ベファーナ

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ベファーナ【意味:公現祭(エピファネイア)に登場する魔女。父名より連想・Befana】に決定しました。
    第2希望:アフェット、第3希望:バビロン
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

栗東・松下武士厩舎
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(1.2.2.1.0.7)

2024年

帰厩後も順調。先週末締切の交流競走に投票したところ、5月23日(木)公営園田・由良川特別(中央4歳以上1勝クラス・ダ1,870m)に出走可能馬として選出されている。
5月15日、松下調教師から「交流競走に選出されましたので、園田のレースに向かいたいと思います。本日は坂路で4ハロン53秒0、ラスト13秒3の時計を出しており、一杯に追ってしっかりと負荷をかけることが出来ました。木曜のレースに向けて日曜にもビシッと追い態勢を整える予定です」との連絡が入った。

05/12 助手 栗東坂良 1カイ 56.6-40.6-26.8-13.7 馬なり余力
05/15 助手 栗東坂良 1カイ 53.0-38.6-25.9-13.3 一杯に追う
(5月16日)


5月9日、松下調教師から「本日、馬の状態を確認したところ、強めを乗り出して大分良くなっている様子でした。検疫馬房が取れ次第帰厩させて、間に合えば京都最終週のダ1,800mに向かいます」との連絡が入った。
5月11日の検疫で帰厩し、25日(土)京都・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に向けて調整予定。
(5月10日)


グリーンウッドTで調整中。
5月1日、担当者の話では「硬さをほぐしながら進めてきて、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、今週から15−15を再開しています。まだ硬さが感じられますので、15−15をじっくり乗り込み良化を促したいと考えています」とのこと。現在の馬体重は513キロ。
(5月1日)


4月4日よりグリーンウッドTで調整中。
4月18日、担当者の話では「こちらに移動してきて一息入れさせましたが、今回は少し硬さが目立って疲れも感じられました。しばらく楽をさせて馬場コース2000mと坂路1本17−17ペースで乗り出していますが、まだ多少疲れが残っている様子です。しばらくは無理せず同様のメニューで体をほぐしながら進めたいと思います」とのこと。現在の馬体重は507キロ。
(4月18日)


3月31日撮影

3月31日・阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に出走し6着。
4月3日、松下調教師から「スタートで大きく躓きヒヤリとしましたが、完走することが出来て良かったです。左前肢内側の蹄冠部を擦りむいていて、躓いた際のものと思われますが、傷自体は深いものでは無かったですし、その他にも大きなダメージはありませんでした。いったん放牧に出してリフレッシュさせ、順調に回復して間に合うようなら春番組のうちにもう1戦を目指したいと思います」との連絡が入っている。4日にグリーンウッドTへ移動予定。
(4月3日)


3月31日撮影



3月31日撮影

3月31日(日)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に川須騎手で出走し6着。

松下調教師から「前走よりも馬群にくっついてレースを進めてもらうつもりでしたが、スタートで大きく躓いたことが全てです。ただ直線ではいつものように脚を使って前に迫ることはできました。休み明けでも結果が出てきているので、短期でリフレッシュさせてから馬の状態を見て使っていきたいと考えています」との話がありました。
川須騎手からは「スタートさえ普通に出ていれば、指示通り前に取り付いていけたと思います。道中は少し促しながらでもハミを噛むことなくレースを進められましたが、5着馬を交わそうとしたところで脚色が一緒になってしまいました。気の良い馬で調教では時計が出てしまいますが、レースだと乗りやすく今日のように折り合えるなら、流れに乗せても大丈夫だと感じました」との話でした。
(3月31日)


3月27日、松下調教師からは「先週跨がってみて硬さはそれほど出ていませんでしたので、続戦の方向で進めてきています。本日は坂路馬なりでサッと時計(4ハロン57秒5、ラスト12秒9)を出しており、状態は変わりない感じでした。想定上では頭数もそれほど多くなく、今週のレースへの投票を考えています」との連絡が入っている。
31日(日)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に川須騎手で投票予定。

03/27 助手 栗東坂不 1カイ 57.5-41.5-26.9-12.9 馬なり余力
(3月28日)


3月16日撮影

3月16日・阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に出走し7着。
20日、松下調教師からは「レース後も脚もと等に問題は見られません。今回は不完全燃焼な内容でしたので続戦で巻き返しを狙いたいところですが、硬くなりやすい馬なので、明日から跨がってみて馬体チェックをした上で続戦出来るかどうか判断したいと思います」との連絡が入っている。

03/21 助手 栗東坂良 1カイ 62.4-43.5-28.2-14.2 馬なり余力
(3月21日)


3月16日撮影



3月16日撮影

3月16日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に鮫島克駿騎手で出走し7着。

松下調教師から「折り合いに専念した形とは言えポジションが後ろになりすぎました。前回はジワッと脚を使わせてスムーズに運べていましたが今回は残念な結果でした。この後のことはレース後の状態を見て検討します」との話がありました。
鮫島克駿騎手からは「ハミを噛まないようゆったり乗りましたが、ペースが遅く前に行った馬が残ってしまいました。自分でレースを作れないので、前が止まるような展開にならないと厳しいですね。上手く乗ってあげられず申し訳ございませんでした」との話でした。
(3月16日)


3月16日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に鮫島克駿騎手で出走予定。
13日、松下調教師から「本日、坂路単走で時計を出し、4ハロン54秒3、最後だけ仕掛けて12秒6をマークしました。中間の状態も変わりは無く今週出走させたいと思います。レースについては、当初日曜の牝馬限定戦を予定していたのですが、相手関係を考えて土曜のレースに回ることにしました。鮫島克駿騎手が乗れるようなので依頼しています」との連絡が入っている。

03/13 助手 栗東坂不 1カイ 54.3-39.3-25.8-12.6 馬なり余力
(3月14日)


3月17日(日)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に向けて調整中。
6日、松下調教師から「若干の硬さは感じられますが、乗り出した後も状態に変わりは無く、来週のレースに向けて進めています。続けての出走になりますので、来週1本時計を出してレースに向かう予定です」との連絡が入っている。
(3月6日)


2月24日撮影

2月24日・阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に出走し2着。
28日、松下調教師から「レースに出走したなりの疲れは感じられますが、脚もと等に問題はなく、このまま次走に向かえそうです。明日までは運動のみで疲労回復に専念し、乗り出して問題が無ければ中2週の牝馬限定戦に出走させたいと思っています」との連絡が入っている。
3月17日(日)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に向けて調整する。
(2月28日)


2月24日撮影



2月24日撮影

2月24日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に西村淳也騎手で出走し2着。

松下調教師から「上手に乗ってくれましたね。道中じわーっと乗れば終いに良い脚を使えますが、今日は湿った馬場もあって展開に泣かされました。ただもう順番は回ってくるでしょうから、レース後の状態を見て続戦する予定です」との話がありました。
西村騎手からは「展開のアヤで2着まででした。3着以下は離しましたので次に決めたいですね。ポジションは後ろからになってしまいますが、最後に脚が使えるので折り合いをつけるだけですね」との話でした
(2月24日)


