レイヨンヴェールの2018

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ブリエヴェール【輝く(仏)+母名の一部。本馬の輝く姿を期待して。Briller Vert】に決定しました。
    第2希望サカールフォトス、第3希望アクチノライト。
  • 1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

社台ファーム在厩(美浦・小笠倫弘厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

順調に坂路コース中心のメニューで乗り込まれている。牧場担当者は「骨瘤の痕は残っているものの痛みはなく、気にせず乗り進めていったことで上手く固まったようです。ゲート練習も併用し駐立や手開けからの発進も問題無く行えています。7月8日に坂路で3ハロン速めを2本行い、2本目に14.2−13.2−13.1秒マークしました。11日、15日にも15〜13秒(3ハロン)を出していて、父の産駒らしい常に気合い乗りや前進気勢のある走りが出来ています。7月17日現在の馬体重は477キロです」とのこと。
(7月18日)


中間に右前肢、左前肢に骨瘤が出たため騎乗を控えて治療を優先していた。幸い直ぐに触診反応や熱感も取れ、現在は騎乗調教を再開出来ている。場担当者は「直ぐに治まってくれたことで、緩むこともなく強目調教を行うことが出来ています。6月25日に坂路で15.6−14.6−14.4秒、30日も14.7−14.3−14.3秒をマークしており、先ずは3ハロンを15〜14秒ペースから始めています。その後も骨瘤の痛みは感じられないので、徐々にペースを上げて行くつもりです」とのこと。7月3日現在の馬体重は475キロ。
(7月4日)


現在は週2回坂路2本中心の調整。場担当者は「ソエも落ち着いており、3ハロン強目のメニューを課して乗り進めているところです。気が入りすぎるところのある馬ですが、この中間はとてもリラックス出来ていて好ムードです。このままコンスタントに強目を消化させていきます。6月6日に14.8−14.4−13.9、9日15.3−13.9−13.6、11日15.6−15.5、13日15.0−14.5−14.4をマークしています」とのこと。6月17日現在の馬体重は473キロ。
(6月18日)


現在は週4回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、その他の日は周回ウッドチップコースかトレッドミルでキャンター調整。牧場担当者は「この中間は疲労を残さないよう、2本のメニューでも17−16−16ペースに抑え、内面の充実をはかってきました。内面がしっかりしてくれば毛艶もガラッと変わり明るくなってくるはずです。来週からは15−14秒調教をスタートしたいと思っています。5月23日には15.6−15.6−15.3をマークしています」とのこと。6月4日現在の馬体重は475キロ。
(6月5日)


左前のソエは落ち着き、現在は週3回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、週2回周回ウッドチップコースでキャンター2000m、週1回はトレッドミルの調整。牧場担当者は「ソエは治まって坂路の登坂本数も増やしており、現在は3F17−16−15のペースで乗れています。気合い乗りが良く機敏な動きを見せ、ソエの再発も見られませんので、ここから強目を重ねていきたいと思っています」とのこと。5月11日現在の馬体重は470キロ。
(5月15日)


左前肢ソエの触診反応も無くなり、坂路入りを開始している。牧場担当者は「坂路の他に、周回ウッドチップコースでキャンター2000mやトレッドミル調整も併せて行えています。脚元の状態は良くなっているので、近日中に15秒ラップを再開出来る見込みです」とのこと。4月17日現在の馬体重は472キロ。
(4月20日)


3月24日撮影

現在は週3回坂路でのキャンター(うち1回は2本登坂)、週2回周回ウッドチップコースでキャンター2000m、週1回はトレッドミル調整といったメニュー。担当者は「左前のソエがチクチクし始めましたので、動画撮影後に一息入れてソエの治療に専念することにしました。脚元が固まるまでウォーキングマシン調整を行い、10日ほどで症状は治まってくれました。軽いキャンター調整を開始したところです」とのこと。4月4日現在の馬体重は468キロ。
(4月6日)


3月下旬撮影


(4月3日)


