ウォッチハーの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ピエフォール【意味:豪脚(仏)・Pieds Forts】に決定しました。
    第2希望:ウートガルザ、第3希望:プレミアムウォッチ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(美浦・蛯名正義厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2022年

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週4回坂路入りし、そのうち3回は坂路2本、1回は坂路と周回コース、その他の日は周回コースで28〜30秒のキャンター2500mの調整。
担当者は「現在は14秒ペース中心のメニューに移行しており、坂路2本の日のうち、週に1〜2回強目を消化しています。6月にいったんペースダウンしましたが、7月中は順調に乗り込むことが出来ました。このまま強目をどんどん乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は576キロ。
(8月3日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
6月13日に左前肢に跛行が見られたため、騎乗を控えてケアを行った。左前蹄の感染症は順調に回復し、7月に入ってからは坂路と周回コース併用のメニューを消化している。
担当者は「7月前半から時計になるところを乗り出しており、現在は週4回坂路入り(坂路2本の日と坂路+周回コースのメニュー)を消化しています。坂路2本目には15−14程度を乗っており、既に以前のメニューまで戻せていますので、このまま乗り進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は580キロ。
(7月20日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
坂路で14〜16秒ペースを乗り込んでいたのだが、6月13日に左前肢に跛行が見られたため騎乗を控えて様子を見ている。
担当者は「蹄鉄の釘が当たったことで蹄に感染症を起こしてしまい、まずは蹄鉄を外して休ませました。すぐに歩様は良くなったので再度装蹄して乗り出したのですが、18日にまた歩様に乱れが出たため、蹄鉄を外して楽をさせています。感染症からの膿を出す治療を受け、ウォーキングマシンと引き運動を行いながら経過を観察しており、蹄の状態が良くなるのを待って再調整する予定です。」とのこと。現在の馬体重は582キロ。
(6月24日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週4回坂路入りし、そのうち3回は坂路2本(2本目に14〜16秒ペース)を消化するメニュー。その他の日も周回コースでじっくり乗り込まれ順調。
担当者は「5月の後半に角馬場と周回コースのみのリフレッシュ調整を挟みました。現在は15−15メインで乗り込んでおり、週末に1本14秒のメニューを消化する内容です。疲れをため込まないよう注意しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は566キロ。
(6月10日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週3回坂路入りし、そのうち2回は坂路2本(2本目に15秒ペース)を消化するメニュー。
担当者は「15−15のメニューをじっくり乗り込むメニューを継続しており順調です。扱いやすい性格の馬で大変スムーズに調教を進めることが出来ていますし、15−15の本数を重ねることで良化を促していきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は562キロ。
(5月18日)


5月2日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(16〜17秒)中心に、その他の日は坂路1本と周回コース2500mのメニューを消化しており順調。
担当者は「坂路では16〜17秒ペースをメインに、15−15を織り交ぜ、充実したメニューを消化できています。大柄で立派な体付きの馬だけに、ここから更なる良化も見込めそうですし、当面は同様のメニューでじっくり乗り込むつもりです」とのこと。現在の馬体重は566キロ。
(4月28日)


3月26日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
週2回坂路2本(1本目F16秒、2本目F15秒)中心に、その他の日は坂路1本と周回コース2500mのキャンター調整を行っており順調。
担当者の話では「先日、蛯名調教師が来場し15−15での調教を見てもらっています。現在は乗り込み量を増やしてじっくり乗り込む方向で進めており、スピードに乗った走りがスムーズに繰り出せるよう、このまま焦らず調整していきます。2歳新種牡馬の産駒ですしどういう走りをしてくれるか楽しみです」とのこと。現在の馬体重は568キロ。
(4月8日)