2月24日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に出走予定。
21日、松下調教師からは「本日坂路で時計を出しており、強目に追って4ハロン54秒1、ラスト12秒5をマークしました。1週前にしっかりと負荷をかけほぼ仕上がっている状態ですので、終い仕掛ける形でしっかり動いてくれました。良い状態でレースに臨めそうです」とのとの連絡が入っている。

02/16 助手 栗東坂稍 1カイ 63.4-44.6-28.6-14.2 馬なり余力
02/18 助手 栗東坂良 1カイ 58.7-42.5-27.6-13.6 馬なり余力
02/21 助手 栗東坂稍 1カイ 54.1-38.6-25.1-12.5 一杯に追う
(2月22日)


帰厩後も順調。2月24日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に向けて調整中。
14日、松下調教師からは「今週は1週前になりますので、坂路でしっかりと負荷をかけました。一杯に追って4ハロン51秒4、ラスト12秒6をマークし、十分な追い切りを消化できたと思います。順調にきていますし、硬さのある面もいつもより状態が良い感じがしますので、ぜひ頑張って欲しいです」との連絡が入っている。

02/11 助手 栗東坂良 1カイ 57.8-41.0-26.5-13.4 馬なり余力
02/14 助手 栗東坂良 1カイ 51.4-37.1-24.4-12.6 一杯に追う
(2月15日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ2月7日に帰厩。
松下調教師からは「順調にきており、次の阪神1週目のレースに向けて調整を開始したいと思います」との連絡が入っている。
2月24日(土)阪神・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝)に向けて調整する。
(2月7日)


島上牧場で一息入れて、1月16日にグリーンウッドTへ移動している。
担当者の話では「今回は疲れや硬さも見られない感じで、馬も元気一杯な様子です。既に馬場コース3000mと坂路1本17−17のメニューを乗り出しており、このままペースを上げていけそうです。それほど時間を置かずに帰厩の話も出るのでは」とのこと。現在の馬体重は503キロ。
(1月26日)


1月8日撮影

1月8日・京都・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に出走し3着。
10日、松下調教師から「レース後も脚もと等に異常は見られません。ただ、詰めて出走させると硬くなりやすい馬ですので、いったん短期放牧を挟んで調整したいと思います。明日島上牧場へ放牧に出し、グリーンウッドTの馬房都合が付き次第、移動させる予定です。ダ1,800mの条件ならある程度の出走間隔があれば出られると思いますので、権利には拘らず馬の状態優先で帰厩予定を立てたいと思います」との連絡があった。
(1月10日)


1月8日撮影



1月8日撮影

1月8日(祝・月)京都・4歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に▲永島騎手で出走し3着。

松下調教師から「今回は直線で良く脚を伸ばし、上手く噛み合ったレースになりました。中央の1勝クラスで十分通用する内容でしたね。脚元に硬さの出やすい馬でもあり、今日は目一杯に脚を使ったので、いったん短期で放牧に出して次に期待しましょう」との話でした。
永島騎手からは「前走ではハミを噛んでしまいましたが、今日はスタートから全然ハミを取らず進んでいけませんでした。道中もフワフワした感じの走りでしたが、それが力まずに走れたことに繋がり、最後に良い脚を使えたのだと思います。急かさず乗ることが出来れば、このクラスでも力は足りていますね」との話がありました。
(1月8日)


1月8日(祝・月)京都・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に▲永島騎手で出走予定。
4日、松下調教師からは「本日、坂路で追い切りを行い、単走で4ハロン53秒9、ラスト13秒2を計時しました。今日は雨の影響で馬場がかなり重くなっていたのですが、馬なりのまま力強い脚取りで登坂してきました。状態は変わりなくきていますし、ぜひ頑張って欲しいと思います」との連絡が入っている。

12/28 助手 栗東坂良 1カイ 56.9-40.9-26.1-12.8 馬なり余力
01/04 助手 栗東坂稍 1カイ 53.9-39.0-25.7-13.2 馬なり余力
(1月4日)

ページ上部へ

2023年

1月8日(祝・月)京都・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に▲永島騎手で出走予定。
12月28日、松下調教師から「レース後も硬さなどは出ていませんし、変わりなく順調にきています。本日、坂路馬なり単走で4ハロン56秒9、ラスト12秒8を計時しました。本日サッと追い切りを消化させて、年内は時計を出さずに調整し、年明けの当該週に1本追い切ってレースに向かえればと考えています」とのこと。
(12月28日)


12月16日撮影

12月16日・中京・3歳以上1勝クラス(ダ1800m・牝馬限定)に出走し9着。
20日、松下調教師から「レース後も馬体に問題は無く、明日から騎乗を再開し調整を進めたいと思っています。在厩で調整し、1月8日のダ1800m(牝)に向かう予定です。次走も永島騎手に依頼予定でおり、今回の経験を活かしてレースを運んでくれればと思います」との連絡が入っている。
(12月20日)


12月16日撮影



12月16日撮影

12月16日(土)中京12R・3歳以上1勝クラス(ダ1800m・牝馬限定)に▲永島まなみ騎手で出走し9着。

松下調教師から「指示通りに折り合い重視で上手に乗ってくれましたが、1000m通過が1分4秒台のペースではポジション的に仕方のない結果でした。
永島騎手からは『行きたがるところがあると聞いていたので、ゲートを出たなりのでレースに臨みました。1コーナー付近で少しハミを噛むところはありましたが、その後は馬の後ろで折り合いをつけられています。4コーナーで後ろからのプレッシャーを感じたので、早めに追い出していく形となり、その分だけ終いの伸びを欠いてしまったかもしれません。今日のような馬場では展開が向きませんでしたが、良馬場であればもっとやれていたと思います』との話でした。
レース後の状態次第で在厩のまま続戦の予定です」との連絡があった。
(12月16日)


12月16日(土)中京・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に永島まなみ騎手で出走予定。
13日、松下調教師から「今週も坂路単走で、強目に追って4ハロン54秒7、ラスト12秒9の追い切りを行っています。先週しっかりとやって態勢は整っていますので、今週は調整程度にサッと乗る内容です。現在の馬体重は504キロありプラス体重でのレースになるかもしれませんが、全く太くは見せてはおらず良い状態で臨めると思います」との連絡が入っている。

12/10 平沢健 栗東坂良 1カイ 56.8-41.7-27.9-13.5 馬なり余力
12/13 助 手 栗東坂良 1カイ 54.7-39.4-25.8-12.9 強めに追う
(12月14日)


11月28日に帰厩しその後も順調。
12月6日に松下調教師から「本日、坂路で単走の追い切りを行っています。一杯に追って4ハロン52秒9、ラスト13秒0をマークし、1週前の追い切りとしてしっかりと負荷をかけられたと思います。予定通り来週のレースに向かいます」との連絡が入っている。
12月16日(土)中京・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に向かう予定。

12/01 助 手 栗東坂良 1カイ 53.4-38.9-25.9-13.1 馬なり余力
12/06 平沢健 栗東坂良 1カイ 52.9-38.2-25.3-13.0 一杯に追う
(12月7日)