現在は週2回ずつ坂路でのキャンター(2回とも2本)と、トレッドミル上でキャンターのメニュー。担当者は「疲労感を残さないようにするため周回ウッドコースでは乗らず、直線走路のみの運動で調整しています。まだ体力面に不安は残りますが、中間に気合いを付けて1ハロン15.3秒のタイムを出しています。なかなかシャープな動きを見せてくれて、徐々に良化してきています」とのこと。3月11日現在の馬体重は470キロ。
(3月13日)


トレッドミル調整も終わり、騎乗調教再開後は順調に乗り進めている。現在は週3回坂路でのキャンター、2回を周回ウッドコースでのキャンター(2000m)、1回をトレッドミル上でキャンターのメニューを消化している。担当者は「坂路でのキャンター時は3Fを18−17−16秒と徐々に加速させ、タイトなラップで乗ることを意識して行っています。動きは及第点まで戻ってきていますが、休んでいた分体力は以前に比べるとまだもの足りません。体力強化を中心にしっかりと底上げを行っていきます」とのこと。2月13日現在の馬体重は458キロ。
小笠調教師は「中間の熱発でペースを落としました後は順調に来ているようです。少し楽をさせた分、まだ少し動きが重いようですが、ここから体力を付けながらペースを上げていってもらおうと思います。順調に進むようなら、それほど遅くないデビューになりそうです」とのこ。
(2月20日)


12月中旬と暮れに熱発があり、ケアを行い体調回復に努めてきた。担当者の話では「暮れに40度の熱を出しましたが、治療を行って平熱に落ち着いており、食欲もあって元気を取り戻しています。ちょうど年末年始期間に入るタイミングでしたので、ウォーキングマシン調整で体調回復に努め、ここからトレッドミル調整で進めていこうと思います」とのこと。1月10日現在の馬体重は455キロ。
(1月20日)

ページ上部へ

2019年

11月下旬撮影

乗り込み量も増え、現在は週3回ずつ周回Wチップコース2000mキャンターと坂路を主体にしたメニューへと進めている。担当者は「まだ体つきも幼く、以前は右にモタれて走る傾向にありましたが、乗り込むにつれて改善してきています。エイシンフラッシュ産駒らしい気合い乗りの良さは変わらず、ハツラツと走って日々調教メニューをこなしています」とのこと。馬体重は453キロ。
(12月23日)


11月26日撮影

初期馴致を終え、周回Wチップコース1200mキャンターと週2〜3回坂路主体にしたメニュー。担当者は「坂路ではハロン20〜18秒ペースを消化しています。まだハミ受けが不安定な面はありますが、前進気勢は充分。気持ちに体が付いてきていない感じはあるものの、この前向きさは明らかに長所。これだけ前向きに取り組めれば、乗り込みに比例して体力が付いてくるでしょう」とのこと。11月下旬の馬体重は451キロ。
(12月5日)


千歳の社台ファームへ移動後は放牧を継続しながら、日中には馴致場での駈け足訓練を行っていた。牧場担当者は「馬体は大き過ぎず丁度良いサイズなので、脚もとへの負担もなく進められています。前進気勢が強く体を動かすことに前向きで、両親譲りの気の良さを受け継いだ印象です」とのこと。順調に次の段階へと進めている。10月中旬計測の馬体重は468キロ。
(10月30日)


9月14日見学ツアー時撮影

9月上旬計測
馬体重:445kg、体高:154.0cm、胸囲:176.0cm、管囲:20.3cm

10月11日に社台ファームへ移動
(10月11日)


9月4日撮影

社台ブルーグラスファームでは、夜間放牧と日中に初期馴致も兼ねてハミを付けて、ウォーキングマシンの運動も行っている。
牧場担当者は「背も伸びて馬体は順調に成長しています。当初はやんちゃな面が強かったですが、徐々に人の指示も聞くようになり、今は扱いやすい性格です」とのこと。現在の馬体重は445`。
(9月6日)


9月4日撮影


(9月5日)


パンフ使用写真

馬体重:428kg、体高:153.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:20.1cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)