シエルドゥレーヴ

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:シエルドゥレーヴ【夢の空(仏)。Ciel de Reve】に決定しました。
    第2希望エンプレスウィング、第3希望シエルスラン。
  • 1歳〜2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

美浦・尾関知人厩舎
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.1)

2021年

14日、尾関調教師は「レースの疲労は順調に抜け、飼い葉も食べてくれています。今週までは角馬場や坂路で軽めの調整に止め、来週からペースアップするスケジュールを組んでいます。新潟のダ1,800bを本線に、状態を見ながら具体的なレースを判断して行きます」とのこと。
(4月14日)


4月3日撮影

7日、尾関調教師は「先週は既走馬相手に上々の走りをしてくれて、今後に期待が持てるデビュー戦でした。レース後の脚もとに気になる箇所はありませんが、全体的に疲労感が見られるので、今週末まで軽めの調整で様子を見ていきます。疲労回復に時間がかかるようでしたら、短期放牧で立て直すことも検討しています」とのこと。
(4月7日)


4月3日撮影

4月3日(土)中山・3歳未勝利(牝・ダ1,800b)に武藤騎手でデビューし6着。

尾関調教師は「馬体重は想定ぐらいでちょうど良く、当日輸送から装鞍所、パドックまで終始良い雰囲気でした。返し馬も鞍上が丁寧に落ち着かせてくれ、少し心配があったゲートもスムーズに出来ました。レースでは、スタートは五分に出たのですが、キックバックを嫌がり後方からになったものの、スローペースで先行馬有利のなか、直線ではしっかりと脚を伸ばしてくれました。武藤騎手からは『デビュー戦だったこともあり、勝負どころでの反応が鈍かったですが、直線の脚は良かったです。もう少しで掲示板でした』と、上々の手応えを感じていたようです。直線はずっと右手前で走っていながらも、上がり3ハロンは2番目のタイムで、次走以降が楽しみな内容でした。この後は、厩舎に戻ってからの状態を確認してから連絡させていただきます」とのこと。
(4月3日)


今週の、4月3日(土)中山・3歳未勝利(牝・ダ1,800b)に武藤騎手でデビューの予定。
31日、尾関調教師は「今朝は武藤騎手を鞍上に、坂路コースで併せ馬を行いました。半マイル52秒後半、ラスト1ハロンも12秒台で纏め、動き、時計共に上々の内容でした。鞍上からも『まだ緩いところはありますが、良い動きでした』との話しで、好感触は掴んでもらえました。先週までウッドでしっかり負荷をかけて、息も出来ていますので、デビュー戦としては良い状態で臨めると思います」とのこと。

03/28 助手 美南坂良 2カイ 58.6-43.3-28.7-13.9 馬なり余力
03/31 武藤 美南坂良 1カイ 52.9-38.6-25.2-12.9 一杯に追う
グランソヴァール(古馬3勝)末強目を0.8秒追走0.2秒遅れ
(4月1日)


24日、尾関調教師は「今週の追い切りも簑島騎手を鞍上に、ウッドチップコースにて3頭併せで行いました。調教内容は、真ん中の2番手で進め、直線並び掛けたものの内の馬にやや遅れてしまいました。ゴーサインからの反応の分、幾分遅れましたが、先行馬に取り付く脚は良く最後までしっかり動けていました。3週連続で跨がってもらった鞍上からも『前向きさも出て更に良くなっていますね』との話しで、レースに向け順調に調整が進んでいます。予定通り、来週の中山でデビューさせます」とのこと。

03/24 簑島 美南W稍  69.8-54.7-41.0-13.1 直一杯追う
ハーグリーブス(古オープン)馬なりの内0.4秒追走同入
(3月25日)


18日、尾関調教師は「この中間はゲート練習も行い、入りと駐立を入念に確認しました。先週の動きと比較してもらうため、今朝も簑島騎手を鞍上にウッドチップコースで併せ馬を行い、半マイル53秒、ラスト1ハロン13秒台をマークし先着しています。鞍上からは『追い切りを重ねる毎に反応も良くなり、上がりの歩様も気になるところはないですね』との話しでした。ここまで順調に調整が進みましたので、3回中山2週目のダ1,800b(牝)を目標に仕上げていきます」とのこと。