グリーンウッドTで調整中。坂路で12〜13秒ペースをコンスタントに消化しており順調だ。
松下調教師から「順調に調整を消化し具合も良さそうです。11月28日の検疫で帰厩させます」との連絡が入った。
12月1日に再度連絡があり「本日、坂路で追い切りを行いました。4ハロン53秒4、ラスト13秒1の登坂で、馬なりでスッと動けていましたし、これなら中京3週目にも十分間に合う動きだったと思います。多少の硬さはあるものの、前回のように気になるほどではありませんし、レースに向けて進めていきます」とのこと。
12月16日(土)中京・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m・牝馬限定)に向けて調整する。
(12月1日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「引き続き馬場コース4000m、坂路1本17−17中心に、12〜13秒ペースをコンスタントに消化しており順調です。硬さも取れて良い状態をキープしながら乗り込むことが出来ており、移動の態勢は整ってきています。いつ移動の話が出ても良いよう進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は521キロ。
(11月15日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「現在は馬場コース4000m、坂路1本17−17中心に、先週から12〜13秒ペースで乗り出しています。状態も大分良くなってきており、移動の態勢も整いつつあります。近々帰厩の話が出るのでは」とのこと。現在の馬体重は520キロ。
(11月1日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「馬場コース2000m、坂路1本17−17中心で乗り進めてきて、大分状態が良くなってきましたので、今週から15−15を乗り出しています。歩様の硬さが取れて、良かったときの状態に近づいてきていますので、このまま良化を促しつつ進めていきます」とのこと。現在の馬体重は521キロ。
(10月19日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「先週から馬場コース2000mで乗り出し、今週から坂路1本17−17を再開しました。こちらに来た当初に感じられた歩様の硬さは大分ほぐれてきましたので、ここから徐々に進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は516キロ。
(10月5日)


9月16日にグリーンウッドTへ移動。
担当者の話では「こちらに来てからの馬体チェックでも、やはり歩様の硬さが感じられましたので、今週一杯はトレッドミル調整で様子を見ることにしました。脚先に悪いところは無いですし、筋肉を触って痛がるところも無いので、しっかり疲れを取ってリフレッシュに専念したいと思います」との連絡が入った。現在の馬体重は493キロ。
(9月21日)


9月14日撮影

9月14日・園田・猪名川特別(中央3歳以上1勝クラス・ダ1,870m)に出走し2着。
15日、松下調教師から「レース中に感じることは無かったようですが、厩舎に戻ってからの歩様を見るとやはり硬さがある様子です。出がけの硬さなので運動すればほぐれるものなのですが、ここで無理をする必要も無いと思います。元々硬いところはあるものの、今回レースを使う前から少し気になる感じもあったので、いったん休みを挟むことにしたいと思います」との連絡が入った。16日にグリーンウッドTへ移動する。
(9月15日)


9月14日撮影



9月14日撮影



9月14日撮影

9月14日(木)園田・猪名川特別(中央3歳以上1勝クラス・ダ1,870m)に▲田口貫太騎手で出走し2着。

松下調教師からは「同厩の勝ち馬は4歳牡馬で、JRAのレースでは斤量58キロのところ交流では56キロで出られるため、その2キロ差が大きかったように思います。
田口騎手は『これまでのレースから、長く良い脚を使うタイプに感じたので、前半は急かさずに向正面辺りから仕掛けていくイメージで乗りました。2周目の1コーナー付近で少しハミを噛んでいましたが、次のコーナーを過ぎてからは折り合ってくれました。向正面から動かすと良い反応をしてくれて、最後まで良い脚を使ってくれましたが、勝ち馬には届きませんでした』と話していました。
今日のレースでは、特に歩様の硬さを感じることは無かったようで、この後については厩舎に戻ってからの状態を見て検討します」との連絡が入っている。
(9月14日)


9月14日(木)園田・猪名川特別(中央3歳以上1勝クラス・ダ1,870m)に▲田口貫太騎手で出走する。
13日、松下調教師からは「木曜のレースに向けて日曜に坂路で終いを伸ばす調整を行い、今日は角馬場調整を行っています。硬さはありますが、追い切り後に悪化などはしていませんし、状態をキープしてレースに臨めると思います。レースで行きたがる面もある馬なので、道中上手く運んで欲しいです」との連絡が入っている。

09/10 平沢健 栗東坂良 1カイ 61.5-43.1-27.6-13.6 馬なり余力
(9月13日)


9月14日(木)園田・猪名川特別(中央3歳以上1勝クラス・ダ1,870m)に▲田口貫太騎手で出走予定。
6日、松下調教師からは「繰り上がりで園田の交流競走に出られそうな見通しで、本日は坂路単走で強めに追い4ハロン55秒9、ラスト12秒9といったところを乗っています。少し硬さはあるものの、ここまで順調にきていますし、来週木曜のレースに向けて調整を進めます」との連絡が入っている。
8日、松下調教師からは「補欠の繰り上がりが確定しました。1,870m戦なら減量も効くと思いますので、3キロ減の田口騎手で向かう予定です」との連絡が入った。

09/03 助手 栗東坂良 1カイ 54.8-39.6-26.7-13.8 馬なり余力
09/06 助手 栗東坂良 1カイ 55.9-40.9-26.6-12.9 馬なり余力
(9月8日)


8月25日に帰厩。
30日、松下調教師から「帰厩後も順調で、本日、坂路単走で一杯に追って4ハロン52秒8、ラスト12秒9を計時しました。牧場で強めをコンスタントに乗ってもらいましたので、1本目からしっかり動けていて、これなら来週のレースに十分間に合いそうです。また、今週末締切の園田の交流戦にも投票を行っておきます」との連絡が入った。
9月9日(土)10日(日)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,800m)に向かう予定。
また、今週末締切の14日(木)園田・猪名川特別(中央3歳以上1勝クラス・ダ1,870m)にも投票を行う。

08/26 助手 栗東坂良 1カイ 63.6-46.7-30.3-14.4 馬なり余力
08/27 助手 栗東坂良 1カイ 55.0-39.7-26.2-13.2 馬なり余力
08/30 助手 栗東坂良 1カイ 52.8-37.5-24.6-12.6 一杯に追う
(8月31日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「引き続き馬場コース4000mと坂路1本17−17中心に、週2回12〜13秒ペースを消化しており順調です。状態も良く、阪神開催に向けて近々帰厩予定です。元気があって、気合い乗りも動きも上々です。いつ移動の話が出ても良いよう進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は518キロ。
8月24日、松下調教師から連絡があり「25日の検疫で帰厩させます。当初の予定通り阪神1週目のダ1,800m目標で進めます」との連絡が入った。9月9日(土)10日(日)阪神開催に向けて調整する。
(8月24日)


7月27日よりグリーンウッドTで調整中。
8月10日、担当者の話では「この中間も順調で、馬場コース4000mと坂路1本17−17中心に、週2回12〜13秒ペースを消化しています。松下調教師から『阪神1週目に向けて帰厩させたい』と話がありましたので、このまま移動の態勢を整えていきます」とのこと。現在の馬体重は518キロ。
9月9日(土)10日(日)阪神開催に向けて調整する。
(8月10日)


グリーンウッドTで調整中。
7月27日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、今週から12〜13秒ペースを乗り出しました。秋番組に向けてペースを上げ、番組次第になりますが、阪神開催1週目から始動できる態勢を整えていきたいと思っています。夏バテの症状も見られず元気一杯です」とのこと。現在の馬体重は510キロ。
(7月27日)


