アーヴェイの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・松下武士厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年始に軽度の熱発が見られたが、既に回復し週3回坂路入りしている。
担当者の話では「坂路で1F18〜17秒1本のメニューから、ペースアップを検討していたところでの小休止となってしまいましたが、坂路入りは再開出来ており順調です。もうしばらく現在のメニューを継続し、しっかりと体力面・馬力面の下地を作ってから次のステップへと進めていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は489キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを課し、長目を乗り込む調整。
担当者の話では「体力向上メニューで進めてきてアウトラインが締まり良くなってきました。寒さが増していますが、調教量をグッと上げて鍛えていることで代謝が上がり、体の艶と筋肉の張り出しがとても良くなっています。F18−17ペースは楽に乗れていますので、F15−14秒調教移行のタイミングをはかっていきます」とのこと。年内は引き続き地力強化をメインに長目の距離を乗り込み、年明けからのペースアップに備える。現在の馬体重は484キロ。
(12月24日)


社台ファームで調整中。イヤリング厩舎から調教厩舎に移動し、現在は角馬場、周回コース750m等、調教施設や環境の変化に慣らしながらの調整。
担当者は「環境の変化に臆することも無く、すぐに馴染んでくれました。移動直後は飼い葉を少し残し気味でしたが、慣れるにつれて徐々に飼喰いは良くなってきています。騎乗馴致を進めてきて馬体のシルエットは以前より競走馬らしくなってきました。引き続き成長を促しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

夜間放牧に並行して騎乗馴致を進めており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、11月後半から坂路入りできればと考えています。1ヶ月乗り込んで年末までに17−18消化を目指して進める予定です。雄大な馬体の持ち主で、同時期の兄サトノラディウスよりも肉付きは良いように思われ、腹袋もありしっかりした体付きです。スピード能力も高そうですね」とのこと。現在の馬体重は494キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


10月末まで夜間放牧を行い、11月1週目からドライビング(ハミ受けの馴致)など本格的な馴致を開始している。
担当者は「朝晩は寒さが増してきていますが、体調に変化は無く、夜間放牧で運動量をしっかり確保してきました。涼しくなって馬も過ごしやすくなってきたのか、活気ある動きを見せています。少し気の強さも見え、他馬に対してキツいところも見せ始めました。馬に合わせて馴致を進めていきます」とのこと。11月初旬の馬体重は496キロ。
(11月8日)


9月24日に社台ファームへ移動。初期馴致を確認し、いまは夜間放牧のみ行っており、まもなく本馬も本格的なドライビング(ハミ操作の練習)と騎乗馴致へと移行する予定。
担当者は「移動後も体重を減らすことなく、新しい環境での放牧にも慣れてくれました。ここから騎乗馴致を開始していきます」とのこと。
10月計測=馬体重:494.0kg、体高:155.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:20.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:460.0kg、体高:155.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:20.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)