バールデュヴァン

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:バールデュヴァン【意味:ワインバー(仏)。母名の一部と母父名より連想・Bar du Vin】に決定しました。
    第2希望:シェイブスノー
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

函館競馬場在厩(栗東・浜田多実雄厩舎)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(3.1.1.1.2.7)

2024年

函館競馬場に滞在中。7月27日(土)札幌・STV賞(芝2,000m・ハンデ)に古川吉洋騎手で出走予定。
17日、浜田調教師からは「本日は角田大河騎手に跨がってもらい、函館ウッドチップコースで半マイル52秒2、ラスト12秒0を馬なりで計時しました。角田騎手の感触も良かったようで、今回はすごく良い状態でレースに向かえそうです。明日、札幌競馬場に移動して、当該週は札幌での追い切りになりますが、もう体は出来ていますのでスクーリング程度の内容で十分でしょう。具合が良いので楽しみにしています」との連絡が入っている。

07/14 古川吉 函館W良 55.9-40.5-12.8 馬なり余力[6]
07/17 角田河 函館W良 52.2-39.3-12.0 馬なり余力[4]
(7月18日)


7月5日に函館競馬場に入厩。27日・札幌・STV賞(芝2,000m・ハンデ)に向けて調整する。
10日、浜田調教師からは「函館では古川吉洋騎手に調教を付けてもらっています。到着後も問題は無く、とても状態は良さそうでした。札幌2週目のレースに向けて調整を進めていきます」との連絡が入っている。

07/10 古川吉 函館W稍 68.6-52.9-37.8-12.4 馬なり余力[2]
(7月11日)


社台ファームで順調に調整中。
浜田調教師からは「7月5日に函館競馬場に入厩予定です。札幌のレースに向けて調整を進めます」との連絡が入っている。
7月27日・札幌・STV賞(芝2,000m・ハンデ)に向かう予定。
(7月3日)


5月18日より社台ファームで調整中。現在は週3回坂路入りし、うち2〜3回坂路2本を登坂。その他の日は周回キャンター最大3000mやトレッドミル運動を織り交ぜた調整。
担当者の話では「順調に調整を進めており、登坂時計は3F42秒をコンスタントに計時中です。6月18日には2歳馬を相手に追い切りを行い、3F37秒(11.7-11.9-13.5)を馬なりで計時しました。張り艶も良く馬体のコンディションは上昇中です」とのこと。現在の馬体重は522キロ。
20日、浜田調教師からは「強めも乗り出し順調に進んでいるようです。このまま乗り込んで札幌に向かいたいと思います」との連絡が入っている。
7月27日・札幌・STV賞(芝2,000m・ハンデ)を目標に調整を進める。
(6月20日)


山元TCを経由して、5月18日に社台ファームへ移動。
担当者の話では「北海道シリーズへの出走を予定し移動してきました。20日より運動を開始し、現在は週2〜3回坂路入りを目標に、周回キャンター最大3000mやトレッドミル運動を織り交ぜながら調教メニューを組み立てています。移動の疲れもなく状態は良好。やや歩様に硬さはありますが筋肉に痛みはないので問題ありません。レースについてはまだ未定ですが、7月7日・函館・五稜郭S(芝1,800m)か27日・札幌・STV賞(芝2,000m・ハンデ)を目標に調整を進めていこうと思っています」とのこと。馬体重は526キロ。
(6月3日)


5月12日・新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に出走し5着。
15日、浜田調教師からは「レース後も脚元や体調面に問題は見られません。今回馬体減でのレースとなりましたが、細くは無く走りも良かったですし、新潟からの輸送後も大きく減らした感じは無さそうです。この後は予定通り一息入れさせることとし、明日16日に山元TCへ放牧に出します。今年の夏も北海道での出走を考えているので、山元TC経由で社台ファームへ移動し、乗り込んでもらうつもりです」との連絡が入っている。
馬の状態次第だが、札幌開催での出走に向けて調整予定。
(5月15日)


5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に丸山騎手で出走し5着。

浜田調教師からは「ゲート一息で後方からとなりましたが、自分のリズムを崩さずに走れば折り合いも付き、内容としては良い競馬だったと思います。
丸山騎手は『行きたい馬が何頭かいたので無理せず行きました。周りを気にする感じもありましたが、直線でスペースが開くと良い脚を使ってくれました。事前に聞いていたように気難しい面はありますが、能力もありリズム良く走れれば十分通用しますね』と話してくれました。
前走でも促すと力んでしまいましたし、ポジションに拘らずリズムを重視する競馬が良さそうです。詰めて使うと煮詰まりやすいタイプなので、この後もいったん放牧を挟みたいと思います」との話でした。
(5月12日)


5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に丸山騎手で出走する。
8日、浜田調教師から「新潟のレースに登録を行ったところ除外の可能性があり、来週はスライドできるような番組が無いため、急遽京都と東京のレースにも登録を行いました。本日は坂路で4ハロン54秒5、ラスト12秒1をマークし、馬の状態は良さそうです。テンション面も今のところ問題無く、良い状態でレースに向かえそうです。新潟の馬場は時計もかかっていてこの馬に合いそうですし、できれば本線の新潟に向かいたいところです。除外の場合はメンバーやハンデを考慮し京都に再投票で回ることにします」との連絡が入っている。

05/05 助手 栗東坂良 1カイ 54.7-39.2-24.5-12.0 一杯に追う
05/08 助手 栗東坂稍 1カイ 54.5-39.0-24.7-12.1 馬なり余力
(5月9日)


4月27日の検疫で帰厩。5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に向けて調整する。
1日、浜田調教師から「帰厩後も順調です。本日は馬場が悪い中、坂路を4ハロン54秒位、ラストは12秒台でまとめています。良い感じの動きで状態は変わりなく良さそうですし、予定通り来週の新潟に向かいたいと思います。テンションが上がってしまわないよう注意しながら進めます」との連絡が入っている。

05/01 助手 栗東坂稍 1カイ 54.4-39.4-25.5-12.7 一杯に追う
(5月2日)


グリーンウッドTで調整中。
4月24日、浜田調教師から「牧場で順調に乗り込んでいるようです。予定のレースに向けて今週末の検疫で帰厩させます」との連絡が入った。27日(土)の検疫で帰厩予定。
5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に向けて調整する。
(4月24日)


4月10日よりグリーンウッドTで調整中。
18日、担当者の話では「こちらに来てからも特に問題は無く、馬場コース2000mと坂路1本17−17のメニューを消化させています。2週間の短期放牧と聞いており、新潟での出走に向けて近々帰厩する予定です」とのこと。現在の馬体重は525キロ。
5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に向けて帰厩する。
(4月18日)


4月7日・阪神・ダイワスカーレットカップ(4歳以上3勝クラス・芝2,000m・ハンデ)に出走し9着。
10日、浜田調教師からは「レース後も脚もと等に問題は無く、テンションも普段通りと言った様子で問題無さそうです。次走は新潟3週目の芝1,800mを考えており、2週間ほどの短期放牧を挟んで態勢を整えたいと思っています」との連絡が入っている。
10日にグリーンウッドTへ移動しており、5月12日(日)新潟・弥彦S(4歳以上3勝クラス・芝1,800m)に向けて帰厩予定。
(4月10日)


4月7日(日)阪神・ダイワスカーレットカップ(4歳以上3勝クラス・芝2,000m・ハンデ)に角田大河騎手で出走し9着。

浜田調教師からは「ゲートで少し立ち遅れてしまい、番手からの競馬になりました。ここまでハナに行く競馬をしていましたし、テンに促した分、道中で力んでしまったようです。
角田大河騎手は『ガタついている時にゲートが開き、番手からの競馬で勝負所まで終始力んでいて、終いの脚が無くなってしまいました。自分の競馬で力みなく走れれば十分やれると思います』と話してくれました。
同型がいなければもっと楽でしょうし、上手く自分の競馬に持ち込みたいですね。
今回も厩舎装鞍でしたが、前回ほどうるさい面は無く、パドックや返し馬も落ち着いていて、競馬まで無事に向かえました。続戦できればと考えていますが、この後のテンションを見た上で判断したいとおもっています」との話がありました。
(4月7日)


4月7日(日)阪神・ダイワスカーレットカップ(4歳以上3勝クラス・芝2,000m・ハンデ)に角田大河騎手で出走する。
3日、浜田調教師からは「本日も大河騎手に乗ってもらい坂路で時計を出し、4ハロン53秒9、ラスト12秒0を計時しました。先週しっかりと追って良い感触で来ていますので、今週は終い重点の内容で態勢を整えました。動きは良く体は仕上がっていますし、あとは当日の競馬場でのテンションだけだと思います。ぜひ頑張って欲しいです」との連絡が入っている。

03/31 田中健 栗東坂良 1カイ 55.5-39.3-25.2-12.0 馬なり余力
04/03 角田河 栗東坂良 1カイ 53.9-39.0-24.9-12.0 一杯に追う
(4月4日)


4月7日(日)阪神・ダイワスカーレットカップ(4歳以上3勝クラス・芝2,000m・ハンデ)に角田大河騎手で出走予定。
3月27日、浜田調教師からは「本日、大河騎手に乗ってもらい坂路で時計を出しています。雨の影響で馬場が重く、かなり時計のかかる馬場でしたが、時計は良かったですしラストも12秒台にまとめて登坂してきました。まだ多少の緩さは感じられますので、来週もしっかりやってレースに向かうつもりです。レースが近づいてきて、テンション面の難しさも見せ始めており、注意しながら進めていきます」との連絡が入っている。