グリーンウッドTで調整中。
7月13日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心のメニューで進めてきて、先週から15−15を乗り出しています。短期で戻す話も出ていたのですが、猛烈な暑さも続いているためもうしばらくこちらで調整することになりそうです。暑い中ですので、当面は15−15までの調整で体調を整えることに専念します」とのこと。現在の馬体重は503キロ。
(7月13日)


6月15日よりグリーンウッドTで調整中。
21日、担当者の話では「こちらに来てからも特に問題は見られず、すぐに乗り運動を開始することが出来ています。現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17中心で進めており、乗り出した後も変わりない様子です。松下調教師からは『順調に回復するようなら短期の放牧で帰厩させることも』という話も来ていて、これならこのまま帰厩を前提としたメニューで進めて行けそうです」とのこと。現在の馬体重は492キロ。
(6月21日)


6月10日撮影

6月10日・阪神12R・3歳以上1勝クラス(混・ダ1800m)に出走し6着。
14日、松下調教師から「レース後も脚もと等に問題は見られませんが、多少の疲れがあるようなので、いったん放牧を挟んで再調整したいと思います。体調と回復具合に合わせて調整してもらいます」との連絡が入った。15日にグリーンウッドTへ移動する。
(6月14日)


6月10日撮影



6月10日撮影

6月10日(土)阪神12R・3歳以上1勝クラス(混・ダ1800m)に西村淳也騎手で出走し6着。

松下調教師から「今日は勝ち時計が2勝クラスよりも速く、相手が悪かったです。そんなレースの中でも、ベファーナ自身は良い競馬が出来たと思います。
西村騎手からは『折り合いが難しいと聞いていましたので、前半は無理に出して行きませんでした。ただ、道中はしっかり収まるところもありましたし、4コーナーで上がって行く脚も良かったので、メンバー次第でチャンスがあると思います』との話でした。
この後については、厩舎に戻ってから検討します」との連絡があった。
(6月10日)


6月10日(土)阪神12R・3歳以上1勝クラス(混・ダ1800m)に西村淳也騎手で出走する。
7日、松下調教師からは「本日、坂路単走で追い切りを行い、4ハロン53秒8、ラスト12秒9を強めで計時しました。中1週になりますので、終い重点の内容としましたが、動き自体は良く力を出せる状態です。馬体も戻っていますし、想定を見る限り除外無く出られそうですので、今週のレースに投票したいと思います」との連絡が入っている。

06/07 助手 栗東坂良 1カイ 53.8-38.5-25.4-12.9 馬なり余力
(6月8日)


5月28日・京都・3歳1勝クラス(ダ1,800m)に出走し11着。
31日、松下調教師からは「先週末締切の川崎・関東オークスには、先週のレース結果にかかわらず投票だけはするつもりでしたが、出走枠は2勝馬での抽選で、残りの補欠枠からも除外という結果でした。
レース後も脚元や馬体に異常は無く、明日から乗り出して調整を進めていきます。1,800mならそれほど混み合わない可能性もありそうですし、今週の想定や投票状況を見て、出られそうなら中1週や2週での出走も考えたいと思っています」との連絡が入っている。
(5月31日)


5月28日(日)京都・3歳1勝クラス(ダ1,800m)に国分恭介騎手で出走し11着。

松下調教師からは「引っ掛かりやすいところのある馬で、今日は1,800mなりの緩急の中、前半は頭を振って行きたがる面を見せましたが、ペースが流れているところではリズム良く走れていたと思います。
国分恭介騎手の話では『少しかかるところはありましたが、流れに乗って直線まで向かえたと思います。ただ、最後は自らやめるようなところがあり、追って脚を伸ばすことが出来ませんでした』とのこで、昇級初戦ということでペースの違いに戸惑いもあったと思います。
レース後も問題がなければ、引き続き古馬との混合戦に向かいたいと思っています」との連絡が入っている。
(5月28日)


5月28日(日)京都・3歳1勝クラス(ダ1,800m)に国分恭介騎手で出走する。
24日、松下調教師は「本日、坂路単走で追い切りを行い、4ハロン53秒4、ラスト13秒0を強めで計時しました。良い感じの動きでしたし、良い状態でレースに臨めそうです。ムキになるようなところも、以前に比べると大分マシになってきていますし、クラスが上がってペースが流れるようならポジションを取りに行くような競馬をしても良いのかもしれません。どういう競馬をしてくれるか楽しみにしています」とのこと。

05/21 助手 栗東坂良 1カイ 54.6-39.4-25.9-13.1 馬なり余力
05/24 助手 栗東坂良 1カイ 53.4-38.7-25.4-13.0 末強め追う
(5月25日)


5月11日に帰厩。28日(日)京都・3歳1勝クラス(ダ1,800m)目標で調整中。
17日、松下調教師は「本日、坂路単走で追い切りを行い、4ハロン52秒3、ラスト12秒4を計時しました。一杯に追ってのものですが、動き自体は良かったですし来週のレースに向かえそうです。現在の馬体重は494キロで、良い感じに仕上がってきています」とのこと。

05/14 助手 栗東坂稍 1カイ 55.6-40.4-27.0-13.9 馬なり余力
05/17 助手 栗東坂良 1カイ 52.3-38.1-25.0-12.4 一杯に追う
(5月18日)


グリーンウッドTで調整中。
5月10日、松下調教師から「順調に乗り込むことが出来ているようです。明日11日の検疫で帰厩させ出走に向けて進めて行きたいと思います。順調であれば3歳限定戦最後の週(5月28日・日・京都・3歳1勝クラス・ダ1,800m)目標で進めたいと思っています」との連絡が入った。
(5月10日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「この中間も順調に進んでおり、現在は馬場コース4000mと坂路1本を中心に、先週から15−15、今週から12〜13秒ペースを消化させています。強めを乗った時の動きも世方ですし、良い状態をキープしながら進めることができています。このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は509キロ。
(4月28日)


3月30日よりグリーンウッドTで調整中。
4月12日、担当者の話では「こちらに来てからの馬体チェックで特に問題は見られませんでしたので、すぐに乗り出し、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17の調整を行っています。普通キャンターの動きも以前より良くなっている感じですし、一つ勝って更に状態も上向きつつある感触です。調子は良さそうですし、ここから馬に合わせてペースを上げていこうと思います」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(4月13日)


3月25日撮影

3月25日・中京・3歳未勝利(ダ1,800m・牝馬限定)に出走し見事優勝。
29日、松下調教師は「レース後も脚もとに問題は見られませんが、硬い馬場を走った分なのか、体に硬さが感じられますので、いったんリフレッシュ放牧を挟むことにします。それほど時間はかからないと思いますが、馬に合わせて調整してもらうつもりです」とのことで、30日にグリーンウッドTへ移動予定。
(3月29日)


