ハロン14.4−14.1−13.5秒、3F13.7−12.6−12.5秒の時計を計時し、移動に向けて準備は着々と整ってきています。来場した小崎調教師とも相談し、このままのペースで1ヵ月乗り込んだ状態を見て、栗東移動について具体的な日時を決めることになりました。少し涼しくなる頃に態勢を整えられるようしっかり乗り込んでいきます。8月3日現在の馬体重は473キロです」とのこと。
(8月6日)


坂路入り再開後は順調に調整が進められている。牧場担当者は「7月の2週目から坂路で13秒台の強目を始めていますが、硬さも無く歩様に違和感はありません。持ち前の前進気勢の強さを発揮し、グイグイと登坂できています。7月8日に坂路で3ハロン14.9−13.5−13.2秒、11日に14.4−14.2−13.9秒、15日には14.5−13.7−13.3秒をマークしていて、今後も乗り進めていけそうです。7月17日現在の馬体重は474キロです」とのこと。
(7月18日)


左前肢の跛行は1週間の休養で回復し、現在は既に坂路入りを再開している。牧場担当者は「再開後も蹄や歩様に違和感はなく、大事に至らずほっとしました。6月30日には坂路で3ハロン14.6−14.4−14.4秒をマークし、徐々に以前のメニューへと戻すことが出来ています。今後もコンスタントに強目を乗り込んでいく予定です」とのこと。7月3日現在の馬体重は481キロ。
(7月4日)


週4回坂路入りしてコンスタントに時計を出していたが、6月13日に左前落鉄で釘を踏んでしまい治療を受けて休ませている。牧場担当者は「歩様にも出ていましたので良くなるまで無理せず様子を見ます。6月に入って3ハロン40秒のメニューも乗り出しており、折り合い重視で進めてきた成果で最近では加速ラップを楽にこなせるようになってきました。脚元が回復次第、元のペースに戻して乗り込んでいきます。6月6日15.5−14.8−14.8、10日15.6−14.6−14.4、2本目15.6−15.2−15.1、12日13.4−12.8−12.5をマークしています」とのこと。6月17日現在の馬体重は480キロ。
(6月18日)


現在は週4回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、その他の日は周回ウッドチップコースかトレッドミルでキャンター調整。牧場担当者は「まだメンタル面の幼さを見せることはあるものの、坂路2本のメニューをコンスタントにこなし、走りの伸びやかさも充分です。引き続き折り合い重視で進めていますが、こちらは大分成長が感じられ、以前ほど掛かるようなところは無くなっています。5月16日15.8−15.7−15.3、2本目15.7−15.2、 5月23日15.1−14.2、 5月27日15.0−13.9−13.8、2本目14.8−13.9−13.6、 6月03日13.3−13.7−12.5をマークしています」とのこと。6月4日現在の馬体重は492キロ。
(6月5日)


引き続き週3回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、週2回周回ウッドチップコースでキャンター2000m、週1回はトレッドミルの調整。牧場担当者は「折り合い重視で進めてきて、加速ラップで上手く走れるようになってきました。まだ走り方に荒っぽさは残りますが、父の産駒らしさを感じさせる雰囲気がありますね。コンスタントに時計を出しており順調です。4月30日2F15.4−15.4、5月2日に3F15.8−15.8−15.3、5日に2F14.8−14.4、9日に3F15.8−14.3−13.9をマークしています」とのこと。5月11日現在の馬体重は488キロ。
(5月15日)


引き続き週3回坂路入りし、その他の日は周回ウッドチップコースとトレッドミルでのキャンター調教を行っている。牧場担当者は「引き続き折り合い重視で進めています。現状ではしっかりと折り合っていますし、飛びの綺麗な良いフットワークで走れています。15秒台の時計を道中抑えきれないくらいの手応えでこなせるようになれば、次のステップへ進めて行きたいと考えています。4月7日に1F15.4、9日に2F15.6−15.4、11日に1F15.7秒をマークしています」とのこと。4月17日現在の馬体重は488キロ。
(4月20日)


3月24日撮影

現在は週3回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、週2回周回ウッドチップコースでキャンター2000m、週1回はトレッドミル調整といったメニュー。担当者は「気が逸りがちなので、折り合い重視でじっくり進めているところです。妙に走りたがるところがあり、やり過ぎないよう注意して運動量を調整しています。体の使い方自体は上達してきましたし、とても楽しみな素材です。3月31日には坂路で1F15.6を計時しています」とのこと。4月4日現在の馬体重は484キロ。
(4月6日)