03/24 田中健 栗東坂不 1カイ 56.0-40.2-25.8-13.0 馬なり余力
03/27 角田河 栗東坂不 1カイ 52.7-38.7-25.4-12.8 一杯に追う
(3月28日)


グリーンウッドTで順調に乗り込まれ、3月15日に帰厩。
3月20日、浜田調教師は「帰厩後も順調にきており、本日坂路で時計を出しています。テンが速めで終いは流して登坂と言った内容でしたが、ムキになり過ぎた訳でも無く、行きっぷり良く動いてのものでした。こちらに来てからもテンション面はキープ出来ていますし、このままレースに向けて進めて行きます。レースは阪神3週目の芝2,000mを予定しています」とのこと。
4月7日(日)阪神・メモリアルヒーロー(芝2,000m・ハンデ)目標で調整する。

03/20 助手 栗東坂良 1カイ 53.5-39.7-26.7-14.0 馬なり余力
(3月21日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「12〜13秒ペースを乗り出した後も順調で、しっかりと強目を乗り込むことが出来ています。浜田調教師から『近々帰厩させたい』という連絡が入っていますので、移動の態勢を整えていきます」とのこと。現在の馬体重は538キロ。
(3月9日)


グリーンウッドTで調整中。
2月21日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週予定通り15−15を再開し、今週から12〜13秒ペースを乗り出しました。強めを乗り出した後もテンションは落ち着いていますし、1本目からしっかり動けていて良い感触でした。このまま乗り込み帰厩の態勢を整えます」とのこと。現在の馬体重は543キロ。
(2月21日)


島上牧場でリフレッシュ調整を行い、1月27日にグリーンウッドTへ移動している。
担当者の話では「ガス抜きも出来た様子でしたので、こちらに移動して乗り運動を再開しています。移動後すぐに乗り出して、現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整を行っています。しっかりリフレッシュしてテンション面も特に問題ありませんので、来週から15−15程度を乗りだしていく予定です」とのこと。現在の馬体重は545キロ。
(2月8日)


1月11日より島上牧場で調整中。テンション面のリセットが必要ということで当面はウォーキングマシン調整等、軽めの運動を行う予定。騎乗調整メインで進める目処が立った段階でグリーンウッドTへ移動することになっている。
(1月26日)


1月8日撮影

1月8日・京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に出走し6着。
10日、浜田調教師からは「レース後も脚もと等に問題は見られず、厩舎に戻ってからはテンション面も落ち着きを取り戻した感じです。
一時、急にテンションのスイッチが入るようなことが度々あり、馬場で暴走して外傷を負ったこともありました。ここ最近そういった面は鳴りを潜めていたので精神的な成長があったと思っていたのですが、今回急に競馬場でスイッチが入ってしまったようです。夏からコンスタントに出走してきたので、いったん気持ちの面で完全にリセットさせたいと思います」との連絡があった。11日に島上牧場へ移動予定。
(1月10日)


1月8日撮影



1月8日撮影

1月8日(祝・月)京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に角田大河騎手で出走し6着。

浜田調教師からは「今日はレース前から異常にテンションが高く、枠場に入れないと装鞍出来ないくらいの興奮状態でした。レース直前にも立ち上がって、ジョッキーを振り落としました。レース中は競馬に集中し能力は発揮出来たと思いますが、精神面のリフレッシュが必要だと思います。レース後の馬体確認後に放牧に出して再調整します」との話でした。
角田大河騎手からは「1枠でしたので、先生からの指示通りハナを主張しました。引っ掛かる感じはありましたが、交わされてからも踏ん張れており、昇級初戦としては良い内容ではないでしょうか。レース前にかなり気持ちが高ぶっていたので心配しましたが、レースは落ち着いて走れていました」との話がありました。
(1月8日)


1月8日(祝・月)京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に出走予定。
4日、浜田調教師からは「本日坂路単走で4ハロン53秒7、ラスト12秒4の追い切りを行いました。馬場の悪い中でしたが、元々パワーのあるタイプでもあり、非常にしっかりとした脚取りで登坂出来ていました。馬体が増えやすく、成長分を含めても少し体が立派に映る感じはありますが、今日の追い切りで絞れてくれればと思います。暮れにも時計を出し楽をさせている訳ではないですし、状態自体は良いので楽しみにしています」との連絡が入っている。

12/28 助手 栗東坂良 1カイ 56.3-41.5-26.3-13.4 強めに追う
12/31 助手 栗東坂良 1カイ 56.3-41.0-26.3-12.1 馬なり余力
01/04 助手 栗東坂稍 1カイ 53.7-39.1-25.3-12.4 強めに追う
(1月4日)

ページ上部へ

2023年

1月8日(祝・月)京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に向けて調整中。
12月28日、浜田調教師からは「この中間も変わりなくきており、本日坂路馬なりで4ハロン56秒位の時計を出しています。あまり余裕が出過ぎないように31日にも軽く時計を出し、年明けの当該週にしっかり追ってレースに臨む予定です」との連絡が入っている。
(12月28日)


1月8日(祝・月)京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に向けて調整中。
12月20日、浜田調教師からは「この中間も変わりなくきています。今週は明日坂路でサッと時計を出し、来週再来週で2本追ってレースへと進めて行く予定です」との連絡が入っている。

12/21 助手 栗東坂良 1カイ 57.9-42.8-27.9-13.3 馬なり余力
(12月21日)


12月10日撮影

12月10日・中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)に出走し見事優勝。
13日、浜田調教師から「レース後も問題はありません。在厩で調整して年明け1週目の寿ステークスに向かおうと思います。今回の馬体増も殆どが成長分という感じで、良い状態でレースに臨むことが出来ました。渋太さを活かす競馬で新しい面も出せ、ここからの走りも楽しみです」との連絡が入っている。
次走は1月8日(祝・月)京都・寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2,000m)に向けて調整する。
(12月13日)


12月10日撮影



12月10日撮影

12月10日(日)中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)に角田大河騎手で出走し見事優勝。勝ち時計は1分59秒0。上がり3ハロンは34秒7。

浜田調教師から「18キロ増も太くは見えなかったですし、攻め馬の動きが良かったので、自己条件でどういう競馬が出来るか楽しみにしていました。
角田大河騎手からは『調教でジリ脚っぽい感じがあったので、切れ負けしないよう前目の競馬をして馬の良さを引き出したい』という話があり、元々先行策で行くつもりでしたが、外枠を引いて他に行く馬がいなかったので、結果的にハナに立つことにしたようです。良いペースで逃げて後続に脚を使わせ、直線で交わされたかに見えても、差し返して勝ち切ってくれました。
ジョッキーの言葉通り、馬の良さが出せましたし、新しい面も引き出してくれました。この後についてはレース後の状態を見て検討します」との話がありました。
(12月10日)


12月10日(日)中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)に角田大河騎手での出走予定。
6日、浜田調教師から「先週しっかりとやっていますので、今週は坂路単走で4ハロン55秒7、ラスト12秒1、終い重点の内容です。問題はありませんし良い雰囲気でレースに臨めそうです。自己条件で良い競馬を見せてくれればと思います」との連絡が入っている。

12/06 助手 栗東坂良 1カイ 55.7-39.9-24.9-12.1 末強め追う
(12月7日)


この中間も順調。12月10日(日)中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)に角田大河騎手での出走を予定している。
11月29日、浜田調教師から「本日、角田大河騎手を背に坂路で追い切りを行い、4ハロン52秒7、ラスト12秒0をマークしています。1週前になりますので今日はしっかりと追う内容でしたが、『テンション的に難しい面もあるので気持ちを乗せすぎないよう』という点にも注意して乗ってもらいました。ジョッキーも『特に問題は無かった』と話していましたし、注文通りの追い切りが消化できたと思います。来週のレースに向けてこのまま進めます」との連絡が入っている。

11/26 助 手 栗東坂良 1カイ 62.0-44.8-29.9-15.0 馬なり余力
11/29 角田河 栗東坂良 1カイ 52.7-38.1-24.4-12.0 一杯に追う
(11月30日)


この中間も順調。
11月22日、浜田調教師から「本日坂路で追い切りを行っており、まだ体に余裕がある感じですが4ハロン52秒位の時計で良く動けていたと思います。来週しっかりと時計を出し、今回は中京の2,000mに向かおうと思っています」との連絡が入った。
12月10日(日)中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)に向けて調整する。

11/19 助手 栗東坂稍 1カイ 56.3-40.0-25.1-12.8 馬なり余力
11/22 助手 栗東坂良 1カイ 52.7-38.2-24.4-12.0 末強め追う
(11月24日)


11月11日に帰厩。
15日、浜田調教師から「帰厩後も順調です。本日坂路で時計を出しており、それほど速めを乗るつもりは無かったので4ハロン56秒6といった内容です。1本目から大分気持ちが入っている感じもありましたが、動きや感触は悪くありませんでした。阪神1週目の芝1,800mか中京2週目の芝2,000mあたりには出走の態勢が整えられると思います。1,800mで勝っていますが、2,000mも競馬はしやすそうな気がします。追い切り本数的に1本多く追える中京の方を本線にしつつ、今後の馬の状態を見ながら決めるつもりです」との連絡が入った。
12月2日(土)阪神・3歳以上2勝クラス(芝1,800m)か10日(日)中京・名古屋日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・芝2,000m)のいずれかに向かう予定。