3月25日撮影



3月25日撮影



3月25日撮影

3月25日(土)中京・3歳未勝利(ダ1,800m・牝馬限定)に鮫島克駿騎手で出走し見事優勝。勝ち時計は1分52秒5、上がり3ハロンは37秒7。

松下調教師は「最内枠だったので心配しましたが、上手に外に出してくれました。外を回らされたのは1コーナーの入りのところだけで、その後はロス無くレースを進めてくれました。気性面が難しく、道中で掛かると抑えが効かなくなるタイプだけに、上手く流れに乗れていたのも大きかったです。
鮫島克駿騎手は『乗り難しい面があるので、その点に注意して騎乗しました。渋って速い馬場だったので、外に振られないよう意識しながら好位に取り付きました。直線で外に切り替えるとしっかりと脚を伸ばしてくれました。イメージ通りの良い競馬が出来たと思います』との話でした。
この後についてはレース後の状態を見て検討します」とのこと。
(3月25日)


3月25日(土)中京・3歳未勝利(ダ1,800m・牝馬限定)に鮫島克駿で出走する。
22日、松下調教師から「本日坂路単走で追い切りを行いました。一杯に追って4ハロン53秒6、ラスト12秒9を計時しています。レースでもそうですがハミを噛むところがあり、終いの時計が少しかかっているのはその分だと思われますが、動き自体は良かったです。鞍上も前回で感触を掴んでくれているはずですし、そろそろ決めて欲しいですね」との連絡が入っている。

03/22 助手 栗東坂良 1カイ 53.6-38.7-25.5-12.9 一杯に追う
(3月23日)


3月10日に帰厩。25日(土)中京・3歳未勝利(ダ1,800m・牝馬限定)に出走予定。
15日、松下調教師から「帰厩後も順調で、本日坂路単走で追い切りを行っています。一杯に追って4ハロン52秒2、ラスト12秒7を計時し、しっかりと動けていましたので来週の中京に向かいたいと思います。太目感も無く良い感じでレースに臨めそうです」との連絡が入っている。

03/12 助手 栗東坂良 1カイ 56.9-41.6-28.1-14.3 馬なり余力
03/15 助手 栗東坂稍 1カイ 52.2-38.1-25.3-12.7 一杯に追う
(3月16日)


グリーンウッドTで調整中
3月9日、松下調教師から「強目を順調に乗り込むことが出来ており、明日の検疫で帰厩させることにしました。すっかりリフレッシュして具合は良さそうです。帰厩後の状態にもよりますが、順調であれば中京最後の週の牝馬限定戦を目標に進めたいと思います。その週に間に合わなければ、翌週の阪神に向かいます」との連絡が入った。
10日に帰厩し、あるいは4月1,2日・阪神・3歳未勝利(ダ1,800m)に向けて調整を進める。
(3月9日)


グリーンウッドTで調整中
3月1日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、今週から12〜13秒ペースの調整を開始しました。乗り出してからも問題は無いですし、レースを経験したことで良化も感じられます。大分パワーアップした印象ですし、自らハミを取って行く気配が出てきて、トモの運びもずいぶんしっかりしてきました。このまま強目の本数を重ねて帰厩の態勢を整えます」とのこと。現在の馬体重は501キロ。
(3月2日)


2月2日よりグリーンウッドTで調整中
15日、担当者の話では「ダメージなどは見られず、一息入れてすでに乗り運動を開始し順調です。現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整を行っており、疲労感も無く良い感じで進んでいるので、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は497キロ。
(2月16日)


1月28日・中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に出走し3着。
2月1日、松下調教師からは「レース後は出走したなりの疲れは感じられますが、脚元や馬体に異常は見られません。明日グリーンウッドTへ短期放牧に出し、疲れをリセットして再調整してもらいます。あともう少しのところまで来ていますので、結果に繋げられるようしっかりと態勢を整えます」との連絡が入っている。
(2月1日)


1月28日(土)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に鮫島克駿騎手で出走し3着。

松下調教師からは「今日は上手く折り合いも付き、スムーズなレースが出来たと思います。
鮫島克駿騎手からは『折り合いに注意していましたが、ゲートから出して行かなければかかることはなく落ち着いて1〜2コーナーに入ることが出来ました。1900mや2000mまで更に距離を延ばしても良いかもしれません』ということで、ポジションを取りに行かなかった分後ろの位置になりましたが、前半は外目でリズム良く運んでくれましたし、最後は内に潜り込み、狭くなるところもあったものの、良く脚を伸ばしていました。
今回優先権を取得しましたが、ここまで続けて出走させましたので、いったん短期放牧に出しリフレッシュさせてから次走を検討します」との連絡が入っている。
(1月28日)


1月28日(土)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に鮫島克駿騎手で出走予定。
25日、松下調教師から「本日、坂路で単走の追い切りを行っています。雪の影響で馬場が重く無理はさせていませんが、56.0−40.0−26.0−12.8を強めでマークし、変わりない動きが出来ています。昨日、鮫島克駿騎手に跨がってもらった際には、少し行きたがるような面があったようです。前半の折り合いに気を付けつつ、ある程度のポジションを取りに行く競馬が出来ればと思っています」との連絡が入っている。

01/20 助手 栗東坂良 1カイ 54.2-38.9-25.8-13.5 一杯に追う
01/25 助手 栗東坂稍 1カイ 56.0-40.0-26.0-12.8 馬なり余力
(1月26日)


1月28日(土)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に鮫島克駿騎手で出走を予定。
18日、松下調教師から「この中間も変わりなく、普通キャンターのメニューを順調に消化しています。今週は金曜日に15−15を乗り、当該週に追い切ってレースに臨む予定です。連戦の疲れも無く状態はキープ出来ています」との連絡が入った。
20日、松下調教師から「本日、坂路で単走馬なりの追い切りを行っています。54.2−38.9−25.8−13.5を計時し、2ハロン3ハロンが少し速くなったために最後は流す感じで登坂してきました。疲れも無く元気一杯で、至って順調にきています。来週火曜の運動時にジョッキーを乗せて感触を確認してもらうつもりです」との連絡が入っている。
(1月21日)


1月8日撮影

1月8日・中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に出走し4着。
11日、松下調教師から「レース後も脚もとや馬体に問題は見られません。権利もありますし、このまま問題が無ければ中2週で同条件に向かいたいと思います。1〜2コーナーで力まずスムーズに運べるようになってくれれば更に前進があるはず」との連絡が入った。
1月28日(土)中京・3歳未勝利(ダ1800m。牝馬限定)に向けて調整する。
(1月11日)


1月8日撮影



1月8日撮影

1月8日(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に幸騎手で出走し4着。

松下調教師から「ダート替わりで良い走りを見せてくれました。
幸騎手の話では『芝の走りよりも、ダート適性がありそうです。ただ、1〜2コーナーでペースダウンした時にかなり行きたがって、なだめるのに苦労しました。その辺りがスムーズに運べるようになれば』ということでした。
行きたがって前半は少しチグハグになりましたが、後半は落ち着いて良い脚を繰り出せましたし次に繋がる内容でした。この後のことについてはレース後の状態を見て検討します」との連絡が入っている。
(1月8日)


1月8日(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に幸騎手で出走する。
4日、松下調教師は「本日、坂路単走で追い切りを行い、4ハロン55秒0、終いだけ軽く仕掛けてラスト12秒8を計時しました。変わりなくきていますので、この内容で十分だと思います。ダート替わりでワンペース気味な面をカバーできればと思います」との連絡が入っている。

