ジェラテリアバールの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・浜田多実雄厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路に入りうち2回は2本登坂を目標に、その他の日は周回キャンターやトレッドミルで走行フォームの確認や心肺機能の強化に努めている。
担当者の話では「年末年始に少しゆっくりさせた期間で、馬体に余裕が出てきてボディコンディションが上がり良い状態をキープしています。トモの踏み込みが深く背中の使い方も上手な馬で、あともう一踏ん張り出来るよう筋力アップが現在の目標です。引き続きフォームの安定と筋力を付けるよう乗り進めていきます」とのこと。現在の馬体重は520キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂のメニューで調整中。
担当者の話では「馬体も動きもはっきりとパワーアップしてきた印象で活気も十分です。まだ頭が高めの走法で、体全身を使って走れていないところがあるので、背腰の筋力を強化し体を起こしたフォームで走れるよう鍛練を積ませていきます。強目を乗り出す一歩手前まできており、他の牡馬同様に年内に15−15を1本こなすかもしれません。いずれにしても年明けからは徐々にスピード調教へと移行していき、コンスタントに1F15秒ラップを消化することを第一目標に進めていく予定です」とのこと。現在の馬体重は506キロ。

浜田調教師は「馬の様子を見に行く度に順調な馬体成長を見せており、調整も順調な様子でした。先日一つ上の兄が渋太い脚を使って勝ち上がっており本馬も楽しみですね。本馬は気の勝ったところもあり、父ミッキーアイルと言うことでスピードを活かすタイプに育ってくれればと思います」とのこと。
(12月24日)


11月11日より坂路入りし順調に調整中。
担当者は「本格的なトレーニングを開始した後も順調です。賢く従順な性格で、走りも前向きで好印象です。体力も問題なく、このままどんどんメニューを進めて行けそうです。乗り出して馬体が引き締まってきましたし、動きも体も頼もしい姿を見せてくれています」とのこと。現在の馬体重は510キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

騎乗馴致を終え、11月11日より坂路入りを開始している。
担当者は「11日に坂路入りした後も問題は無く、13日にも続けて1本登坂しています。動きはしっかりしており、気性面も問題はありません。大柄な馬体ですが、調教時にはキビキビした動きを見せてくれています。太りやすいところがあるので、しっかりと調整を積んでボディコンディションを整えつつ進めたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は512キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


10月7日に社台ファームへ移動。夜間放牧を続けながら騎乗馴致を行っており、キャンターを乗り出すところまで進んでいる。
担当者は「こちらに移動してからも環境の変化に戸惑うこと無く、活発に過ごしています。ボディコンディションを整えつつ、ここから本格的なトレーニングにスムーズに移行できるよう注意しながら進めています」とのこと。11月初旬の馬体重は522キロ。
(11月8日)


10月7日に社台ファームへ移動。社台ブルーグラスファームでウォーキングマシンの馴致や、騎乗して厩舎の廊下を歩くメニューまで進めており、ここから本格的な騎乗馴致を開始する。
担当者は「性格はおっとりとしていますが、動かすとキビキビしており軽快な脚さばきです。近日中に騎乗馴致へと移行します」とのこと。
7月29日に行った両飛節OCD手術後の体の回復も順調で、患部にも違和感は無し。
10月計測=馬体重:518.0kg、体高:159.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.6cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:470.0kg、体高:159.0cm、胸囲:177.0cm、管囲:20.6cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)