アースサウンドの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:スウィートプロミス【意味:甘い約束 Sweet Promise】に決定しました。
    第2希望ニネット、第3希望ジェネシスアリア
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

チェスナットファーム在厩(美浦・尾関知人厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

現在はBTCの1周600mダートコースで2周半キャンター(F20秒)と、屋内直線1000mコースでのキャンター(F20秒)を中心に、週末には坂路コースでF16秒の強めを消化しペースを上げて乗り進めている。
担当者は「じっくり乗り進めてきたことでハミ受けも安定し、順調にペースを上げています。前進気勢のある走りは変わらずに、バネのある背中とスピード感に優れた走りを見せています。詰まり気味だった体型から少しずつ胴も伸びてきていて、まだまだ成長しそうな雰囲気を感じさせます。坂路でも15秒ペースまで上げられそうですし、兄姉に比べて仕上がりは早そうです。先日尾関調教師が来場した際も、良い感触を持ってくれていました。馬体重は470キロです」とのこと。
尾関調教師からは「3月に入り本馬を確認しに行きました。兄のサウンドトラックともタイプが異なり、芝でも走れそうな印象で楽しみですね」との連絡が入っている。
(3月8日)


2月中旬撮影

BTCで調整中。1月20日頃から坂路入りを開始しており、現在は週1回坂路で18秒ペースを消化し、その他の日はBTCの様々な馬場を使って変化を持たせつつ、20秒ペース中心にじっくり乗り込んでいる。
担当者は「18秒ペースも乗り出していますが、性格的にカリカリしやすい面があるので、あまり急かさないよう注意して進めています。前進気勢に優れているが故にハミの取り方が安定しないところはありますが、体を大きく使った動きが出来ており、見た目も馬格以上に大きく見せています。兄や姉ともタイプが異なり、この馬らしい良さをどんどん際立たせていきたいと思っています」とのこと。
(2月17日)


1月中旬撮影

12月31日から1月1週目までリフレッシュ調整を挟み、軽目から徐々に調整を立ち上げている。
担当者の話では「年末年始期間もトレッドミル調整を行い、しっかり運動させながらリフレッシュさせました。現在は直線1000mウッドコースで3000m(ダクと21〜22秒ペースのキャンター)のメニューを消化しており、月末くらいから坂路入りする予定です。馬体重に大きな変化は無いものの、脂肪が筋肉に置き換わった感じで、馬体の成長は感じられますし体型は良くなっています。成長を促しながら乗り込んでいきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は468キロ。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

12月下旬撮影


(12月28日)


11月下旬撮影

馬場での乗り馴らしを終えて、12月初めからBTCに入場。現在はフラットワーク中心の調整を行いつつ、週1回直線1000mウッドコースで20−20を消化しており順調。担当者は「ロンギ場でのフラットワークや横木通過で体の使い方を教えつつ、馬場での調整も開始しています。まだ軽目のところを乗り出したばかりですが、なかなか良い動きを見せていますし、兄とも姉とも違ったタイプに出ていて、どういう走りをするのか今から楽しみです。気性も素直です」とのこと。馬体重は467キロ。
(12月22日)


初期馴致とロンギ場での乗り馴らしを終え、11月中旬よりトラックコースで軽く乗り出している。担当者は「馬場見せ程度の調整からハッキング調整へと移行し、馬場での乗り運動に慣らしていきます。まだ軽目の調整ですが動きは悪くなく、兄姉の同時期よりも体がしっかりして身が詰まっている印象です。緩さもあまり感じさせず、広い馬場で乗り出すのが楽しみですね」とのこと。11月中旬時点の馬体重457キロ。
(11月27日)


移動後も問題は無く、初期馴致を開始している。担当者の話では「移動後も落ち着いており、すぐに環境に馴染んでくれました。コンディションも良好で、順調に馴致を進めているところです。馬体重は456キロです」とのこと。
(10月28日)


10月14日撮影

10月14日にチェスナットファームへ移動。移動後も問題は無く、ここから馴致を開始する。
(10月14日)


9月27日撮影

引き続きハシモトファームで育成中。9月19日現在の馬体重は465キロ。
(9月28日)


パンフ使用写真

馬体重:444kg、体高:156.0cm、胸囲:176.0cm、管囲:19.8cm
(8月上旬)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)