03/14 助手 美南坂重 1カイ 57.1-42.3-28.1-14.0 馬なり余力
03/18 簑島 美南W良     68.5-53.0-39.4-13.6 直強目追う
アイコトバ(三未勝)末強目の内0.6秒追走0.2秒先着
(3月18日)


11日、尾関調教師は「今朝は簑島騎手を鞍上に、ウッドチップコースで併せ馬を行いました。調教内容は、こちらが追走して馬なりで差を詰めていき、馬体を併せながらゴールしています。馬場の内側を通りましたが、半マイルが53秒台で終い12秒8をマークし、まずまずのタイムで動きも悪くありませんでした。強目を乗った後に歩様が硬くなりやすい面はありますが、脚もとは問題なく来ていますし、先週末もウッドチップコースでしっかり負荷を掛けることが出来ています。次開催の、中山デビュー目標で仕上げていきます」とのこと。

03/06 助手 美南W稍  68.8-53.2-39.3-12.8 馬なり余力
ルージュフェリーク(三未勝)馬なりの内1.2秒追走同入
03/11 簑島 美南W良  69.1-53.9-39.5-12.8 馬なり余力
ルージュフェリーク(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入
(3月11日)


2月26日の検疫で美浦TCへ入厩し、デビューに向け調整を開始している。
3月3日、尾関調教師は「入厩後は軽めで調整を進め、今朝は坂路で1本目の追い切りをしました。2回目に時計を出し、半マイル55.2秒、終い13.3秒で登坂しています。予定よりやや遅くなりましたが、最後まで無理なく動けていたので、この先もしっかり調教を積んでいける内容だったと思います。前捌きが少し硬めでダート向きな歩様はしていますが、気になる箇所はありませんので、これから徐々にペースを上げながらトモなどを強化していきます」とのこと。

03/03 助手 美南坂稍 2カイ 55.2-41.4-27.4-13.3 馬なり余力
(3月4日)


2月18日、牧場担当者は「再入厩に向けて、坂路で週2日14−13の強めを行っています。今朝も14−14を跨がりましたが、しっかりとしたフットワークで登坂していました。脚もともすっきりしており、歩様も気になる箇所はありません。また、強めの調教後も食欲も落ちることなく完食してくれています。馬体重は489`」 とのこと。
(2月18日)


2月4日、牧場担当者は「先週末は降雪の影響で馬場入りを控えましたが、坂路で14−13と16−15を組み合わせて跨がっています。また、尾関調教師が先週来場し『馬体と歩様を確認し、今月末から3月上旬の入厩を考えます』との話がありましたので、ここから入厩に向けて強めを行っていきます。馬体重は493`」とのこと。
(2月4日)


1月20日、牧場担当者は「現況、周回コース4,000bに加えて坂路を週2回始めています。今のところ、捻挫した右前を気遣う素振りは見せていません。この後も騎乗後に脚もとの状態を確認しながらペースを上げていきます。馬体重は486`。」とのこと。
(1月20日)


1月6日、牧場担当者は「患部を屈曲させると多少反応しますが、普通に歩かせても痛みは感じなくなりました。今日からハッキングで3,000b乗り始めて様子を見ることにします。馬体重は486`」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2020年

尾関調教師から「厩舎で治療を施し様子を見ましたが、少し時間が必要そうなのでノーザンファーム天栄へ放牧に出しました。先ずは治療を優先してもらいます」との連絡があった。
牧場担当者は「右前球節部の捻挫は回復しつつありますが、まだ患部に少し痛みがあるようです。現在は脚の負担を考慮し、直線的に歩けるトレッドミルを常歩で行っています。馬体重は484`」とのこと。
(12月24日)


