ファイブスターの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・杉山佳明厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路入りして、うち2回は2本登坂を目標に、その他の日は周回キャンターやトレッドミルで、走行フォームの確認や心肺機能の強化に努めている。
担当者の話では「年末年始期間に騎乗しない日を設けたのは数日だけでしたが、その期間にボディコンディションが上がり、良いリフレッシュになったようです。相変わらず体に少し余裕はありますが毛艶は良好で、厳寒期は体調を崩さないことが第一ですので、多少余裕を持たせた現状は良い傾向だと思いますし、土台造りに励むつもりです」とのこと。現在の馬体重は489キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りしてF18−17ペースを消化し、うち2回は2本登坂のメニューで調整中。
担当者の話では「体にはまだ緩さが感じられる現状で、シルエットも締め込んでいきたいところですが、坂路1F15秒8、1F15秒6を楽にこなすなど、動き自体は着実に良化傾向です。牡馬は年内に1回は15−15をこなすメニューで進めてきており、年明けからは徐々にスピード調教へと移行し、コンスタントに1F15秒ラップを消化することを第一目標に進めていく予定です」とのこと。現在の馬体重は486キロ。

杉山佳明調教師は「見に行く度に順調な成長を見せてくれており、日に日に良くなってきているように感じます。順調な組のメニューで既にハロン15秒のメニューを乗り出せており、年明け以降もしっかりと強目をこなしていって欲しいですね。順調であれば早期始動も積極的に考えたいと思っています」とのこと。
(12月24日)


社台ファームで調整中。現在は週2回坂路入りし、その他の日は周回コースでキャンター中心に乗り込み、基礎体力の強化やフォームの向上に努めている。
担当者の話では「大分体力が付いてきており、隔週で週2回坂路2本のメニューを消化し始めています。2本目でも安定した走りが出来ていますので、馬の状態を見ながら登坂本数を増やし、負荷を上げていく予定です。溢れんばかりの前進気勢を見せるようになっており、坂路では力感十分な走りを披露してくれています」とのこと。現在の馬体重は484キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

11月に入り坂路2本の調整を開始しており順調。11月下旬から20秒を切るくらいのメニューを消化させ、12月3週目に15秒ペース到達を目標に進める予定だ。
担当者は「気性面も問題は無く、順調に進めることができています。乗りながら馬体重も増えてコンディションは良好です。まだ芯が入りきっていないところや緩さも感じますが、ここから20秒を切るメニューを乗り出して、15−15に向けて1ヶ月間攻めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は480キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


現在は週2回の坂路入りを目標に、トレッドミルや周回コースでのキャンター調整を併用して基礎体力強化に励んでいる。
担当者は「大きな問題も無く順調に乗り込めていますので、調教負荷を上げてきています。馴致から休むこと無く運動を続けていますが、馬体重が減ることも無く成長を見せ、より逞しさが増してきた印象です。心身ともに良い状態で進められていますので、このままの状態をキープし乗り込んでいきたいと思います」とのこと。11月初旬の馬体重は473キロ。
(11月8日)


9月4日に社台ファームへ移動。初期馴致、騎乗馴致を終え、坂路入りを開始しており順調。
担当者は「1歳馬の中では安定感があり、深いダートの丸馬場でもブレることなく体を使うことができています。現在は週2日坂路入り、週2〜3日周回キャンター1500mを目標に進めています。まだまだ時計的にはゆっくりとしたペースで走っていますが、真っ直ぐと走ることを第一に進めており、併走で怖がったり単走で寂しがったりすることがないように、走りに対して集中させるイメージで取り組んでいます。心身共に安定感が増してきてだいぶ走りから幼さが抜けてきた印象です」とのこと。
10月計測=馬体重:461.0kg、体高:156.0cm、胸囲:169.0cm、管囲:20.7cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:455.0kg、体高:156.0cm、胸囲:169.0cm、管囲:20.7cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)