12/31 助手 栗東坂良 1カイ 55.5-40.6-27.2-13.9 馬なり余力
01/04 助手 栗東坂良 1カイ 55.0-39.6-25.7-12.8 一杯に追う
(1月5日)

ページ上部へ

2022年

1月8日(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に向けて調整中。
12月30日、松下調教師からは「この中間も変わりなく来ており、明日15−15を乗る予定です。出られるようなら牝馬限定戦に向かいます」との連絡が入っている。
(12月30日)


12月18日撮影

12月18日・中京・2歳未勝利(芝2000m)に出走し9着。
21日、松下調教師からは「レース後も脚もと等に問題は見られませんので、在厩のまま調整し、年明けのレースに向かいたいと思います。3日間開催にひとつ組まれている牝馬限定のダ1800mを考えています」との連絡が入っている。
1月8日(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝馬限定)に向けて在厩で調整する。
(12月21日)


12月18日撮影



12月18日撮影

12月18日(日)中京・2歳未勝利(芝2000m)に富田騎手で出走し9着。

松下調教師からは「今日のレースは、内でロス無く立ち回った馬達が有利な前残りの競馬になりました。スタートはまずまず出ているものの、大外枠からでは中団のポジションになってしまい、最後も脚を使ってはいるのですがジリジリとした脚で前に追いつくことが出来ませんでした。レース後の状態次第で、ダートも含めて検討してみたいと思います」との連絡が入っている。
(12月18日)


12月18日(日)中京・2歳未勝利(芝2000m)に富田騎手で出走予定。
14日、松下調教師からは「この中間も順調です。先週金曜には坂路強めで4ハロン54秒1、ラスト12秒7を計時し、本日は坂路単走で一杯に追い、4ハロン52秒0、ラスト12秒7の追い切りを行いました。良く動けていますし、一回使った上積みを感じる動きでした。飼喰いも良いですし、良い状態で2戦目に向かえそうです」との連絡が入っている。

12/09 助手 栗東坂良 1カイ 54.1-39.0-25.4-12.7 馬なり余力
12/14 助手 栗東坂良 1カイ 52.0-38.1-25.1-12.7 一杯に追う
(12月15日)


12月18日(日)中京・2歳未勝利(芝2000m)に向けて調整中。
7日、松下調教師からは「この中間も変わりなくきており、次走に向けて調整を進めています。今週は9日金曜に時計を出し、当該週は水曜に追い切る予定です」との連絡が入っている。

12/07 助手 栗東坂良 1カイ 62.1-44.1-28.4-14.6 馬なり余力
(12月8日)


11月27日撮影

11月27日・阪神・2歳新馬(芝2000m)でデビューし7着。
30日、松下調教師からは「レース後も脚もと等に異常は無く、飼い葉も食べていて問題無さそうですので、在厩のまま続戦したいと思います。次走は中京3週目の芝2000mを考えています」との連絡が入っている。
12月18日(日)中京・2歳未勝利(芝2000m)を予定。
(11月30日)


11月27日撮影



11月27日撮影



11月27日撮影

11月27日(日)阪神・2歳新馬(芝2000m)に幸騎手でデビューし7着。

松下調教師からは「普段からすごく物見をする馬なので、初めての競馬だけにもし行く馬がいれば行ってもらうつもりでした。外の馬を行かせて良いポジションに付けられましたが、1コーナーでハミを噛んでしまったようです。
幸騎手は『調教でかかるイメージは無かったのですが、気合を付けると1コーナーで引っかかってしまいました。最後の直線は荒れた内を避けて外へと考えたのですが、前が開かず勿体なかったです。力はありそうですし、2000mの距離もあっていると思います』というコメントでした。
初戦としては良い内容でしたし、レース後も問題が無ければ続戦を検討したいと思います」との連絡が入っている。
(11月27日)


11月27日(日)阪神・2歳新馬(芝2000m)に幸騎手でデビュー予定。
23日、松下調教師から「本日もCWチップコースで併せ馬の追い切りを行っています。83.1−68.6−53.8−38.8−12.6、強目での追い切りでした。先週より時計がかかっていますが、今日は馬場が悪かったこともあり、良く動けていたと思います。馬体もひと追い毎に締まってきて良くなってきています。先週金曜日に幸騎手に跨がってもらいゲートからの調整を行ったところ、その時の出がすごく速く、ハナに立ってもおかしくない行き脚でした。前向きさもありますし前目の競馬で上手く運べればと思います」との連絡が入った。

11/20 助手 栗東坂良 1カイ     59.7-43.9-28.6-13.9 馬なり余力
11/23 助手 栗CW良 98.9-83.1-68.6-53.8-38.8-12.6 馬なり余力
シャマル(古馬オープン)馬なりの外0.3秒先行0.2秒遅れ
(11月23日)


この中間も順調。11月27日(日)阪神・2歳新馬(芝2000m)に向けて調整中。
11月16日、松下調教師から「今週もCWチップコースで併せ馬の追い切りを行い、一杯に追って82.4−67.3−52.9−38.0−12.0を計時しています。併せた相手はオープン馬なので、先行して1馬身遅れの形でしたが、動き自体は一追い毎に良くなっていると思います。デビュー戦のジョッキーは幸騎手を予定しており、今週金曜にはジョッキーを背にゲートからの調整を行うつもりです」との連絡が入った。

11/13 助手 栗東坂良 1カイ 56.3-41.2-27.3-13.8 馬なり余力
11/16 助手 栗CW良 82.4-67.3-52.9-38.0-12.0 一杯に追う
シャマル(古馬オープン)強めの外2.6秒先行0.2秒遅れ
(11月17日)


この中間も順調。
11月9日、松下調教師から「本日、CWチップコースで併せ馬の追い切りを行いました。一杯に追って84.0−69.4−54.6−38.8−11.9を計時し、併せた相手の馬(2歳の未勝利)を2馬身追走して0.2秒先着の内容でした。一追い毎に良くなっていますし、来週と再来週の追い切りで仕上がってきそうです。距離は長目が合いそうなタイプなので、阪神最終週の芝2000m目標で進めたいと思います」との連絡が入った。
11月27日(日)阪神・2歳新馬(芝2000m)に向けて調整する。

11/06 助手 栗CW良 83.1-68.0-52.9-37.5-12.5 馬なり余力
ハーベストデイ(二未勝)馬なりの内0.5秒追走同入
11/09 助手 栗CW良 84.0-69.4-54.6-38.8-11.9 一杯に追う
ハーベストデイ(二未勝)一杯の内0.7秒追走0.1秒先着
(11月10日)


10月29日に帰厩。
11月2日、松下調教師から「帰厩後も順調です。本日坂路で併せ馬の追い切りを行い、強目に追って4ハロン54秒9、ラスト13秒1をマークしています。併せた相手は既に3戦している既走馬でしたので、最後は遅れての入線でしたが、放牧から戻ってまだ余裕のある体付きですし、帰厩後1本目でこの時計が出せればまずまずだと思います。絞り込みつつもう少し本数を重ねた上で出走レースを考えます」との連絡が入っている。

