シルキークラフトの2018

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:シルキークォーツ【浄化力の高いパワーストーン。母名より連想。Silky Quartz】に決定しました。
    第2希望ハーフェンクラフト、第3希望ワンツースリーゴー。

名古屋・角田輝也厩舎
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

3月28日撮影

3月28日より弥富トレーニングセンターで調整中。30日、角田調教師から「名古屋までの長距離輸送の影響もあり、飼い喰いも落ち馬体重が440`まで減りました。先ずは、弥富トレセンの環境に慣れさせながら、馬体をフックラさせていきます」との連絡があった。
(3月30日)


25日、角田調教師は「牧場で強目の調整を開始した後も順調に調整が進んでいるとの連絡がきています。本当は、自分で調整具合を確認して移動を考えていたのですが、時期的に難しいので、今週末に入厩させて手元で状態を見極めていきます」との連絡があった。
(3月25日)


3月18日撮影

18日、牧場担当者は「ここまではウォーキングマシーン40分の後、500bのハッキングでウォーミングアップを行い、直線ウッドコース(1,000b)2本を18-20のペースで乗り込んできました。馬に体力も付き、動きに余裕も出てきました。今週から坂路で強目(15-15)の調教も開始しています」とのこと。馬体重は465`。
(3月18日)


2月15日撮影

19日、牧場担当者は「引き続き、直線ウッドコース(1,000b)2本の調整です。1本目は軽目に、2本目に18-20のペースで乗り込んでいます。まだ緩さを残す馬体ですが、動きは悪くなく、このペースのまま体力強化に励んでいます。馬体重は469`」とのこと。
(2月19日)


1月16日撮影

22日、牧場担当者は「跨がり始めてからも順調に調整が進んでいます。現在は、直線ウッドコース(1,000b)2本の調整をしています。1本目を軽めで、2本目にハロン20秒位をキャンターで行っています。現在の運動量では物足りないぐらい、元気一杯です。馬体重は470`」とのこと。
(1月22日)


10日、牧場担当者は「年末から今週まではウォーキングマシーン調整のみで調整していました。馬は元気いっぱいですので、早い時間で元の調教スケジュールまで戻せると思います」とのこと。
(1月10日)

ページ上部へ

2019年

12月11日撮影

27日、担当者から「風邪の症状も治まり、軽い運動から始めています。現在は、BTCの直線ウッドコースで1,000bを軽めのキャンターを行っています。年末年始を挟み、年明けから馬の状態を見ながら調教のピッチを上げていきます」とのこと。
(12月27日)


風邪を引いたため、現在はウッドの直線1,000bを軽め(24〜25秒)1本の調整が行われている。牧場担当者は「11月後半より運動を開始して、体力も徐々に付き大分動けるようになってきましたが、この中間で風邪を引いたためペースを落としています。少し煩いところのある馬ですが、調教を進めて行く分には問題ありません」とのこと。現在の馬体重は460`。
(12月12日)


11月15日撮影

21日、牧場担当者は「馴致が終了し、軽めキャンター2,400bで調整してきました。ここに来て少し疲れが見られたので、リフレッシュを含めて2週間は跨がらずに休養させていました。休養効果もあり、馬に元気も戻ってきましたので今週から騎乗運動を再開させています。馬体重は451`」とのこと。
(11月21日)


募集時撮影

愛知ステーブルで調整中。30日、牧場担当者は「馴致も終了し、馬場でハッキング1,600bの調整を行っています。馴致開始時は煩い面を見せましたが、馬場での運動を開始してからは煩い仕草もなくなり順調に調教を進めています。馬体重は432`です」とのこと。
(10月30日)


8月19日撮影

セリ時測尺、体高155p、胸囲179p、管囲19.8p
(8月19日)