11/15 助手 栗東坂良 1カイ 56.6-41.7-27.6-14.5 馬なり余力
(11月16日)


グリーンウッドTで調整中。坂路で12〜13秒ペースを乗り込んでおり順調。
11月10日、浜田調教師から「強めを乗り出し順調にきているようです。明日11日の検疫で帰厩させます」との連絡が入った。
(11月10日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「馬場コース2000mと坂路1本17−17中心に、先週から12〜13秒ペースを乗り出しています。具合は良さそうですし、自己条件なら力は十分足りていると思います。帰厩に向けてこのまま進めていきます」とのこと。現在の馬体重は536キロ。
(11月1日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「乗り出した後も順調で、馬場コース2000mと坂路1本17−17中心に、今週から15−15を乗り出しました。強めを開始した後も良い感じで進めることが出来ており、このままペースを上げていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は530キロ。
(10月19日)


9月29日よりグリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「大きな疲れは無く、一息入れさせて今週から乗り出しました。現在は馬場コース2000mと坂路1本17−17中心の調整を行っており、徐々にペースを上げていけそうです」とのこと。現在の馬体重は512キロ。
(10月5日)


9月24日撮影

9月24日・阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に出走し12着。
27日、浜田調教師から「良く頑張ってくれましたが、今回は力及ばず残念でした。レース後も脚もと等に問題はありませんが、いったん放牧に出して一息入れさせたいと思います。リフレッシュ調整を挟んで、自己条件の1800〜2000m戦あたりに向かいたいと思います」との連絡が入った。29日にグリーンウッドTへ移動予定。
(9月27日)


9月24日撮影



9月24日撮影



9月24日撮影

9月24日(日)阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に古川吉洋騎手で出走し12着。

浜田調教師から「同世代の強力なメンバーの中で、こちらが思っていた以上の競馬が出来たと思います。ただ末脚勝負では分が悪く、直線で頻繁に手前を替えていました。この後は、レース後の馬体確認をしてから考えます」との話がありました。
古川吉洋騎手からは「ハミ受けに敏感なところがあり、道中で頭を上げたりしていました。それでも最後までしっかりと走ってくれましたし、距離は問題ないように感じました。今回は時計が速かったですが、馬場コンディション次第でチャンスもあると思います」との話がありました。
(9月24日)


9月14日撮影

9月24日(日)阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に古川吉洋騎手で出走予定。
20日、浜田調教師から「この中間も順調です。先週ビシッと追い切っていますので、今週は坂路単走で終い重点の内容です。今週も古川騎手が跨がり反応を見てもらっていますが、ラスト11秒台で動けており、古川騎手は『反応はすごく良かった。終いも良く伸びています』と感触は良さそうでした。良い仕上がりですし、この状態で強いメンバーを相手にどういう競馬をしてくれるのか楽しみにしています」との連絡が入っている。

09/20 古川吉 栗東坂良 1カイ 55.7-39.5-24.4-11.8 馬なり余力
(9月21日)


9月14日撮影



9月14日撮影

14日、浜田調教師から「この中間も順調で、今朝は古川騎手を背に坂路で併せ馬を行いました。先行から最後は一杯に追って先着し、半マイル50秒7をマークしています。来週の神戸新聞杯に向けて、段々と動けるようになってきました」との連絡が入っている。
9月24日(日)阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に出走予定。

09/10 助 手 栗東坂良 1カイ 59.6-44.5-29.3-14.6 馬なり余力
09/14 古川吉 栗東坂良 1カイ 50.7-36.4-23.5-12.1 一杯に追う
ゴッドセンド(古馬1勝)一杯に0.1秒先行0.1秒先着
(9月14日)


8月31日に帰厩。
9月6日、浜田調教師から「帰厩後も順調にきており、本日坂路単走で55秒くらいの時計を出しています。他馬の動向などを見ると、神戸新聞杯に出られる可能性は高そうなので、当初の目標通り調整を進めるつもりです」との連絡が入った。
9月24日(日)阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に向けて調整する。

09/03 助手 栗東坂良 1カイ 59.8-44.5-29.4-15.5 馬なり余力
09/06 助手 栗東坂良 1カイ 54.9-40.0-25.3-12.1 強めに追う
(9月7日)


グリーンウッドTへ移動した後も順調。
8月30日、浜田調教師から「順調に乗り出しているようですので、明日31日の検疫で帰厩させることにしました。出られるかどうか分かりませんが、神戸新聞杯に向けて調整を進めたいと思います」との連絡が入った。
9月24日(日)阪神・神戸新聞杯(GU・3歳オープン・芝2,400m・菊花賞トライアル)に向けて調整する。
(8月30日)


8月17日に社台ファームを出発し、グリーンウッドTへ移動。
牧場担当者は「輸送熱などもなく無事に到着し、21日月曜から乗り運動を開始し、馬場コース2000mと坂路1本17−17中心の調整を行っています。帰厩に向けてしっかり乗り込んでいきます」とのこと。馬体重は496キロ。
浜田調教師からは「リフレッシュ調整を挟んで秋の番組に向かうための体調を整えてもらいました。ここからピッチを上げ、復帰に向けて帰厩させたいと思っています。自己条件の番組と、間に合うようなら神戸新聞杯も視野に入れて調整したいと考えています」との連絡が入っている。
(8月24日)


8月16日、牧場担当者より「もうしばらくリフレッシュ調整を行って月末くらいに送り出す予定でしたが、秋に向かって気候が不安定になることも多いですから、早めの便で移動を済ませておくことになりました。輸送の便とグリーンウッドTの馬房調整も付きましたので、明日の便で出発し19日にグリーンウッドTへ移動予定です」との連絡が入った。
(8月16日)


8月6日・札幌・HTB賞(3歳以上2勝クラス・芝1,800m)に出走し4着。
9日、浜田調教師からは「レースに出走したなりの疲れは見られますが、脚もとや体調等に問題は見られません。明日10日に社台ファームへ放牧に出し、秋の番組に向けて調整を進めてもらいます」との連絡が入っている。
10日、牧場担当者は「レース後に手厚くケアを受け、毛艶はピカピカでこちらに戻ってきました。首回りや右腰に硬さはありますが、それ以外に特に大きなダメージは無さそうです。入念にケアを行い万全の状態にして送り出したいと思います」とのこと。
(8月10日)


8月6日(日)札幌・HTB賞(3歳以上2勝クラス・芝1,800m)に古川吉洋騎手で出走し4着。

浜田調教師からは「雨が降ってこの馬向きの馬場になるかと思ったのですが、重馬場では思いのほか進んで行けず、スローで前残りの展開となってしまうと厳しかったですね。悪い馬場といっても『荒れた良馬場』が合うようです。器用なタイプでは無いため外目から早めに動かしていって最後はしっかり脚を伸ばしましたし、昇級戦で掲示板確保ならよく頑張っていると思います。
この後はいったん社台ファームへ放牧に出し、秋に備えたいと思います」との連絡が入っている。
(8月6日)


8月6日(日)札幌・HTB賞(3歳以上2勝クラス・芝1,800m)に古川吉洋騎手で出走する。
2日、浜田調教師からは「先週の金曜日と本日の調教には北村友一騎手に跨がってもらい、函館のウッドチップコースで追い切りを消化しました。金曜に現地で追い切りの動きを確認した時も動きは良かったですし、今日の時計も悪く無く、良い状態でレースに向かえそうです」との連絡が入っている。

07/28 北村友 函館W良 71.4-55.0-40.4-13.1 馬なり余力
08/02 北村友 函館W良 68.5-53.0-38.9-12.4 馬なり余力
(8月3日)


この中間も変わりなく、8月6日(日)札幌・HTB賞(3歳以上2勝クラス・芝1,800m)に向けて調整中。
7月26日、浜田調教師からは「この中間も問題は無く順調にきています。今週は金曜に時計を出し、当該週に追い切りを行ってから札幌へ移動予定です。前走も良い内容でしたし楽しみにしています」との連絡が入っている。
(7月26日)


7月16日撮影

7月16日・函館・臥牛山特別(3歳以上1勝クラス・芝1,800m)に出走し見事優勝。
19日、浜田調教師からは「レース後も脚もと等に問題は無く、馬は元気一杯です。洋芝は合っているようですし、距離も同じ1,800mのレースで続戦を考えています。このまま函館で調整して直前に札幌入りする予定です。以前から長い距離は合いそうだと思っていたので、夏に弾みを付けて秋に向かいたいですね」との連絡が入っている。
8月6日(日)札幌・HTB賞(3歳以上2勝クラス・芝1,800m)に向けて調整する。
(7月19日)