17日、尾関調教師は「15日に右前の球節部に多少違和感があり、獣医に診てもらいました。『レントゲン写真では骨に異常はなく、軽度の捻挫の可能性があり』と診断され、翌16日は軽めの運動で様子を見ました。患部が回復していれば今朝から軽い騎乗運動を予定をしていましたが、引き運動時に歩様が硬く触診反応も出ていたので、馬場入りを控え消炎剤治療を施しました。長引く症状ではないと思いますが、状態次第で放牧を挟むことも検討します」とのこと。

12/13 助手 美南W良    55.3-40.3-13.4 強目に追う
(12月17日)


12月5日の検疫で美浦TCへ帰厩している。
10日、尾関調教師は「今朝は坂路コースで同じ2歳馬と追い切りを行い、2本目を強目に追っています。半マイル55秒前後、終い12.9秒と1本目の追い切りとしてはまずまず動けていました。全体時計としてはまだまだですが、これから様子を見ながらペースを上げていきます。現段階では、デビューは年明けになるかもしれませんが、飼い喰いや脚もとも問題なく、調整は順調に進めて行けると思います。血統や兄姉の戦績、歩様等から見ると、中山のダ1,800bの新馬戦を考えています」とのこと。

12/10 助手 美南坂良 2カイ 54.9-40.2-26.2-12.9 強目に追う
母マイスイートホー馬なりに0.1秒遅れ
(12月10日)


牧場担当者から「週2回坂路で14-13の調整を順調に行っています。坂路で強めの調教を積みながら体力が付いてきたことで、自分からしっかりと走れるようになってきました。もう少し乗り込む必要はありますが、デビューに向けて調教のピッチを上げていきます。馬体重473`」との連絡がありました。
(11月25日)


10月30日よりノーザンファーム天栄で調整中。
牧場担当者から「体力強化のため牧場に入場してきましたが、大きな疲れも見られず直ぐに跨がり始めました。現在は週3回坂路で1F14秒の強目で乗り込んでいます。ここからは、2F14-13のペースを試していき、デビューに向け乗り込んでいこうと思います。馬体重は481`」との連絡がありました。
(11月12日)


28日、尾関調教師は「ゲート試験に向け練習を重ね、先週末に試験を受けたところ見事合格してくれました。練習時に枠入りで躊躇する場面があったので、本番では余計なプレッシャーをかけないよう、周りに馬がいなくなったタイミングで行いました。また、先週日曜日に坂路で15秒を跨がって見ましたが、動きや息の入りがまだ重たかったので、ノーザンファーム天栄で再調整することにしました」とのこと。
(10月28日)


17日より美浦・尾関厩舎に入厩し、ゲート試験に向けて調整を開始している。
21日、尾関調教師は「ここまでゲート練習は一通り問題なく進められています。今朝は手開けで出し、ダクからキャンターまで行いました。一緒に入厩してきた相棒と共に、明日から機械開けで練習を行う予定です。トレセンの環境にも慣れて来ましたし、飼い喰いも安定していますので順調に調整が出来そうです」とのこと。
(10月21日)


牧場担当者から「強めの調教を開始した後も順調に調整が出来ています。現在は週3回坂路で強目の調教をこなし、入厩態勢が整いつつあります。飼い喰いも良好で体調も安定していますので、このまま入厩の声が掛かるのを待ちたいと思います。馬体重は491`」との連絡がありました。

17日、尾関調教師から「急遽本日の検疫が取れましたので、入厩させたいと思います」との連絡がありました。
(10月17日)


牧場担当者から「坂路馬場での調教を再開し、今週から入厩に向けて強めの調教を行っています。調教後も体温も安定していますし、歩様の乱れもありません。このまま乗り込んで体力をつけていきます。馬体重は489`」との連絡がありました。
(10月1日)


牧場担当者は「先週末に再度血液検査を行ったところ、正常値近くまで数値が回復してきました。獣医から、運動の許可が出ましたので、トレッドミル調整を再開しています。現在は、歩様や脚もとに気になるところは見られませんので、入厩に向けて調教を進めて行きます。馬体重は491`」との連絡がありました。
(9月16日)


