ウィズザフロウの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ウィズザタイムズ【意味:時代とともに。母名より連想。一時代を築くほどの活躍を願って With the Times】に決定しました。
    第2希望ライクアストリーム、第3希望リュール
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(美浦・竹内正洋厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

6月13日撮影


(6月13日)


6月13日撮影

週3回坂路2本(16〜15秒)中心の調整。週末には坂路で14〜15秒ペースを乗り出しており順調。
担当者は「移動に向けて順調にペースアップしており、週に1回、坂路の2本目に14〜15秒を消化させています。ペースアップにも対応してしっかり動けていて良くなってきています。強目を乗って馬体が締まり、良い感じの体付きになってきました。6月下旬の入厩に向けた最終調整に入っています。現在の馬体重は458キロです」とのこと。
竹内調教師から「6月の後半頃の入厩を予定しています」との連絡が入っており、移動に向けて調整する。

<6月下旬に入厩予定>
6月下旬の入厩に向けて調整中です。お申し込みは入厩前に締め切らせていただきます。諸事情により急遽締め切りとなる場合もございますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(6月3日)


28日、竹内調教師から「牧場から順調に調整が進められていると聞いていますので、6月の後半頃に厩舎へ入厩させて、ゲート試験に向け進めたいと考えています」との連絡が入った。
(5月28日)


週3回坂路2本(16〜15秒)、その他の日は周回コース2500mと坂路1本のメニューや、周回コースメインのメニューで調整中。この中間も順調に乗り込まれ、今週はトレッドミルやウォーキングマシン調整、周回コース2500mといったリフレッシュ調整を挟んだ。
担当者は「乗りながら馬体が増えていますし、至って順調に進んでいます。ここでいったんリフレッシュを挟み、6月の入厩を目指した最終調整に入ります。現在の馬体重は467キロです」とのこと。
(5月14日)


4月9日撮影

4月3日より坂路調整を再開し、その後も順調。現在は週2回坂路2本(1本目16−16、2本目に15〜16秒ペース)のメニューを消化している。
担当者は「15−15の一歩手前まで進めてきており、外傷で休む前と殆ど同じメニューに戻せています。先週来場した竹内調教師にも状態を確認してもらい、このまま順調なら当初の予定通り早期始動を視野に進めていくことになりました。6月の移動を目指して乗り込んでいきます。現在の馬体重は450キロです」とのこと。
(4月26日)


4月7日撮影

外傷は順調に回復し、4月3日より坂路調整を再開している。
8日、担当者は「坂路で乗り出した後も問題は無く、翌週7日には坂路の2本目に17−16程度の時計を出し始めています。休む前には15−15をコンスタントに乗れていた馬ですし、騎乗を休んでいる間もトレッドミルでしっかり運動させていましたので、この位のペースには問題なく対応出来ています。様子を見ながらになりますが、馬の状態に合わせて坂路2本中心に乗り込んでいき、元のペースに戻していこうと思っています」とのこと。
(4月8日)


右後肢の管に外傷を負ってしまい、傷口の回復を待ちつつ調整中。
担当者は「トレッドミル調整で(時速24キロで3〜5分)経過を観察し、3月最後の週から周回コースで軽目を乗り出しています。跨がってみても問題は見られませんので、ここから坂路入りして元のペースに戻していこうと思っています。現在の馬体重は458キロです」とのこと。

(4月5日)


3月中旬撮影

右後肢の管に外傷を負ってしまい、引き運動とウォーキングマシン調整で経過観察を行った。25日、担当者の話では「傷口は順調に回復しており傷口を止めていた箇所の抜糸を行い、今週からトレッドミル調整を開始しています。回復具合を見ながら騎乗を再開し、元のペースに戻していきたいと思っています」とのこと。状態に合わせて調整を進めていく。
(3月29日)


15−15中心で乗り込んできたのだが、外傷を負ってしまいいったんペースダウン。担当者は「順調にきていたのですが、先週、右後肢の管に外傷を負ってしまい、傷のケアを行い数日間引き運動のみで様子を見ました。今週からウォーキングマシン調整を開始しており、今後の経過を見て運動ペースを元に戻していきたいと思っています」とのこと。傷が塞がるのを待ちペースを上げていく。現在の馬体重は451キロ。
(3月19日)


