ステラーホープの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:シリアスヒッター【意味:真面目にコツコツとヒットを積み重ね、一歩一歩成長して欲しい Serious Hitter】に決定しました。
    第2希望ゼンリョクシッソウ、第3希望ゼンシュウチュウ

セイクリットファーム在厩(園田・田中範雄厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

2月17日、牧場担当者は「現在、毎日、周回コースをダク1,600b、キャンター2,800bを跨がり、週1回は坂路1000bのメニューで進めています。坂路は行かせれば16秒台も出せますが、無理をせずにハロン18−17のペースに押さえて、気性面の成長を促すようにしており、入場当初に比べて馬が大人になり、騎乗者の言うことも良く聞くようになりました。飼い葉もしっかり食べており、脚もと、体調に不安はなく、このまま、徐々にペースを上げていきます。馬体重は472`」とのこと。
(2月17日)


18日、牧場担当者は「1月4日から角馬場に入り、11日の週から周回コースで普通キャンター2,700bをハロン20秒ペースで跨がっています。今週から、最後の1ハロンを16〜17秒ペースを行う予定です。騎乗者から『背中も良く、バランスが取れています。先頭で走っていても精神的に落ち着きもあり、安定している』との話がありました。馬体重は473`」とのこと。
(1月18日)

ページ上部へ

2020年

11月下旬撮影

セイクリットファームで調整中。
牧場担当者は「週2回、軽めキャンター2000〜2800b、ラストはハロン20秒くらいを行っています。ここまでで順調に調整も出来、体調面も良好ですし、精神的にも落ち着いています。馬体重は少し減って462`ですが、筋肉量は増えてきています」とのこと。
(12月18日)


セイクリットファームで調整中。
現在はトロット2,000bの後に、キャンター2,000〜2,400b中心の調整が行われている。「週2回は軽めの調整ですが、それ以外の日はコンスタントにキャンターで乗り込めています。バランス感覚の優れた馬で、とても乗り易い馬です。落ち着きが有り、今後のペースアップにも対応出来そうです。馬体重は466`」と担当者。
(11月27日)


10月撮影

セイクリットファームで調整中。
現在は馴致も終了し、周回コースで、軽めキャンターの調整。坂路コースを常歩や軽いダクで馬場見せも行っている。
馬体重452kg、体高157p、胸囲176p、管囲20.5p
(11月2日)


募集時撮影