3月下旬撮影


(4月3日)


ペースアップ後も脚元は問題無く、現在は週3回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)を中心としたメニュー。担当者は「気が逸って走るタイプなので、終いに脚を使えるように折り合い重視で取り組んでいます。以前ほどがむしゃらに坂を上がって来る感じはなくなりましたが、今後も油断せずに継続していきます。中間に2ハロンを15.8−15.1秒と上手く加速ラップで走れていて、リズムに乗った際の走りはスマートですね」とのこと。3月11日現在の馬体重は476キロ。
(3月13日)


中間に左前脚をぶつけ腫れが出たため、軽めの運動調整に切り替えてケアを行っていた。現在は腫れも引き、週2回の坂路入りを開始している。その他の日には、週2回を周回ウッドコースでのキャンター(2000m)、2回をトレッドミル上でのキャンターでの調整。担当者は「坂路でのキャンター時は3Fを18−17−16秒と徐々に加速させ、タイトなラップで乗ることを意識して行っています。まだ気が逸り気持ちだけで走っている感じですが、脚元は問題なくこれから坂路の回数を増やしていく予定です」とのこと。2月13日現在の馬体重は475キロ。
(2月20日)


年末まで週3回坂路で18秒ペース中心に乗り込み、暮れには15秒台のメニューを1本消化。年末年始期間のリフレッシュ調整を挟んで年明けから坂路入りを再開しており順調。担当者は「週3回坂路入りしており、年末からそのうち1回は2本登坂も織り交ぜてペースアップ中です。気合い乗りが良くなっていますが、まだ気持ちだけ先走っている面もあり、厳冬期はじっくりと基礎固めに取り組み、厳冬期が抜けてペースを上げる際に調子も上昇させられるよう進めていくつもりです」とのこと。1月10日現在の馬体重は462キロ。
(1月20日)

ページ上部へ

2019年

11月下旬撮影

乗り込み量も増え、現在は週3回ずつ周回Wチップコース2000mキャンターと坂路を主体にしたメニューへと進めている。担当者は「抑えたままでも1ハロン15.2秒をマークし、元気一杯です。普段はのんびりとしたタイプですが、乗るとピリッとした面が出てスピードの乗りも良いですね。両前の蹄が薄く減らしやすいタイプなので注意は必要ですが、筋肉疲労はなく順調です」とのこと。馬体重は458キロ。
(12月23日)


11月26日撮影

初期馴致を終え、周回Wチップコース1200mキャンターと週2〜3回坂路主体にしたメニュー。担当者は「坂路ではハロン20〜18秒ペースを消化しています。背腰の緩さはあるものの、ペースが上がるにつれて体が起きて良いフォームで走れています。背中の伸縮良く、乗り味の評価は上々です。重心自体はブレが無く、当面は背腰の筋力強化を課題にしっかり乗り込んでいきます」とのこと。調教を進めるにつれ動きは良くなっている。11月下旬の馬体重454キロ。
(12月5日)


千歳の社台ファームへ移動後は放牧を継続しながら、日中には馴致場での駈け足訓練を行っていた。牧場担当者は「動きに素軽さがあり、こちらの指示に対してもシャープに反応してくれます。掻き込む力が強く、推進力も充分です。その分、蹄の減りには注意していきたいと思います」とのこと。順調に次の段階へと進めている。10月中旬計測の馬体重は473キロ。
(10月30日)


9月14日見学ツアー時撮影

9月上旬計測
馬体重:457kg、体高:150.0cm、胸囲:174.0cm、管囲:20.7cm

10月11日に社台ファームへ移動
(10月11日)


9月4日撮影

社台ブルーグラスファームでは、夜間放牧と日中に初期馴致も兼ねてハミを付けて、ウォーキングマシンの運動も行っている。
牧場担当者は「馬体は更に逞しさを増して、元気一杯に放牧地を駆け回っています。牡馬らしいやんちゃな面はありますが、人に対しては悪さをすることはありません」とのこと。現在の馬体重は457`。
(9月6日)


9月4日撮影


(9月5日)


パンフ使用写真

馬体重:433kg、体高:150.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:20.7cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)