マンハッタンフィズの2018

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:マンハッタンガデス【マンハッタン+女神。母名の一部と女神のように輝くことを願い。Manhattan Goddess】に決定しました。
    第2希望コンフレンスリバー、第3希望グリーンフィズ。
  • 1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

社台ファーム在厩(栗東・高橋康之厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

現在は週2回坂路でのキャンター、3回を周回ウッドコースでのキャンター(2000m)、1回をトレッドミル上でキャンターと順調にメニューを消化中。2月11日からは1日2本登坂を開始している。担当者は「坂路では3Fを18−17−16秒と徐々に加速させ、タイトなラップで乗ることを意識して行っています。11日の坂路2本目では、15.7−15.4秒のラップで軽快に上がって来ました。体型はまだ幼く脚元に疲労感が出やすいので、発育と体力強化を念頭に置きじわっとペースアップを図っています」とのこと。高橋康之調教師は「以前は小柄なイメージでしたが、徐々に身体が増えてしっかりしてきました。元々のバランスも良く、成長が楽しみです」とのこと。2月13日現在の馬体重は445キロ。
(2月20日)


年末まで週3回坂路で18秒ペース中心に乗り込み、年末年始期間のリフレッシュ調整を挟んで年明けから坂路入りを再開しており順調。現在は週3回坂路で17秒ペースを消化し、週2回は周回ウッドチップコースでキャンター調整、週1回トレッドミル調整のメニュー。担当者は「前向きさの目立つ馬。気合い乗りが良すぎるくらいでグイグイとハミを取って走るが、まだ気持ちだけが先走っている感じ。好戦的な気性は好感が持てますが、燃えすぎる面もあり、もう少し自身のペースを守って走れるようにしたいですね。まだ課題はありますが、これだけ前向きな馬なので、追い切りを重ねていけばどんどん変わってきそうです」とのこと。1月10日現在の馬体重は448キロ。
(1月20日)

ページ上部へ

2019年

11月下旬撮影

乗り込み量も増え、現在は週3回ずつ周回Wチップコース2000mキャンターと坂路を主体にしたメニューへと進めている。担当者は「発熱の症状はすっかり改善して、ハロン18秒ペースのメニューを元気にこなしています。前向きな気性でハミをしっかり取って走れていますが、まだ力強さが足りていない分、体が気持ちに付いて来ていない感じはあります。真面目ですし、これから乗り込んで行けばどんどん変わっていけると思います」とのこと。馬体重は438キロ。
(12月23日)


11月26日撮影

中間発熱があり軽めにセーブしていたが改善傾向にあり、現在は周回ウッドチップコース2000mでキャンター調整を行っている。担当者は「熱発がありましたが順調に回復しており、周回コースでじっくり乗り込んでいます。体重は増えていないもののトモは大分しっかりしてきました。まだ気性や体が幼いので、しばらくはこの調整で進めます」とのこと。11月下旬の馬体重436キロ。
(12月5日)


初期馴致は終了し、ウォーキングマシンと周回ウッドコースで常歩2000m、ダク1200mとキャンター調教を開始している。牧場担当者は「まだ落ち着きのない面はありますが、コントロールに関しては問題ありません。現在は体を上手く使えるように、正しい位置でハミを受けさせて姿勢良く動かしています」とのこと。10月中旬計測の馬体重は426キロ。
(10月30日)


9月14日見学ツアー時撮影

9月上旬計測
馬体重:417kg、体高:151.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:19.0cm

9月19日に社台ファームへ移動
(9月20日)


9月4日撮影

社台ブルーグラスファームでは、夜間放牧と日中に初期馴致も兼ねてハミを付けて、ウォーキングマシンの運動も行っている。
牧場担当者は「おっとりとした性格で大人しく、とても扱いやすい子です。母馬は高齢ですが、健康面に問題はなく順調に運動メニューもこなしています。放牧地でも他の馬達と仲良くやれています」とのこと。現在の馬体重は417`。
(9月6日)


9月4日撮影


(9月5日)


パンフ使用写真

馬体重:414kg、体高:150.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:19.0cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)