7月16日撮影



7月16日撮影



7月16日撮影

7月16日(日)函館・臥牛山特別(3歳以上1勝クラス・芝1,800m)に古川吉洋騎手で出走し見事優勝。勝ち時計は1分51秒0、上がり3ハロンは35秒9。

浜田調教師からは「洋芝は合いそうでしたし、ジョッキーも良い位置で競馬を進めてくれました。更に前日の雨で緩くなった馬場も追い風となり、色々な条件が重なったのもありますが、狙い通りの競馬で結果を出せて良かったです。
古川吉洋騎手は『調教からすごく具合が良さそうでした。良いポジションからゴーサインに反応してしっかりと脚を伸ばしてくれました』と話していました。
この後についてはレース後の状態を見て検討するつもりです」との連絡が入っている。
(7月16日)


7月16日(日)函館・臥牛山特別(3歳以上1勝クラス・芝1,800m)に古川吉洋騎手で出走する。
12日、浜田調教師からは「本日も古川吉洋騎手が跨がり、函館のウッドチップコースで単走馬なりの追い切りを消化しました。ジョッキーの感触はすごく良かったみたいですし、気難しい面なども見せず至って順調で、良い状態でレースに臨めそうです。昨年のように少頭数になればと狙っていたのがフルゲート見込みになったことは少し想定外でしたが、雨で渋ったとしても力の要る馬場は苦にしないと思いますし、洋芝も合いそうですので、ぜひ好レースを期待しています」との連絡が入っている。

07/09 古川吉 函館W良     57.9-42.3-13.0 馬なり余力
07/12 古川吉 函館W重 68.2-52.2-37.1-12.1 馬なり余力
(7月13日)


7月16日(日)函館・臥牛山特別(3歳以上1勝クラス・芝1,800m)に古川吉洋騎手で出走を予定。
6日、浜田調教師からは「先週土曜日に函館競馬場に到着し、輸送熱などもなく元気に調整を開始しています。気難しい面のある馬なので、普段の調教から古川吉洋騎手に跨がってもらい、追い切り以外の調整は馬の少ないダートコースで行うようにしています。本日はウッドチップコース入りしていますが、特に問題は無く追い切りを消化できており、しっかり動けていたと思います。具合は良さそうですし、来週のレースに向けてこのまま進めていきます」との連絡が入っている。

07/06 古川吉 函館W稍 71.4-55.0-39.1-12.2 馬なり余力
(7月6日)


6月28日、浜田調教師からは「今週30日出発の便で函館競馬場に移動し、函館最終週の特別戦に向けて調整します。連闘で出走した割に疲れなども感じさせず、良い状態をキープ出来ています」との連絡が入っている。
7月16日(日)函館・臥牛山特別(3歳以上1勝クラス・芝1,800m)に出走を予定。
(6月28日)


6月18日・阪神・3歳以上1勝クラス(芝2,000m)に出走し7着。
21日、浜田調教師からは「連闘での出走後も特に問題はありません。芝中距離で良い競馬を見せてくれましたし、時計のかかる馬場の方が合うように思いますので、この後は函館に向かうことにしました。いったん放牧に出すつもりでしたが、在厩で調整して来週あたりの便で函館に移動させる予定です」との連絡が入っている。
(6月21日)


連闘で6月18日(日)阪神・3歳以上1勝クラス(芝2,000m)に▲西塚騎手で出走し7着。

浜田調教師からは「この条件は未知数でしたので、道中は無理をせず最後の直線で脚を伸ばす競馬をさせました。
ジョッキーの話では『今日は道中でハミを抜くことも無く、自ら止めるような感じはありませんでした。砂のキックバックを受けずに行けるのが良かったのかも』ということで、直線で追い出すとしっかり脚を伸ばしていましたし、この条件は合っていそうです。
今回は無理をさせませんでしたが、この距離に慣れてくれば早めに動くことも出来ると思います。これが今後への良いきっかけになってくれそうです。連闘で出走させましたので、いったん放牧を挟みたいと思います」との連絡が入っている。
(6月18日)


6月10日撮影

6月10日・阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に出走し14着。
14日、浜田調教師から「レース後も脚元などに問題は無く、大きな疲れも無さそうです。内枠で砂を被って揉まれると自ら止めるようなところもあって力を出せませんでした。ここしばらくのレース内容から、一度目先を変えて芝の長めの距離を使ってみたいと思います。先週の芝長距離戦は頭数が少なかったですし、もし少頭数のレースがあれば、今週連闘でも投票していくかもしれません。時計のかかるような馬場ならこの馬に合うと思いますし、少頭数でスムーズに走らせて何かきっかけを掴んでくれれば」との連絡があった。
6月18日(日)阪神・3歳以上1勝クラス(芝2,000m)に▲西塚騎手で出走予定。

※連闘のためこの中間は軽目の調整
(6月15日)


6月10日撮影



6月10日撮影

6月10日(土)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に▲西塚騎手で出走し14着。

浜田調教師から「発馬後に内に逃げ、その後も埒にモタれながらの走りになりました。鞍上の話では『砂はそこまで気にしなかった』とのことでしたが、勝った時は馬群のばらけた所を伸びてきたように、1枠も合わなかったように思います。ここ数戦のレースを見る限り、一度目先を変えることも考えています」との連絡があった。
(6月10日)


6月10日(土)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に▲西塚騎手で出走予定。
7日、浜田調教師からは「本日は坂路単走で助手が跨がり、しっかり追って4ハロン52秒台、ラストも12秒台でまとめてきました。調教と同じだけ動ければ十分通用するはずですし、勝ち上がっているダ1400mで力を発揮してくれればと思います」との連絡が入っている。

06/04 助手 栗東坂稍 1カイ 56.2-40.4-25.6-12.5 馬なり余力
06/07 助手 栗東坂良 1カイ 52.9-38.6-25.1-12.4 強めに追う
(6月8日)


6月10日(土)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に▲西塚騎手で出走予定。
1日、浜田調教師からは「今回は減量騎手を起用することにし、西塚騎手に調教から跨がってもらっています。速歩をした時に少し口向きの悪さを見せたため、坂路の前半は慎重に行ったようですが、後半スピードに乗せてからはしっかりと脚を伸ばしてくれました。西塚騎手も『能力の高さを感じました』とすごく良い感触だったようです。前走などでハミを取らなかったりする面はあったものの、キャンターでの走りはスムーズな馬ですし、その辺りをジョッキーと話してレースに向かいたいと思っています」との連絡が入っている。

05/28 助手 栗東坂良 1カイ 57.5-42.2-27.0-12.7 馬なり余力
06/01 西塚 栗東坂良 1カイ 55.3-40.5-25.5-11.7 強めに追う
(6月1日)


5月18日に帰厩。6月10日(土)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に向けて調整を開始した。
5月24日、浜田調教師からは「本日、坂路で単走の追い切りを行い、4ハロン55秒台でラスト12秒5を計時しました。騎乗者は『時計を出そうと思えば出せる手応え』という感触で、この馬の場合、気持ちの面だけだと思いますし、この雰囲気で臨めれば力を出せる状態にはあると思います。調教の時とレース当日の気配が違うような一面も持っているので、良い雰囲気をキープしてレースに向かいたいところです」との連絡が入っている。

05/21 助手 栗東坂良 1カイ 57.5-42.8-28.4-14.2 馬なり余力
05/24 助手 栗東坂良 1カイ 55.6-40.0-26.0-12.6 馬なり余力
(5月25日)


グリーンウッドTで順調に調整を積み、5月18日の検疫で帰厩している。
18日、浜田調教師からは「強めを消化し順調にきています。帰厩後の状態次第ではありますが、阪神2週目のダ1400m戦目標で進めたいと考えています」との連絡が入っている。
6月10日(土)阪神・3歳以上1勝クラス(ダ1,400m)に向けて調整する。
(5月18日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「脚もとも順調に回復し、馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週から15−15、今週12〜13秒ペースの調整を再開しています。相変わらず動き自体はなかなか良好で、あと何本か強めを消化すれば移動の態勢も整ってきそうです。このまま帰厩に向けて進めていきます」とのこと。現在の馬体重は529キロ。
(5月11日)


グリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「先々週から12〜13秒ペースを乗り込んでいたのですが、22日に左トモの球節に軽い腫れが出てしまいました。恐らく脚を捻ったりした軽い捻挫と思われ、すぐに腫れは引きましたので、ペースを戻しつつ調整を進めているところです。現在は馬場コース2000mと坂路1本17秒ペースを消化しており、状態を見ながら強めのメニューを再開したいと思います」とのこと。現在の馬体重は528キロ。
(4月28日)


グリーンウッドTで調整中。
4月12日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週から15−15を開始して、今週12〜13秒ペースの調整を再開したところです。状態は変わりなくきており、動きも悪くありません。ここからしばらく強目を乗り込み、帰厩の態勢を整えていきたいと思います」とのこと。現在の馬体重は528キロ。
(4月13日)


グリーンウッドTで調整中。
29日、担当者の話では「現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心の調整を行っています。気になるところはありませんし、テンション面も落ち着いてリラックスした様子で調整を行うことが出来ています。雰囲気も悪くありませんので、来週辺りから15−15を再開してみる予定です」とのこと。現在の馬体重は527キロ。
(3月30日)


3月8日よりグリーンウッドTで調整中。
16日、担当者の話では「馬体や脚もとに大きな疲れは見られませんでしたが、こちらに移動してきて1〜2日はかなりテンションが高い様子でしたし、精神的に少し苦しがるところがあったのかもしれません。週末には大分落ち着いてきましたので、今週から乗り出し、馬場コース2000mと坂路1本17−17中心の調整を行っています。精神面のリフレッシュに重点を置き、ゆっくりとペースアップしていこうと思っています」とのこと。現在の馬体重は521キロ。
(3月17日)


