ツルマルオトメの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ブリアンツァ【意味:イタリアの緑の多いリゾート地・Brianza】に決定しました。
    第2希望:パルフェフレイズ、第3希望:ベルエドゥエ
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

チャンピオンヒルズ在厩(栗東・杉山晴紀厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2022年

チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「引き続き周回コースと坂路を併用して同様のメニュー(週2回坂路で強め、16−13−13や15−15を消化)を乗り込んでいます。ゲートクリア前の段階ですので、馬なりでの調整になりますが、併せ馬でも相手と併走でしっかり走れており、良い感じで乗り込むことが出来ています。杉山調教師も定期的に来場しており、師とも相談しながら進めていきます。飼喰いも良好で、強目を乗りながら馬体が増えているのも好感が持てます。現在の馬体重は463キロです」とのこと。
(8月5日)


チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「周回コースと坂路を併用し、坂路では週2回強目を乗るメニューで進めています。1回は16秒で入って13−13、もう1回は15−15を、いずれも馬なりでの登坂です。13−13ペースも馬なりで楽に上がれていますし、入厩してゲート試験をクリアするまではテンションが上がらないように、このまま馬なりメインで乗り込んでいくつもりです。現在の馬体重は460キロです」とのこと。
(7月21日)


6月3日よりチャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「現在は周回コースと坂路を併用して乗り込んでおり、先週末から坂路で15−14を乗り出しました。今週火曜に2本目の15−14を消化し特に問題はありませんので、今週末にも1本乗り、ここから週2回強目を乗るメニューで進めていきたいと思っています。現在の馬体重は464キロです」とのこと。
(7月8日)


6月中旬撮影

6月3日よりチャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「環境にも慣れ、予定通り坂路入りして調整を進めています。現在は周回コースと坂路を併用して普通キャンター(18〜17秒ペース)をじっくり乗り込んでおり、ここから徐々にペースを上げていきたいと思っています。現在の馬体重は456キロです」とのこと。
杉山調教師からは「坂路入りを開始して順調に乗り込むことが出来ています。もうしばらくはこのまま乗り込み、入厩への態勢を整えてもらうつもりです」との連絡が入っている。
(6月24日)


6月9日撮影



6月9日撮影

北海道を6月1日に出発し、3日に栗東近郊のチャンピオンヒルズへ到着。
9日、担当者の話では「輸送熱なども無く無事に到着しました。すぐに環境にも慣れ落ち着いていますし、飼い葉もよく食べており、癖も無く扱いやすいタイプです。既に馬場入りして、ハッキングで周回コース1周半程度を乗っており、コースに慣れさせつつ進めているところです。週末には坂路入りも出来そうですし、このまま状態に合わせて進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は449キロ。
10日、杉山調教師からは「本日、馬の状態を見てきました。輸送のダメージも無く順調に調整を進めることが出来ているようです。軽めから乗り出しており、徐々に進めてもらうつもりです」都の連絡が入っている。
(6月10日)


5月中旬撮影

BTCの坂路でハロン15〜13秒ペースをコンスタントに消化し順調。
5月30日、杉山調教師から「馬運車の手配が出来ましたので、6月1日出発の便で栗東近郊のチャンピオンヒルズへ移動させます。入厩日などはまだ未定ですが、暑くなる前に移動を済ませておき、移動後の状態を見ながら検討するつもりです」との連絡が入った。
(5月30日)


BTC各種コースでキャンター4000mを中心に、坂路での強め(15〜13秒)もコンスタントに消化し順調。
担当者は「中間にトモの疲れが出てケアを行ないました。その後は順調に乗り込めていて、坂路強めも問題なく消化出来ています。9日に杉山調教師が来場し、現在の状態をお伝えしたところ近々栗東近郊の牧場へ移動することになりました。見た目に幼さは残るものの、乗り味は良いですし、今のメニューでもしっかりと動けていますので、トレセンへの入厩も可能な状態です。ゲートも駐立から自動開けまで行なっており、開く音にも動じず一歩目の反応が速いです。移動の声がかかるまで、引き続きしっかりと調整して行きます」とのこと。現在の馬体重は464キロ。
杉山調教師からは「北海道での乗り込みは順調に進んでいるようです。暑くなる前に栗東近郊まで移動させたいと思っています」との連絡が入っており、近々移動の可能性あり。
(5月20日)


チェスナットファームで調整中。BTCの周回ダートコース2,400bのキャンターを中心に、週1日は坂路強目(15〜13秒)を消化し順調。
担当者は「強目をコンスタントに消化しており、4月に入ってからは終い13秒台に伸ばして乗り込み中です。調教師からの指示もあり、移動を意識したメニューで進めてきていますが、乗り込むにつれて馬がしっかりとして良くなってきた印象です。上昇気配のまま乗り込むことが出来れば、早期移動の可能性もありそうです」とのこと。現在の馬体重は465キロ。
(4月28日)


4月7日撮影

BTCの周回ダートコース2,400bのキャンターを中心に、週1日は坂路強目(15秒)を消化し順調。
担当者は「時期的なもので、牝馬特有のフケが見られていましたが、その間も緩ませず調教を続けてきました。現在はフケもおさまり、強目を行く日はハロン15秒ペースをイメージしながら、14秒台まで無理なく加速出来ています。馬体成長に伴い筋肉量も増え、競走馬らしいシルエットに変わってきていますので、このまま成長度合いに合わせながら、更なる良化を促していきます」とのこと。
4月11日、担当者の話では「来場した杉山調教師が状態を確認し『コンスタントに強目を乗れている様子ですので、早めの移動も検討したいと思います』という話がありました。ここから移動に向けた調整を進めていきます」とのこと。移動に向けてピッチを上げていく。現在の馬体重460キロ。
(4月12日)