10/30 助手 栗東坂良 1カイ 58.7-42.8-28.5-14.3 馬なり余力
11/02 助手 栗東坂良 1カイ 54.9-40.0-26.3-13.1 末一杯追う
タイセイヴィゴーレ(二未勝)一杯に0.2秒先行0.5秒遅れ
(11月4日)


グリーンウッドTで調整中。
10月28日、松下調教師から「順調に乗り込むことが出来ましたので、29日の検疫で帰厩予定です。ここからレースに向けて進めて行きます」との連絡が入った。
グリーンウッドT担当者の話では「強目を乗り出した後も順調で、12〜13秒ペースをコンスタントに乗り込むことが出来ました。こちらに来たときに感じられたトモの緩さも、強目で乗り進めてきて大分解消しずいぶん良くなってきました。良い状態で送り出せると思います」とのこと。現在の馬体重は516キロ。
(10月28日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「乗り出した後も順調で、馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週から15−15、今週から12〜13秒ペースを消化しています。まだ緩さは残るものの、初めにこちらに来たときよりも大分馬がしっかりしてきて良くなっている感じです。特に問題は見られませんので、このまま帰厩に向けて強目を乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は508キロ。
10月21日、松下調教師からは「本日、牧場で馬の状態を確認してきました。大分体もスッキリとして競走馬らしい体付きに変わってきつつある様子でした。13秒ペースを順調に消化できているようですし、10月末〜11月初めの検疫で帰厩させたいと思います。長めの距離が合いそうで、帰厩後の状態と番組を見ながら目標のレースを考えるつもりです」との連絡が入っている。
(10月21日)


9月16日よりグリーンウッドTで調整中。
29日、担当者の話では「こちらに来た後も特に問題は無く、一息入れてすぐに乗り出すことが出来ています。疲れも抜けているようなので、馬場コース3000mと坂路1本17−17の調整を開始しており、来週辺りから15−15を開始出来ればと考えています。リフレッシュさせつつしっかり乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は501キロ。
(9月29日)


9月9日にゲート試験をクリアし強目の調整を開始している。
14日、松下調教師からは「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。併せた相手は入厩からゲート試験まで一緒に進めてきたタイセイヴィゴーレという2歳で、4ハロン54秒9で、ラスト13秒3を計時しました。遅れずに同入の形でしたが、手応えはやや一杯といった感じで、もう少し乗り込む必要がありそうです。ゲート試験の後、少し硬さも出てきているので、ここでいったん放牧に出してリフレッシュを挟んだ上で再調整する方が良いと思います。明日1日は厩舎で様子を見て、16日にグリーンウッドTへ移動予定です」との連絡が入っている。

09/11 助手 栗東坂良 1カイ 57.9-43.6-29.2-14.3 馬なり余力
09/14 助手 栗東坂良 1カイ 54.9-39.3-26.0-13.3 一杯に追う
タイセイヴィゴーレ(新馬)一杯に0.1秒先行0.1秒先着
(9月15日)


9月1日の検疫で入厩。
7日、松下調教師からは「入厩後も順調で、坂路1本を登坂後、ゲート練習を行うメニューです。本日は枠入り駐立の確認を行っており、明日ゲートを出る練習をしてみて、上手く出てくれるようなら金曜にも試験を受けられればと考えています。飼喰いも問題は無く至って順調です」との連絡が入っている。
9日、松下調教師から「本日、ゲート試験を受けて無事に合格してくれました。入厩からここまで詰めて練習を行いましたので、その分少しイライラしたのか、入りで少しイヤイヤをしましたが、スタートは普通に出てくれてOKをもらいました。入りについては折を見て練習させつつ調整したいと思います。ゲート試験もクリア出来ましたので、疲れがでなければ週末に15−15程度を乗り、来週強目を乗ってみたいと思います。その状態を見て、このまま進めるか一息入れるか判断したいと思います」との連絡が入った。
(9月9日)


8月31日、松下調教師から「グリーンウッドT到着後も順調に来ているようです。明日の検疫で入厩させて、まずはゲート試験合格を目指して調整します」との連絡が入った。9月1日の検疫で入厩する。
9月1日、グリーンウッドT担当者の話では「こちらに到着後も問題は無くすぐに乗り出すことが出来ていました。ここまでに馬場コース3000mと坂路1本17−17のメニューを消化し、ゲートでも特に問題の無いことを確認して送り出しました。移動前の馬体重は510キロでした」とのことだ。
(9月1日)


8月24日、松下調教師から「山元TCへ無事に到着し、今週中にグリーンウッドTまで移動してくると報告を受けています。到着後に問題が無ければ、検疫が取れ次第、入厩させたいと思います」との連絡が入った。
25日、グリーンウッドT担当者より「山元TC移動後も問題は無く、昨日着の便でこちらに移動してきました。輸送熱も無く体調に問題はありません。松下調教師からは『来週の検疫を手配予定』と聞いています」との連絡が入っている。検疫が取れれば来週入厩予定。
(8月25日)


社台ファームで順調に調整を積み、20日に山元TCへ移動している。
8月03日 15.6-14.8
8月05日 15.3-14.7 A15.5-15.4
8月10日 15.4-14.9-14.8 A12.4-11.9-13.3

現在は週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂。その他の日は周回ウッドコースでハッキングキャンターを乗る乳酸トレーニングを行っている。
担当者の話では「脚もとに問題は無く、飼い葉もよく食べています。やや気負い気味なので、もう少し楽に行ければ加速自体が軽やかになってきそうです。毛艶も良くなってきており、調子は上向きです。8月に入ってからもコンスタントに時計を出しており、10日の2本目をラスト12秒台で踏ん張ってくれればと思いましたが、動きは十分及第点以上でした」とのこと。現在の馬体重は510キロ。
20日、担当者より「順調にきていましたので、昨日出発の便で山元TCへ送り出しました。本日、無事に到着していると報告が入っています」との連絡が入った。
(8月20日)


社台ファームで調整中。
右前球節の腫れも治まり通常調教を再開。現在は週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂。その他の日は周回ウッドコースにてキャンターのメニューで調整中。
担当者の話では「7月30日に坂路で3ハロン、13.4−12.0−13.0の時計を余裕を持って上がってきました。その後も疲れはなく、もう1本追い切りを行なってから少しリフレッシュ期間を設ける予定です。まだまだこれから動きはよくなってくると思いますので、超回復を促しながら上向かせていきたいです」とのこと。現在の馬体重は512キロ。
(8月5日)


社台ファームで調整中。
坂路調整を継続してきたのだが、7月14日に右前球節に腫れが見られたため騎乗を控えることに。
担当者の話では「ここにきて坂路で落ち着いて走れるようになり、前進気勢も伴ってきた矢先に、右前球節の腫れが出てしまいました。検査の結果、骨と腱に異常はなかったものの、腫れが大きく、完全に治まるまでは冷却治療を行って運動調整のみでケアを優先します」とのこと。現在の馬体重は506キロ。
(7月20日)


社台ファームで調整中。
週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニュー。中間には3F14.8-13.4-12.5、3F14.4-14.4-14.1を計時。

