ローズパレード

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ローズパレード【意味:カリフォルニア州パサデナで行われる新年祝賀行事のパレード Rose Parade】に決定しました。
    第2希望フェアオークス、第3希望マカナアロハ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

グリーンウッドT在厩(栗東・森田直行厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.1)

2022年

1月7日にグリーンウッドTへ移動。19日、担当者の話では「先週までウォーキングマシン調整で様子を見て、左前球節の腫れがようやく引いてきましたので、今週からトレッドミルでの軽め調整を開始しました。今のところ問題無さそうですので、来週から乗り運動を再開出来ればと考えています」とのこと。現在の馬体重は475キロ。
(1月19日)


1月4日、森田調教師は「暮れに左前球節に腫れが出ていることが分かり、年末年始期間中は厩舎周りの運動のみで様子を見ました。レースで捻るなどしたものと思われ、骨にも問題は無く患部の腫れ感のみで、歩様にも出ない程の軽度の症状です。ただ、まだ若干腫れが残っているためいったん放牧を挟むことにしたいと思います」とのこと。7日にグリーンウッドTへ移動予定。
(1月6日)

ページ上部へ

2021年

12月25日撮影


(12月25日)


12月25日撮影


(12月25日)


12月25日撮影

12月25日(土)阪神・2歳新馬(芝1800m)に幸騎手で出走し12着。

森田調教師は「初戦は芝を試してみましたが、最後までバテてはいないものの伸びられない感じで、芝よりもダートの方が良さそうです。
幸騎手も『掻き込む走りですしダートが合いそうです』ということで、次走はダートに切り替えたいと思います。このくらいの距離のダートなら番組も多く組まれていますので、続戦するかどうか等、レース後の状態次第で検討します」とのこと。
(12月25日)


12月25日(土)阪神・2歳新馬(芝1800m)に幸騎手で出走する。
23日、森田調教師は「想定を見る限り除外無く出られそうです。順調に調整を重ねて態勢は整っており、予定通り今週のレースに幸騎手で向かいます。都合が付かず今週の調教で跨がってもらうことが出来ませんでしたが、うるさいタイプでは無いので大丈夫だと思います。調教での動きは良いですし、どういう競馬をしてくれるか楽しみです」とのこと。

栗東プール 12月 17日
12/19 助手 栗CW良      71.4-54.5-39.6-13.2 G前仕掛け
メロディーレーン(古オープン)馬なりの内0.5秒先行0.1秒遅れ
12/22 助手 栗東坂良 1カイ 53.5-39.1-25.3-12.8 一杯に追う
ライブリスマイル(新馬)一杯を0.4秒追走0.8秒遅れ
(12月23日)


12月25日(土)阪神・2歳新馬(芝1800m)に幸騎手で投票予定。
この中間も順調。16日、森田調教師は「先週末はCWチップでのコース追いを消化し、昨日は坂路で時計を出しています。コースで追った時は霧のために動きの方はよく見えませんでしたが、昨日の坂路でも時計を詰めてしっかり動けており良くなってきています。レースまでに1度は幸騎手に跨がってもらい感触を掴んでもらおうと思います」とのこと。

栗東プール 12月 10日
12/12 助手 栗CW良   85.9-70.6-55.2-40.0-13.4 馬なり余力
12/15 植野 栗東坂良 1カイ 53.0-39.2-25.5-12.6 一杯に追う
タイセイホリデー(二未勝)一杯を0.1秒追走0.4秒先着
(12月16日)


この中間も順調。12月8日、森田調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行い、4ハロン53秒9、ラスト12秒6を計時しました。既にデビューしている2歳馬と併せて同じ脚色で動いてくれましたし、デビューへの態勢も徐々に整ってきました。阪神4週目の芝1800mでのデビュー目標で進めたいと思います」とのこと。
12月25日(土)阪神・2歳新馬(芝1800m)に向けて調整する。

栗東プール 12月 03日
12/05 助手 栗CW良     73.7-57.8-42.4-13.2 馬なり余力
フォーランマリア(新馬)馬なりの外0.2秒遅れ
12/08 助手 栗東坂重 1カイ 53.9-39.9-25.4-12.6 一杯に追う
ソングフォーユー(二未勝)一杯に1.0秒先行0.4秒先着
(12月9日)