3月下旬撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週4回馬場入りし、うち2日は坂路3本(ラスト1本をハロン15〜16秒)、その他の日は坂路1本と周回コースを軽めで乗られ、走りのバランスを整え心肺機能強化に努めるメニュー。
担当者の話では「状態に変わりは無く、この中間から15〜16秒ペースを乗り出し、順調にペースアップ出来ています。体力面に問題が無く、坂路3本のメニューをこなせる馬には週2回3本登坂の日を設けてしっかりと負荷をかけています。ここからも馬体を絞り込みつつじっくりと乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は562キロ。
(3月18日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
引き続き週5回坂路入りし、うち2回は2本16秒ペース、3回は1本のメニューを消化。週3回程度、強目を乗られており順調。
担当者の話では「同じ乗り込み量を継続し順調に進めることが出来ています。2月7日〜の週はトレッドミル馴致を行い、ウォーキングマシン調整と併せてリフレッシュ期間に充てました。一息入れて疲れも抜け、14日の週から以前のメニューを再開しています。今後も馬の状態に合わせて進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は568キロ。
(2月18日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、1月中旬にはハロン16秒ペースを消化し始めており順調。
担当者の話では「現在は週5回坂路入りし、うち2回は2本(1本目3ハロン51秒、2本目に48秒)、3回は1本ずつのメニューです。1本だけ乗る日にも16秒ペースをこなし、1週間に3回程度強目を消化させています。年明けから徐々にペースアップ出来ており、このまましっかり乗り込みたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は558キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月初旬撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
週3〜4回坂路入りし、週1回16秒ペースを乗り出している。その他の日は坂路2本のメニューや周回と坂路併用で17秒ペース中心の調整。
担当者の話では「引き続き坂路での17秒ペース中心の調整を行っており順調です。年内はこのまま乗り込み、年明け以降のペースアップに備えます」とのこと。現在の馬体重は566キロ。

蛯名正義調教師は「11月に牧場へ見に行った際は、馬体が更に立派になっていました。その分脚もとへの負担も大きくなりますので、今後も注意しつつ成長に合わせたメニューで進めてもらいます。歩様に力強さがあってパワータイプだと思いますし、その長所を存分に活かせるよう牧場とも連携を取って見ていきたいと思います」とのこと。
(12月27日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週3〜4回坂路入り(うち1回は坂路2本、2本乗らない日は周回コース2500mと坂路1本のメニュー)し、17秒ペース中心の調整。
担当者の話では「直近の週は週4回坂路入りしています。3ハロン51秒位(17−17)でペースは変わりませんが、登坂本数を増やして徐々に負荷をかけています。当面は同様のメニューでじっくり乗り込む予定です。馬体重は大体560キロ前後で推移しており、現在562キロです」とのこと。
(12月9日)


11月15日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
引き続き週3回坂路入り(うち1回は2本、2回は周回コース2500mと坂路1本)し、17秒ペース中心の調整。
担当者の話では「同様のメニューで順調に乗り込むことが出来ています。体高も伸びて馬体は更に立派に成長してきましたので、当面は17秒ペース中心で乗り込み、しっかりと体のベースを作ってからじわじわとペースアップしていきたいと思います。父の産駒は馬格があり幅もあってバランスの整った馬が多く、全体的に好印象を持っています。この馬は気性もすごく大人しく、誰が乗っても常にスムーズに進められている点も大きいですね。大柄な馬体だけに今後も脚元には十分気を付けて進めます」とのこと。現在の馬体重は558キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週3回坂路入り(うち1回は2本、2回は周回コース2500mと坂路1本)し、17秒までのペースでキャンター調整を行っている。
担当者の話では「坂路中心のメニューでジワジワとペースアップし、17秒ペースのメニューを消化し始めています。現在の馬体重が562キロでここにきての成長も著しく、その分の脚元への負担も考慮して注意しながら調整しています。とても素直で扱いやすい性格なので、そういった点においてもスムーズに進めることが出来ており、ここからも馬に合わせて乗り込んでいきたいと思います」とのこと。
(11月8日)


8月12日にノーザンファーム空港牧場へ移動。
生まれも早く馬体サイズも十分でしっかりしていることから早めに始動。9月初めには坂路入りしており、9月中は周回コースと坂路(20ペース)中心の調整を行った。
担当者の話では「坂路での調整開始後も順調で、10月初めの時点で18秒ペースまで到達し、いったんウォーキングマシンと周回コースでのリフレッシュ調整を挟みました。しばらくは馬に合わせて坂路で18秒ペースを乗り込んでいく予定です」とのこと。
10月計測=馬体重:540.0kg、体高:162.0cm、胸囲:184.0cm、管囲:22.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

8月12日にノーザンファーム空港牧場に移動している。

馬体重:525.0kg、体高:162.0cm、胸囲:184.0cm、管囲:22.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)