3月中旬撮影

3月に入り、BTCの周回600mダートコースで2,400bのキャンター中心に、週中での坂路強目をハロン15秒までペースアップしている。
担当者は「順調に乗り進め、3月上旬に坂路15秒ペースへと無理なく移行しています。背中のキ甲も徐々に抜けてきたことで馬体のバランスが良くなり、正しい位置でハミを取って走れるようになってきました。3月上旬に杉山調教師が来場し、『良い動きが出来ていますね。今後の成長も楽しみです』と好感触の印象でした。ペースを上げてからも飼い食いは良く、引き続き乗り込んで成長を促していきます」とのこと。現在の馬体重は460キロ。
(3月18日)


2月中旬撮影

現在は、BTCの周回ダート600mとウッド1000m直線コースを併用し、合計3000m前後のキャンター中心の調整。週中には坂路コースでハロン16秒まで進めており順調。
担当者は「走りに対して前向きで、とても真面目な性格です。まだ緩さの残る体付きですが、背中を使って上手くハミも取れるようになり、徐々に成長しています。飼い葉はゆっくりではあるものの常に完食出来ていますので、今のペースにも慣れてくる3月頃から15秒ペースへ進めて行く予定です。早期移動にも対応出来るように、しっかりと乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は462キロ。
(2月18日)


1月中旬撮影

年末年始はウォーキングマシンとトレッドミル調整(キャンター3分前後)でリフレッシュ休暇にあて、現在はBTCのウッド1000m直線コースにて、ハロン20秒程度のキャンター2本を中心に行なっている。
担当者は「昨年末には、ハロン16秒を切るメニューを行いました。現在は雪の影響もあり、坂路コースへの道が悪い時は、ウッド直線1000mで18秒を切るメニューを行なっています。徐々に背も伸びて前後のバランスが良くなっていますので、今後も馬体成長を促しつつペースを上げて行きます」とのこと。現在の馬体重は461キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000m(20秒ペース)中心に、週1回ウッド1000m直線コースで17−17を消化し順調。
担当者は「順調にペースアップ出来ており、トモの使い方も良いですね。飼い葉はよく食べてくれますが、姉達同様に神経質な面もあるので、ペースアップの際には馬体の様子を見ながら進めて行くつもりです。年内に16秒ペースまで進めて年末年始期間に一息入れられればと考えており、しっかりリフレッシュさせて年明けはトレッドミルから立ち上げていく予定です」とのこと。12月中旬の馬体重は456キロ。
(12月24日)


11月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000mのキャンター調整を行っており順調。
担当者は「負荷を高めていますが、飼い葉喰いが落ちるようなことはなく、入場時に比べて背肉も付いてきた印象です。今後もピリピリしやすい精神面には注意をしながら徐々に調整を進めていきたいと思っています」とのこと。11月下旬時点の馬体重は435キロ。
(12月9日)


11月16日撮影

チェスナットファームで調整中。現在は丸馬場での騎乗馴致と横木飛越を行っており、馬場見せ程度にBTCでの調整を開始している。
担当者は「精神面の鍛錬と体をしっかり使えるように横木を跨ぐ調整を併せて行い、大分動けるようになってきました。現在は新しい環境に慣らしながら馬場でハッキング3000mの調整を開始しており、ここから様々な馬場を使って徐々に進めていくつもりです。手先の軽さもあり、1歳としては十分合格点の体付きです。それほど緩さも無くしっかりしていて、成長力もありそうですし、早めの始動を目指せそうなタイプです。順調なら年内にハロン18秒ペースまで進めていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は435キロ。
(11月22日)


11月16日撮影


(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


チェスナットファームで調整中。初期馴致を終え、現在は丸馬場での騎乗馴致を行っており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、精神面の鍛錬を兼ねて、馬場に置いた横木を跨いで歩く調整も開始しています。騎乗運動に慣れて、現在のメニューがしっかり身についたところでBTCでの調整を開始したいと思っています。疲れなど無く順調なら今月中にBTC入り出来そうですが、少しピリピリした面も見せているので馬に合わせて急かさず進めます」とのこと。10月中旬の馬体重は432キロ。
(11月8日)


9月28日に北海道のチェスナットファームへ移動。現在は初期馴致とウォーキングマシンでの運動を行っている。
担当者は「ロンギ場でギア(腹帯の締め付けに慣らす装具)付けを行い、鞍に慣れさせているところです。手を煩わせる面もなく順調に進んでいますので、今月には騎乗運動へと移行できる予定です。馬房内でも落ち着いていますし、聞いていたゆう癖はいまのところ見せることはありません。筋肉量が豊富な馬体ですが硬さはなく、歩様はとても滑らかで好印象の馬体をしています。飼い葉もしっかりと食べてくれています」とのこと。
9月計測=馬体重:446.0kg、体高:156.0cm、胸囲:179.0cm、管囲:19.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:425.0kg、体高:155.0cm、胸囲:175.0cm、管囲:19.3cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)