ゲート試験合格後も順調。12月2日、森田調教師は「順調に坂路調整を重ねていますが、デビューへと踏み切るにはもう少し力を付けたいところです。ここからの状態次第になりますが、あと数週間は乗り込んで年内デビューを目指す形になりそうです。今週も坂路でしっかりと併せ馬を消化していますし、このまま乗り込んでトモの強化を図りつつデビューを目指します」とのこと。

栗東プール 11月 26日
11/28 助手 栗東坂重 1カイ 58.6-42.8-28.2-14.4 馬なり余力
12/01 助手 栗東坂重 1カイ 54.1-39.4-25.6-13.1 一杯に追う
モズフェニックス(新馬)末強目を0.1秒追走0.2秒遅れ
(12月2日)


入厩後も順調。11月18日にゲート試験を受け無事に合格している。24日、森田調教師は「ゲートの出も大分上達し雰囲気も良かったので、先週の木曜にゲート試験を受け無事に合格しています。試験をクリア出来ましたので、先週日曜と本日、さっそく時計を出しています。今日は調教時間の後半の方に馬場入りしたため、馬場があまり良くなく時計がかかっていますが、動き自体は良かったと思います。ここまでゲート練習と並行して坂路登坂を重ねてきており、少しずつ動きがしっかりしてきました。ひとまずこのままデビューに向けて進めて行くつもりです」とのこと。

栗東プール 11月 20日
11/21 助手 栗東坂良 1カイ 55.2-39.8-25.1-12.6 馬なり余力
モズフェニックス(新馬)馬なりを0.2秒追走0.2秒遅れ
11/24 助手 栗東坂良 1カイ 57.5-41.7-26.7-12.7 末強目追う
フォーランマリア(新馬)一杯を0.1秒追走0.1秒先着
(11月25日)


入厩後も順調。11月17日、森田調教師は「順調に進んでおり、ゲートの出はあともう一歩といったところまで来ています。もう少し練習が必要な感じもありますので、試験を受ける日にちは今週の練習状況や馬の雰囲気を見て判断します」とのこと。

11/14 助手 栗東坂良 1カイ 56.5-40.6-26.4-13.4 馬なり余力
モズフェニックス(新馬)馬なりを0.2秒追走0.2秒遅れ
(11月18日)


入厩後も順調。11月10日、森田調教師は「ゲート練習は順調に進んでいます。ゲートから出るところまで進めてきており、まずまずのタイミングで出られるようになってきました。今週一杯はこのまま練習を重ね、早ければ来週あたりに試験を受けられるかもしれません」とのこと。

11/07 助手 栗東坂良 1カイ 61.5-44.6-29.3-14.8 馬なり余力
(11月11日)


入厩後も順調。11月3日、森田調教師は「こちらに来てからも特に問題は無く、さっそくゲート練習を始めています。まだ始めたばかりで、ゲートに入って駐立し軽く出す程度の内容ですが、今のところ問題無く進めることが出来ています」とのこと。
(11月3日)


グリーンウッドTで調整中。10月26日、森田調教師から「移動後も問題は無く、到着してから順調に調整を進めているようです。明日の検疫が取れましたので入厩させます」との連絡が入った。

<入厩のため受付は終了いたしました>
10月27日入厩のため、お申し込みは締め切らせて頂きました。
(10月26日)


10月17日にグリーンウッドTへ移動。20日、担当者の話では「熱発なども無く無事に到着しています。到着時の馬体重は478キロで、輸送でそれほど大きく減らすこともありませんでした。こちらに着いてからも飼い葉はよく食べていますし問題ないと思います。既に乗り運動も再開しており、馬場コース2000mと坂路1本17−17中心のメニューを消化しています。このまま入厩に向けて進めて行けそうです」とのこと。

<入厩に向けて栗東近郊へ移動しました>
お申し込みは入厩前に締め切らせて頂きます。諸事情により急遽締め切ることもございますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(10月20日)


社台ファームでは週3回坂路入りしコンスタントに強目を消化。10月15日出発の便でグリーンウッドTへ移動する。

15日、森田調教師は「11日に牧場で馬を見てきました。テンションが落ち着いてきたことで移動への最終調整も順調に進み、馬体はすごく良くなっていました。動きにキレも感じるようになり、ここにきての良化は目立っていました。体も絞れて見えましたので、グリーンウッドT到着後も問題が無ければ、早めの入厩を考えたいと思っています。兄も走っていますし、大変楽しみです」とのこと。
(10月15日)


