ツルマルオトメの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

チェスナットファーム在厩(栗東・杉山晴紀厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

年末年始はウォーキングマシンとトレッドミル調整(キャンター3分前後)でリフレッシュ休暇にあて、現在はBTCのウッド1000m直線コースにて、ハロン20秒程度のキャンター2本を中心に行なっている。
担当者は「昨年末には、ハロン16秒を切るメニューを行いました。現在は雪の影響もあり、坂路コースへの道が悪い時は、ウッド直線1000mで18秒を切るメニューを行なっています。徐々に背も伸びて前後のバランスが良くなっていますので、今後も馬体成長を促しつつペースを上げて行きます」とのこと。現在の馬体重は461キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000m(20秒ペース)中心に、週1回ウッド1000m直線コースで17−17を消化し順調。
担当者は「順調にペースアップ出来ており、トモの使い方も良いですね。飼い葉はよく食べてくれますが、姉達同様に神経質な面もあるので、ペースアップの際には馬体の様子を見ながら進めて行くつもりです。年内に16秒ペースまで進めて年末年始期間に一息入れられればと考えており、しっかりリフレッシュさせて年明けはトレッドミルから立ち上げていく予定です」とのこと。12月中旬の馬体重は456キロ。
(12月24日)


11月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000mのキャンター調整を行っており順調。
担当者は「負荷を高めていますが、飼い葉喰いが落ちるようなことはなく、入場時に比べて背肉も付いてきた印象です。今後もピリピリしやすい精神面には注意をしながら徐々に調整を進めていきたいと思っています」とのこと。11月下旬時点の馬体重は435キロ。
(12月9日)


11月16日撮影

チェスナットファームで調整中。現在は丸馬場での騎乗馴致と横木飛越を行っており、馬場見せ程度にBTCでの調整を開始している。
担当者は「精神面の鍛錬と体をしっかり使えるように横木を跨ぐ調整を併せて行い、大分動けるようになってきました。現在は新しい環境に慣らしながら馬場でハッキング3000mの調整を開始しており、ここから様々な馬場を使って徐々に進めていくつもりです。手先の軽さもあり、1歳としては十分合格点の体付きです。それほど緩さも無くしっかりしていて、成長力もありそうですし、早めの始動を目指せそうなタイプです。順調なら年内にハロン18秒ペースまで進めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は435キロ。
(11月22日)


11月16日撮影


(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


チェスナットファームで調整中。初期馴致を終え、現在は丸馬場での騎乗馴致を行っており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、精神面の鍛錬を兼ねて、馬場に置いた横木を跨いで歩く調整も開始しています。騎乗運動に慣れて、現在のメニューがしっかり身についたところでBTCでの調整を開始したいと思っています。疲れなど無く順調なら今月中にBTC入り出来そうですが、少しピリピリした面も見せているので馬に合わせて急かさず進めます」とのこと。10月中旬の馬体重は432キロ。
(11月8日)


9月28日に北海道のチェスナットファームへ移動。現在は初期馴致とウォーキングマシンでの運動を行っている。
担当者は「ロンギ場でギア(腹帯の締め付けに慣らす装具)付けを行い、鞍に慣れさせているところです。手を煩わせる面もなく順調に進んでいますので、今月には騎乗運動へと移行できる予定です。馬房内でも落ち着いていますし、聞いていたゆう癖はいまのところ見せることはありません。筋肉量が豊富な馬体ですが硬さはなく、歩様はとても滑らかで好印象の馬体をしています。飼い葉もしっかりと食べてくれています」とのこと。
9月計測=馬体重:446.0kg、体高:156.0cm、胸囲:179.0cm、管囲:19.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:425.0kg、体高:155.0cm、胸囲:175.0cm、管囲:19.3cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)