デザートオブムーンの2018

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ヴェイルオブナイト【夜の帳。本馬の漆黒の馬体から連想。Veil of Night】に決定しました。
    第2希望プラヤデルアモール、第3希望デザートプリンセス。
  • 1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

社台ファーム在厩(美浦・奥村武厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

<近日入厩予定>
8月7日の検疫で入厩予定です。お申し込みは8月5日(水)午後3時で締め切らせて頂きます。
諸事情により急遽締め切ることもございますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(8月1日)


順調に坂路コース中心のメニューで乗り込まれている。牧場担当者は「調教ではやや力任せな面もありますが、パワータイプの血統でもありこの馬の長所だと思います。中間はスクミの症状も無く、7月8日に坂路で3ハロン13.7−12.8−12.4秒、11日に14.4−14.4秒、16日にも15.7−13.8−13.7秒をマークしています。自らハミを取りに行き、前進気勢の旺盛な走りを見せています。7月17日現在の馬体重は458キロです」とのこと。
(7月18日)


現在は週2回坂路2本中心の調整。牧場担当者は「先週まで強目をビッシリ乗ってきたので、今週は少しセーブしたメニューになりますが、週2回2本のメニューで順調に乗り込んでいます。力強い脚捌き、自らハミを取る積極性が出てきました。体重が示す通り、馬体が引き締まって良くなって来ました。6月6日には14.4−14.3、2本目15.9−14.3−14.2、10日15.8−15.4−15.3、13日14.8−13.5−13.4をマークしています」とのこと。6月17日現在の馬体重は460キロ。
(6月18日)


左膝の腫れはすっかり引いて、現在は現在は週4回坂路でのキャンター(うち2回は2本登坂)、その他の日は周回ウッドチップコースかトレッドミルでキャンター調整。5月中は週2回ペースで3ハロンからの時計(16〜13秒や15〜14秒ペース)を出し、27日には15.2−14.2−14.1、2本目14.8−13.0−12.8をマーク。6月3日には14.4−13.2−12.4を消化しておりすこぶる順調。牧場担当者は「これだけ詰めて時計を出せており、スクミはもう心配ないと思います。終い重点で動かして、滑らかにラストに向けてギアが上がるように取り組んでいるところです」とのこと。6月4日現在の馬体重は475キロ。
(6月5日)


週3回坂路入りして乗り進めてきたところ、5月5日朝に馬房内でぶつけて左前膝に腫れが出てしまった。牧場担当者は「順調に乗り進めていましたが、自分でぶつけて脚に腫れが出てしまいました。すぐに腫れは引いており、今週から馬場入りを再開し元のペースに戻していきます」とのこと。5月11日現在の馬体重は478キロ。
(5月15日)


週3回坂路入りし、その他の日は周回ウッドチップコースとトレッドミルでのキャンター調教を行っている。牧場担当者は「今は坂路で2本とも時計を出す強化メニューが行えており、スクミはすっかり改善しています。体が起きたフォームで力強く、好調です。体力面で余裕が出てきたことで、我の強さも見せ始めてきました。4月9日に1F15.7、14日に2F15.7−15.1と14.9−14.6秒をマークしています」とのこと。4月17日現在の馬体重は472キロ。
(4月20日)


3月24日撮影

体調面も安定し、現在は週2回坂路入り(うち1回は2本登坂)、その他の日は周回コースでのキャンター、或いはトレッドミル調整のメニュー。担当者は「スクミが出ないよう注意して進めていますが、現在のメニューで上手く調整が行えています。四肢は脚先まで力強さが通っており、ブレずに坂路を上がってきます。坂路では31日に2F15.4−14.9、2本目14.7−14.3、3日には1F14.5、2本目14.5−14.3を計時しています」とのこと。4月4日現在の馬体重は474キロ。
(4月6日)


3月下旬撮影


(4月3日)


