ジェシカの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ロカビリークイッフ【意味:英国男性のヘアスタイル。母母名から連想 Rockabilly Quiff】に決定しました。
    第2希望ジェネレータ、第3希望フールビリーバーズ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(栗東・音無秀孝厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

6月13日撮影


(6月13日)


6月13日撮影

週2回坂路2本15−14のメニューをコンスタントに乗り込まれ、6月最初の週は周回コースでハロン24秒程度のキャンター調整を行いリフレッシュ中。
担当者は「移動に向けて順調に乗り進めてきて、今週は軽めの調整を行っています。ここでリフレッシュを挟み、移動に向けた最終調整に入ることになると思います。まだ日程は決まっていませんが、6月中の移動目標で進めています。

<トレセン近郊へ移動予定>
入厩に向けて6月にトレセン近郊へ移動予定です。
(6月3日)


現在は週2回坂路2本15−14のメニュー中心に乗り込んでおり順調。
担当者は「引き続き順調です。先月には13〜14秒ペースまで乗り進めて移動への態勢は整ってきましたので、今後の輸送を視野に入れて、あまり攻めすぎないよう現在は14〜15秒ペース中心に乗り込んでいるところです。休むこと無く強目をコンスタントに消化できていますし体調面も安定しています。6月の移動を目指してこのまま乗り込んでいきます。現在の馬体重は466キロです」とのこと。6月の移動に向けてこのまま強目をしっかりと乗り込んでいく。
(5月14日)


4月9日撮影

現在は週2回坂路2本のメニュー中心に乗り込んでおり、この中間から週1回13〜14秒ペースを乗り出し順調。
担当者は「移動に向けて13〜14秒ペースを乗り出しました。来場した音無調教師とも『6月頃の移動で』と話をしており、入厩に向けてこのままどんどん進めて行きたいと思っています。乗り込むにつれて馬体が引き締まり良くなってきていますし、健康面に不安な点は無く至って順調です。現在の馬体重は465キロです」とのこと。6月の移動に向けてこのまま強目をしっかりと乗り込んでいく。
(4月26日)


3月26日撮影

現在は週2回坂路2本(1本目15〜16秒、2本目に14秒ペース)中心の調整。その他の日は周回コースで2500mをじっくりと乗られており順調。
担当者は「ペースアップ後も問題は無く、週2回コンスタントに14秒ペースを消化し始めています。馬体も安定していますし至って順調ですが、まだ成長を見せていますのでもうしばらくはこのままこちらで乗り込む予定です。6月の移動を目指して進めていきます。現在の馬体重は474キロです」とのこと。夏前の移動に向けてこのまま強目をしっかりと乗り込んでいく。
(4月5日)


3月中旬撮影

現在は週3回坂路2本(15−14)中心の調整。
担当者は「引き続き週3回坂路入りしコンスタントに強目を消化しています。3月2週目から15〜14秒ペースを乗り始めており、その後も特に問題は見られません。6月の移動を目標にこのままどんどん進めて行きたいと思います。現在の馬体重は479キロです」とのこと。具体的な移動目標も立ってきており、このまま強目をしっかりと乗り込んでいく。
(3月29日)


現在は週3回坂路2本(15−15)中心の調整。
担当者は「現在は週3回坂路入りし、2本目に15−15をコンスタントに消化できています。16〜15秒ペースを乗り込んできても馬体は安定しており、このまま順調であれば6月の移動も可能だと思われます。ただ、ここにきても緩やかな成長を見せていますので、馬の状態やその時の成長具合によっては少し様子を見て判断することになるかもしれません。いずれにしても現状は大変順調に進んでいます。現在の馬体重は483キロです」とのこと。具体的な移動目標も立ってきており、ここからどんどん進めていく。
(3月8日)


現在は週3回坂路2本(16〜15秒)中心の調整。2月2週目からは週に1回程度15−15を消化し始めており順調。
担当者は「コンスタントに16〜15秒ペースを乗り込めるようになり、この中間から15−15を開始しています。今のところ馬体も減らずに安定しており、疲れなどが出なければ徐々に15−15中心のメニューへと移行していきたいと思います。現在の馬体重は489キロです」とのこと。
(2月17日)


年末年始期間にウォーキングマシン中心の調整を挟んでリフレッシュ。現在は週2回坂路2本(17−16)、週1回周回コース+坂路1本(17−16)中心の調整を行っており順調。
担当者は「リフレッシュ期間中に馬体が増えて状態は良好です。年明けからは登坂本数を増やし16秒台もマークし始めており、ペースアップ後も問題は無く継続して乗れています。馬の状態を見ながらで進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は488キロ。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

11月下旬撮影

リフレッシュ調整を挟みつつ、週2回坂路2本17−17中心の調整。担当者は「17−17に移行した後も馬体を維持しており至って順調です。年内は同内容で乗り込み、年末年始期間にリフレッシュ調整を挟む予定です。馬体も安定していますし良い感じで進んでいます」とのこと。現在の馬体重は472キロ。
(12月22日)


馴致を終え10月中旬から坂路馴致を開始。現在は週2回坂路2本18−17を乗り出しており順調。担当者は「先月末から坂路1〜2本のメニューを乗り出し、現在は坂路2本をコンスタントに乗り込むことが出来ています。乗りながら馬体が増えているのも好感触ですし、どんどん進めていけそうです」と担当者。11月中旬の馬体重は471キロ。
(11月27日)


移動後も問題は無く、環境に慣らしつつロンギ場とウォーキングマシンでの初期馴致を開始している。担当者は「馴致を開始して少し体は減りましたが、すぐに回復してくると思います。気性面は特に問題無く騎乗に向けて進めていきます。10月中旬での馬体重は457キロです」とのこと。
(10月28日)


10月15日にノーザンファーム空港牧場へ移動している。環境に慣らしつつ馴致を開始する。
(10月22日)


レイクヴィラファームで初期馴致を行い、鞍着けとドライビングを終え、騎乗訓練へと進めている。場長は「現在は口向きをメインに騎乗訓練を行っています。ノーザンファーム空港牧場へ移動後に、いつでも騎乗調教へ移れるように、準備を進めています。現在の馬体重は461キロです」とのこと。
(10月1日)


引き続きレイクヴィラファームで育成中。9月上旬の馬体重452キロ。
(9月23日)


パンフ使用写真

馬体重:433kg、体高:158.0cm、胸囲:174.0cm、管囲:20.0cm
(8月上旬)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)