ハタノガイアの2019

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ヨツバラッキー【意味:四つ葉のクローバー+生産牧場名から Yotsuba Lucky】に決定しました。
    第2希望デーメーテール、第3希望レアー

愛知ステーブル在厩(名古屋・角田輝也厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2021年

2月16日撮影

2月17日、牧場担当者は「2月上旬に右後肢飛節に小さな浮腫が見つかり、念のためレントゲン検査を行いましたが異常はありませんでした。その後は数日間ウォーキングマシンのみで様子を見ていました。現在は騎乗運動を再開し、長めから3,000bをハロン20―25程度のペースで調整しています。馬体重は455`」とのこと。
(2月17日)


18日、牧場担当者は「現在は、屋内の1,000b直線馬場で22〜20秒の調教を週6日行っています。まだ、幼い牝馬なので多少チャカチャカすることもありますが、ここまで順調に調教メニューを進めています。また、飼い葉も残すことなく食べています。馬体重は443`」とのこと。
(1月18日)

ページ上部へ

2020年

12月下旬撮影

愛知ステーブルで調整中。
牧場担当者は「12月に入ってから、直線ウッドチップコースを1000b ハロン25−24のペースで乗っています。まだ幼く頼りないところはありますが、特に問題はありません。馬体重も445`と戻ってきました」とのこと。
(12月18日)


11月下旬撮影

愛知ステーブルで調整中。
馴致を終了し丸馬場で騎乗運動が行われてきたが、馬体が減ってしまったため、現在はリフレッシュと馬体回復のためウォーキングマシーンのみの調整が行われている。「馬体も徐々に戻りフックラしてきましたので、近い内に騎乗運動を再開する予定です。まだ幼さを残す馬体ですが、これから変わってきそうです。馬体重は441`」と担当者。
(11月27日)


10月撮影

愛知ステーブルで調整中。
馴致も終了し、現在は丸馬場で騎乗運動中。
馬体重413kg、体高155p、胸囲174p、管囲19.0p
(11月2日)


募集時撮影