担当者の話では「中間には立て続けに速い時計をマークし順調です。坂路では少し気負い気味に走るのは相変わらずですが、前進気勢は感じられます。脚もと、特に球節周りについては注意しながら進めていますが、成長とともに良化傾向にあり、ここから更に強い時計を課し、入厩に向けて乗り込んでいきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は505キロ。
(6月24日)


社台ファームで調整中。
5月20日 15.4-14.9
5月23日 15.6-15.4
5月25日 15.5-14.9-14.4 A15.2-13.7-12.9

週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニュー。5月末にリフレッシュ調整を挟み、6月4日から騎乗を再開している。
担当者の話では「引き続き球節周りの状態を見ながら調整を進めてきました。5月25日には2本目に13秒を切るメニューも消化しており、動きはシャープで騎乗者のサインにも上手く反応できていました。5月はノンストップでやってきたので、30日からリフレッシュ休暇を挟み、騎乗控えてマシン運動のみで調整してラクをさせました。お休みを挟んだことで、馬は落ち着いており良い雰囲気です。6月4日から周回馬場で乗り出し、元のペースに戻していく予定です」とのこと。現在の馬体重は508キロ。
(6月10日)


社台ファームで調整中。
5月14日 14.4-12.3-12.3

週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニュー。
担当者の話では「14日の追い切りではラストをイーブンラップでまとめて踏ん張りました。調教量に比例して体を使えるようになってきたので、今回の追い切りでどんな動きをするか楽しみにしていましたが、及第点以上の動きでした。まだ脚もと(特に球節周り)が固まりきっていないので、今後も注意しながらスピードワークを合間に挟んで鍛えていきます」とのこと。現在の馬体重は506キロ。
(5月18日)


社台ファームで調整中。
中間に左前球節に捻挫の症状が見られ、1週間馬場入りを控えたがすぐに治まり、すでに調整を再開。現在は週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニューを消化。
中間には坂路で2F15.8-14.8、2F15.3-14.4を計時。

担当者の話では「経過は良く、坂路で時計を出した後も球節に問題は見られません。周回走路ではやや力みが見られるものの、以前よりも自制した走りが出来ています。前進気勢が旺盛で、常に想定よりも早めの時計が出やすいので、オーバーワークにならないよう注意して進めています」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(4月28日)


3月17日撮影

社台ファームで調整中。
動画撮影時のタイム:1本目16.5-16.1-15.6、2本目17.0-15.7-15.6

現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂、1回は坂路登坂後に周回ウッドチップコースでハッキングキャンターを乗るメニュー中心の調整。
担当者の話では「調教後の乳酸値は安定してきたので、これからF15−14秒ラップ中心のメニューへと進めていきます。足元はまだ水っぽさが残るので焦ったペースアップはしませんが、体力的には次のステップへ進めていけそうです。前に出る勢いはあるので、エネルギーを溜め込んで、乗り手の指示に対して俊敏に反応できるように作っていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(4月8日)


3月下旬撮影

社台ファームで調整中。
3月03日、15.4-15.6
3月05日、15.3-14.7
3月07日、15.3-14.4

左前球節と飛節の外傷は順調に回復し、現在は週2回坂路2本中心の調整。その他の日は、周回コースでキャンター2500m、或いはトレッドミル調整のメニューをそれぞれ週2回ずつ消化している。
担当者の話では「2本を登坂した後には四肢にむくみが出るなど、まだ脚もとは未完成な感じですが、2本目のラストまで手応え良く走れており調整自体は順調です。時計が示している通り、ギアの上がり方が軽くてスムーズですが、血統イメージ通りの気難しさも持ち合わせており注意しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は498キロ。
(3月18日)


社台ファームで調整中。
週1〜2回坂路入りし、週1回ペースで坂路2本3F48秒ペースを消化。2月8日に左前球節と左の飛節に軽度の外傷を負ったため、1週間程度治療に専念して回復次第すぐに乗り出す予定。
担当者の話では「周回コースではハミ受けに改善の余地を残しておりますが、坂路での動きは徐々に力強さが備わって来た印象です。時折脚元に疲れを見せることがあるものの歩様等に問題なく、ケアを行いながら運動は継続できていますし、成長と共に体質も強化されれば問題ないと思います。外傷の治療のため一息入れることになりましたが、この期間にリフレッシュさせて再度進めて行きたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は496キロ。
(2月18日)


社台ファームで調整中。
年始に軽度の熱発が見られたが、既に回復し週3回坂路入りしている。
担当者の話では「坂路で1F18〜17秒1本のメニューから、ペースアップを検討していたところでの小休止となってしまいましたが、坂路入りは再開出来ており順調です。もうしばらく現在のメニューを継続し、しっかりと体力面・馬力面の下地を作ってから次のステップへと進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は489キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。
週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを課し、長目を乗り込む調整。
担当者の話では「体力向上メニューで進めてきてアウトラインが締まり良くなってきました。寒さが増していますが、調教量をグッと上げて鍛えていることで代謝が上がり、体の艶と筋肉の張り出しがとても良くなっています。F18−17ペースは楽に乗れていますので、F15−14秒調教移行のタイミングをはかっていきます」とのこと。年内は引き続き地力強化をメインに長目の距離を乗り込み、年明けからのペースアップに備える。現在の馬体重は484キロ。
(12月24日)


社台ファームで調整中。
イヤリング厩舎から調教厩舎に移動し、現在は角馬場、周回コース750m等、調教施設や環境の変化に慣らしながらの調整。
担当者は「環境の変化に臆することも無く、すぐに馴染んでくれました。移動直後は飼い葉を少し残し気味でしたが、慣れるにつれて徐々に飼喰いは良くなってきています。騎乗馴致を進めてきて馬体のシルエットは以前より競走馬らしくなってきました。引き続き成長を促しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

社台ファームで調整中。
夜間放牧に並行して騎乗馴致を進めており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、11月後半から坂路入りできればと考えています。1ヶ月乗り込んで年末までに17−18消化を目指して進める予定です。雄大な馬体の持ち主で、同時期の兄サトノラディウスよりも肉付きは良いように思われ、腹袋もありしっかりした体付きです。スピード能力も高そうですね」とのこと。現在の馬体重は494キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


社台ファームで調整中。
10月末まで夜間放牧を行い、11月1週目からドライビング(ハミ受けの馴致)など本格的な馴致を開始している。
担当者は「朝晩は寒さが増してきていますが、体調に変化は無く、夜間放牧で運動量をしっかり確保してきました。涼しくなって馬も過ごしやすくなってきたのか、活気ある動きを見せています。少し気の強さも見え、他馬に対してキツいところも見せ始めました。馬に合わせて馴致を進めていきます」とのこと。11月初旬の馬体重は496キロ。
(11月8日)


9月24日に社台ファームへ移動。
初期馴致を確認し、いまは夜間放牧のみ行っており、まもなく本馬も本格的なドライビング(ハミ操作の練習)と騎乗馴致へと移行する予定。
担当者は「移動後も体重を減らすことなく、新しい環境での放牧にも慣れてくれました。ここから騎乗馴致を開始していきます」とのこと。
10月計測=馬体重:494.0kg、体高:155.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:20.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:460.0kg、体高:155.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:20.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)