エレンシアの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:エレダール【意味:受け継ぐ(西)。母を受け継ぐ跡取り息子として。母名から連想 Heredar】に決定しました。
    第2希望ケミストリー、第3希望サルヴァトーレ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

チェスナットファーム在厩(栗東・杉山晴紀厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

現在はBTCの1周600mダートコースで2周半キャンター(F20秒)と、屋内直線1000mコースでのキャンター(F20秒)を中心に、週末には坂路コースでF16秒の強めを消化しペースを上げて乗り進めている。
担当者は「馬体重は大きく変わりありませんが、順調に筋肉量も増えてきています。普段はチャカチャカして元気一杯な男の子といった印象ですが、調教中は真面目に走り、相変わらずの素軽い動きを見せてくれています。坂路でも15秒ペースまで上げられそうですし、このまま順調なら夏前移動の声もかかると思います。馬体重は480キロです」とのこと。
(3月8日)


2月中旬撮影

BTCで調整中。1月20日頃から坂路入りを開始しており、現在は週1回坂路で18秒ペースを消化し、その他の日はBTCの様々な馬場を使って変化を持たせつつ、20秒ペース中心にじっくり乗り込んでいる。
担当者は「以前にも増して筋肉の張り感が良くなり、全体的なボリューム感も増してきています。現在のペースでは物足りないとばかりに、エネルギッシュに動くことが出来ています。動きはとても素軽く、良いものを持っていそうです」とのこと。
(2月17日)


1月中旬撮影

12月31日から1月1週目までリフレッシュ調整を挟み、軽目から徐々に調整を立ち上げている。
担当者の話では「年末年始期間もトレッドミル調整を行い、しっかり運動させながらリフレッシュさせました。現在は直線1000mウッドコースで3000m(ダクと20秒ペースのキャンター)のメニューを消化しており、月末くらいから坂路入りする予定です。環境にも慣れて調教にも落ち着いて取り組めていますし、この中間に馬体が増えたのも好材料です。このまま進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は473キロ。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

12月下旬撮影


(12月28日)


11月下旬撮影

11月中旬からBTCに入場しており、現在は直線1000mウッドコースで20−20中心に、週1回18秒を切るメニューを消化しており順調。担当者は「動きが軽く、背中の感触も上々です。少しテンションが高い面も見られますが、気性自体は素直で今のところ問題は見られません。乗り進めてきて筋肉が付き、馬体重も460キロに増えています」とのこと。
(12月22日)


現在はトラックコースでハッキング2000〜2500mの調整。担当者は「フットワークが軽く、スピードありそうです。少しテンションの高い面は見られましたが、環境に慣れるにつれて落ち着きが出てきました。現状は少し細身の体付きですが、気持ちと体のバランスが取れてくれば馬体は更に増えてくれそうですし心配はしていません」とのこと。近々BTCでの調整を開始予定。11月中旬の馬体重は446キロ。
(11月27日)


初期馴致とロンギ場での騎乗調整を経て、現在はトラックコースでハッキング2000m程度の調整を行っており順調。担当者は「やや細身の馬体をしていますが、動きにバネがあり、非常に良いフットワークを見せてくれています。スピードがあり、背中の感触も良好です。馬体もこれから増えてきそう。現在の馬体重は429キロです」とのこと。
(10月29日)


入場後は直ぐ環境にも慣れ、初期馴致を開始している。牧場担当者は「扱い易い性格で、来週にも騎乗訓練へと進めて行けそうです。馬体のバランスが良く、父産駒としてはスマートな体型でメリハリのある体つきです。現在の馬体重は428キロです」とのこと。
(10月1日)


9月26日撮影

9月26日にチェスナットファームへ移動。9月上旬の馬体重は445キロ。
(9月26日)


パンフ使用写真

馬体重:428kg、体高:154.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:20.0cm
(8月上旬)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)