現在は週2〜3回坂路2本(15−15)中心の調整。
担当者は「15−15中心のメニューに移行し、登坂本数も増やして順調に調整を行っています。15−15をコンスタントに乗りだした後も馬体は安定しており、このまま移動に向けた調整に移れそうです。順調であれば6月の移動を目標にどんどん進めていくつもりです。現在の馬体重は456キロです」とのこと。具体的な移動目標も立ってきており、ここからどんどん進めていく。
(3月8日)


現在は週2回坂路2本(17〜16秒や16〜15秒)中心の調整。
担当者は「同様のメニューを継続しており、週1回程度16〜15秒ペースを消化し順調にきています。コンスタントに強目を消化してきて、さすがに若干の馬体減が見られるものの、馬自体の調子に問題は無く休まず乗り込むことが出来ています。この段階を乗り越えることが出来れば、早期移動の目処が立ってきそうです。順調にパワーアップ出来るようなら夏前の移動を目指し進めたいと思っています。現在の馬体重は453キロです」とのこと。
(2月17日)


年末年始期間にウォーキングマシン中心の調整を挟んでリフレッシュ。現在は週2回坂路2本(17−15)を乗り出しており、週1回周回コース+坂路1本の調整を行っており順調。
担当者は「年末まで16秒ペースをしっかりと乗り込むことができましたので、年明けから15秒ペースを乗り出し徐々にペースアップしています。15秒ペースを乗り出した後も問題は無く、ここから15−15中心に移行できればと考えています。このまま強目を消化していけるようなら、早期始動が視野に入ってくるかもしれません。馬体は維持できており好調です」とのこと。現在の馬体重464キロ。
(1月22日)

ページ上部へ

2020年

11月下旬撮影

12月に入り、週2回坂路2本16−17を消化。担当者は「12月初旬に16−17を消化した後、トレッドミルでのリフレッシュ調整を挟みました。年内は同様のメニューを乗り込み、年末年始期間にリフレッシュ調整を挟む予定です。その期間に鋭気を養い、年明けからの更なるペースアップに備えます」とのこと。現在の馬体重は463キロ。
(12月22日)


現在は週2回坂路2本18〜17秒中心の調整。担当者は「登坂本数を増やした後も問題は無く、リフレッシュを挟みながら順調に進めています。体がしっかりしていて乗りながら馬体が増えており、徐々にペースアップしていけそう」とのこと。11月中旬現在の馬体重459キロ。
(11月27日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。リフレッシュ調整を挟みつつ、週2回坂路1本18〜17秒ペースを消化している。担当者の話では「週2回ペースで18〜17秒ペースを乗り込んでおり順調です。飼い葉もよく食べてくれているので、乗りながら馬体が増え状態は良好です。現在の馬体重は450キロです」とのこと。
(10月28日)


9月22日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。リフレッシュ調整を挟みつつ、坂路調整を行っており順調。担当者は「週2回坂路2本20〜18秒ペースをコンスタントに乗り込み、9月最後の週にリフレッシュ調整を挟んでいます。とても素直な馬で順調に進めることが出来ており、一息入れさせたらまた同様のメニューで進めていく予定です」とのこと。9月末の馬体重は435キロ。
(10月1日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。リフレッシュ調整を挟み、坂路調整を開始している。担当者は「坂路入りを再開した後も順調で、18秒ペースのキャンターを乗り出しています。体力に合わせてじっくりと乗り進めます」とのこと。9月中旬の馬体重は432キロ。
(9月23日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。乗り馴らしを終え、この中間に周回コースと坂路コースに入り、馬場に慣らす程度の調整を行った。担当者の話では「馴致から馬場入りまでノンストップで順調に進めることが出来、今週はウォーキングマシン調整でリフレッシュを挟んでいます。一息入れた後に馬場での調整を開始します」とのこと。9月3日現在の馬体重は433キロ。
(9月3日)


パンフ使用写真

馬体重:418kg、体高:154.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:18.5cm(8月上旬)
7月28日にノーザンファーム空港牧場へ移動。馴致を開始しロンギ場で跨がり始めており順調。8月20日現在の馬体重は429キロ。
(8月21日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(6月下旬)