アンナモンダの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(美浦・中舘英二厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂、1回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを乗る強化メニューを消化中。
担当者の話では「この中間に、坂路では余力十分に2F15.2−14.9、1F15.1の時計を計時しています。前運動や上がり運動でも入念に歩かせて代謝エネルギーを高めているため、体の張りと艶が良く好調をキープ出来ています。サイズはまだ小柄ですが、動きがしっかりしていて乗り味は高評価です」とのこと。現在の馬体重は408キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを課し、長目を乗り込む調整。
担当者の話では「体力向上メニューで進めてきてアウトラインが締まり良くなってきました。小柄ですが走りにはまとまりがあり、前後の連動もしっかり出来ています。飼い葉は食べていますので、もう一回りの体格良化を期待しています。牝馬は地力強化をメインに長目の距離を乗り込むメニューで進めていますが、中間には1F15秒5を楽に計時して好調アピールしています。ここから厳冬期になりますので馬体管理に注意し、年明けからは徐々にスピード調教へと移行していきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は396キロ。

中舘調教師は「12月上旬に牧場へ見に行きました。小柄ではありますが、素軽い動きでスピードもありそうですし、このまま順調に進められれば早めのデビューも期待出来ると思います。今後の成長を楽しみにしています」とのこと。
(12月24日)


社台ファームで調整中。現在は週2回坂路入りし、坂路登坂後、周回コースで1000mのハッキングを行い基礎体力強化をはかっている。その他の日は疲れを残さないようにトレッドミルやウォーキングマシンの調整。
担当者の話では「気持ちが前向きで、軽快なフットワークで坂路を駆け上がっております。ただ、要所でハミに反発するなど幼い面が見受けられたり、飼い葉を残す日があったりしますので、煮詰まる前に休養を挟み、心身の成長を促しながら進めて行きたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は406キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

社台ファームで調整中。10月19日より坂路入りし、坂路1本のメニューを経て、11月13日に2本登坂を開始した。
担当者の話では「順調に運動量を増やしており、坂路2本のメニューを乗り出しました。初日から1本目18.6−17.1−16.8、2本目は17.9−16.0−15.4の時計をマークし、軽快な走りを見せました。スピードセンスがあり捌きが軽く、仕上がりも早そうなタイプです。母系は小柄なタイプが多く、本馬も体は小さいのですが、このサイズなりにボディコンディション自体は良好ですし特に心配はしていません。血統的には距離ももちそうで楽しみな馬だと思います」とのこと。このまま乗り進めて12月3週目までに15秒ペース到達を目指していく。現在の馬体重は406キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


社台ファームへ移動後、10月13日にイヤリング厩舎から調教厩舎に移動して調整を開始している。現在は角馬場、周回コース750m、坂路コースなど調教施設や環境の変化に慣らしながらの調整。
担当者の話では「落ち着いた正確で環境に慣れるのも早く、学習能力の高さが伺えます。線の細さはありますが、脚抜きの良い軽快なフットワークでスピード力の高そうな走りをしています。飼い葉もよく食べているので、ここから自然と幅が出てくるものと思います」とのこと。11月初旬の馬体重は414キロ。
(11月8日)


9月23日に社台ファームへ移動。現在は日中に馴致を行いながら、夜間放牧を行っており順調。
担当者の話では「丸馬場でのドライビング(ハミ操作の練習)は非常に大人しく、理解力もよくまったく手がかかりませんでした。兄姉たちはピリッとしたところがありましたが、本馬はとても落ち着いているのが特徴で身のこなしも軽快です」とのこと。
10月計測=馬体重:398.0kg、体高:151.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:19.4cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:395.0kg、体高:151.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:19.4cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)