エイシンバンバの2018

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

ケイツーS在厩(大井・荒山勝徳厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

9日、牧場担当者は「年末、年始に一息入れ、リフレッシュさせました。現在は、坂路での調教を再開しています。馬体重は491`」とのこと。
(1月9日)

ページ上部へ

2019年

12月25日撮影

25日、牧場担当者は「引き続き週2回、坂路2本の調教を行っています。2本のうち1本目はハロン20秒の普通キャンター、2本目に17〜18の強めを行っています。周回コースでは、まだ全身を使いきれていませんが、坂路の走りでは自分からハミを取り上手に登坂出来ています。馬体重は491`」とのこと。
(12月25日)


12月11日撮影

今月から坂路入りを開始。週に2日坂路を2本登坂(1本目22〜23秒、2本目17〜18秒)している。牧場担当者は「周回コースではまだ非力な面がありますが、調教を積む毎に手先の素軽さは増して、坂路コースでは徐々に体全体を使えるようになって来ました。更にペースを上げることも可能ですが、化骨の進み具合もありますので、年内はこのままのペースを維持してじっくりと中身の強化に努めていきます。調教が進んできても飼い葉はしっかり食べています」とのこと。現在の馬体重は480`。
(12月12日)


11月27日撮影

周回コースをハロン20秒ペースで2,000〜3,000bのメニューを続けている。牧場担当者は「兄のルヴァンヴェールもそうでしたが、口がやや小さめでハミ受けが敏感になりやすいため、じっくりと口向きを教えていきました。大型馬でまだ体を上手く使え切れていない感じですが、乗り進めるにつれて徐々に良くなっています。ストライドは大きく、距離も兄より持ちそうな印象で、近々坂路での調教も取り入れて行く予定です。年内に速いペースまで進めたいと思いますが、化骨がやや遅いので、馬の成長に合わせながらじっくりと乗り込んで行くことも考えています」とのこと。
(12月5日)


10月30日撮影

21日、牧場担当者は「現在はハロン20秒の普通キャンターまで進めています。軽めのキャンターと合わせて2,000〜3,000bの調整です。ここまで順調に調教を積みながら、トモに筋肉も付いてきています。馬体重は484`」とのこと。
(11月21日)


募集時撮影

10月9日より、ケイツーステーブルで調整中。30日、牧場担当者は「こちらの環境にも慣れ、馬に落ち着きも出てきています。現在はハミ受けを教えながら、ダグ2,000bの調整を行っています。馬体重は484`です」とのこと。
(10月30日)


9月26日撮影

9月13日現在の測尺、体高157p、胸囲180p、管囲21.0p
(9月26日)