ティアラトウショウの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ヴァロンダンス【意味:「波」という意味を持つ人名より+ダンス。はずむような舞う動きを連想 Valon Dance】に決定しました。
    第2希望クイーンメアリー、第3希望ラグレア
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(美浦・宗像義忠厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

引き続き週2回坂路2本(17〜16秒)中心の調整を行っており順調。
担当者は「同様のメニューで乗り込んでおり、この馬なりに順調に調整を進めることが出来ています。前回の馬体増はリフレッシュ調整を挟んでのものでしたが、今回は乗りながら馬体が増えてくれたように、状態は大分良くなってきていると思います。まだ成長途上でもあり、もう少し馬体が増えるまで同様のメニューで成長を促しながら進めるつもりです。現在の馬体重は421キロです」とのこと。
(3月8日)


2月初めに1週間のリフレッシュ調整を挟み、現在は週2回坂路2本(17〜16秒)中心の調整を行っており順調。
担当者は「コンスタントに坂路で乗り込んできて、少し減り気味だった馬体を回復させるためリフレッシュ調整を挟みました。体調面に問題は無く、2月2週目から坂路調整を再開しています。成長を促すため、坂路入りしない日は周回コースで時間をかけて乗り込み、坂路でも普通キャンター中心にジックリ乗り込むことにしたいと思います。現在の馬体重は419キロです」とのこと。
(2月17日)


年末年始期間にウォーキングマシン中心の調整を挟んでリフレッシュ。現在は週2回坂路2本(17−16)と、週1回周回コース+坂路1本中心の調整を行っており順調。
担当者は「リフレッシュ期間中に体をフックラさせて425キロまで増えていたのですが、乗り出して少し減ってしまい現在411キロです。コンスタントに乗り込むことはできていますが、馬体が減らないように注意しながらじっくり進めたいと思います」とのこと。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

11月下旬撮影

徐々にペースアップしており、現在は週2回坂路2本16−17秒中心の調整。担当者は「坂路メインで順調に乗り込んでおり、ハロン16秒のペースに到達しています。現在の馬体重は421キロで、少し馬体が減り気味なため、年末年始に向けて少し早めのリフレッシュ調整に入るかもしれません。一息入れている期間に馬体重は十分回復できると思います」とのこと。
(12月22日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。現在は週2回坂路2本18〜17秒を消化しており順調。担当者は「コンスタントに17秒ペースを消化できており、1日の登坂本数も2本に増やしています。馬体に合わせてリフレッシュ期間を挟みつつ進めていきます」とのこと。11月中旬の馬体重は430キロ。
(11月27日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。9月中旬より坂路入りしており、リフレッシュ調整を挟みつつ、週1〜2回坂路1〜2本19〜17秒ペースを消化。担当者の話では「登坂本数は馬の状態に合わせて増減していますが、この中間には17〜18秒ペースも乗り出しており順調にきています。現在の馬体重は443キロで、乗りながら馬体重も増えて状態は良好です」とのこと。
(10月28日)


9月22日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。9月中旬から坂路入りしており順調。担当者は「馬場のスクーリングを終えて、週2回坂路2本を18秒までのペースで登坂し始めています。今のところ至って順調に進めることが出来ています」とのこと。9月末の馬体重は428キロ。
(10月1日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。初期馴致、ロンギ場、周回コースでの騎乗を経て、9月中旬から坂路入りしている。担当者は「周回コースと併用し、スクーリングを兼ねて軽目キャンターで登坂させています」とのこと。9月中旬の馬体重は437キロ。
(9月23日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。初期馴致を終え、ロンギ場での騎乗を開始している。9月3日現在の馬体重は424キロ。
(9月3日)


パンフ使用写真

馬体重:408kg、体高:155.0cm、胸囲:176.0cm、管囲:19.5cm(8月上旬)

8月6日にノーザンファーム空港牧場へ移動。初期馴致を開始しており順調。8月20日現在の馬体重は426キロ。
(8月21日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)