3月4日撮影

3月4日・阪神・3歳1勝クラス(ダ1,800m)に出走し10着。
8日、浜田調教師からは「レース後も脚もと等に問題は見られませんが、予定通りいったん放牧を挟むこととし、本日グリーンウッドTへ移動しています。気持ちの問題だけに難しい面はありますが、詰めて使うとあまり良くないようですので、フレッシュな状態でレースに向かえるよう少し間隔を空けるつもりです。馬が自分から走りたいと思うような気持ちが出てくるのを待ちつつ再調整を進めてもらいます」との連絡が入っている。
(3月8日)


3月4日撮影



3月5日撮影

3月4日(土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1,800m)に鮫島克駿騎手で出走し10着。

浜田調教師からは「ジョッキーの話では『道中ずっとハミを取らずトップスピードに乗ること無く終わってしまいました。返し馬の時点からそのような雰囲気があり、距離の問題では無かったと思います』ということで、前走と同じ内容でハミを取らず進んでいけませんでした。
テンに大分促してポジションを取りに行きましたが、手を止めると下がってしまうような行き脚で、気の悪さが出ている様子です。休み明けのレースで結果を出しているので、少し間隔を空けて次走はフレッシュな状態で出走させたいと思います。いったん放牧を挟んだ上で、次走を検討します」との連絡が入っている。
(3月4日)


この中間も順調。3月4日(土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1800m)に鮫島克駿騎手で出走予定。
3月1日、浜田調教師から「本日、鮫島克駿騎手を背に坂路で単走の追い切りを行っています。4ハロン51秒9、ラスト12秒1を計時し、馬なりで無理せずに登坂し、良い雰囲気の追い切りが出来ていたと思います。鮫島騎手は『乗り難しさは感じましたが、長目の距離は合いそうに思います』というコメントで感触は掴んでくれたようですし、この馬は『調教ではカッとする面がある割に、レースでは前半進んで行かないところがある』という点も、ジョッキーとしっかり話しておきました。力はある馬なので、レースで全力を出し切れるよう頑張って欲しいです」との連絡が入っている。

03/01 鮫島駿 栗東坂良 1カイ 51.9-37.5-24.5-12.1 馬なり余力
(3月2日)


3月4日(土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1800m)に向けて調整中。
2月23日、浜田調教師からは「本日、坂路単走で追い切りを行いました。4ハロン55秒を切る位のタイムを計時し、馬なりで良い動きを見せ、終い伸ばしてラスト12秒台で上がってきています。ここにきて若干テンションが上がってきた感じはありますが、道中もスムーズでしたし、今のところ気持ちが変な方向に向くところも無く順調に進んでいます。相変わらず気難しさのある馬ですが、馬の少ないコースや時間帯に馬場入りすることで対応できていますので、この調子で態勢を整えていきます」との連絡が入っている。
(2月23日)


2月11日撮影

2月11日・阪神・3歳1勝クラス(ダ1400m)に福永騎手で出走し6着。
15日、浜田調教師から「レース後も変わりは無く大きなダメージなども感じられませんので、次走に向けて進めて行けそうです。テンション面の問題も見せていない様子です。3月4日の阪神に1800m戦が組まれていますので、中2週でそのレースに向かいたいと思います」との連絡が入っている。
3月4日(土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1800m)に向けて調整する。
(2月15日)


2月11日撮影



2月11日撮影

2月11日(祝・土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1400m)に福永騎手で出走し6着。

浜田調教師から「福永騎手の話では『前回の騎乗時は途中でハミを取ってくれたのですが、今日は全くハミを取らず進んで行けない感じでした。ただ、走り自体は前回よりバランス良く走れていたので、もう少しゆったり行ける距離を試してみては』ということでした。
クラスが上がったことで同じ距離でも忙しかったような気もしますので、次は1,800m戦を考えてみたいと思います。厩舎に戻ってからの状態を見て次走を検討します」との連絡が入っている。
(2月11日)


中1週で2月11日(祝・土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1400m)に福永騎手で出走予定。
8日、浜田調教師からは「日曜の普通キャンター調整時も問題なく乗れましたし、本日も4ハロン54秒位でムキになることもなく落ち着いて登坂できていました。いつも競馬では落ち着いているので、その点の心配は不要かなと思っています。前走で馬体が大幅に増えたのも成長分と思われますし、久々を使って上向いていてくれればと期待しています」との連絡が入っている。

02/08 助手 栗東坂良 1カイ 54.4-39.9-25.7-12.4 馬なり余力
(2月9日)


1月29日撮影

1月29日・中京・3歳未勝利(ダ1400m)に出走し見事優勝。
2月1日、浜田調教師からは「レース後も脚もと等に問題は見られませんので、在厩のまま調整を進めていきます。次走についてですが、ひとまずは同じ距離のレースに出走させることにしたいと思います。中1週の2月11日(祝・土)阪神・3歳1勝クラス(ダ1400m)に向けて調整します」との連絡が入っている。
(2月1日)


1月29日撮影



1月29日撮影



1月29日撮影

1月29日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に岩田望来騎手で出走し見事優勝。勝ち時計は1分26秒2、上がりの3ハロンは37秒8。

浜田調教師からは「馬体増(+14キロ)は成長分と思われ、パドックでは今までより多少ピリッとしながらも落ち着いて周回することが出来ていました。
ジョッキーの話では『返し馬では引っかかって行くようなところもあったのに、競馬になると進んでいかなかった』そうで、気持ちの難しい面はあったようですし、道中はキックバックを嫌がるようなところも見せていました。
直線で上手く外に出してくれて、前に馬がいなくなってからは凄い脚でしたね。かなり離れていたので届かないかと思いましたが、直線でグイグイと脚を伸ばして見事勝ち切ってくれました。ここまで色々あっただけに、まずは一つ勝ってくれて本当にホッとしています。
また、距離についてジョッキーは『距離延長は未知数。この位の距離は合っていると思います』ということで、今後の状態を見ながら試していこうと思います」との連絡が入っている。
(1月29日)


1月29日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に岩田望来騎手で出走予定。
25日、浜田調教師からは「本日、坂路単走で追い切りを行いました。終い重点の内容で、4ハロン55秒、ラストは12秒7を計時しています。今のところ精神面も問題無くきていますし、良い雰囲気で当該週を迎えられました。これまでも競馬で落ち着きを欠くようなことは無く、冷静に走れれば力を出せる馬だと思います。水曜時点の出走予定馬は4頭と少なく、多少頭数が増えても少頭数の競馬になりそうなので、ぜひ結果に繋げて欲しいです」との連絡が入っている。
26日、浜田調教師から「投票の結果15頭立てと頭数が増えましたが、無事に出走は確定しています。多頭数ですがぜひ冷静さをキープして力を発揮してくれれば」との連絡が入った。

01/22 助手 栗東坂良 1カイ 59.9-43.6-28.5-13.9 馬なり余力
01/25 助手 栗東坂稍 1カイ 55.0-40.2-26.3-12.7 末強め追う
(1月26日)


1月29日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に向けて調整中。
18日、浜田調教師からは「本日、坂路単走で追い切りを消化し、4ハロン52秒5、ラストは12秒2を計時しました。スピードに乗ってくると右にモタれる面を見せていたので、ラストはもう少し時計がかかっていると思ったのですが、全体の時計もラストも速い時計をマークししっかりと動けていました。モタれる面もハミで対応してレースに臨めればと考えています。引き続きEコース+坂路での調整でリラックスに努めており、今日の追い切りもスムーズでしたし、今のところテンション面も問題無く進められています。毛艶も良く、具合は上向いており、良い状態でレースに臨めそうです」との連絡が入っている。

栗東プール 1月 13日
01/18 助手 栗東坂良 1カイ 52.5-38.5-24.6-12.2 強めに追う
(1月19日)


1月7日に帰厩。
12日、浜田調教師からは「ハミを替えて昨日まで角馬場と馬の比較的少ないEコースで調整を行ってきました。特に問題は見られませんでしたので、本日坂路入りして時計を出しています。ここも馬の少ない時間帯を狙い、単走での追いきりでしたが、特に問題無くスムーズに走れていましたし、週末と来週の追い切りをこなせば再来週のレースに出走態勢を整えられると思います。前走後に距離延長も検討していましたが、ここまでの経緯を考えると前回と同じ条件で競馬に臨む方が良いように思うので、中京・ダ1400mに向けて調整します」との連絡が入っている。
順調なら1月29日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に向かう可能性が高い。

01/12 助手 栗東坂良 1カイ 56.3-41.5-27.1-13.7 馬なり余力
(1月12日)


グリーンウッドTで調整中。
1月6日、浜田調教師から「暮れから強めを乗り出して順調にきているようです。7日の検疫で帰厩させます」との連絡が入った。
同日、牧場担当者の話では「年末まで15−15を順調に乗り込み、3日に13秒ペースを1本消化させています。強めを乗った後もテンション面に変わりは無く、ここまで順調に進めることが出来ています」とのこと。現在の馬体重は530キロ。
(1月6日)