スクミの症状に注意をしながらの調整。週3回坂路1本のメニュー中心に、その他の日は周回コース2000mとトレッドミルでのキャンターを行っている。担当者は「1日2本の登坂はセーブしていますが、週3回の坂路入りを継続し、強目を織り交ぜ順調に乗り込んでいます。スクミ対策として前運動で気持ちを乗せたら直ぐに登坂するイメージで。中間に2回、1ハロン15秒台まで伸ばす調教を行い、どちらもスタートからゴール過ぎまでパワフルな脚捌きで、状態は良好です」とのこと。3月11日現在の馬体重は480キロ。
(3月13日)


現在は週2回坂路でのキャンター、2回を周回ウッドコースでのキャンター(2000m)、2回をトレッドミル上でのキャンターのメニューを消化。スクミの症状が見え慎重に進め、全体的に底上げが出来た感触を得て2月11日から坂路調教を1日2本に増やしている。担当者は「坂路でのキャンター時は3Fを18−17−16秒と徐々に加速させ、タイトなラップで乗ることを意識して行っていて、動きは相変わらず力強さに満ちています。馬力は充分もやや力任せな面はあるので、もう少し力の加減を覚えれば加速と反応も一段上がるはずです。疲労感は残さないように、注意深く見て行きます」とのこと。2月13日現在の馬体重は466キロ。
(2月20日)


年末まで週3回坂路で17〜16秒ペース中心に乗り込み、暮れに1ハロンのみ14秒6を計時。年末年始期間のリフレッシュ調整を挟んで年明けから坂路入りを再開しており順調。現在は週3回坂路で17秒ペースを消化し、週2回は周回ウッドチップコースでキャンター調整、週1回トレッドミル調整のメニュー。担当者は「暮れに併せ馬で速い時計を出し、良い動きを見せてくれました。体の力が強くて前肢の振り上げが高く、躍動感あるフットワークが見られます。走りの性能が良く、折り合いもスムーズで、文句なしの好調ぶりです。厳冬期はボディコンディション維持を主眼に置いて取り組んでいきます」とのこと。1月10日現在の馬体重は466キロ。
(1月20日)

ページ上部へ

2019年

11月下旬撮影

乗り込み量も増え、現在は週3回ずつ周回Wチップコース2000mキャンターと坂路を主体にしたメニューへと進めている。担当者は「前進気勢があって背中の伸縮も上手く出来ていますし、前肢の振り上げが大きく力強い脚捌きです。心身共に良い状態で安定しているので、年内中に坂路でハロン15秒まで行う予定です。本馬なら、こちらから仕掛けなくても手綱を少し譲る程度で15秒ラップも走れると思います」とのこと。馬体重は464キロ。
(12月23日)


11月26日撮影

初期馴致を終え、周回Wチップコース1200mキャンターと週2〜3回坂路主体にしたメニュー。担当者は「気合い乗りが良くグイグイ進んでいき、ダートに向きそうな刻むようなフットワークで走っています。乗りながら馬体が増えているように心身ともに良い状態です。常に馬自身に余裕があり、牝馬のこの時期としては筋力もあって体をしっかり収縮して走れています」とのこと。11月下旬の馬体重は460キロ。
(12月5日)


初期馴致は終了し、ウォーキングマシンと周回ウッドコースで常歩2000m、ダク1200mとキャンター調教を開始している。牧場担当者は「パイロ産駒らしい気の強さが見られます。馬力があって前向きさもあるので、調教は順調に消化出来ています。坂路コースでの乗り込みへと進めて行きます」とのこと。10月中旬計測の馬体重は450キロ。
(10月30日)


9月14日見学ツアー時撮影

9月上旬計測
馬体重:460kg、体高:156.0cm、胸囲:174.0cm、管囲:19.8cm

9月19日に社台ファームへ移動
(9月20日)


9月4日撮影


(9月5日)


パンフ使用写真

馬体重:445kg、体高:156.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:19.8cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)