ロンリープラネット

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ロンリープラネット【意味:浮遊惑星・Lonely Planet】に決定しました。
    第2希望:アースブルジャイン、第3希望:アグニ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・小笠倫弘厩舎)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2022年

8月5日、牧場担当者から「ここ数日の猛暑の中でも飼い喰いが落ちることなく、毛艶も良い状態をキープ出来ています。現況はウォーキングマシン後に、周回コースで1,800〜2,400bのキャンターと坂路の強めを織りまぜながら進めています。坂路の入り際で子供っぽい仕草を見せるので、古馬と併せるなどして修正していきます。馬体重は506`」との連絡があった。
(8月5日)


8日にセグチレーシングS(チバ)へ移動し調整中。
22日、牧場担当者から「入場後の翌週から騎乗運動を再開しています。今週から坂路コースで15−15も開始し、飼い喰いも良く、兄弟の中でも馬体は見栄えしています。まだ子供っぽさも残りますが、徐々に解消してくると思います。現在の馬体重は503`」との連絡があった。
(7月22日)


6日、小笠調教師は「週末にシャドーロールを着けて坂路を登坂したところ、ハミ受けに進境が見られたので、今朝も着用してゲート試験に向かいました。まだ、発馬後不安定なところもありましたが合格しました。ゲート練習の日々で疲れが溜まってきたところなので、先ずは合格出来て良かったです。ここで短期放牧を挟んで、秋競馬を目標に進めたいと思います。8日(金)にセグチレーシングS(チバ)へ移動予定です」とのこと。
(7月6日)


30日、小笠調教師から「今週も先週に引き続きゲート試験に向けた調整を続けています。本日のゲート試験を受験したのですが、枠入りから駐立までは良かったのですが、発馬後のダッシュが鈍くて不合格となりました。馬の状態を見ながら、近日中に再度試験を受けます」とのこと。
(6月30日)


23日、小笠調教師は「今週も引き続きゲート練習中心で調整しています。枠入りから駐立までは問題無いのですが、ハミ受けが安定せず、発馬後の加速にバラ付きが見られます。まだ、ゲート内で鳴いたりと子供っぽい面が残っていますので、今後も人馬のコンタクトに気を付けつつ練習していきます」とのこと。
(6月23日)


9日の検疫で、美浦トレセンに初入厩。
15日、小笠調教師は「牧場からやんちゃな面があると聞いていましたが、跨がる時に少しチャカつく程度で、調教は問題なく行えています。まだ子供っぽい面もあり、単独でのゲート入りは躊躇する場面も見られます。発進もまだ鈍いですが、このままゲート練習を重ねて、来週の試験を受けられればと考えています。馬は元気一杯で飼い葉は完食しています。馬体重は479`」とのこと。
(6月15日)


8日、小笠調教師は「初の長距離輸送も体調面に変化なく元気一杯です。明日(9日)の検疫で美浦トレセンへ入厩させて、環境に慣らしながらゲート試験合格を目指します」とのこと。
(6月8日)


6月1日、小笠調教師から「先日、牧場で状態を確認しました。馬体の張りや艶も良く順調に来ていましたので、予定通り明日の便でトレセン近郊に移動させます。到着後の体調に問題が無ければ、来週末の入厩を考えています」との連絡が入った。

<募集締め切り>
6月2日(木)で満口となりましたので募集を締め切らせていただきました。たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました。
(6月2日)


5月中旬撮影

BTC各種コースでキャンター4000mを中心に、坂路での強め(15〜13秒)もコンスタントに消化し順調。
担当者は「今のペースに慣れてきたことで、坂路も余裕を持って登坂出来ています。馬体も筋肉のメリハリが目に付き、力強さが増しています。いつでも移動出来る態勢は整っています。飼い葉も残さず、毎回キレイに完食してくれています」とのこと。現在の馬体重は492キロ。
小笠調教師から「調整が順調に進んでいますので、入厩に向けて近々チェスナットファーム阿見へ移動させたいと思います」との連絡が入った。
(5月27日)


BTCの周回ダートコース2,400bのキャンターを中心に、週1日は坂路強目(15〜13秒)を消化し順調。
担当者は「強目をコンスタントに消化しており、4月に入ってからは終い13秒台に伸ばして乗り込み中です。ここにきて大分体の成長が見られ、雰囲気もガラッと一変した印象です。5月の移動の話も出ていますので、早期始動を視野にどんどん進めていきます」とのこと。現在の馬体重は492キロ。
(4月28日)


4月6日撮影

BTCの周回ダートコース2,400bのキャンターを中心に、週1日は坂路強目(15秒)を消化し順調。
担当者は「強目を行う日は、ハロン15秒ペースをイメージしながら、14秒台まで無理なく加速出来ています。乗り込みを重ねる毎にフットワークは良化し、ここまで大きな疲れも無く、一歩ずつステップアップしています。先日、小笠調教師が来場され『このまま順調に進められれば、5月中の移動も検討したい』との話しがありましたので、早期移動にも対応出来るよう、更なる成長を促していきます」とのこと。現在の馬体重は486キロ。
(4月12日)