尾関調教師より「ノーザンファーム天栄へ移動後に熱発してしまい、これまで経過観察をしていましたが、現在も血液検査の数値も安定しないため、いったん検疫をキャンセルしました。まだ若駒ですので、無理せず回復してから再度検疫を取ることにします」との報告がありました。
(9月8日)


8月下旬撮影

ここまで週3回坂路2本13−14中心のメニューを消化。移動の態勢が整い、9月3日出発の便でノーザンファーム天栄に移動している。担当者の話では「同様のメニューでしっかりと乗り込むことが出来ました。今週は移動に備えてリフレッシュ調整を挟んでおり、良い状態で送り出せたと思います。ノーザンファーム天栄でワンクッションを挟み、週末に美浦入厩の予定です」とのこと。移動前の馬体重は498キロ。
<近日入厩予定>
9月5日(土)入厩のため、お申し込みは9月4日(金)午後3時で締め切らせて頂きました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。
(9月4日)


現在は週3回坂路2本中心に週2〜3回13−14を消化しており順調。担当者の話では「週2〜3回強目を消化し、至って順調に進んでいます。態勢はほぼ整ってきており、暑さのピークが過ぎたところで移動させられればと考えています。乗り込むにつれて動きは良くなっていますので、好調子を維持したまま送り出せればと思っています。馬体も安定しており現在の馬体重は493キロです」とのこと。
(8月20日)


12日、尾関調教師は「当初はお盆明けの入厩を予定していましたが、猛暑が続いていることもあり、9月前半の暑さが和らいだ頃の入厩を考えています」とのこと。
(8月12日)


現在は週3回坂路2本中心の調整。週1回13−14を消化し、その他の日は15〜14秒ペースを乗り込んでおり順調。担当者の話では「コンスタントに強目を消化することが出来ています。暑さのピークが過ぎるお盆過ぎの移動を目指すことになっており、このまま良い状態をキープしつつ乗り込んで行きます。ペースアップしてきても馬体を維持できており、現在の馬体重は490キロです」とのこと。
(8月1日)


引き続き週2回坂路2本13−14中心の調整。7月18日、担当者の話では「この中間は14−14主体のメニューを消化しており至って順調です。移動の態勢は整ってきており、お盆明けの移動に合わせて良い状態に持っていきたいと思っています。現在の馬体重は493キロで、強目を乗り込みつつ馬体が増えているように調子はとても良く、このまましっかり乗り込んでいきます」とのこと。
(7月18日)


引き続き週2回坂路2本13−14中心の調整。7月3日、担当者の話では「13〜14秒ペースを乗り出した後も順調です。馬体も絞れつつあって良くなってきています。お盆明けの移動を目指すことになりましたので、このまま乗り込み移動の態勢を整えたいと思います」とのこと。現在の馬体重486キロ
(7月3日)


現在は週2回坂路2本13−14中心の調整。6月17日、担当者の話では「乗り込むにつれて体力も付き、この中間からハロン13〜14秒ペースで乗り出しました。順調にペースアップできており、そう遠くなく移動の話が出るかもしれません」とのこと。現在の馬体重484キロ
(6月18日)


現在は週2回坂路2本14−15中心の調整。担当者の話では「周回コースも併用し、14〜15秒ペースをコンスタントに消化しています。同様のメニューを消化しながら状態は上向いてきており、移動の話が出ればそれほど時間をかけずに態勢は整えられそうです。移動の日程等はまだ決まっていませんが、急な移動にも対応出来るよう進めていきます。馬体重も安定しており調子はすこぶる良いですよ」とのこと。現在の馬体重483キロ
(6月4日)


現在は週2回坂路2本15−15中心の調整。担当者の話では「15−15のメニューをベースに、13〜14秒ペースを乗り出しており至って順調です。馬格もありコンスタントに強目を乗り込むことが出来ていますので、当初の見通しより早めに移動の態勢が整ってくるかもしれません。このまましっかり乗り込みたいと思います」とのこと。現在の馬体重478キロ
(5月15日)


現在は週2回坂路2本(1本目17−17、2本目14〜15秒前後)中心の調整。4月20日、担当者の話では「同様のメニューを継続して乗れており、脚元も変わりなくきています。14秒台の時計も出し始めており、このペースでの手応えや反応を見ながら移動の時期を見極めていきたいと思っています」とのこと。4月中旬の馬体重474キロ
(4月20日)


