リーチコンセンサスの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:セブンリーチ【意味:7+リーチ。ラッキーな例え。母名より連想・Seven Reach】に決定しました。
    第2希望:アグリーメント、第3希望:コンセンサスゲーム
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

ノーザンファーム空港牧場在厩(美浦・林徹厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2022年

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
左前の歩様を気にしたため、騎乗を控えて様子を見ている。
担当者は「先週はウォーキングマシンのみの調整で治療に専念しました。気になっていた左前の歩様が落ち着いてきましたので、今週から時速24キロペースのトレッドミル調整を再開しています。今後も脚元の状態を確認しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は506キロ。
(8月3日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
坂路2本のメニューで乗り進めてきたのだが、左前の歩様を気にしたため、ウォーキングマシンとトレッドミルの調整で様子を見ている。
担当者は「15秒ペースで進めてきたのですが、左前を気にしたため7月7日から騎乗を休んで様子を見ています。楽をさせたことで歩様は良化傾向にあり、現在トレッドミルではダク調整を行っています。今後も状態を確認しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は487キロ。
(7月20日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(ハロン15秒までのキャンター)中心に、その他の日は周回コースと坂路1本、或いは周回コース2500mでキャンター調整を行っており順調。
担当者は「週に1回程度、2本登坂時の2本目に15秒ペースを消化し、順調に乗り込んでいます。この中間は乗りながら馬体も増えて順調に進めることが出来ています。脚もとも問題は見られませんので、このまま同様のメニューで乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は483キロ。
(6月24日)


6月上旬撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(ハロン15〜16秒のキャンター)中心に、その他の日は周回コースと坂路1本、或いは周回コース2500mでキャンター調整を行っており順調。
担当者は「5月後半にリフレッシュ調整を挟み、現在は15〜16秒ペース中心のメニューで乗り込んでいるところです。以前に比べて馬体もしっかりし、それほど頻繁にリフレッシュ調整を挟まなくてもコンスタントに乗り込めるようになってきました。馬体も増えてきていますし、このまま馬に合わせて乗り込みたいと思っています。当面は同様のメニューで進めるつもりです」とのこと。現在の馬体重は473キロ。
(6月10日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(16秒までのキャンター)中心に、その他の日は周回コース2500mでキャンター調整を行っており順調。
担当者は「同様のメニューでじっくり乗り込み体質強化を促しています。ここまで定期的なリフレッシュ調整を挟んで馬体を回復させながら進めてきましたが、この中間は調教を継続しながら馬体が増えていて、微増とは言え良い傾向だと思います。ここからも必要があればリフレッシュを挟み、疲れをため込まないように進めていきます」とのこと。現在の馬体重は467キロ。
(5月18日)


5月2日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(16〜17秒)中心に、その他の日は周回コース2500mでキャンター調整を行っており順調。
担当者は「週2回坂路2本16秒ペースのメニューをコンスタントに消化しており順調です。リフレッシュ調整を挟んでメリハリを付けたメニューで、強目を乗りながら馬体を維持できていますし、疲れをため込むこと無く上手くリセットできているようです。4月生まれでまだ成長の余地もありそうですし、現状ではあまり急かさない方が良さそうです。夏場にしっかり乗り込んで更なる良化を待ちたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は460キロ。
(4月28日)


3月25日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週2回坂路2本(F16〜17秒)中心に、その他の日は周回コース2500mでキャンター調整を行っており順調。
担当者の話では「コンスタントに坂路2本16秒ペースを消化し、4月1週目の週はトレッドミルでのリフレッシュ調整を挟んでいます。強弱を付けたメニューで成長を促しながら進めており、現状ではあまり急かさない方が良さそうです。夏場にしっかり乗り込んで更なる良化を待ちたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は457キロ。
(4月8日)