3月中旬撮影

3月に入り、BTCの周回600mダートコースで2,400bのキャンター中心に、週中での坂路強目をハロン15秒までペースアップしている。
担当者は「順調に乗り進め、3月上旬に坂路15秒ペースへと無理なく移行しています。前向きな性格な分、まだ気持ちで走っているところは見られますが、徐々にこのペースにも慣れてきた様子で動きは良くなっています。段々と寒さも和らいできましたので、屋内ウッド1000m直線コースはダクやハッキング程度に止め、より負荷の掛かるダートコースメインで体力強化に励んでいきます」とのこと。現在の馬体重は466キロ。
(3月18日)


2月中旬撮影

現在は、BTCの周回ダート600mとウッド1000m直線コースを併用し、合計3000m前後のキャンター中心の調整。週中には坂路コースでハロン16秒まで進めており順調。
担当者は「調教中に、周りにつられやんちゃな面を見せることもありますが、16秒ペースでも良い動きが出来ています。ペースを上げたことで徐々にメリハリが出てきた印象で、馬格もしっかりしています。飼い葉喰いも良いですし、3月中には15秒ペースへ進めて行く予定です」とのこと。現在の馬体重は470キロ。
(2月18日)


1月中旬撮影

年末年始はウォーキングマシンとトレッドミル調整(キャンター3分前後)でリフレッシュ休暇にあて、現在はBTCのウッド1000m直線コースにて、ハロン20秒程度のキャンター2本を中心に行なっている。
担当者は「雪の影響もあり、坂路コースへの道が悪い時は、ウッド直線1000mで18秒を切るメニューを行なっています。この中間が良いリフレッシュになったようで、心身共に状態は良く、少しずつ背も伸びてきた印象です。5月と遅生まれではありますが、昨年末にハロン16秒を切るメニューを行い下地は出来ていますので、早い内からデビュー出来るように、どんどん進めていきたいと考えています」とのこと。現在の馬体重は472キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000m(20秒ペース)中心に、2週間に1回ウッド1000m直線コースで18−18を消化し順調。
担当者は「20〜18秒ペース中心で乗り込んでおり、動きには十分余裕がありスピードもありそうです。併せ馬に行くと少しムキになる面もありますが、普段の調教はそれほどうるさくは無くコントロールも効いていますし、この時期にこの位の気持ちを見せる気性の方が良いと思います。年内に16秒ペースまで進めて年末年始期間に一息入れられればと考えており、しっかりリフレッシュさせて年明けはトレッドミルから立ち上げていく予定です」とのこと。12月中旬の馬体重は458キロ。

小笠調教師は「12月上旬に見に行った際に、小さかったイメージからぐっと成長し良いサイズになってきました。母のアースリヴィングにパイロの子ですし、ダートでの活躍をイメージして順調に成長してくれればと期待しています」とのこと。
(12月24日)


11月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000mのキャンター調整を行っており順調。
担当者は「BTCで乗り出した後も順調です。パイロ産駒ならではの我の強さを持っており、コントロールに重点を置いて調整に取り組んでいます。脚元、体力ともに問題ありませんので、落ち着いて調整出来るよう精神面の成長を促しながら進めて行きたいと思っています」とのこと。11月下旬時点の馬体重は452キロ。
(12月9日)


11月16日撮影

チェスナットファームで調整中。現在は丸馬場での騎乗馴致と横木飛越を行っており、馬場見せ程度にBTCでの調整を開始している。
担当者は「精神面の鍛錬と体をしっかり使えるように横木を跨ぐ調整を併せて行い、大分動けるようになってきました。現在は新しい環境に慣らしながら馬場でハッキング3000mの調整を開始しており、ここから様々な馬場を使って徐々に進めていくつもりです。今のところテンション面に問題は無くスムーズに進められていますが、母がピリピリした気性でしたし、パイロの産駒もピリッとしたところがあるので、落ち着いて調整出来るよう気を付けていきたいと思います。順調なら年内にハロン18秒ペースまで進める予定です」とのこと。現在の馬体重は452キロ。
(11月22日)


11月16日撮影


(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


チェスナットファームで調整中。初期馴致を終え、現在は丸馬場での騎乗馴致を行っており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、精神面の鍛錬を兼ねて、馬場に置いた横木を跨いで歩く調整も開始しています。騎乗運動に慣れて、現在のメニューがしっかり身についたところでBTCでの調整を開始したいと思っています。今後の状態にもよりますが、落ち着いて調整出来ていますし、疲れなど無く順調なら今月中にBTC入り出来るのではと思っています」とのこと。10月中旬の馬体重は451キロ。
(11月8日)


9月28日に北海道のチェスナットファームへ移動。現在は初期馴致とウォーキングマシンでの運動を行っている。
担当者は「ロンギ場でギア(腹帯の締め付けに慣らす装具)付けを行い、鞍に慣れさせているところです。手を煩わせる面もなく順調に進んでいますので、今月には騎乗運動へと移行できる予定です。背はそこまで高くありませんが、兄姉と比べてもしっかりとした馬体で、パイロ産駒らしいダート向きの力強い歩様をしています。飼い葉もしっかりと食べてくれています」とのこと。
9月計測=馬体重:459.0kg、体高:155.0cm、胸囲:179.0cm、管囲:20.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:427.0kg、体高:155.0cm、胸囲:175.0cm、管囲:20.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)