4月3日撮影

現在は週2回坂路2本(1本目17−17、2本目15秒前後)中心の調整。担当者の話では「コンスタントに強目を消化し、順調に乗り込むことができています。同様のメニューを継続し、成長を促しながら進めていくつもりです」とのこと。4月上旬の馬体重479キロ。
(4月8日)


3月下旬撮影


(4月3日)


現在は週2回坂路2本(15−14)の調整とその他の日は周回コースでキャンター2500mを消化し順調。担当者の話では「周回コースも併用して豊富な乗り込み量をこなしており、至って順調にきています。コンスタントに強目を消化しつつ大分良くなってきており、夏の移動も間に合いそうですが、まだ成長のありそうなタイプなので当面はこちらで乗り込む予定です。馬体も大分絞れてきています」とのこと。3月上旬の馬体重472キロ。
(3月13日)


リフレッシュ調整を挟みつつ、引き続き週2回坂路2本(15−16)中心の調整。担当者の話では「周回コースのキャンターとトレッドミルのリフレッシュ調整を挟み、引き続き15−16秒ペースをコンスタントに消化しており順調です。体格もしっかりしており、馬っぷりと動きに頼もしさを感じます。現在のメニューは問題なく消化できておりどんどん進めていけそうですが、あまり早い時期に急かすよりじっくり進めた方が良いと思います。馬の仕上がりを見ながら移動目標を立てていきたいと思います」とのこと。2月中旬の馬体重473キロ。
(2月20日)


暮れに坂路で16秒ペースを消化し、年末年始期間はリフレッシュ調整を行った。年明けから乗り出した後も順調で、現在は週2回坂路2本(15−16)中心の調整を行っており順調。担当者の話では「週1回16秒ペースを消化するメニューから、週2回15−16のメニューへとスムーズに移行できており至って順調です。馬の状態に合わせて進めていきたいと思います」とのこと。1月中旬の馬体重479キロ。
(1月20日)

ページ上部へ

2019年

11月下旬撮影

現在は、週2回坂路2本(17−16)を消化しており、周回コースのメニューも組み合わせて調整中。担当者の話では「リフレッシュ調整を挟みつつペースアップしており16秒台で乗り出しました。上背もありしっかりした体付きで、馬体減りも見られず良い感じに進んでいます。順調なら年末の時点で16秒を切る位のメニューに到達できるのでは」とのこと。12月中旬の馬体重485キロ。
(12月23日)


11月26日撮影

現在は週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニュー。担当者は「2本乗るときの2本目は17−18ペースを消化しており、一番進んでいる組のメニューです。1本の日は周回コース1500mのキャンターを組み合わせてじっくり乗り込んでいます。体力があり17秒ペースまで順調に進められましたし、見栄えも良く、ここまで良い感じで進んでいます。更に乗り込み、動きに力強さを加えていきたい」とのこと。11月下旬の馬体重480キロ。
(12月5日)


9月19日よりノーザンファーム空港牧場で育成中。初期馴致を終え10月中旬から坂路入りしており順調だ。牧場担当者は「まずは馬場見せ程度に20−20ペースで登坂させました。10月下旬時点では週3回坂路へ入り週末に18−18を乗るメニューを消化し、1週間のリフレッシュ調整(ウォーキングマシン)を挟んでいます。馬場入りしてからの進み具合は至って順調ですし、ここからも体力面などを見ながら馬に合わせて進めて行きます」とのこと。10月下旬計測の馬体重は485キロ。
(10月30日)


9月14日見学ツアー時撮影

9月上旬計測
馬体重:463kg、体高:159.0cm、胸囲:179.5cm、管囲:20.1cm

9月19日にノーザンファーム空港牧場へ移動
(9月20日)


9月4日撮影


(9月5日)


パンフ使用写真

馬体重:449kg、体高:158.0cm、胸囲:177.5cm、管囲:20.0cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)