ページ上部へ

2022年

グリーンウッドTで調整中。
12月22日、担当者の話では「脚もとも問題は無く、現在は馬場コース4000mと坂路1本17−17中心に15−15のメニューまで消化させているところです。気性的に少しピリピリしたところも見せていますが、調整に影響はありませんのでこのまま注意しながら進めていきます」とのこと。現在の馬体重は523キロ。
(12月22日)


グリーンウッドTで調整中。
12月14日、担当者の話では「左前球節の外傷はすぐに治まり腫れなども見られませんので、馬場コース2000mと坂路1本17−17の調整を開始しています。乗り出した後も問題は見られませんので、このまま進めて行くつもりです。テンションは高めですが、調教中に大きな問題は見られません。引き続き注意しながら進めたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は522キロ。
(12月14日)


11月11日よりグリーンウッドTで調整中。
12月1日、担当者の話では「傷も良くなってきて歩様も問題ありませんでしたので、トレッドミル調整を再開するところまで進めていたのですが、22日のウォーキングマシン調整中に左前球節に外傷を負ってしまいました。大きな傷では無かったものの少し腫れが出ましたので、トレッドミルを控えて数日様子を見ました。症状は落ち着いてきており、今週月曜28日からトレッドミル調整を再開しています。突然スイッチが入って暴れるような面があるので、重々注意して調整していきます」とのこと。現在の馬体重は519キロ。
(12月1日)


11月11日よりグリーンウッドTで調整中。
16日、担当者の話では「右半身の擦り傷は広範囲に及んでいますが、傷自体は大したことは無さそうです。、歩様については特に問題無い様子で、現在ウォーキングマシンのみの調整を行っており、今週一杯はこのまま様子を見るつもりです。騎乗再開時に歩様チェックをして問題が無ければ再調整を進めていこうと思います」とのこと。
(11月16日)


11月9日、浜田調教師から「4日に打撲を負い厩舎で様子を見ていたのですが、時間が経つにつれて右トモの跛行が見られるようになったため、6日(日)にレントゲン検査を行っています。検査では骨に異常は無く、打撲による筋肉の痛みが出てきたものと思われます。週が明けて歩様は徐々に改善してきていますが、症状が落ち着くまでいったん放牧に出すことにしたいと思います」との連絡が入った。テンション面については「馬房にいる時には穏やかな顔つきで落ち着いているのですが」とのことだ。11日にグリーンウッドTへ移動している。
(11月11日)


11月4日、浜田調教師から「本日、角馬場で調整を行っていたところ、急にテンションが上がり、暴走気味に出入り口のラチにぶつかって右半身に打撲と擦過傷を負ってしまいました。その後スクミのような症状も出てしまい、馬房に戻って様子を見ています。いったん出走予定は白紙に戻し、まずはスクミと傷のケアを行い、体調が整い次第、馬具で対応して調整を再開するつもりです」との連絡が入った。

10/28 助 手 栗東坂良 1カイ 61.5-44.8-30.4-15.9 馬なり余力
10/29 助 手 栗東坂良 1カイ 61.8-42.9-28.2-14.0 馬なり余力
10/30 助 手 栗東坂良 1カイ 56.1-39.4-25.7-13.3 馬なり余力
11/02 助 手 栗東坂良 1カイ 52.3-39.1-26.5-13.7 馬なり余力
(11月4日)


帰厩後も順調。11月2日、浜田調教師からは「帰厩後も問題は無く本日坂路で時計を出しています。1本目なので速い時計を出すつもりは無かったのですが、思った以上に馬の気持ちが入っていて4ハロン52秒台の時計となりました。大分力みが見られ、テンが速くなったため無理せずラストは流す感じで登坂してきました。今回は距離延長を考えていただけに折り合いが気になるところですが、これまでの競馬では、調教で行きたがっても本番では落ち着いていましたし、問題無くクリアしてくれるのかもしれません。馬体自体はすごく良くなっており、今のところはテンション面に注意しながら11月20日(日)阪神・2歳未勝利(ダ1800m)を目標に進めるつもりです」との連絡が入っている。

(11月2日)


グリーンウッドTで順調に調整を積み、10月27日の検疫で帰厩している。
浜田調教師からは「順調にきていて状態も良くなっているようです。ここから復帰戦に向けて調整を開始します。現在のところ11月20日(日)阪神・2歳未勝利(ダ1800m)を目標に進めるつもりです」との連絡が入っている。
10月28日、グリーンウッドT担当者の話では「移動前に13秒ペースまで消化して送り出しています。気配も上向き、良い状態で送り出せたと思います。移動前の馬体重は524キロでした」とのこと。
(10月28日)


9月29日よりグリーンウッドTで調整中。
担当者の話では「こちらに来てからも問題は無く、すぐに乗り出すことが出来ています。現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に乗り込んでおり至って順調です。月末あたりに帰厩する話も出ていますので、良い状態で送り出せるよう態勢を整えていきます。ここにきて状態はすごく良くなっており、キャンターに行って上々の動きを見せています。距離が伸びても良さそうな感触ですし、復帰が楽しみです。現在の馬体重は517キロです」とのこと。
(10月14日)


9月24日撮影

9月24日・中京・2歳未勝利(ダ1400m)に出走し2着。
28日、浜田調教師から「レース後も脚もと等に問題はありませんが、予定通り明日グリーンウッドTへ放牧に出すことにします。ダートの走りも良かったですし、芝ダートの両方をこなせて距離の融通も利きそうな点は、今後の番組選びの強みになると思います。ここまでに3戦した割に、思ったほどのダメージは無さそうな感じですので、放牧に出た後の状態にもよりますが、年内の競馬を目指して調整出来ればと考えています」との連絡が入った。
(9月28日)


9月24日撮影



9月24日撮影

9月24日(土)中京・2歳未勝利(ダ1400m)に福永祐一騎手で出走し2着。

浜田調教師からは「福永騎手の話では『何度か前に出ていた』そうで、本当に惜しい競馬でした。また、『まだ本来のポテンシャルに体と気持ちが追い付いていない感じで、その辺りが成長すれば更に良くなりそうです。距離もまだ融通が利きそうです』との話がありました。
跳びが大きい分、器用な脚を使えるタイプではありませんが、初ダートでキックバックを受けても問題は無く、中団に付けて外に出すとしっかりと伸び、競馬内容は良かったと思います。
まだトモに力が付ききっていないため道中やコーナーで左右にフラフラしていましたが、ジョッキーの言うように成長とともに良くなってくるはずです。権利は取れていますが、デビューから3戦しましたので、ここで一息入れて成長を促すことにします」との連絡が入った。
(9月24日)


9月24日(土)中京・2歳未勝利(ダ1400m)に福永祐一騎手で出走する。
21日、浜田調教師からは「変則開催を挟みますので、先週の金曜に坂路でビシッとやっており、本日はCWチップコースで向正面からの半マイル追いを消化しました。先週の坂路では4ハロン52秒4、ラスト12秒0と良い動きを見せ、本日も併せ馬でムキになることも無くスムーズに走れていました。ここまで芝で2戦して結果を出し切れていないので、今回ダートを試してみます。鞍上は福永騎手に依頼しました」との連絡が入っている。

09/16 川端 栗東坂良 1カイ 52.4-38.0-24.7-12.0 一杯に追う
09/18 助手 栗東坂稍 1カイ 59.0-43.8-30.0-15.2 馬なり余力
09/21 助手 栗CW良       53.6-38.4-12.0 馬なり余力
トモノコリ(新馬)強めの外0.1秒先行同入
(9月22日)


9月4日・小倉・2歳未勝利(芝1200m)に出走し3着。
7日、浜田調教師からは「レース後も脚元や馬体に問題はありません。調教では引っかかる位の行きっぷりですが、レースではしっかり折り合いエンジンのかかったところがゴールというような内容でした。1400m、或いはもっと距離があっても対応出来そうな走りだと思うので、中2週の間隔を空けて、中京3週目の芝・ダートの1400m、ダート1800mも含めて、メンバーを見てレースを検討したいと思います」との連絡が入っている。
9月24日(土)25日(土)中京・2歳未勝利の芝1400m、ダ1400m、ダ1800m、いずれかのレースに向けて調整する。
(9月7日)


9月4日(日)小倉・2歳未勝利(芝1200m)に西村騎手で出走し3着。

浜田調教師からは「勝ち時計も速く勝った馬は強かったですが、この馬も直線で良く脚を伸ばしてくれました。攻め馬で気負っていたのでテンション面を心配しましたが、パドックではむしろ気合い乗りが遅く見える程で、変にイレ込むことが無く良かったと思います。
西村騎手は『まだトボけたところがありますね。荒れたボコボコの馬場を気にしていたので追走に手間取ったように見えたかもしれませんが、馬場の良いところに出ると少し内にモタれつつも良い脚を見せてくれました』とのことでした。
今日のレースを見るともう少し距離があっても良さそうですので、次は1400mでダートも含めて検討してみたいと思います」との連絡があった。
(9月4日)


9月4日(日)小倉・2歳未勝利(芝1200m)に西村騎手で出走予定。
8月31日、浜田調教師は「本日の追い切りは、西村騎手が跨って4ハロン51秒台でラスト13秒0を計時しました。レースを経験して少しナーバスになっているようで、気持ちが入り気味で前半が速くなった感じでした。もう少し気持ちに余裕が出てきてくれれば良いのですが。ピリピリした感じはあるものの、馬体や体調はすごく良い状態ですので、レースでは走りに集中して力を出して欲しいです」とのこと。