3月下旬撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
週4回馬場入りし、うち2日は坂路2本(1本目に3F50秒、2本目に48秒)を消化。その他の日は周回コースで軽めを乗られ、走りのバランスを整え心肺機能強化に努めるメニュー。
担当者の話では「3月2週目は軽めの調整でリフレッシュ期間にあて、その効果か馬体重は464キロと少し増え、良い状態で進めて行けそうです。ここまで坂路2本(16秒)中心のメニューを約1ヶ月半ほど継続し、馬体もキープして進めることが出来ています。乗り込むにつれて走り方もしっかりしてきているようですので、馬の体力と状態に合わせて調整を進めていきます」とのこと。
(3月18日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
徐々にペースアップしており、現在は週3回坂路入りし、うち2回は坂路2本(ハロン17秒と16秒)、1回は坂路1本(ハロン16秒)中心の調整。その他の日は周回コースでのキャンターやトレッドミル調整を行っており順調。
担当者の話では「2月1日からハロン16秒のメニューを乗り出しており、馬に合わせて坂路1〜2本を消化させています。負荷を強めた後も順調に進めることが出来ていますが、少し馬体減の傾向が見られますので、リフレッシュを挟みつつ馬体をキープして進めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は457キロ。
(2月18日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週2回坂路2本(ハロン17秒)中心に乗り込んでおり、その他の日は周回コースでのキャンターやトレッドミル調整を行っており順調。
担当者の話では「徐々にペースアップしており、年明けからは17秒までのペースで進めています。年末年始のリフレッシュ期間のおかげか馬体もボリュームアップし、現在も調整を進めながら馬体重が増加して具合は良さそうです。このまま馬に合わせて進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は471キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月初旬撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
引き続き週3回坂路入り(うち1回は坂路2本、2回は周回コース2500mと坂路1本のメニュー)しており順調。現在は18秒ペース中心に乗り込んでおり、12月最後の週に17秒ペースを1本消化。
担当者の話では「馬に合わせてジワッとペースを上げ、18秒ペース中心のメニューで乗り込んでいます。年内はこのまま乗り込み、年明け以降のペースアップに備えます」とのこと。現在の馬体重は459キロ。

林調教師は「12月に牧場へ見に行きました。ハロン18秒ペースで順調に乗り込めていて、一つ上の姉と比べると骨格がしっかりしているように感じます。今後の成長も楽しみですね」とのこと。
(12月27日)


ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は週3回坂路入り(うち1回は坂路2本、2回は周回コース2500mと坂路1本のメニュー)し、18〜19秒ペースの調整。
担当者の話では「坂路2本のメニューを乗り出したところです。2本乗る日の1本目3ハロン57秒、2本目3ハロン54秒といった内容で、18秒ペースを乗り出しています。その他の日は引き続き周回コース併用でじっくり乗り込んでおり、至って順調にきています」とのこと。現在の馬体重は452キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
現在は周回コース2500mを乗り込みつつ、週2〜3回坂路入りし20秒ペースの調整。
担当者の話では「坂路入り後も順調で、まだゆったりとしたメニューですが、週2〜3回ペースで登坂を重ねることが出来ています。コースに入り本格的な騎乗運動を開始してからもしっかりと動けており、今のところ体力面に問題は無さそうですが、まだ馬体成長のある段階ですので、あまりやり過ぎないよう慎重にペースアップしていくつもりです。少し臆病な面はありますが、大人しい性格で手を煩わせることも無いですし、飼喰いも良く至って順調に調整を進めることが出来ています」とのこと。現在の馬体重は455キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


9月28日にノーザンファーム空港牧場へ移動。
騎乗馴致を終え、周回コースでの調整を経て坂路調整を開始しており順調。
担当者の話では「周回コース2500mのメニューで乗り込みつつ、10月29日から坂路入りし、馬場見せ程度に坂路1本25〜30秒のメニューを消化させました。11月1週目はトレッドミル中心のリフレッシュ調整を挟んでおり、馬の状態を見ながら坂路で乗り込んでいく予定です。少し線の細い面もあるので、体を造りつつ進めて行きたいと思います」とのこと。11月初旬の馬体重は452キロ。
(11月8日)


9月28日にノーザンファーム空港牧場へ移動。
担当者の話では「環境の変化にも慣れ、騎乗馴致を開始しています。現在は背慣らしや厩舎の中で騎乗調整を行っており、こちらが出した指示への反応を確認した上で、ロンギ場から馬場入りへと段階を踏んで進めて行くことになります」とのこと。
10月計測=馬体重:447.0kg、体高:157.5cm、胸囲:174.5cm、管囲:19.6cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:433.0kg、体高:157.5cm、胸囲:174.5cm、管囲:19.6cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)