9月29日、12.5-11.8-13.3

現在は週3回坂路入りし、坂路を登坂した後に周回コースでキャンター1000mのメニュー。
牧場担当者は「左前蹄の歩様はもう問題なく、乗り運動再開後もしっかりと乗り込むことが出来ています。17日から時計を出し始め、29日には12秒を切るメニューも消化し、手応え良く坂路を駆け上がっています。速め調教を繰り返すことで馬体、毛艶含めて良化しており、引き続き強め調教を課して状態を上げていきます。現在の馬体重は497キロです」とのこと。
(10月7日)


9月17日、17.4-15.8-15.0

現在は週3回坂路入りし、うち2回は登坂後に周回コースでキャンター2500mのメニュー。
牧場担当者は「順調に強目を消化してきて、9月11日に左前蹄内側の歩様に違和感があり、先週4日間ほどウォーキングマシンの調整に留めて様子を見ました。歩様はすぐに改善しましたので、騎乗を再開し、17日には坂路で時計を出すことが出来ています。ここから再度強目を乗り込み、状態を上げていきたいと思っています。現在の馬体重は494キロです」とのこと。
(9月21日)


8月16日、15.8-15.8
8月20日、14.2-12.1-12.8
8月24日、15.7-14.9-14.9、A14.2-13.3-13.1
8月30日、15.9-14.9-14.3
9月03日、14.8-14.5、A15.1-14.4-14.1

現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂のメニュー。
牧場担当者は「3F40秒程度をコンスタントに消化できています。ようやく筋肉も張ってきて見た目に良いシルエットになってきました。追い切りの合間に15−14を重ねるメニューも問題なく消化し、全体的に丈夫になってきた感触があります。目立っていた発汗量も普通になってきましたし、良い気配が出てきました。今週も3F40秒を消化させたいと思います。現在の馬体重は488キロです」とのこと。
(9月6日)


7月31日、15.1-13.0-12.6
8月06日、14.7-14.4-13.6
8月09日、15.7-15.7
8月11日、15.6-13.2-12.8

現在は週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドチップコースでキャンター調整を消化。
牧場担当者は「コンスタントに坂路調整を消化できています。ラストが甘くなりがちなので、常に終いに脚を使わせることを意識して乗り込んでいます。この中間はその意図を馬自身が理解してくれているような動きを見せています。11日の坂路調整では3頭併せで最先着し良い動きでした。先週までかなり暑い日が続いたので調整が難しかったのですが、コンディションを維持して状態は上向きです。現在の馬体重は478キロです」とのこと。
(8月16日)


7月15日、15.6
7月23日、15.7
7月24日、14.5-13.8
7月28日、15.8-14.1

現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂。
7月31日、牧場担当者は「舞い上がりやすく発汗も多めなので、隔週で強目を消化させるようにして疲労感を残さないよう注意しています。まだラスト1ハロンの伸びが甘い感じはあるものの、少しずつ脚の使い方をマスターしつつあるところですし、ここから負荷を上げて仕上げていきます。秋入厩に向けてピッチを上げます。現在の馬体重は487キロです」とのこと。
(7月31日)


6月30日、14.4-14.0
7月02日、15.6-15.4
7月03日、15.8-15.0
7月05日、15.4
7月16日、15.7-15.0-12.9

現在は週3回坂路入りし、坂路登坂後に周回ウッドチップコースでキャンター2000m。坂路入りしない日は周回コースでのキャンターとトレッドミル調整を行っており順調。
7月16日、牧場担当者は「やや気が入っている様子なので、この中間は週3回の登坂にセーブしています。時計的には充分な動きが出来ていますが、舞い上がりやすいので注意が必要です。メンタル面を課題としじっくりと進めていきます。現在の馬体重は495キロです」とのこと。
(7月16日)


6月28日撮影

牧場担当者は「これまで発汗も多かったのですが、ここにきて落ち着きが出て普段の調教からスムーズに行うことが出来ています。時計も徐々に詰めていますし、大分軌道に乗ってきた印象です。リラックス出来ていることでボリュームある馬体をキープしているので、今後も乗り込んで強化していきたいと思います。現在の馬体重は494キロです」とのこと。
(7月2日)