08/26 助 手 栗東坂良 1カイ 55.5-41.1-26.6-12.8 一杯に追う
08/31 西村淳 栗東坂良 1カイ 51.1-37.7-25.2-13.0 馬なり余力
(9月1日)


この中間も順調。8月24日、浜田調教師は「特に問題は無く順調で、今週は木金のどちらかに1本追って当該週に向かおうと思っています」とのこと。
9月4日(日)小倉・2歳未勝利(芝1200m)に出走予定。
(8月24日)


8月13日撮影

8月13日・2歳新馬(芝1200m)に出走し5着。
17日、浜田調教師から「レース後も脚もと等に問題は無く、中2週で芝1200mに向かいたいと思います。今回は初めての競馬でしたし、同じ条件でもう1戦様子を見ることにします」との連絡が入った。
9月4日(日)小倉・2歳未勝利(芝1200m)に向けて調整する。
(8月17日)


8月13日撮影



8月13日撮影

8月13日(土)2歳新馬(芝1200m)に西村淳也騎手で出走し5着。

浜田調教師から「ゲートからスムーズに運べたので、2〜3着に粘れるかと思いましたが、最後は苦しくなってしまいました。
西村騎手からは『まだ競馬が分かっていないので、調教の良さが実践に繋がりませんでした。競馬を一度使ったので、次走は変わってくると思います』との話でした。距離よりも経験みたいでしたので、中2週で同条件に向かいます」との連絡が入った。
(8月13日)


8月13日(土)2歳新馬(芝1200m)に西村淳也騎手で出走予定。
10日、浜田調教師は「本日も西村淳也騎手を背に坂路で追い切りを行いました。先週速い時計でしっかり追っていますし、今週は予定通り馬なり単走で54秒くらいの時計をマークしています。本日の調整でもジョッキーは良い感触だったようで、良いイメージでレースに向かってくれそうです。ゲート練習でも、まずまずのタイミングでスタートできていましたし、本番ではスタートを決め、調教の動きの良さをレースで発揮して欲しいです」とのこと。

08/05 川 端 栗東E重             14.5 ゲートなり
08/07 助 手 栗CW良 87.7-72.6-57.6-42.6-14.5 馬なり余力
08/10 西村淳 栗東坂良 1カイ 53.9-39.0-25.3-12.3 馬なり余力
(8月11日)


8月13日(土)2歳新馬(芝1200m)に向けて調整中。
3日、浜田調教師からは「本日も西村淳也騎手に跨がってもらい、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。併せる相手を後ろから追いかける形で、4ハロン51秒7、ラスト12秒2をマークし、良い動きを見せてくれました。ジョッキーの話では『よく動けていますし、来週は単走追いで問題無さそうです。ミッキーアイル産駒らしい動きですね』と好感触だったようです。金曜にはゲート練習も行い、来週のレースに向かいたいと思います」との連絡が入っている。

07/30 助 手 栗CW良 99.2-82.4-68.0-54.5-39.7-12.5 馬なり余力
サンテックス(新馬)馬なりの内アタマ先着
08/03 西村淳 栗東坂良 1カイ     51.7-38.0-24.8-12.2 一杯に追う
キルステン(三未勝)一杯を1.6秒追走同入
(8月4日)


小倉1週目に向けて調整中。
28日、浜田調教師からは「昨日、西村淳也騎手に跨がってもらい坂路で追い切りを行いました。4ハロン53秒0、ラスト12秒4をマークしています。ジョッキーの感触では『良い動きでしたし、1週目に十分間に合うと思います。走りからも1200mは合いそうですね』とのことで、なかなか良い印象を持ってくれたようです。小倉1週目に西村淳也騎手で向かいたいと思います」との連絡が入っている。
8月13日(土)2歳新馬(芝1200m)に向けて調整中。

07/27 西村淳 栗東坂良 1カイ 53.0-38.1-24.8-12.4 馬なり余力
カワキタアイゼン(三未勝)馬なりを0.3秒追走同入
(7月28日)


小倉1週目を目標に調整を進めている。
21日、浜田調教師は「昨日、坂路で併せ馬の追い切りを消化し、4ハロン56秒3、ラスト12秒5をマークしました。3歳の未出走馬との併せ馬で、本馬が先行して最後は同入する形です。年上の馬にしっかりと付いて行けていましたし、走りも悪くありませんでした。相手に合わせて動き、前向きさも見せていたことから、1200m戦でデビューさせる方向で進めたいと思います。このまま小倉1週目に向けて調整します」とのこと。8月13日(土)小倉・2歳新馬(芝1200m)に向けて調整する。

07/17 助手 栗東坂稍 1カイ 57.3-42.5-28.0-13.5 馬なり余力
07/20 川端 栗東坂重 1カイ 56.3-40.9-26.0-12.5 馬なり余力
サンドスピリット(三未勝)馬なりに0.5秒先行同入
(7月21日)


7月8日に帰厩。小倉1週目を目標に調整を進めている。
14日、浜田調教師は「昨日はゲートの入りと駐立を確認し、本日は坂路で15−15程度の調整を行いました。今日は単走での登坂でしたが、後ろから多厩舎の馬に来られたときに自分も行こうとする反応もあり、前向きなところを見せていました。まだ時計を出し始めたばかりで、もう少しトモに力が欲しい感じではありますが、15−15で問題無く動けていますので、このままどんどん進めて行きたいと思います。どのレースに向かうかは、ここからの動きや反応を見ながらになりますが、小倉1週目を本線に態勢を整えていくつもりです」とのこと。

07/10 助手 栗東坂稍 イカイ 62.2-44.3-28.5-14.4 馬なり余力
07/14 助手 栗東坂良 1カイ 60.0-44.2-28.6-14.0 馬なり余力
(7月14日)


7月6日、浜田調教師から「8日(金)の検疫で帰厩させます」との連絡が入った。4回小倉の1〜2週目、あるいは新潟を目標に調整する予定。
グリーンウッドTでは強目をコンスタントに乗り込まれており順調。担当者は「馬場コース3000〜4000mと坂路1本17−17中心に、週2回12〜13秒ペースを乗り込んでいます。強目を乗り込み、動きがすごくしっかりして良くなってきました」とのこと。現在の馬体重は522キロ。
(7月6日)


グリーンウッドTで強目を乗り込まれており順調。
6月30日、浜田調教師から「牧場で馬の状態を確認してきました。大分調教が進んで見た目がスッキリとし、乗り込まれた良い馬体になっていました。4回小倉の1〜2週目を目標に、来週か再来週の検疫で帰厩させたいと思っています。デビュー戦については、今後の調教の動きなどを見て検討するつもりなので、距離の適性によっては新潟に切り替えるかもしれません」との連絡が入った。帰厩に向けてこのまま調整を進める。
(6月30日)


担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、先週から12〜13秒ペースを乗り出しました。15−15から更にペースアップし、腰回りもしっかりしてきて力強さも出てきました。強目を乗り出して全体的に良くなってきており、このまま帰厩まで乗り進めていきたいと思います」とのこと。小倉後半目標で乗り込んでいく。現在の馬体重は531キロ。
(6月24日)


6月9日、担当者の話では「馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に、今週から15−15を乗り出しています。強目を乗り出してなかなか良い動きを見せており、感触は良さそうです。来場した浜田調教師からも『小倉後半目標で』という指示があり、ここから帰厩に向けてどんどん強目を乗り込んでいきます。体も太くは見えませんし、大柄ですがキビキビした動きを見せてくれています」とのこと。現在の馬体重は531キロ。
(6月9日)


担当者の話では「現在は馬場コース3000mと坂路1本17−17中心に乗り込んでいます。このメニューでじっくり乗り込み、状態を見ながら15−15に移行できればと思っています。このまま順調にペースアップ出来れば、8月の小倉までには十分仕上がってくると思いますので、馬体を絞りながら乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は532キロ。
(6月1日)


5月21日よりグリーンウッドTで調整中。
26日、担当者の話では「ゲート試験の疲れなども無く、すぐに乗り出すことが出来ており、馬場コース2000mと坂路1本17−17中心の調整を開始しています。まだ全体的な緩さも残っていますし、大柄な馬体に大分余裕もある感じですので、しっかり乗り込んでデビューに向けた態勢を整えていきたいと思っています。しっかりしてくれば動けそうな雰囲気がありますね。現在の馬体重は524キロです」とのこと。
(5月26日)


5月20日、浜田調教師から「昨日の練習もすごく順調に進み雰囲気が良かったので、本日ゲート試験を受け無事に合格してくれました。少し入りを躊躇したり、2回目の出が若干伸び上がり気味ではありましたが、終始素直で大人しく問題の無い範囲でした。ここまで大変スムーズで、苦しくなる前に試験をクリア出来たのも馬のために良かったです。いったんグリーンウッドTへ移動させてしばらく乗り込んでもらい、小倉後半辺りを目標に進めて行ければと思っています」との連絡が入った。21日にグリーンウッドTへ移動予定。
(5月20日)


