ウイングドウィールの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・新規開業厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂、1回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを乗る強化メニューを消化中。
担当者の話では「馬体のシルエット自体は調教量に比例して大人びてきた印象ですが、まだスピードの乗りの部分で物足りなさがあります。体の伸縮性を高めるべく筋肉増強に努め、出脚の鋭さを身につけさせたいと思います」とのこと。現在の馬体重は496キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを課し、長目を乗り込む調整。
担当者の話では「体力向上メニューで進めてきてアウトラインが締まり良くなっていますが、今週に入って左前の硬さが見られたので少し様子を見ることにしました。念のための検査でも特に気になる所見は無く、装蹄で対応出来るものと思われます。年明けからは徐々にスピード調教へと移行することになりますので、引き続き地力強化をメインに長目の距離を乗り込み体力作りに励みます。厳冬期に向けて馬体管理に注意しつつ調整します」とのこと。現在の馬体重は484キロ。

西田調教師は「社台ファームへ移動した後も、直ぐに環境に慣れてくれたようです。牝馬としては馬格もありますし、今の段階では芝・ダートとイメージを偏らせず、今後の成長を楽しみにしたいと思います」とのこと。
(12月24日)


社台ファームで調整中。この中間から週3回坂路入りしており順調。坂路登坂後、周回コースで1000mのハッキングを行い基礎体力強化をはかっている。その他の日は疲れを残さないようにトレッドミルやウォーキングマシンの調整。
担当者の話では「周回コースではまだ後肢を踏み込んだ際に流れやすい面が見られますが、坂路での直線運動では、しっかりと踏み込んで徐々に良化が見られます。まだ馬体にも余裕がありますので、このままじっくり乗り込んで筋力強化に励んでいきます」とのこと。現在の馬体重は474キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

社台ファームで調整中。10月19日より坂路入りし、坂路1本のメニューを経て、11月13日に2本登坂を開始した。
担当者の話では「順調に運動量を増やしており、坂路2本のメニューを乗り出しました。その日に15秒4の時計もマークし、調教後も問題なく順調です。まだトモの甘さがあり、スタートでスピードに乗り切れていない感じですが、スピードに乗ってからは良いキャンターを見せてくれます。しっかりと乗り込んでダッシュ力に磨きをかけていきたいと思います。サイズ、フォルム、バランス、揃って良好で楽しみな馬です」とのこと。このまま乗り進めて12月3週目までに15秒ペース到達を目指していく現在の馬体重は472キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


社台ファームへ移動後、10月13日にイヤリング厩舎から調教厩舎に移動して調整を開始している。現在は角馬場、周回コース750m、坂路コースなど調教施設や環境の変化に慣らしながらの調整。
担当者の話では「環境の変化に臆すること無く、飼い葉もよく食べ雄大な馬体を維持しています。脚捌きの硬さを見せてはいますが、まだ雄大な馬体を持て余している印象で、訓練を続け体力が付いてくれば自然と解消するものと思われます」とのこと。11月初旬の馬体重は482キロ。
(11月8日)


9月23日に社台ファームへ移動。現在は夜間放牧と、日中に初期馴致を行っており順調。
担当者の話では「丸馬場でのドライビング(ハミ操作の練習)を始め、ここまで特に問題なく進められています。馬格に見合ったパワーも感じられます。馴致開始後に馬体重は減少しましたが、余計なものが落ちて馬体は引き締まって見栄えが良くなりました」とのこと。
10月計測=馬体重:476.0kg、体高:151.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:464.0kg、体高:151.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)