6月28日撮影


(7月1日)


6月28日撮影

6月05日、15.3-14.3
6月09日、15.2
6月10日、15.3-12.8
6月12日、15.6
6月14日、15.7

週4回坂路入りし、4回とも坂路登坂後に周回ウッドチップコースに入ってキャンター2000mを乗る強化メニュー。
牧場担当者は「10日の坂路調整では、1〜2ハロン目を抑え気味に来た分もありますが、3ハロン目12秒8のラップでも十分な余裕がありました。やや気がはやり気味で発汗も多いタイプですので、今しばらくは15−14をベースにして心身を上手くマッチさせることを優先して進めていくつもりです。現在の馬体重は490キロです」とのこと。
(6月17日)


5月25日、15.7
5月27日、15.5-14.2
6月02日、14.8-13.0

週4回坂路入りし、4回とも坂路登坂後に周回ウッドチップコースに入ってキャンター2000mを乗る強化メニュー。
牧場担当者は「先日、森田調教師が来場し、状態を確認してもらったところ『もう少し体にメリハリが付いて欲しいなぁ』という話がありました。6月2日には想定ラップより速いラスト13秒を計時して、ギアの上がり方も軽快でしたし、このまま乗り込みピリッとするよう仕向けていければと思っています。やや気がはやって気持ちに体が付いてきていない感じで、心身両面の成長が必要な印象もありますが、時計的には十分な負荷がかかっていますし、成長と集中を促しながら乗り進めていきます。現在の馬体重は483キロです」とのこと。
(6月3日)


5月05日、15.9-15.3
5月07日、15.8
5月11日、14.9-13.9
5月20日、14.8-12.7

週1〜2回坂路で時計を出しており順調。その他の日は周回コースやトレッドミルを織り交ぜて調整を進めている。
牧場担当者は「まだ体を使い切れていない印象はあるものの、コンスタントに坂路入りして時計を出しています。調教時の発汗が目立ち、落ち着きを欠く面がありますので、しばらくは2ハロンを強目に乗る程度にして集中力を持続させることに重点を置きたいと思っています。ハミをしっかり受けさせて姿勢良く走らせることを念頭に置き取り組んでいきます。20日の終い1ハロンは好反応でしたし、良いイメージを持って走れるようじっくり進めます。現在の馬体重は485キロです」とのこと。
(5月21日)


4月9日撮影

馬なりでの調整を続けており、坂路1本を週3回とその他の日は周回ウッドコースやトレッドミルを併用している。
牧場担当者は「調教時の発汗が目立ち、落ち着きを欠く場面も見られるため強目の調教は控えています。疲れは抜けているものの、精神面が安定してくるまでは今暫く馬なり調整を続け、状態を整えていきます。現在の馬体重は476キロです」とのこと。
(4月26日)


3月24日撮影

3月24日、15.1-13.2(撮影時)

週3回坂路入りし、うち2回は登坂後に周回コースでキャンター2000mの強化メニューと、その他の日は周回ウッドチップコースやトレッドミルでのキャンター調整を継続中。
牧場担当者は「動画撮影では力強い動きで上手く加速することが出来ていました。ただ、その時の反動が出たようで少し疲れが見られましたので、その後は馬なりでセーブしています。少し成長が緩やかな印象なので、しばらくは馬の状態に合わせながらじっくり取りかかっていきます。現在の馬体重は472キロです」とのこと。
(4月5日)


3月中旬撮影

現在は週3回坂路入りし、うち2回は登坂後に周回コースでキャンター2000mの強化メニューを継続。その他の日は周回ウッドチップコース2000mのキャンターやトレッドミルでの調整。
牧場担当者は「この中間は15−15をコンスタントに消化しています。力任せに走る傾向のため、ゴールに向けて徐々に脚が使えるように加速ラップを意識して乗り込んでいます。現在の馬体重は477キロです」とのこと。
(3月22日)


現在は週3回坂路コースに入り3F18−17−16秒ペースで登坂し、そのうち1回は登坂後に周回コースでキャンター2000mの強化メニューを開始。他の日は周回ウッドチップコース2000mのキャンターやトレッドミルでの調整。2月3日には坂路でF15.4秒をマークしている。
牧場担当者は「調教負荷を上げながらも、馬体重は先月より増えた状態で安定しています。前進気勢があってもムキにならず折り合えていますが、現状ではワンペース気味に走っているため、終いを伸ばしながら決定力に磨きをかけています。現在の馬体重は475キロです」とのこと。
(2月17日)


