ミラクルレジェンドの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

社台ファーム在厩(栗東・加用正厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

社台ファームで調整中。年末年始期間を挟んで順調に調整を進めており、現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂、1回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを乗る強化メニューを消化中。
担当者の話では「地力強化を図るため、坂路入りしない日は周回ウッド走路でじっくりと乗るメニューも設定して取り組んでいます。調教量に比例して気合い乗りの良さが目に付くようになり、体に占める臀部の割合が大きく、腰幅も出て見栄え良く成長できています」とのこと。現在の馬体重は463キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

11月下旬撮影

社台ファームで調整中。週3回坂路入りし、うち2回は坂路登坂後に周回ウッドコースでキャンターを課し、長目を乗り込む調整。
担当者の話では「体力向上メニューで進めてきてアウトラインが締まり良くなってきました。ここにきて飼い葉を食べられるようになって体重が増加し、体付きが良くなってきました。まだ馬体的には緩さを残しており、これからの成長が大いに見込めるところです。半姉の新馬戦圧勝もあり、期待の血統馬だけに焦らず冬場はしっかりと地力強化に努めます。厳冬期になりますので、馬体管理に注意しつつ調整します」とのこと。現在の馬体重は466キロ。
(12月24日)


社台ファームで調整中。イヤリング厩舎から調教厩舎に移動し、現在は角馬場、周回コース750m等、調教施設や環境の変化に慣らしながらの調整。
担当者は「騎乗馴致を進めてきて馬体のシルエットは以前より競走馬らしくなってきました。まだ騎乗者の扶助に対して反発する面はありますが、徐々に慣らしており順調に進んでいます。普段は落ち着きがありますし、馬体にも余裕がありますので、このまま進めて筋力強化に励みたいと思います」とのこと。現在の馬体重は470キロ。
(12月9日)


11月15日撮影

夜間放牧に並行して騎乗馴致を進めており順調。
担当者は「騎乗馴致は順調に進んでおり、11月後半から坂路入りできればと考えています。1ヶ月乗り込んで年末までに17−18消化を目指して進める予定です。幅もあって見るからにどっしりとした力強い体付きの持ち主です。血統のイメージそのものといった感じで、ここから坂路で乗り出せばパワフルな走りを見せてくれそうです。馬場入りに向けてこのまま進めていきます」とのこと。現在の馬体重は470キロ。
(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


11月15日撮影


(11月19日)


10月末まで夜間放牧を行い、11月1週目からドライビング(ハミ受けの馴致)など本格的な馴致を開始している。
担当者は「夜間放牧の時には、集団の中では1番落ち着いており、どっしりと構えているタイプです。雰囲気もどんどん大人びてきており、心身ともに成長が見られています。馬に合わせて馴致を進めていきます」とのこと。11月初旬の馬体重は474キロ。
(11月8日)


9月24日に社台ファームへ移動。初期馴致を確認し、いまは夜間放牧のみ行っており、まもなく本馬も本格的なドライビング(ハミ操作の練習)と騎乗馴致へと移行する予定。
担当者は「移動で馬体を減らすこともなく、新しい放牧地にもすぐに慣れました。ここから騎乗馴致を開始します」とのこと。
10月計測=馬体重:464.0kg、体高:150.0cm、胸囲:181.0cm、管囲:20.2cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:451.0kg、体高:150.0cm、胸囲:181.0cm、管囲:20.2cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)