5月14日の検疫で無事に栗東TCへ入厩。浜田調教師からは「移動後も問題は見られず、無事に厩舎に入っています。環境に慣らしながらまずはゲート試験合格を目指して調整を進めます。到着時の馬体重522キロでした」との連絡が入っている。
18日、浜田調教師は「入厩後も特に問題はありません。癖も無くてゲート練習は至って順調に進んでおり、本日消音のゲートで扉を閉め、手開けでゲートを出るところまで行うことが出来ました。開く扉に反応もあり、悪くない雰囲気だったと思います。明日には音の出るゲートでの練習を行えそうですし、問題が無ければ来週辺りに試験まで進められるかもしれません」とのこと。
(5月18日)


山元TCに移動後も変わりなく順調。5月9日、浜田調教師からは「14日(土)の検疫で入厩させる予定です」との連絡が入っている。

<5月2週目に入厩予定>
お申込みは5月9日(月)午後3時で締め切らせて頂きました。たくさんのお申込みを頂き誠にありがとうございます。
(5月9日)


5月1日に社台ファームを出発し、山元TCへ移動している。社台ファーム担当者の話では「ギリギリまでこちらでしっかりと乗り込み、良い状態で送り出すことが出来ました。兄姉と比べてもトモの作りがしっかりしており、走れそうな感触を持っています」とのこと。ここから入厩に向けた最終調整に入る。

(5月2日)


社台ファームで調整中。坂路と周回ウッドチップコースを併用し順調に調整中。
中間には坂路で3F13.9-13.5-13.0、3F14.7-14.6-14.4を計時。
担当者の話では「砂のぼりも良くなり順調に乗り込むことが出来ており、追い切りの時には引っかかるくらいの勢いで登坂してきました。速めを乗る時にまだトモをバランス良く使えていない感じは残るものの、しっかりと時計は出せていますし、その辺りが改善できればワンランク上の走りが望めそうです。すごく状態が良く移動の態勢も整ってきたので、馬運車の手配がつき次第、入厩に向けて山元TCへ移動予定です」とのこと。現在の馬体重は540キロ。
27日、浜田調教師は「大変順調にきているようです。ちょうど5月の2週目頃に調教パートナーを組めそうな2歳馬の入厩を予定しており、検疫馬房の都合で多少の前後はあるかもしれませんが、そのタイミングで入厩させたいと思います」との連絡が入っている。

(4月27日)


3月17日撮影

3月12日、右前肢の蹄に砂のぼりを発症し、撮影当日の坂路調整は実施せず常歩で動画撮影

社台ファームで調整中。3月19日から坂路調整を再開し、翌週から週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂のメニューを再開しており順調。
担当者の話では「すぐに排膿できたので騎乗再開しています。やや頭が高めの走法ですが、後肢をしっかりと動かすことを意識して取り組んできた成果で、収まりの良い走りに変わりつつあるところです。操作面が上がれば自ずと体の伸縮性も高まり、雄大な馬格を上手く使った迫力あるフットワークが習得できるはずです。砂のぼり発症以前は、2F16.2-16.9、2F15.4-15.3を計時してコンスタントに1F15−15秒をこなしていました。すぐにまた元のペースに戻せるはずです。ここにきて皮膚感もグーンと上昇しており、早期移動に向けて調整していきます」とのこと。現在の馬体重は528キロ。

4月7日、浜田調教師から「早期移動に向けてどんどん進めてもらっており、ゴールデンウィーク前、遅くともゴールデンウィーク明けには入厩させたいと思っています。なるべく早めにと考えていますので、近々トレセン近郊まで移動させてもらうかもしれません」との連絡が入り、近々入厩予定。
<4月末〜5月初めに入厩予定>
4月末〜5月初めに入厩予定です。お申込みは4月下旬で締め切らせて頂く予定です。諸事情により急遽締め切ることもございますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(4月8日)


3月下旬撮影

3月30日、浜田調教師から「昨日、牧場で馬の状態を確認してきました。坂路での調整を重ねて体付きが良くなっており、順調な成長振りが見られました。馬体の張りもあって状態は良さそうですし、牧場担当者とも『早期移動を目指す』方向で話が進みました。4月末の移動を目標に進めてもらうことになっています。大柄な馬体ですが、馬体のシルエットがシャープで重苦しさは無く、スピードもありそうなタイプに見えます」との連絡が入り、早期始動を目標に調整する。
<早期移動に向けて調整中>
4月末の移動を目標に調整を進めることになりました。お申込みは入厩前に締め切らせて頂きますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さい。
(3月30日)


3月07日、15.7 A15.7-15.4
3月09日、15.4-15.3

社台ファームで調整中。2月27日〜3月5日までは騎乗を控えて運動のみのリフレッシュ調整を行った。週3回坂路入りして時計を出し始めていたのだが、12日のウォーキングマシン調整後の歩様に違和感があり、検査の結果『右前蹄に砂のぼりの症状』とのことで排膿処置を行い経過観察中。
担当者の話では「一生懸命に走るタイプのため少し背腰の疲労が感じられ、2月末からリフレッシュ調整を挟みました。リフレッシュ効果もあって体の艶は上々で、トモもしっかり入るようになり、良い感じに進めることが出来ていました。砂のぼりの箇所はすぐに処置をして排膿できています。蹄の状態が落ち着き次第、坂路入りを再開したいと思います」とのこと。現在の馬体重は530キロ。
24日、担当者からは「砂のぼりの症状は落ち着き、18日から周回コースで乗り出し、19日には坂路でのキャンターを再開しています。特に問題は見られませんので、ここから元のペースへと戻していきたいと思います」との連絡が入っている。
(3月24日)


社台ファームで調整中。現在は週4回坂路入りし、うち2回は坂路2本3F48〜51秒を目標に進めており順調。
担当者の話では「大きな問題もなく、徐々に登坂本数を増やし順調に乗り込みを続けています。調教負荷を上げた分、トモや背腰に疲れが出てきていますが、程度としては軽度ですのでショックウェーブでケアをしながら調教を続けています。ここ最近では、負荷を上げた直後に比べて背腰の張りも良化しており、筋肉が付いて土台がしっかりしてきた印象です」とのこと。現在の馬体重は522キロ。
(2月18日)


社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路に入りうち2回は2本登坂を目標に、その他の日は周回キャンターやトレッドミルで走行フォームの確認や心肺機能の強化に努めている。
担当者の話では「年末年始に少しゆっくりさせた期間で、馬体に余裕が出てきてボディコンディションが上がり良い状態をキープしています。トモの踏み込みが深く背中の使い方も上手な馬で、あともう一踏ん張り出来るよう筋力アップが現在の目標です。引き続きフォームの安定と筋力を付けるよう乗り進めていきます」とのこと。現在の馬体重は520キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニューで調整中。
担当者の話では「馬体も動きもはっきりとパワーアップしてきた印象で活気も十分です。まだ頭が高めの走法で、体全身を使って走れていないところがあるので、背腰の筋力を強化し体を起こしたフォームで走れるよう鍛練を積ませていきます。強目を乗り出す一歩手前まできており、他の牡馬同様に年内に15−15を1本こなすかもしれません。いずれにしても年明けからは徐々にスピード調教へと移行していき、コンスタントに1F15秒ラップを消化することを第一目標に進めていく予定です」とのこと。現在の馬体重は506キロ。

浜田調教師は「馬の様子を見に行く度に順調な馬体成長を見せており、調整も順調な様子でした。先日一つ上の兄が渋太い脚を使って勝ち上がっており本馬も楽しみですね。本馬は気の勝ったところもあり、父ミッキーアイルと言うことでスピードを活かすタイプに育ってくれればと思います」とのこと。
(12月24日)


11月11日より坂路入りし順調に調整中。
担当者は「本格的なトレーニングを開始した後も順調です。賢く従順な性格で、走りも前向きで好印象です。体力も問題なく、このままどんどんメニューを進めて行けそうです。乗り出して馬体が引き締まってきましたし、動きも体も頼もしい姿を見せてくれています」とのこと。現在の馬体重は510キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

騎乗馴致を終え、11月11日より坂路入りを開始している。
担当者は「11日に坂路入りした後も問題は無く、13日にも続けて1本登坂しています。動きはしっかりしており、気性面も問題はありません。大柄な馬体ですが、調教時にはキビキビした動きを見せてくれています。太りやすいところがあるので、しっかりと調整を積んでボディコンディションを整えつつ進めたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は512キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


10月7日に社台ファームへ移動。夜間放牧を続けながら騎乗馴致を行っており、キャンターを乗り出すところまで進んでいる。
担当者は「こちらに移動してからも環境の変化に戸惑うこと無く、活発に過ごしています。ボディコンディションを整えつつ、ここから本格的なトレーニングにスムーズに移行できるよう注意しながら進めています」とのこと。11月初旬の馬体重は522キロ。
(11月8日)


10月7日に社台ファームへ移動。社台ブルーグラスファームでウォーキングマシンの馴致や、騎乗して厩舎の廊下を歩くメニューまで進めており、ここから本格的な騎乗馴致を開始する。
担当者は「性格はおっとりとしていますが、動かすとキビキビしており軽快な脚さばきです。近日中に騎乗馴致へと移行します」とのこと。
7月29日に行った両飛節OCD手術後の体の回復も順調で、患部にも違和感は無し。
10月計測=馬体重:518.0kg、体高:159.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.6cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:470.0kg、体高:159.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.6cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)