現在は週3回坂路コースに入り3F18−17−16秒ペースで登坂し、登坂後に周回コースでキャンター2000mの強化メニューを週2回に増やしている。その他の日は周回ウッドチップコース2000mのキャンターやトレッドミルでの調整。
牧場担当者は「調教負荷を高めることで乳酸値が上がり、それに耐えうる体力を付けつつ順調にペースを上げることが出来ています。やや力任せでワンペースになりがちな面は、引き続き折り合いに専念して日々調教を行っています。終いの伸び脚を覚えさせながら、ハロン15−14も織り交ぜて行く予定です。現在の馬体重は480キロです」とのこと。
(3月8日)


現在は週3回坂路コースに入り3F18−17−16秒ペースで登坂し、そのうち1回は登坂後に周回コースでキャンター2000mの強化メニューを開始。他の日は周回ウッドチップコース2000mのキャンターやトレッドミルでの調整。2月3日には坂路でF15.4秒をマークしている。
牧場担当者は「調教負荷を上げながらも、馬体重は先月より増えた状態で安定しています。前進気勢があってもムキにならず折り合えていますが、現状ではワンペース気味に走っているため、終いを伸ばしながら決定力に磨きをかけています。現在の馬体重は475キロです」とのこと。
(2月17日)


現在は週3回坂路コースに入り3F18−17−17秒ペースと、その他の日は週1〜2回のトレッドミルでのキャンターやウォーキングマシン調整を行っている。
牧場担当者は「坂路調教を行った後に脚が上がらなくなるなど疲労感を見せるため、次の日は騎乗せずにトレッドミルやウォーキングマシンでクールダウンさせています。現状はこの調整があっているようで、馬体も安定しコンディションは悪くありません。現在の馬体重が464キロと微増してますが、少しナーバスな面が有り飼い葉喰いももう少し欲しいところです。トモの踏み込みを強化しつつ、うまく体重を増やしていきたいですね」とのこと。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

11月下旬撮影

左前の骨瘤は治まり、現在は週2回坂路コースでF20−18秒ペースのキャンターと、その他の日は周回ウッドチップコースでキャンター2000m、トレッドミルでのキャンターを行っている。
牧場担当者は「走りにまとまりが出て、フォームが形になってきました。馬体重も先月に比べ増加し、筋肉の張り出しも良くなって来ています。どんどん良くなっている最中なので、これからの変わり身に期待が持てますね。馬体重は458キロです」とのこと。
(12月22日)


現在は周回ウッドチップコースで2000〜2400mのキャンター中心のメニュー。牧場担当者は「左前肢に骨瘤が見られ、痛みや熱感はありませんが注意をしながら進めています。馬のかたちは良くなって来ていますし、柔軟性も感じるので、背腰にもう少し芯が入りパワーアップしてくれば、今後一気に上昇してくるでしょう。近々坂路入り開始して調教レベルを上げて行く予定です。現在の馬体重440キロです」とのこと。
(11月27日)


引き続き夜間放牧を行いながら、日中に馴致場での駆け足訓練中。牧場担当者は「調教を進めて行くにつれて少し我の強さが出てきました。強めの扶助に抵抗するシーンが見られるので、強制的に動かさず当たりを柔軟に接することを心がけています。元が素直なタイプであるため、上手く前進気勢を引き出せれば終始スムーズに走れています。その点をコントロール出来る騎乗者に跨がってもらうようにしています。馬体重は454キロです」とのこと。
(10月28日)


放牧を継続しながら、日中に乗り馴らし訓練を行っている。牧場担当者は「人の指示に大人しく従うことが出来ていて、馴致場では両手前癖なくスムーズにキャンターが出せています。馬体重は455キロです」とのこと。
(10月1日)


9月22日撮影

9月16日に社台ファームへ移動。馴致を開始しており順調。9月初旬の馬体重は439キロ。
(9月23日)


パンフ使用写真

馬体重:431kg、体高:154.0cm、胸囲:170.0cm、管囲:20.1cm
(8月上旬)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)