ジャドールの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・田中博康厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2020年

11月に入り、坂路でのキャンターも行い乗り進めてきたが、左前の歩様に硬さが見られたため騎乗を控えてウォーキングマシン調整を行っていた。その後、13日に左後肢に挫跖を発症し現在は治療を行い様子を見ている。
牧場担当者は「左前の歩様については、肩か肘の辺りに違和感があり、無理せずケアを優先して調整していました。左後肢の挫石は2か所が膿んでいるようで痛みが強く、蹄をかばっている様子のため無理は出来ません。排膿できていますがまだ完全ではなく、完治までは運動量を抑えて調整します。膿が抜け切ってしまえば問題無いですし、状態を見ながら元のペースに戻していきたいと思います」とのこと。11月中旬時点の馬体重480キロ。
(11月27日)


乗り馴らしを終え、現在は週2回坂路コースでF20秒ペースのキャンター、週2回ウッドチップ周回コースでのキャンター、週2回トレッドミル調整のメニューまで進めている。牧場担当者は「背腰に緩さがあるので、後肢をしっかり踏み込ませることを常に意識して動かしています。坂路調教では終盤にばらつく面があり、前後の連動がまだ上手く出来ていないため、トレッドミル調整の日は傾斜をつけて、後肢の可動域を広く使えるように意識して行っています。馬体重467キロです」とのこと。
(10月28日)


夜間放牧を行いながら、厩舎内で乗り馴らし訓練を行っている。牧場担当者は「少し体の使い方に緩さを感じますが、問題無く進められています。状態を見て調教厩舎へ移動し、本格的な調教へと移行してきます。馬体重は472キロです」とのこと。
(10月1日)


9月22日撮影

9月8日に社台ファームへ移動。馴致を開始しており順調。9月初旬の馬体重は471キロ。
(9月23日)


パンフ使用写真

馬体重:454kg、体高:154.0cm、胸囲:173.0cm、管囲:20.3cm
(8月上旬)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)